転職エージェントおすすめランキング13選

50代向け転職エージェント全解説|現実の失敗例から学ぶ成功への最短コース

50代の転職を成功させる転職エージェント活用方法

この記事でお伝えすること
  • 50代の転職で失敗しない転職エージェント・転職サイトの選び方
  • 50代の全ての転職におすすめの転職エージェント6選
  • 50代エグゼクティブ向け転職エージェント3選
  • 50代におすすめの派遣求人サイト4選
  • 50代転職の成功例・失敗例
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

50歳になって、これから先の人生を考えたとき、様々な理由から転職を考えることがあるかもしれません。

とはいえ、いざ転職をしようとしても、

「年齢のせいで転職で失敗しないだろうか」

「転職したいけど、50代だと年収が下がるかも…」

と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

佐々木
今回は、これまで数百人以上の50代転職者を成功に導いた私が、

プロの経験を元に50代転職を成功に導く方法をご紹介します。

この記事を読めば、

50代のあなたの転職失敗率を限りなく減らし、希望に合った転職を実現できますよ!

50代の転職で失敗しない!転職エージェント・転職サイトの選び方

たしかに50歳以降の転職は、20代・30代と異なり、厳しいと言われています。

しかし、正しい方法・戦略で行えば決して不可能ではありません。

佐々木
正しい方法・戦略といっても、

50代の転職では『あなたの状況と目的』によって正しい方法・とるべき戦略が異なります。

方法・戦略を間違えてしまうと、

「エージェントに登録したのに求人が見つからない…」

「希望の条件より低いレベルの求人しか提案されない…」

といったことになる危険性も…。

そのため、まずはあなたの状況(キャリアについて自信があるか、自信がないか)と目的について考えてみてください。

50代向け転職サービスの選び方

【状況→】キャリアに自信なし
【目的→】でも条件のいい仕事をじっくり見つけたい
→転職エージェントと転職サイトに複数登録!

【状況→】なかなか仕事が決まらない
【目的→】とにかくすぐに働きたい
→転職サイトと派遣求人サイトに複数登録!

【状況→】キャリア・スキルに自信あり
【目的→】ハイクラスの転職を希望
→エグゼクティブ転職エージェントと総合転職エージェントを併用!

あきら
質問なのですが、

転職エージェントと転職サイトってなにが違うのですか?

佐々木
その説明がまだでしたね。失礼しました。

転職エージェントと転職サイトは主に担当がつくかつかないかという点が異なっています。

エージェントとサイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあります。

転職エージェントではアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などをすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

あきら
サポートしてくれる転職エージェントがいれば、転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!

一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないです。

あきら
でも、それって逆に転職エージェントにサポートを断られたら、転職が上手くいかないってことですか…?
佐々木
もしエージェントにサポートを断られてしまっても、

転職サイトで優良企業の募集が見つかる場合もあるので落ち込まずに頑張りましょう!

その際は当サイト「転職nendo」がエージェントに変わってあなたをサポートしますので、

ぜひ活用していただければと思います。

以下では、目的と状況別にどのように転職サービスを選ぶべきかをご説明します。

キャリアに自信のない人は複数登録で失敗率を最小限に

50代でキャリアに自信のない人は複数の転職エージェント・転職サイトに登録しましょう!

