評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

20代は転職エージェント選びで失敗?おすすめの選び方と成功するキャリアの考え方

20代のおすすめ転職エージェント

佐々木
こんにちは!
転職アドバイザーの佐々木です!

20代で転職を考えいている人の中には…

「転職エージェントが良いって聞いたけど実際どうなの?」

「それに “転職エージェントってどれも同じ” な気がするし…」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり
とりあえず転職で失敗したくなくて、転職のプロに相談した方が良いかなとは思っているのですが…
佐々木
そうですよね…

30代以降のキャリアのためにも、20代でどんな仕事をするかが重要と言われているで、余計に悩みますよね。

もし、20代の転職エージェントの選び方を間違えてしまうと…

「ブラック企業に入社してしまい、また転職を…」

「そもそも内定が出ない…」

といったことになる危険性も…。

ゆり
考えれば考えるほど、やっぱり転職で失敗したくないですね…
佐々木
失敗したくないですよね…

ただ、あなたの状況にあった転職エージェントを利用すればきっと成功しますよ!

この記事では、これまで500人以上の転職を成功に導いた私が、プロの経験を元に…

20代が転職を成功させるための“おすすめの転職エージェント”を書いていきます。

それでは、まず大前提に知っていただきたいことからお伝えしていきますね。

おすすめのエージェント!
すぐにオススメの転職エージェントを知りたい方は…

こちらをタップしていただくと、オススメ転職エージェントを紹介している箇所にジャンプします!

【2018年】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
リクルートエージェント』【12月申込数No.1
業界最大手で転職実績No.1!転職成功者の93%が登録! 20代〜30代向けホワイト求人多数!リクルートと併用で成功率UP サポートが充実!まず何をすべきかわからない人におすすめ

20代はエージェントの選び方が成功と失敗を決める

ゆり
すごい素朴な疑問なのですが…

実際、転職エージェントってどこを使っても同じですよね?

ネットで見ても正直どのエージェントも一緒かなーと…

佐々木
単刀直入ですね!笑

そうですね、私の経験から言うと…

転職エージェントはどこを使っても同じではありません!

20代は転職エージェントの選び方が転職の成功と失敗を決めます。

たしかに、大手の転職エージェントだと、保有している求人の内容に大きな差が無くなりつつあるので、『どこの転職エージェントを使っても同じ』という表現は半分合っています。

ただ、転職エージェントには得意な業界業種、サポート体制の質、といった特徴があるのも事実なので…

20代の転職エージェントの選び方は重要なんです。

たとえば、同じ20代でも第二新卒の22歳〜25歳と20代後半の28歳.29歳とでは、おすすめの転職エージェントは全く違います。

佐々木
実際に私も20代の様々な状況の方の転職相談にのってきましたが、

それぞれの状況にあった転職エージェントを利用してる人は…

在職中でも効率的に転職を成功させていたり、入社後の定着率も比較的に良かったりする傾向があります。

その一方で、もし転職先が合わず定着することができなければ、転職を繰り返してしまうリスクがあります。

具体的に体験談を見てみると…

20代の体験談
今勤めている会社も退職したいです。今年の2月に入社して正社員になったばかりです。しかし人間関係と体調不良で退職を考えていますが、退職しても次の就職先があるかどうか不安です。

引用:Yahoo!知恵袋

26歳の体験談
まだ転職して半年ほどであること、次が3社目となってしまうこともありまた転職活動を行う事に躊躇してしまう気持ち、次はもう今のレベルの会社には入れないのではないかといった不安、単純に自分に根性がないのではないか、また同じことを繰り返してしまうのではないかといった複雑な気持ちでいっぱいです。

引用:Yahoo!知恵袋

ゆり
転職を繰り返してしまうの避けたいです…
佐々木
そのためにも、それぞれの状況にあった転職エージェントを利用して…

納得感のある転職を実現させなければいけません!

それでは具体的に次はタイプ別におすすめの転職エージェントをご紹介していきますね。

状況/目的別!20代におすすめの転職エージェントまとめ

ゆり
自分の状況に合った転職エージェントを選べば良いんですよね!
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

そして、もう一点大事なことがあります!

ポイント
最低3社の転職エージェントに登録をする

なぜかというと…

転職を成功させるためには、自分に合っているエージェントに出会い、企業へ強く推薦してもらうことが重要だからです。

自分に合っているエージェントに出会うには、最低3社のエージェントに登録をしたうえで、その3社を比較検討するべきです。

ゆり
たしかに1社のみの登録だと…

そのエージェントが良いのか悪いのかを判断できなそう…

佐々木
そうなんです!

