転職エージェントおすすめランキング13選

【最新版】事務職に強い転職エージェント7選|女性・未経験からの転職成功法

事務職におすすめの転職エージェント

この記事では、100社以上を比較して厳選した『事務職に本当におすすめの転職エージェント』を紹介します!

さらに、『転職エージェントの選び方』『200%活用する方法』まで、転職エージェントの全てをお伝えしますよ!

最後まで読めば、自分が使うべき転職エージェントが見つかって、事務職への転職に成功すること間違いなしです!

この記事がおすすめな人
  • 事務職への転職で使えるエージェントを探している
  • 事務職への転職・再就職に成功したい
  • 転職エージェントの使い方を知りたい
  • 転職活動の進め方に悩んでいる
最後まで読むのが面倒な人は...
「早くおすすめの転職エージェントを知って、転職を進めたい!」という人は、次の4ステップをおすすめします。
◎転職成功までの4つのステップ

  1. 事務職におすすめの『リクルートエージェント』『doda』『ハタラクティブ』に一気に登録する
  2. エージェントとの面談前に『グッドポイント診断』で自分の強みを把握しておく
  3. 各エージェントから連絡が来たら、対面か電話でアドバイスを受ける
  4. 相性の良さそうな担当者を選んで、内定までサポートを受ける

事務職への転職に強い転職エージェント3選

佐々木
それでは早速、事務職への転職に強い全員におすすめの転職エージェントを紹介します!

以下の基準で転職エージェントを厳選しているので、自分の状況に合わせて選んでくださいね!

転職エージェントの選定基準
  • 事務職の総求人数が多い
  • 支援実績が多く、事務職への転職ノウハウが豊富
事務職に強い転職エージェント

※タップすると各章にジャンプします。

事務職への転職を目指す全ての人向け

  1. 『リクルートエージェント』
    業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代からの評判No.1
    【公式】https://mynavi-agent.jp
  3. 『doda』
    地方の求人も数多く保有!
    【公式】https://doda.jp/

女性向けのサービスを利用したい人向け

  1. 『パソナキャリア』
    女性の転職支援に強い
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
  2. 『type女性の転職エージェント』
    女性に嬉しい求人が豊富
    【公式】https://type.woman-agent.jp/
  3. 『リブズキャリア』
    女性ならではの条件で求人が探せる
    【公式】https://libinc.jp/

派遣として事務職で働きたい女性向け

  1. 『リクルートスタッフィング』
    オフィスワークの求人も豊富
    【公式】https://www.r-staffing.co.jp/

まずは、事務職への転職を目指す全ての人におすすめの転職エージェントから紹介していきます。

事務職への転職を目指す全ての人におすすめの転職エージェントは次の3社です!

事務職の全求人数対応エリア対象年代得意な業種サポート体制
リクルートエージェント4,800件以上全国20代/30代/40代全職種・業界★★★★☆
doda3,000件以上全国20代/30代/40代IT・サービス業・
メーカー等
★★★★☆
マイナビエージェント2,100件以上全国20代/30代全職種・業界★★★★★

それでは、1つずつ見ていきましょう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは20代におすすめの転職エージェント
こんな人におすすめ事務職の求人を多く見たい人
交渉で年収アップしたい人
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
メリット
  • 20万件以上の求人数
    業界No.1の求人数を誇り、他社と比べても事務職の求人が多い
  • 40万人以上の転職実績
    国内トップクラスの転職支援実績があり、事務職への転職ノウハウが豊富
  • 年収交渉に強い
    営業力のあるキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、企業との年収交渉が強い
デメリット
  • 求人紹介が少し強引な時がある
    希望していない求人を紹介してくる場合がある
エージェント名事務職の求人数
リクルートエージェント4,800件以上
doda3,000件以上
マイナビエージェント2,100件以上
佐々木
あなたに合った求人案件が見つかるので、事務職を目指すなら、必ず登録するべき転職エージェントです!

