転職エージェントおすすめランキング13選

外資系で年収UP!外資におすすめの転職エージェント評判ランキング14選

外資系におすすめの転職エージェント

この記事でお伝えすること
  • 外資系企業向けおすすめ転職エージェントランキング
  • 最高の条件で内定を獲得するための転職エージェントの選び方
  • 外資系企業への転職に向いている人・向いていない人の特徴
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「外資系企業に特化したおすすめの転職エージェントってあるの?」

「外資系企業に転職してキャリアップしたいけど、優良企業の求人はどこで探せるの?」

…と思っている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、外資系企業への転職におすすめのエージェント紹介を始め、外資系企業に転職した人の体験談などを紹介していきます!

この記事を読めば、外資系企業への転職で使うべきエージェントが見つかり、1ヶ月後には転職先の候補が見つかっていますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

11ヶ月連続!人気1位
20代~30代の転職実績が豊富!約87%の人が満足のいく転職を実現させています

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!優良企業でキャリアアップしたい人におすすめです

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

【業界別】外資系企業向けおすすめ転職エージェントランキング一覧

佐々木

それでは、外資系企業向けのおすすめ転職エージェントを紹介していきます!

転職エージェントは、それぞれ”強み”や”得意な領域”が異なるため、

自分の狙っている業界に合わせて最適なものを選択する必要があります。

そのため、次の中から自分の志望業界に合った転職エージェントを利用して、外資系転職を成功させましょう!

それでは、それぞれおすすめの転職エージェントをご紹介していきますね!

1.外資系への転職を目指す全員におすすめ

佐々木
まず、外資系への転職を目指している全員が、登録すべき転職エージェント3社を紹介します。
外資系を狙う全員におすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

ここでは、外資系企業の求人が豊富な3社の転職エージェントをピックアップしてみました。

より多くの求人を見ることで、自分では考えてもみなかった業界職種の求人と出会えるので、幅広い将来の可能性を見つけられるでしょう!

それでは1社ずつ紹介していきますね。

1-1.JACリクルートメント

jacリクルートメント
JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万〜1,200万円のハイクラス転職の実績はトップクラス
  • キャリアアドバイザーが法人営業も兼務しているため、サポートの質も高い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、年収600万〜1,200万円のハイキャリア向けや外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が600万円以上の方は相談してみましょう。

1-2.リクルートエージェント

リクルートエージェント公式
リクルートエージェントの特徴
  • 20万件以上の求人数を保有!
  • 累計で40万人以上の転職成功実績があり業界ではトップクラス
【公式】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

実際外資系企業の求人においても、圧倒的な求人数を持っているので、転職を目指す全員におすすめできる転職エージェントです!

また、求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

第二新卒からハイキャリア、またITなどの専門性の高い求職者まで、年代を問わず幅広い層からの高い支持を得ています。

1-3.ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラス
  • 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上
【公式】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化した転職エージェントです。

2,500人のヘッドハンターが登録している日本最大級のヘッドハンティング型転職サービスで、優秀なヘッドハンターに自分の経歴をアピールできます。

年収1,000万円以上の外資系企業のハイキャリア求人を数多く保有しているため、キャリアに自信があって、じっくり転職活動を進めたい方にはおすすめです!


佐々木

外資系企業への転職を目指す全員におすすめの転職エージェントは以上の3社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

外資系を狙う全員におすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

圧倒的なサポート力を持つ『JACリクルートメント』に登録しておけば、間違いないですよ!

次に、外資系のコンサルティング業界を狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

2.コンサルティング業界を狙っている方におすすめ

佐々木
コンサルティング業界を狙っている方は、次の3社がおすすめです!
コンサルティング業界でおすすめ
  1. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  2. 『ムービンストラテジックキャリア Consultant転職』
    コンサルティング業界20年以上の実績
    【公式】https://www.movin.co.jp/
  3. 『アンテロープ』
    金融とコンサルティング業界専門
    【公式】https://www.antelope.co.jp/

それでは1社ずつ紹介していきますね。

2-1.ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズの特徴
  • 世界30ヵ国の主要都市にオフィスあり
  • 外資系企業のスペシャリストを数多くサポートしてきた実績

