転職エージェントおすすめランキング13選

JACリクルートメントの評判の真実|利用者500人の本音口コミを検証

この記事でお伝えできること
  • JACリクルートメントの総合評価と評判
  • メリット・デメリット
  • 利用がおすすめな人の特徴
  • 活用するためのポイント
  • よくある質問
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

『JACリクルートメント』への登録を検討するときに…

「JACリクルートメントの評判・口コミってどうなんだろう?」

「JACリクルートメントって登録した方がいいのかな?」

…と悩むのではないでしょうか?

この記事では、JACリクルートメントの利用者500人以上の評判・口コミを比較してわかった、

JACリクルートメントの総合評価・メリット・デメリットを紹介していきます!

この記事を読めば、あなたがJACリクルートメントに登録すべきかどうかが分かりますよ!

評判・口コミについて
この記事では、Twitterや2ch(5ch)での評判のほか、「キャリア」「年収」「業界」問わず転職経験者にアンケートを実施し、信頼性の高い評判・口コミを集めました。

さらに、私の転職アドバイザーとしての経験や、転職エージェントとの繋がりを活かして、業界内部の裏事情も記事に反映しているので安心して参考にしてください。

JACリクルートメントは高収入・ハイキャリアの人におすすめ|500人の評判と他社比較からわかった真実

JACリクルートメントの公式 【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、年収600万円以上のハイクラス向けで、転職市場価値が高い人におすすめの転職エージェントです。

市場価値が高い人とは、次の特徴に当てはまる人です。

JACリクルートメントに登録すべき人
  • 仕事で結果を出していて、より高い年収・条件で働きたい人
  • 高学歴(早慶上同・旧帝大)の人
  • TOEIC700以上や特定スキルなどがある人
  • 海外勤務経験・マネジメント経験がある人
  • 最低でも現時点で年収600万円以上の人
  • 専門スキルを持っている人
  • グローバル企業へ転職を考えている人
  • 外資・大手・ベンチャーの経営幹部などエグゼクティブ志望の人
佐々木

500人の評判・口コミを調査して分かった、JACリクルートメントの総合評価と強みは次の通りです

JACリクルートメントの評価
評価項目詳細コメント
総合評価評判/口コミ|★★★★☆
ハイキャリア向け転職では実績No.1!キャリアに自信のある方におすすめ!
求人の質と量評判/口コミ|★★★★
少なめ。しかし、JACにしかない独占求人が多数あり。
コンサルタントの提案力評判/口コミ|★★★★
提案力の高さは魅力!ハイクラスに特化しているため、優秀な担当者が多い。
サポート体制評判/口コミ|★★★
事務的な対応をされることがある。
JACリクルートメントの良い評判・口コミ
  1. 年収600万円以上の高収入・ハイクラス求人が豊富
  2. キャリアアドバイザーの質が高い
  3. 外資系企業・海外進出企業への転職に強い
  4. 両面体制のため、提案力が高い
ゆり

JACリクルートメントは、高収入のハイクラス求人が多く、キャリアアドバイザーの質が高い転職エージェントなんですね!

佐々木
そうなんです!

しかし、評判・口コミはたくさんあるので、悪いものもありますよ。

JACリクルートメントの悪い評判・口コミ
  • ある程度のキャリアがないと案件を紹介されない
  • サービスが画一的で、対応が事務的
  • キャリアアドバイザーの変更が多い
  • 両面体制ゆえに、多少強引に誘導がある可能性も
ゆり
なるほど…JACリクルートメントは、対応が事務的だったり、強引に誘導されることがあるんですね。
佐々木

そうなんです…

ですが、JACリクルートメントは自分に合っていることを確認して利用すれば、転職が成功するおすすめの転職エージェントです。

評判・口コミをもとに分かった、JACリクルートメントを利用するのがおすすめな人はこちらになります!

JACリクルートメントに登録すべき人
  • 仕事で結果を出していて、より高い年収・条件で働きたい人
  • 高学歴(早慶上同・旧帝大)の人
  • TOEIC700以上や特定スキルなどがある人
  • 海外勤務経験・マネジメント経験がある人
  • 最低でも現時点で年収600万円以上の人
  • 専門スキルを持っている人
  • グローバル企業へ転職を考えている人
  • 外資・大手・ベンチャーの経営幹部などエグゼクティブ志望の人

ここまでで、「JACリクルートメントが自分に合っているかも…!早速使ってみたい!」と思った人は、登録してみてください!

