評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

DYM就職の評判|転職エージェント利用者500人の口コミや2chの悪評を徹底調査

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木(@sasaki_recruit)です!

転職エージェント『DYM就職』への登録を検討する際に…

「DYM就職の就職支援って、評判・口コミはどうなの?」

「フリーター・ニート歴の長い20代後半だけど、本当に就職成功するの?」

などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり
実際にネットでも検索しているのですが、何が本当の情報か判断がつかなくて…
佐々木
そうですよね、実際に転職に関わってきた私から見ても…

すでにネット上ある多くの情報は素人がネット上から拾い集めたものをまとめたものばかりで、調査に誤りや偏りがあるように思えます。

実際に間違った評判や口コミに惑わされると…

就職が遠回りになってしまう可能性も。

そこで今回は、数百人の転職を成功させてきた私が…

信頼できる500人の利用者の評判・口コミを元に、『DYM就職』の良い評判も悪評も、すべて紹介していきます!

この記事を読めば、あなたが『DYM就職』を本当に使うべきかどうか、自信を持って決断できるようになりますよ!

DYM就職の公式情報

◎DYM就職の公式HP
https://www.dshu.jp/

◎DYM就職の利用者が多く登録中!
『リクルートエージェント』
公式サイト:https://www.r-agent.com/
人材業界No.1であるため、志望業種や業界に関わらず、就職活動を始める全ての人にオススメの転職エージェントです。
☆関連記事:リクルートエージェントの評判|500人の良い/悪い口コミを徹底検証

今回この記事を書くにあたり『DYM就職』についての評判を、年齢・性別・業界を問わず、500人以上の幅広い層の方を対象に徹底的に調査をし、偏りのない評判・口コミを集めました。

さらに、私が独自のネットワークで収集した転職エージェント業界の裏事情も含めて検証を重ねた『DYM就職』の情報をお伝えしていきます!

評判・口コミの集め方
この記事では、信頼性が高い評判・口コミを参考にするため…

私の人事や転職エージェントの経験と併せて、Yahoo!知恵袋やTwitter、2ch(5ch)、実際の相談者のリアルな声を集めました。

良い評判・口コミだけでなく、悪い評判・口コミも載せているので、しっかり参考にしてくださいね。

転職エージェントDYM就職の総合評価|フリーターやニートにもおすすめ!

転職エージェントのDYM就職支援

株式会社DYMが運営する『DYM就職(元:ミーツエージェント)』は、未経験・第二新卒をターゲットにした転職エージェントです。

もともと株式会社DYMは2003年の設立後、新卒向けの求人紹介や入社後の研修サービスを請け負っていました。

そこで獲得したノウハウや人脈を活かして、未経験・第二新卒の就職支援サービスとしてつくられたのがDYM就職です。

既卒や第二新卒だけでなく、フリーター・ニート・中卒・高卒など社会人経験の少ない人も対象としているのが他の転職エージェントとの違いです。

採用実績は5000人で、就職率96%、離職率3%という企業と求職者のマッチング精度の高さもDYM就職の人気の理由です。

利用者500人の評判・口コミの調査結果から得られた『DYM就職』のメリット・デメリットをまとめると以下の通りでした。

メリット・デメリット
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 面談拠点が全国に7箇所あるため地方の就職もOK
  • 採用までのスピードが早い
  • アドバイザーの質が高い
  • 未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち
  • 職歴・学歴に自信がある人には向かない

評判や口コミから調査したところ、DYM就職は就職経験のない人や第二新卒に圧倒的な強みを持つので、下記の人におすすめの就職エージェントになります。

DYMがおすすめの人
  • 20代から30代前半の方(18歳から35歳まで登録可能)
  • 未経験からチャレンジしたい第二新卒
  • 前職を短期間で退職した方
  • 正社員経験がない20代フリーター・既卒
  • 就職経験がない20代・30代前半のニートの方
  • 東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台でサポートを受けられる方
  • ホワイト企業で働きたい中卒・高卒・大学中退・専門卒の人

