評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

東京のおすすめ転職エージェント6選と失敗しない全活用方法

東京都

佐々木
こんにちは!
転職アドバイザーの佐々木です!

東京で転職をするために、いざ転職エージェントを活用しようと思っても…

「失敗しないためには、どの転職エージェントを使えば良いんだろう?」

と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

ゆり
転職を考え始めたけど、

転職エージェントってたくさんあって、どれが良いのかわからないや…。

佐々木
転職エージェントは数が多くてどれを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

ただ、転職活動を進める上で「転職エージェント選び」が最も重要なんです。

なぜなら、転職エージェントによって

  • 「扱っている求人の量や質」
  • 「サポートやアドバイスの丁寧さ」
  • 「得意な業界」

が異なるからです。

転職をはじめたばかりの人が「求人数は多いが、サポート体制はイマイチ」な転職エージェントを利用すると、

希望の求人は見つかるけど、なかなか採用されない…」なんてことに。

後悔しない転職のためには、あなたに合った転職エージェントを選ぶことがとても重要なんですよ。

今回は、これまで500人以上の転職を成功させてきた私が、

東京のおすすめ転職エージェントを紹介していきます!

佐々木
この記事を読めば、

東京で正社員へ転職をする際に、どの転職エージェントを利用すべきか

自信を持って選ぶことができるようになりますよ!

東京でおすすめの転職エージェント6選

佐々木
東京でおすすめの転職エージェントは下記の6社です。
東京求人数エグゼブティブ向け20代向けサポート体制IT案件外資系案件
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア
マイナビエージェント
ビズリーチ
JACリクルートメント

東京のおすすめ転職エージェントに、これら6社を選んだ理由は以下の通りです。

6社の選定理由
  1. 東京の質の高い転職求人を扱っている
  2. 転職成功へのノウハウ・テクニックを圧倒的に保有している

東京の転職エージェントを調べてところ、「東京に特化した転職エージェント」は数自体が少ないことが分かりました。

しかし、大手転職エージェントであれば、主要都市である東京の求人にも力を入れているため、東京の質の高い転職求人を扱っています。

また、これまでの経験から転職成功へのノウハウ・テクニックを圧倒的に保有しているため、どんな方でも転職の成功に導くことが可能です!

そのため今回は、「東京に支店を持つ大手転職エージェント」の中から、以下5つのポイントから転職エージェントを6社ピックアップしました。

ピックアップポイント
  1. エグゼクティブ向け:高収入案件を数多く保有しているかどうか
  2. 20代向け:初めて転職する人や未経験者へのサポート体制が充実しているか
  3. サポート体制:面接対策、キャリア相談などのサポート体制が充実しているか
  4. IT案件:IT案件を数多く保有しており、IT企業への転職に強いかどうか
  5. 外資系案件:外資系、グローバル企業、海外転職案件に強いかどうか
ゆり
なるほど。

それでは、おすすめ転職エージェント6社から選べば間違いないってことですね!

登録するのは1社でいいんですか?

佐々木
いい質問ですね。

失敗の確率を大幅に下げるためにも、転職エージェントは1社ではなく複数登録すべきです!

複数登録すべき理由

複数登録すべき理由は下記の3点です。

  1. 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高くなる
  2. 自分にあった求人と出会える可能性が高くなる
  3. それぞれの転職エージェントの弱点・デメリットを補える

もしあなたが1社にしか登録しなかった場合…

知らずのうちに優秀とはいえないキャリアアドバイザーに転職活動を頼って、損してしまうおそれがあります。

「希望の条件には合わない求人ばかり紹介される…」

「連絡が返ってくるのが遅い」

と、転職が遠回りになるリスクも…。

ゆり
それでは、実際に複数のエージェントでキャリア面談を受けて…

自分に合う担当者と出会うしかないんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

最低でも3社に登録すれば、優秀なキャリアアドバイザーに出会える確率はぐんと上がるので安心です。

失敗したくない人は転職活動を開始するタイミングで、最低でも3社以上には登録をしましょう!

