評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

石川のおすすめ転職エージェント5選と失敗しない全活用方法

佐々木
こんにちは!
転職アドバイザーの佐々木です!

石川で転職をするために、いざ転職エージェントを使おうと思っても…

「どの転職エージェントを使えば良いんだろう?」

と悩みますよね。

ゆり
転職エージェントって、たくさんあって、どれが良いのかわからない…
佐々木
私も初めて使うときは、迷いましたね…

そんな悩みを解決するために!

300人以上の転職を成功させてきた私が、

石川のおすすめ転職エージェントを紹介していきます!

ゆり
私でも、転職エージェントで新しい仕事を見つけられますかね…
佐々木
あなたにピッタリの転職エージェントを使えば、きっと新しい仕事を見つけることができますよ!

はじめに:最もおすすめしたい転職エージェント2選

「今すぐオススメの転職エージェントを知りたい!」という方もいると思うので…

まず、私が最もおすすめする転職エージェントを紹介しておきます

最もオススメしたいエージェント2選
  1. リクルートエージェント』||圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. パソナキャリア』|サポートが丁寧で、初めて転職する方にオススメ

リクルートエージェントは、非公開求人数17万件以上で、第二新卒〜シニア/エグゼクティブ層まで、幅広い層の転職実績がありオススメです。

パソナキャリアは各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、丁寧なサポート体制が特徴的です。

ゆり
圧倒的な求人数のリクルートエージェントと、サポート体制がトップクラスのパソナキャリアがオススメなんですね!
佐々木
そうですね!

実際に300人以上の転職を成功させてきた私から見ても、リクルートエージェントとパソナキャリアを使っておけば、間違いないです!

石川でおすすめの転職エージェント5選

佐々木
結論から言うと、下記5社から最低3社を併用することをおすすめします。
石川拠点石川求人数全国求人数サポート体制
リクルートエージェントなし
dodaなし
パソナキャリア
ビズリーチなし
人材情報センター

上記5社をピックアップした理由はシンプルで、選定した5社が「石川県の良質な転職求人数」「転職成功へのノウハウ」を圧倒的に保有しているからです。

具体例として、石川県の転職求人数を公式サイトからのデータをもとに、わかりやすく比較してみました。

【石川県の転職エージェント別】求人数の比較

石川県のエージェント別求人保有数
ゆり
保有求人数で比較するとわかりやすいですね!
佐々木
そうですね!

そして、これまでの私の転職アドバイザーとしての経験から、次の3社に登録しておけば間違いないです!

ゆり
最低3社ですね!

ちなみに、それ以外のエージェントに登録する必要はありますか?

佐々木
良い質問ですね!

必要に応じて、他のエージェントにも登録していきましょう!

これからそれぞれの特徴を説明していきますが、例えば、学歴や職歴に自信がある方は、ハイクラス求人が豊富な『ビズリーチ』を併用するべきです。

選定理由をもっと詳しく!

石川に特化したエージェントは使うべき?

石川には、地域密着の求人を扱う『人材情報センター』『北陸求人.com』といった転職エージェントがあります。

地域特化型の転職エージェントは地域独自の求人もあるので利用しても良いですが、基本的には大手転職エージェントの方が求人数の量・質のほか、サポート体制も充実しています。

そのため、もし登録するのであれば石川で求人数No.1の『人材情報センター』に登録しつつ、大手転職エージェントと併用しながら転職活動をすすめていくのがおすすめです。

あえて『Spring転職エージェント(アデコ)』をオススメしない理由

アデコは公開求人数こそ多いですが、外資系のエージェントのため国内転職におけるサポート面の評判・口コミがそこまで良くない印象があります。

特に外資系の転職エージェントは全体の傾向として、学歴や経歴の良い転職志望者に対しては待遇やサポートも手厚い一方で、学歴・経歴に自信のない転職志望者には対応が丁寧とはいえないという評判も…。

どの転職エージェントも登録自体は3分程度で、且つ、一切費用はかからず無料です。そのため、気になったエージェントはまずは利用してみて、『合わなければ他社を利用すればいい!』と気軽に相談することをオススメします。

Point!
転職エージェントは最低3社を併用すること

理由はシンプルに下記2点です。

1.自分にあった求人と出会える可能性が高くなる
2.優秀なキャリアアドバイザーに担当してもれる可能性が高くなる

1社にしか登録しなかった場合、他のエージェントに登録していたら、紹介されていたはずの「あなたに合った求人」を逃してしまうリスクが否めません。

また、キャリアコンサルタントも人間なので、やはり合う人合わない人が出てきてしまいます。

そのため、失敗したくない人は、転職活動を開始するタイミングで、最低でも3社以上には登録をしましょう。実際にキャリア面談を受けた上で、あなたに最適なキャリアコンサルタントを見つけるのがポイントです。

 1.リクルートエージェント|求人数を含め転職業界No.1

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、人材業界最No.1の大手転職エージェントで、都市圏はもちろん、石川県の求人数も公式サイトのデータを見る限りはダントツ1位です。

実際にどのくらいの保有求人数が多いのかを見てみましょう!