だからこそ最低3社は登録をして比較検討するべきなんです!

ここからは、私が20代の転職相談を受けてきた経験をもとに…

6つの状況/目的別におすすめの転職エージェントを厳選したので、あなたに近い状況や目的を選んで最低3社に登録しましょう。

20代のエージェントまとめ
  1. 20代の全員にオススメのエージェント
  2. 正社員になりたい!
    →派遣社員・契約社員・アルバイト向け
  3. 辛いから会社を辞めたい!
    →新卒で入社して3年未満向け
  4. 可能性や選択肢を知りたい!
    →社会人3年目向け
  5. とにかくキャリアアップを目指す
    →社会人3年目〜5年目向け!
  6. 30代以降のキャリアを考えたい
    →28歳〜29歳向け!

※タップするとそれぞれのおすすめエージェントにジャンプします。

紹介しているものは登録から内定まで完全無料で一切費用は発生しませんので、ご安心くださいね。

(1)20代の全員におすすめのエージェント

ここでは20代全員におすすめできるエージェントを紹介していきます。

1-1:マイナビエージェント

マイナビエージェント 『マイナビエージェント』は新卒就職No.1の「マイナビ」を運営する転職エージェントです。

「マイナビ」の新卒領域での強みをそのまま活かしていることもあり、20代に一番おすすめの転職エージェントです。

実際に新卒採用を実施している大手企業は「マイナビ」を利用しているため、第二新卒や若手の中途採用の求人も『マイナビエージェント』に依頼する傾向が強いです。

30代以降のハイキャリアの転職成功の実績は豊富とは言えませんが、その分、若手キャリアのサポートが手厚いです。

そのため、20代で転職を考えたらまずは『マイナビエージェント』に相談してみましょう。

1-2:doda

doda 『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

求人案件数は『リクルートエージェント』と比べると少ないですが、実践的な転職のアドバイスに定評があり20代にオススメのエージェントです。

実際に、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており…

どうすれば転職活動が成功するのか選考に通過しやすい履歴書/職務経歴書、といった具体的なノウハウが豊富です。

そのため、すぐに転職をする気持ちが強くなくても、転職経験が少ない20代は情報収集のためにも登録をしておくと良いです。

1-3:パソナキャリア

パソナキャリア 『パソナキャリア』サポート体制が業界No.1と言われている転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが丁寧に相談にのってくれると定評があるため、転職エージェントへの相談が億劫に感じる20代はまずは『パソナキャリア』をおすすめします。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがついていることも、評判が良い理由の一つです。

もちろん、初めての転職もイチからサポートしてくれるため、まずは話を聞いてみたいという方は、ぜひ面談を受けてみてくださいね。

(2)正社員になりたい!派遣社員・契約社員・アルバイトの20代向け

ここでは、正社員になりたい、派遣社員・契約社員・アルバイトの20代向けにオススメできるエージェントを紹介していきます。

佐々木
高校中退、高卒、専門卒、大学中退の方ももちろん対象です!

2-1:ハタラクティブ

転職エージェントのハタラクティブの紹介 『ハタラクティブ』は、正社員になりたい20代をターゲットにした転職エージェントです。

実際に未経験歓迎の求人は1000以上も扱っているため、

今、派遣社員・契約社員・アルバイトの人でも高望みをしなければ、紹介を断られることはほとんどありません。

また、就職サポート面から見ても、書類審査通過率91.4%内定率80.4%という実績があり、

キャリア面談、履歴書等の添削、面接対策も丁寧に実施してくれます。登録後は電話がきますので、その際に転職に関する不安を気軽に聞いてみてくださいね。

2-2:JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック) 『JAIC(ジェイック)』は、20代若手の方をターゲットとした転職エージェントです。

未経験からでも正社員募集している求人を多く保有しており、独自の就活講座を持っておりサポートも手厚いです。

特に未経験からの営業職への就職に強みを持っているので、興味のある方はまずは相談してみてはいかがでしょうか?