ただ、サポートの質は担当者によって異なるため、次のエージェントを併用して、あなたの転職を有利に進めていきましょう。

DYMと併用するべきエージェント

それでは、これから『DYM就職』のメリット・デメリットをしっかり説明していきますね。

DYM就職の公式サイト
https://www.dshu.jp/

DYM就職の3つのメリットをいい評判・口コミから検証

実際の利用者500人の評判・口コミによれば『DYM就職』には以下5点のようなメリットがあることがわかりました。

DYM就職のメリット
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 面談拠点が全国に7箇所あるため地方の就職もOK
  • 採用までのスピードが早い
  • アドバイザーの質が高い
佐々木
それでは、評判・口コミを参考に、『DYM就職』のメリットが実際にあなたの転職活動にどのように役立つのか見ていきましょう!

メリット1:職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ

DYMは書類選考なしで企業面接まで進める

DYM就職では、一般的な就職活動には必須の書類選考・一次選考が組み込まれていないため、企業の人事の方や社長と直接最終面接をすることが可能です。

『書類審査なし』で、いきなり面接まで進める理由はDYM就職のマッチング力の高さにあります。

DYM就職では、キャリアアドバイザーが応募者の希望をきちんとヒアリングして、企業とのミスマッチを防いでいるため、離職率は3%という実績があります。

そのため、企業側がDYM就職を信頼し、『書類選考なし』が可能となっているんです。

佐々木
書類審査なしというのは本当にすごいことなんです!

通常の転職活動における、書類審査の通過率は20%程度と言われており、80%はその時点で落とされてしまいます。

その『書類審査という壁』をスキップして面接まで進めるため、職歴・学歴に自信のない人でも採用されやすいんです!

佐々木
いくつか、『書類審査なし』に関する評判を見てみましょう。
高卒フリーターでも採用された!!
アルバイト→営業
DYM就職の総合評価:★★★★☆4

1年半くらい正社員を目指して転職活動していましたが、いつも書類審査で落とされていました。

就活のイベントで知り合った人に「DYM就職は書類審査ないよ」と教えてもらい、さっそく登録してみました。

ずっとフリーターだったので、特に誇れるものもなく、履歴書や職務経歴書を書くのは苦痛だったんで、ありがたかったです。

内気な僕ですが、担当者さんからは僕に合った求人をたくさん紹介していただき、登録から1ヶ月後には内定をいただきました。担当者さんには面接から入社後の研修まで親身にサポートしてくれて感謝でいっぱいです。

(27歳・男性・年収400万円台)出典:転職相談

ニートでも正社員に
無職→IT事務
DYM就職の総合評価:★★★★★5

2週間前に登録して、先日無事に内定をいただくことができました。恥ずかしながら、新卒で入社した会社を2年足らずで辞めてからずっとニートでした。このままではいかん!と思い就職活動を開始して、ハローワークや職業訓練校にいってみましたが、私には向いていなかったのか、うまくいきませんでした。

転職エージェントも、他にハタラクティブジェイックに登録しましたが、100社以上応募して、どれも書類選考落ち…。まあ確かに28歳ニートだし、やっぱり無理なのかな…と思っていました。

でもDYMに登録したところ、2週間であっさり2社から内定をもらい、ITベンチャーで事務職として働くことに。書類選考カットはニート・無職の方におすすめです。

担当の方には企業ごとに『過去にどんな人が採用された、逆にどんな人が不採用になったか』を教えていただけたので、対策しやすかったです。担当の男性のキャリアアドバイザーはちょっと体育会っぽかったですが、結果的に満足しています。

(28歳・女性・年収350万円台)出典:転職相談

佐々木
フリーターやニートの人でも就職に成功している人はたくさんいます!

実際に、DYM公式サイトにも、

Q 就職経験が無いのですが面談可能でしょうか?

