転職エージェントおすすめランキング13選

ハイクラス・エグゼクティブに強い転職エージェント5選|成功者30人に学ぶ全知識

ハイクラスとエグゼクティブ向けのおすすめ転職エージェント

この記事でお伝えすること
  • ハイクラス・エグゼクティブ向け転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを最大限活用するコツ
  • ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加している転職市場の背景
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

『エグゼクティブ転職ができる転職エージェントを知りたい!』

『自分に合ったハイクラス求人って、どうやったら知れるのだろう…?』

と悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

ゆり
管理職以上の転職を成功させたいんですが、どの転職エージェントを使えば良いかわからなくて….。
佐々木
管理職などのハイクラス転職だと、転職エージェントを選びから慎重になりますよね…。

実は、ハイクラス転職で使える転職エージェントには、2つのタイプがあるんです

そこで今回は、ハイクラス向けの転職エージェントの選び方から、最大限活用するコツまでお伝えします!

【2019年5月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

ハイクラス・エグゼクティブ向け転職エージェントの選び方

ハイクラス向け転職エージェントの選び方
佐々木
初めに、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントの選び方をお伝えしますね!
そもそもハイクラスとは…?
「高年収」「役職者」の人を指し、年収で言うと800万円以上の人です。

◎一般的な水準

  • 大企業:主任や係長
  • ベンチャー企業 / 中小企業:係長以上
佐々木
ハイクラス転職で使うべきサービスは2種類あるんです!
ハイクラス転職で使うべきサービス
◎すぐに転職したい人向け
→総合転職エージェント

◎じっくり転職先を検討したい人向け
→ヘッドハンティング型転職エージェント

それぞれの特徴を確認していきましょう。

総合転職エージェントの特徴|すぐに転職したい人向け

総合転職エージェントについて
総合転職エージェントとは
◎一般的な形式の転職エージェント

専任の担当者が付き、転職のサポートや求人紹介を行う

転職エージェントは、企業側に求職者のフォローを入れるなど、「求職者」と「企業」の橋渡しをしてくれます。

さらに、転職エージェント内には膨大なデータベースがあるので、常に多くの求人案件が存在しているため…

求職者が希望する内容の求人を、迅速に見つけることができるのです!

佐々木
素早く求人を紹介してもらえると、多くの求人を確認できるため、理想の転職先に出会いやすくなります!

ハイクラス向け総合転職エージェントを
すぐに知りたい人はジャンプ!

ヘッドハンティング型転職エージェントの特徴|じっくり転職先を探したい人向け

ヘッドハンティング型転職エージェント
ヘッドハンティング型とは

◎ヘッドハンターからスカウトが届く形式

求職者に担当は付かず、経歴や転職条件を提示してスカウトを待つ

ヘッドハンティング型では、総合転職エージェントにはない、エグゼクティブの中でもハイクラスな求人に出会うことができます

なぜなら、エグゼクティブ求人は企業内の重要な内容に紐づくため、求人内容を公開しないようにヘッドハンターに依頼しているのです。

ヘッドハンターが持っている求人案件は、求人数自体が少ないので、中長期的な転職活動になることが多いです。

佐々木
ヘッドハンターが持っている内々の求人案件は…

総合転職エージェントが利用するデータベースには、ほぼ掲載されていないんです!

ヘッドハンティング型転職エージェントを
すぐに知りたい人はジャンプ!


佐々木
それぞれの違いを分かりやすくまとめると、次の通りになります。
総合転職エージェントヘッドハンティング型
担当者の有無専任の担当者がつく担当者はつかない
求人方法担当者との面談で紹介スカウトを待つ
メリット多くの求人を素早く見れる未公開の内々な案件と出会える
転職活動期間短期での転職が可能中長期の転職活動になることが多い
ゆり
転職エージェントと言っても、いろんなタイプがあるんだ!
佐々木
おっしゃる通りです!

実際どちらのタイプの転職エージェントも、数多くのハイクラス転職で活用された事例があります。

それぞれ見ていきましょう!

