転職エージェントおすすめランキング13選

20代後半におすすめ転職エージェント11選&20代後半ならではの活用術

20代後半におすすめの転職エージェント

この記事でお伝えすること
  • 20代後半向けのおすすめ転職エージェント
  • 20代後半向け転職エージェント活用方法
  • 20代後半の人の転職した成功例・失敗例
  • 20代後半の人に企業が求めていること
  • 今の会社を穏便に辞める方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『20代後半が使うべき転職エージェントってあるの?

『もう20代後半だし、早く転職したくて焦っています…

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

気づけば20代後半だし、早めに転職したいと思っています。

ただ、何から始めるべきかイマイチ分からなくて…

佐々木

20代後半は、今後の人生の軸を決めるためにも大切な時期です。

失敗してズルズルと30代にならないよう、まずは慎重に転職活動を行うことを心がけましょう。

そこで、今回は主に下記の点をお伝えしていきます。

あなたの年収、適正な額ですか?

『マイナビエージェント』では、20代の転職者のおよそ7割が年収アップに成功しています。

優良企業の求人は、人気なので早い者勝ちです。登録はお早めに!

過去30日間の登録者数588人!

20代後半におすすめの総合転職エージェント5選

佐々木
それでは、早速20代後半におすすめの総合転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界No.1であるリクルートエージェントは、20代後半のキャリアアップも視野に入れた転職に最適なエージェントです。

業界No.1だからこそ、業種業界を問わない豊富な求人数を保有しており、あなたにとって最適な転職先が必ず見つかるでしょう。

あなたが自覚していない潜在スキルの引き出しや、棚卸しを行い、経歴から思考までを含めて、キャリアアドバイザーが最適なサポートを提供。

忙しいあなたに代わって、企業への交渉などもすべて任せることが可能です。

佐々木
リクルートエージェントが保有している求人は、90%が非公開求人です。

登録しないと知れない優良企業の求人もあるので、ひとまず登録してみるのがいいでしょう!

doda

dodaは、業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

求人案件数は『リクルートエージェント』と比べると少ないですが、実践的な転職のアドバイスに定評があり20代後半にオススメのエージェントです。

実際に、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており…

転職を成功させる面接テクニックや、選考に通過しやすい職務経歴書の書き方、といった具体的なノウハウを提供しています。

佐々木

すぐに転職する気がない人でも、豊富な転職ノウハウを持っているので、

情報収集のために、dodaには登録しておくべきです!

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒就職No.1の「マイナビ」を運営する転職エージェントです。

「マイナビ」の新卒領域での強みをそのまま活かしているため、若手世代に当たる20代後半にもおすすめの転職エージェントです。

実際、新卒採用を実施している大手企業は「マイナビ」を利用しているため、第二新卒や若手の中途採用の求人もマイナビエージェントに依頼する傾向が強いです。

各業界専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートしており、20代にもっとも信頼されている転職エージェントです。

佐々木

30代以降の転職実績は豊富とは言えませんが、その分若手の手厚い転職サポートを行っているので、

20代後半の転職では、マイナビエージェントに登録しておけば間違いありません!

ワークポート

ワークポート ワークポートは、転職決定人数No. 1を誇る、豊富な実績を持つ転職エージェントです。

業界に精通した転職コンシェルジュが、数ある求人の中から、本当に価値のある情報を厳選して紹介。

コンシェルジュの経験値と自社のマッチングシステムを掛け合わせることで、高精度のマッチングを実現しています。

サポート力にも定評があり、これまでの経験をもとに、20代後半の方のスキルや将来のキャリアプランまで考慮した丁寧なカウンセリングを行っています。

佐々木

「ホテルのコンシェルジュ」のようなきめ細かいサポートを提供しているので、

20代後半の方もスムーズでストレスフリーな転職活動が行えるでしょう。

type転職エージェント

type転職エージェント type転職エージェントは、「求人の選び方」「志望度の高い企業の受かり方」「納得のいく転職先の決め方」といった3つを大切にしています。

各業界のトレンドをしっかりキャッチし、納得感を持って転職できるように、専任のキャリアアドバイザーが最適なサポートを提供。

丁寧なキャリアカウンセリングによって、企業との日程調整や面接対策はもちろん、現職の退職交渉のフォローまで行っています。

佐々木

利用者の満足度87%と高い水準を維持している、type転職エージェントには、

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが、数多く在籍しています!