A もちろん可能です。面談させていただき、どのような職業が合うのかを一緒に考え、一人ひとりに合った求人をご紹介させていただき、内定までサポートさせていただきます。

と記載されています。

ただ、口コミにあったように、就職相談にくるフリーターやニートの方は

  • 履歴書・職務経歴書の書き方がわからない
  • 空白期間やフリーター期間に負い目を感じている
  • 就活を始めたけど、書類審査に通らない

といった悩みを抱いていることもあります。

しかし、『DYM就職』では『書類選考なし』で企業の面接担当者に直接会って、やる気や性格など魅力的な部分をアピールできるため、自分の過去に悩むことなく就職活動を進められます!

ゆり
たしかに、学歴・職歴がなくても、仕事ができる人はいるし、

実は性格・やる気のほうが大事なのかも…。

佐々木
そうですね。

DYM就職では就職希望者の経歴に関わらず、「いかにその会社と合っているか」を見て提案してくれるので満足度はとても高いです!

メリット1
書類選考なしで企業面接に進める

メリット2:第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に

DYM就職はフリーター・ニート・第二新卒・既卒におすすめ

「未経験歓迎の求人」「研修制度が充実している求人」「新規プロジェクト立ち上げに伴う求人」など経験のない人でも活躍できる求人が揃っています。

また、未経験の事情を理解しているキャリアアドバイザーが、丁寧にヒアリングし、「求職者の希望・スキル」と「企業が求める人材」をうまくマッチングさせてくれます。

通常、転職エージェントでは、キャリアアドバイザー1人が10人以上の転職希望者の対応をするのですが、DYM就職では、数人のみに限定して丁寧に対応してくれるのも特徴です。

そのため、DYM就職は、フリーター・ニート・第二新卒・既卒の方にはピッタリの転職エージェントといえます!

佐々木
面接で役立つ実践的なテクニックや、服装指導など、個人個人に丁寧に対応してくれるため、圧倒的な就職成功率を維持できているんです。

特に社会人歴の浅い方は、面接で「常識があるか」というところを見られるので、こうしたサポートは非常に効果的です。

フリーターやニート、社会人経験のない既卒の方や、仕事を1年以内に退職した第二新卒の方などは一般的には採用されにくいですが、DYM就職利用者の96%が正社員就職に成功しています!

1年未満の転職理由も上手く説明すれば大丈夫!
事務→事務
DYM就職の総合評価:★★★★☆4

大学を卒業して入った会社がいわゆるブラック企業で、長時間のサービス残業を強いられていました。離職率も高く、先輩たちが次々にやめていました。

ついに耐えられなくなり、先輩に教えてもらったDYM就職に登録しました。担当の女性キャリアアドバイザーには現在の仕事の状況・事情など、親身に相談にのっていただき、「1年足らずで転職をする理由」などネガティブなことをポジティブに言えるよう面接練習に付き合ってくれました。

大手のdodaやリクルートエージェントに比べると求人数は少ないですが、結局、担当の方に提案していただいた、残業のないITベンチャーの事務が私の性格に合ってると思い、そこに決めました。

前職の退職時にできるだけ円満退職ができるようにと、担当のキャリアアドバイザーの方が尽力してくださり、転職活動以外の不安も取り除いてくれました。

就職率96%・離職率3%というだけあります。満足の行く結果となり大変感謝してます。

(23歳・女性・年収400万円台)出典:転職相談

ゆり
うーん…。96%の実績といっても、知らない会社とかブラック企業が多そうな気もしてちょっと不安です…。
佐々木
たしかに、「フリーター・ニートでもOK」と聞くと不安になりますよね…笑

でも安心してください。DYM就職ではサービス残業などのない優良企業(ホワイト企業)しか紹介していません。

求職者の中にはブラック企業を退職した方も多いため、キャリアアドバイザーはそういった事情も理解して求人を提案してくれます。

また、DYM就職では有名企業の求人も多いです。

実は、大手優良企業では中高年が多く、若手が少ない傾向にあるんです。特に最近は若者の意見を取り入れないと大手でも経営が危うくなる危険性も…。

そのため、可能性のある若手の『ポテンシャル採用枠』を設けているんです。

大卒、高卒、大学中退など学歴で判断しない求人も多いので、学歴に自信のない人でも優良企業を狙えます。

中には、セブンイレブンやサイバーエージェント、U-NEXTといった一部上場企業・ベンチャー企業も !