人気の優良求人は早い者勝ち!

doda

【新doda】サイトTOP_キャプチャ
こんな人におすすめ幅広い職種業界の求人を見たい人
転職フェアやセミナーに行ってみたい人
公式サイトhttps://doda.jp/
メリット
  • 13万件以上の求人数
    業界No.2の求人数を誇り、事務職の求人は3,000件以上
  • 30年間の転職支援実績
    長年の転職支援実績があり、20代の転職を徹底サポート
  • 転職イベントを積極的に開催
    転職フェアや転職セミナーを積極的に開催し、人事担当者と直接話しができる
デメリット
  • 質の悪い求人がある
    求人量は多いが、中には質の悪い求人がある
佐々木
dodaは、転職未経験者でも安心できるようなノウハウを伝授してくれます。

また、Woman Career(ウーマン・キャリア)という女性の転職に特化している部門があるので、事務職への転職を考える女性にもおすすめです!

年間2万人の就職支援実績!

マイナビエージェント

マイナビエージェント
こんな人におすすめ20代の転職者全員
手厚いサポートを受けたい人
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
メリット
  • 20代からの評判No.1
    新卒領域での強みをもつマイナビだからこそ、20代向けの事務職求人が豊富
  • 若手社会人の転職サポートが手厚い
    20代の転職実績が豊富なので、若手社会人の転職成功ノウハウが蓄積されている
  • 大手ホワイト企業の求人が多い
    大手企業は、第二新卒や中途採用の求人を、知名度の高いマイナビエージェントに依頼する傾向が強い
デメリット
  • 全体の求人数は少なめ
    20代〜30代前半向きの求人は多いが、全体の求人数は少なめ
佐々木
第二新卒や20代で事務職への転職を考えている人は、ぜひ一度相談してみましょう!

過去30日間の登録者数638人


次に、女性におすすめの転職エージェントを紹介します!

女性向けサービスのある転職エージェントおすすめ3選

佐々木
事務職への転職を目指す女性におすすめの転職エージェントは次の3つになります!
事務職に就きたい女性におすすめ
  1. 『パソナキャリア』
    女性の転職支援に特化
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
  2. 『type女性の転職エージェント』
    女性に嬉しい求人が豊富
    【公式】https://type.woman-agent.jp/
  3. 『リブズキャリア』
    女性ならではの条件で求人が探せる
    【公式】https://libinc.jp/
転職エージェントの選定基準
  • 女性のキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 女性の転職支援実績が豊富

それでは、1つずつ見ていきましょう!

パソナキャリア

パソナキャリア
こんな人におすすめ初めての転職で不安な女性
各業界に特化した面接対策を受けたい女性
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
メリット
  • 業界トップクラスのサポート体制
    「利益よりも社会貢献」を重視する会社方針で、書類添削や面接対策などのサポートが丁寧
  • 女性向けの優良求人が多い
    他社では扱っていない非公開求人を多数保有しており、ブラック企業が少ない
  • 女性に寄り添った転職支援
    女性の社会進出を推進していて、女性の転職支援に注力している。女性社員の比率も高い
デメリット
  • 最大手に比べると求人数が少なめ
    求人の質は良いが、量は比較的少ない
佐々木
女性特有の事情について社内で教育されているため、女性の転職に理解があり、安心して相談ができます。

また、女性社員の比率も高いなど、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいることも強みです!

パソナキャリアの女性転職実績

引用:パソナキャリア公式HP

type女性の転職エージェント

tyep転職エージェント

こんな人におすすめ転職支援実績を重視したい女性
メイクアップサービスを受けたい女性
公式サイトhttps://type.woman-agent.jp/
メリット
  • 女性の転職に特化した転職エージェント
    20代〜30代の転職者を中心に、年間5,000人以上の女性転職実績
  • 女性のライフスタイルに寄り添った求人探しができる
    『残業が少ない』『育児と両立OK』など細かい要望に応えられる
  • 面接対策では、メイクアップサービスもあり
    面接時のメイクやスーツなど、正しい身だしなみが学べる
デメリット
  • 地方在住の人は使いづらい
    拠点が東京にしかないので、地方の人は使いづらい

佐々木
また、『残業が少ない』『育児と両立OK』など、こだわりの条件で絞って求人を検索することができるので、ライフスタイルに合った仕事を探せるのが便利です!

