転職エージェントおすすめランキング13選

会計士におすすめの転職エージェント5選|活用すべき理由と成功事例

会計士におすすめの転職エージェント5選|活用すべき理由と成功事例

この記事でお伝えすること
  • 会計士におすすめの転職エージェント5選
  • 会計士の転職でエージェントを利用した方がいい理由
  • 転職エージェントの登録から転職までの流れ
  • 転職エージェントを利用するときに注意すべきポイント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

会計士で転職を考えている人の中には…

「会計士におすすめの転職エージェントってあるの?」

「会計士としてもっと待遇や給料を良くしたい…」

と考えている人も多いのではないでしょうか?

ゆり

今、会計士の仕事をやっているんですが、転職を考えています。

ただ、初めての転職で何から始めればいいのか分からなくて…

佐々木

実際、転職を考えている会計士の方はたくさんいます。

転職に不安はつきものですが、まずは慎重に転職活動を進めることを心掛けておきましょう!

もし間違った方法で、転職活動を進めてしまうと…

「エージェントから的外れな求人しか紹介されない…」

「転職はできたけど、給料や福利厚生が下がってしまった…」

といったことになる危険性も…

ゆり
それは絶対に避けたいですね…
佐々木
そうですよね…でも安心してください。

会計士の転職活動のコツさえ把握していれば、希望通りの転職を実現できますよ!

早速ですが、会計士におすすめの転職エージェントを紹介していきますね。

最後まで読むのが面倒な人は...
「早くおすすめの転職エージェントを知って、転職を進めたい!」という人は、次の4ステップをおすすめします。
◎転職成功までの4つのステップ

  1. 転職者全員におすすめの『マイナビ会計士MS-Japanに一気に登録する
  2. エージェントとの面談前に『グッドポイント診断』で自分の強みを把握しておく
  3. 各エージェントから連絡が来たら、対面か電話でアドバイスを受ける
  4. 相性の良さそうな担当者を選んで、内定までサポートを受ける

会計士におすすめの転職エージェントランキング5選

佐々木
会計士おすすめの転職エージェントは次の5社です!

1位:マイナビ会計士|会計士専門のエージェントを利用したい人におすすめ

マイナビ会計士

マイナビ会計士』は、「ビジネスの中心に立つ転職を。」をコンセプトに持つ、会計士業界専門の転職エージェントです。

コンサルティングファームや事業会社、税理士法人、外資系企業など、それぞれのキャリアに合わせて、様々な求人の提案が可能です。

また、丁寧なサポートにも定評があり、何かと不安を感じがちな初めての転職者の成約実績が全体の70%占めています。

佐々木
会計士業界専門のキャリアアドバイザーのサポートが受けられるのは、非常に心強いでしょう!

マイナビ会計士の公式HP

2位:MS-Japan|管理部門の求人を探している人におすすめ

MS-Japan

MS-Japanは、管理部門特化型のエージェントで、会計士に関する求人も数多く保有しています。

創業から25年以上、豊富な公認会計士の転職サポート実績を築き上げており、専門ファームから一般事業会社まで幅広いニーズに対応可能です。

これまでの経験で得たノウハウをもとに、最新の会計士の転職市場と求人動向を的確に捉え、理想の転職を実現しています。

佐々木
管理部門にキャリアアップしたい!という方は登録すべき転職エージェントです。

3位:JACリクルートメント|年収500万円以上を希望する人におすすめ

JACリクルートメントの公式サイト 『JACリクルートメント』は、国内大手、外資系、海外進出企業など、ハイクラス転職を実現できる転職エージェントです。

各業界や職種に特化した約650名のコンサルタントが所属しており、一人ひとりが高い専門性を持ち、転職のプロフェッショナルとして、手厚いサポートを行っています。

約25,000社と取引を行っていますが、保有している約60%が非公開求人なので、数多くの求人を比較するためにも登録すべきです。

佐々木
ハイクラス向けの求人を取り扱っているだけあって、コンサルタントの質は業界トップクラスです!

4位:リクルートエージェント|とにかく多くの求人を見たい人におすすめ

リクルートエージェント 『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

実際に会計士を含む管理・事務の公開・非公開求人は数多くあり、他社と比べても圧倒的な求人数を持っています。

また、単に求人数が多いだけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

佐々木
業界No.1の転職エージェントでもあり、迷っているなら登録しておくべきです!