2-3:DYM就職

DYM 『DYM就職』はもともと新卒領域に強みを持つ人材業界の企業です。

そのため、20代の第二新卒、既卒、フリーターといった若い層のサポートがとても充実しています。

対法人企業への営業力が高いDYMは、転職希望者を採用担当者にアピールするのが得意な転職エージェントです。

(3)辛いから会社を辞めたい!新卒で入社して3年未満の20代向け

ここでは、辛いから会社を辞めたい!新卒で入社して3年未満の20代向けにオススメできるエージェントを紹介していきます。

佐々木
大卒で入社された方でしたら、22歳、23歳、24歳、25歳が対象ですね。

3-1:ウズキャリ第二新卒(旧第二新卒ナビ)

ウズキャリ第二新卒 『ウズキャリ第二新卒』は、株式会社UZUZ(ウズウズ)が運営する、第二新卒に強い転職エージェントです。

一番の特徴が1人あたりの平均サポート時間が20時間になる点です。

私の今までの経験からもしても、ここまでサポートを徹底している転職エージェントは他にはありません。

数値で見ても、内定率が86%就職後の定着率が93%といった実績があるので、第二新卒で転職を成功させたい20代は絶対に登録するべきエージェントです。

3-2:ハタラクティブ

転職エージェントのハタラクティブの紹介 『ハタラクティブ』は、正社員になりたい20代をターゲットにした転職エージェントです。

実際に未経験歓迎の求人は1000以上も扱っているため、

今、派遣社員・契約社員・アルバイトの人でも高望みをしなければ、紹介を断られることはほとんどありません。

また、就職サポート面から見ても、書類審査通過率91.4%内定率80.4%という実績があり、

キャリア面談、履歴書等の添削、面接対策も丁寧に実施してくれます。登録後は電話がきますので、その際に転職に関する不安を気軽に聞いてみてくださいね。

(4)可能性や選択肢を知りたい!社会人3年目向け

ここでは、可能性や選択肢を知りたい!社会人3年目向けにオススメできるエージェントを紹介していきます。

佐々木
年齢で言うと、25歳、26歳、27歳の方が基本的に対象ですね。

4-1:doda

doda

先程も紹介しましたが『doda』、豊富な求人数を保有しつつ、実践的な転職のアドバイスに定評があるエージェントです。

入社して3年目は節目となるので、このタイミングでプロの意見を聞くことで、あなたの転職市場の価値を客観的に見てもらうのもアリです。

4-2:マイナビエージェント

マイナビエージェント 『マイナビエージェント』は新卒就職No.1の「マイナビ」を運営する転職エージェントです。

「マイナビ」の新卒領域での強みをそのまま活かしていることもあり、20代には一番おすすめの転職エージェントです。

実際に新卒採用を実施している大手企業は「マイナビ」を利用しているため、第二新卒や若手の中途採用の求人も『マイナビエージェント』に依頼する傾向が強いです。

第2新卒枠で人気の大手企業の求人をチェックしたい20代は一度相談してみましょう!

4-3:エンエージェント

エンエージェント 『エンエージェント』は2000年に設立された『エン・ジャパン株式会社』が運営する転職エージェントです。

転職希望者への丁寧な面談や面接対策のフォロー体制があり、初めて転職する方でも安心して転職活動を進めることが出来ます。

(5)とにかくキャリアアップを目指す!社会人3年目〜5年目向け

ここでは、とにかくキャリアアップを目指す!社会人3年目〜5年目向けにオススメできるエージェントを紹介していきます。

佐々木
年齢で言うと、24歳、25歳、26歳、27歳の方が基本的に対象ですね。

5-1:JACリクルートメント

JACリクルートメント 『JAC Recruitment』は年収500万〜1,200万円のハイキャリア向けや外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が500万円以上の方は相談してみましょう。

5-2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界No.1である『リクルートエージェント』は、3年目〜5年目のキャリアアップを考える20代にはオススメの転職エージェントです。

業界No.1だからこその求人数がある点、あなたを企業人事へしっかりアピールしてくれる点があるため、安心して相談してみましょう!

(6)30代以降のキャリアを考えたい!28歳〜29歳向け

ここでは、30代以降のキャリアを考えたい!28歳〜29歳向けにオススメできるエージェントを紹介していきます。

佐々木
20代後半、28歳、29歳が主な対象です!