それでは、JACリクルートメントのメリットから詳しくお伝えしていきますね!

JACリクルートメントのメリット|評判・口コミの分析結果

佐々木

それでは、評判・口コミからわかるJACリクルートメントのメリットをお伝えします。

具体的には、次の4つがメリットと言えるでしょう。

JACリクルートメントのメリット
  1. 年収600万円以上の高収入・ハイクラス求人が豊富
  2. キャリアアドバイザーの質が高い
  3. 外資系企業・海外進出企業への転職に強い
  4. 両面体制のため、提案力が高い

それぞれ、評判・口コミと合わせて確認していきましょう。

メリット1:年収600万円以上の高収入・ハイクラス求人が豊富

JACリクルートメントは、質の高いハイクラス求人を数多く保有しているため、キャリアアップを実現することが可能です。

JACリクルートメントだけでしか保有していないハイクラス求人も多いので、登録すれば高収入の優良求人に出会える確率が上がります!

佐々木

実際、利用者の中には、新卒時には落ちた憧れの企業に転職した方もいました!

また、ハイクラス求人が多いということもあり、経験豊富な30代以上の転職実績が多いことも特徴です!

メリット2:キャリアアドバイザーの質が高い

JACリクルートメントのキャリア面談や面接対策は、利用者から特に高い評価を獲得しています。

連絡・報告が非常に早く、転職エージェント業界内でもJACリクルートメントのコンサルタントの質の高さは有名です。

大手有名企業や外資系企業など、難易度が高い面接に関しても、これまでの経験をもとに、実践的なアドバイスをもらうことができます。

佐々木

キャリアアドバイザーは、転職成功の鍵を握っている存在なので、質の高さは重要です!

JACリクルートメントは、社内教育制度が充実していることも有名で、社内ルールも徹底して守られています。

具体的に、次の社内ルールを遵守しながら転職者をサポートしています。

佐々木

当たり前のルールに見えるかもしれませんが、これらを守れていない転職エージェントもあります。

小さなミスでトラブルを起こさないためにも、徹底してルールを守っています。

メリット3:外資系企業・海外進出企業への転職に強い

JACリクルートメントは、インターナショナルな企業文化で、独自のグローバルネットワークを持っています。

そのため、外資系企業や海外進出企業の転職支援を得意としており、これまでの経験で蓄積されたノウハウを転職者に提供しています。

佐々木

外資系企業との強固な信頼関係によって、他では見ることのできない求人も多数保有しています。

研究者やソフトウェア技術者など、特殊なスキルが求められる専門的な求人もありますよ!

メリット4:両面体制のため、提案力が高い

両面体制とは、1人の担当者が企業と転職希望者、両者の対応をする体制のことです。

「両面体制の」担当者は、求人企業の内情に詳しいため、応募先企業や業界の細かい対策までしてくれます。

また、書類審査や面接の結果に応じて、的確なフィードバックをしてくれるので、もし落ちた場合でも次の選考に活かせる能力がつきます。

さらに、両面体制のため企業担当と直接話ができるので、交渉力が高く、年収交渉も上手です。

佐々木
提示された年収より、100万円以上アップしたという口コミも多数見受けられました!
年収交渉はJACにもプラス

年収交渉は求職者だけでなく、JACリクルートメント側にも大きなメリットとなります。

なぜなら、転職エージェントは「転職した人の年収のおよそ30%を手数料として受け取り」売上を立てているからです。

そのため、求職者に高い給与条件で入社してもらえれば、企業から受け取る売上も大きくなります。


佐々木
以上が、JACリクルートメントのメリットです!
JACリクルートメントのメリット
  1. 年収600万円以上の高収入・ハイクラス求人が豊富
  2. キャリアアドバイザーの質が高い
  3. 外資系企業・海外進出企業への転職に強い
  4. 両面体制のため、提案力が高い
ゆり
転職者にとって嬉しいメリットがたくさんありますね!
佐々木

そうですね!

JACリクルートメントには紹介したメリットがあるからこそ、

これまでの転職成功実績や数多くの登録者がいるんですよ!