50歳以降の求人案件は、20代・30代と比べて数が圧倒的に少ないです。

そのため、信頼できるエージェントに複数登録し、少しでも多くの50代向け求人案件を見つけることが重要です。

転職に成功した50代の方は、平均して5社以上の転職エージェント・転職サイトに登録していたことがわかっています。

とはいえ、転職サービスってたくさんあってどこを利用すればいいのかわからないですよね。

そんな方のために、実際に転職に成功した50代の方が利用していた転職エージェント・転職サイト・派遣求人サイトをまとめました。

キャリアに自身のない方は下記のうちから5社以上に登録して、あなたにあった求人を見つけましょう。

どの転職エージェントも登録自体は3分程度で、費用は無料です。

まずは気軽にプロに相談してみてくださいね。

佐々木
以下に当てはまる人は派遣求人サイトにも登録することをおすすめします。

  • キャリアに自信がない
  • 仕事が決まらない
  • 空白期間が長い
  • とにかく仕事がほしい

工場や軽作業のお仕事は、50代で未経験からはじめて活躍している人も多いですよ。

50代が選んだ派遣求人サイト
  1. スマートジョブズ
  2. 工場ハウス
  3. ジョブリンクワーク
  4. 工場ワークス

50代に選ばれた派遣求人サイトの詳細

あきら
そういえば、50代の転職に強い転職エージェントってあるんですか?
佐々木
残念ながら、50代の転職に特化したエージェントは現在はありません。

以前は40代以上に特化した転職エージェントをリクルート系列の会社が運営していましたが、すでに撤退しました。

50代向けでなくても、求人案件の多い大手転職エージェントに登録すれば問題ありませんよ!

キャリアに自信がない人は...
  • キャリアに自信なし・でも条件のいい仕事がしたい
    →転職エージェントと転職サイトに複数登録!
  • なかなか仕事が決まらない・とにかく働きたい
    →転職サイトと派遣求人サイトに複数登録!

キャリアに自信のある人はエグゼクティブ向け転職エージェントに登録

「管理職経験がある」「高度な専門スキルがある」といった自分のキャリアに自信がある人は、エグゼクティブ向けのエージェントがおすすめです。

エグゼクティブ向けの転職エージェントには『総合転職エージェント』と『ヘッドハンティング型転職エージェント』の2つがあります。

  • すぐに転職したい人向け:総合転職エージェント
  • じっくり転職したい人向け:ヘッドハンティング型転職エージェント

基本的にはあなたの状況に合った転職エージェントを利用すべきです。

ただし、時間に余裕があるのであれば、両方のタイプの転職エージェントに登録してキャリアアドバイスを受けてみることをおすすめします。

また、エグゼクティブ転職を成功させた91%の人が、「すべての50代におすすめの転職エージェント」を併用しています。

失敗の確率を最小限に抑え、希望の転職を実現するためには下記から5社以上に登録することをおすすめします。

総合転職エージェント

総合転職エージェントとは、一般的な形式の転職エージェントです。

専任のキャリアコンサルタントが1対1であなたの担当となり、膨大な保有案件の中からあなたの条件に合った求人案件を探してきてくれます。

総合転職エージェントのメリットは、常に大量の求人案件を保有しているため、あなたに合った求人案件を数多く、迅速に見つけることができる点にあります。

佐々木
のちほど詳しくご紹介しますが、例えば『JACリクルートメント』はハイクラス求人を多く保有しているので、キャリアに自信のある人は登録必須の転職エージェントですよ!

ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型という、エグゼクティブ転職特有の形式の転職エージェントもあります。

総合転職エージェントと異なり、あなたに専任のキャリアコンサルタントは付きません。

 

あなたの条件に合わせてキャリアコンサルタント(ヘッドハンター)からスカウトの連絡がきて、転職を進めていきます。

ヘッドハンティング型転職エージェントのメリットは、エグゼクティブ求人の中でもハイクラスなExclusive案件と出会えることです。

Exclusive案件は会社の重要な事業戦略・機密情報に関連しており、公にしにくいため、限られたヘッドハンティング型のエージェントにのみ求人依頼が出されます。

そのため、総合転職エージェントのデータベースには掲載されていないハイクラスな案件と出会えることも多いのがヘッドハンティング型転職エージェントの特徴です。

あきら
ヘッドハンティング型ならではのハイクラス案件なんてあるんですね!!

CMでよく見る『ビズリーチ』はたしかヘッドハンティング型の転職エージェントでしたよね?

佐々木
そうですね。他にリクルートが運営する『キャリアカーバー』というヘッドハンティング型の転職エージェントもありますよ!

ただ、エグゼクティブのExclusive案件はそもそも数が少ないため、転職活動は中長期化することも多いので、総合転職エージェントにも登録しておいたほうが安全ですね。

キャリアに自信がある人は…

エグゼクティブ転職エージェントと総合転職エージェントを併用!

