転職エージェントおすすめ13選
571人の評判を比較してわかった厳選ランキング

40代男性向け転職サイト&転職エージェント全解説|失敗談&成功例に学ぶ成功率89%の転職方法

40代転職エージェント・転職サイトの全比較

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

40代になって、様々な理由から転職を検討しはじめても…

「40代だから年齢が理由で失敗しないか不安」

「40代の転職だと、条件のいい求人はないのでは…?」

と悩んでしまう方も多いと思います。

あきら
40代男性の転職は厳しいのでしょうか?
佐々木
正直に言うと、40代は30代と比べて転職は難しくなります。

そのため、正しい方法・戦略で転職を進めないと…

「書類選考に通らず、時間だけが過ぎていく…」

「内定はもらえたが、給料はかなり下がってしまった…」

といったことになる危険性も。

あきら
やはり40代男性だと、転職難易度が高そうですね…。
佐々木
でも、安心してください!

40代男性でも、あなたの状況にあった転職方法を正しく実践すれば、必ず希望の転職を実現することができます。

今回は、これまで数百人以上の40代の方の転職を成功に導いた私が、プロの経験をもとに…

転職を成功させるための転職サイト・転職エージェントの選び方から、成功例・失敗談まで、40代転職の全知識をご紹介していきます。

この記事を読めば、

40代のあなたの転職失敗率を限りなく最小限に抑え、希望に合った転職を実現できますよ!

おすすめの転職サービス

のちほど詳しく紹介しますが、いますぐ登録したい!という方は下記の転職サービスがおすすめです!

40代転職に成功した人は平均5社に登録しています。複数登録で失敗率を下げましょう。

すべての40代男性転職希望者におすすめの転職エージェント

キャリアに自信がない人におすすめの転職サイト

キャリアに自信がある人におすすめの転職エージェント

40代の転職で失敗しない!転職エージェント・転職サイトの選び方

一般的に「40代以降の転職は、20代・30代と異なり厳しい」と言われていますが、私のもとにきた40代の転職相談者の89%の方は満足のいく転職を実現させています!

40代の転職でも、自分にあった転職サービスを上手く活用し、正しい方法・戦略で転職活動を行えば成功することができます。

逆に、方法・戦略を間違えてしまうと…

「エージェントに登録したのに求人が見つからない…」

「希望の条件より低いレベルの求人しか提案されない…」

と、遠回りになってしまうことも…。

佐々木
実際に、これからご紹介する方法・戦略で46歳の男性がキャリアアップしたという事例もあります。

あなたもぜひ、私と一緒に納得のいく最高の転職を実現させましょう!

キャリアに自身があるか/ないかで転職サービスを決める

40代男性の転職エージェント・転職サイトの選び方は…

自分自信のキャリアに「自信がない」or「自信がある」で大きく変わります。

なぜなら、40代の転職ではキャリアに自信がない場合は転職難易度が上がるからです。

佐々木
実際に私も多くの求人をみてきましたが…

40代の転職ではマネジメント経験のほか、技術やスキルなどが問われる傾向が強いです。

そのため、キャリアに自信がない人は、取り扱い求人数の豊富な大手総合エージェントに登録し、できるだけ多くの求人に応募することが大切です。

キャリアに自信がある人は、転職実績が豊富な転職エージェントで失敗・後悔のない転職を進めましょう。

ワンポイント

「自分のキャリアってどうなんだろう?」
「自信あると言っていいのかな?」

と思った人は…
自分のキャリア(職歴)の価値を確認するのがオススメです。

私と面談した40代男性の方々の中には「自分のキャリアが思ったより評価されて驚きました!」と言う方も多いです。

職歴を登録してスカウトを待つだけの『ビズリーチ』という転職サービスは、あなたのキャリアの価値を完全無料で、確認することができるのでぜひ利用してみてくださいね!

▼あなたの状況に応じて、クリックしてください▼

キャリアに自信のない40代男性は複数登録で失敗率を最小限に

40代でキャリアに自信のない人は複数の転職サービスに登録しましょう!