『JACリクルートメント』
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントのデメリット|悪い評判・口コミの分析結果

佐々木

それでは反対に、JACリクルートメントのデメリット面を確認していきましょう。

デメリットを強いてあげるとすれば、次の4つが考えられます。

JACリクルートメントのデメリット
  1. ある程度のキャリアがないと案件を紹介されない
  2. サービスが画一的で、対応が事務的
  3. キャリアアドバイザーの変更が多い
  4. 両面体制ゆえに、多少強引に誘導がある可能性も

それぞれ、評判・口コミと合わせて確認していきましょう。

デメリット1:ある程度のキャリアがないと案件を紹介されない

JACリクルートメントには、質の高い求人・ハイクラスの求人が多いため、応募するにはある程度のキャリアが必要です。

具体的には、最低でも年収600万円はないと案件をあまり紹介してもらえないという口コミが多く見受けられました。

994名無しさん@引く手あまた2017/08/07(月) 14:37:35.86ID:AM6jVJp00
JAC登録させてくれないってさw
リクルートじゃ紹介してくれて面接まで何社も行ったのになあ
出典:2ch
求人を紹介してもらえなかった

JACリクルートメントに登録しましたが、さっき現在紹介できる求人がないって連絡がきた…。

数多くの求人を持っているって書いてたし、とりあえず紹介してもらえると思ったけど、ネットとかの情報を見ると、20代とか年収が少ない人は登録を拒否されることもあるみたい。

他の転職エージェントを使うしかないか…。

(20代後半・男性・年収300万台)出典:転職相談

佐々木

JACリクルートメントの利用者の年代を見てみると、8割以上の人が30代以上となっています。

とはいえ、2割弱は20代の利用者もいるため、全ての20代におすすめできないわけではありません!

具体的に、次に当てはまる20代の人であれば、JACリクルートメント経由でハイクラス転職を実現できるかもしれません!

JACに登録すべき20代の人
  • 高学歴(早慶上理・同志社・旧帝大など)の人
  • 英語、または他言語が扱える人
  • 専門スキルを保有している人
  • マネジメントの経験がある人
  • 海外で勤務した経験がある人
佐々木

これらに当てはまる20代の人は、転職するならJACリクルートメントを活用すべきです!

あなたの希望に合わせて、ハイクラスの転職先を紹介してもらえますよ!

もしキャリアに自信の無い20代は...
20代でキャリアに自信の無い方は、次の転職エージェントがおすすめです!

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

デメリット2:サービスが画一的で、対応が事務的

サービスが画一的かつ、対応が事務的な印象を受けたという口コミも多数ありました。

実際、調査してみると次のような人から、対応が事務的だったという評判が集まっています。

口コミを投稿している人の特徴
  • 転職する意思が弱い人
  • 転職市場価値が低い人
  • 担当者への連絡が遅い人

これは、成果主義のため、登録者に優先順位をつけているからこそ集まる口コミです。

JACリクルートメントの社員の中には、高収入の人もいますが、やはり成果を出せないと年収が下がることもあります。

ノルマを達成できない場合、解雇のリスクもあるため、転職市場価値が低い人の対応はドライになるのも仕方ありません。

佐々木

利用者が多いため、市場価値をもとに優先度をつけて対応しないと売上に繋がりませんからね…。

スキルがない人・キャリアに自信がない人は、他の転職エージェントを使うことをおすすめします。

自分のスキルに自信の無い方は...
自分のスキルに自信が無い方は、次の転職エージェントがおすすめです!

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

デメリット3:キャリアアドバイザーの変更が多い

JACリクルートメントは、ひとりの人が、企業の採用担当者と求職者を担当する「両面性」でサービスを提供しています。

そのため、紹介された企業によって担当のキャリアアドバイザーが変わってしまいます。

その都度、上手く相談できればいいのですが、キャリアアドバイザー間で引き継ぎがきちんと行われないと、手間になってしまいます。

相性が良い人がすぐ変わっちゃう

JACリクルートメントは、企業ごとに担当者がいるから、毎回キャリアアドバイザーが変わる点が微妙。

毎度毎度自己紹介されるし、相性が良いと思った人にずっとサポートしてほしいと思ったけど、すぐ人変わっちゃうし。優秀な人が多い感じだったけど、人間だから相性は重要だし、誰にでも転職を任せられるわけじゃないしね。

