評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

dodaの評判は悪い?500人の口コミや2ch裏事情から利用すべきか検証

dodaの口コミ・評判

佐々木
こんにちは!
転職アドバイザーの佐々木(@sasaki_recruit)です!
『doda(デューダ)』は、パーソルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)が運営する転職エージェントサービスです。

業界最大手のリクルートエージェントに次いで、第2位の実績があるdodaですが、実際に利用するとなると評判や口コミが気になりますよね。

しかし、すでにネット上ある多くの情報は素人がネット上から拾い集めたものをまとめたものばかりで、調査に誤りや偏りがあるように思えます。

そこで今回は、これまで数百人の転職を成功させてきた私が…

信頼できる500人の生の評判・口コミや2ch・Twitterなどネット上の書き込みを元に、dodaの良い点も悪い点も、すべて紹介していきます!

この記事でわかること
  • dodaの実際の利用者の評判・口コミ
  • 他の転職エージェントと比較したdodaのメリット・デメリット
  • 転職のプロが語るdodaの裏事情
  • dodaを200%活用する賢い使い方

今回この記事を書くにあたり「doda」についての評判を、年齢・性別・業界を問わず、500人以上の幅広い層の方を対象に徹底的に調査をし、偏りのない生の評判・口コミを集めました。

さらに、私が独自のネットワークで収集した転職エージェント業界の裏事情も含めて検証を重ねたので、これを読めば「あなたがdodaを本当に使うべきかどうか」自信を持って決断できるようになりますよ!

【2018年】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
リクルートエージェント』【11月申込数No.1
業界最大手で転職実績No.1!転職成功者の93%が登録! 20代〜30代向けホワイト求人多数!リクルートと併用で成功率UP
doda
求人数20万件で、どの年代の方にもおすすめ
評判・口コミの集め方
この記事では、信頼性が高い評判・口コミを参考にするため…

私の人事や転職エージェントの経験と併せて、Yahoo!知恵袋やTwitter、2ch(5ch)、実際の相談者のリアルな声を集めました。

良い評判・口コミだけでなく、悪い評判・口コミも載せているので、しっかり参考にしてくださいね。

ゆり
ドゥーダかぁ、「条件は、今よりいい会社。以上。」ってやつですよね。DUDAは最近よくテレビCMや電車の広告で見たことがあります!
佐々木
正しい読み方は「doda(デューダ)」ですよ。

業界第2位というだけあって、人気も知名度も高いみたいですね!

dodaの総合評価|転職成功率89%!まず登録すべき転職エージェント

最初に、合計500名の評判・口コミを見てわかった…

「dodaの評価」をお伝えします!

dodaの評価
求人数
(4.5)
求人の質
(4.0)
サポート体制
(4.0)
提案力
(4.5)
総合評価
(4.5)

評判・口コミの調査結果から得られたdodaの良い評判・悪い評判をまとめると以下の通りでした。

dodaの評判
dodaの良い評判8つ

  1. 求人数が多く、選択肢に困らない
  2. 地方や地元での転職にも強い
  3. 女性の転職に強い
  4. IT・エンジニア、営業・サービスの求人が多い
  5. 面接対策・書類添削など実践的なサポートに定評あり
  6. キャリアアドバイザーによるメンタルサポートも充実
  7. Webサイトが使いやすく、スカウトサービスも好評
  8. 業界トップクラスの無料セミナーが素晴らしい

dodaの悪い評判2つ

  1. 質が低い案件もある
  2. 質の低いアドバイザーも存在する

評判・口コミを調査したところ、業界最大手の「リクルートエージェント」には及ばなかったものの、dodaは総じて高評価でした。

そのため、dodaは…

  1. 書類選考や面接など実践的なサポートをしてほしい人
  2. 地方で転職(U・Iターン転職)したい人

のような、失敗せずに転職したい人に間違いなくおすすめの転職エージェントです!

ゆり
dodaの強みは、求人件数の多さ実践的なサポートにあるんですね!
佐々木
はい!

