評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

女性におすすめの転職エージェント7選!プロが選び方から活用方法まで徹底解説

女性におすすめの転職エージェントまとめ

佐々木
こんにちは!
転職アドバイザーの佐々木です!

女性で転職を考えいている人の中には…

「女性に特化した転職エージェントってあるの?」

「結婚や出産を考えると転職先は慎重に選びたい…」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり
最近、転職活動を始めたのですが、『何から考えればいいか』わからなくて…
佐々木
そうですよね…

私も同じ悩みを抱えた女性の転職相談をたくさん受けてきました。

もし間違った転職活動をしてしまうと…

「エージェントから的外れな求人しか紹介されない…」

「転職はできたけど、給料や福利厚生が下がってしまった…」

といったことになる危険性も…

ゆり
なんとか、そういった状況は避けたいです…
佐々木
そうですよね、でも安心してください。

女性の転職活動のコツを把握していれば、きっと希望通りの転職が叶いますよ!

この記事でお伝えしたいこと
  • 転職エージェントの選び方
  • 女性の転職におすすめのエージェント
  • 女性が転職サイトよりもエージェントを使うべき理由
  • 転職エージェントを使う際に注意したいポイント

転職エージェントの選び方は?女性特有のポイントを紹介!

佐々木
女性におすすめの転職エージェントをご紹介する前に…

まずは転職エージェントの選び方についてご説明していきますね。

転職エージェントを選ぶ時に大事なポイント

ゆり
「女性 転職エージェント」と検索すると多くのサイトが出てくるので、

どれが良いか選びきれないんです…

佐々木
確かにGoogleやYahoo!で検索すると、多くの紹介サイトが出てきますよね。

実際の私の経験では…

女性だけに特化したエージェントではなく、大手転職エージェントを利用することをおすすめします!

大事なポイント
女性特化型でなく、大手の総合転職エージェントをまずは利用するべき。
ゆり
えっ…!

女性に特化しているエージェントではなく、大手の総合転職エージェントで良いんですか…?

佐々木
意外かと思われますが、実はそうなんです!

女性の転職こそ大手の総合転職エージェントを使うべき理由は…

現在は大手の総合転職エージェントは積極的に『女性の転職支援』に力を入れているからです。

数年前までは女性に特化した転職エージェントを利用した方が良いと言われていたのですが….

現在は「女性の社会進出」や「ダイバーシティ」が注目され、エージェント各社が女性の転職支援に力を入れ始めました。

では、『女性の転職支援』に力をいれている大手転職エージェントの共通点を見ていきましょう!

女性の転職支援に力を入れている大手エージェントの3つ共通点

佐々木
女性の転職支援に力を入れている大手エージェントの共通点をまとめてみました。
3つの共通点
  1. 女性特有のライフイベントを経験しているコンサルタントが在籍
  2. 「女性従業員の数」や「福利厚生」などの条件で求人が探せる
  3. 女性の転職に特化したWEBコラムを保有している

共通点1:結婚・妊娠・出産・子育てを経験している女性コンサルタントが在籍している

一つ目の共通点は、女性特有のライフイベントを経験しているコンサルタントが在籍をしてる点です。

女性特有のライフイベントの悩みや不安に寄り添ってくれるコンサルタントの存在は、転職活動の際にとても心強くなってくるからです。

現在は公式サイトに女性コンサルタントのプロフィールが確認できるエージェントもあるので、ぜひ確認してみましょう。

共通点2:「女性従業員の数」や「福利厚生」などの条件で求人が探せる

『女性が活躍しやすい環境かどうか』は会社情報である程度判断できる場合もあるからです。

たとえば、女性従業員の数、管理職に女性が占める割合、女性が活躍しやすいのかという点が判断できます。

また、育休・産休取得実績の有無でも『女性が理解される職場かどうか』や『ワークライフバランスが大切にできるか』ということも判断できます。

共通点3:女性の転職に特化したWEBコラムを保有している

女性の転職に特化したWEBコラム(コンテンツ)を作成しているかどうかも、女性の転職に力を入れているエージェントの共通点の一つです。

女性に特化したWEBコラムを保有している=『女性の転職希望者を積極的に募集している』ため、女性の転職実績が豊富なエージェントが多いです。


佐々木
ここまでの内容を振り返ってみましょう!
おさらい

◎エージェントを選ぶ大事なポイント

女性特化型でなく、大手の総合転職エージェントをまずは利用するべき

◎なぜなら…

現在は大手の総合転職エージェントは積極的に『女性の転職支援』に力を入れているから

◎『女性の転職支援』に力を入れている総合エージェントの共通点

  1. 女性特有のライフイベントを経験しているコンサルタントが在籍
  2. 「女性従業員の数」や「福利厚生」などの条件で求人が探せる
  3. 女性の転職に特化したWEBコラムを保有している
ゆり
なるほど!