DYM就職の紹介企業例
DYM就職の求人例
  • サイバーエージェント
  • U-NEXT
  • セブンイレブン
  • mouse
フリーターから上場企業に
フリーター→営業
DYM就職の総合評価:★★★★★5

バンドで売れるという夢を諦めきれず、就活せずに、大学卒業後もコンビニでバイトしながら音楽活動を続けていました。

そんな生活を3年続けましたが、周りの友達は社会人で、自分はバンドで売れないままただのコンビニ店員。このままじゃやばいと思い就職活動をすることにしました。

就職成功率は高すぎだし、ちょっと胡散臭いと思いながらもDYM就職と、ほか4社の転職エージェントに登録。

5社に複数登録して、面接対策が充実しているところ、求人数の多いところ、などそれぞれ特色が違ったので、うまい感じにすべて利用できてよかったです。

最終的に1ヶ月ちょっとで、DYMに紹介してもらった会社に内定をもらい、そこに行くことにしました。フリーターだった自分が誰でも知ってる上場企業に就職するとなって、両親も喜んでました。

自分にはDYM就職は利用する価値のあるエージェントだったと思います。

(25歳・男性・年収600万円台)出典:転職相談

ただし、ポテンシャル枠は企業によって採用数が決まっています。優良求人であればあるほど、早いもの勝ちになってしまうので、その点は注意が必要です。

佐々木
優良企業・有名企業の求人を掴むコツは、いますぐ転職エージェントに登録することです。

登録後、面談に足を運び、「条件の良い求人が来たら連絡をください」と担当者に依頼しておきましょう。

DYM就職公式サイト:https://www.dshu.jp/

メリット2
第二新卒・既卒・フリーター・ニートなど未経験に強い

メリット3:面談場所が全国7拠点にあるため地方の就職にも強い

DYM就職の受付

DYM就職は、面談拠点が全国の主要都市にあるため、地方の就職にも強いです。

DYM就職の面談拠点住所
東京東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル 3F
大阪大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 16F
名古屋名古屋市中村区名駅1丁目1番1号 JPタワー名古屋 12階
福岡福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル6階
札幌札幌市北区北7条西4丁目-1-2 KDX札幌ビル1階
広島オフィスではなく駅周辺の面談会場
仙台オフィスではなく駅周辺の面談会場

関東・関西のみではなく、地方にも各都市に拠点があり、地方求人にも強いため、地元での就職やUターン・Iターン就職にも最適です。

地方に窓口があるのは嬉しい
フリーター→事務
DYM就職の総合評価:★★★★☆4

私は北海道に住んでいます。大手のリクルートエージェントやdodaなどは北海道支店もあるのですが、第二新卒に特化した転職エージェントは近くにはあまりありませんでした。

なので、電車で行ける範囲に面談拠点のあるDYM就職はありがたかったです。紹介してもらえる求人も地元の札幌付近のものも多く助かりました。

大学卒業後に入社した会社をパワハラで半年で辞めていたのですが、書類選考なしで、面接でこれまでの話を聞いてくれて、私にピッタリの会社に入社できました。

(26歳・女性・年収300万円台)出典:転職相談

メリット3
面談拠点が全国に7箇所あるため地方の就職にも強い

メリット4:採用までのスピードが早い

DYMでのキャリア面談→書類選考なしで企業面接→内定という手順で採用が進むため、登録から採用までのスピードが非常に早いです。

そのため、「急遽1週間後には就職しなきゃいけない!」といった相談にも対応できます!

中には、キャリア面談に訪れた日に、私服で企業面接に参加し、そのままその日のうちに採用されたという方もいました。

最短1日というのはレアな例ですが、登録後に電話で「なるべく早く就職したい」と伝えれば他のエージェントではありえないスピードで就職することが可能です!