ロバート・ウォルターズは、世界30ヵ国にオフィスを構える外資系・日系グローバル企業に強い転職エージェントです。

これまで、外資系企業のスペシャリスト人材の転職において、優れた信頼と実績を世界各国で築き上げてきました。

スペシャリストを求めている企業が、即戦力人材を採用するために活用しており、さまざまな外資系コンサルティング業の求人案件を保有しています。

2-2.ムービンストラテジックキャリア Consultant転職

ムービンの特徴
  • 20年以上コンサルティング業界の転職支援をしてきた実績
  • コンサルティング業界出身者による充実した転職サポート

【公式】https://www.movin.co.jp/

ムービンストラテジックキャリア Consultant転職は、コンサルティング業界に特化したエージェントです。

20年以上コンサルティング業界への転職支援を行っており、

ビジネスプロフェッショナルやエグゼクティブポジションなど、数多くのサポート実績を持っています。

実際にコンサルティング業界出身者が転職のサポートを行っており、圧倒的な業界知識をもとに、業界や各企業の最新情報を提供しています。

2-3.アンテロープ

アンテロープの特徴
  • 金融とコンサルティング業界専門の転職エージェント
  • 業界情報はもちろん、キャリア展開のヒントになる情報を提供

【公式】https://www.antelope.co.jp/

アンテロープは、金融とコンサルティング業界専門の転職エージェントです。

投資銀行、投資ファンド、資産運用、不動産金融、戦略系コンサルタントなど…

金融とコンサルティング関連の求人数は、国内最大規模を誇っています。

コンサル業界の基礎的な知識や現役コンサルタントへのインタビュー、コンサル業界の人材マーケット情報など、登録すればあらゆる情報を手に入ります。


佐々木

コンサルティング業界への転職を目指す方に、おすすめの転職エージェントは以上の3社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

コンサルティング業界でおすすめ
  1. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  2. 『ムービンストラテジックキャリア Consultant転職』
    コンサルティング業界20年以上の実績
    【公式】https://www.movin.co.jp/
  3. 『アンテロープ』
    金融とコンサルティング業界専門
    【公式】https://www.antelope.co.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

豊富な求人数を持つ『ロバートウォルターズ』に登録しておけば、間違いないですよ!

次に、外資系の金融業界を狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

3.金融業界を狙っている方におすすめ

佐々木
金融業界を狙っている方は、次の2社がおすすめです!
金融業界でおすすめ
  1. 『コトラ』
    金融業界の幅広い知見を持つ
    【公式】https://www.kotora.jp/
  2. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

それでは1社ずつ紹介していきますね。

3-1.コトラ

コトラの特徴
  • 金融業界経験者による適切な求人紹介
  • 専門性の高い面接対策が受けられる

【公式】https://www.kotora.jp/

コトラは、金融・IT・コンサル・製造業などの転職を目指す方へのサポートを中心とした転職エージェントです。

専門性を活かした金融業界への転職はもちろん、プロのコンサルタントが希望にあった転職先の紹介し、多くの方の転職を成功に導いています。

また、他社にはない金融業界の深い知見も持っているので、専門性の高い面接対策などを受けることも可能です。

3-2.JACリクルートメント

jacリクルートメント
JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万〜1,200万円のハイクラス転職の実績はトップクラス
  • キャリアアドバイザーが法人営業も兼務しているため、サポートの質も高い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、年収600万〜1,200万円のハイキャリア層向けの外資系金融の求人を豊富に持つ大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が600万円以上の方は相談してみましょう。


佐々木

金融業界への転職を目指す方に、おすすめの転職エージェントは以上の2社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

金融業界でおすすめ
  1. 『コトラ』
    金融業界の幅広い知見を持つ
    【公式】https://www.kotora.jp/
  2. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

圧倒的なサポート力を持つ『JACリクルートメント』に登録しておけば、間違いないですよ!

次に、外資系の製薬業界を狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

4.製薬業界を狙っている方におすすめ

佐々木
製薬業界を狙っている方は、次の2社がおすすめです!
製薬業界でおすすめ
  1. 『メディアサーチ』
    製薬業界専門の転職エージェント
    【公式】https://www.medisearch.co.jp/
  2. 『ヘイズスペシャリストリクルートメント』
    製薬業界のあらゆる求人を数多く保有
    【公式】https://www.hays.co.jp/

それでは1社ずつ紹介していきますね。

4-1.メディアサーチ

メディアサーチの特徴
  • 製薬業界専門の転職エージェント
  • 転職コンサルタントは全員製薬業界出身者

【公式】https://www.medisearch.co.jp/

メディサーチは、製薬業界専門の転職エージェントとして、創業以来約1,300名以上の転職成功実績を持っています。

外資系専門ではありませんが、業界に特化しているこそ、国内企業や外資系を問わず数多くの専門求人を持っています。

転職コンサルタントは全員製薬業界出身者なので、業界の最新情報はもちろん、的確な面接対策や自己PRのポイントを伝授してくれます。

4-2.ヘイズスペシャリストリクルートメント

ヘイズスペシャリストの特徴
  • 外資系企業専門の転職エージェント
  • 製薬業界のあらゆる求人を数多く保有

【公式】https://www.hays.co.jp/

ヘイズスペシャリストリクルートメントは、外資系企業専門の転職エージェントです。

製薬業界特化型ではないものの、他の転職エージェントに比べて製薬業界の求人を数多く保有しています。

職種としては高収入MR、品質保証、工場長、バックオフィスをはじめ、中間管理職・経営幹部の求人案件が多くなっています。


佐々木

製薬業界への転職を目指す方に、おすすめの転職エージェントは以上の2社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

製薬業界でおすすめ
  1. 『メディアサーチ』
    製薬業界専門の転職エージェント
    【公式】https://www.medisearch.co.jp/
  2. 『ヘイズスペシャリストリクルートメント』
    製薬業界のあらゆる求人を数多く保有
    【公式】https://www.hays.co.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

製薬業界専門の転職エージェントの『メディアサーチ』に登録しておけば、間違いないですよ!