転職エージェント選びに迷っている方は、今回厳選した6社のうち★をつけた上位3社へ登録すれば間違いないですよ。

東京で登録するべきエージェント6選
  1. 『リクルートエージェント』|圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. 『doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!
  3. 『パソナキャリア』|サポート重視や初めて転職する方にオススメ
  4. 『マイナビエージェント』20代の信頼度No. 1のエージェント
  5. 『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス
  6. 『JACリクルートメント』管理職・専門職への転職にオススメ
佐々木
求人の量が多いリクルートエージェント』と”独占”求人の多い『doda』で希望の仕事を探しつつ…

サポート満足度No.1の『パソナキャリア』で実践的な転職テクニックを身につけるのがおすすめです!

ゆり
なるほど!

その3社を上手く活用すれば、それぞれの転職エージェントの弱点も補えそうですね!

佐々木
そうなんです!

3社同時に登録することで、優秀な転職エージェントに出会う確率を上げるだけでなく、弱点を補って有利に転職活動を進められるんです!

これまで私は、この戦略で93%以上、合計300人以上の方の転職を成功させてきたので、自信を持ってオススメします!

また、必要に応じて、他のエージェントにも登録していきましょう!

例えばキャリアに自信がある方は、ハイクラス向けの『ビズリーチ』を併用するべきですし、

東京のIT企業を希望している方には『ワークポート』も検討してみてください。

また、東京に初期費用0円で上京して、仕事をはじめたい方には『TokyoDive』がおすすめです!

佐々木
ここで併用するべき特化型エージェントも、念のため紹介しておきますね。
状況/目的別エージェント

どの転職エージェントも登録自体は3分程度で、費用は無料です。

そのため、複数のエージェントに気軽に登録してみて、合わなければ他社を利用すればいいと思いますよ。

東京に特化したエージェントは使うべき?

地域特化型の転職エージェントは地域独自の求人案件を保有していますが…

必ず大手の転職エージェントを併用すべきです!

なぜなら大手の総合転職エージェントは地域特化のエージェントに比べ、求人数の量・質、サポート体制が充実しているからです。

そのため、まずは大手転職エージェントに登録して転職活動を進めれば、失敗する確率を圧倒的に減らすことができますよ。

以下では、東京でおすすめの転職エージェント6社について詳しく解説してきます。

 1.リクルートエージェント|業界No.1ならではの転職ノウハウが充実

リクルートエージェント

国内の人材業界No.1である『リクルートエージェント』は…

志望業種や業界に関わらず、転職活動を始める全ての人にオススメの転職エージェントです。

全国で10万件以上の求人を保有しており、

幅広い業界の転職成功実績・ノウハウがあるため、転職活動を円滑に進めることができます!

500人を対象とした『リクルートエージェント』の評判・口コミを調査した結果では、

第二新卒からハイキャリア、またITなどの専門性の高い求職者まで、幅広い層からの支持が高いことが明らかになりました。

また、東京の求人数もダントツ1位なので、希望の求人がきっと見つかりますよ!

佐々木
実際にどのくらいの保有求人数が多いのかを見てみましょう!

リクルートエージェントの東京の求人数を他エージェントと比較してみた!

リクルートエージェントの東京の転職求人数

大手のマイナビエージェントとパソナキャリアと比較しても、『リクルートエージェント』が4〜10倍ほど保有求人数が多いです。

(※非公開の求人数を公表している大手エージェントで比較しました)

リクルートエージェントの東京の公開求人16601件のうち、求人数の多いの職種・業種を見てみると下記のような割合になっています。

リクルートエージェントの紹介職種
  • SE・ITエンジニア:4割
  • 営業・販売・カスタマーサービス:3割
  • コンサルタント:2割
  • クリエイティブ:1割
リクルートエージェントの紹介業種
  • IT・通信業界:3割
  • 人材業界:3割
  • Web・インターネット業界:2割
  • 小売・卸売・サービス:2割

リクルートエージェントは志望業種や業界に関わらず、転職活動を始める全ての人にオススメです。

佐々木
実際、私も幅広い年代/職種/業種の人とキャリア面談をしてきましたが…

7割以上の人はリクルートエージェントを利用していました。

リクルートエージェントの補足情報

東京の求人案件数

  1. 総求人数:95581件
  2. 公開求人数:16601件
  3. 非公開求人数:112182件

◎主な対象者
・10代/20代/30代/40代/50代
・既卒/第二新卒/中退/フリーター/女性/エグゼクティブ
などすべての方におすすめ

◎リクルートエージェント東京支店の所在地
・東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
→JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分

◎関連記事
リクルートエージェントの評判|500人の良い/悪い口コミを徹底検証

ゆり
さすがリクルート…!業界最大手というだけあって、圧倒的な求人保有数でしたね!