40代以降の求人案件は20代・30代と比較して圧倒的に数が少なくなるため、信頼できるサービスに複数登録し、できるだけ多くの求人案件を見つけることが鍵になります。

転職に成功した40代男性は、平均して5.1社の転職サイト・転職エージェントに登録していました。

最低でも5社の転職サービスに登録することが成功の秘訣といえます。

佐々木
とはいえ、転職サービスって、数が多くてどこを利用すればいいのかわからないですよね。

なので以下では、実際に転職に成功した40代男性が利用していた転職サイト・転職エージェントをまとめてみました。

キャリアに自信がない40代男性におすすめの転職エージェント

キャリアに自信のない人は下記の転職サービスから最低5社に登録して、40代の求人案件を見つけましょう。

どの転職エージェントも登録自体は3分程度で、費用は最初から最後まで無料です。

まずは気軽にプロに相談してみてくださいね。

1. パソナキャリア|親身なサポートが充実!と口コミで高評価

パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

サポート体制は業界No.1と言われているため、手厚い転職サポートを受けたい40代の方におすすめです。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることができます。

あきら
業界ごとに専門のコンサルタントがいるなら安心できそうですね!
佐々木
そうですね。

また、500人の方を対象に行った転職エージェントの評判・口コミ調査からも、

サポートの手厚さはダントツという意見が多数見受けられました。

パソナキャリアはサポート体制も業界トップクラスなので、転職に不安のある人にオススメです。

2. Spring転職エージェント(アデコ)|面談率100%!40代は登録必須!

『Spring転職エージェント(アデコ)』は世界60ヶ国に拠点を持つ総合人材企業です。

以前は派遣事業が中心でしたが、近年は転職支援サービスを強化しており、40代の転職求人も広く揃えています。

また、転職エージェントによっては、市場価値が低いと判断されると面談を断られるケースもありますが、『Spring転職エージェント(アデコ)』は面談を断ることがほぼありません。

キャリアに自信がない方でもまずは登録してキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

補足

公式サイト:http://www.springjapan.com/

3. doda

doda

doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントと同様に、40代求人を広く保有しているので、あらゆる選択肢を知りたい人にオススメです。

4. リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界No.1である『リクルートエージェント』は…

志望業種や業界に関わらず、転職活動を始めるすべての人にオススメの転職エージェントです。

幅広い業界の転職成功実績・ノウハウがあるため、40代の転職活動を円滑に進めることができます!

500人を対象とした『リクルートエージェント』の評判・口コミを調査した結果では、幅広い層からの支持が高いことが明らかになりました。

評判の悪い口コミでは、「40代だからか、面談拒否された」というものも見受けられましたが、面談を実施するかどうかは担当のキャリアコンサルタント次第です。

公開求人・非公開求人ともに保有数が業界ダントツ1位なので、面談さえしてもらえれば、あなたに合った40代の求人案件がきっと見つかりますよ!

完全無料で利用できるので、まずは登録してみましょう。

キャリアに自信がない方におすすめの転職サイト

1. リクナビネクスト

『リクナビNEXT』は転職業界で国内トップのリクルートが運営する転職サイトです。

掲載求人数も圧倒的で、『リクナビNEXT』でしか応募することができない限定求人が85%を占めることでも有名です。

転職エージェントと違って、自分自身で準備しなければいけないことが多くなりますが、

新しい求人を見ていく手段としてはとても有効なので、ぜひ登録してみましょう!

2. マイナビ転職

『マイナビ転職』は、業界トップのリクルートと並ぶマイナビが運営する求人サイトです。

近年は特に求人を増やしているので、優良求人と出会える可能性が高いです!

3. @Type

『@Type』は、東証一部上場企業のキャリアデザインセンターサイトが運営する求人サイトです。

リクナビ・マイナビに負けじと求人数を増やしているほか、サイトの操作性が高く人気です。

すぐに働きたい方におすすめの工場系求人サイト

仕事がなかなか決まらない・とにかくすぐに働きたいという方は下記の工場系の求人サイトに登録しましょう!

