転職エージェントおすすめランキング13選

IT業界に強い転職エージェントおすすめランキング9選|500人の評判を比較

この記事では、100社以上を比較して厳選した『IT業界に本当におすすめの転職エージェント』を紹介します!

さらに、『転職エージェントの選び方』『200%最大限活用する方法』まで、転職エージェントの全てをお伝えしますよ!

最後まで読めば、自分が使うべき転職エージェントが見つかって、転職に成功すること間違いなしです!

最後まで読むのが面倒な人は...
「早くおすすめの転職エージェントを知って、転職を進めたい!」という人は、次の4ステップをおすすめします。
◎転職成功までの4つのステップ

  1. IT業界におすすめのワークポートレバテックキャリアマイナビエージェント×ITに一気に登録する
  2. エージェントとの面談前に『グッドポイント診断』で自分の強みを把握しておく
  3. 各エージェントから連絡が来たら、対面か電話でアドバイスを受ける
  4. 相性の良さそうな担当者を選んで、内定までサポートを受ける

IT業界に強い転職エージェントおすすめ9選|評判・口コミを比較

佐々木
転職エージェントには、『特化型』と『総合型』の2タイプがあり、

IT業界で転職を目指す人は…

『IT業界特化型』と『総合型』を併用するのが、転職成功のポイントです。

転職エージェントの種類
  • IT業界特化型転職エージェント
    求人数は少なめだが、IT業界に特化した知識とアドバイザーが魅力
  • 総合型転職エージェント
    業種業界を問わず大量の求人案件を保有しており、転職できる範囲が広がる

大手企業が運営する総合型転職エージェントは、求人数が多く実績があるので、基本的には総合型を使えば大丈夫なのですが…

IT業界での転職を成功させるには、ITの知識が豊富なキャリアアドバイザーが多い『特化型転職エージェント』を利用するのが必須です。

この記事では、500人の評判を比較して分かった、IT業界の転職におすすめの特化型・総合型転職エージェントを紹介します!

IT業界におすすめ転職エージェント

【IT業界特化型】

【総合型】

それぞれ詳しく紹介しているので、早速みていきましょう!

IT業界に特化したおすすめ転職エージェント

佐々木
まず、IT業界に特化したおすすめの転職エージェントを紹介します。

どれもIT業界・エンジニアに強いキャリアアドバイザーが在籍しているので、絶対に登録しておくべきですよ!

IT業界におすすめ1.ワークポート

ワークポート
ワークポートの特徴
  • IT業界を目指す全員におすすめ
  • IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い
  • 効率的に多くの求人に応募ができる

ワークポートは、IT業界やWeb領域の転職に強みを持ち、IT業界を目指す全員におすすめできる転職エージェントです。

IT専門の転職エージェントとして創業されたワークポートは、「IT・ゲーム系」が全求人の約半数を占めているので、希望のIT求人を見つけやすいからです。

さらに、ITに精通した専門のキャリアアドバイザーが、自己分析から応募書類の添削、面接対策までサポートしてくれます。

また、転職活動の進捗を簡単に確認できる「eコンシェル」サービスを使えば、効率的にIT業界での転職活動を行えます。

佐々木
IT業界への転職を目指す人は、まずはワークポートで相談してみるのがオススメですよ!
【ワークポートが得意な職種】

エンジニア・デザイナー・営業・WEBマーケター・ゲーム

IT業界におすすめ2.レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアの特徴
  • ITエンジニアは登録するべき
  • 業界トップクラスのIT求人数
  • 最新技術の知見をもつキャリアアドバイザー

レバテックキャリアは、IT・エンジニア全員におすすめの転職エージェントです。

ITエンジニアとWEBデザイナーに特化した転職エージェントで、IT系求人の数は4,000以上とトップクラスだからです。

さらに、職務経歴書をエキスパートエンジニアが添削してくれるなど、手厚いIT業界の転職サポートがあります。

佐々木
信頼と実績のある大手の転職エージェントなので、ITの転職を目指すなら登録しておきたいですね!
【レバテックキャリアが得意な職種】

ITエンジニア・クリエイター

IT業界におすすめ3.マイナビITエージェント

マイナビエージェントit
マイナビITエージェントの特徴
  • 20代向けの求人が豊富
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 独占求人・非公開求人もあり