ちなみに…、非公開求人って何ですか?

冒頭で見た求人数データは公開求人”で、dodaが1位でしたよね。

それとは違うんですか?

佐々木
非公開求人とは転職エージェント登録者にしか公開されていない求人のことで、

転職エージェントが扱う求人の8割から9割は非公開求人となっているんです。

優良求人が非公開な理由

実は、ほとんどの優良求人は非公開求人になっていて、転職エージェントに登録をしないと紹介してもらうことができません。

優良求人は採用枠が非常に少ないため、非公開求人になっているんです。

実際にエージェントは、経歴やスキルなどの応募条件をクリアした求職者のみに、優良求人を紹介しています。

だからこそ、優良求人を探すためには転職エージェントへの登録が必須です。

ゆり
なるほど…。

だから、求人サイトで自力で探しても、なかなかいい求人に出会えないんですね。

佐々木
公開されている中にも優良求人はありますが、

多くの優良企業は非公開で求人を出していますし、

独占求人という特定のエージェントでしか扱っていない求人もあるので、

失敗したくないのであれば転職エージェントに任せるのがオススメですよ!

ゆり
非公開求人について理解できました!ありがとうございます!

あっ、すみません、話が脱線してしまいましたね!

佐々木
いえいえ!重要なポイントだったので問題ないですよ!

次は、dodaを見ていきましょう!

2.doda|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!

doda

doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

dodaの東京の公開求人21000件のうち、求人数の多いの職種・業種を見てみると下記のような割合になっています。

dodaの紹介職種
  • 営業職:3割
  • 企画・管理:3割
  • 技術職(SE・インフラエンジニア・Webエンジニア):3割
  • 技術職・専門職(建設・建築・不動産・プラント・工場):1割
dodaの紹介業種
  • インターネット・広告・メディア:3割
  • IT・通信:3割
  • 建設・プラント・不動産:3割
  • メーカー(機械・電気):1割

dodaは東京求人を多く保有しているので、あらゆる選択肢を知りたい人にオススメです。

なぜなら、業界No.2という立場だからこそ『リクルートエージェント』を追い越すために、求人の量や質に力を入れてるからです。

実際に東京の”公開”求人数においては『リクルートエージェント』よりも多く保有しています。

ゆり
業界最大手のリクルートより公開求人数が多いんですね!
佐々木
実はそうなんです!

“非公開”求人の数こそ負けていますが、“公開”求人数はdodaがダントツ1位です。

そのため、リクルートエージェントと併用すると、東京の求人を多く見られますよ!

dodaは東京求人を多くチェックしたい人にオススメの転職エージェントです。

dodaの補足情報

東京の求人案件数

  • 総求人数:21000件以上
  • 公開求人数:21000件
  • 非公開求人数:非公開

◎主な対象者
・10代/20代/30代/40代/50代
・既卒/第二新卒/中退/フリーター/女性/エグゼクティブ
などすべての方におすすめ

◎doda東京支店の所在地
・東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング27F・28F
→JR「東京駅」地下道より直結

◎関連記事
・doda(転職エージェントサービス)の評判は悪い?500人の本音口コミ

3.パソナキャリア|サポートが充実!初めて転職する方にオススメ

パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

東京のパソナキャリアの公開求人17449件のうち、求人数の多いの職種・業種を見てみると下記のような割合になっています。

パソナキャリアの紹介職種
  • IT・Webエンジニア:4割
  • 管理・事務:3割
  • 営業:3割
パソナキャリアの紹介業種
  • 製造業(メーカー):4割
  • IT:4割
  • 不動産・建設:2割

パソナキャリアはサポート体制は業界No.1と言われているため、手厚い転職サポートを受けたい人におすすめです。

また、他社と違い、官公庁受託実績が豊富にあり、社会貢献にも力を入れていることからも、サポート体制に定評があります。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることができます。