メリット4
採用までのスピードが早い

メリット5:アドバイザーの質が高い

dym就職のキャリアアドバイザー

DYM就職のキャリアアドバイザーは業界知識が豊富なだけでなく、相談者に親身に丁寧な対応をしてくれると評判です。

一風変わった経歴のキャリアアドバイザーの方も多いので、経歴や学歴に自信がない人に対しても、不安や悩みを理解して的確なアドバイスをしてくれます。

アドバイザーの経歴

例1:大手とベンチャーの両方を経験
パソナキャリア6年→DYM

例2:フリーターから正社員を経験
フリーター→ジムトレーナー→DYM

例3:公務員と民間企業、両方に詳しい
国立大→養護教諭の専門学校→公務員と悩んでDYMへ

また、全体として営業力も高いので、自信がない就職希望者でも、しっかり企業に売り込んでくれるので安心です。

メリット5
アドバイザーの質が高い

ここでもう一度メリットについて振り返っておきましょう。

DYM就職のメリット
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 面談拠点が全国に7箇所あるため地方の就職もOK
  • 採用までのスピードが早い
  • アドバイザーの質が高い

メリットの次はデメリット面もお伝えしていきますね。

どんなに優秀な転職エージェントでも悪評は必ずあります。しっかりデメリットを把握して、そこを補う対策をたてましょう。

DYM就職の公式サイト:https://www.dshu.jp/

DYM就職の2つのデメリットを悪い評判・2chの口コミから検証

500人の評判・口コミや2ch(5ch)・Twitterなどネット上の口コミから、以下のようなデメリットがわかりました。

デメリット
  • 未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち
  • 職歴・学歴に自信がある人には向かない

それぞれ、悪い評判・悪い口コミなどを参考に説明していきますね。

デメリット1:未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち

DYM就職の紹介業界・紹介業種・紹介企業規模
DYM就職の紹介業界
  • 1位:IT
  • 2位:不動産
  • 3位:システム
  • 4位:メーカー
  • 5位:人材
DYM就職の紹介業種
  • 1位:営業職
  • 2位:エンジニア
  • 3位:販売・サービス
  • 4位:企画・マーケティング
  • 5位:事務・管理

未経験歓迎の求人が多いということもあり、企画・事務・医療・クリエイティブなどは他の転職エージェントより求人数が少ない傾向にあります。

業種は限られるので、別のエージェントにも登録すべき
中卒フリーター→IT(正社員)
DYM就職の総合評価:★★★☆☆3

これまでアルバイトとして働いてきた中卒です。趣味でWebデザインや動画をつくったりしていました。そろそろ正社員として転職したいと思い、2chやみんしゅうに就職偏差値が高いという口コミのあったDYMに登録しました。

学歴には自信がないので、書類選考がないのはありがたかったですが、僕が就職したかったクリエイティブ系やマーケティングの求人は少なかったです。まあ、未経験からのクリエイティブ系などはそもそも少ないのかもしれませんが…。

やっぱり求人数でいうとdoda、あとサポートが丁寧だったのは『リクルートエージェント』ですね。DYM就職は未経験からのWebエンジニアを目指すにはかなりいいとは思いました。

(24歳・男性・年収400万円台)出典:転職相談

ゆり
未経験をメインターゲットにしているだけあって、どんな職種にも就職できるというわけではないんですね。
佐々木
たしかにある程度の経験が必要な、企画やクリエイティブなどは難しいです。

とはいえ、職種は限られてしまいますが、経験のない人でも書類審査なくスムーズに入社できるのはやはりDYM就職ならではの魅力です。

また、他の第二新卒向けエージェントである『就職Shop』『ハタラクティブ』と比較しても、未経験エンジニアの求人が多いので、IT系企業を希望される方には特におすすめです。

デメリット1
未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち

デメリット2:職歴・学歴に自信がある人には物足りない?