次に、外資系のIT業界を狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

5.IT業界を狙っている方におすすめ

佐々木
IT業界を狙っている方は、次の2社がおすすめです!
IT業界でおすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

それでは1社ずつ紹介していきますね。

5-1.JACリクルートメント

jacリクルートメント
JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万〜1,200万円のハイクラス転職の実績はトップクラス
  • キャリアアドバイザーが法人営業も兼務しているため、サポートの質も高い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、年収600万〜1,200万円のハイキャリア層向けの外資系IT企業の求人を豊富に持つ大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が600万円以上の方は相談してみましょう。

5-2.ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラス
  • 年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上
【公式】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化した転職エージェントです。

2,500人のヘッドハンターが登録している日本最大級のヘッドハンティング型転職サービスで、優秀なヘッドハンターに自分の経歴をアピールできます。

年収1,000万円以上の外資系IT企業のハイキャリア求人を数多く保有しているため、キャリアに自信があって、じっくり転職活動を進めたい方にはおすすめです!


佐々木

IT業界への転職を目指す方に、おすすめの転職エージェントは以上の2社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

IT業界でおすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

圧倒的なサポート力を持つ『JACリクルートメント』に登録しておけば、間違いないですよ!

次に、外資系の消費財メーカーを狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

6.消費財メーカーを狙っている方におすすめ

佐々木
消費財メーカーを狙っている方は、次の転職エージェントがおすすめです!
消費財メーカーでおすすめ
  1. 『アズール&カンパニー』
    クライアント企業の80%以上が外資系企業
    【公式】https://www.azureweb.jp/

それでは詳しく紹介していきますね。

6-1.アズール&カンパニー

アズール&カンパニーの特徴
  • 消費財業界を中心とした業界特化型のエージェント
  • クライアント企業の80%以上が外資系企業

【公式】https://www.azureweb.jp/

アズール&カンパニーは、2002年の創業以来、消費財業界を中心とした業界特化型のエージェントとして実績を積み上げています。

クライアント企業の80%以上が外資系企業となっており、

高級消費財、一般消費財、スポーツ&エンターテイメント業界などの企業とコネクションを持っています。

取り扱う業界を絞ってきたからこそ入手可能な、選りすぐりの好条件の求人案件を紹介しています。

佐々木

外資系の消費財メーカーを狙っている方は、『アズール&カンパニー』に登録することをおすすめします!

次に、外資系の製造業を狙っている方におすすめの転職エージェントを紹介します!

7.製造業を狙っている方におすすめ

佐々木
製造業を狙っている方は、次の転職エージェントがおすすめです!
製造業でおすすめ
  1. 『ISSコンサルティング』
    外資系転職に特化してきた20年間の実績
    【公式】https://www.isssc.com/

それでは詳しく紹介していきますね。

7-1.ISSコンサルティング

ISSコンサルティングの特徴
  • ミッドキャリアからエグゼクティブ層の転職サポートが得意
  • 外資系転職に特化してきた20年間の実績

【公式】https://www.isssc.com/

ISSコンサルティングは、外資系専門の転職エージェントで、自動車部品・化学・エネルギーなど、製造業界の求人を豊富に持っています。

特にミッドキャリアからエグゼクティブ層の転職サポートには定評があり、

業界に精通したコンサルタントが理想の転職を実現させています。

外資系転職に特化してきた20年間の実績により、深い信頼関係を築いているからこそ、最新の質の高い企業情報の提供が可能です。

佐々木

外資系の製造業を狙っている方は、『ISSコンサルティング』に登録することをおすすめします!


佐々木
それでは、ここまで紹介してきた外資系企業向けおすすめの転職エージェントをまとめておきます!
おすすめの転職エージェント

◎外資系への転職を目指す全員におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎コンサルティング業界でおすすめ

  1. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  2. 『ムービンストラテジックキャリア Consultant転職』
    コンサルティング業界20年以上の実績
    【公式】https://www.movin.co.jp/
  3. 『アンテロープ』
    金融とコンサルティング業界専門
    【公式】https://www.antelope.co.jp/

◎金融業界でおすすめ

  1. 『コトラ』
    金融業界の幅広い知見を持つ
    【公式】https://www.kotora.jp/
  2. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎製薬業界でおすすめ

  1. 『メディアサーチ』
    製薬業界専門の転職エージェント
    【公式】https://www.medisearch.co.jp/
  2. 『ヘイズスペシャリストリクルートメント』
    製薬業界のあらゆる求人を数多く保有
    【公式】https://www.hays.co.jp/

◎IT業界でおすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎消費財メーカーでおすすめ

  1. 『アズール&カンパニー』
    クライアント企業の80%以上が外資系企業
    【公式】https://www.azureweb.jp/

◎製造業でおすすめ

  1. 『ISSコンサルティング』
    外資系転職に特化してきた20年間の実績
    【公式】https://www.isssc.com/
ゆり
この中から狙っている業界に合わせて転職エージェントを選べばいいんですね!
佐々木

はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社以上に登録すべきなのですが…

面倒だと感じる人は最低でも『JACリクルートメント』と『リクルートエージェント』に登録して転職のアドバイスを受けておきましょう!