マイナビITエージェントは、IT業界とエンジニアへの転職をしたい20代全員におすすめです。

マイナビの新卒領域の強みを活かして、若手向きのIT求人が多く、20代のIT転職に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しているからです。

実際、「20代に信頼される転職エージェント」でNo.1に輝いているため、特に第二新卒や未経験の転職におすすめできます。

佐々木
「応募書類の作成」「面接対策」などを転職のプロが徹底的にサポートしてくれるので、20代だけでなく転職者全員が登録しておくべきですよ!
【マイナビITエージェントが得意な職種】

エンジニア・コンサル・営業・WEBマーケター

IT業界におすすめ4.dodaエンジニアIT

dodaitエンジニア
dodaエンジニアITの特徴
  • 大手IT企業への転職が得意
  • 全国対応
  • キャリアアドバイザーの良質なサポート

dodaエンジニアITは、国内トップレベルの膨大な求人数を持ちながら、全国にも対応している転職エージェントです。

大手企業を中心に3万件以上のIT系の求人があるので、特にIT業界の大手企業に転職したい人におすすめです。

佐々木
IT業界に特化したキャリアアドバイザーにじっくり相談できるので、大手企業への転職をしっかりサポートしてくれますよ!
【dodaITエンジニアが得意な職種】

エンジニア・クリエイター

IT業界におすすめ5.Geekly

ギークリー
Geeklyの特徴
  • IT・Web・ゲーム業界に特化
  • 9,100件以上の非公開求人

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントで、ゲーム業界を目指す人におすすめです。

Web系のクリエイターのほかに、ゲームデザイナー、イラストレーター、サウンドクリエーターなどゲーム業界の求人がそろっています

佐々木
ITゲーム業界への転職を目指す人は、Geeklyを使って知識豊富なアドバイザーに相談してみましょう!

IT業界におすすめ6.マイナビクリエイター

マイナビクリエイターの公式ページ
マイナビクリエイターの特徴
  • クリエイターを目指す全員におすすめ
  • Web・ゲーム業界に特化
  • 簡単にポートフォリオを作成できる

マイナビクリエイターは、Web職・ゲーム業界専門の転職エージェントです。

1対1のキャリアカウンセリングを通じて、求人紹介や面接対策、履歴書の書き方までサポートしてくれます。

また、独自のポートフォリオ作成サービス「MATCHBOX(マッチボックス)」を使えば、誰でも簡単にポートフォリオを作成できます。

佐々木
Webクリエイターとゲームクリエイターは、登録必須の転職エージェントですね!
【マイナビクリエイターが得意な職種】

クリエイター


佐々木
以上が、おすすめのIT業界特化型エージェントです。

もう一度まとめておきます!

IT業界におすすめ転職エージェント
ゆり
ありがとうございます!

けど、どれも良さそうで迷いますね…

佐々木
どの転職エージェントにするか迷う人は、IT向け求人の多い『ワークポート』には最低限登録しておきましょう!

IT業界の専門的な転職ノウハウは、上記の特化型転職エージェントでアドバイスを受けつつ…

続いて紹介する総合型転職エージェントで、大量の求人案件を見るのが転職成功の秘訣です。

早速、総合型エージェントを見ていきましょう!

おすすめの総合型転職エージェント

佐々木
IT業界におすすめの総合型転職エージェントは以下の通りです!
IT業界におすすめ転職エージェント

一つずつ紹介していきますね!

IT業界におすすめ1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 求人案件数が業界トップ
  • 転職成功実績No.1
  • 非公開求人が多数

リクルートエージェントは、業界No.1の総合転職エージェントで、IT業界の転職者全員におすすめです。

2019年時点ではITエンジニアの公開求人が14,000件以上、非公開求人が55,000件以上あり、ベンチャーから大手企業まで幅広いIT求人があります。

年齢の若い人だけでなく、40代や50代などの幅広い年代の人におすすめできます。

佐々木
圧倒的な求人数だけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも…

転職を考える人は、とりあえず登録するべきですよ!