5位:ジャスネットキャリア|サポート体制を重視する人におすすめ

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア』は、公認会計士・税理士・経理職など、専門分野の求人を数多く保有する転職エージェントです。

サポート体制も魅力的で、紹介する企業の経営戦略はもちろん、雰囲気や社員の様子など、一人で転職活動をしていては得られない情報を提供しています。

キャリアプランの相談にも乗っているので、転職先に対する希望が明確に定まっていない状態でも、相談すればあなたの「やりたい事」が見えてくるかもしれません。

佐々木
取引実績のある紹介先法人数は3,800社超!数多くの中からあなたにぴったりな求人の紹介が可能です。

佐々木

以上が会計士におすすめの転職エージェント5選です。

ここでもう一度まとめると…

おすすめの転職エージェント5選
  1. マイナビ会計士|会計士専門のエージェントを利用したい人におすすめ
  2. MS-Japan|管理部門の求人を探している人におすすめ
  3. JACリクルートメント|年収500万円以上を希望する人におすすめ
  4. リクルートエージェント|とにかく多くの求人を見たい人におすすめ
  5. ジャスネットキャリア|サポート体制を重視する人におすすめ

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

ゆり
ありがとうございます!

早速登録してみようと思うのですが、登録は1社だけでいいんですか?

佐々木

いい質問ですね!登録は1社だけでなく、3社以上のエージェントにしておくべきです。

転職を成功させるためには、より多くの優良求人に出会うことが重要なので複数登録は必須です。

実際に、転職成功者の9割は平均3社以上のエージェントに登録していますよ!

もし3社に登録するのが面倒だと感じる方は、とりあえず業界No.1のリクルートエージェントに登録しておきましょう!

それでは次に、会計士の転職でエージェントを利用したほうがいい理由をお伝えしていきますね。

会計士の転職でエージェントを利用したほうがいい理由

佐々木
会計士の転職でエージェントを利用したほうがいい理由は、次の3つが考えられます。
エージェントを利用すべき理由
  1. 企業の非公開の転職情報を知ることができる
  2. プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる
  3. 今までの経験をもとにより良い条件の交渉をしてもらえる

それぞれ詳しく説明していきます。

理由1:企業の非公開の転職情報を知ることができる

佐々木

転職エージェントを利用することで、一人で転職活動を進めていては得られない、企業の非公開情報を知ることが可能です。

具体的には、次のような非公開の情報です。

企業の非公開情報
  • 企業が求める人材
  • 面接官に好印象を与えるポイント
  • 企業が求人を募集している理由
ゆり
なるほど!非公開の転職情報を知れば、転職活動を有利に進められそうですね!
佐々木

その通りです!

非公開の転職情報を抑えていれば、選考や面接もスムーズに通過できるでしょう。

理由2:プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる

エージェントは、転職のプロとして自己PRポイントの分析を行ってくれます。

具体的には、自己分析をはじめ、志望動機や職務経歴書の添削、業界ならではの面接対策などを実施し、あなたならではの強みがアピールできるようにサポートを行います。

そのため、会計士の転職においても、他の転職者よりも上手く自分をアピールできる可能性が高くなり、転職の成功率がグッと上がるでしょう。

佐々木

自分ではなかなか気づけない強みを分析してくれるので、自信を持って面接にも臨めますよ!

理由3:今までの経験をもとにより良い条件の交渉をしてもらえる

転職エージェントは、企業と転職者の間に入り、条件面の交渉も行ってくれます。

ただ単に、保有している求人を紹介するだけでなく、あなたのこれまでの経験をもとに、より良い条件で働けるよう交渉を行ってくれるのは嬉しいポイントです。

給与面はもちろん、勤務日数、仕事内容など、できる限りあなたが働きやすい条件を整えてくれるでしょう。

佐々木
実際にエージェントに交渉を行ってもらえば、一人転職活動するよりも高い年収を得られる可能性がありますよ!

佐々木
以上、会計士の転職でエージェントを利用したほうがいい理由です。
利用したほうがいい理由
  1. 企業の非公開の転職情報を知ることができる
  2. プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる
  3. 今までの経験をもとにより良い条件の交渉をしてもらえる
ゆり
これだけのサポートがあるなら、エージェントを使うべきですね!
佐々木

はい!紹介したのはあくまでも一部のサポート内容です。

他のサポートについても詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

転職エージェントとは|他サービスとの違い&ゼロから理解できる全知識

エージェントを利用して転職した会計士の事例

佐々木
それでは実際に、エージェントを利用して転職に成功した会計士の事例を紹介します。
29歳男性の転職成功例

これまで一般企業の組織内で会計士として働いていましたが、よりキャリアアップしたいという想いを込め、会計事務所に転職。

JACリクルートメントさんに転職先を紹介してもらいましたが、条件のいい求人を紹介してくれたので嬉しかったです。

キャリアアップはまだまだこれからですが、頼りになる会計士の先輩もいる環境で日々楽しく仕事をしています。

(29歳・男性・年収500万円台)引用:転職相談

31歳女性の転職成功例

私がいた監査法人はとにかく激務。仕事量が多すぎで自分の時間はなかった。このままじゃ自分がつぶれてしまうと思い、一般企業に転職。中小企業ということもあり、こじんまりした環境で働きやすくなりましたよ。

転職を悩んでいたときにリクルートエージェントの担当者がサポートをしてくれて、ほんとうに助かりました。

(31歳・女性・年収400万円台)引用:転職相談

ゆり
実際、エージェントを使って転職に成功できた人がたくさんいるんですね!
佐々木
はい!理想の転職を実現するためには、紹介した方のようにエージェントに相談してみるべきです!