リクルートエージェントの石川の求人数を他エージェントと比較してみた!

リクルートエージェントの石川県の転職求人数

『リクルートエージェント』は、人材業界大手の『マイナビエージェント』『パソナキャリア』と比較対象に置いても、4〜10倍ほど保有求人数に差がでる結果となりました。(非公開求人数が公開されている転職エージェントのみの比較です)

また、500人を対象としたリクルートエージェントの評判・口コミを調査した際も、キャリアアドバイザーによりサービスの差がありますが、総じてトップレベルの転職エージェントです。

理由として、業界最大手ということもあり、第二新卒からシニア・エグゼクティブ層、またITや外資系の専門性の高い分野まで、幅広い転職を考えているユーザーから支持が高いからです。

そのため、志望業種業界、今までの経歴・スキルに関わらず、転職活動をスタートする=リクルートエージェントに登録するといった認識で問題ないです。

石川の支店所在地

拠点はなく、登録後、電話などの音声で面談を実施

2.doda|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!

doda

doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

よく業界最大手の『リクルートエージェント』と比較検討されるほど、求人の量や質に定評がある転職エージェントです。

石川県の公開求人数においては『リクルートエージェント』よりも多く保有しており、多くの石川県の求人を見ていきたい人に、おすすめの転職エージェントです。

石川の支店所在地

拠点はなく、登録後、電話などの音声で面談を実施

3.パソナキャリア|サポート重視や初めて転職する方にオススメ

パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

他のエージェントと違い、官公庁受託実績が豊富にあり、社会貢献にも力を入れている点が特徴的です。

求人数では、業界大手の『リクルートエージェント』や『doda』に負けるものの、『パソナキャリア』は業界ごとに専門のコンサルタントがいて、サポートには定評があるので、初めての転職する方にはおすすめです。

石川の支店所在地

石川県金沢市昭和町16番1号 ヴィサージュ7F
JR金沢駅兼六園口(東口)より徒歩3分

4.ビズリーチ|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチ』はハイクラス向けのヘッドハンティング型転職エージェントです。

登録をすると、2000人以上のヘッドハンターから、求人提案を紹介してもらうことが可能です。ただ、登録をしてスカウトを待つというシステムなので、転職市場の価値が低いと求人提案をしてもらえない可能性もあります。

石川県の求人件数も195件(2018年4月現在)あるので、ハイクラスやエグゼクティブ求人を見つけたい方には、必須の転職サービスとなります。

石川の支店所在地

拠点はなく、登録後、電話などの音声で面談を実施

5.人材情報センター|地元密着型の企業求人を探したい方にオススメ

あおもりくる

人材情報センターは、石川に特化した転職エージェントです。

石川に根付いたコンサルタントが対応するので、石川の地域に密着した企業を探したいという場合にはおすすめします。

石川の支店所在地

石川県金沢市西念1-1-3 コンフィデンス金沢4F
金沢駅金沢港口(西口)から徒歩約7分

公式サイトから登録する

あえて、面談拠点が石川にない大手エージェントも同時に登録すべき理由

ゆり
求人数が多くなくても、石川に面談拠点がある転職エージェントの方が丁寧なサポートをしてくれそうですね!

それなら、その1社だけ登録すれば済みそう、、、

佐々木
良い質問ですね!

多くの転職志望者からそのような相談を受けますが、

必ず大手転職エージェントにも登録するべきです!

大手人材会社を使うべき理由
  1. 待遇や条件の良い求人と出会える可能性が高くなるから
  2. 地域特性に左右されない、選考通過率を上げるノウハウがあるから

(1)大手を使うべき理由:待遇や条件の良い求人と出会える可能性が高くなるから

大手総合エージェントの場合、クライアント企業も採用を積極的に実施ている上場企業の大手企業が多いです。

そして、上場企業は地方にも拠点があるところが多く、さらに、比較的に福利厚生なども充実している企業が多いです。

そのため、石川の転職エージェントを探す際も、大手の転職エージェントに登録した方が、現職や前職より良い給料・福利厚生の企業の求人と出会える可能性が必然的に高くなります。

理由1
良い求人と出会える可能性が高くなるから

(2)大手を使うべき理由:地域特性に左右されない、選考通過率を上げるノウハウがあるから

結論から言うと、大手の転職エージェントは、「選考を通過するためのノウハウ」が圧倒的に違います。

理由としては、大手の転職エージェントは日本全国に拠点があり、歴史も長いため、転職を成功させてきた実績が、石川に特化した転職エージェントとは圧倒的に違うからです。

そのため、大手の転職エージェントに登録すると、そうした「選考を通過するためのノウハウ」を共有してもらえるというメリットがあります。

理由2
選考通過率を上げるノウハウがあるから
ゆり
たしかに、大手の転職エージェントに登録するメリットはありそうですね!
佐々木
そうですね!

