評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

なぜワークポートの評判は”ひどい”のか?|口コミの真偽を転職のプロが徹底解説

ワークポートの評判を解説する広瀬

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木(@sasaki_recruit)です!

転職エージェント『ワークポート』への登録を検討する際に…

「ワークポートの評判・口コミってどうなの?」

「ワークポートは本当に登録すべき?」

などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると...

『ワークポート』はIT/WEB/ゲーム業界の求人では評判が良いです。

ただ、提案力の低さという欠点もあります。

そのため業界最大手『リクルートエージェント』や20代30代転職のサポート体制No.1『DODA』やなど上位の人気総合エージェントと併用するのがオススメです!

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

ワークポート以外の転職エージェントの評判が気になる方はこちらの記事もどうぞ!
転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2018年最新版】

ゆり
転職エージェントをネットで探していたらワークポートのこと知りまして、

実際の評判はどうなのかなーと。

佐々木
たしかにネットだけの情報だと不安ですよね。

しかもワークポートは特にネットでの評判はひどいんです。

実際に転職エージェントの会社やWebベンチャー企業を経験した私から見ると…

素人がネット上から拾い集めたものをまとめたものばかりで、調査に誤りや偏りがあるように思えます。

間違った情報に惑わされると転職が遠回りになってしまうリスクもあります。

そこで500人以上の転職を成功させてきた私が…

信頼できる500人の生の評判・口コミを元に、ワークポートの良い点も悪い点も、すべて紹介していきます!

この記事でわかること
  • なぜワークポートのネットでの評判が悪いのか?
  • ワークポートの実際の利用者の評判・口コミ
  • ワークポートのメリット
  • よくあるワークポートについて質問
■評判・口コミの集め方

この記事では、信頼性が高い評判・口コミを参考にするため…

私の人事や転職エージェントの経験と併せて、Yahoo!知恵袋やTwitter、2ch(5ch)、実際の相談者のリアルな声を集めました。

良い評判・口コミだけでなく、悪い評判・口コミも載せているので、しっかり参考にしてくださいね。

【2018年】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
リクルートエージェント』【11月申込数No.1
業界最大手で転職実績No.1!転職成功者の93%が登録! 20代〜30代向けホワイト求人多数!リクルートと併用で成功率UP
doda
求人数20万件で、どの年代の方にもおすすめ

なぜワークポートの評判がひどいのか?2つの理由

ゆり
えっ!

ワークポートってTwitterで相当ひどい評判なんですね…

佐々木
転職エージェントはどうしてもネットで悪い口コミなどを流されるのですが….

ワークポートは特にインターネットやTwitterで叩かれることが多いんですよね。

ゆり
そうなんですね…

じゃあ、ワークポート辞めた方がいいのかな…

佐々木
そうですね…ワークポートを利用するかどうかは、この記事を最後まで読んでから判断するのもアリだと思いますよ!

実際に良い口コミなどもあったりするので!

ゆり
本当だ!

良い評判もあるんですね!

佐々木
もちろんです!

実はワークポートが、他の転職エージェントよりもインターネットやTwitterで叩かれやすい理由があるんです…

そのため、今回は最初に『なぜワークポートの評判はひどいのか?』という点についてお伝えしていきますね。

ワークポートの評判がひどい理由をまとめると下のようになります。

ひどい評判の理由
  1. 多くの求人を紹介する方針を取っているから
  2. ワークポートがIT/WEB/ゲーム業界に強みを持っているから

一見すると、ひどい評判の理由にならないのですが、しっかり理由があるので一つずつ説明していきますね。

理由1:多くの求人を紹介する方針を取っているから

一つ目のワークポートの評判が悪い理由は、登録者にとって少しでも可能性のある求人を紹介する方針を取っているからです。

実際にワークポートの登録後のマイページ(eコンシェル)を見てみると下記のように記載されています。

ワークポートのマイページ

引用:ワークポートのマイページ

画像だと少し見づらいので、テキストデータにしてみました。

○平均書類通過率は「10%~15%」で10社に1社通過する割合です。応募者の数が非常に多いため、応募者同士の競争が激しいです。

○当社経由の場合、【応募条件】に5?6割くらい該当していれば応募することができます。
取引実績があるため優遇していただいているのと、書類選考時に別ポジションも打診してくれる企業様が多いためです。
※少しでも当てはまる求人があればドンドン応募していただいて結構です。
※コメント欄に「応募条件に当てはまっている部分」や「簡単な志望理由」を記載いただくと企業側によりプッシュ致します。

○面接通過率は「30~35%」で3社に1社の割合です。内定までを考えると5社くらいは面接する企業をストックしておくと良いです。

○上記を踏まえると、内定を獲得するには下記のようなイメージが理想です。
・書類応募:30社
・書類通過:3~5社
・内定:1~2社
※同じタイミングで応募をしておくと、比較検討しやすくなるのでオススメします。

ゆり

たしかに、読んでみると…

ワークポートの方針は『たくさん応募しましょう!』みたいな感じなんですね!