工場系のおすすめ転職求人サイト

1. スマートジョブズ

スマートジョブズは工場(製造派遣)に特化した求人サイトです。

全国各地の工場(製造系)のお仕事が掲載されています。基本的には派遣社員の募集が多いですが、一部で正社員の募集もあります。

電子部品や車部品の組み立てなどの技術系から、検品や検査、仕分けといった誰でもできるようなものまで、幅広く取り扱っています。

スマートジョブズで取り扱う求人は高収入な案件が多く、寮アリ、家賃や光熱費を一部負担など好条件の案件も多いので、主に40代の独身男性に人気です。

2.工場求人ナビ

日総工産(NISSO)が運営する『工場求人ナビ』は、工場(製造業)に特化した求人サイトです。

日総工産は40年以上の歴史がある企業なので、安心して全国各地の正社員・派遣・メーカー直接雇用などの求人を探すことができます。

トヨタ自動車やブリヂストンなど大手メーカーも幅広く取り扱っています。

年齢や性別関係なく応募できる求人が豊富で、未経験で工場へ転職した40代男性も多いです。

日総工産の福利厚生サービスである「ベネフィット・ステーション」や「給与前渡し制度」など他の求人サイトにはないサービスも人気の秘訣です。

40代転職の最終手段はハローワーク?

ハローワーク(公共職業安定所)は厚生労働省が運営する“お仕事探しを全面的にサポートしてくれる”機関です。もちろん無料です。

実際にハローワークのサービス内容は以下の通りです。

ハローワークのサービス内容
  • 求人情報の紹介
  • 就職相談窓口における相談
  • 職業訓練に関する相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削やサポート
  • 面接対策の実施
  • 企業への紹介状の発行
ワンポイント!

ハローワークはこんな機能も!

ハローワークは、雇用保険制度の窓口としても機能していて、雇用保険に関する手続きや失業等給付の受給についての手続きを行えます。

詳しくは下の公式HPよりどうぞ!
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_guide.html

あきら
もし転職エージェント・転職サイトで上手くいかなった場合に、ハローワークを利用すれば良いということでしょうか。
佐々木
そうですね。
転職エージェント→転職求人サイト→ハローワークの順でおすすめです。

ただ、ハローワークになるとなかなか優良求人が見つからないという声も聞くので、他の転職サービスで見つけたいですね…。

次はこちら
→転職エージェントを使わないと40代転職が失敗しがちな理由

キャリアに自信のある40代男性は転職エージェントでハイクラス求人を

「管理職経験がある」「高度な専門スキルがある」など、自分のキャリアに自信がある人は、エグゼクティブ向けのエージェントがおすすめです。

エグゼクティブ向けの転職エージェントには『総合転職エージェント』と『ヘッドハンティング型転職エージェント』の2つがあります。

基本的にはあなたの状況に合った転職エージェントを利用すべきです。

ただし、時間に余裕があるのであれば、両方のタイプの転職エージェントに登録してキャリアアドバイスを受けてみることをおすすめします。

すぐに転職したい人向け:総合転職エージェント

総合転職エージェントとは、一般的な形式の転職エージェントです。

専任のキャリアコンサルタントが1対1であなたの担当となり、膨大な保有案件の中からあなたの条件に合った求人案件を探してきてくれます

総合転職エージェントのメリットは、常に大量の求人案件を保有しているため、あなたに合った求人案件を数多く、迅速に見つけることができる点にあります。

佐々木
のちほど詳しくご紹介しますが、例えば『JACリクルートメント』はハイクラス求人を多く保有しているので、キャリアに自信のある人は登録必須の転職エージェントですよ!

じっくり転職したい人向け:ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型という、エグゼクティブ転職特有の形式の転職エージェントもあります。

総合転職エージェントと異なり、あなたに専任のキャリアコンサルタントは付きません。

そのかわりに、キャリアコンサルタント(ヘッドハンター)からスカウトの連絡がきて、転職を進めていきます。

ヘッドハンティング型転職エージェントのメリットは、エグゼクティブ求人の中でもハイクラスなExclusive案件と出会えることです。

Exclusive案件は会社の重要な事業戦略・機密情報に関連しており、公にしにくいため、限られたヘッドハンティング型のエージェントにのみ求人依頼が出されます。

そのため、総合転職エージェントのデータベースには掲載されていないハイクラスな案件と出会えることも多いのがヘッドハンティング型転職エージェントの特徴です。

あきら
ヘッドハンティング型ならではのハイクラス案件なんてあるんですね!!
CMでよく見る『ビズリーチ』はたしかヘッドハンティング型の転職エージェントでしたよね?
佐々木
そうですね。他にリクルートが運営する『キャリアカーバー』というヘッドハンティング型の転職エージェントもありますよ!