最低でも登録すべき2社
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
わかりました!
最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!
佐々木

そうですね!最低でもJACとリクルートですね!

次の章では、外資系企業への転職で必ず転職エージェントを活用すべき理由を紹介します!

外資系企業への転職で必ず転職エージェントを活用すべき理由

佐々木
外資系企業への転職で必ず転職エージェントを活用すべき理由は、次の2つが考えられます!
転職エージェントを使うべき理由
  1. 外資系企業の求人は転職エージェントに集中しているから
  2. 外資系企業への転職には入念な面接対策が必要だから

それぞれ説明します。

理由1:外資系企業の求人は転職エージェントに集中しているから

外資系企業の求人は、転職サイトやハローワークではなく、転職エージェントに集中しています。

なぜなら、他の業界と少し違い長期的な人材育成システムがないため、即戦力になれる人材を求めているからです。

また、外資企業は日本企業と比べると、人事部の人員が少ない傾向にあり、採用活動に割ける時間に限りがある場合もあります。

そこで多くの外資系企業は、効率よく採用活動が行える転職エージェントを活用しているため、求人が集まっているのです。

佐々木

外資系企業への転職では、転職エージェントの登録は必須です!

まずは登録してどんな求人があるかをチェックしましょう。

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

理由2:外資系企業への転職には入念な面接対策が必要だから

外資系企業の社風は多様にあり、転職希望者と企業の社風との相性を重視するため、面接での印象が採用の大きな決め手となります。

また、採用決定権を人事部ではなく、入社後上司になる社員が持つ場合も多いので、

内定をもらうためには、上司が求める人物像とマッチする必要があります。

転職エージェントの面接対策を受ければ、的確な受け答えの仕方を学べることはもちろん、企業の内部情報も手に入れられます。

入念な面接対策を行っておけば、他のライバルがいても有利に面接を進めることができるでしょう。

佐々木
英文履歴書が必要な場合もあるので、

自分を上手くアピールするためにも、転職エージェントの面接対策を活用しましょう!


佐々木
以上の理由から、外資系企業への転職では必ず転職エージェントを活用すべきです!
転職エージェントを使うべき理由
  1. 外資系企業の求人は転職エージェントに集中しているから
  2. 外資系企業への転職には入念な面接対策が必要だから
ゆり

外資系企業の求人は転職エージェントに集中しているんですね!

面接対策も受ければ、安心して面接に臨めそう!

佐々木

はい!

転職エージェントだからこそ紹介できる企業の求人がたくさんあるので、必ず登録すべきですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、外資系企業の内定を獲得するための転職エージェントの選び方をお伝えします!

最高の条件で外資系企業の内定を獲得するための転職エージェントの選び方

佐々木

それでは、外資系企業の内定を獲得するための転職エージェントの選び方を説明します!

最高の条件で内定を獲得するために、ぜひ参考にしてください!

すでに希望の業界が決まっている人は、先ほど紹介した各業界におすすめの転職エージェントに登録すれば問題ありません。

しかし、転職エージェントは今回紹介した以外にも数多くあるので、どれに登録すれば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

まず転職エージェントには、多くの求人を保有する「総合転職エージェント」と、

業界や年齢を絞った求人を多く保有する「特化型転職エージェント」の2種類があることを理解しておきましょう!

それを踏まえた上で、次の3ステップで転職エージェントを選び登録することをおすすめします!

選び方3ステップ
  1. 外資系に強い大手総合転職エージェントに2〜3社登録
  2. 業界特化型の転職エージェントに1〜2社登録
  3. 担当コンサルタントとの相性を考え2社に絞る

それでは1つずつ見ていきましょう!

ステップ1:外資系に強い大手総合転職エージェントに2〜3社登録

1つ目のステップは、外資系に強い総合転職エージェントに2社以上登録することです!

転職を成功させるためには、まず総合転職エージェントに登録し、幅広い求人情報を得ることが重要です。

それでは総合転職エージェントのメリットとデメリットをお伝えした後に、おすすめの総合転職エージェントを紹介していきますね!

総合転職型のメリット・デメリット
  • 業界を横断して大量の案件を保有(最大10万件以上)
  • 求職者がいる業界以外の可能性を提案してくれる
  • 外資系企業の専門部署があるため専門性が高い
  • 面接質問例などノウハウが蓄積している
  • 業界特有の知識には弱い傾向にある
ゆり
10万件以上の求人を保有しているエージェントもあるんですね!
佐々木
そうなんです!

幅広い業界の外資系企業の情報も多く見れるので、可能性を広げるためにも登録すべきです!