リズブキャリア

こんな人におすすめこだわりの条件の中で求人を探したい女性
企業からスカウトを受けたい女性
公式サイトhttps://libinc.jp/
メリット
  • 女性特化型だからこその求人の多さ
    ライフステージによるキャリアに合わせた女性向け事務求人を数多く保有
  • スカウト機能で効率の良い転職活動を実現
    企業側から直接オファーが届くスカウト機能を用意
  • カルチャーマッチ診断で簡単に自己分析ができる
    全48問の質問に回答すると、パーソナリティーや適性を分析できる
デメリット
  • 対応がドライな場合がある
    良くも悪くもビジネスライクな担当者が多い
佐々木
リブズキャリアでは、女性視点の情報を見れる求人が満載で、従業員の女性比率、育休取得率など、他の転職サイトにはない情報が提供されています。

高い年収を維持したまま、女性が働きやすい職場へ転職したい人におすすめです。


次の章では、派遣として働きたい女性におすすめのエージェントを紹介します!

派遣として事務職で働きたい女性におすすめの転職エージェント

佐々木

この記事を読んでいる女性の中には、正社員ではなく派遣として働きたい方もいると思います。

そこで次は、効率良く派遣として働きたい女性におすすめのエージェント紹介します!

派遣として働きたい人におすすめ
  1. 『リクルートスタッフィング』
    オフィスワークの求人も豊富
    【公式】https://www.r-staffing.co.jp/

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングの特徴
  1. リクルートから生まれた人材会社
  2. オフィスワーク案件も数多く保有
【公式】https://www.r-staffing.co.jp/

リクルートスタッフィングは、リクナビでおなじみの「リクルート」から生まれた人材派遣会社です。

リクルートグループが創業以来培ってきた人材サービスのノウハウと、きめ細かいバックアップ体制で、数多くのお仕事をサポートしています。

事務職をはじめとするオフィスワーク案件も数多く保有しており、キャリアカウンセリングを通して、一人ひとりに合った派遣先を紹介しています。


事務職の転職に強い転職エージェントをまとめると、次の通りです!

事務職に強い転職エージェント

事務職への転職を目指す全ての人向け

  1. 『リクルートエージェント』
    業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代からの評判No.1
    【公式】https://mynavi-agent.jp
  3. 『doda』
    地方の求人も数多く保有!
    【公式】https://doda.jp/

女性向けのサービスを利用したい人向け

  1. 『パソナキャリア』
    女性の転職支援に強い
    【公式】https://www.pasonacareer.jp
  2. 『type女性の転職エージェント』
    女性に嬉しい求人が豊富
    【公式】https://type.woman-agent.jp/
  3. 『リブズキャリア』
    女性ならではの条件で求人が探せる
    【公式】https://libinc.jp/

派遣として事務職で働きたい女性向け

  1. 『リクルートスタッフィング』
    オフィスワークの求人も豊富
    【公式】https://www.r-staffing.co.jp/
ゆり
正社員希望と派遣希望では利用すべき転職エージェントは変わってくるのですね!
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

自分に合った転職エージェントを利用することで、転職成功の確率はドンと上がります!

また、転職エージェントは2〜3つ併用して利用することにより、転職成功率をもっとあげることもできるんです!

エージェントを併用すべき理由
転職エージェントを複数併用すれば、より多くの求人が見れることはもちろん、自分にあったキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなります。

どの転職エージェントにも、良い評判と悪い評判はあるので…

1社に絞らず複数登録し、サポートの質や求人の特徴などを比較してみるのがおすすめです!

実際に、転職成功者の9割は3社以上の転職エージェントに登録しています!

ゆり

なるほど!