ただ、エグゼクティブのExclusive案件はそもそも数が少ないため、転職活動は中長期化することも多いです。

なので、総合転職エージェントにも同時に登録しておいたほうが安全ですね。

キャリアに自信がある40代男性におすすめのエグゼクティブ転職エージェント

エグゼクティブ転職を成功させた91%の人が、「40代に人気の転職エージェント」と「ハイクラス転職エージェント」を併用しています。

失敗の確率を最小限に抑え、希望の転職を実現するためには下記から最低5社以上に登録することをおすすめします。

ハイクラス転職エージェント

1. JACリクルートメント

年収500万〜1,200万円の海外や外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが、

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

2. ビズリーチ

キャリアに自信のある40代の方には、ヘッドハンティング型転職エージェントの『ビズリーチ』もおすすめです。

ビズリーチ

登録をしてスカウトを待つだけで、高収入のハイクラス求人を紹介してもらえるので…、

「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」という40代の方にに、おすすめの転職サービスです。

『ビズリーチ』では、登録している2,500人以上のヘッドハンターが「あなた」の代わりにハイクラス求人を探してくれます。

※のちほど紹介する『キャリアカーバー』のヘッドハンター数は1,000人です。

キャリアに自信がある人にとっては、登録をしてスカウトを待つだけなので、手間がかからないというのが最大のポイントです!

ただ、転職市場の価値が低いと求人提案をしてもらえない可能性があるので注意が必要です。

あきら
なるほど!
ビズリーチだけを頼りにすると、ちょっと不安ですね…。
佐々木
そうですね。
ヘッドハンティング型のエージェントは転職活動が長期化しがちなので、必ず他の転職エージェントと併用しましょう!

3. キャリアカーバー

キャリアカーバーは…

年収600万円以上で、良い条件の求人があれば転職したいけど、今は現職が忙しい人に間違いなくおすすめの転職サービスです!

あきら
キャリアカーバーの強みは、ハイクラス向けの転職にあるんですね!
佐々木
はい!

ハイクラス向けの転職には圧倒的に強みを持つので、キャリアに自信がある方にとってはオススメです!

転職エージェントを使わないと40代転職が失敗しがちな理由

あきら
「キャリアに自信があるか/ないか」で転職サービスを選ぶのが良いことは理解できました。

でも、転職エージェントって登録するのが面倒なんですよね…

佐々木
たしかに、私の経験からも、「いざ登録しようと思っても億劫で…」という方が多かったですね。

ただ、一般的に転職成功率が低いと言われる40代は転職エージェントを利用することで成功率をグンと伸ばせるんです。

転職エージェントを利用しない40代男性が転職に失敗しやすい理由は、

一人で【企業から40代男性に求められていること】を知るのは困難だからです。

実際に企業の採用担当者が40代男性の面接で確認しているポイントを少し挙げてみても…

  • コミュニケーション能力はあるのか
  • 即戦力になるのか
  • 管理職・マネジメント経験はあるのか
  • 長期的に働いてくれるのか
  • 会社の文化に馴染んでくれるのか
  • 家庭の事情などで欠勤する可能性があるか
    etc….

…といったように様々です。

仮に求められているものが正確に把握できたとしても、それを採用担当者に的確に伝え、採用担当者の不安を取り除かなければいけません。

その際にサポートしてくれるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーは、「あなた」だけでは手に入りづらい企業の裏事情を教えてくれたり、面接や応募書類だけでは伝わらない「あなた」の良さを企業にアピールをしてくれます。

だからこそ、40代男性は転職エージェントを可能な限り使うべきなんです。

登録は3分程度で完了し、最初から最後まで完全無料で利用できます!