佐々木

そうなんです!!

転職活動のセオリーで考えても、多くの求人に応募することは全然アリですよ!

ゆり

あれっ…

でも、なんで『多くの求人を紹介する方針』がワークポートの評判が悪くなる原因になるんですか?

佐々木
するどいですね!

実は多くの求人を紹介することは、デメリットになってしまう場合もあるんです。

たとえば、少しでも可能性のある求人を多く紹介されると、下のように感じてしまう登録者も少なからずいます。

多くの求人を紹介されると...
  • 自分に合っていない求人ばかり紹介された
  • ブラック企業を紹介された
  • たくさんの求人を勧めてきてウザい…
  • 求人応募をたくさんするのが面倒くさい…
  • 連絡がたくさん来てしつこい
ゆり
たしかに紹介された求人が多すぎたら、私も不満をもってしまうかも…
佐々木
そうなんです!

『多くの求人を紹介する』って、必ずしも登録者の満足度を上げるだけではないんです!

実際に口コミを見てみても…

佐々木

転職を成功させる手段としては、多くの求人に応募することは正解なのですが、このあたりのバランスが難しいですね。

ただ『ワークポート』は他のエージェントよりも多くの求人を紹介してくれるので、その点は間違いなくメリットになりますよ!

理由1
『多くの求人を紹介する』方針で転職サポートをしているから

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

理由2:IT/WEB/ゲーム業界の転職に強みを持っているから

ゆり

えっと…

『IT/WEB/ゲーム業界に強みを持っていること』も評判が悪い理由になるんですか?

佐々木
実はこの点も理由となってしまうんです…

IT/WEB/ゲーム業界の転職に強みがある=インターネットやTwitter/2チャンネルを利用する求職者が多いことを意味します。

そうなると、ワークポートに少しでも不満を持たれてしまうと、すぐにネットやTwitterでひどい評判を流される可能性が高いんです。

これはIT/WEB/ゲーム業界に強いワークポート特有の悩みかもしれません。また加えて、ワークポートにはTwitterでオリジナルのキャラクターアカウントまであります。

ゆり

すごい、フォロワー数も2,865人もいるんですね!

佐々木
そうなんです!

もちろんワークポートのキャラクターに好意的なファンもいるのですが….

ゆり
もしかして…

その分、悪い評判も他のエージェントと比べると拡散されやすくなってしまう…ってことですか?

佐々木

そうなんです…

そのため、IT/WEB/ゲーム業界の転職に強みを持っていると、悪い評判広まりやすいというデメリットがありますね…

理由2
『ワークポート』にはインターネットやTwitter/2チャンネルを利用する求職者が多い

ここまでワークポートの評判がひどい理由を解説してきました。

佐々木
ここでもう一度ワークポートの評判がひどい理由を振り返っておきましょう!
ひどい評判の理由
  1. 多くの求人を紹介する方針を取っているから
  2. ワークポートがIT/WEB/ゲーム業界に強みを持っているから
ゆり
なるほど…

ネットやTwitterで『ワークポート』の評判が悪かったのは、ワークポート特有の理由があったからなんですね。

佐々木
そうですね!

なので、『ワークポート』も向いている人は多くいるので、これから『ワークポート』の具体的な特徴について解説していきますね!