それではここで、求人数が特に多いおすすめの総合転職エージェントを紹介しておきます!

おすすめの総合転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
総合転職エージェントは、この2社に登録すれば良いんですね!
佐々木

おっしゃる通りです!

続いて、転職エージェントの選び方の2つ目のステップにいきましょう!

ステップ2:業界特化型の転職エージェントに1〜2社登録

2つ目のステップは、業界特化型転職エージェントに1〜2社登録することです!

なぜ総合転職エージェント以外にも登録した方が良いかというと、業界に特化した求人情報を多数保有しているからです!

ここでは、業界特化型転職エージェントのメリットとデメリットを見ていきましょう。

業界特化型のメリット・デメリット
  • 業界出身のコンサルタントが多く、知識が豊富
  • 業界特有の面接対策を提供してくれる
  • 特化型エージェントは中小企業が多く、案件数は少ない(100件〜)
  • 案件が少ないため、手持ちの案件を押し付けられてしまう場合がある
ゆり
なるほど!

業界に特化しているため求人数は少ない分、より深い業界の情報を持っているんですね!

佐々木
そうなんです!

そのため、総合転職エージェントだけでなく、業界特化型転職エージェントの登録もおすすめです!

それでは業界特化型転職エージェントを見ていきましょう!

業界特化型転職エージェント

◎コンサルティング業界でおすすめ

  1. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  2. 『ムービンストラテジックキャリア Consultant転職』
    コンサルティング業界20年以上の実績
    【公式】https://www.movin.co.jp/
  3. 『アンテロープ』
    金融とコンサルティング業界専門
    【公式】https://www.antelope.co.jp/

◎金融業界でおすすめ

  1. 『コトラ』
    金融業界の幅広い知見を持つ
    【公式】https://www.kotora.jp/
  2. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎製薬業界でおすすめ

  1. 『メディアサーチ』
    製薬業界専門の転職エージェント
    【公式】https://www.medisearch.co.jp/
  2. 『ヘイズスペシャリストリクルートメント』
    製薬業界のあらゆる求人を数多く保有
    【公式】https://www.hays.co.jp/

◎IT業界でおすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎消費財メーカーでおすすめ

  1. 『アズール&カンパニー』
    クライアント企業の80%以上が外資系企業
    【公式】https://www.azureweb.jp/

◎製造業でおすすめ

  1. 『ISSコンサルティング』
    外資系転職に特化してきた20年間の実績
    【公式】https://www.isssc.com/
ゆり
ありがとうございます!

自分の希望する業界向けの転職エージェントに登録すればいいんですね!

佐々木
その通りです!

それでは最後の転職エージェントの選び方の3つ目のステップを見ていきましょう!

ステップ3:担当コンサルタントとの相性を考え2社に絞る

転職エージェントの選び方の3つ目のステップは、自分と相性の合う担当コンサルタントを見極めることです!

コンサルタントを見極める方法は次の通りです。

コンサルタントを見極める方法
  1. 総合2社以上、業界特化1社に登録してキャリア面談をしてもらう
  2. キャリアコンサルタントの質を見極める
  3. 1社または2社に絞り、転職活動を進める

それでは1つずつ見ていきましょう!

方法1:総合2社以上、業界特化1社に登録してキャリア面談をしてもらう

転職エージェントに登録した後は担当コンサルタントと面談の日程を調整し、キャリア面談をしてもらいましょう。

複数の転職エージェントに登録するため、日程調整がしずらい場合もありますが、

転職の意欲が高いことをアピールするためにも、登録後はなるべく早く面談を受けることをおすすめします!

方法2:キャリアコンサルタントの質を見極める

次に、キャリア面談の際に、キャリアコンサルタントの質を見極めましょう!

良いキャリアコンサルタントと悪いキャリアコンサルタントの特徴は、次の通りです!

キャリアコンサルタントの特徴
  • ただ求人を紹介するだけでなく、キャリア相談にのってくれる
  • あなたが志望する業界の正しい知識を持っている
  • 応募先の企業へあなたを売り込む営業力がある
  • 所属する転職エージェントの質が高く、良質な求人案件を持っている
  • 初回のキャリア面談時に、しっかりヒアリングをしてこない
  • 内定が出やすい求人ばかり提案してくる
  • メールや電話の連絡が遅く対応が悪い
  • 求人や仕事内容に関する知識が浅い

これらの特徴を理解しておけば、面談や求人紹介などのやりとりの中で良い悪いはもちろん、

自分と相性が合うかどうかを見極められるでしょう!

方法3:転職エージェントを1社または2社に絞り、転職活動を進める

キャリアコンサルタントの質を判断して、1社または2社に絞って転職活動を進めましょう!

佐々木
転職活動の目安は3ヶ月なので、

最初の登録から2週間程度で転職エージェントを決めることをおすすめします。


以上が転職エージェントの選び方3ステップです。

ここでもう一度おさらいしておきましょう!