50代転職をするすべての人におすすめ転職エージェント6選

失敗のない転職活動のためには、信頼できる転職エージェントにできるだけ登録して、多くの求人を見つけることが鍵となります。

以下では、求人数の多い大手の転職エージェント6社を紹介します。

1. パソナキャリア|親身なサポートが充実!と口コミで高評価

パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

サポート体制は業界No.1と言われているため、手厚い転職サポートを受けたい50代の方におすすめです。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることができます。

あきら
業界ごとに専門のコンサルタントがいるなら安心できそうですね!
佐々木
そうですね。

また、500人の方を対象に行った転職エージェントの評判・口コミ調査からも、

サポートの手厚さはダントツという意見が多数見受けられました。

パソナキャリアはサポート体制も業界トップクラスなので、転職に不安のある人にオススメです。

2. Spring転職エージェント(アデコ)|面談率100%!50代は登録必須!

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60ヶ国に拠点を持つ総合人材企業です。

以前は派遣事業が中心でしたが、近年は転職支援サービスを強化しており、50代の転職求人も広く揃えています。

また、転職エージェントによっては、市場価値が低いと判断されると面談を断られるケースもありますが、『Spring転職エージェント(アデコ)』は面談を断ることがほぼありません。

キャリアに自信がない方でもまずは登録してキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

補足

3. リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界No.1である『リクルートエージェント』は…

志望業種や業界に関わらず、転職活動を始めるすべての人にオススメの転職エージェントです。

幅広い業界の転職成功実績・ノウハウがあるため、50代の転職活動を円滑に進めることができます!

500人を対象とした『リクルートエージェント』の評判・口コミを調査した結果では、幅広い層からの支持が高いことが明らかになりました。

評判の悪い口コミでは、「50代だからか、面談拒否された」というものも見受けられましたが、面談を実施するかどうかは担当のキャリアコンサルタント次第です。

公開求人・非公開求人ともに保有数が業界ダントツ1位なので、面談さえしてもらえれば、あなたに合った50代の求人案件がきっと見つかりますよ!

完全無料で利用できるので、まずは登録してみましょう。

4. doda

doda

doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントと同様に、50代求人を広く保有しているので、あらゆる選択肢を知りたい人にオススメです。

5. マイナビエージェント

6. type転職エージェント

転職エージェントを利用する手順

STEP.1
WEBサイトから転職エージェントに登録
転職エージェントに登録をする女性 担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
STEP.2
登録後、コンサルタントと面談の日程調整をする
転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。
STEP.3
担当コンサルタントと面談
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
STEP.4
担当コンサルタントから求人提案を受ける
転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。 
STEP.5
履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
STEP.6
希望する企業への応募(書類選考)
志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
STEP.7
書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら進めていきましょう。 
STEP.8
内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 

50代は登録必須の転職サイト3選

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあります。

転職エージェントでは、担当があなたとの面談後に『応募作業→企業との面接日程調整→交渉』などをすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人がWebサイト上の求人情報を探して、応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

あきら
なるほど…。

じゃあ、転職エージェントのが優れているんですね!

佐々木
確かに、転職サイトよりも転職エージェントの方が優れています。

ただし、転職エージェントではサポートを断られてしまうこともあるんです…。

特に50歳以降の転職者の方からは「転職エージェントでサポートを断られた…!」という声も聞きます。

そこでおすすめなのは、まず転職エージェントと転職サイトを併用し、できる限り多くのサービスに登録することです!

佐々木
転職エージェントも転職サイトも、どちらも完全無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみてくださいね!

1. リクナビネクスト

『リクナビNEXT』は転職業界で国内トップのリクルートが運営する転職サイトです。

掲載求人数も圧倒的で、『リクナビNEXT』でしか応募することができない限定求人が85%を占めることでも有名です。

転職エージェントと違って、自分自身で準備しなければいけないことが多くなりますが、

新しい求人を見ていく手段としてはとても有効なので、ぜひ登録してみましょう!