まずは大手の総合転職エージェントから利用していくべきなんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

大手の総合転職エージェントで且つ、『女性の転職支援』の共通点に当てはまるエージェントを利用していきましょう!

次は具体的なオススメの転職エージェントを紹介していきますね。

【タイプ別】女性におすすめの転職エージェント7選

佐々木
ここからはおすすめの転職エージェントについてお伝えさせていただきますね。

ここで大事になってくることは…

転職エージェントは得意分野がそれぞれ異なるので、あなたの希望や状況にあったエージェントを選ぶことが重要です。

まずは、女性の転職に強い大手3社を登録して、あなたの年齢や希望に合ったエージェントが数社選び相談してみましょう。

タイプ別おすすめ一覧
  1. 女性の転職に強い大手3社
  2. 20代女性におすすめ
  3. 30代前半〜40代後半におすすめ

※タップするとそれぞれのおすすめエージェントにジャンプします。

(1)女性の転職に強い大手3社

佐々木
まず転職を考える女性の方全員が登録するべき大手転職エージェントを紹介します。

エージェントを紹介する前に補足しておくと…

女性の転職では現在のキャリアに関係なく、転職は複数のエージェントを利用しましょう!

ポイント

女性が転職エージェントに複数登録するべき理由

  1. 求人は限られているため、紹介窓口を多く確保するべきだから
  2. 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高くなるから

もしあなたが1社にしか登録しなかった場合…

知らずのうちに優秀とはいえないエージェントに転職活動を頼って、損してしまうおそれがあります。

「希望の条件には合わない求人ばかり紹介される…」

「連絡が返ってくるのが遅い」

と、転職が遠回りになるリスクも…。

ゆり
それでは、実際に複数のエージェントでキャリア面談を受けて…

自分に合う担当者と出会うしかないんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

これから紹介する3社は、現在のキャリアに関係なくオススメできる大手転職エージェントなので、すべてに登録をしましょう。

それでは早速ご紹介していきますね!

1-1:doda

dodaのWoman Career(ウーマン・キャリア) 『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

dodaはWoman Career(ウーマン・キャリア)という女性のキャリアを専門にしているセクションがあります。

そこでは、女性専門の実践的な転職のアドバイスに定評があります。

また、dodaは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催しており…

どうすれば転職活動が成功するのか選考に通過しやすい履歴書/職務経歴書、といった具体的なノウハウが豊富です。

もちろん、女性の転職向けのイベントも豊富です!

実際のイベント
dodaのWoman’s Career Meeting

Woman Career主催の「Woman‘s Career Meeting」は、各界で活躍する講師を招き、女性が「自分らしいキャリア」を真剣に考えるきっかけ作りを目指す女性向けイベントです。

そのため、すぐに転職をする気持ちが強くなくても、女性の方は情報収集のためにも登録をしておくと良いです。

1-2:パソナキャリア

パソナキャリアの女性特化 『パソナキャリア』サポート体制が業界No.1と言われていて、女性の転職においても非常に評判が良いエージェントです。

キャリアアドバイザーが丁寧に相談にのってくれると定評があるため、転職エージェントへの相談が億劫に感じる女性の方はまずは『パソナキャリア』をおすすめします。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがついていることも、評判が良い理由の一つです。

また、パソナグループ全体で女性の社会進出を推進していることからも、女性に評判が良い理由ですね。

パソナのココがすごい

パソナグループは経済産業省が主催するダイバーシティ経営企業100選にも選出されている企業になります。

具体的に言うと、女性社員の割合が59%、役員に占める女性の割合22%、全管理職に占める女性の割合49%、女性社員の出産後の復職率100%なんです!(2016年5月時点)

もちろん、初めての転職もイチからサポートしてくれるため、まずは話を聞いてみたいという方は、ぜひ面談を受けてみてくださいね。

1-3:ワークポート

『ワークポート』は、IT業界やWeb領域に強みを持っていることでも有名ですが、実は女性の転職にも定評があります。

規模は業界最大手のdoda、パソナキャリアに比べると大きくはないですが…

その分、女性専任のコンサルタントが一人あたりに時間をかけて丁寧にサポートしてくれると評判です。

また、『ワークポート』が強いIT業界は成長産業なので、未経験からでもポテンシャルのある人材が欲しい企業が多いことは事実としてあります。

そのIT業界のチャンスを活かして、一人ひとりのサポートが丁寧な『ワークポート』を通じて、内定を獲得するのもオススメです。


ここで女性の転職に力を入れている大手転職エージェントを振り返っておきましょう!

