評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

メーカーに強いおすすめ転職エージェント5選|成功者の口コミを比較

メーカーから転職する際におすすめの転職エージェント

この記事でお伝えすること
  • メーカーにおすすめの転職エージェント
  • 転職エージェントの登録から転職までの流れ
  • 転職エージェントを利用する際の注意点
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

メーカーで転職を考えている人の中には…

「メーカーにおすすめの転職エージェントってあるの?」

「メーカーでもっと待遇や給料を良くしたい…」

と考えている人も多いのではないでしょうか?

ゆり
最近、転職活動を始めたのですが、何から考えればいいかわからなくて…
佐々木
そうですよね…

実際、メーカー志望で転職に悩んでいる人は多くいらっしゃいます。

もし間違った転職活動をしてしまうと…

「エージェントから的外れな求人しか紹介されない…」

「転職はできたけど、給料や福利厚生が下がってしまった…」

といったことになる危険性も…

ゆり
それは絶対に避けたいですね…
佐々木
そうですよね…でも安心してください。

メーカーの転職活動のコツさえ把握していれば、希望通りの転職を実現できますよ!

それではメーカーにおすすめの転職エージェントを紹介していきますね。

佐々木
メーカーに強い転職エージェントを1社ずつ紹介していきますね。

1位:マイナビエージェント|年収UPしたい人におすすめ

マイナビエージェント マイナビエージェントは、『転職に、親身なプレーンを。』サービスコンセプトとして、圧倒的な専門性を持ち転職を支援しています。

キャリアアドバイザーは、業界別の専任制となっており、企業との太いパイプを活かして、求人票には載らないような細かい情報も持っています。

佐々木
また、求人案件の約8割は非公開求人のため、優良求人案件を数多く保有していますよ。

2位:リクルートエージェント|トップクラスの求人数を比較したい人におすすめ

リクルートエージェント 『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

実際にメーカーの公開・非公開求人数は他社と比べても圧倒的な求人数を持っています。

また、単に求人数が多いだけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

3位:パソナキャリア|初めて転職する人におすすめ

パソナキャリア 『パソナキャリア』サポート体制が業界No. 1と言われている転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが丁寧に相談にのってくれると定評があるため、転職エージェントへの相談が億劫に感じる方はまずは『パソナキャリア』をおすすめします。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがついていることも、評判が良い理由の一つで、もちろん事務職の転職サポート実績も豊富にあります。

佐々木
もちろん、初めての転職もイチからサポートしてくれるため、まずは話を聞いてみたいという方は、ぜひ面談を受けてみてくださいね。

4位:JACリクルートメント|ハイキャリア転職を検討中の人におすすめ

JACリクルートメントの公式サイト
佐々木
JACリクルートメントの特徴としては年収500万円以上の高収入・ハイキャリア求人が豊富です。

またキャリアコンサルタントの質が高く、外資系企業・海外進出企業への転職に強いエージェントでもあります。

佐々木
さらに、1人の担当者が企業と個人の対応をする『両面体制』のため、提案力も高いですよ!

5位:doda|地方や地元の転職も検討中の人おすすめ

dodaは、業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

求人案件数は『リクルートエージェント』と比べると少ないですが、実践的な転職のアドバイスに定評があります。

実際に、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており…

転職を成功させる面接テクニックや、選考に通過しやすい職務経歴書の書き方といった具体的なノウハウを提供しています。

佐々木

地方の求人情報も多数保有しているので、地元や地方で検討している人におすすめですよ!


以上がメーカーに強い転職エージェント5選です。

ここでもう一度まとめると…

おすすめ転職エージェント5選
  1. マイナビエージェント|年収UPしたい人におすすめ
  2. リクルートエージェント|トップクラスの求人数を比較したい人におすすめ
  3. パソナキャリア|初めて転職する人におすすめ
  4. JACリクルートメント|ハイキャリア転職を検討中の人におすすめ
  5. doda|地方や地元の転職も検討中の人おすすめ
ゆり
ありがとうございます!

早速登録してみようと思うのですが、登録は1社だけでいいんですか?

佐々木
たしかに気になるポイントですよね。

実は、3社以上に登録して多くの求人と出会うことが優良企業を見つけるコツなんです。

実際に、転職に成功している人は平均3社に登録していますよ!

ただ、もし登録が面倒な人は、最低でもマイナビエージェントに登録しておきましょう!

次の章では、メーカーの転職でエージェントの利用をおすすめする理由をお伝えしていきますね。

メーカーの転職でエージェントを利用したほうがいい理由

佐々木
それではこの章で、エージェントを利用したほうがいい理由をお伝えしていきますね。
利用したほうがいい理由
  1. 非公開の企業の転職情報を知ることができる
  2. プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる
  3. 今までの経験をもとにより良い条件の交渉をしてもらえる

それでは1つずつ説明していきます。

1|非公開の企業の転職情報を知ることができる

佐々木
転職エージェントに登録することで、企業の非公開情報を知ることがきます。

具体的には、次のようなポイントです。

企業の非公開情報
  • 企業が求める人材
  • 面接官に好印象を与えるポイント
  • 企業が求人を募集している理由
ゆり
1人で転職活動をするよりも有利に進められるんですね!
佐々木
はい、その通りです!また他にもエージェントを利用したほうがいい理由を紹介してきますね。

2|プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる

佐々木
またエージェントはプロの目線で利用者の強みを分析してくれます。

そのため、上手く自分をアピールすることができ、ライバルの多いメーカーでも転職成功率が高いです!