選び方3ステップ
  1. 外資系に強い大手総合転職エージェントに2〜3社登録
  2. 業界特化型の転職エージェントに1〜2社登録
  3. 担当コンサルタントとの相性を考え2社に絞る
ゆり
ありがとうございます!

総合転職エージェント2社以上、業界特化型転職エージェント1社に登録して、

相性の良いキャリアコンサルタントを見つければいいんですね!

佐々木
その通りです!

多くの求人と出会うことやエージェントによるサポートは重要のため、しっかりと選びましょう!

次の章では、外資系企業への転職でエージェントを利用したい人の体験談を紹介します!

外資系企業向けおすすめ転職エージェント利用者の体験談|成功者の評判・口コミ

佐々木

それでは、外資系企業に転職した人の体験談を紹介します!

まずは外資系企業への転職に成功した人の事例です。

外資系企業への転職体験談|成功例

以前よりも給料が良い!

外資系金融業界に転職

この春、外資系企業への転職に成功しました!なかなか転職先が決まりませんでしたが、転職エージェントさんの粘り強いサポートのおかげで、今働いている職場から内定をもらいました。

今は外資系の金融関係の会社で働いていますが、以前よりも給料はいいし本当に転職したよかったと思っています。仕事で求められるレベルも高いですが、日々成長を感じられるので、勉強にながらどんどん成長していきたいです!

転職相談:30歳・男性・年収500万円台

今後のキャリアを考え転職

外資系IT業界に転職

日本企業でもやりたいことは出来ましたが、より今後のキャリアを考え外資系企業に転職しました。私はIT企業のマーケティング分野で働いていますが、以前は若干組織全体の方針や業務の進め方に不満がありました。今は大手というわけではないので、まだまだ確率されてない部分があり、自分の考えをもとに新しいことにどんどん挑戦させていただいています。転職活動でお世話になってエージェントの担当者の方には感謝しています。

転職相談:32歳・女性・年収500万円台

ゆり
実際に、外資系企業への転職に成功した人がたくさんいるんですね!
佐々木

はい!紹介したのは一部の成功例ですが、他にもたくさんの転職成功事例がありますよ!

ただ、転職に失敗した人もいるので事例を紹介しておきますね。

外資系企業への転職体験談|失敗

人間関係に悩んでいます

外資系コンサルティング業界に転職

人間関係が嫌で外資系企業に転職しました。ただ今勤めている会社は外資系なので、外国人スタッフもいますが、大半は日本人なのであまり以前と変わっていない気がします。たまたまですが配属された部署に若干苦手な人もいるので、転職が成功したかと聞かれるとそうでないかもしれません。人間関係の悩みはどこにいっても尽きないものなんですかね…。

転職相談:28歳・男性・年収400万円台

もっと自由に働きたい

外資系製造業界に転職

自由な環境で働けると思って外資系企業に転職しましたが、私が選んだ職場はまだそれほど制度が整っていないので、日本企業で働いているのとなんだ変わりません。

スキルを身につければ、それなりに優遇されるみたいですがそのためには何年もの時間が必要です…。フレックスタイムや時短勤務など日本企業での導入も進んでいるので、もっと気楽に働ける環境を選ぶべきだったと思っています。

転職相談:27歳・女性・年収300万円台

ゆり

転職に失敗するのは避けたいです….

慎重に転職活動に取り組まないと…!

佐々木

そうですね。

転職に失敗しないためにも、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、転職エージェントを使う際に注意すべきポイントをお伝えします。

外資系企業に強い転職エージェントを使う際に注意すべきポイント

佐々木

それでは、外資系企業に強い転職エージェントを使う際に注意すべきポイントをお伝えします。

転職の成功率を上げるために、次の7つのポイント抑えておきましょう!

エージェントを使う際のポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

ポイント1:複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントに登録し、そのことを担当者に伝えましょう。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に、企業側から紹介報酬を受け取っているため、自社経由で人材を紹介し、はじめて売上につながります。

そのため、複数利用していることを伝えると、自社経由で転職に成功してほしい転職エージェント各社のフォローが手厚くなる可能性が高いんです!

転職エージェントの報酬の仕組み
佐々木
登録後は、担当者に複数利用していることを伝えましょう!

ポイント2:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアコンサルタントとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

内容に虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう!

ポイント3:細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当コンサルタントからの信頼を得ることができ、

より一層、親身になってあなたの転職をサポートしてくれるので、結果的に自分の転職成功確率が上がります。

反対に、担当コンサルタントと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性もあるので注意しましょう…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう!

ポイント4:2週間に1度は連絡して意欲の高さを見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲の高さを伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲が高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
しっかり転職意欲の高さをアピールすることが、転職成功への近道ですよ!

ポイント5:担当コンサルタントとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当コンサルタントの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないコンサルタントとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいコンサルタントの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理している転職エージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、転職エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

担当コンサルタントの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

だからこそ、複数の転職エージェントに登録して、相性の良い担当コンサルタントと出会いやすくするのがおすすめですよ!