ゆり
この3つが女性の転職に力を入れている大手転職エージェントなんですね!
佐々木
はい!

最低でもこの3には登録しておきましょう!

それではこれからは年代別におすすめの転職エージェントを紹介していくので…

上の3社に加え、あなたに合ったタイプから数社のエージェントに登録しましょう!

(2)20代女性におすすめの転職エージェント

ここでは20代女性におすすめの転職エージェントについてお伝えしていきます。

2-1:マイナビエージェント

女性向けマイナビエージェント 『マイナビエージェント』は新卒就職No.1の「マイナビ」を運営する転職エージェントです。

「マイナビ」の新卒領域での強みをそのまま活かしていることもあり、20代女性に一番おすすめの転職エージェントです。

実際に新卒採用を実施している大手企業は「マイナビ」を利用しているため、大手企業は第二新卒を含めた20代向けの求人も『マイナビエージェント』に依頼する傾向が強いです。

30代以降のハイキャリアの転職成功の実績は豊富とは言えませんが、その分、若手キャリアのサポートが手厚いです。

そのため、20代女性で転職を考えたらまずは『マイナビエージェント』に相談してみましょう。

2-2:女子カレッジ(JAIC)

女子カレッジ(JAIC) 女子カレッジ(JAIC)』は、20代女性をターゲットとした就職エージェントです。

未経験からでも正社員募集している求人を多く保有しており、独自の就活講座を持っておりサポートも手厚いです。

特に未経験からの営業職への就職に強みを持っているので、興味のある方はまずは相談してみてはいかがでしょうか?

(3)30代前半〜40代後半におすすめ

ここでは30代前半〜40代後半までの女性におすすめの転職エージェントについてお伝えしていきます。

3-1:ビズリーチ

30代40代女性向けのビズリーチ 『ビズリーチ』はヘッドハンティング型の転職サービスです。

「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」という30代前半〜40代後半女性におすすめの転職サービスです。

登録をしてスカウトを待つだけで、高収入のハイクラス求人を紹介してもらえますよ。

実際に『ビズリーチ』に登録している2,500人以上のヘッドハンターが「あなた」の代わりにハイクラス求人を探してくれます。

※競合になるリクルートが運営する『キャリアカーバー』のヘッドハンター数は1,000人です。

ただ、基本的にスカウトを待つというサービスなので、急いで転職をしたい人には向いていませんが…

スカウト内容によって、あなたの転職市場の価値も同時に明確になるので、キャリアの棚卸しも含めて、登録することをおすすめします。

3-2:リブズキャリア

リブズキャリア 『リブズキャリア』はキャリアアップを目指したい女性に特化した転職サービスです。

女性のライフイベントなども考慮しつつ、キャリアを積んでいきたい女性におすすめの転職エージェントです。

また、会社全体として、日本最大規模の女性アワード『Forbes JAPAN WOMEN AWARD』の運営も協力していたりと…

女性の社会進出に真剣に向き合っている企業です。


女性におすすめ転職エージェント7選は以上となります!

佐々木
ここでもう一度おさらいしておきましょう!
まとめ
ゆり
ありがとうございます!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

佐々木
もし迷われているようでしたら…

doda、パソナキャリア、ワークポートの3社に登録をしておけば間違いないですよ!

女性のこそ転職サイトよりもエージェントを使うべき理由

ゆり
使うべき転職エージェントは理解できました!

ただ、転職エージェントは登録するのって少し面倒で…

それなら転職サイトの方がサクッと求人が見れて簡単そうかなと思ったのですが…

佐々木
たしかに、転職サイトの方が簡単に求人が見ることがきますが…

基本的に、まずは転職サイトよりも転職エージェントを利用するべきです!