最大手のリクルートエージェントは対応が事務的という口コミもちらほら見かけたので、

親身になって具体的なアドバイスをしてほしい人はdodaを利用してみると良いと思います!

dodaは3分程度で登録でき、費用は一切かからず完全無料です。

そのため『もし相性が合わなければ他社を利用すればいい!』と考えて、気軽に相談することをオススメします!

doda登録のポイント

doda公式サイトhttps://doda.jp/

dodaは転職エージェントサービスのほかに人材派遣サービスも扱っています。そのため、ごくまれに間違ったURLから登録してしまい、正社員ではなく派遣社員として転職を進めてしまっていた…ということも。

正社員の転職を目指している人は上記にある公式サイトのURLから間違えないように登録しましょう。

※このページ内で紹介しているのはすべてdodaの正社員転職エージェントサービスです。

dodaの8つのメリットを良い評判・口コミから検証

500名の評判・口コミによればdodaには以下8点のメリットがあることがわかりました。

dodaのメリット
  1. 求人数が多く、選択肢に困らない
  2. 地方や地元での転職にも強い
  3. 女性の転職に強い
  4. IT・エンジニア、営業・サービスの求人が多い
  5. 面接対策・書類添削など実践的なサポートに定評あり
  6. キャリアアドバイザーによるメンタルサポートも充実
  7. Webサイトが使いやすく、スカウトサービスも好評
  8. 業界トップクラスの無料セミナーが素晴らしい

それでは、実際の利用者の口コミを参考に、dodaのメリットが実際にあなたの転職活動にどのように役立つのか見ていきましょう。

メリット1:求人数が多く、選択肢に困らない

dodaは約2万件以上の公開求人と約10万件以上の非公開求人を扱っており、その数は業界No.1の『リクルートエージェント』にも負けていません。

dodaリクルートエージェントパソナキャリアエンエージェント
公開求人48,252件33,969件約1,000件非公開
非公開求人193,008件180,748件29,774件約15,000件
合計241,260件214,717件約30,774件非公開

dodaとリクルートエージェントが求人数では他社を圧倒していることがわかりますね。

dodaはその圧倒的な求人数からもわかる通り、大手企業や外資系企業のほか、ベンチャー企業や中小優良企業など幅広い求人を取り扱っています。

評判・口コミでもdodaの圧倒的な求人件数を評価する意見が多く、リクルートエージェントよりも求人の出し惜しみをしないとの声もありました。

また、リクルートエージェントよりもdodaの方が中小優良企業の求人案件が豊富という声も多かったです。

幅広い選択肢を提示してくれる
営業→マーケティング
dodaの総合評価:★★★★★5

私は4社の転職エージェントを併用しましたが、求人の量・情報はdodaが圧倒的でした。メールで求人を提案してくれるのも、良いサービスだなと思いました。異業種の求人も幅広く見てみたかった私にとっては、dodaの転職サービスには大変お世話になりました。最終的には営業からマーケティングに転職し、収入こそ下がりましたが、仕事内容・環境は充実しており満足しています。

(20代後半・男性・年収400万台)出典:転職相談

数が多いから条件の合う求人が見つかる
広告代理店→広告代理店
dodaの総合評価:★★★★☆4

dodaは大企業だけでなく、中小の優良企業の求人も多数保有していました。そのため、条件に合った希望の求人を探しやすかったです。

他社では提案されなかった、求人も多数提案していただけましたし、担当のキャリアコンサルタントによる求人の説明もダントツでわかりやすかったです。

また、業界トップクラスの求人数というだけあり、転職に関するノウハウも豊富でした。

(30代前半・男性・年収500万台)出典:転職相談

dodaは出し惜しみせずに数多くの求人情報を提示してくれるので、自分に合った幅広い選択肢を確認したい方にはおすすめです。

メリット1
求人数が圧倒的に多く、幅広い選択肢を提示してくれる
ゆり
さすがdoda!求人数・提案力に関しては文句のつけようがないですね!

一つ質問なんですが、非公開求人ってなんですか?

佐々木
非公開求人とは転職エージェント登録者にしか公開されていない求人のことで、

転職エージェントが扱う求人の8割から9割は非公開求人となっているんです。

優良求人が非公開な理由
応募ばかり増えても、すべてがマッチングできるわけではありません。

転職希望者の働き方や年収など条件を踏まえて、その方に最適な求人情報を提供するためにあえて求人を非公開にしているんです。

ハローワークや求人サイトで自力で探しても、なかなかいい求人に出会えないのはこのためです。

また、企業は求人情報を公開すると、競合他社に様々な情報が知られてしまいます。さらに取引先や従業員に不安を抱かせないためといった企業側の事情も非公開である理由の一つです。

ゆり
なるほど…。

自力で転職活動しても、非公開求人にはたどり着けないってことですね…。

佐々木
公開されている中にも優良求人はありますが、

多くの優良企業は非公開で求人を出していますし、

独占求人という特定のエージェントでしか扱っていない求人もあるので、

失敗したくないのであれば転職エージェントに任せるのがおすすめですよ!