佐々木
以上が、20代後半におすすめの総合転職エージェントです。
20代後半向け転職エージェント
ゆり
この5社が、20代後半におすすめの総合転職エージェントなんですね!
佐々木

はい!上記の5社中3社以上に必ず登録しておきましょう!

スムーズに転職活動を進めるためにも、複数のエージェントに登録することは大切です。

キャリアに自信のない20代後半向け転職エージェント3選

佐々木
次に20代後半の中でも、自分のキャリアに自信のない方におすすめの転職エージェントを紹介します。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーター・職歴なしの方向けの就職支援サービスを提供しています。

実際に登録者の多くは、社会人経験がない方が多いですが、優良企業への就職率は96%となっています。

正社員経験がない方や学歴に自信がない方、短期間で会社を辞めてしまった方など、様々な若手の悩みに寄り添った転職のサポートを提供。

また、求人数は大手転職エージェントに比べると少ないですが、その分求人を厳選し、ブラック企業を排除しているので、20代後半の方も安心です。

佐々木
DYM就職では、書類選考なしで面接に行ける求人案件も保有しているので、

キャリアに自信がなくても、すぐに企業との面接まで行くことが可能です!

ジェイック

ジェイック ジェイックでは、20代の就職・転職を支援する「就職カレッジ」を運営しています。

20代の転職に役立つノウハウが手に入る「無料就活講座」に加え、書類選考なしで優良企業の幹部と面談できる「面接会」を無料で利用できます。

大手〜中堅中小企業の社員研修を提供しているジェイックだからこそできる、20代向けの支援は受ける価値が大いにあるでしょう。

また20代であれば、これまでの経歴を問わず、80.3%で就職成功させている実績も大きな魅力です。

佐々木

もちろん営業職以外の求人案件も数多く保有しており、

就職講座、面接会、入社後の支援まで、フルサポートを行っています!

就職shop

就職Shopのトップ部分 就職shopは、リクルートが運営する「未経験からの正社員就職」に特化した転職エージェントです。

未経験歓迎の求人を数多く取り扱っており、書類選考なしで面接が行える案件も紹介しているので、キャリアに自信のない20代後半の方も安心です。

面談では、これからのキャリアを一緒に考え、幅広い選択肢の中から、正社員として長く働ける企業を紹介。

転職者自身が「働いてみたい」と思えるような、納得感のある転職を、これまで数多く実現しています。

佐々木
就職shopの求人は、100%訪問取材した企業だけです。

そのため、たとえキャリアに自信がなくても、優良企業に出会えること間違いありません!


佐々木
以上が、20代後半でキャリアに自信がない方におすすめの転職エージェントです。
キャリアに自信がない方におすすめ
ゆり

書類選考で落とされると、自信をなくしちゃいそうなんで、

書類選考なしや未経験歓迎の求人を、数多く持っていることは魅力ですね!

佐々木

はい!転職活動のスタートから、転職先に入社後の支援まで行っているので、

上記のエージェントを活用すれば、スムーズな転職活動が行えますよ!

キャリアアップを目指す20代後半向け転職エージェント3選

佐々木
それでは次に、転職でキャリアアップを目指す20代後半向けのエージェントを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント JACリクルートメントは、年収500万〜1,200万円のハイキャリア向けや外資系の求人に強みを持っている転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACリクルートメントキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が500万円以上の20代後半の方にはおすすめです。

佐々木
JACリクルートメントは、管理職・技術職・専門職の転職エキスパートです。

戦略的に転職活動を行いたいなら、ぜひとも活用してみるべきです!