複数登録のメリットについてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
相性の良いコンサルタントと出会って転職に成功するためにも、ぜひおすすめの転職エージェント2社に登録してみましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

ポイント6:推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまり、転職エージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、あなたの転職に対してやる気が無いコンサルタントは、経歴をそのまま写して推薦文を提出している場合があります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、必ず共有してくれますよ!

佐々木
コンサルタントに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

ポイント7:面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、企業の採用担当者と面接後に必ず連絡を取ります。

あなたの面接内容を共有することで、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれますよ。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず面接内容を報告すべきです!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントを使う際のポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけの活用方法を押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

次のおすすめ転職エージェントを利用する際に実践して、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、転職エージェントを利用する流れについてお伝えしていきますね。

外資系企業向けの転職エージェントの登録から転職・退職までの流れ

佐々木
転職エージェントを利用する流れは次の通りです。
転職エージェント利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

それでは手順を詳しく説明します。

STEP.1
公式サイトから60秒で登録
転職エージェントに登録をする女性

担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも複数社ほど登録しておくと安心です。

登録すべきエージェント
STEP.2
登録後、面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

STEP.3
担当エージェントと面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

STEP.4
担当エージェントから求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

STEP.5
履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性

早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
書類選考の通過後、企業との面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性

いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

STEP.8
内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。


ゆり
様々なサポートしてくれるので、転職エージェントは転職に欠かせない存在ですね!
佐々木
はい!転職を成功されるうえで、転職エージェントの存在はかなり大きいですよ!

転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると、サポート全てにマイナス影響が出てしまいます。

具体的には、良い求人を紹介してもらえない書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

佐々木
だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、

担当コンサルタントと良い関係を築くことが転職を成功させる鍵なんです。

迷ったら登録すべき2社

転職エージェントの使い方を詳しく確認したい人は、下記の記事をご覧ください。

次の章では、外資系企業への転職に向いている人と向いていない人の特徴についてお伝えします!

外資系企業への転職に向いている人、向いていない人の特徴

佐々木

それでは、外資系企業への転職に向いている人、向いていない人の特徴を説明します。

自分が外資系企業に転職すべきかどうかの判断材料として読み進めていただければと思います!

外資系企業への転職に向いている人の特徴

佐々木

まずは外資系企業への転職に向いている人の特徴を説明します!

次に当てはまるのであれば、ぜひ外資系企業への転職を挑戦すべきです!

外資系企業に向いている人の特徴
  • 決まった時間内でよく多くの成果を効率よく出せる人
  • ディベート(議論)はディベートと割り切れる人
  • 年齢関係なく年下の上司が出す指示に素直に従える人
  • どんな状況でも自分を受け入れ最善の判断ができる人
  • 異文化に対する好奇心と寛容さを持てる人
  • 成果が出ないと分かり次第すぐに切り替えられる人
  • 自分の能力を理解して自分で立ち位置を作り上げられる人
  • 感じたことをハッキリと言葉にできる素直な人

外資系企業と日本企業の大きな違いの一つが、外国人と一緒に仕事をすることです。

国が違えば文化も違うので、最初は考え方や仕事の進め方に戸惑う人もいるでしょう。

そのため、当たり前と思える寛容さをはじめ、ある程度の割り切りができる人でないと、何かとストレスが溜まってしまいます。

佐々木
日本企業にはない良い部分も外資系企業にはたくさんあるので、

いくつかの項目に当てはまるのであれば、外資系企業への転職を挑戦してみましょう!

外資系企業への転職に向いていない人の特徴

佐々木
反対に次の項目に当てはまる人は、外資系企業への転職に向いていないかもしれません。
外資系企業に向いていない人の特徴
  • 定時の時間は力が出ず残業の方がやる気になる人
  • 議論を感情的に捉えてしまう人
  • 年下の上司から指示されるとイラついてしまう人
  • 状況が変わった時に自分で判断して動けない人
  • 前職の社風や文化を引きずってしまう人
  • 無理と分かっていても切り替えず挑戦してしまう人
  • 自分に何が足りないかを理解していない人
  • ストレスの発散が下手でいつも我慢が限界に達してしまう人

外資系企業では、優秀な人材は年齢に関係なく高い役職に就けます。

反対に、年齢が上でもポジションが下がることも多々あり、気づけば上司がかなり年下の時もあります。

いちいち年齢を気にしていては、外資系企業で生きていくことは厳しいものです。

また、年下の上司はもちろん、外国人とも働くので、前職の文化を引きずっていては、途方に暮れてしまう可能性もあります。

佐々木

外資系企業への転職を目指すのであれば、相手が自分に合わせてくれるのではなく、

自分から新しい文化に馴染むように心がけましょう。

それでは最後に、外資系企業への転職でよくある質問とその回答を紹介していきます!

【Q&A】外資系企業への転職でよくある質問集

佐々木
外資系企業への転職に関しては、次のような質問が集まっているので参考にしてください!

質問1:外資系企業に転職すればどんなスキルが身につく?