(30代前半・女性・年収400万台)出典:転職相談

佐々木

キャリアアドバイザーの変更はデメリットに感じる人も多いですが、

合わないキャリアアドバイザーと距離が近くないのはメリットでもあります。

デメリット4:両面体制ゆえに、多少強引に誘導がある可能性も

両面体制はメリットも多いですが、デメリットも存在します。

それは、少々強引に求人を紹介されたり、担当企業に誘導しようとしたり…といった点です。

もちろん、優秀で優しいキャリアアドバイザーも多いですが、中には押しが強い人がいるのも事実です…。

しつこい印象を受けた

求人を数多く紹介してくれるのは嬉しいけど、「応募しましょう」「おすすめです」とかなんかしつこい印象を受けました。

JACさんもビジネスだから転職させたいのは分かるけど、もっと転職者の話を聞いてほしかったですね…。

(30代前半・男性・年収400万台)出典:転職相談

佐々木

もし、自分が希望しない企業への入社を強引に勧められても、流されずにきちんと断りましょう!


佐々木
以上が、JACリクルートメントのデメリットです。
JACリクルートメントのデメリット
  1. ある程度のキャリアがないと案件を紹介されない
  2. サービスが画一的で、対応が事務的
  3. キャリアアドバイザーの変更が多い
  4. 両面体制ゆえに、多少強引に誘導がある可能性も
ゆり

メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットも踏まえて登録するか考える必要がありますね。

佐々木

そうですね。次の章では、ここまで説明したメリット・デメリットを踏まえて、

どんな人がJACリクルートメントに登録すべきなのかお伝えしていきますね。

評判・口コミでわかった、JACリクルートメントがおすすめな人

佐々木
それでは、JACリクルートメントがどんな人におすすめかお伝えしていきます!

結論からお伝えすると、JACリクルートメントは転職市場価値が高い人は、必ず登録すべき転職エージェントです。

佐々木
具体的には、次の条件のいずれかを満たす人が転職市場価値が高い人に当てはまります。
転職市場価値が高い人の特徴
  • 仕事で結果を出していて、より高い年収・条件で働きたい人
  • 高学歴(早慶上同・旧帝大)の人
  • TOEIC700以上や特定スキルなどがある人
  • 海外勤務経験・マネジメント経験がある人
  • 最低でも現時点で年収600万円以上の人
  • 専門スキルを持っている人
  • グローバル企業へ転職を考えている人
  • 外資・大手・ベンチャーの経営幹部などエグゼクティブ志望の人

JACリクルートメントは、国内最大手の企業や外資系企業と太いパイプで繋がっているため、

企業が求めている人材をきめ細かく把握しており、転職者の専門性や可能性、希望などを考慮した様々なポジションの提案が可能です。

佐々木
実際、転職市場価値が高い人の中で、JACリクルートメントを使って転職した人はたくさんいます!
ゆり

実際に使った人のリアルな評判を見ると、安心して登録できますね!

佐々木

そうですね!

実際JACリクルートメントに登録すれば…

紹介した評判や口コミのように、転職に成功できる確率がグッと高まるでしょう!

ただし、先ほどお伝えしたデメリットがあるのも事実です!

JACリクルートメントのデメリットを補うためには、「複数の転職エージェントに登録する」ことをおすすめします。

複数登録することで、より多くの求人案件を見れたり、自分に合う担当者に出会える確率が高くなるので、転職の成功率も高まりますよ!

佐々木

実際に、転職成功者の9割は3社以上の転職エージェントに登録しているので、

転職を成功させたいなら複数登録は必須ですよ!

次の章では、JACリクルートメントと合わせて併用すべき転職エージェントを紹介します!

【成功率UP】JACリクルートメントと併用すべきおすすめ転職エージェント3選

佐々木

それでは、JACリクルートメントと併用すべき転職エージェントを紹介します!

先ほど紹介したデメリットを踏まえ、補うためにおすすめの転職エージェントを紹介しますね。

サービスの質を補うために併用すべき転職エージェント

対応が事務的であったり、強引に応募を勧められる可能性があるので…

サービスの質を補うために併用すべきなのは、次の3社です。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』(20代・第二新卒におすすめ)
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

引用:転職エージェントおすすめ13選|571人の評判比較ランキング【2019年最新版】

ここでは数ある大手転職エージェントのなかでも、サービスの質が高い3社をピックアップしました。

JACリクルートメントだけでも、様々な転職ノウハウを手に入れることは可能ですが、

併用することでより充実した転職サポートを受けながら、転職活動を進められますよ!