総合転職エージェント

ヘッドハンティング型

ゆり
ほんとだ!

どちらのタイプの転職エージェントも使われているんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

どちらの転職エージェントでも、企業とのやり取りは、担当者が代わりに対応してくれますよ!

現職が忙しくても、転職エージェントを使えば効率よく転職できるので、気軽に登録してみましょう!

次の章で、ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェントを紹介します!

ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェント5選

ハイクラス・エグゼクティブ向けおすすめ転職エージェント
佐々木
ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェントをお伝えします。
おすすめの転職エージェント

◎総合転職エージェント

  1. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

◎ヘッドハンティング型転職エージェント

  1. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  2. 『キャリアカーバー』
    ヘッドハンターを自分で選んで相談できる
    【公式】https://careercarver.jp/

参考:転職エージェントおすすめ13選|571人の評判比較ランキング【2019年最新版】

これから「総合転職エージェント」と「ヘッドハンティング型転職エージェント」それぞれのオススメを紹介していきますが…

利用する際は、「総合転職エージェント」と「ヘッドハンティング型」を併用することをオススメします!

総合転職エージェントとヘッドハンティング型の違い
併用がオススメの理由
エグゼクティブ・管理職求人は、自分に合った求人を見極めるために、少しでも多くの求人を見て比較検討することが重要です。

「総合転職エージェント」と「ヘッドハンティング型」では、求人が紹介されるルートが違うため、併用すると選択肢が広がります。

◎総合転職エージェント
キャリアアドバイザーと面談をして条件を明確にした上で、積極的に興味のある求人を探せる。

◎ヘッドハンティング型
基本的には登録後スカウトを待つだけ。しかし、検討していない求人も紹介されるため、希望の求人と出会うのには時間がかかる。

ゆり
なるほど!

ふたつのタイプで違いがあるから、併用したほうがいいんだ!

佐々木
そうなんです!

それぞれ持っている求人の種類が異なるので、併用すると多くの求人に出会うことができるんです!

それでは、総合転職エージェントのおすすめから、詳しく紹介していきますね!


ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント

総合転職エージェント1|JACリクルートメント

JACリクルートメント

特徴
  • 年収600万〜2,000万円のハイクラス向け転職エージェント
  • 担当者の質が圧倒的に高い
  • 外資系企業や海外転職も強い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC リクルートメントは、年収500万円以上の高収入・ハイキャリア求人が豊富な転職エージェントです。

これは、ロンドン発祥の日系転職エージェントであり、英国を始めとする8カ国に広がる独自の国際的なネットワークがあるからです。

外資系企業や大手優良企業など、難易度が高い企業に対するノウハウも豊富なので…

過去の質問パターンや企業の裏事情について実践的なアドバイスをしてもらえます

利用者の70%以上は30代で、エグゼクティブ、管理職、スペシャリストの高年収ポジション分野では、圧倒的No.1を誇っています。

佐々木
求人の質や量、企業への提案力が高く、転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです!

総合転職エージェント2|パソナキャリア

パソナキャリア
特徴
  • 業界トップクラスのサポート体制
  • 業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが在籍
  • 女性の転職に関して理解が深い

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

『パソナキャリア』は、人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

サポート体制は業界No.1と言われているため、手厚い転職サポートを受けたい人におすすめです。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、有益な情報が手に入りやすく、質の高いキャリア面談を受けることが可能です。

また、他社と違い、官公庁受託実績が豊富にあり、社会貢献にも力を入れていることも定評があります。

佐々木
キャリアアドバイザーの評判も良く、対応も早いので、短期間で転職したい方にもおススメです!