転職成功者の9割は3社以上に登録しているんですね。

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

転職エージェントを複数登録した方が良いわけについて詳しく知りたい人は、

次の記事を参考にしてみてください!

転職エージェントは複数登録がおすすめ転職エージェントは複数登録が必須!何社も掛け持ちすべき理由&活用法を解説

次の章では、事務職がどうして高倍率なのかについて説明します!

事務職は狭き門?高倍率の理由と求人減少について

佐々木
実は事務職はとても人気の高い職業であり、求人倍率は0.23倍と非常に高くなっています!

(❇︎求人倍率0.23倍=10人の求人対して50人の応募がある状態)

ゆり
どうして事務職は高倍率なんでしょうか?
佐々木
その理由としては次の6つが考えられます!
事務職が人気の理由
  • 営業の仕事がない
  • 土日祝日休み・残業がない
  • 結婚や出産をしても続けられる
  • デスクワーク
  • 安定していそう
  • スキルがなくても働けそう
ゆり

なるほど、

事務職は土日休みやデスクワークなどといった

働きやすそうなイメージを持たれているのですね。

佐々木

はい、おっしゃる通りです!

また最近では求人数自体も減少しており、採用枠がとても狭くなっているんです…

ゆり

なるほど。

事務職に転職するのはなかなか難しいのですね…

佐々木

はい、おっしゃる通りです。

そこで、次の章では事務職の転職成功率を上げるための3つの秘策を紹介します!

事務職への転職に成功する3つの秘訣|未経験でも転職できる!

佐々木
事務職への転職を成功させるには次の3つの秘策をとると効果的です!
3つの秘策
  1. Office系スキルの取得
  2. 事務職への転職で有利な資格を取っておく
  3. コミュニケーション力と対応力に気をつける
それでは、1つずつ見ていきましょう!

Office系スキルの取得

事務職全般として、Word、Excel、PowerPointなど、Office系のスキルは必須です。

企業によって求められるレベルに違いはありますが、簡単な入力から、関数を使った表計算、プレゼン資料の作成など、様々な業務でスキルが求められます!

Office系スキルの基礎知識は、こちらのサイトで診断できるので、利用してみましょう!

Office系スキルの習得チェックなら...
  • パソコン基本スキル測定テスト

事務職への転職で有利な資格を取っておく

事務の仕事に役立つ資格を取得していると、自分自身のスキルについて証明することができます。

また、実務の作業効率を上げることもできるので、資格を取得しておいて損はないです。

事務職への転職で有利な資格は次の通りです。

事務職の転職でおすすめの資格
  1. MOS
  2. ITパスポート
  3. 日商簿記検定
  4. 秘書検定
  5. TOEIC

※クリックすると公式サイトに飛びます。

簿記検定は、経理事務なら2級、一般事務なら3級が目安です!

加えて、英語が飛び交う職場環境であれば、TOEICスコア800点以上を目指しましょう!

コミュニケーション力と対応力に気をつける

事務職は机に向かって、一人で黙々とこなしている仕事に見えますが、実はコミュニケーション力が非常に求められる仕事です。

電話や来客の対応はもちろん、担当者が不在の場合は要件をうかがったり、臨機応変な対応力が求められます。

日々の決まった業務をこなすことはもちろん、電話やメールは突発的にどんどん入ってくるので、効率的に業務をこなすために、コミュニケーション力と対応力は重要です!


事務職への転職に成功する3つの秘訣をまとめると、次の通りです!

3つの秘策
  1. Office系スキルの取得
  2. 事務職への転職で有利な資格を取っておく
  3. コミュニケーション力と対応力に気をつける
ゆり
スキルや資格以外にもコミュニケーション能力なども重要なのですね。
佐々木

はい、おっしゃる通りです!

この3点をしっかり抑え、転職活動を有利に進めましょう!

次の章では、転職エージェントを使う際に注意するべき点をお伝えします!

事務職への転職でエージェントを使う際に注意したい9つのポイント

佐々木
この章では、転職を効率的に進めるための注意点を紹介します!