IT業界におすすめ2.パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリアの特徴
  • 業界トップクラスのサポート体制
  • IT業界の情報を提供してくれる

パソナキャリアは、初めてIT業界に転職をする人全員におすすめの転職エージェントです。

なぜならパソナキャリアは、サポート体制が業界No.1と言われているからです。

実際、業界ごとに専門コンサルタントがつき、IT業界の面接対策やIT業界のトレンド情報などを提供してくれます。

佐々木
求人数はあまり多くないですが、丁寧なサポートに定評があるので、初めてIT業界に転職する人におすすめです!

IT業界におすすめ3.JACリクルートメント

jacリクルートメント
JACリクルートメントの特徴
  • 年収600万以上のハイクラス求人が豊富
  • 転職活動の支援実績43万人以上
  • サポートの質が高い

JACリクルートメントは、年収600万以上を目指すITエンジニアにおすすめです。

なぜならJACリクルートメントは、年収600万〜1,200万円のハイキャリアIT求人を多く揃えているからです。

保有している求人がハイクラス案件だけなので、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いのですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルを誇ります。

佐々木
年収600万円以上をキープしつつ、IT業界の転職を目指す人におすすめですよ!

佐々木
以上が、IT業界への転職者全員におすすめの総合型転職エージェントです。

それではもう一度、『IT業界特化型』と『総合型』の転職エージェントをまとめておきます!

IT業界におすすめ転職エージェント

【IT業界特化型】

【総合型】

ゆり
ありがとうございます!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

佐々木
そうですよね…

もし迷うなら、特化型の「ワークポート」と、総合型の「リクルートエージェント」の2社に登録しておけば間違いありませんよ!

どれに登録すべきか迷ったら...

IT業界向け転職エージェントの失敗しない選び方

佐々木
この章では、より詳しくIT業界への転職に失敗しない転職エージェントの選び方について説明します!

選び方のポイントは以下の2つです!

IT向け転職エージェントの選び方
  1. IT業界特化型と総合型を併用する
  2. 希望するIT職種に強い転職エージェントを選ぶ

選び方1.IT業界特化型と総合型を併用する

佐々木
IT業界の転職を成功させるポイントは…

「IT業界特化型」と「総合型」を併用することなんです!

「IT業界特化型」「総合型」の2種類の転職エージェントは、それぞれ『強み』や『得意な領域』が異なるので…

両方に登録すれば効率的に転職エージェントを利用することができるからです。

転職エージェントの種類
  • IT業界特化型転職エージェント
    求人数は少なめだが、IT業界界特化した知識とアドバイザーが魅力
  • 総合型転職エージェント
    業種業界を問わず大量の求人案件を保有しており、転職できる範囲が広がる
ゆり
転職エージェントには、それぞれの特徴があるんですね!
佐々木
そうなんです!

そして両方の特徴を最大限活かすためには、『IT業界特化型』と『総合型』の両方で求人案件を探しつつ、

『IT業界特化型』で情報収集や面接対策を行うのがおすすめですよ!

転職エージェントに複数登録するべき理由

実際に、大手人材会社リクルートが公表している、『転職成功者のエージェント利用社数に関する調査』でも、こんな結果が出ています!

転職エージェントの利用社数
転職成功者平均4.2
全体平均2.1社
ゆり
成功者ほど、多くの転職エージェントを利用しているんですね…!
佐々木
その通りです!

特化型と総合型の両方に登録した方が、IT業界での転職成功率が上がるんです!

おすすめの2社

選び方2.希望するIT職種に強い転職エージェントを選ぶ

佐々木
選び方の2つ目のポイントは、希望するIT職種に強い特化型転職エージェントを選ぶことです!

各転職エージェントには得意とするIT職種があり、希望の職種に強い転職エージェントを選べば、より適切なアドバイスを担当者からもらえます。

評判・口コミから、特化型転職エージェントの得意な職種をまとめると次の通りです。

エンジニアwebマーケタークリエイター営業・コンサル
ワークポート
レバテックキャリア
マイナビAGENT×IT
dodaITエンジニア
マイナビクリエイター
佐々木
それぞれの転職エージェントが「どのIT職種に強いのか」を確認して、転職エージェントを選びましょう!

続いては、転職エージェントを最大限活用する方法を紹介します!

IT業界におすすめの転職エージェントを最大限活用する9つの方法

佐々木
IT業界への転職活動で、転職エージェントを最大限活用する9つの方法を紹介します!

9つの方法を知って、利用するときに実践すれば、転職成功にグッと近づけますよ!