ビズリーチ

ビズリーチの公式サイト ビズリーチは、ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラスの規模を誇ります。

ヘッドハンティング型ということもあり、年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会えるのが特徴的です。

ただ、基本的にスカウトを待つというサービスなので、急いで転職をしたい20代後半の方には向いていませんが…

スカウト内容によって、あなたの転職市場の価値も同時に明確になるので、キャリアの棚卸しも含めて、登録することをおすすめします。

佐々木
ビズリーチは、国内最大級のエグゼクティブ向け転職サービスで、

管理職やグローバル人材の可能性や選択肢を増やすサポートを行っています!

キャリアカーバー

キャリアカーバー キャリアカーバーは、リクルートが運営するヘッドハンティングサービスです。

年収800〜2,000万円の求人を多数保有しており、登録した転職希望者に最適な求人の紹介を行っています。

非公開のハイクラス向け案件も数多く保有しているので、登録すれば、まだ見ぬあなたの可能性に出会えるチャンスが待っています。

佐々木

登録後はスカウトを待つだけ!

日本を代表する大手企業の即戦力として、キャリアを形成したいなら登録すべきです!


佐々木
以上が、20代後半でキャリアアップを目指したい方におすすめの転職エージェントです。
キャリアアップしたい方におすすめ
ゆり
ハイクラスの転職に成功できれば、夢が叶いそうですね!
佐々木

そうですね!絶対に登録しないと知れない案件もたくさんあるので、

転職でキャリアアップを実現したいのであれば、必ず登録すべきです!

20代後半こそ転職エージェントを利用すべき理由

佐々木

まず、20代後半で転職を考えているのであれば、在職中に「転職エージェント」に相談すべきです!

自分のこれまでの経験から、とりあえず転職サイトである求人に応募したり、早く転職先を決めるため一番に内定がもらえた会社に入社する人もいますが…

焦って転職活動を進めるのは、危険です!最悪の場合、ブラック企業に入社してしまうこともあるでしょう。

佐々木
転職活動は、プロと一緒に精神的に余裕を持った状態で進めるのが、成功の鍵です!

実際に、転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

また、転職エージェントは「非公開求人」を数多く保有しています。

なので、登録しないと知れない求人情報もたくさんありますよ!

ゆり
サイトに公開されている情報だけではなく、非公開の案件もあるんですね!
佐々木
はい!エージェントによっても数は違いますが、実際約8割は非公開求人と言われています。

なかには、日本を代表する大手企業や幹部クラスの求人まで、魅力的な情報が多数ありますよ!

ゆり
なるほど!ますます登録するしかないですね!

面接では伝えきれないあなたの長所を企業に伝えてくれる

さらに転職エージェントは、あなたが企業と面接をする前後のタイミングで、企業の人事担当とコミュニケーションを取っています。

そこでは、あなたが面接で伝えきれないような長所を、あなたに代わってPRしてくれます!

佐々木
実際、20代後半を採用するにあたり、企業側は下記のような不安を抱えています。
企業が抱える不安
  • 入社してすぐに辞めないか
  • 円滑な人間関係を築けるか
  • 0から学ぶ姿勢はあるのか
  • 社会人としての基礎力はあるのか
  • 自分で考えて行動できるか
  • いち早く社内の戦力になれるか
  • ストレス耐性はあるのか

上記の不安を面接で全て解消するのは難しいので、転職エージェントがあなたに代わって企業に話をしてくれるのです。

佐々木
実際、3〜4時間も企業に対して、あなたの話をしてくれるエージェントもありますよ!
ゆり

すごく心強いですね!安心して転職活動が行えそうなイメージが出来ます!

ただ、どのエージェントも良さそうで迷ってしまいますね。

佐々木
もし登録先に迷っているなら、「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」の3社に登録しておけば間違い無いですよ!
おすすめの転職エージェント
佐々木

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

20代後半向け転職エージェント活用方法

佐々木

それでは、実際に転職活動を始める前に、

知っておくべき転職エージェントの活用方法をお伝えしていきます。

転職して叶えたいことの優先順位をつける

転職活動は、「不動産賃貸の物件選びと同じ」とも言われています。

転職先の規模条件として求めるものは、給料、業種、仕事内容、企業規模、労働時間、勤務地、休日日数、福利厚生など、人それぞれ違います。

実際のところ、転職で全ての条件を手に入れるというのは非常に難しいです。

そのため、将来のキャリアプランも見据えて、自分にとって何が大切か優先順位をつけましょう。

佐々木
優先順位を明確にしておけば、より条件に合った転職先を紹介してもらえますよ!