『書類審査なし』というのは、これまでの経歴に自信がない人にはメリットですが、経歴を活かして転職したい人にはデメリットとなります。

なぜなら、書類で判断されないため、面接で直接伝えるしかないからです。

面接では人柄や常識などを重視されるため、学歴・職歴・スキルを評価してほしい人には、他の転職エージェントの方が満足できるかもしれません。

サポートは積極的だけど、私には合わなかった
IT→IT
DYM就職の総合評価:★★☆☆☆2

サポートは積極的で良いと思います。まあ、ちょっとグイグイ感というか、体育会っぽさはあったかもしれません。ただ、書類選考なしというだけあって、学歴・スキルを伝えきれないまま面接が終わってしまうことが多かったです。

これまでいい大学も出て、エンジニアとしてスキルを重ねてきたので、人柄だけでなくそういったところをもっと伝えたかった…と思ってしまいました。結局私は『リクルートエージェント』で提案された企業に入社しました。

書類選考が苦手とか、異業種に未経験で就職するとかならDYMが向いてるかもしれません。一応、3社くらいには登録して求人みたほうがいいとは思います。

(27歳・女性・年収500万円台)出典:転職相談

若くて職歴なしの人向け

行ってたことあります。

ここはホント、まだ若くて(30未満)フリーターしか職歴なし・ブランク大きい って人のためのところですよ。

出典:2ch(5ch)

佐々木
キャリアアップを目指す人の満足度は高くなさそうでした。

転職エージェントにも得意な分野・不得意な分野があるため、自分に合ったエージェントを利用しましょう!

DYM就職は、社会人経験の少ない人向けですが、ニート・フリーターの就職成功率は圧倒的です!

デメリット2
職歴・学歴に自信がある人には物足りないかも…

ここで『DYM就職』のメリット・デメリットを振り返っておきましょう。

メリット・デメリット
  • 職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも96%が正社員に
  • 面談拠点が全国に7箇所あるため地方の就職もOK
  • 採用までのスピードが早い
  • アドバイザーの質が高い
  • 未経験歓迎の求人が多いため業種は限定されがち
  • 職歴・学歴に自信がある人には向かない
佐々木
次はこれらのメリット・デメリットを踏まえた上で…

どんな人がDYM就職にオススメか?といった点を説明していきますね。

転職エージェント『DYM就職』がおすすめな人

これまでの説明を踏まえると、DYM就職は以下のような人におすすめです!

DYMがおすすめの人
  • 20代から30代前半の方(18歳から35歳まで登録可能)
  • 未経験からチャレンジしたい第二新卒
  • 前職を短期間で退職した方
  • 正社員経験がない20代フリーター・既卒
  • 就職経験がない20代後半までのニートの方
  • ホワイト企業で働きたい中卒・高卒・大学中退・専門卒の人
  • 東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台でサポートを受けられる方

反対に、派遣や契約社員、アルバイト・パートの仕事を探している人や、30代後半以降の人には向いていません。

ゆり
DYM就職は未経験で就職したい人にはピッタリですね!
佐々木
はい!

一応20代後半までとありますが、30代ニート・無職でも就職事例はあるので、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

それでは、次にDYM就職の利用の流れをご紹介します。

DYM就職の利用の流れ
  1. 会員登録
  2. カウンセリング
  3. 企業の案内・面接対策(=担当との面談)
  4. 企業との面接
  5. 内定
DYMと併用するべきエージェント
  • STEP.1
    WEBサイトからDYM就職に60秒で登録
    転職エージェントに登録をする女性 担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。就職失敗率を最小限に抑えるためにもDYM就職以外に2社ほど登録しておくと安心です。

  • STEP.2
    登録後、カウンセリングで面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。 
  • STEP.3
    担当コンサルタントとの面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件についてヒアリングが実施されます。
  • STEP.4
    担当コンサルタントによる企業案内
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで2000件以上の非公開求人の中からあなたの条件にあった求人や、その企業の詳細情報を知ることができます。あなたに合った社風・雰囲気の企業を見つけましょう。 
  • STEP.5
    企業面接に向けて面接対策の実施
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
  • STEP.6
    希望する企業への応募
    志望する企業に書類選考を応募する女性 企業との強いパイプがあるため、書類選考はありません。さらに、志望する企業に応じた、よく聞かれる質問・面接の傾向なども教えてくれるので、効率的に面接対策できます。
  • STEP.7
    書類選考なしで、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。担当からのアドバイス通り、あなたのことを面接官に伝えましょう。 
  • STEP.8
    内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 
ゆり
書類選考なしというのは、スムーズでいいですね!
佐々木
いきなり面接に進めるので、1週間で内定を貰う人もいますよ!