「もし他の転職エージェント登録していたら違っていたかも…」を悔いを残さないためにも、登録しておきましょう!


いかがでしたか?
石川県のおすすめ転職エージェント5選を紹介しました!
ここで、おさらいをしておきましょう!
石川で登録するべきエージェント5選
  1. リクルートエージェント』||圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!
  3. パソナキャリア』|サポートが丁寧で、初めて転職する方にオススメ
  4. ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス
  5. 人材情報センター』地元密着型の企業求人を探したい方にオススメ
ゆり
どの転職エージェントを使うか迷いますね
佐々木
迷ったら、リクルートエージェントとパソナキャリアに登録をしておけば、間違いないです!
最もオススメしたいエージェント2選
  1. リクルートエージェント』||圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. パソナキャリア』|サポートが丁寧で、初めて転職する方にオススメ

リクルートエージェントは、非公開求人数17万件以上で、第二新卒〜シニア/エグゼクティブ層まで、幅広い層の転職実績がありオススメです。

パソナキャリアは各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、丁寧なサポート体制が特徴的です。

転職エージェントを最大限活用する方法

ゆり
登録するべき転職エージェントは少し見えてきた気がします!
佐々木
そうですね!

それでは、次は転職エージェントを最大限活用する方法を解説していきますね!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束は守り、メールなども早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認しよう
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

 

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

キャリアアドバイザーも会社としての利益を考えないといけないため、すぐにでも転職したい意思がある人を1番優先して、サポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう。基本的に、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されます。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

活用方法2
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

(3)エージェントの活用方法:メールの返信など、細かい約束を守る

まずはキャリアドバイザーとの関係性を築くことが重要です。そのため、メールの返信や、書類の提出等の細かい約束は守りましょう。

また、違った視点で考えると…

比較的に求職者の味方であるキャリアアドバイザーと、良い関係性を築けない=紹介先の企業とも良い関係性が築けないと判断されるパターンもあります。

※もちろん、キャリアドバイザーのなかには、感じの悪いアドバイザー、仕事ができないアドバイザーもいるので、その際は、担当者変更の希望をお伝えしましょう!

活用方法3
メールの返信など、細かい約束を守る

(4)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを理由していることを伝えると、「他社ではなく自分の会社経由で転職してもらいたい!」と思うので、転職活動のサポートやフォローを丁寧にやってもらえる傾向が強いです。

この観点からも、複数の転職エージェントを利用するメリットがありますね。

活用方法4
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(5)エージェントの活用方法:2週間に1度は求人紹介(スカウトメール等)を依頼する

定期的に、具体的な希望をそえて、求人紹介を依頼しましょう。この時に、具体的な希望と一緒に伝えるのがポイントです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、求人を紹介する際にも、必ず優先順位が存在します。

その際に、直近でやり取りがあった求職者に対して、優先的に求人を紹介するので、定期的に求人紹介を依頼することが重要です。

また、スカウトメールを依頼している時も同様なので、マメにエージェントには連絡をして、転職活動をしていることをしっかりアピールしてきましょう。

逆に考えると、エージェント側は転職希望者が複数の転職エージェントを利用していることを想定しているので、「連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向が強いです。

そのため、いくらご経歴やスキルが素晴らしくても、連絡をしていないと後回しになってしまう場合があります。

活用方法5
2週間に1度は求人紹介を依頼する

(6)エージェントの活用方法:キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

対応に違和感があれば、担当のキャリアアドバイザーを変更しましょう。

気が引けてしまう方もいるかと思いますが、担当変更はそこまで問題ではないため、転職を成功させるためにも、しっかり変更希望の意志を伝えましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は、他社をあたりましょう。

メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、
転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、
何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
・連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!(→細かい自己紹介などはいりません)

・「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6
キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

(7)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

書類選考の際、エージェントは、履歴書と職務経歴書に加えて、あなたの推薦文を応募企業へ連絡をします。

つまり「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」とエージェントが「あなた」を売り込んでくれます。

ただ、あまり優秀ではないアドバイザーの場合は、その際の推薦文が経歴をそのまま写しているだけのケースもあったりします。

そこで、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をしましょう。その際に、「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」などの理由を添えれば、問題ありません。