6-1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

再びの紹介となりますが、『JAC Recruitment』は20代後半の28歳〜29歳にもオススメの転職エージェントです。

「20代での経験を活かしてマネージメント経験を」と考えている人には、年収500万〜1,200万円の案件が多い『JAC Recruitment』に相談してみましょう。

6-2:ビズリーチ

ビズリーチ 『ビズリーチ』ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラスの規模を誇ります。

ヘッドハンティング型ということもあり、年収1,000万円以上のハイキャリア求人2万件以上と出会えるのが特徴的です。

ただ、基本的にスカウトを待つというサービスなので、急いで転職をしたい人には向いていませんが…

スカウト内容によって、あなたの転職市場の価値も同時に明確になるので、キャリアの棚卸しも含めて、登録することをおすすめします。


状況/目的別のおすすめ転職エージェントは以上となります!

佐々木
ここでもう一度おさらいしておきましょう!
ポイント
最低3社の転職エージェントに登録をする
まとめ

20代の全員におすすめのエージェント

正社員になりたい!派遣社員・契約社員・アルバイトの20代向け

辛いから会社を辞めたい!新卒で入社して3年未満の20代向け

可能性や選択肢を知りたい!社会人3年目向け

とにかくキャリアアップを目指す!社会人3年目〜5年目向け

30代以降のキャリアを考えたい!28歳〜29歳向け

ゆり
ありがとうございます!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

佐々木
もし迷われているようでしたら、“20代の全員におすすめ”と紹介した…

マイナビエージェント、doda、パソナキャリアに登録をしておけば間違いないですよ!

少し長く解説しすぎてしまったので、ここで目次をご紹介しておきますね。

20代の転職こそエージェントを使うべき理由

ゆり
使うべき転職エージェントは理解できました!

ただ、転職エージェントって登録するのって少し面倒そう…

佐々木
たしかに、私の経験からも、「いざ登録しようと思っても億劫で…」という方が多かったですね。

ただ、20代は特に転職エージェントを利用した方が失敗しないんですよね。

20代がエージェントを利用しないと失敗する可能性が高くなる理由としては…

エージェントが企業人事の不安を解消するために動いてくれるからです。

たとえば、人事があなたに関して持っている不安を少し挙げてみると…

人事の不安
  • 入社後に3ヶ月以内など短期ですぐに辞めてしまわないか?
  • 前職の退職理由はなだったのか?
  • 入社後は社内で人間関係を築けるか
  • 即戦力になるか?もしくはポテンシャルはあるのか?
  • 覚悟はあるのか?
  • ストレス耐性はあるのか?

etc….

ゆり
こんなにあるんですね…
佐々木
もちろん、面接で全てをアピールできれば良いですが現実的に難しいので…

転職エージェントが採用担当者のあなたに対する不安を解消するために動いてくれます。

だから20代の転職こそ、転職のプロであるエージェントに頼むべきなんです。

実際に転職支援実績が累計41万1,000名(2017年3月期)を越える『リクルートエージェント』の利用者を見てみると…

引用:[recruitagent-link]リクルートの公式HP[/recruitagent-link]

佐々木
こうして見ると、26歳〜30歳が全体の44%を占めていますね!

やはり転職エージェントに問い合わせをするのは勇気がいることかもしれませんが…

転職に成功している20代は転職エージェントを利用しているので、ぜひ相談してみてくださいね。

次は実際に転職エージェントを利用すると、どのような流れで進むのか説明していきますね。

転職エージェントの利用の手順

実際に、転職エージェントを利用した場合、これだけのステップが発生します。

  • STEP.1
    WEBサイトから転職エージェントに登録
    転職エージェントに登録をするゆり

    担当コンサルタントから面談の日程調整の打診を受けるためにも、丁寧に情報を入力しましょう。

  • STEP.2
    登録後、コンサルタントと面談の日程調整をする
    転職エージェントとキャリア面談の日程調整をするゆり

    メールや電話で担当コンサルタントから連絡が届きます。

  • STEP.3
    担当コンサルタントと面談
    転職エージェントからキャリア面談を受けるゆり

    あなたの転職に対する希望条件、及び職歴(キャリア)についてヒアリングが実施されます。

  • STEP.4
    担当コンサルタントから求人提案を受ける
    転職エージェントから求人提案を受けるゆり

    ここで非公開求人や、企業情報を知ることができます。 

  • STEP.5
    履歴書や職務経歴書の添削、及び面接対策の実施
    キャリアアドバイザーから履歴書の添削や面接対策を受けるゆり

    基本的に、全部無料で受けることができます。

  • STEP.6
    希望する企業への応募(書類選考)
    志望する企業に書類選考を応募するゆり

    早ければ3日、だいたい1週間〜2週間程で選考結果が出ます。

  • STEP.7
    書類選考の通過後、希望企業の面接を実施
    選考活動で面接を頑張るゆり

    ここでいよいよ面接です。しっかり担当コンサルタントからアドバイスをもらいながら進めていきましょう。 

  • STEP.8
    内定獲得後、コンサルタントに給与交渉・入社日等の調整をしてもらう
    内定を獲得して転職を成功させたゆり

    給与交渉も転職エージェントがやってくれるので、あなたの希望をしっかりお伝えしましょう。 

ゆり
えっ…!