次の9つに注意すれば効率的に転職活動を進められますよ!

転職エージェントの注意点
  1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
  2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  3. 素早い連絡を心がける
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
  7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  8. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する
  9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

大前提として、転職エージェントに対しては、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。
活用法1
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

活用方法2.エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法2
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法3|素早い連絡を心がける

担当キャリアアドバイザーとは、スピーディーなやり取りを心がけて、メールの返信はなるべく早く行いましょう。

なぜなら、連絡の素早さが選考の合否に関わることがあるからです。

特に以下のシーンでは、素早い連絡が大切です。

素早い連絡が必要なシーン
  1. 担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整
  2. 企業との面接日程調整

1.担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整

初回面談の日程調整が遅れると、その間に求人環境が変わって、希望の会社の求人が埋まってしまう可能性があります。

そのため、担当者との初回面談の日程調整はなるべく早く行うべきです!

2.企業との面接日程調整

企業との面接日程調整が遅れると、マイナスのイメージを企業に与えてしまいます

なぜなら、企業はあなたを「ビジネスでの対応力が低い。弊社への志望度も低いのでは?」と思ってしまうからです。

マイナスイメージを避けるためにも、面接の日程調整はスピーディーに連絡しましょう!

活用法3
素早い連絡を心がける

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

また、連絡を密に取り合えば、新しい求人案件を紹介してもらいやすくなりますよ!

活用法4
2週間に1度は連絡して意欲を見せる

活用方法5|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。
活用法5
推薦文は必ず自分の目で確認する

活用方法6|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

なぜなら転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれるからです。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず報告すべきですよ!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
活用法5
面接後にはすぐに担当者に連絡する

活用方法7|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

活用法7
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法8|口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法8
口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

活用方法9|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!
活用法9
複数の転職エージェントを利用していることを伝える

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

転職エージェントの注意点
    1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
    2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    3. 素早い連絡を心がける
    4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
    9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
    佐々木
    これだけの注意点を押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    次の章では、事務職の平均年収について、男女別に紹介します!

    気になる事務職の平均年収は?男女別で比較

    ゆり
    事務職の年収はいくらぐらいなのでしょうか?
    佐々木
    2018年の調査によると、事務職の平均年収は330万とされています!

    また、事務職の中にもいくつか種類があり、それにより平均年収は少し変わってきます。

    種類別の平均年収
    • 一般事務→329万円
    • 営業事務→327万円
    • 人事事務→320万円
    • 総務事務→330万円
    • 貿易事務→369万円
    ゆり
    なるほど、

    一般事務職以外にも種類があるんですね!

    佐々木
    はい、実はそうなんです!

    また、男女によっても平均年収には差があります。

    男/女事務職の平均年収
    男性384万
    女性314万
    佐々木
    男性に比べ女性の方は少し平均年収が低くなりますが、

    残業やノルマがない点を考えると事務職は非常に魅力的な職業の1つと言えます!

    事務職の仕事内容は様々!あなたに合った事務職の仕事は?

    佐々木
    先ほどもお伝えした通り、事務職の仕事内容にはいくつか種類があります。

    そこで、この章では事務職の仕事内容について詳しく説明いたします!

    一般事務(平均年収329万円)

    佐々木
    まずは、一般事務から説明します!

    一般事務とは一般企業や官公庁で事務的な作業や雑務を担当します。

    具体的な仕事内容
    • 資料作成
    • データ入力、
    • 経費精算
    • 電話応対
    • 来客対応

    一般事務の仕事は上司から指示を受けたり、お客様と接する機会が多い仕事です。

    そのため、優しい印象の人や気が使える人が適職です!

    一般事務がおすすめな人
    • 優しい印象の人
    • ホスピタリティーが高い人

    営業事務(平均年収327万円)

    佐々木
    次は、営業事務について説明します!