活用方法7
書類選考の際の推薦文は確認する

(8)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあります。

活用方法8
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(9)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので、面接でアピールしきれなかった面があれば、その際にエージェントがフォローしくれるケースが多いからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法9
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

(10)エージェントの活用方法:希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

求人掲載が無料のハローワークでは、転職エージェントが保有していない企業の仕事情報も多数あります。

転職エージェントで面談を実施してもらえなかったり、希望する求人案件が見つからなかったりする場合は、転職エージェントのような手厚いサポートは期待できませんが、ハローワークを利用することをおすすめします。

活用方法10
転職エージェントで上手くいかなければハローワークへ行く

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束は守り、メールなども早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認しよう
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

抑えておきたい石川の転職・求人動向

ゆり
転職エージェントを最大限活用する方法もわかったので、あとは登録するだけですね!
佐々木
待って下さい!

最後に石川の転職市場の傾向や求人動向も、念のため確認しておきましょう!

ここでは石川で転職をする際に、最低限抑えておきたいポイントを3つにまとめてみました。

石川の3つのポイント
  1. 地域別の有効求人倍率
  2. 石川県全体の賃金水準
  3. 石川県にある上場企業

(1)石川の特徴:地域別の有効求人倍率

6つの地域に分けて石川の有効求人倍率を見ていきましょう

金沢

・有効求人倍率:1.90倍

小松

・有効求人倍率:1.58倍

白山

・有効求人倍率:1.60倍

七尾

・有効求人倍率:1.77倍

加賀

・有効求人倍率:1.80倍

輪島

・有効求人倍率:1.44倍

出典:厚生労働省石川労働局 いしかわの労働市場(平成30年2月分)https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/

(2)石川の特徴:賃金水準について

石川県で正社員として就業している20~59歳までのビジネスパーソンの平均年収を、北陸地方全域の都道府県と比較してみましょう。

石川県の全体と長野の全体の平均年収と比べると、12万円のひらきがあることがわかります。

石川県の求人情報を見る際も、年収相場として把握しておきましょう。

年収相場から見る、石川県の北陸地方での位置付け

石川県の年収金額

doda調べを引用)

(3)石川の特徴:石川県に本社がある上場企業

石川県に本社を持つ、東証一部上場企業、及び、JASDAQ上場企業を10社ピックアップしてみました。

石川の優良企業への就職を考えていたら、まずは相談するキャリアドバイザーに、下記の上場企業の求人がないかどうか、確認してみてはいかがでしょうか?

企業名住所
日成ビルド工業株式会社石川県金沢市金石北3丁目16番10号
北陸電話工事株式会社石川県金沢市米泉町10丁目1番地153
株式会社クスリのアオキ石川県白山市松本町2512番地
北日本紡績株式会社石川県白山市福留町201番地1
株式会社歯愛メディカル石川県白山市鹿島町一号9番地1
倉庫精練株式会社石川県金沢市古府町南459番地
小松精練株式会社石川県能美市浜町ヌ167番地
ニッコー株式会社石川県白山市相木町383番地
株式会社共和工業所石川県小松市工業団地1丁目57番地
タケダ機械株式会社石川県能美市粟生町西132番地

まとめ:石川の転職エージェントに登録するなら?

いかがでしたか?

石川での転職にオススメのエージェント5選を紹介しました。

ここまでの内容をまとめますね。

大手人材会社を使うべき理由
  1. 待遇や条件の良い求人と出会える可能性が高くなるから
  2. 地域特性に左右されない、選考通過率を上げるノウハウがあるから
最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束は守り、メールなども早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認しよう
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ
石川の3つのポイント
  1. 地域別の有効求人倍率
  2. 石川県全体の賃金水準
  3. 石川県にある上場企業
石川で登録するべきエージェント5選
  1. リクルートエージェント』||圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!
  3. パソナキャリア』|サポートが丁寧で、初めて転職する方にオススメ
  4. ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス
  5. 人材情報センター』地元密着型の企業求人を探したい方にオススメ
ゆり
どの転職エージェントを使うか迷いますね
佐々木
迷ったら、リクルートエージェントとパソナキャリアに登録をしておけば、間違いないです!
最もオススメしたいエージェント2選
  1. リクルートエージェント』||圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. パソナキャリア』|サポートが丁寧で、初めて転職する方にオススメ

リクルートエージェントは、非公開求人数17万件以上で、第二新卒〜シニア/エグゼクティブ層まで、幅広い層の転職実績がありオススメです。

パソナキャリアは各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、丁寧なサポート体制が特徴的です。

ゆり
圧倒的な求人数のリクルートエージェントと、サポート体制がトップクラスのパソナキャリアがオススメなんですね!
佐々木
そうですね!

実際に300人以上の転職を成功させてきた私から見ても、リクルートエージェントとパソナキャリアを使っておけば、間違いないです!