DYM就職を最大限活用する5つのポイント

ゆり
よし!登録完了!

あとは待ってるだけで、希望の会社に転職できるのかな?

佐々木
受け身のまま何もしないと、いつまで経ってもあなたの希望の求人とは出会えませんよ!

なので、ここからは「DYM就職を最大限活用して、転職を成功させる方法」を解説していきますね。

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

(1)DYM就職の活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)DYM就職の活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法2
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(3)DYM就職の活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法3
書類選考の際の推薦文は確認する

(4)DYM就職の活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法4
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(5)DYM就職の活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法5
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

転職エージェント『DYM就職』のよくある質問

以下では、DYM就職のよくある質問【Q&A】をまとめてみました。

利用料金は?

最初から最後まで完全無料で利用できます。

30代は利用できない?

35歳までは登録可能ですし、就職事例もあります。

ただし、未経験歓迎の求人は主に10代・20代向けのものが多いため、30代の方は30代向けの転職エージェントも併用することをおすすめします。

→30代におすすめの転職エージェント

バイトすらしていないニートでも正社員になれる?

バイト経験のない無職・ニートの方でも、正社員に就職した事例は数多くあります。

登録後に担当者に相談してみてください。

大手企業に就職できる?

一部上場企業、トップベンチャー企業などブラック企業を徹底的に排除し、優良求人が2000件揃っています。

一度、キャリアアドバイザーとの面談に足を運んでみてください。

キャリアアドバイザーとの面談時の服装は?

スーツでなくてもOKです。ラフな服装で、筆記用具を持参しましょう。

できれば、Tシャツに膝の出る格好などは避け、シャツなどを着てオフィスカジュアルな服装がベストです。

面談後に面接対策をしてもらう際には、スーツを着用していくと面談時の服装指導など細かいアドバイスをしてもらえます。

キャリアアドバイザーを変更できる?

キャリアアドバイザーは変更可能です。

合わないな、と感じた場合はそのままにせず、その旨をメールや電話で報告しましょう。

キャリアアドバイザーが合わない場合のために、リクルートエージェントやdodaなど3社以上の転職エージェントに登録しておくと安心です。

登録後に求人紹介の電話・メールがしつこいって本当?

基本的にしつこい電話はきませんが、日程調整や良い求人があった際の緊急度が高い場合に電話がかかってくることが多いです。

万が一、電話が迷惑と感じたら、誠意を持ってその旨をしっかりお伝えすれば問題ないです。

退会方法

DYM就職のマイページにログインして、登録内容の確認・変更ページから会員登録の解除(退会)をしましょう。

なお、2年間一度もログインしない場合、会員登録が消される場合があるので、注意しましょう。

まとめ|『DYM就職』はフリーター・ニート・第二新卒・既卒が登録必須の転職エージェント

『DYM就職』はフリーター・ニート・第二新卒・既卒の方におすすめの就職支援サービスです。

書類選考なしで、定着率の高い企業へ96%が就職できるというのはDYM就職のメリットと言えます。

2000件以上ある求人案件は100%が正社員求人で、未経験歓迎のものも多いです。

フリーターや第二新卒の就職支援をしている転職エージェントはたくさんありますが、ニートに特化しているところはDYM就職以外になかなかありません。

自分の過去に自信を持てない人は、DYM就職で自信の持てる未来をつくっていきましょう!

DYMと併用するべきエージェント
DYMがおすすめの人
  • 20代から30代前半の方(18歳から35歳まで登録可能)
  • 未経験からチャレンジしたい第二新卒
  • 前職を短期間で退職した方
  • 正社員経験がない20代フリーター・既卒
  • 就職経験がない20代後半までのニートの方
  • 東京・大阪・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台でサポートを受けられる方
  • ホワイト企業で働きたい中卒・高卒・大学中退・専門卒の人
佐々木
あなたが良い転職を実現できるように応援しています!