ゆり
業界ごとに専門のコンサルタントがいるなら安心できそうですね!
佐々木
そうですね。

私が人材業界の企業で働いていた時も、『パソナキャリア』のサポートの質の高さは有名でしたね。

パソナキャリアはサポート体制も業界トップクラスなので、転職に不安のある人にオススメです。

パソナキャリアの補足情報

東京の求人案件数

  • 総求人数:21199件
  • 公開求人数:17449件
  • 非公開求人数:3750件

◎主な対象者
・10代/20代/30代/40代/50代
・既卒/第二新卒/中退/フリーター/女性/エグゼクティブ
などすべての方におすすめ

◎パソナキャリア東京支店の所在地
・東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル14F
→JR東京駅 丸の内北口 徒歩約1分/丸の内地下中央口より地下道にて直結

◎関連記事
パソナキャリアって評判が悪いって本当?|断られたという口コミなども500人から検証

4.マイナビエージェント|20代の信頼度No. 1のエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は、20代からの信頼度No.1の転職エージェントです。

東京のマイナビエージェントの公開求人3746件のうち、求人数の多いの職種・業種を見てみると下記のような割合になっています。

マイナビエージェントの紹介職種
  • SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット):4割
  • 経営/企画/管理/事務:3割
  • 営業職:3割
マイナビエージェントの紹介業種
  • IT/通信業界:4割
  • インターネット/広告業界/ゲーム:3割
  • メーカー/製造業:3割

マイナビエージェントのサービスコンセプトは、「転職に、親身なプレーンを。」です。

転職市場を知り尽くしたエージェントとして、圧倒的な専門性を持って多くの求職者をサポートしています。

特に20代の求職者からの信頼は厚く、若手や未経験者歓迎の求人案件も数多く保有しています。

ゆり
一つ気になったのですが、ほかのエージェントと比べて求人数が少なくないですか?
佐々木

よく気がつきましたね!実は、マイナビエージェントの保有している求人は、約8割が非公開求人なんです。

そのため、公開求人は他と比べると少ないですが、登録した人だけが知れる優良求人案件も数多くありますよ!

マイナビエージェントの補足情報

東京の求人案件数

  • 総求人数:18452件
  • 公開求人数:3746件
  • 非公開求人数:14706件

◎主な対象者
・10代/20代/30代/40代/50代
・既卒/第二新卒/中退/フリーター/女性/エグゼクティブ
などすべての方におすすめ

◎マイナビエージェント東京支店の所在地
・東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
→東京メトロ銀座線「京橋駅」2番出口直結

◎関連記事
・マイナビの転職エージェントの評判は?500人から第二新卒・20代に強いマイナビエージェントの口コミを検証

5.ビズリーチ|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチ』はヘッドハンティング型の転職サービスです。

東京の『ビズリーチ』の公開求人32590件の内訳を見てみると…

ハイクラス向けが中心となるため、営業や事務職のマネージャクラス、エンジニア領域ではプロダクトマネージャー(PM)、サービス業でしたら、エリアマネージャー、スーパーバイザー(SV)の求人が多いです。

ビズリーチは「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」人に、おすすめの転職サービスです。

登録をしてスカウトを待つだけで、高収入のハイクラス求人を紹介してもらえますよ。

実際に『ビズリーチ』に登録している2,500人以上のヘッドハンターが「あなた」の代わりにハイクラス求人を探してくれます。

※競合になるリクルートが運営する『キャリアカーバー』のヘッドハンター数は1,000人です。

ただ、転職市場の価値が低いと求人提案をしてもらえない可能性があるので注意が必要です。

ゆり
なるほど!

キャリアに自信のある人にはオススメだけど、自信がない人にはそうではない…ということですね。

佐々木
そうですね、私の今までの経験でも、スカウトされる人とそうでない人は2極化していましたね。

ただ、キャリアに自信がある人にとっては、登録をしてスカウトを待つだけなので、手間がかからないのもポイントですよ!