3社以上に相談してどんな求人があるのかチェック

転職エージェントごとに、保有する求人は異なります。

そのため、複数の転職エージェントに登録することで、自分の希望に合う会社を見逃す可能性が少なくなると言えるでしょう。

どのエージェントを活用しても同じようなサポートが受けられますが、よりあなたに合った支援を受けるため、複数登録は必須です!

佐々木

キャリアアドバイザーと面談をする時には、複数のエージェントに登録している旨を伝えることを忘れずに!

他のエージェントのダブルブッキングなどを避けるためにも大切です。

求人案件やキャリアコンサルタントを比較検討する

ゆり
もし登録して、相性の合わないキャリアアドバイザーが担当になったら、どうすればいいですか?
佐々木

もちろん、たとえ転職のプロといっても、

キャリアアドバイザーも人間なので、合う合わないはあるでしょう。

そういった場合は、担当変更することも可能なので、安心してください!

担当者によっては、採用されやすさや年収の高さを優先し、転職希望者の条件に合わない会社を紹介してくることもあります。

もし、希望条件以外の求人ばかりを紹介してくるのであれば、利用する転職エージェントを変更することも考えましょう。

そのためにも、複数登録は必須です!

ゆり
確かに、複数に登録しておけばすぐに乗り換えできますし、安心ですね!
佐々木
はい!サポートを受けるなかで、自分に合ったエージェントを探してみましょう。

口コミサイトを利用する

求人情報にいいことばかりが書かれていても、転職したら実際違った…というケースは多々あります。

そのため、求人情報だけでは分からない実態を知るために、「Vorkers」「転職会議」などの口コミサイトを利用することはおすすめです。

実際に働いている社員が口コミを投稿しているため、現場の生の声を知ることができるでしょう。

もちろん口コミなので、全てが本音ではないですが、参考程度に転職先のイメージが掴みやすくなります。

佐々木
転職エージェントに求人を紹介してもらったら、まず口コミを確認すべきです!

経歴やスキルに嘘はつかない

これは転職エージェントを使う以前に基本中の基本ですね。

経歴やスキルなどを詐称してもいいことはありませんので、ありのままの自分を伝えましょう。

推薦文は必ず確認する

あなたの担当コンサルタントが、企業に推薦文を提出してくれます。

稀に、あなたの経歴を写すだけなどひどいケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

複数のエージェントから応募すると「他のエージェントから応募がきてるけど…」と担当に連絡が入ってしまいます。

場合によっては、選考が破談になり応募できないことはもちろん、転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなる可能性もあります…

ゆり
なるほど!エージェントの活用方法と合わせて、気をつけるべきポイントもあるんですね!
佐々木
はい!転職を成功させるためにも、ここまで説明したことを覚えておきましょう!

20代後半は経験が重視される

佐々木

20代後半の方は、これまでの経験が重視されます。

20代前半に比べて求人数は減りますが、経験を活かせば、理想的な転職が実現できますよ!

実際、即戦力を求めている企業では、20代後半の業界経験者や高いスキルを持った人を積極的に採用しています。

これまで社会人として過ごしてきた経験を武器に、さらにこれからの人生を輝かせられる環境へ転職を目指しましょう!

佐々木

転職エージェントの面談を受ければ、自分の武器も明確にできます!

あなたの経験を振り返る意味も込めて、リクルートエージェントに相談してみましょう。

フリーターや無職から正社員就職を目指すなら

佐々木
フリーターや無職からでも、転職エージェントを活用すれば、正社員就職は可能です!