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

ワークポートと併用するべきエージェント
おすすめ転職エージェントランキングを説明する広瀬 転職エージェントおすすめランキング|成功者500人の評判を比較【2018年最新版】

そもそも『ワークポート』とは?総合評価と他社転職エージェントと徹底比較

ワークポート

ワークポート』は15年の歴史があるIT/WEB/ゲーム業界の求人に強みを持つ転職エージェントです。

まず、実際の転職エージェント利用者500人の評判・口コミを見てわかった『ワークポート』の評価をお伝えします。

ワークポートの評価
総合評価
(3.5)
求人数
(3.5)
求人の質
(3.0)
サポート体制
(3.5)
担当者の質
(3.5)
提案力
(3.0)

利用者500人以上を対象にアンケート調査をした結果、ワークポートの評価は下記の通りでした。

評価コメント
総合評価IT/WEB/ゲーム業界の転職に強みを持つ
求人数紹介してくれる求人数が多い
求人の質求人数重視のため質が少し落ちる
サポート体制キャリアが浅い人にも丁寧なサポートや面接対策をしてくれる
担当者の質バラツキがある
提案力マッチしていない求人を紹介されることも…
佐々木
IT/WEB/ゲーム業界を志望する人にはおすすめの転職エージェントです。

ただ、『ワークポート』は質より量を重視した求人紹介のため提案力に難ありです。

そのため、提案力のある『リクルートエージェント』や『doda』など上位の転職エージェントと併用することをおすすめします!

それでは、これから『ワークポート』のメリットをしっかり説明していきますね。

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

ワークポートのメリット|評判・口コミから真偽を徹底検証

実際の利用者500人の評判・口コミによれば『ワークポート』には以下のようなメリットがあることがわかりました。

メリット
  • IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い
  • 効率的に多くの求人に応募ができる
佐々木
それでは、『ワークポート』のメリットが実際にあなたの転職活動にどのように役立つのか見ていきましょう!

メリット1:IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い

エンジニアや営業含めIT業界の求人が充実

ワークポートの評価:★★★★★5

前職ではメーカーの営業で、どうしてもキャリアアップをすることが難しい感じ転職活動を始めました。

今後も業界自体が伸びていくIT業界なら、キャリアアップも目指しながら働けると思い、IT業界を中心に転職活動をしていました。

最初はIT業界未経験で自信が無かったのですが、キャリアアドバイザーさんに営業経験を評価してもらえました。

多くの求人を紹介してもらえたので納得感を持って転職ができました。

(26歳・男性・年収360万)出典:転職相談

ゆり
『ワークポート』はIT業界に強いんですね!
佐々木
そうですね!

転職業界内でも IT/WEB/ゲーム業界に強いエージェントといえば『ワークポート』と認知されていますよ!

実際にワークポートの公式サイトで求人を検索してみると、IT/WEB/ゲーム業界の求人で10,390件の求人がありました。

10,390件の職種内訳

◎実際に検索時に指定した業種

ソフト開発/システムエンジニア系、クリエイティブ系、ネットワーク系、サポート系、社内情報システム・社内SE(インフラ)、システム運用・保守、テクニカルサポート、社内情報システム・社内SE(開発)、ヘルプデスク、コンサルタント・プリセールス系、ITコンサルタント、ゲーム関連、マーケティング・プロモーション系

ゆり
えっ!10,000件以上もあるんですね!
佐々木
そうなんです!業界内でも10,000件以上は非常に多いです!

さらに、『ワークポート』は無料でエンジニア未経験向けのスクールも運営しています!

実際に『ワークポート』に登録するとこんなメールが送られてきます。

ワークポートのエンジニアスクールの案内メール
ゆり
エンジニア未経験の人にもサポートが手厚いということなんですね!
佐々木
はい!

求人数だけでなく、こういった取り組みからも『ワークポート』がIT/WEB/ゲーム業界に力を入れていることがわかりますね。

メリット1
IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

メリット2:効率的に多くの求人に応募ができる

とにかく多くの企業に応募しました

ワークポートの評価:★★★★☆4

高卒だったので自分に可能性のある求人は片っ端から応募していこうと決めていました。

面談後にすぐに幅広い求人を紹介してもらえて助かりました。

今から思うと、自分の選択肢を知るという点でも多くの求人が見れたことは良かったなと思います。

(28歳・男性・年収360万)出典:転職相談

ゆり
『ワークポート』は求人数もメリットになりそうですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

冒頭でも少し触れましたが、ワークポートは「多くの求人を紹介する方針」をとっていて、応募ができる求人数が多いことがメリットです。

実際に『ワークポート』のマイページに下のような記載もあり、他のエージェントでは断られても『ワークポート』なら応募ができる求人が多いんです。

○当社経由の場合、【応募条件】に5〜6割くらい該当していれば応募することができます。
取引実績があるため優遇していただいているのと、書類選考時に別ポジションも打診してくれる企業様が多いためです。
※少しでも当てはまる求人があればドンドン応募していただいて結構です。
※コメント欄に「応募条件に当てはまっている部分」や「簡単な志望理由」を記載いただくと企業側によりプッシュ致します。

ゆり
ということは…

応募条件が多少満たせていない求人でも『ワークポート』からなら応募できるってことなんですね!