メリット2:地方や地元での転職にも強い

dodaは全国各地の大企業や中小企業の求人案件を豊富に保有しているため、地方の転職にも強いです。

doda(デューダ)の地方転職(Uターン転職・Iターン転職)

また、東京(丸の内)本社のほかに、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡の全国9ヶ所に拠点を持っているため、面談へのアクセスも良いです。

佐々木
電話面談も可能なので「足を運ぶのはめんどくさい…」という方も、まずは電話で相談してみましょう!

地方の優良ホワイト企業への転職(U・Iターン転職)を考えている人はぜひ登録してみてください。dodaのメリットをより感じることができると思いますよ!

メリット2
地方や地元での転職にも強い

メリット3:女性の転職に強い

女性の転職にも強いdoda

dodaでは女性の転職にも力を入れており、『女性のための合同転職面談会』など女性のキャリアアップイベントを開催しています。

doda女性のための合同転職面談会

合同転職面談会では、産休・子育てやキャリアアップなどライフスタイルに応じてあなたが活躍できる企業を紹介してもらえます。

女性の転職の悩み

また、dodaでは女性キャリアアドバイザーが女性に特化した面接対策や書類添削のサポートをしてくれます。

doda公式サイト

https://doda.jp/

女性で転職を考えている人は、dodaのほかに、女性の転職に強い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すれば高確率で理想の転職を実現できますよ!

メリット3
女性の転職にも強い

メリット4:IT・エンジニア、営業・サービスの職種の求人が多い

dodaの求人案件はITやエンジニア、営業・販売・サービスの職種が多く、経験者は有利に転職を進めることができます。

dodaの紹介企業の職種・業種

dodaの紹介職種

  • 営業職・企画・管理:3.5割
  • 技術職(エンジニア・機械・電気):3割
  • 技術職(建設・建築・不動産・プラント・工場)1.5割
  • 販売・サービス職:割

dodaの紹介業種

  • メーカー(機械・電気):3割
  • 建設・プラント・不動産:2割
  • IT・通信:1割
  • メーカー(素材・科学・食品・化粧品・その他):1割
  • インターネット・広告・メディア:0.7割

もしIT・エンジニアや営業、販売・サービス職を希望するのであれば、dodaで非公開求人を紹介してもらいつつ…

IT転職で最も実績のある『ワークポート』やIT・営業職の豊富な『リクルートエージェント』を併用するのがおすすめです!

メリット4
IT・エンジニア、営業・サービスの職種の求人が多い

メリット5:面接対策・書類添削など実践的なサポートに定評あり

dodaは、書類選考に通りやすい職務経歴書の書き方受かりやすい面接対策など、転職における実践的なアドバイスにも定評があります。

というのも、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており、

「どうすれば転職活動がうまくいくのか」

「どのような書類を書けば選考に通過しやすくなるのか」

といった具体的なテクニックについての知識が他の転職エージェントより洗練されているからです。

ただし、のちほどデメリットで説明しますが、dodaはキャリアアドバイザーによって業界知識や専門ノウハウのレベルに違いがあります

これは事業規模の大きい大手転職エージェントでは仕方のないことなので、専門のエージェントを分野別に配置している『JACリクルートメント』や業界に特化した中小エージェントなどを上手く併用して補いましょう。

実践的なテクニックが身につく
営業→広告代理店
dodaの総合評価:★★★★☆4

職務経歴書の内容をもとに得意分野の話題にもっていき、面接を有利に進める方法など、実際の面接で役立つテクニックをたくさん教えてくださりました。

担当のキャリアコンサルタントの方に頂いたA4の『面接テクニック集』を練習しまくったおかげで、なんとか希望の会社の内定をもらうことができました。

(20代前半・男性・年収400万台)出典:転職相談

佐々木
dodaの面接対策は特に好評で、「どんな順序でどのように何を伝えれば好印象なのか」「人事はどういった人を評価するか」など実践的なテクニック以外に企業側の裏事情も教えてくれますよ!
メリット5
書類選考・面接対策など実践的サポートで内定率アップ