転職エージェントの活用法
  1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
  2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  3. 素早い連絡を心がける
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
  7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
  9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

大前提として、転職エージェントに対しては、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。
活用法1
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

活用方法2.エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法2
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法3|素早い連絡を心がける

担当キャリアアドバイザーとは、スピーディーなやり取りを心がけて、メールの返信はなるべく早く行いましょう。

なぜなら、連絡の素早さが選考の合否に関わることがあるからです。

特に以下のシーンでは、素早い連絡が大切です。

素早い連絡が必要なシーン
  1. 担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整
  2. 企業との面接日程調整

1.担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整

初回面談の日程調整が遅れると、その間に求人環境が変わって、希望の会社の求人が埋まってしまう可能性があります。

そのため、担当者との初回面談の日程調整はなるべく早く行うべきです!

2.企業との面接日程調整

企業との面接日程調整が遅れると、マイナスのイメージを企業に与えてしまいます

なぜなら、企業はあなたを「ビジネスでの対応力が低い。弊社への志望度も低いのでは?」と思ってしまうからです。

マイナスイメージを避けるためにも、面接の日程調整はスピーディーに連絡しましょう!

活用法3
素早い連絡を心がける

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

また、連絡を密に取り合えば、新しい求人案件を紹介してもらいやすくなりますよ!

活用法4
2週間に1度は連絡して意欲を見せる

活用方法5|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。
活用法5
推薦文は必ず自分の目で確認する

活用方法6|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

なぜなら転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれるからです。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず報告すべきですよ!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
活用法5
面接後にはすぐに担当者に連絡する

活用方法7|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう
活用法7
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法8|口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って若手社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている若手社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法8
口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

活用方法9|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!
活用法9
複数の転職エージェントを利用していることを伝える

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

転職エージェントの活用法
    1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
    2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    3. 素早い連絡を心がける
    4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
    9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
    ゆり
    まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
    佐々木
    そうですね!

    活用法を実践して、良いIT求人を紹介してもらいましょう!

    続いては、実際に転職エージェントを使う際の流れを紹介します!

    IT業界の転職エージェント利用の手順

    佐々木
    転職エージェントに登録してからの流れを頭に入れておきましょう!

    流れを知れば、スムーズに転職エージェントを使い始めることができますよ!

    転職エージェントの利用の流れは、基本的にはどこのエージェントでも次の流れになっています。

    STEP.1
    WEBサイトから転職エージェントに登録
    転職エージェントに登録をする女性 担当者から面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
    STEP.2
    登録後、担当者と面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当者から連絡が届きます。
    STEP.3
    担当者と面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
    STEP.4
    担当者から求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。
    STEP.5
    履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
    STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
    STEP.7
    書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当者からアドバイスをもらいながら進めていきましょう。
    STEP.8
    内定獲得後、担当者に給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントが全てやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。
    ゆり
    転職エージェントは、転職活動を始めたときから転職先に就職できるまで、しっかりサポートしてくれるんですね…!
    佐々木
    そうなんです!

    だからこそ、転職を成功させるうえで、転職エージェントの存在は大きいんです!

    転職エージェントを利用して、上手く行かなかった場合の全手段

    佐々木
    この章では、もしも転職エージェントで上手く行かなかった場合の手段をお伝えしておきます。

    手段は次の3つです。

    上手く行かない場合の手段
    1. IT業界に強い転職サイトを使う
    2. 公的支援サービスを使う
    3. 出身校のキャリアセンターを使う

    手段1:IT業界に強い転職サイトを使う

    転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

    転職サイトを使う場合、単純に求人案件数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、IT業界に強い『Find Job!』を使うべきです。

    【公式】https://www.find-job.net/

    Find job!の特徴
    • IT・Web業界最大級の転職サイト
    • 効率よく転職活動が進められる機能が多数
    • 企業からスカウトが届くこともあり
    佐々木
    IT業界の転職に強いサイトなので、自分に合う求人が見つかりますよ!