気軽に登録して、担当キャリアアドバイザーとの面談に足を運んでみてくださいね。

おすすめの転職サービス

40代転職に成功した人は平均5社に登録しています。複数登録で失敗率を下げましょう。

すべての40代男性転職希望者におすすめの転職エージェント

キャリアに自信がない人におすすめの転職サイト

キャリアに自信がある人におすすめの転職エージェント

あきら
登録するのは1社でいいのでしょうか?
佐々木
いい質問ですね。
失敗の確率を大幅に下げるためにも、転職エージェントは1社ではなく複数登録すべきですよ!
転職エージェントに複数登録すべき理由

理由は下記の2点です。

  • 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高くなる
  • 自分にあった求人と出会える可能性が高くなる

もしあなたが1社にしか登録しなかった場合…

知らずのうちに優秀とはいえないキャリアアドバイザーに転職活動を頼って、損してしまうおそれがあります。

「希望の条件には合わない求人ばかり紹介される…」

「連絡が返ってくるのが遅い」

と、転職が遠回りになるリスクも…。

また、キャリアアドバイザーとの相性も転職活動が成功するかどうかを左右します。

転職成功のポイントは、実際に複数のエージェントでキャリア面談を受け、あなたに最適なキャリアアドバイザーを見つけることです!

転職エージェントと転職サイトの違い

あきら
そういえば、
転職エージェントと転職サイトってなにが違うのですか?
佐々木
その説明がまだでしたね。失礼しました。
転職エージェントと転職サイトは主に担当がつくかつかないかという点が異なっています。
エージェントとサイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあります。

転職エージェントではアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などをすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

あきら
サポートしてくれる転職エージェントがいれば、転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないです。
あきら
でも、それって逆に転職エージェントにサポートを断られたら、転職が上手くいかないってことですか…?
佐々木
もしエージェントにサポートを断られてしまっても、
転職サイトで優良企業の募集が見つかる場合もあるので落ち込まずに頑張りましょう!

その際は当サイト「転職nendo」がエージェントに変わってあなたをサポートしますので、

ぜひ活用していただければと思います。

転職エージェントを利用する手順

  • STEP.1
    WEBサイトから転職エージェントに登録
    転職エージェントに登録をする女性 担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。
  • STEP.2
    登録後、コンサルタントと面談の日程調整をする
    転職エージェントの男性キャリアコンサルタントとキャリア面談の日程調整をする女性 メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。
  • STEP.3
    担当コンサルタントと面談
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントとキャリア面談をする女性 あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。
  • STEP.4
    担当コンサルタントから求人提案を受ける
    転職エージェントの担当キャリアコンサルタントから求人提案を受ける女性 ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。 
  • STEP.5
    履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
    担当キャリアコンサルタントから履歴書の添削や面接対策を受ける女性 基本的に、全部無料で受けることができます。
  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募する女性 早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。
  • STEP.7
    書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張る女性 ここでいよいよ面接です。しっかり担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら進めていきましょう。 
  • STEP.8
    内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させた女性と担当キャリアコンサルタント 給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 

40代転職の失敗率を最小限に!転職エージェント活用方法10選

あきら
よし!自分に合った転職エージェントに登録完了!

あとは待ってるだけで、希望の会社に転職できるのでしょうか?

佐々木
受け身のまま何もしないと、いつまで経ってもあなたの希望の求人とは出会えませんよ!

なので、ここからは「転職エージェントを最大限活用して、転職を成功させる方法」を解説していきますね。

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

だからこそ、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

活用方法2
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

(3)エージェントの活用方法:メールの返信など、細かい約束を守る

メールの返信や書類提出等の細かい約束は守りましょう!

なぜなら、約束を守ることがキャリアドバイザーからの信頼を得ることに繋がるからです。

また、違った視点で考えると…

キャリアアドバイザーと、良い関係を築けない=紹介企業と良い関係が築けないと判断される場合もあります。

だからこそ、メールの返信や書類提出等の期限を守り、エージェントとの良好な関係を築きましょう。

活用方法3
メールの返信など、細かい約束を守る

(4)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法4
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(5)エージェントの活用方法:2週間に1度は求人紹介(スカウトメール等)を依頼する

定期的に求人紹介を依頼しましょう。この時に、具体的な希望と一緒に伝えるのがポイントです。

なぜなら、転職エージェントは連絡履歴が最新の求職者を優先的に対応するからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向が強く、

連絡をしていないと後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

活用方法5
2週間に1度は求人紹介を依頼する

(6)エージェントの活用方法:キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、切り替えて他社の転職エージェントを頼るのもいいでしょう。

佐々木
念のため、担当変更のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、
転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、
何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