「自分のキャリアに自信がない」という方はたくさんいますが、エージェントのサポートを利用すれば、転職や就職は可能です。

初めて正社員になったり、久しぶりに社会に復帰するには、不安がつきものです。

一人で転職活動を進めて失敗しないためにも、転職エージェントを活用しましょう。

佐々木
特に、ジェイックDYM就職など、未経験就職に強いエージェントを活用すべきです!

20代後半の転職成功例&失敗例|未経験から優良企業の転職例も

佐々木
それでは、実際に20代後半で転職した方の事例を見ていきましょう。

20代後半の転職成功例

佐々木
まずは、転職に成功できた方の事例です。
5: 名無しさん@引く手あまた 2017/04/13 13:33:52.12 ID:K7JX6UPe0.net
5年目にして、弱小問屋→売上兆越え日経225メーカーに転職果たした。平均年収200万くらい上がる。人生って楽しいもんだな。
出典:2ch
理想の働き方を実現

営業職→事務職

転職活動を行ってた頃、「若手募集」という求人が多く、28歳の私に合う求人をなかなか見つけられませんでした。

自分一人じゃ何も進まないと思い、リクルートエージェントに相談し、転職先を紹介してもらうことに。

登録してまず面談を行ったのですが、自分で見つけられなかった求人をたくさん紹介してくれました!

20代後半って、転職のラストチャンスなんて言いますが、本当に覚悟を持って転職活動を行えば、いい求人を見つけることができますね。

営業職から事務職に転職しましたが、理想の働き方ができ、プライベートも充実しています!

(28歳・ 女性・年収300万円台)出典:転職相談

20代後半の転職失敗例

佐々木
次に、転職に失敗した人の例を紹介します…
671: 名無しさん@引く手あまた 2016/08/29 06:54:09.67 ID:pe/ds2Wd0.net

26歳、転職回数1回で現在営業職。

未経験の職種と業界だから「これも経験だな」と考えて入社して約1年。

しかし、想像以上に営業職が上手くこなせずにネガティブな毎日・・・

転職したいが、やりたいことが不明瞭だからまずどうすれば良いのかわからん。

出典:2ch
決断が遅かった...

僕は、もっと早く転職活動を始めればよかった…と後悔しています。

転職を考え始めたのは24歳あたりからでしたが、「みんな我慢しながら働いてるんだろうな」と思い、ダラダラと仕事を続けていましたね。

福祉関係の仕事をしていましたが、特にやりたかったわけではなく、とりあえず内定をもらえたからやっていました。

気づけば27歳…将来のことも考えて、いざ転職しようと決断!

しかし、狙っていた企業の求人は締め切られていたり、20代前半の募集が多く、結論として転職を諦めることに。

少しでも転職を考え始めた頃から、転職活動を始めていればよかった…と今でも後悔しています。

(27歳・ 男性・年収300万円台)出典:転職相談

ゆり
成功する人も失敗する人もいるので、転職活動はなるべく早く行動して、慎重に行うべきですね。
佐々木

おっしゃる通りです!

後悔しないためにも、少しでも転職を考えているなら、リクルートエージェントに相談してみましょう!

企業が20代後半を採用するときにチェックしていること

佐々木
ここで、20代後半を採用するときに企業がチェックしていることをお伝えします。

実際、応募者に対してどんなことを重視しているかを知れば、事前に対策を練り採用率を上げることが可能です。

そのため、下記の4つのチェックポイントを押さえておきましょう。

チェックポイント
  1. 自ら進んで貢献する意欲があるかどうか
  2. 採用後すぐに辞めてしまわないか
  3. 自分の短所に対してどのように対策しているか
  4. 将来へのビジョンはあるか