転職エージェントってこんなにサポートしてくれるんですね!

佐々木
実はそうなんです!

転職を成功させるうえで、転職エージェントのサポートの存在はかなり大きいんです!

どれだけ担当コンサルタントに協力的に動いてもらえるかが大事になってきます。

もし、担当コンサルタントからの信頼を失ったり、市場価値の無い人と判断されたりすると…

サポート全てにマイナス影響が出ます。

具体的には…

良い求人を紹介してもらえない、書類選考が通りづらくなる、といったことが想定できます。

だからこそ、良い転職エージェントに登録をして、担当コンサルタントと良い関係を築くことが重要になってきます。

佐々木
そのためも、次は転職エージェントを最大限活用する方法をご紹介するので、ちゃんと読んでくださいね。

20代で転職エージェントを使う際に注意したいポイント

ゆり
よし!私にピッタリの転職エージェントに登録完了!

あとは待ってるだけで、希望の会社に転職できるのかな?

佐々木
受け身のまま何もしないと、いつまで経ってもあなたの希望の求人とは出会えませんよ!

なので、ここからは「転職エージェントを最大限活用して、転職を成功させる方法」を解説していきますね。

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法2
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(3)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法3
書類選考の際の推薦文は確認する

(4)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法4
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(5)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法5
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

もしエージェントで駄目なら転職サイトやハローワークも

転職エージェントからの紹介を断られてしまった場合は、求人サイトやハローワークを利用するといった手段がありますので、諦めずに動いてきましょう。

求人掲載サイトを利用して企業に応募する

求人サイトは転職業界大手の『リクナビNEXT』がオススメです。

『リクナビNEXT』

『リクナビNEXT』は転職業界で国内トップのリクルートが運営する転職サイトです。

掲載求人数も圧倒的で、『リクナビNEXT』でしか応募することができない限定求人が85%を占めることでも有名です。

転職エージェントと違って、あなたで準備しなければいけないことが多くなりますが、新しい求人を見ていく手段としてはとても有効なので、ぜひ、応募してみましょう!

公的支援サービスの『ハローワーク』を利用する

ハローワーク(公共職業安定所)は厚生労働省が運営する“お仕事探しを全面的にサポートしてくれる”機関です。もちろん無料です。

実際にハローワークのサービス内容を見てみると…

ハローワークのサービス内容
  • 求人情報の紹介
  • 就職相談窓口における相談
  • 職業訓練に関する相談
  • 履歴書や職務経歴書の添削やサポート
  • 面接対策の実施
  • 企業への紹介状の発行
ワンポイント!
ハローワークはこんな機能も!

雇用保険制度の窓口としてもハローワークは機能していて、雇用保険に関する手続きや失業等給付の受給についての手続きを行えます。

詳しくは下の公式HPよりどうぞ!
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_guide.html

ゆり
もし転職エージェントで上手くいかなった場合に、転職サイトやハローワークを利用すれば良いということですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

そのため、まずは転職が成功する確率が高い転職エージェントを利用しましょう!

まとめ|キャリアの土台になる20代こそエージェントを活用しよう

今回は『20代転職で成功させるためにはどうすればいいか?』というテーマでお伝えさせていただきました。

20代転職で成功させるために重要なことは、自分に合っているエージェントに出会い、企業へ強く推薦してもらうことです。

そのためにも、最低3社のエージェントに登録をし比較検討したうえで、自分に合っているエージェントを絞りましょう!

まとめ

20代の全員におすすめのエージェント

正社員になりたい!派遣社員・契約社員・アルバイトの20代向け

辛いから会社を辞めたい!新卒で入社して3年未満の20代向け

可能性や選択肢を知りたい!社会人3年目向け

とにかくキャリアアップを目指す!社会人3年目〜5年目向け

30代以降のキャリアを考えたい!28歳〜29歳向け

佐々木
あなたが良い転職を実現できるように応援しています!