活用方法6
キャリアアドバイザーが合わなければ変更する

(7)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法7
書類選考の際の推薦文は確認する

(8)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法8
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(9)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法9
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

(10)エージェントの活用方法:希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

なかなか希望の求人を紹介してもらえない場合はハローワークも視野にいれてみてください。

求人掲載が無料のハローワークでは、転職エージェントが保有していない企業の仕事情報も多数あります。

転職エージェントのような手厚いサポートは期待できませんが、希望の求人が見つかるかもしれませんよ。

活用方法10
転職エージェントで上手くいかなければハローワークへ行く

あきら
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね。
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールも早めに返信する
  4. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  5. 2週間に1度は求人紹介を依頼する
  6. 担当キャリアアドバイザーが合わなければ変更する
  7. 書類選考の際の推薦文は確認する
  8. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  9. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告
  10. 希望求人を紹介されない場合はハローワークへ行くのもアリ

40代転職の厳しい現実|成功例と失敗談

40代の転職経験者にアンケートをとったところ、転職を後悔している人・うまく行かなかった人の失敗談も見受けられました。

もちろん、40代の転職に成功している人もいますが、40代までに比べて厳しい現実が待ち構えているというのも事実です。

以下では、40代転職の失敗談・成功例に学び、あなたの転職活動に活かしましょう!

40代の転職で覚悟しておくべき厳しい現実|経験者の失敗談

年齢が邪魔をして転職は厳しかった
不動産営業(600万)→保険営業(年収490万)

40代以降は転職するのが難しいというのはわかっていましたが、実際どうにかなると甘い考えを持っていました。

結果、100社以上にエントリーして書類審査を通過したのはわずか8社。

私は転職の準備をせず、やみくもに転職活動をしても上手くいかないことを実感しました。

転職をしないという選択肢はなかったので、年収は下がりましたが、内定をいただいたところに入社しました。

(43代・男性・年収400万台)出典:転職相談

佐々木
やみくもに数多くエントリーしても、上手くいかないことが多いです。

プロのもとで転職ノウハウ・実践的な面接テクニックなどを学んだうえで、数多くの企業にエントリーすることが成功の鍵ですよ!

収入面・待遇面では満足できない…
法人営業(年収800万)→警備(年収300万)

高卒で大手企業に入社して以来、長年そこで頑張ってきました。しかし、年々社内の環境が変わり精神的に追い詰められて、うつと診断されました。ストレス発散のために暴飲暴食してたからか、糖尿病寸前とも。

2年ほどは退職金で暮らしていましたが、落ち着いたところで転職活動を開始しました。大手企業に勤めてたとはいえ、高卒で資格なしのため、警備会社や配送などの仕事にしか内定はいただけませんでした。

ストレスは減ったので、後悔はしていませんが、収入面を考えると「40代なのに給料こんなに少ないのか…」と思ってしまいます。

(43歳・男性・年収300万台)出典:転職相談

佐々木
精神的に追い詰められた状態での転職は辛いですよね…。

限界がくる前にまずは転職エージェントに登録して、プロに相談することをおすすめします!

いくつか求人を見ていけば、年収を大幅に下げることなく、精神的負担を減らせる仕事がきっと見つかるはずです!

40代転職の成功例|成功者の特徴は?

成功の鍵は謙虚さとエージェントの活用
物流業管理(年収500万)→環境サービス企画管理(年収650万)

親会社の業績悪化に伴い、転職を決意。私はこれまで事務・営業いろいろこなしてきたので、就職先はそれなりにあるだろうと安易に考えていました。

しかし、いざ転職活動をはじめても、年齢が邪魔をして正社員の道はかなり厳しいことを思い知らされました。家族が転職に反対していたこともあり、精神的に追い詰められていきました。

そこで、以前転職した部下に相談することに。彼のアドバイスもあり、7社の転職エージェントに登録し、とにかく片っ端から求人に応募してみました。

転職エージェントはサポート体制が強いところ、求人数が多いところ、転職ノウハウが多いところなどエージェントによって強みが違ったので、うまくすべてを活用しました。

中でも、あるキャリアアドバイザーの方に言われた「これまでの会社と比較したりせず、謙虚に、面接官が持つ採用することへの不安を取り除くことを意識しましょう」という言葉が私を初心に帰らせてくれました。