総合転職エージェント3|マイナビエージェント

マイナビエージェント
特徴
  • 20代の転職やキャリアのノウハウが豊富
  • 20代向けの優良求人が多数
  • 専門のキャリアアドバイザーが丁寧にサポート
【公式】https://mynavi-agent.jp/

『マイナビエージェント』は新卒の就職実績No.1のマイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビの新卒領域での強みを活かしていることもあり、サポートが手厚く20代〜30代前半には一番おすすめの転職エージェントです。

30代転職には力を入れ始めているところで、30代からの相談は優秀な担当者がつく可能性が高いと言われています。

また、マイナビエージェントでは、大手ホワイト企業の優良案件を数多く保有しています

佐々木
新卒採用で多くの人気企業が「マイナビ」を使う背景から、20代や第二新卒の転職実績を急拡大しており…

「マイナビエージェント」でしか募集を出していない最大手人気企業も多数存在します!


ハイクラス向けヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型1|ビズリーチ

ビズリーチ
特徴
  • ヘッドハンティング型の転職サービスで業界トップクラス
  • 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2が万件以上
  • TVCMで知名度が高くなり、有名企業の求人も多数

【公式】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、効率的・主体的に転職活動したい人、スカウトを受け取ることで自分の市場価値を測りたい人におすすめです。

なぜなら、ビズリーチはヘッドハンターから直接オファーを受けることができるヘッドハンティング型の転職サービスだからです。

有名企業の求人など優良な求人案件のほかにも、年収1,000万円以上のハイキャリア求人を含む非公開求人を、2万件以上保有しています

ヘッドハンターからのオファーを待つため、急いで転職したい人には向きませんが、その分納得のいく求人に出会えるでしょう。

佐々木
キャリアに自信があって、じっくり転職活動をしたい人に間違いなくおすすめの転職サービスです!

ヘッドハンティング型2|キャリアカーバー

キャリアカーバー
特徴
  • ヘッドハンターを自分で選び相談することができる
  • 待つだけで高収入求人を紹介してもらうことが可能
  • 年収1000万円以上のハイキャリア求人1万件以上と出会える

【公式】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、ハイクラス求人を自分から探していきたい気持ちがある人におすすめです。

なぜなら、ヘッドハンティング型にも関わらず、自分からヘッドハンターに相談が出来るからです。

実際、キャリアカーバーに登録すると、ヘッドハンターの紹介ページから相談できるようになっています。

もちろん、ヘッドハンティング型なので待っているだけでも高収入求人を紹介してもらうことが可能です。

また、業界No.1のリクルートが運営しているという背景があり、年収1,000万円以上の求人、1万件以上と出会える可能性が高いです。

佐々木
「年収600万円以上で、良い条件の求人があれば転職したいが、今は現職が忙しい人」にはオススメです!

佐々木
ここまで、ハイクラス・エグゼクティブにおすすめの転職エージェントをお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

おすすめ転職エージェント

◎総合転職エージェント

  1. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

◎ヘッドハンティング型転職エージェント

  1. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  2. 『キャリアカーバー』
    ヘッドハンターを自分で選んで相談できる
    【公式】https://careercarver.jp/

参考:転職エージェントおすすめ13選|571人の評判比較ランキング【2019年最新版】

ゆり
ありがとうございます!

この5社がおすすめなんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

より良い求人に出会うためには、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!

実際に転職成功者の9割は、平均3社以上の転職エージェントに登録しているんですよ!

選ぶのに迷った場合は『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』に登録しましょう!

おすすめ転職エージェント

転職エージェントの複数利用について詳しく知りたい人は、次のページを参考にしてください。

次に、ハイクラス転職を成功させるために併用すべきサイトをご紹介します!

ハイクラス転職を成功させるために併用すべきサイト3選

ハイクラス向けの転職におすすめのサイト
佐々木
ここでは、転職エージェントと合わせて使うべきサイトをお伝えします!

ハイクラス転職を成功させるために、併用すべきサイトは次の3つです。

併用すべきサイト
  1. 『Vorkers』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
  3. 『MIIDAS』
    自分の市場価値や適正年収がわかる
    【公式】https://miidas.jp/

1つずつ詳しく見ていきましょう!

併用すべきサイト1|Vorkers

企業のリアルな情報を確認するためにおすすめなのが、口コミサイト「Vorkers」です。

求人の情報や事例の中には良い点だけを取り上げている場合もあるので、「Vorkers」で働き方や社風を見ることで実際の状況がわかります。

組織風土や給与などについても詳しく書かれており、直近の書き込みも多いため参考になります。

佐々木
行きたい企業の比較や、口コミの情報をもとに転職エージェントに深掘りしてみるのもオススメです!