『ビズリーチ』は、「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」人に、おすすめの転職サービスです。

ビズリーチの補足情報

東京の求人案件数

  • 総求人数:32590件以上
  • 公開求人数:32590件
  • 非公開求人数:非公開

◎主な対象者
・30代/40代/50代
・エグゼクティブ/ハイクラス の方におすすめ

◎ビズリーチ東京支店の所在地
・東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
→各線渋谷駅より徒歩4徒歩分

◎関連記事
ビズリーチは年収600以上が登録するべき?|500人の評判/口コミを徹底検証

6.JACリクルートメント|管理職・専門職への転職にオススメ

JACリクルートメント

JACリクルートメント』は、ハイクラス向けの転職エージェントで、管理職や専門職の求人案件を数多く保有しています。

東京のJACリクルートメントの公開求人3953件のうち、求人数の多いの職種・業種を見てみると下記のような割合になっています。

JACリクルートメントの紹介職種
  • 営業:4割
  • 技術系:3割
  • コンピューター関連:2割
  • マーケティング/商品開発:1割
JACリクルートメントの紹介業種
  • IT・通信:4割
  • 機械・自動車:3割
  • 電気/電子/半導体:3割

JACリクルーメントは、ハイクラス向けの転職エージェントで、外資・グローバル企業の案件も数多く持っているので、海外への転職も実現できるエージェントです。

特に英語など語学力を活かして仕事をしたい!という方にもおすすめですし、TOEIC800点以上の求人、日系企業の海外駐在特集なども取り上げており、人気の高い求人を数多く保有しています。

ゆり
今英語を使って仕事をしたい!って人たくさんいますもんね!
佐々木
そうですね。

ただハイクラス向けのエージェントであり、年収500万円以下の方は登録を拒否される傾向もあるので注意してください。

JACリクルーメントの補足情報

東京の求人案件数

  • 総求人数:3953件以上
  • 公開求人数:3953件
  • 非公開求人数:非公開

◎主な対象者
・10代/20代/30代/40代/50代
・既卒/第二新卒/中退/フリーター/女性/エグゼクティブ
などすべての方におすすめ

◎JACリクルーメント東京支店の所在地
・東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング14階
→東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町駅」 A9出口より徒歩2分

◎関連記事
・JACリクルートメントは使うべき?500人の評判・口コミと成功者の例を徹底解説!

東京に面談拠点がない大手転職エージェントも登録すべき理由

ゆり
求人数が少なくても、東京に特化したエージェントだけに登録すれば十分じゃないですか?

地域に密着したエージェントの方が丁寧にサポートしてくれそうだし..

佐々木
良い質問ですね!

実際に、多くの転職志望者からそのような相談を受けます。

しかし、あなたが転職活動で失敗したくなければ、

必ず大手転職エージェントにも登録すべきなんです!

大手人材会社を使うべき理由
  1. 優良求人と出会える可能性が高くなる
  2. 選考通過率を上げるノウハウが充実

理由1:優良求人と出会える可能性が高くなる

大手の総合転職エージェントは大手の優良求人を数多く保有しています。

それゆえ、地方に拠点がある上場企業や福利厚生が充実した優良企業が見つかりやすいです。

なので、東京で転職をする際も、必ず大手の転職エージェントに登録しましょう!

より良い求人と出会える可能性が必然的に高くなりますよ。

理由1
優良求人と出会える可能性が高くなる

理由2:選考通過率を上げるノウハウが圧倒的に充実している

大手転職エージェントは「選考を通過するためのノウハウ」が圧倒的に充実しています。

これは日本全国に拠点があり、豊富な転職実績をもつ大手転職エージェントならではのメリットです。

東京に特化した転職エージェントだけではノウハウやサポート面で不安が残るため、

大手転職エージェントを併用して、地域特性に左右されない転職ノウハウを手に入れましょう!

理由2
選考通過率を上げるノウハウが充実
ゆり
なるほど!

たしかに、地域に特化したエージェントだけじゃなくて、

大手の転職エージェントにも登録した方がよさそうですね!

佐々木
そうですね。

転職活動の遠回りを避けるためにも

大手の転職エージェントを上手く活用しましょう!


ここまで、東京のおすすめ転職エージェント6選を紹介しました。

ここで一度、おさらいをしておきましょう!

東京で登録するべきエージェント6選
  1. 『リクルートエージェント』|圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. 『doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!
  3. 『パソナキャリア』|サポート重視や初めて転職する方にオススメ
  4. 『マイナビエージェント』20代の信頼度No. 1のエージェント
  5. 『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス
  6. 『JACリクルートメント』管理職・専門職への転職にオススメ
ゆり
この中から最低3社ですよね!
佐々木
はい!