女性の転職サイトですと、リクルートが運営する『とらばーゆ』や『女の転職@type』が有名ですが、まずは先程紹介した転職エージェントの利用しましょう。

なぜなら…

エージェントとサイトの違い

就職サイトと就職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあります。

就職エージェントではアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などをすべてしてくれます。

一方、就職サイトの場合は、就職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、就職サイトよりも就職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

上記以外でも女性が転職エージェントを利用するべき理由を挙げると…

エージェントが企業人事の不安を解消するために動いてくれるという点が挙げられます。

たとえば、人事があなたに関して持っている不安を少し挙げてみると…

人事の不安
  • 結婚や出産ですぐに辞めたりしないか
  • 育児が理由で早退や欠勤が多くなったりしないか
  • 入社後に3ヶ月以内など短期ですぐに辞めてしまわないか?
  • 前職の退職理由はなだったのか?
  • 入社後は社内で人間関係を築けるか
  • 即戦力になるか?もしくはポテンシャルはあるのか?
  • 覚悟はあるのか?
  • ストレス耐性はあるのか?

etc….

ゆり
こんなにあるんですね…
佐々木
もちろん、面接で全てをアピールできれば良いですが現実的に難しいので…

転職エージェントが採用担当者のあなたに対する不安を解消するために動いてくれます。

だから女性の転職こそ、転職のプロであるエージェントに頼むべきなんです。

転職エージェントを使う際に注意したいポイント

ゆり
よし!私にピッタリの転職エージェントに登録完了!

あとは待ってるだけで、希望の会社に転職できるのかな?

佐々木
受け身のまま何もしないと、いつまで経ってもあなたの希望の求人とは出会えませんよ!

なので、ここからは「転職エージェントを最大限活用して、転職を成功させる方法」を解説していきますね。

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

(1)エージェントの活用方法:転職希望時期は遅くとも3ヶ月以内と伝えよう

キャリアアドバイザーには、まず「良い企業があればすぐにでも転職したい」旨を伝えましょう。

理由としては、キャリアアドバイザーの「あなた」に対する優先順位を上げるためです。

彼らも自社の利益を考えないといけないため、すぐに転職したい意思がある人を、最優先でサポートしてくれます。

そのため、遅くても転職希望時期は3ヶ月以内の旨を伝えましょう。

活用方法1
転職希望時期は3ヶ月以内と伝える

(2)エージェントの活用方法:複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなるからです。

実際の人材業界の裏側の話をすると、エージェントも売上が重要なので…

だからこそ、複数の転職エージェントを利用している旨を伝えましょう。

活用方法2
複数の転職エージェントを利用している旨を伝える

(3)エージェントの活用方法:書類選考の際の推薦文は確認しよう!

エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を加えて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

活用方法3
書類選考の際の推薦文は確認する

(4)エージェントの活用方法:同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない

エージェントに複数登録するのはOKですが、同じ求人案件に複数エージェントから応募するのはNGです。

なぜなら、応募企業から担当エージェントに「他の転職サイトから既に応募があった求職者」という情報が共有されるからです。

最悪の場合、企業・担当のキャリアアドバイザーの両者からの信用を失い、転職サポートも受けられなくなってしまうリスクもあるので注意しましょう。

活用方法4
同じ求人案件に複数のエージェントから応募するのはNG

(5)エージェントの活用方法:選考に進んだ際、面接後にはすぐに転職エージェントに報告

面接後はすぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

エージェントは面接後に企業の採用担当者側に連絡をとるので…

エージェントは、「あなた」が面接でアピールしきれなかった面をフォローしくれるからです。

エージェントは求職者の味方なので、面接後に転職エージェントに連絡しないのはもったいないです!

活用方法5
面接後にはすぐに転職エージェントに報告

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

最大限に活用する方法
  1. 遅くとも3ヶ月以内には転職したいと伝える
  2. 複数の転職エージェントを利用している旨を伝える
  3. 書類選考の際の推薦文は確認する
  4. 同じ求人案件に複数のエージェントから応募しない
  5. 選考に進んだ際、面接後にはすぐにエージェントに報告

まとめ|女性の転職はエージェントを活用して成功させよう

今回は『女性の転職を成功させるためにはどうすればいいか?』というテーマでお伝えさせていただきました。

女性の転職は、結婚、妊娠、出産、育児など考えるべき点が多いからこそ…

まずはどんな選択肢があるのかを知るためにもエージェントに相談するべきです。

まずは最初のワンステップとして、今回紹介したオススメの転職エージェントから最低3社登録をして、プロからアドバイスをもらいましょう!

まとめ

(1)女性の転職に強い大手3社

(2)20代女性におすすめ

(3)30代前半〜40代後半女性におすすめ

ゆり
ありがとうございます!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

佐々木
もし迷われているようでしたら…

doda、パソナキャリア、ワークポートの3社に登録をしておけば間違いないですよ!

あなたが良い転職を実現できるように応援しています!