併用すべきサイト2|転職会議

幅広い企業の口コミを知るためにおすすめなのが、「転職会議」です。

Vorkersに比べコメントの質は下がりますが、転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されています。

正社員だけではなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、幅広い情報を得られます。

佐々木
口コミサイトは情報の裏を取るためにも、活用することができますよ!

併用すべきサイト3|MIIDAS

自分の適性年収を知るためには、「MIIDAS」をおすすめします。

「MIIDAS」は人材サービス大手のインテリジェンスが運営しており、質問に答えることで自分の適正年収がわかるサービスです。

会員登録をしなくても適正年収や市場価値が分かり、任意で会員登録すると登録直後から面接確約のオファーが届くようになります

転職するべき年収のライン、転職において提示されるオファー金額の妥当性の参考になるためやってみて損はないです。

佐々木
適正年収が分かるので、転職において提示される年収の妥当性や、転職すべきかの判断基準にもなるのでオススメです。

佐々木
ここまで、ハイクラス転職を成功させるために、併用すべきサイトについてお伝えしてきました。

もう一度まとめると、次の通りです。

併用すべきサイト
  1. 『Vorkers』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
  3. 『MIIDAS』
    自分の市場価値や適正年収がわかる
    【公式】https://miidas.jp/
ゆり
ありがとうございます!

サイトを使うことで、幅広い情報を得ることができるんだ…!

佐々木
おっしゃる通りです!

このようなサイトを併用することで、直近の情報まで知ることができるんです!

転職して自分の力を最大限発揮するためにも、情報収集をしっかりと行い、納得のいく転職活動をしましょう!

次は、ハイクラス・管理職の転職体験談を紹介します!

ハイクラス・管理職の転職体験談|成功者30人の口コミ・評判を調査

ハイクラス向けの転職体験談
佐々木
ここからは、ハイクラス・管理職の転職体験談を見ていきましょう!

ハイクラス転職の成功事例

佐々木
初めに、成功事例を見ていきます!

ゆり
総合転職エージェントでも、ヘッドハンティング型でも、成功している人がいるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

ハイクラス転職は、求人案件が少ないこともあり、転職のタイミングも大切になってきます。

より良い求人に出会うために、総合転職エージェントとヘッドハンティング型の併用をおすすめします!

おすすめ転職エージェント

ハイクラス転職の失敗事例

佐々木
次に、失敗した事例を見てみましょう。

ゆり
転職エージェントを使ったら、転職が上手くいく訳でもないんですね…。
佐々木
そうなんです。

エグゼクティブ転職は、転職後すぐに会社の重要案件に関わる場合もあります

転職する際は、仕事内容や社風など、しっかりと情報収集を行うことをオススメします!

次に、ハイクラス・エグゼクティブが転職エージェントを最大限活用する方法を紹介します。

ハイクラス・エグゼクティブが転職エージェントを最大限活用する7つの方法

転職エージェントの活用法
佐々木
それでは、ハイクラス・エグゼクティブが転職エージェントを最大限活用する方法についてお伝えします!

最大限活用する方法は次の7つです!

最大限活用する方法
  1. 口コミサイト「Vorkers」で企業の情報を見る
  2. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーをシビアな目でチェックする
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう!

活用方法1|口コミサイト「Vorkers」で企業の情報を見る

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って紹介された企業の実態を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際の状況と合っているのかどうかを確認するためです。

優秀な転職エージェントであれば、都合の悪いことを隠したりすることはないと思いますが…

求人情報の中には、良い点だけを取り上げている場合もあるので気を付けましょう。

佐々木
口コミサイトは「Vorkers」を使うことをおすすめします。

活用方法2|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数エージェントの掛け持ちをしていることは、担当者に正直に伝えましょう

なぜなら、掛け持ちを隠しているとエージェントからの信頼を失い、希望する求人が紹介されなくなるからです。

転職エージェントは、紹介先の企業からのクレームを避けているので、嘘をつく人に求人自体の紹介をしない場合もあります。

佐々木
エージェントの複数利用を伝えることで、担当者が力を入れてサポートしてくれる場合もあります!