    営業事務は主に営業職のアシスタントや発注作業がメインになります。

    具体的な仕事内容
    • 取引先との電話・メール応対
    • 納期調整
    • データ入力
    • 在庫管理
    • 請求書処理
    営業事務は取引先により、業務の進め方なども変わってくるので、その場その場で対応を臨機応変に変えれる人が適職です!

    営業事務がおすすめな人
    • 臨機応変に動くのが得意な人

    人事事務(平均年収320万円)

    佐々木
    次は、人事事務について説明します!

    人事事務はその名の通り、その会社の「人」に関わる仕事です。

    具体的な仕事内容
    • 採用周りの管理
    • 保険周りの管理
    • 評価制度の管理
    人事事務は面接に同席するケースもあるので、清潔感がある人が求められます!

    人事事務がおすすめな人
    • 清潔感がある人
    • 周囲への気遣いができる人

    総務事務(平均年収330万円)

    佐々木
    次は、総務事務について説明します!

    総務事務は主に組織運営についてのサポートをします!

    具体的な仕事内容
    • 備品管理
    • 株主総会の運営
    • 契約書作成管理

    会社の社員が少ない場合は、人事や総理の仕事も兼任するケースもあります。

    そのぶん、得られる経験値は他の事務職より高くなります!

    総務事務がおすすめな人
    • マルチタスクが得意な人
    • 成長意欲が高い人

    貿易事務(平均年収369万円)

    佐々木
    最後に、貿易事務について説明します!

    貿易事務はメーカや商社などが扱う商品を管理する仕事です!

    具体的な仕事内容
    • コレスポンデンス作成
    • インボイス作成
    • 貿易書類作成
    • 受発注処理
    貿易事務は海外との輸出・輸入に関わる仕事なので、高い英語力が必要になります。

    総務事務がおすすめな人
    • ビジネス英語ができる人

    ゆり
    一口に事務職といっても、実際の仕事内容は多様なのですね!
    佐々木
    はい、おっしゃる通りです!

    自分の性格やスキルにあった仕事内容を選ぶことで、転職成功率もアップします!

    事務職の仕事内容は様々、自分にあった仕事を見つけよう

    佐々木
    ここまで、事務職への転職についてお伝えしてきました!

    まとめると次の通りです!

    まとめ
    • 事務職の転職に強い転職エージェントがある
    • 事務職への転職は狭き門
    • 事務職への転職にはコツがある
    • 転職エージェントは複数併用することで転職成功率が上がる
    ゆり
    ありがとうございます!

    事務職への転職についての理解が深まりました!

    佐々木
    それは良かったです!

    それでは、最後にもう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしますね!

    おすすめの転職エージェント

    事務職への転職を目指す全ての人向け

    1. 『リクルートエージェント』
      業界No.1の求人数
      【公式】https://www.r-agent.com/
    2. 『マイナビエージェント』
      20代からの評判No.1
      【公式】https://mynavi-agent.jp
    3. 『doda』
      地方の求人も数多く保有!
      【公式】https://doda.jp/

    女性向けのサービスを利用したい人向け

    1. 『パソナキャリア』
      女性の転職支援に強い
      【公式】https://www.pasonacareer.jp
    2. 『type女性の転職エージェント』
      女性に嬉しい求人が豊富
      【公式】https://type.woman-agent.jp/
    3. 『リブズキャリア』
      女性ならではの条件で求人が探せる
      【公式】https://libinc.jp/

    派遣として事務職で働きたい女性向け

    1. 『リクルートスタッフィング』
      オフィスワークの求人も豊富
      【公式】https://www.r-staffing.co.jp/
    ゆり
    この転職エージェントがおすすめなんですね!

    どの転職エージェントも良さそうで迷うなぁ…。

    佐々木
    転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

    転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

    そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

    佐々木
    本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

    もし迷ったら、最低でもと『リクルートジェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

    迷ったら登録すべき2社
    ゆり
    ありがとうございます!

    これで転職活動がうまくいきそうです!

    佐々木
    皆さんの転職が成功することを祈っています!