2. マイナビ転職

3. @Type

多くの50代が活躍中!工場・軽作業の派遣求人サイト4選

以下に当てはまる人は派遣求人サイトにも登録することをおすすめします。

  • キャリアに自信がない
  • 仕事が決まらない
  • 空白期間が長い
  • とにかく仕事がほしい
佐々木
工場や軽作業のお仕事は、50代で未経験からはじめて活躍している人も多いので、キャリアやスキルがなくても仕事が見つかりますよ

1. スマートジョブズ

2. 工場ハウス

3. ジョブリンクワーク

4. 工場ワークス

50代転職の最後の手段はハローワーク?

ハローワーク(公共職業安定所)は厚生労働省が運営する“お仕事探しを全面的にサポートしてくれる”機関です。もちろん無料です。

実際にハローワークのサービス内容を見てみると…

ハローワークのサービス内容
  • 求人情報の紹介
  • 就職相談窓口における相談
  • 職業訓練に関する相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削やサポート
  • 面接対策の実施
  • 企業への紹介状の発行
ワンポイント!

ハローワークはこんな機能も!

雇用保険制度の窓口としてもハローワークは機能していて、雇用保険に関する手続きや失業等給付の受給についての手続きを行えます。

詳しくは下の公式HPよりどうぞ!
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_guide.html

あきら
もし転職エージェント・転職サイトで上手くいかなった場合に、ハローワークを利用すれば良いということでしょうか。
佐々木
そうですね。

転職エージェント→転職サイト→派遣求人サイト→ハローワークの順でおすすめです。

ただ、ハローワークになるとなかなか優良求人が見つからないという声も聞くので、他の転職サービスで見つけたいですね…。

ハイキャリアの50代が登録すべきエグゼクティブ向け転職エージェント3選

1. JACリクルートメント

年収500万〜1,200万円の海外や外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが、

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

2. ビズリーチ

キャリアに自信のある50代の方には、ヘッドハンティング型転職エージェントの『ビズリーチ』もおすすめです。

ビズリーチ

登録をしてスカウトを待つだけで、高収入のハイクラス求人を紹介してもらえるので…、

「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」という50代の方にに、おすすめの転職サービスです。

『ビズリーチ』では、登録している2,500人以上のヘッドハンターが「あなた」の代わりにハイクラス求人を探してくれます。

※のちほど紹介する『キャリアカーバー』のヘッドハンター数は1,000人です。

キャリアに自信がある人にとっては、登録をしてスカウトを待つだけなので、手間がかからないというのが最大のポイントです!

ただ、転職市場の価値が低いと求人提案をしてもらえない可能性があるので注意が必要です。

あきら
なるほど!
ビズリーチだけを頼りにすると、ちょっと不安ですね…。
佐々木
そうですね。
ヘッドハンティング型のエージェントは転職活動が長期化しがちなので、必ず他の転職エージェントと併用しましょう!

3. キャリアカーバー

キャリアカーバーは…

年収600万円以上で、良い条件の求人があれば転職したいけど、今は現職が忙しい人に間違いなくおすすめの転職サービスです!

あきら
キャリアカーバーの強みは、ハイクラス向けの転職にあるんですね!
佐々木
はい!

ハイクラス向けの転職には圧倒的に強みを持つので、キャリアに自信がある方にとってはオススメです!

50代転職の厳しい現実|成功例と失敗例

50代の正社員転職は男性女性ともに難しい?

50代の転職経験者にアンケートをとったところ、転職を後悔している人やうまく行かなかった人の意見も見受けられました。

もちろん、50代の転職に成功している人もいますが、40代までに比べて厳しい現実が待ち構えています。

なぜなら、年功序列の日本社会では、転職先企業の給与規定・実績から50代の給料は高く設定されますが、50代は体力面・健康面で不安要素が多いためです。

安い給料で長く働ける20代・30代が優先的に採用されていくため、50代の方が普通に転職をしても、なかなか採用されない、という結果に…。

アンケートにも、

  • 「書類がなかなか通らない」
  • 「年収が半分以下になってしまった…」
  • 「正社員から非正規雇用に…」

という意見がちらほら見受けられたので、転職を考えている50代の方はプロに相談しつつ慎重に転職活動を進めましょう。

50代の転職で覚悟しておくべき厳しい現実

長期化

想像以上に現実は厳しかった
品質管理(年収580万円)→品質管理(年収490万円)