メリット6:キャリアアドバイザーによるメンタルサポートも充実

dodaのキャリアアドバイザーは親身に寄り添ってサポートしてくれたという口コミも数多く見受けられました。

転職活動をしているとメンタルがすり減っていくことも多いです。

ただ、転職を成功させるのに最も大事なのは『気持ち』です。

dodaのキャリアアドバイザーは転職希望者の『気持ち』が結果的に転職成功に直結することを理解しているため、やさしく親身なサポートを提供してくれます。

メリット6
キャリアアドバイザーによるメンタルサポートも充実

メリット7:Webサイトが使いやすく、スカウトサービスも好評

dodaのWebサイトでは、非公開求人を含む12万件以上の求人案件のうち、約5万件の公開求人を検索することができます。

サイト自体も使いやすく、希望の求人案件が調べやすいです。

dodaは求職者を第一に考えたサービスづくりをしているため、サポート同様に利用者に優しいWebサイトとなっています。

佐々木
多くの転職エージェントはWebサイトに力を入れていないので、使いにくいところが多いんですよね…

また、dodaのスカウトサービスは登録しておくことをおすすめします。

dodaのスカウトサービス

スカウトサービスはデメリットでも説明しますが、大量のメールがくるため、中には「うざい」「迷惑」と感じる人もいるようです。

しかし、スカウトサービスで提案される企業の中には優良企業も含まれています。

さらに、書類選考なしで面接を受けられる特別制度もあるため、有利に転職を進めていくことができます。

dodaのスカウトサービス・オファーの種類
メリット7
Webサイトが使いやすく、スカウトサービスも好評

メリット8:業界トップクラスの無料セミナー・転職フェアが素晴らしい

dodaに登録すると、毎週1〜3回程度開催されているセミナーに完全無料で参加することができます。

dodaのセミナーでは、「職種別の面接準備セミナー」といった一般的なものはもちろん、起業・スタートアップセミナーといった独立希望者に向けたセミナーも人気です。

運営元であるパーソルキャリア株式会社(旧:インテリジェンス)は独立する社員が多いことでも知られており、セミナーにOBの方が登壇することもあるようです。

メリット8
業界トップクラスのセミナーに無料で参加できる

dodaの2つのデメリットを悪い評判・口コミから検証

500人の評判・口コミから、以下のようなデメリットがわかりました。

dodaのデメリット
  1. 質が低い求人案件がまぎれこんでいる
  2. 専門知識レベルが低いキャリアアドバイザーも存在する

それぞれ、悪い評判・悪い口コミなどを参考に説明していきます。

デメリット1:質が低い求人案件がまぎれこんでいる

求人件数の多さはメリットとして評価する人が多かったのですが、求人の量が膨大なだけに中には質が悪いものもあるという声もちらほら…。

特に自動送信で送られてくるメールで紹介されている求人案件は名前の知られていない企業が多く、大手企業に転職を目指している人には物足りないかもしれません。

求人の質はイマイチ
法人営業→法人営業
dodaの総合評価:★★☆☆☆2

面接対策や担当のキャリアコンサルタントの質は素晴らしかったが、求人の質はイマイチ。

特に自分でWeb上で検索できる求人情報では、無名の中小企業が多く掲載されており、自分の探している求人を見つけるのに苦労した。また、年収・待遇ともに悪い企業もいくつか見受けられた。

そのため、Web上で探すのではなく、キャリアコンサルタントに求人を紹介してもらったほうがいいと思います。それでも大手志望の方には物足りないかも?

(30代前半・女性・年収500万台)出典:転職相談

デメリット1
量は多いが、質の低い案件も…
スカウトサービスは利用すべき?

dodaには『スカウトサービス』というのものが存在し、これに登録すると企業から大量のスカウトメールが届きます。

裏事情を少し話すと、dodaは企業側に「◯◯という条件の方にオファーを1000通送信するので、△△円でいかがでしょうか?」という取引をしています。

基本料金は1通10円ほどですが、条件を絞ると徐々に値上げされていき、より条件を満たした求人にアプローチできるという仕組みです。

大量のスカウトメールに対しては「しつこい」「うざい」といった口コミもありましたが、中には優良企業の求人情報が流れてくる可能性もあるので、面倒がらずに登録することをおすすめします。

なお、企業側にあなたの「氏名」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」といった個人情報は公開されていませんので、安心してご利用ください。

デメリット2:専門知識レベルが低いキャリアアドバイザーも存在する

職務経歴書や面接対策など、転職活動に必要な実践アドバイスにはとても高い評価が多かったのですが、業界知識や専門的なノウハウについてはキャリアアドバイザーによってレベルが違うという声も多くありました。