佐々木

転職活動を進める上で、転職エージェントのサービスの質は非常に大切な部分なので、

ここで紹介した3社のいずれかには、必ず登録することをおすすめします!

転職時に利用すべき3つのおすすめサイト

佐々木

また、転職の成功率を上げるためには、転職エージェントと合わせて、次の3つサイトも活用すべきです!

それぞれのサイトの特徴をお伝えします。

おすすめサイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com

リクナビNEXTは、転職業界で国内トップのリクルートグループが運営する転職サイトです。

求人数が豊富なので、「とりあえず求人だけ確認したい!」という人におすすめのサイトです。

また、リクナビNEXTには履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあり、それだけでも利用する価値があります。

おすすめサイト2:VOKERS

VORKERS

【公式】https://www.vorkers.com/

VORKERSは、社員口コミの企業評価サイトでは最大手のサイトで、転職先を決定する際の判断材料の一つとして活用しましょう。

「退職検討理由」「入社理由と入社後のギャップ」といった転職を決める前に知りたい情報を確認することができます。

口コミを書いた人の年代も表示されるので、自分と同じ世代の社員の投稿を参考にしてみるべきです。

おすすめサイト3:転職会議

転職会議の概要 【公式】https://jobtalk.jp/

転職会議は、アルバイト採用領域で強みを持つリブセンスが運営する企業口コミサイトです。

幅広い世代の投稿が多く見られ参考になることはもちろん、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、リアルな社内の雰囲気を感じられます。

企業の評判情報を幅広く集めたい方は、『VORKERS』と併用するのがおすすめです。


佐々木
以上が転職エージェントと合わせて見るべき、おすすめのサイトになります!
ゆり
これらのサイトも活用した方が良いんですね!
佐々木

そうなんです!

転職の成功率を少しでも上げたい人は、紹介したサイトも積極的に利用していくべきですよ!

次の章では、転職エージェントを利用する流れをお伝えしていきますね。

転職エージェントの登録〜転職・退職までの流れ

佐々木
転職エージェントを利用する手順は次の通りです。
転職エージェント利用の手順
  1. 会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 担当エージェントと面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類添削、面接対策
  6. 書類選考に応募
  7. 企業との面接
  8. 内定(その後、給与交渉など!)

それでは手順を詳しく説明します。

STEP.1
公式サイトから60秒で登録
転職エージェントに登録をする女性

担当エージェントと説明会の日程調整をするためにも、丁寧に情報を入力しましょう。転職失敗率を最小限に抑えるためにも複数社ほど登録しておくと安心です。

登録すべきエージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
STEP.2
登録後、面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性

メールや電話で担当エージェントから連絡が届きます。

STEP.3
担当エージェントと面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性

あなたの転職に対する希望条件、職歴についてヒアリングが実施されます。

STEP.4
担当エージェントから求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性

登録者しか見られない非公開求人や、企業の裏事情などを知ることができます。

STEP.5
履歴書・職務経歴書の添削、及び面接対策
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性

最初から最後まで完全無料でサポートを受けることができます。

STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性

早ければ3日、だいたい1週間〜2週間ほどで選考結果が出ます。

STEP.7
書類選考の通過後、企業との面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性

いよいよ個別面接です。焦らずにあなたのことを面接官に伝えましょう。

STEP.8
内定獲得後、エージェントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント

給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかり伝えましょう。


ゆり
様々なサポートしてくれるので、転職エージェントは転職に欠かせない存在なんですね!
佐々木
はい!転職を成功されるうえで、転職エージェントの存在はかなり大きいですよ!

転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されると、サポート全てにマイナス影響が出てしまいます。

具体的には、良い求人を紹介してもらえない書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

佐々木
だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、

担当コンサルタントと良い関係を築くことが転職を成功させる鍵なんです。

迷ったら登録すべき2社
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

転職エージェントの使い方を詳しく確認したい人は、下記の記事をご覧ください。

JACリクルートメントに関するよくある質問

佐々木

それでは次に、リクルートエージェントに関するよくある質問を紹介します。

質問1:JACリクルートメントの無料で使えるの?