それぞれのチェックポイントを確認していきましょう。

チェックポイント1:自ら進んで貢献する意欲があるかどうか

仕事で成長を望むことは、社会人として当然のことです。

しかし転職活動で、自分の成長ばかりを望むような発言ばかりを繰り返すのはよくありません。

何故ならば、企業はお金をかけて人材を採用しているので、自社の発展に貢献してほしい気持ちが第一です。

スキルを磨きたい気持ちも分かりますが、会社は学校ではないので、いかにも企業に貢献できるかを伝える必要があります。

チェックポイント2:採用後すぐに辞めてしまわないか

「新卒は3年以内に辞める」と同じく、20代後半はまだまだ若手で「嫌なことがあったら、すぐに辞めるのでは」と思われがちです。

そのため、前職の退職理由を聞かれた時は、前向きかつ納得感のある回答を用意しておくべきです。

例えば、給料が低いことを理由に退職した場合、正直に伝えてしまうと、面接官に対しての印象が悪くなってしまいます。

給料に不満があっても、成果や実績がしっかり反映される会社で働きたい!など、印象の良くなるように話をしましょう。

チェックポイント3:自分の短所に対してどのように対策しているか

短所があるのは当然のことなので、決して悪いことではありません。

企業が知りたいことは、あなたが問題に直面した時にどう対処するかです。

あなたの短所が原因で問題を起こさないためにも、これまでの経験から対策方法を詳しく伝えられるよう準備しておきましょう。

普段から目標・計画を決めて行動し、達成できなかった時、何が原因だったか考える癖をつけておくことをおすすめします。

チェックポイント4:将来へのビジョンはあるか

20代後半であれば、スキルや技術を持っている人も一定数いますが、まだまだ仕事経験は浅いと認識している面接官もたくさんいます。

そのため、将来へのビジョンを持っておくことは非常に重要です。

企業側としては、将来へのビジョンがなければ、成長は期待できません。

「IT業界に転職して、資格を取りネットワークエンジニアになりたい」
「5年以内に管理職になり、責任感を持って仕事がしたい」
「営業スキルを磨いて、営業成績1位を取り、リーダーとして仕事をしたい」

など、具体的な将来へのビジョンを持っておけば、高く評価されるでしょう。

佐々木
以上が、20代後半の採用で企業がチェックすることです。
チェックポイント
  1. 自ら進んで貢献する意欲があるかどうか
  2. 結婚や出産に対してどう考えているか
  3. 採用後すぐに辞めてしまわないか
  4. 将来へのビジョンはあるか
ゆり
20代後半ならではのポイントなので、絶対抑えておくべきですね!
佐々木

そうですね!

転職に成功するためにも、面接官の気持ちはしっかりと汲み取っていきましょう。

今の会社を穏便や辞める方法|賢い退職の流れ

佐々木
それでは次に、会社を辞めるのに好印象な退職理由の伝え方をお伝えします。

なかなか上司に退職の希望を伝えるのも勇気がいることですよね…

そこでまずは、直属の上司に相談ベースで退職の意思を打ち明けることがおすすめです。

直属の上司に相談ベースで退職の意思を打ち明けてみる

まず退職の意思を直属の上司に伝える前に、同僚や部下に伝えてはいけません。

直属の上司を飛び越えて、重役や別部署の上司に伝えることもダメです。

なぜならは、会社の中で話が広がり直属の上司が「そんな話聞いてないぞ!」と不快な気持ちを抱き、円満退社できない可能性があるからです…

退職の意思を伝えるときは、こちらから一方的に退職の話をするのではなく、あくまで相談ベースで話をしましょう。

話し合いの中であれば、上司に意思を聞いてもらいやすいですし、これまでお世話になった誠意も伝わります。

また、上司の仕事に支障をきたさないよう、勤務時間外や業務が落ち着いた時間帯に相談してみましょう。

好印象を得られるおすすめの退職理由とは

佐々木
では、具体的にどんな退職理由なら好印象を得られるかお伝えします。

まず、退職理由にネガティブな内容を持ち出すことはやめましょう。

・給料や待遇に不満がある
・仕事が忙しすぎて続けられない
・会社に苦手な社員がいる

などの不平不満を伝えてしまうと、喧嘩別れになる可能性もあります…

また、「給料や職場の環境を改善するから」と引きとめられる場合もあるでしょう。

もちろん、引きとめられても強い意思があれば退職ができますが、スムーズに退職したいなら、本音と建前をうまく使い分けることが大事です。

具体的におすすめの退職理由としては、次のようなものが考えられます。

おすすめの退職理由
  • 新しい分野の勉強をして、自分のスキルを高めたい
  • これまでの経験を活かして、違う環境で自分の力を試したい
  • 資格を取るために勉強に専念したい
  • 海外留学に行って語学力を磨きたい
  • フリーランスになって自分でサービスを作りたい