ただし、アドバイザーによって専門知識のレベルに違いがあることは、事業規模の大きい大手総合転職エージェントではよくあることです。

とはいえ、案件は圧倒的に多いので、業界ごとの専門的なアドバイスは[jacrecruitmant-link]『JACリクルートメント』[/jacrecruitmant-link]や業界に特化した中規模エージェントなどを上手く併用して補いつつ、転職はdodaで進めるのがおすすめです。

JACリクルートメント公式:http://www.jac-recruitment.jp/

doda公式:https://doda.jp/

専門知識がないのは仕方ないかも…
エンジニア→SIer
dodaの総合評価:★★★☆☆2

私はエンジニアなのですが、担当のキャリアコンサルタントのIT業界への理解が足りない印象を受けました。

技術職・専門職の方は希望の業界に特化した転職エージェントを利用し、そこでアドバイスをもらいつつ、求人数の多いdodaで希望の条件の求人案件を探すというのがいいかと思います。

(30代前半・男性・年収500万台)出典:転職相談

デメリット2
業界の専門的な知識には弱い
dodaの裏事情

キャリアアドバイザーはそれぞれ専門分野があるものの、専門性よりも幅広い知識を重視している

公式ページのキャリアアドバイザーの経歴をチェックしたので、調査結果をご報告します。

やはりキャリアアドバイザーは担当の業界出身というわけではなく、キャリアアドバイザーになってから担当の専門分野について学んでいる方が多い印象でした。

確かに、転職エージェント社内ではノウハウを共有や専門知識を学ぶための研修なども行われていますが、専門知識の深いサポートとなると物足りなさを感じる場合もあると思います。

特に、アンケートでは、営業・販売・企画・サービス・不動産・金融よりも、

IT・Web・エンジニア・メディカル・モノづくりなど専門性の高い業界での転職を希望している人が物足りなさを感じていました。

しかし、『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』など他の大手総合転職エージェントもdoda同様に、専門知識レベルの低いキャリアアドバイザーは存在します。

「頼りにならないな…」と感じた場合は、担当を変更してもらうか、他の転職エージェントを併用することをおすすめします。

転職エージェントdodaの利用をおすすめしたい人

dodaがおすすめな人
  1. 転職をする全ての人
  2. 転職するのがはじめての人
  3. 過去に転職で失敗した経験のある人
  4. 書類選考や面接など実践的なサポートをしてほしい人
  5. 地方で転職(U・Iターン転職)したい人
doda業界トップクラスの求人数と、実践的な転職ノウハウを保有しているため、転職を検討している全ての方におすすめです。

特に、転職するのが初めての人や過去に転職で失敗した経験のある人は、ぜひ一度dodaに相談して、実践的な転職活動のスキルを鍛えてもらってみてください!

転職の失敗確率を最小限に抑えて、きっと希望の転職を実現できますよ!

とはいえ、「質の低い求人案件もある」「担当キャリアコンサルタントの専門性に不安が残る」といった悪い評判もあるため、他社エージェントとの併用でその点を補いましょう。

佐々木
転職に成功した人は平均して5社以上の転職エージェントに登録していました!
dodaと併用すべきエージェント
  1. 『リクルートエージェント』|業界No.1で、dodaとの併用率93%
  2. 『パソナキャリア』|サポート重視で、初めて転職する方にオススメ
  3. 『JACリクルートメント』|外資系・ハイクラスの求人が豊富
  4. 『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラスエージェント
  5. 『DYM』|第二新卒で転職する人にオススメ
  6. 『マイナビエージェント』|20代で、中小企業含め幅広く検討したい方向け
  7. 『ワークポート』|IT・Web業界を希望している方にオススメ
20代はマイナビエージェントがおすすめ

もしあなたが20代であれば、マイナビエージェントと併用することをおすすめします。

近年、マイナビエージェントは20代に向けて体制を強化しており、20代からの口コミ・評判が一気に良くなっています。

まずは一度試しに相談してみて、相性があえばサポートを受けてみましょう。

マイナビエージェント公式https://mynavi-agent.jp

どの転職エージェントも登録は3分ほどで完了するので、気軽に登録してみてください。

登録後は「転職を検討中で、どのような案件があるのか知りたい。また、職務経歴書や面接についてのアドバイスをいただきたい。』ということを伝えて、担当者とキャリア面談をしてみましょう。

もちろん、どの転職エージェントも費用は完全無料でお金は一切かかりません。

佐々木
複数のエージェントに気軽に登録してみて、合わなければ他社を利用する、というのが転職成功への近道ですよ!

dodaの悪い評判からわかった、利用すべきでない人

佐々木
業界最大手のため、不向きな人はいません。

強いて言うと、特定の業界などを検討している人は、dodaと併せて、その業界に特化した転職エージェントに登録することをおすすめします。

dodaを最大限フル活用する9のポイント

以下ではdodaを最大限活用するためのポイントを紹介します!