転職エージェントの登録から転職までの流れ

佐々木
それでは次に、実際に転職エージェントを利用する流れを説明します。

転職エージェントを利用する流れは次の通りです。

転職エージェント利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

それでは流れを詳しく説明します。

STEP.1
公式サイトから60秒で登録
転職エージェントに登録をする女性

担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも3社ほど登録しておくと安心です。

併用すべきエージェント
STEP.2
登録後、面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

STEP.3
担当エージェントと面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

STEP.4
担当エージェントから求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

STEP.5
履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性

早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
書類選考の通過後、企業との面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性

いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

STEP.8
内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。


ゆり
改めてエージェントの流れを確認すると、かなり手厚いサポートを行ってくれるのが分かりますね。
佐々木

そうですね!これだけのサポートを考えると、

転職を成功させるために、エージェントの存在がいかに重要か分かるでしょう。

実際に転職活動は、どれだけ担当エージェントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、エージェントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると、

サポート全てにマイナスの影響が出て、次のようなことが起こる可能性もあります…

マイナスの影響
  • 良い求人を紹介してもらえない
  • 書類選考が通りづらくなる
佐々木

だからこそ、エージェントと良い関係を築くことは、転職を成功させるために重要です。

いい担当者と出会うためにも、複数のエージェントを併用することをおすすめします!

転職エージェントの使い方 【図解】転職エージェントの使い方|登録から転職までの流れ&活用方法

会計士が転職エージェントを活用する9つの方法

佐々木
転職エージェントを、最大限活用する方法は次の通りです!
転職エージェントの活用法
  1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
  2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  3. 素早い連絡を心がける
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
  7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
  9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

大前提として、転職エージェントに対しては、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。
活用法1
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

活用方法2.エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法2
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法3|素早い連絡を心がける

担当キャリアアドバイザーとは、スピーディーなやり取りを心がけて、メールの返信はなるべく早く行いましょう。

なぜなら、連絡の素早さが選考の合否に関わることがあるからです。

特に以下のシーンでは、素早い連絡が大切です。

素早い連絡が必要なシーン
  1. 担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整
  2. 企業との面接日程調整

1.担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整

初回面談の日程調整が遅れると、その間に求人環境が変わって、希望の会社の求人が埋まってしまう可能性があります。

そのため、担当者との初回面談の日程調整はなるべく早く行うべきです!

2.企業との面接日程調整

企業との面接日程調整が遅れると、マイナスのイメージを企業に与えてしまいます

なぜなら、企業はあなたを「ビジネスでの対応力が低い。弊社への志望度も低いのでは?」と思ってしまうからです。

マイナスイメージを避けるためにも、面接の日程調整はスピーディーに連絡しましょう!

活用法3
素早い連絡を心がける

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

また、連絡を密に取り合えば、新しい求人案件を紹介してもらいやすくなりますよ!

活用法4
2週間に1度は連絡して意欲を見せる

活用方法5|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。
活用法5
推薦文は必ず自分の目で確認する

活用方法6|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

なぜなら転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれるからです。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず報告すべきですよ!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
活用法5
面接後にはすぐに担当者に連絡する

活用方法7|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう
活用法7
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法8|口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って若手社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている若手社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法8
口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

活用方法9|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!
活用法9
複数の転職エージェントを利用していることを伝える

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

転職エージェントの活用法
    1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
    2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    3. 素早い連絡を心がける
    4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
    9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える

    まとめ|おすすめの転職エージェントを利用して会計士の転職を成功させよう

    佐々木
    今回は、会計士で転職を考えている人に向けて、おすすめの転職エージェントをお伝えしてきました。

    要点を整理すると…

    まとめ
    • 会計士が転職する際はおすすめのエージェントを利用すべき
    • 転職エージェントを利用すると転職成功率が上がる
    • 転職成功者は平均3社のエージェントに登録している
    ゆり
    ありがとうございます!

    早速エージェントに登録して、転職活動を始めてみますね!

    佐々木
    いいですね!
    それでは最後にもう一度、おすすめエージェントを紹介しておきますね。
    おすすめの転職エージェント5選
    1. マイナビ会計士|会計士専門のエージェントを利用したい人におすすめ
    2. MS-Japan|管理部門の求人を探している人におすすめ
    3. JACリクルートメント|年収500万円以上を希望する人におすすめ
    4. リクルートエージェント|とにかく多くの求人を見たい人におすすめ
    5. ジャスネットキャリア|サポート体制を重視する人におすすめ

    参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2019年最新版】

    佐々木
    あなたが転職に成功できることを応援しています!