もし、迷っているという方はリクルートエージェント、doda、パソナキャリアに登録をしておけば間違いないです!

登録自体は3分で、費用は無料なのでまずは気軽に登録してみてくださいね。

リクルートエージェント

業界No.1の『リクルート』は、非公開求人数17万件以上あり、どんな状況の人にもオススメのエージェントです。

doda

リクルートとの併用率は97%!業界No.2の規模を誇る『doda』に登録して「あなたにピッタリな求人」を逃さないようにしましょう!

パソナキャリア

『パソナキャリア』は各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、丁寧なサポート体制が特徴的です。

佐々木
ここで併用するべき特化型エージェントも、念のため紹介しておきますね。
状況/目的別エージェント

転職エージェント登録後の利用の流れ

佐々木
ここで転職エージェントを利用する流れを頭に入れておきましょう!

転職エージェントの利用の流れは、基本的にはどこのエージェントでも下記のような内容になっています。

  • STEP.1
    WEBサイトから転職エージェントに登録
    転職エージェントに登録をする女性 担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
  • STEP.2
    登録後、コンサルタントと面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。
  • STEP.3
    担当コンサルタントと面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
  • STEP.4
    担当コンサルタントから求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。 
  • STEP.5
    履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
  • STEP.7
    書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら進めていきましょう。 
  • STEP.8
    内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 
ゆり
えっ…!
転職エージェントってこんなにサポートしてくれるんですね!
佐々木
実はそうなんです!
だからこそ、転職を成功させるうえで、転職エージェントの存在はかなり大きいんです!

転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、

市場価値の無い人と判断されたりすると…

サポート全てにマイナス影響が出てしまいます。

具体的には…

良い求人を紹介してもらえない、書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、担当コンサルタントと良い関係を築くことが転職を成功させる鍵なんです。

佐々木
次からは転職エージェントを最大限活用する方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

転職エージェントを200%活用する10のポイント

ゆり
よし!私にピッタリの転職エージェントに登録完了!

あとは待ってるだけで、希望の会社に転職できるのかな?

佐々木
受け身のまま何もしないと、いつまで経ってもあなたの希望の求人とは出会えませんよ!

なので、ここからは「転職エージェントを最大限活用して、転職を成功させる方法」を解説していきますね。

エージェントをフル活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

だからこそ、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

活用方法2
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

(3)エージェントの活用方法:メールの返信など、細かい約束を守る

メールの返信や書類提出等の細かい約束は守りましょう!

なぜなら、約束を守ることがキャリアドバイザーからの信頼を得ることに繋がるからです。

また、違った視点で考えると…

キャリアアドバイザーと、良い関係を築けない=紹介企業と良い関係が築けないと判断される場合もあります。

だからこそ、メールの返信や書類提出等の期限を守り、エージェントとの良好な関係を築きましょう。

活用方法3
メールの返信など、細かい約束を守る

(4)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法4
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(5)エージェントの活用方法:2週間に1度は求人紹介(スカウトメール等)を依頼する

定期的に求人紹介を依頼しましょう。この時に、具体的な希望と一緒に伝えるのがポイントです。

なぜなら、転職エージェントは連絡履歴が最新の求職者を優先的に対応するからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向が強く、

連絡をしていないと後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

活用方法5
2週間に1度は求人紹介を依頼する

(6)エージェントの活用方法:キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、切り替えて他社の転職エージェントを頼るのもいいでしょう。

佐々木
念のため、担当変更のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、
転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、
何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6
キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

(7)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法7
書類選考の際の推薦文は確認する

(8)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法8
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(9)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法9
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