業界内の裏事情など、あなたが転職を有利に進められる活用テクニックを説明しているので、ぜひ参考にしてください。

エージェントをフル活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

だからこそ、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

活用方法2
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

(3)エージェントの活用方法:メールの返信など、細かい約束を守る

メールの返信や書類提出等の細かい約束は守りましょう!

なぜなら、約束を守ることがキャリアドバイザーからの信頼を得ることに繋がるからです。

また、違った視点で考えると…

キャリアアドバイザーと、良い関係を築けない=紹介企業と良い関係が築けないと判断される場合もあります。

だからこそ、メールの返信や書類提出等の期限を守り、エージェントとの良好な関係を築きましょう。

活用方法3
メールの返信など、細かい約束を守る

(4)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法4
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(5)エージェントの活用方法:2週間に1度は求人紹介(スカウトメール等)を依頼する

定期的に求人紹介を依頼しましょう。この時に、具体的な希望と一緒に伝えるのがポイントです。

なぜなら、転職エージェントは連絡履歴が最新の求職者を優先的に対応するからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向が強く、

連絡をしていないと後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

活用方法5
2週間に1度は求人紹介を依頼する

(6)エージェントの活用方法:キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、切り替えて他社の転職エージェントを頼るのもいいでしょう。

佐々木
念のため、担当変更のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、
転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、
何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6
キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

(7)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法7
書類選考の際の推薦文は確認する

(8)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法8
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(9)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法9
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

エージェントをフル活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
佐々木
なにも知らずに一人で行うと無駄や失敗の多い転職活動ですが、上手くdodaを活用すると失敗率を最小限に抑えて、満足できる転職が可能ですよ!

まとめ:dodaは評判・口コミの良いおすすめ転職エージェント!

専門知識レベルの低さなどデメリットはありますが、総合評価も『リクルートエージェント』に次いで2位、案件の量やサポートに関しても高い評価を得ているため、dodaは転職活動をするすべての人に胸を張っておすすめできます。

中でも、初めて転職をする方や、これまでに転職失敗経験のある方はdodaで実践的なアドバイスをもらい、転職活動の基本を学ぶと良いと思います。

また、dodaのデメリットである業界の専門知識を補うために以下のエージェントも併用して、失敗しない転職活動をしましょう!

dodaと併用すべきエージェント
  1. 『リクルートエージェント』|業界No.1で、dodaとの併用率93%
  2. 『パソナキャリア』|サポート重視で、初めて転職する方にオススメ
  3. 『JACリクルートメント』|外資系・ハイクラスの求人が豊富
  4. 『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラスエージェント
  5. 『DYM』|第二新卒で転職する人にオススメ
  6. 『マイナビエージェント』|20代で、中小企業含め幅広く検討したい方向け
  7. 『ワークポート』|IT・Web業界を希望している方にオススメ

最後にこの記事の内容を振り返っておきましょう。

dodaの評判
dodaの良い評判8つ

  1. 求人数が多く、選択肢に困らない
  2. 地方や地元での転職にも強い
  3. 女性の転職に強い
  4. IT・エンジニア、営業・サービスの求人が多い
  5. 面接対策・書類添削など実践的なサポートに定評あり
  6. キャリアアドバイザーによるメンタルサポートも充実
  7. Webサイトが使いやすく、スカウトサービスも好評
  8. 業界トップクラスの無料セミナーが素晴らしい

dodaの悪い評判2つ

  1. 質が低い案件もある
  2. 質の低いアドバイザーも存在する
dodaがおすすめな人
  1. 転職をする全ての人
  2. 転職するのがはじめての人
  3. 過去に転職で失敗した経験のある人
  4. 書類選考や面接など実践的なサポートをしてほしい人
  5. 地方で転職(U・Iターン転職)したい人

doda公式ページhttps://doda.jp/