自分では気づかないポイントを第三者の目線で分析してもらえるので、大きなメリットとな。

3|今までの経験をもとにより良い条件の交渉をしてもらえる

佐々木
さらに転職エージェントは利用者の経験をもとに良い条件の交渉をしてくれるんです。

そのため、1人で転職活動をするよりも高い年収で転職する可能性が上がりますよ


以上がメーカーの転職の際に、エージェントを利用したほうがいい理由になります。

ここでもう一度振り込んでみると…

利用したほうがいい理由
  1. 非公開の企業の転職情報を知ることができる
  2. プロ目線で自己PRポイントを分析してもらえる
  3. 今までの経験をもとに年収などの条件を交渉してもらえる
ゆり
非公開の情報の提供や年収の交渉までしてくれるんですね!
佐々木
そうなんです!エージェントを利用することのメリットはたくさんあるんですよ。

それでは次の章では、転職エージェントの利用でメーカーの転職に成功した人の例を紹介していきますね。

エージェントの利用でメーカーの転職に成功した例

佐々木
それではエージェントを利用で転職に成功した例を紹介していきますね。

ゆり
メーカーに転職できた人はたくさんいるんですね!
佐々木
はい!エージェントの活用次第で転職は可能ですよ!

そこで次の章では、エージェントに登録して転職するまでの流れを説明していきます。

転職エージェントに登録して転職するまでの流れ

佐々木
転職エージェントを利用した人が、一人で転職活動するよりも、成功する確率が高いです!

そこでこの章では、転職エージェントの登録の流れを具体的に紹介していきます。

転職エージェント利用の流れ
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

ここから詳しく紹介していきますね。

  • STEP.1
    公式サイトから60秒で登録
    転職エージェントに登録をする女性

    担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも3社ほど登録しておくと安心です。

    併用すべきエージェント
  • STEP.2
    登録後、面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

    メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

  • STEP.3
    担当エージェントと面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

    あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

  • STEP.4
    担当エージェントから求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

    登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

  • STEP.5
    履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

    最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性

    早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

  • STEP.7
    書類選考の通過後、企業との面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性

    いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

  • STEP.8
    内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

    給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。

ゆり
えっ…!
転職エージェントってこんなにサポートしてくれるんですね!
佐々木
実はそうなんです!

そのため転職を成功させる上で、転職エージェントの存在はかなり大きいんです!

転職はどれだけ担当エージェントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当エージェントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると…

サポート全てにマイナスの影響が出て、次のようなことが起こる可能性も…

マイナスの影響
  • 良い求人を紹介してもらえない
  • 書類選考が通りづらくなる
佐々木
だからこそ、担当エージェントと良い関係を築くことが転職を成功させる鍵となるんです。

優良企業を見つけるコツは、3社以上のエージェントに登録して、より多くの求人と出会うことです。

実際に、転職成功者の9割は平均3社以上に登録しています!

転職エージェントに登録しても、転職活動をすぐに開始する必要はありません。

相談するだけでも問題ないので、悩んでいるなら気軽に登録してみましょう!

メーカーへの転職でエージェントを利用する際に気をつけるポイント

ゆり
流れを理解したので早速登録してみますね。.
佐々木

登録してほしいところですが、その前に一度エージェントを使う際に注意すべきポイントを紹介していきますね。

注意すべきポイント
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  6. 親身になってサポートをしてくれるエージェントを利用する

ポイント1:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

ポイント1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

ポイント2:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

ポイント2
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

ポイント3:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

ポイント3
書類選考の際の推薦文は確認する

ポイント4:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

ポイント4
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

ポイント5:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

ポイント5
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

ポイント6:親身になってサポートをしてくれるエージェントを利用する

佐々木
また、土日祝日や遅い時間でも面談をOKしてくれるエージェント担当者を利用したほうが良いですよ。

というのも担当者との面談は基本的に平日に行われるからです。

しかし日中に働くことが多い製造業の人の場合、時間を調整するのが難しいです。

そのため、在職中の転職活動をする人は、土日祝日や20時以降も面談をしてくれる転職エージェントを利用するべきなんです。

ポイント6
親身になってサポートしてくれるエージェントを利用する

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

いい求人を紹介してもらうためにも、気をつけるべきことは頭に入れておきましょう!

注意すべきポイント
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  6. 親身になってサポートをしてくれるエージェントを利用する

まとめ|メーカーに強い転職エージェントを上手く活用して転職を成功させよう

佐々木
今回はメーカーの転職を検討している人に向けておすすめのエージェントをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • メーカーの転職の際にはエージェントに相談してみるべき
  • 転職エージェントを利用すると転職成功率が上がる
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
ゆり
ありがとうございます!

早速エージェントに登録して、転職活動を始めてみますね!

佐々木
いいですね!
それでは最後にもう一度、おすすめエージェントを紹介しておきますね。
おすすめ転職エージェント5選
  1. マイナビエージェント|年収UPしたい人におすすめ
  2. リクルートエージェント|トップクラスの求人数を比較したい人におすすめ
  3. パソナキャリア|初めて転職する人におすすめ
  4. JACリクルートメント|ハイキャリア転職を検討中の人におすすめ
  5. doda|地方や地元の転職も検討中の人おすすめ
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!