(10)エージェントの活用方法:希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

なかなか希望の求人を紹介してもらえない場合はハローワークも視野にいれてみてください。

求人掲載が無料のハローワークでは、転職エージェントが保有していない企業の仕事情報も多数あります。

転職エージェントのような手厚いサポートは期待できませんが、希望の求人が見つかるかもしれませんよ。

東京のハローワーク一覧

所 名所 在 地管 轄 区 域
ハローワーク飯田橋〒112-8577
文京区後楽1-9-20 飯田橋合同庁舎内1~5階
千代田区・中央区・文京区・大島町・八丈町・利島村・新島村・神津島村・三宅村・御蔵島村・青ヶ島村
ハローワーク上野〒110-8609
台東区東上野4-1-2
台東区
ハローワーク品川〒108-0014
港区芝5-35-3
港区・品川区
ハローワーク大森〒143-8588
大田区大森北4-16-7
大田区
ハローワーク渋谷〒150-0041
渋谷区神南1-3-5
渋谷区・世田谷区・目黒区
ハローワーク新宿〒163-1523
新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワービル23F
新宿区・中野区・杉並区
ハローワーク池袋〒170-8409
豊島区東池袋3-5-13
豊島区・板橋区・練馬区
ハローワーク王子〒114-0002
北区王子6-1-17
北区
ハローワーク足立〒120-8530
足立区千住1-4-1 東京芸術センター6~8階
足立区・荒川区
ハローワーク墨田〒130-8609
墨田区江東橋2-19-12
墨田区・葛飾区
ハローワーク木場〒135-8609
江東区木場2-13-19
江東区・江戸川区
ハローワーク八王子〒192-0904
八王子市子安町1-13-1
八王子市・日野市
ハローワーク立川〒190-8609
立川市緑町4-2 立川地方合同庁舎 1~3階
立川市・国立市・小金井市・昭島市・小平市・東村山市・国分寺市・東大和市・武蔵村山市
ハローワーク青梅〒198-0042
青梅市東青梅3-12-16
青梅市・福生市・ あきる野市・羽村市・西多摩郡
ハローワーク三鷹〒181-8517
三鷹市下連雀4-15-18
三鷹市・武蔵野市・西東京市・東久留米市・清瀬市
ハローワーク町田〒194-0022
町田市森野2-28-14 町田合同庁舎1階
町田市
ハローワーク府中〒183-0045
府中市美好町1-3-1
府中市・稲城市・多摩市・調布市・狛江市
活用方法10
転職エージェントで上手くいかなければハローワークへ行く

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントをフル活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

正社員転職のために抑えておきたい東京の求人動向

ゆり
転職エージェントを最大限活用する方法もわかったので、あとは行動するのみですね!
佐々木
はい!ここまでくれば、失敗の確率は大きく下がっているはずですよ。

ですが、最後に念のため、東京の転職市場の傾向も確認しておきましょう!

これで、あなたの”後悔のない転職”は保証されたも同然です!

東京の労働に関する特徴

日本の首都である東京は、平成29年10月時点で最低賃金「958円」となっており、全国1位の数字を維持しています。

また、ビジネスに関する多種多様な職種が集まっている東京では、企画営業やルートセールスなど、企業の活性化を担う「営業系」の求人が多いのが特徴です。

日本を代表する多くの企業が東京都内に本社を構えており、一般事務や経理、法務、営業アシスタントなどの事務職の求人も多く集まっています。

佐々木
それでは、東京で転職をする際に、最低限抑えておきたいポイントを3つまとめたので確認しておきましょう!
東京の3つのポイント
  1. 地域別の有効求人倍率
  2. 東京都全体の賃金水準
  3. 東京都にある上場企業

(1)東京の特徴:地域別の有効求人倍率

なかなか転職活動が決まらない人や、転職に自信が無いという人は、東京の有効求人倍率を確認するのもポイントです!

なぜなら、実は同じ東京でも地域によって有効求人倍率が違うからです。

実際に10個の地域に分けて東京の有効求人倍率を比較してみました。

飯田橋

・有効求人倍率:4,08倍

上野

・有効求人倍率:2,10倍

品川

・有効求人倍率:7,02倍

渋谷

・有効求人倍率:2,78倍

新宿

・有効求人倍率:1,83倍

池袋

・有効求人倍率:1,33倍

足立

・有効求人倍率:0,75倍

墨田

・有効求人倍率:0,71倍

八王子

・有効求人倍率:0,70倍

町田

・有効求人倍率:0,52倍

出典:厚生労働省東京都労働局 関東市場圏職種別有効求人・求職情報(平成30年3月)https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/

ゆり
なるほど!