佐々木
そうですね!

さらに、下のようにマイページから応募ができるので、効率的に選考を進めることが可能です!

実際に面談後にログインができるマイページに30件以上の求人案件が送られてきます。

ワークポートの応募画面
メリット2
効率的に多くの求人に応募ができる

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/


佐々木
ここで『ワークポート』のメリットを振り返っておきましょう!
メリット
  • IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い
  • 効率的に多くの求人に応募ができる

また、上記のメリットから『ワークポート』に向いてる人をまとめると下のようになります。

おすすめの人
  • IT/WEB/ゲーム業界で働きたい人
  • 未経験でIT業界でチャレンジしたい人
  • 職歴やキャリアに自信がない人
ゆり
上の条件に当てはまる人は『ワークポート』がおすすめということですね!

ただ、デメリットとしては「質より量を重視した求人紹介」ということでしたよね?

佐々木
おっしゃる通りですね…

あなたの希望には合っていない求人を紹介される点や、やり取りが事務的なものになってしまう傾向があったりするのも事実です。

そのため『リクルートエージェント』『doda』など上位の人気総合エージェントと併用すると良いですよ!

ワークポートと併用するべきエージェント

ワークポート登録から内定までの流れ

それでは、次にワークポートの利用の流れをご紹介します。

  • STEP.1
    WEBサイトから転職エージェントに登録
    転職エージェントに登録をする女性 担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。

  • STEP.2
    登録後、コンサルタントと面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。
  • STEP.3
    担当コンサルタントと面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
  • STEP.4
    担当コンサルタントから求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。 
  • STEP.5
    履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
  • STEP.7
    書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら進めていきましょう。 
  • STEP.8
    内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 
ゆり
えっ…!転職エージェントってこんなにサポートしてくれるんですね!
佐々木
実はそうなんです!

だからこそ、転職を成功させるうえで、転職エージェントの存在はかなり大きいんです!

転職はどれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

ワークポートのよくある質問

以下では、ワークポートのよくある質問【Q&A】をまとめてみました。

ワークポートの利用料金は?

企業の採用の手伝いをすることで、企業側から採用支援料金として報酬を頂いているため、転職希望者には最初から最後まで完全無料でご利用いただけます。

転職エージェントの報酬は企業からの求人紹介料

『連絡来ない/断られた』って口コミがあるけど本当?

ネットで登録した際の情報が正しければ、担当者から連絡がきます。そのため、もし「連絡がこない」ということであれば登録情報や、迷惑メールフォルダをもう一度確認してみましょう。

キャリア面談のときの服装は?

スーツでなくてもOKです。ラフな服装で、筆記用具を持参しましょう。

できれば、Tシャツに膝の出る格好などは避け、シャツなどを着てオフィスカジュアルな服装がベストです。

ワークポート退会方法は?

転職活動中でも途中退会は可能です。面談後などは言い出しにくいかもしれませんが、退会理由を伝えれば退会処理をしてくれます。

スムーズにワークポートの退会を進めるためには感謝の気持ちを伝えるのが効果的です。

まとめ|『ワークポート』はIT業界に強く&効率的に求人応募ができるエージェント

それでは最後にこの記事の内容を振り返っておきましょう!

まとめ

◎ワークポートの評判が悪い理由

  • 紹介される求人数が多く不満を持つ人が一定数いるため
  • ワークポートはWEBにも力を入れているため悪い評判が拡散されやすいため

◎ワークポートのメリット

  • IT/WEB/ゲーム業界の求人に強い
  • 効率的に多くの求人に応募ができる

◎おすすめの人

  • IT/WEB/ゲーム業界で働きたい人
  • 未経験でIT業界でチャレンジしたい人
  • 職歴やキャリアに自信がない人
ゆり
わかりました!
佐々木
ただ、『ワークポート』の欠点である「質より量を重視した求人紹介」を補うために…

リクルートエージェント』『doda』など上位の人気総合エージェントと併用しましょう!

ワークポートと併用するべきエージェント
佐々木
あなたが良い転職を実現できるように応援しています!

ワークポートの公式サイト
https://www.workport.co.jp/

ワークポート以外の転職エージェントの評判が気になる方はこちらの記事もどうぞ!
転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2018年最新版】