外資系企業へ転職すれば、次のような能力を高めることが可能です。

外資系企業で身につく能力
  • 実践的な英語力
  • 自ら動ける積極性
  • 環境に左右されない精神力
  • オンとオフの上手な切り替え

これらの能力は、どこで働く上でも重宝される能力です。

また、外資系企業で働いて身につくということは、日本人に欠けている能力であるとも言えます。

佐々木

これらの能力が身につけば、自分のキャリにおける大きな価値になりますよ!

質問2:20代で外資系企業に転職するなら、どれくらいの英語力が必要?

求められる英語力は、企業によって異なります。

社内の一部が外国人スタッフでほとんどの社員が日本人の環境であれば、英語をほとんど使わない場合もあります。

ただ、20代で外資系企業に転職し、キャリアアップを積んでいくならやはり英語力は必要です。

TOEICや TOEFLのスコアが選考で求められることもありますが、実際に必要な英語力は実践英語です。

具体的には、次のような英語力が必要です。

外資系企業で必要な英語力
  • 外国人との会話で間を置かず返答できる英語力
  • 会議の時に自分の意見を性格に伝えられる英語力

発音も大切ですが、それ以上に正しい文法や論理構造を理解できるかが重要です。

佐々木
仕事をする上でコミュニケーションは必須なので、

英語を身につけておけば、自分の地位を確立することにもつながりますよ!

質問3:外資系企業と日本企業の主な違いは何?

佐々木
各企業によっても異なりますが、外資系企業と日本企業の主な違いは、次の4つです。
外資系企業と日本企業の主な違い
  1. 雇用形態
    終身雇用や年功序列といった考え方がない
  2. 会議の形式
    「聞く会議」ではなく「話す会議」が中心
  3. 評価制度
    外資系企業のほとんどは「結果・実力主義」
  4. 切り替えがはっきりしている
    休暇を取りやすい、イベントも多い
佐々木
外資系企業と日本企業の違いを把握しておくことは、転職する上で重要ですよ!

質問4:外資系企業に転職するメリットとデメリットは何?

メリットとデメリットを書き出してみると、次のことが考えられます。

外資系企業のメリット・デメリット
  • 給料が高い企業が多い
  • 優秀なメンバーと働ける
  • 休暇を取りやすい
  • 無駄な会議が少ない
  • 実力次第で若くても役職に就ける
  • 福利厚生が少ない場合がある
  • 本社がある国の影響を受けやすい
  • 社員の入れ替わりが激しい
  • 英語力が話せないと働けない
  • 日本企業よりリストラが多い

まず、給与に関して外資系企業は日本企業に比べて高い傾向にあります。

また、本社がある国の文化に影響されるため、良い意味では休暇が取りやすいことも考えられます。

佐々木
仕事の考え方に関しては、結果・成果主義のため、

実力次第でどんどんポジションを上げることが可能です!


佐々木

以上が、外資系企業への転職に関するよくある質問です。

もっと外資系企業への転職に関する詳しい情報を知りたい方は、『アジアマガジン』の次の記事もご覧ください!

おすすめの転職エージェントを利用して、外資系企業への転職を成功させよう

佐々木

今回は、外資系企業向けのおすすめの転職エージェントについてお伝えしてきました。

もう一度おすすめの転職エージェントを振り返っておきましょう!

おすすめの転職エージェント

◎外資系への転職を目指す全員におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎コンサルティング業界でおすすめ

  1. 『ロバートウォルターズ』
    ハイキャリア向け外資系案件が充実
    【公式】https://www.robertwalters.co.jp/
  2. 『ムービンストラテジックキャリア Consultant転職』
    コンサルティング業界20年以上の実績
    【公式】https://www.movin.co.jp/
  3. 『アンテロープ』
    金融とコンサルティング業界専門
    【公式】https://www.antelope.co.jp/

◎金融業界でおすすめ

  1. 『コトラ』
    金融業界の幅広い知見を持つ
    【公式】https://www.kotora.jp/
  2. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎製薬業界でおすすめ

  1. 『メディアサーチ』
    製薬業界専門の転職エージェント
    【公式】https://www.medisearch.co.jp/
  2. 『ヘイズスペシャリストリクルートメント』
    製薬業界のあらゆる求人を数多く保有
    【公式】https://www.hays.co.jp/

◎IT業界でおすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎消費財メーカーでおすすめ

  1. 『アズール&カンパニー』
    クライアント企業の80%以上が外資系企業
    【公式】https://www.azureweb.jp/

◎製造業でおすすめ

  1. 『ISSコンサルティング』
    外資系転職に特化してきた20年間の実績
    【公式】https://www.isssc.com/
ゆり
この中から狙っている業界に合わせて転職エージェントを選べばいいんですね!
佐々木

はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社以上に登録すべきなのですが…

面倒だと感じる人は最低でも『JACリクルートメント』と『リクルートエージェント』に登録して転職のアドバイスを受けておきましょう!

最低でも登録すべき2社
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
ありがとうございます!早速登録して転職活動を始めます!
佐々木
はい!あなたが外資系企業への転職に成功できることを願っています!