複数利用について詳しく知りたい人は、下記のページを参考にしてくださいね!

活用方法3|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

転職エージェントでは、学歴・職歴などを正直に伝えましょう

登録時に勤務期間を長めに記載したり、前回の利用時の情報とつじつまが合わないケースがあります。

このような虚偽の報告がバレると、要注意人物と見なされ、求人の紹介を受けにくくなってしまいます

また、採用後に発覚した場合は、経歴の詐称として、懲戒解雇の対象になりかねません

佐々木
自分に最適な求人を紹介してもらう為にも、自分の情報は正確に伝えましょう!

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

登録後、転職エージェントから連絡が来たらすぐに対応し、その後は最低でも2週間に1度は連絡をしましょう

なぜなら、転職エージェントは登録日や最後に連絡を取った日が新しい人を、優先的にサポートするからです。

連絡した日が新しいほど、すぐに転職したい意欲があると判断されるので、求人の紹介をもらいやすくなるのです。

佐々木
連絡を怠ってしまうと、自分の条件に合った求人があっても、紹介が後回しにされてしまいます。

活用方法5|担当キャリアアドバイザーをシビアな目でチェックする

担当のキャリアアドバイザーに不満がある場合は、担当者の変更を依頼しましょう。

なぜなら、転職成功にはどこの転職エージェントを使うかよりも、自分と相性のいい担当者に出会えるかが大切になってくるからです。

ですので、担当してもらったからと情を移さず、相性が悪かったり知識に不満があれば、担当者を変更してもらいましょう!

佐々木
担当者の変更を依頼することで、転職への意識が高いとみなされ…

手厚いサポートが受けられるようになる場合もありますよ!

変更依頼の方法について知りたい人は、次のページを参考にしてください!

活用方法6|推薦文は必ず自分の目で確認する

企業へ応募する際に、担当者が作成してくれる推薦文は、必ず自分の目で確認しましょう

推薦文は、担当者によって精度の高さが変わってくることがあるからです、

あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴をそのまま写すだけなどひどいケースもあります…。

推薦文を見せてもらう時は、「面接対策のため」「客観的に見た自分の経歴を知りたい」といった理由を伝えましょう。

佐々木
推薦文は企業へ自分をアピールするために、とても役立つものです。

早く内定を得るためにも、より良い推薦文を書いてもらえるようにしましょう!

活用方法7|面接後にはすぐに担当者に報告する

企業での面接が終わったら、なるべく早く担当者に報告しましょう。

転職エージェントは面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので…

求職者が面接でアピールしきれなかった面をフォローしたり、フィードバックをもらうことができます。

そのためにも、面接後はすぐに担当者に連絡し、面接内容や感想を正直に伝えましょう!

佐々木
転職エージェントは、求職者の味方です!

面談の状況を伝えることで、求職者の魅力がしっかりと伝わるようにフォローしてくれますよ!


佐々木
ここまで、転職エージェントを最大限活用する方法をお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

最大限活用する方法
  1. 口コミサイト「Vorkers」で企業の情報を見る
  2. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  3. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーをシビアな目でチェックする
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
ゆり
自分でも調べたり、連絡したほうがいいんだ…!
佐々木
おっしゃる通りです!

自分から行動することで、転職への意欲を示すことができ…

転職エージェントでも、手厚いサポートが受けられるようになりますよ!

さらに自分に合ったエージェントを見つけるために、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします!

転職エージェントに迷ったら、『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』に登録しましょう!

おすすめ転職エージェント

最後に、ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加している転職市場の背景についてお伝えします。

ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加している転職市場の背景

佐々木
ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加している、転職市場の背景についてお伝えしていきますね!

ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加しているのには、次のような背景があります。

ハイクラス採用が増加している背景
  1. 日系企業のグローバル化
  2. 海外M&Aの増加
  3. ベンチャー企業の成長
  4. 後継者不足問題

1つずつ詳しく見ていきます。

背景1|日系企業のグローバル化

多くの日系企業が、新規市場の開拓を目指して、海外進出していることが挙げられます。

なぜなら、国外からの需要を取り込むために、海外の現場を仕切れる人材のニーズが増えたからです。

このような求人で重視されるのは「経験」です。

語学力は最低条件として考えられ、「現地を知っていて、経験を積んできた背景がある」ということが求められます

佐々木
海外経験があれば、大きなアドバンテージになるでしょう!

背景2|海外M&Aの増加

日本企業の海外M&Aは年々増加しており、買収に伴い外部から経営者を採用する場合もあるので、

CEOをはじめとした人材の募集が増加しているのです。

レコフのデータによると、2015年では海外M&Aの金額が8兆円規模でしたが、2018年1~6月期では11兆7361億円と前年同期比件数で3.2倍増となっています。

佐々木
2018年の海外M&Aは、件数・金額ともに過去最高だったので、今後も増える可能性がありそうですね!

背景3|ベンチャー企業の成長

近年ベンチャー企業が増えているため、エグゼクティブ層が開いていることが多く、求人が増えています。

さらに、急激に成長しているベンチャー企業では、人材育成と登用が追いつかない場合もあり

大企業で経験を積んだ人を求めていることが多いのです。

最近では、メルカリやZOZOなどベンチャー企業でも、大型資金調達をしている会社が増えており、エグゼクティブ人材が必要とされています。

佐々木
ベンチャー企業は、成長の機会が多くありますが、

それだけだと失敗する可能性もあるので、転職する際は良く調べましょう!

背景4|後継者不足問題

国内企業の多くが、後継者不在の問題を抱えています。

そのため、事業を継承するために外部から経営者を採用する流れが加速しているのです。

帝国データバンクによると、2018年の調査では66.4%の企業が、後継者不在の問題を抱えているという結果でした。

佐々木
後継者不足以外にも、投資ファンドの登場や外資系企業の参入などで、経営層の人材が求められています。

佐々木
ここまで、ハイクラス・エグゼクティブ採用が増加している背景についてお伝えしてきました。

まとめると次の通りです。

ハイクラス採用が増加している背景
  1. 日系企業のグローバル化
  2. 海外M&Aの増加
  3. ベンチャー企業の成長
  4. 後継者不足問題
ゆり
ハイクラス採用が増加しているのには、いろいろな理由があるんだ!
佐々木
そうなんです。

業界や職種によっても、ハイクラス採用の背景は違うので、

自分が転職を希望する業界の転職市場の背景を調べてみましょう!

転職エージェントを使ってハイクラス転職を成功させよう!

佐々木
ここまで、ハイクラス向けの転職エージェントについてお伝えしてきました。

まとめると、次の通りです。

まとめ
  • 転職エージェントには「総合転職エージェント」と「ヘッドハンティング型」がある
  • 「総合転職エージェント」と「ヘッドハンティング型」の併用がおすすめ
  • 自分で情報収集することで、転職エージェントを最大限活用できる
ゆり
ありがとうございます!

教わったことを参考に、転職活動を進めたいと思います!

佐々木
そうですね!

ハイクラス求人は案件自体が少ないので、ピンとくる求人があったら早めに行動しましょう!

それでは最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしますね。

おすすめ転職エージェント

◎総合転職エージェント

  1. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

◎ヘッドハンティング型転職エージェント

  1. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  2. 『キャリアカーバー』
    ヘッドハンターを自分で選んで相談できる
    【公式】https://careercarver.jp/

参考:転職エージェントおすすめ13選|571人の評判比較ランキング【2019年最新版】

ゆり
ありがとうございます!

この5社がおすすめの転職エージェントなんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社以上に登録すべきなのですが…

面倒だと感じる人は最低でも『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』に登録しましょう!

佐々木
皆さんの転職が成功することを祈っています!