    手段2:公的支援サービスを使う

    公的支援サービスの例として、具体的に3つのサービスを紹介しておきます。

    1.ハローワーク

    ハローワーク

    【公式】https://www.hellowork.go.jp/

    『ハローワーク』は、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

    ハローワークを使っても就職難と言われている現在ですが、第二新卒であれば確実に応募できる求人案件はあるでしょう。

    2.ジョブカフェ

    ジョブカフェ

    ※下記の厚生労働省のサイトに、全国各地のジョブカフェのサイトリンクが掲載されています。

    【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

    『ジョブカフェ』は、厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている若者の能力向上と就業促進を目的としてサービスです。

    求人案件は中小企業が中心で、人材確保を解決したい中小企業と若者のネットワークを構築するという狙いも持ってサービスを運営しています。

    3.サポステ

    サポステ

    【公式】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

    『サポステ』は、厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営しています。

    働くことに不安を持つ若者や保護者からの相談に対応し、パソコン講座、ストレスマネジメント講座、社会人としての基礎力を身につけるワークショップなどを開催しています。

    各種支援プログラムを通じて、自立そして就職までのトータルサポートを行っています。

    手段3:出身校のキャリアセンターを使う

    意外と見落としがちですが、自分の出身校のキャリアセンターも転職活動では活用できます。

    キャリアセンターを在学中に活用した人もいると思いますが、実は多くの場合、卒業生でも利用することが可能です。

    「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば情報が出てくる場合がほとんどなので、一度検索し担当者に問い合わせてみましょう。


    ゆり
    転職エージェントに断られても、別の手段があるんですね!
    佐々木

    はい!これらは転職エージェントに断られた場合のみ、おすすめできる手段なので、

    まずは転職エージェントへの登録を行ってみましょう!

    おすすめの2社

    【Q&A】IT業界への転職でよくある質問まとめ

    佐々木
    最後に、IT業界への転職でよくある質問を紹介します。
    よくある質問
    1. 未経験でもIT業界に転職できる?
    2. IT業界で働く魅力と身につくスキルは?
    3. IT業界の将来性は?

    質問1.未経験でもIT業界に転職できる?

    佐々木
    未経験でも、IT業界に転職することは十分可能です!

    仕事をする上でITやエンジニアの知識は必要となりますが、OJTなどを通して業務に携わりながら必要な知識を学べるからです。

    またIT業界といっても職種は幅広く、IT未経験や文系でも転職しやすい職種があります。

    未経験でも転職しやすいIT職種
    • 営業職
    • webマーケター
    • web広告運用

    上記の職種は、基本的な営業スキルやマーケティングスキルがあれば、未経験からのIT業界でも活躍しやすい業種になります。

    佐々木
    IT未経験だからといって遠慮せず、気になる職種があれば積極的にチャレンジしてみましょう!

    質問2.IT業界で働く魅力と身につくスキルとは?

    佐々木
    IT業界で働くことで、あなた自身が成長できることはもちろん、専門的なスキルを身につけることができます。
    IT業界で身につくスキル例
    • PCスキル
    • webマーケティング
    • プログラミング
    • 論理的思考力

    技術の進化が著しいIT業界では、常に新しい知識を吸収する必要があるため、様々なスキルを学べます。

    また数字のデータを扱うことが多いため、論理的思考能力も伸ばせます。

    佐々木
    IT業界は、常に新しいことにチャレンジし続けるので、新しいスキルを成長させやすい業界です。

    質問3.IT業界の将来性は?

    佐々木
    IT業界の市況は好調なので、将来性は高いと言えます!

    インターネットは生活に欠かせないものとなり、重要性や活用の幅がますます大きくなっていることに加えて、ITを活用する企業が増えているからです。

    また、需要の増加に伴ってIT人材不足が問題になっているので、IT業界は売り手市場と言われています。

    佐々木
    マイナビ転職の調査によれば、IT業界全体の求人数は2012年から年々150%の増加を続けています!

    そのため、IT未経験でも転職できる可能性が高まっているんです!

    まとめ|転職エージェントを活用してIT業界への転職を成功させよう

    佐々木
    今回は、IT業界に強い転職エージェントをお伝えしてきました!

    最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね!

    IT業界におすすめ転職エージェント

    【IT業界特化型】

    【総合型転職】

    ゆり
    これらの転職エージェントがおすすめなんですね!
    佐々木
    はい!

    どの転職エージェントにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

    ワークポート」と「リクルートエージェント」の2社に登録しておけば間違いありません!

    おすすめの2社
    ゆり
    わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
    佐々木
    はい!あなたが転職に成功できることを応援しています!