最終的に環境サービスに内定をいただくことができました。今年は家族で海外旅行を計画しています。

(45歳・男性・年収600万台)出典:転職相談

佐々木
「複数登録して、かつ謙虚にできる限り多くの求人にエントリー」

これは40代転職を成功させる鉄則ですね。

やはり一人で転職するのとプロにアドバイスをもらいながら転職活動を進めるのは全然違った結果になることが多いです。

工場は意外に高収入・高待遇
出版社(年収450万)→工場(年収400万)

長年勤めた出版社をうつ寸前になり、退社しました。しばらくは退職金で生活していたのですが、いよいよ貯金が底をつきそうになり仕事を探し始めました。

もうあくせく働く気力はなく、資格なし・未経験でできる工場や警備の仕事を中心に探しました。

工場特化の転職エージェントでは、「祝い金15万」「ワンルーム寮費無料」「平均年齢45歳」など想像以上に待遇の良いものが多く、いくつか条件のいいものに応募しました。

その中から3社ほど内定をいただき、いまでは某大手自動車メーカーで正社員として働いています。

(49歳・男性・年収400万台)出典:転職相談

佐々木
工場系の仕事は資格なし・未経験から40代男性でも採用される可能性が高く、寮費無料、祝い金など魅力的なサポートも多いです。

「スマートジョブズ」「工場求人ナビ」に一度目を通してみてくださいね!

40代の転職でよくある質問【Q&A】|未経験・資格なしで転職可能な職種は…?

佐々木
40代の男性からよくある質問をまとめてみました。

40代の転職で年収アップした人の割合は?

40代で転職して、年収がアップした人の割合は全体の3割から4割と言われています。

また、年収が下がってしまう人の割合が3割、転職前と転職後の年収が同じという人が3割から4割という結果に。

年収アップにこだわるのであれば、同じ業界・同じ職種への転職が理想的です。

資格なしでも転職可能?

結論から言うと、資格なしでも転職は可能です。

キャリアを活かして中小企業やベンチャーを狙うのも有効でしょう。

あるいは、配送・工場・清掃など身体を動かす仕事は資格なし・未経験の40代でも採用される可能性が高いです。

転職に有利になる資格は?

40代男性の場合、いかに即戦力として働けるかが採用の鍵になります。

そのため、転職に有利な資格は

  • 電気工事士
  • フィナンシャルプランナー
  • 介護福祉士
  • 第二種運転免許

などでしょうか。

人手不足の介護業界・タクシー業界・警備員などは40代以降の中高年の方におすすめです。

特に介護福祉業界は、今後高齢化社会によって需要が増すので、資格取得を考えている方はぜひ検討してみてください。

未経験・資格なしで就職可能な職種は?

未経験で、かつ資格なしで40代男性が就職するとなると、

採用可能性があるのは配送・工場あたりになるかと思います。

配送・工場系の仕事はブラック・激務というイメージもありますが、福利厚生が充実しており、年収も悪くない求人がたくさんあります。

一度工場系の転職サイトを確認してみてください。

まとめ:40代の転職は複数のエージェントに登録して失敗率を最小限に

40代の転職活動の秘訣は、できるだけ数多くの信頼できる転職エージェント・転職サイトに登録し、失敗の確率を最小限に抑えることです。

まずは最初のステップとして…

今回紹介したオススメの就職エージェントから最低5社は登録をして、試しに就職のプロからアドバイスをもらってみてくださいね。

おすすめの転職サービス
40代転職に成功した人は平均5社に登録しています。複数登録で失敗率を下げましょう。

すべての40代男性転職希望者におすすめの転職エージェント

キャリアに自信がない人におすすめの転職サイト

キャリアに自信がない人におすすめの工場系転職求人サイト

キャリアに自信がある人におすすめの転職エージェント

あきら
なかなかどこに登録すべきか決められませんね…。
佐々木
もし迷われているようでしたら、上記の『すべての40代男性転職希望者におすすめの転職エージェント』の★4社と

『キャリアに自信がない人におすすめの転職サイト』の★のついた2社に登録しておけば間違いないですよ!

あなたが良い就職を実現できるように応援しています!