JACリクルートメントは、登録から内定をもらうまで、全ての転職者が完全無料で利用できます。

無料で利用できる理由は、求人企業がJACリクルートメントに報酬を払っているからです。

次の図のように、転職エージェントは、転職者が入社した後、企業側から成功報酬という形で手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み
佐々木
無料で使える仕組みについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

質問2:キャリアアドバイザーと面談する時はどんな服装で行くべき?

キャリアアドバイザーとの面談は、シャツなどを着てオフィスカジュアルな服装がベストです。

Tシャツに膝の出る短いズボンは少しラフ過ぎますが、スーツでなくても問題ありません。

また、面談後に面接対策をしてもらう際には、スーツを着用していくと、面談時の服装指導や細かいアドバイスもしてもらえますよ!

佐々木
面談時の複数に悩んでいる方は、次の記事をご覧ください!

質問3:キャリアアドバイザーと相性が合わない場合はどうすればいい?

キャリアアドバイザーと相性が合わなければ、担当変更を依頼しましょう。

担当変更はメールで依頼できます。

きちんとした理由をメールに添えることで、決断力のある人だと思ってもらえて、サポートの優先度が高くなることもありますよ!

佐々木

次の記事に、担当変更の依頼メールの例文なども掲載しているので、

キャリアアドバイザーと相性が合わない時は、ぜひ参考にしてください!

質問4:登録するとしつこく電話やメールが来るって本当?

基本的にしつこい電話はきませんが、日程調整や良い求人があった際の緊急度が高い場合に、電話がかかってくることが多いです。

万が一、電話が迷惑と感じたら、誠意を持ってその旨をしっかりお伝えすれば問題ないです。

佐々木
しつこい場合の対処法は、次の記事を参考にしてください。

質問5:JACリクルートメントを退会する方法は?

JACリクルートメントは、いつでも退会可能です。電話かメールで退会したいということを伝えましょう。

面談後などは言い出しにくいかもしれませんが、退会理由を伝えれば退会処理をしてくれます。

スムーズにJACリクルートメントの退会を進めるためには、それまでのサポートに対して感謝の気持ちを伝えるのが効果的です。

佐々木
次の記事には、退会する際に送るメールの例文を記載してあるので参考にしてください!

転職エージェントを最大限活用するためのポイント

佐々木

それでは最後に、転職エージェントを最大限活用するためのポイントをお伝えします。

これから紹介する7つのポイントを抑えておけば、より有利に転職活動を進められますよ!

最大限活用するためのポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

ポイント1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

ポイント2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。

ポイント3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう。また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります。

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

ポイント4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

ポイント5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録にもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

ポイント6|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

ポイント7|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれます。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限活用するためのポイント
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけのポイントを知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!
おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

JACリクルートメントはハイクラス転職者から評判が良い転職エージェント!

今回は、JACリクルートメントの評判や口コミを調査した結果をもとに、様々な内容を紹介してきました。

最後に、この記事の内容を振り返っておきましょう。

JACリクルートメントのまとめ

◎メリット&デメリット

  • 年収600万円以上の高収入・ハイクラス求人が豊富
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 外資系企業・海外進出企業への転職に強い
  • 両面体制のため、提案力が高い
  • ある程度のキャリアがないと案件を紹介されない
  • サービスが画一的で、対応が事務的
  • キャリアアドバイザーの変更が多い
  • 両面体制ゆえに、多少強引に誘導がある可能性も

◎JACリクルートメントがおすすめな人

  • 仕事で結果を出していて、より高い年収・条件で働きたい人
  • 高学歴(早慶上同・旧帝大)の人
  • TOEIC700以上や特定スキルなどがある人
  • 海外勤務経験・マネジメント経験がある人
  • 最低でも現時点で年収600万円以上の人
  • 専門スキルを持っている人
  • グローバル企業へ転職を考えている人
  • 外資・大手・ベンチャーの経営幹部などエグゼクティブ志望の人

お伝えした通り、JACリクルートメントは、年収600万円以上のハイクラス向け求人数No. 1を誇る転職エージェントです。

これまでの豊富な転職支援実績をもとに、あなたにとって最適な転職ノウハウを提供してもらえるでしょう。

転職活動を有利に進めるためにも、悩んでいるならまずは登録し相談してみることをおすすめします!

ゆり

JACリクルートメントを使えば、良い転職先が見つかりそう!

早速登録して、転職活動を進めます!

佐々木
あなたの転職の成功を応援しています!