上記のようなポジティブな退職理由であれば、上司も否定したり引きとめにくくなります。

また、家族の事情、結婚や出産、転居、体調の悪化なども引きとめにくい退職理由です。

20代後半のよくある質問【Q&A】

佐々木
それでは、20代後半の転職についてよくある質問を紹介します。

質問1:20代後半に選ばれている職業は?

20代後半に選ばれている職業を、タイプ別に紹介します。

20代後半に人気の職業

20代後半にとって転職のしやすさが人気の職業

  • 事務職
  • 営業職

専門性を高めたい20代後半に人気の職業

  • エンジニア
  • 不動産鑑定士

サービス業で20代後半に人気の職業

  • 飲食店の正社員
  • 介護職員

ハイクラスの20代後半に人気の職業

  • コンサルタント
  • MR

20代後半であれば、豊富な選択肢のなかから転職先を選ぶことが可能です。

だからこそ、より自分に合った転職先を見つけるためにも、慎重に転職活動を行う必要があるでしょう。

質問2:未経験でも転職できる?

20代後半は、未経験の業種業界へ転職するラストチャンスとも言われています。

採用する企業としても、20代後半であれば、まだ「育てる」ことができるため、ゆくゆく会社に大きな貢献をしてくれる人材として採用できます。

また、特に未経験の場合はどうしても働きたいという「熱意」を伝えることが大切です。

あなたの気持ちや人柄、真面目さ、積極性、志向性など、人間性が評価されれば、内定をもらえる確率も高くなるでしょう。

質問3:転職して今より良い会社にいける?

現状の不満をしっかり洗い出して、転職エージェントのサポートを受ければ、今より良い会社に転職できるでしょう。

また、転職で譲れない条件なども考えておくべきです。

全ての悩みを改善することは難しいかもしれませんが、転職で叶えたいことに優先順位をつけておけば、今の職場よりは良い環境で働けるでしょう。

質問4:正社員になるのは難しい?

もちろん、20代後半であれば、正社員になることも可能です。

30代40代と比べると、20代は最も正社員になるチャンスが多い年代です。

しかし、正社員を目指すとなれば、書類選考や面接のハードルも少し上がるので、覚悟を持って転職活動に望む必要があるでしょう。

正社員を目指している人は、少しでも不安を解消するため、転職エージェントを必ず活用しましょう。

質問5:資格があったほうが転職に有利?

資格は転職の時のアピールポイントになります。

持っている資格がある人は、存分にアピールしましょう。

また、資格がない人は、転職先の選択肢が狭くなってきますが、転職エージェントを活用すれば、あなたの長所を十分にアピールすることが可能です。

実際に、無資格でも転職先で活躍している人はたくさんいます。

エージェントのサポートを受ければ、資格の有無を問わず、転職に成功できる可能性がグッと高くなりますよ。

佐々木
他にも質問があれば、リクルートエージェントに相談してみることをおすすめします!

まとめ|20代後半こそ転職エージェントを上手く活用しよう

今回は『20代後半のおすすめの転職エージェント』というテーマでお伝えさせていただきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 転職を成功させるためにも、早めにエージェントに相談すべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 20代後半で未経験から優良企業まで転職できている事例あり
  • 企業側が気にしているチェックポイントを抑えておくべき
  • 穏便に今の会社を辞めるために、上司に相談すべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめ転職エージェント

◎20代後半向けの転職エージェント

◎キャリアに自信がない方におすすめの転職エージェント

◎キャリアアップしたい方におすすめの転職エージェント

ゆり

ありがとうございます!

ただ、どのエージェントも良さそうで迷ってしまいますね。

佐々木
もし登録先に迷っているなら、「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」の3社に登録しておけば間違い無いですよ!
佐々木

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

ゆり
はい!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
転職に成功できることを応援しています!