同じ東京によっても、地域によって転職の難易度が違うということですね!

佐々木
はい!

そのため、転職活動が上手くいかない人は、有効求人倍率が高い地域を見ましょう!

(2)東京の特徴:賃金水準について

東京で求人を探す際には、まず年収相場を把握しましょう。

年収相場と、求人案件の年収を比較することで、それが“良い求人かどうか”を判断することができます。

以下では、東京で正社員として就業している20~59歳までの平均年収を、関東地方全域の都道府県と比較してみました。

年収相場から見る、東京の関東地方での位置付け

東京の年収金額

doda調べを引用)

ゆり
東京の平均年収は452万なんですね!
佐々木
そうですね!

この平均年収を把握してから、東京の求人を見ていきましょう!

(3)東京の特徴:東京都に本社がある上場企業

東京の優良企業に就職したいなら、東京に本社がある上場企業に就職するのがおすすめです!

東京に本社を置く上場企業は、地元地域への貢献意欲が高く、比較的に条件の良い求人も多いです。

実際に東京に本社を持つ、東証一部上場企業、及び、JASDAQ上場企業を10社ピックアップしてみました。

企業名住所
タマホーム株式会社東京都港区高輪3丁目22番9号
東急建設株式会社東京都渋谷区渋谷1丁目16番14号
株式会社パナソグループ東京都千代田区丸の内1丁目5番1号
クックパッド株式会社東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号
森永製菓株式会社東京都港区芝5丁目33番1号
カルビー株式会社東京都千代田区丸の内1丁目8番3号
サッポロホールディングス株式会社東京都渋谷区恵比寿4丁目20番1号
株式会社伊藤園東京都渋谷区本町3丁目47番10号
株式会社ローソン東京都品川区大崎1丁目11番2号
株式会社三越伊勢丹ホールディングス東京都新宿区新宿5丁目16番10号
ゆり
あっ!名前を聞いたことある会社もありますね!
佐々木
そうでしたか!

優良求人を探したい人は、まずはこれら企業の募集状況を確認してみましょう!

まとめ:東京の転職エージェントに登録するなら?

東京で転職活動をする際には、東京に合った転職エージェントを活用しましょう。

東京で登録するべきエージェント6選
  1. 『リクルートエージェント』|圧倒的な求人数で転職業界No.1
  2. 『doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!
  3. 『パソナキャリア』|サポート重視や初めて転職する方にオススメ
  4. 『マイナビエージェント』20代の信頼度No. 1のエージェント
  5. 『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス
  6. 『JACリクルートメント』管理職・専門職への転職にオススメ

最低3社以上に登録し、あなたに合ったキャリアアドバイザーを見つけることで、転職活動の失敗確率を大幅に減らすことができます。

ここまでの内容をまとめると、以下の通りです。

大手人材会社を使うべき理由
  1. 優良求人と出会える可能性が高くなるから
  2. 選考通過率を上げるノウハウが充実しているから
エージェントをフル活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ
東京の3つのポイント
  1. 地域別の有効求人倍率
  2. 東京都全体の賃金水準
  3. 東京都にある上場企業
ゆり
東京のおすすめ転職エージェントを教えてくださり、ありがとうございました。

まずは、リクルートエージェント、doda、パソナキャリアの3社に登録してみます!

佐々木
いいですね。

求人案件はリクルートエージェントとdodaを参考にしつつ、

パソナキャリアで実践的な転職サポートを受けるという感じですね。

まだ、迷っているという方は以下の3社に登録をしておけば、間違いないです!

登録自体は3分で、費用は無料なのでまずは気軽に登録してみてくださいね。

 

リクルートエージェント

業界No.1の『リクルート』は、非公開求人数17万件以上あり、どんな状況の人にもオススメのエージェントです。

doda

業界No.2の規模を誇る『doda』を、リクルートと併用して「あなたにピッタリな求人」を逃さないようにしましょう!

パソナキャリア

『パソナキャリア』は各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、丁寧なサポート体制が特徴的です。

佐々木
最後に併用するべき特化型エージェントも、念のため紹介しておきますね。

希望の業界がある方は、特化型エージェントを併用して情報を集めるのも成功への近道ですよ。

状況/目的別エージェント