50代で転職するのは厳しいとは理解していましたが、想定以上に転職活動は難航しました。100社以上エントリーしましたが、書類審査に通ったのは1ケタ…。

面接の際にも、なかなかうまく行っている実感はありませんでした。

諸事情により、転職をせざるを得なかったので、条件は下がりましたが内定をいただいた企業のうち比較的マシなところに転職することになりました。

(51歳・女性)出典:転職相談

年収ダウン・非正規雇用

満足の行く結果にはならなかった
営業(年収870万円)→施設警備(年収350万円)

高校卒業後から大手の不動産会社に長年勤めてきましたが、社内の環境が変わり、ストレスが多くなったので早期退職をしました。

落ち着いたところで転職活動を行いましたが、条件のいい仕事はなかなかなく、契約社員、工場での軽作業、配送、警備などいわゆる年齢不問の仕事にしか内定をいただけませんでした。

ストレスは減ったので後悔はしていませんが、やはり収入面・待遇面で満足の行く結果とは言えません。

(52歳・男性)出典:転職相談

50代転職の成功例|成功者の特徴は?

市場価値を把握し、諦めずに全力で行う

異業種の大手企業へ
金融(年収760万円)→IT(年収580万円)

これまで金融業界でシステム開発の仕事をしてきました。

転職活動では転職エージェントの担当の方と相談をして40社ほどに応募をしました。その中で書類選考に通過したのは3社のみでしたが、そのうち1社の旅行会社から高評価を得ることができ、内定をいただきました。

入社当初は年収は下がり、雇用形態も契約社員でしたが、入社後の努力が認められてか、正社員になることができました。

担当キャリアアドバイザーの方からは、面接対策だけでなく、入社後の実践的なアドバイスをいただきました。

「自分の市場価値を把握し、会社に求められることを全力で行う」というのが重要なのではないかと思います。

(51歳・男性)出典:転職相談

50代の転職でよくある質問【Q&A】

50代の転職で年収アップした人の割合は?

50代で転職して、年収がアップした人の割合は全体の3割から4割と言われています。

また、年収が下がってしまう人の割合が3割、転職前と転職後の年収が同じという人が3割から4割という結果に。

年収アップにこだわるのであれば、同じ業界・同じ職種への転職が理想的です。

未経験の職種でも転職できる?

50代で未経験の職種への転職はなかなか厳しいのが現実です。

未経験の職種となると、転職活動の際にアピールする実績やスキルが圧倒的に足りません。

50代の転職では、やる気や体力など具体性に欠けるアピールでは転職に成功することは難しいでしょう。

50代では、未経験の職種よりも、これまでの経験やスキルが活かせる同職種の方が採用される可能性は高いです。

とはいえ、中には未経験でも可能な、50代にニーズのある職種や非正規雇用の仕事もあります。

まずは転職エージェントに登録して探してみましょう!

佐々木
体力があるのであれば配送ドライバーなど未経験で高収入の求人もあります。

最近はAT限定免許でも大丈夫なので運転好きな方にはおすすめですよ。

まとめ:50代の転職は複数のエージェントに登録して失敗率を最小限に

50代の転職活動の秘訣は、できるだけ数多くの転職エージェント・転職サイト・派遣求人サイトに登録し、失敗の確率を最小限に抑えることです。

50代向け転職サービス
すべての50代におすすめの転職エージェント

  1. パソナキャリア
  2. Spring転職エージェント(アデコ)
  3. リクルートエージェント
  4. doda
  5. マイナビエージェント
  6. type転職エージェント

50代は必ず登録すべき転職サイト

  1. リクナビネクスト
  2. マイナビ転職
  3. @Type

とにかく仕事を見つけたい人・未経験OKの仕事を探している人は派遣求人サイトへ

  1. スマートジョブズ
  2. 工場ハウス
  3. ジョブリンクワーク
  4. 工場ワークス

ハイクラス転職を希望している人向けエグゼクティブ転職エージェント

  1. JACリクルートメント(総合転職エージェント)
  2. ビズリーチ(ヘッドハンティング型)
  3. キャリアカーバー(ヘッドハンティング型)