60歳無職からの就職は難しい?定年後に仕事を見つけるポイントや転職体験談を解説

「60歳無職でも就職できるのかな?」

「60歳無職の末路って…、なんとなく不安…」

このような疑問を持っている人に向けて、『60歳無職から就職する方法』や『おすすめの就職先』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、60歳無職から就職する不安が無くなり、人生を再出発することができますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

60歳で無職を脱出できる?

佐々木
まずは60歳で無職になってしまった人について、実例を交えて紹介します。

私も知り合いに13万ほど貸しております。もう60歳位で無職になって生活保護者になってしまいました。毎月少しづつ3年計画で返済を約束しています。ただお金を貸して瞬間にギャンブルに使われた時はさすがに切れましたが、お金にルーズな人って多分病気なんでしょうね

—バタやん(@clef0204)2020年8月24日

60歳になり無職になった私には毎日が遊ぶ日みたいなものですが、週に1回行きつけの店で知人たちと飲む日が遊ぶ日のようなものです

—齋藤 昇(龍馬)(@ryoma3110)2013年5月17日

うつ病になった無職60歳の描く、貧富が火花を散らすバトロワ物

—qbc(@qbcqbcqbc)2020年9月14日

今年で60歳になりシニア待遇になったので、給料が約半額になった。納得出来ず、退社し現在無職である。
これからの日本は労働力が不足する筈だ❗
外国人労働力の前に、シニアの雇用待遇を向上させろ💢

—どうだろう(@HoIpsDN6mOVL6no))2019年5月14日

あきら
無職になって自宅に引きこもり、人と話す機会が減ったんですよね。

いざ就職しようとしても世間の目は厳しく、うまくいかなくて…。

佐々木
そうですよね…。

今時、60歳で無職・引きこもりの人は珍しくありません。

その理由は以下の通りです。

60歳無職が多い理由
  • 社会的な評価から自信をなくしている
  • 行動をためらってしまう
  • 応募可能な求人が少なく転職に苦労する
  • 非正規雇用は金銭面的に厳しい場合がある
佐々木
ただし、60歳は仕事に就ける、最後のチャンスなんです!

なぜなら60代となると、年を重ねるほど就職の厳しさが増すためです。

また、無職の期間が長くなるほど、応募できる求人は減っていきます。

このため、選択肢が多いうちに、自分が納得できる就職先・職種に就けるように行動することがおすすめです。

佐々木
60代無職のまま毎日を過ごすと悲惨な現実が待ち構えています。

それでは実際の体験談をご紹介します。

先日ドヤ街の年越しの映像がテレビで流れましたが、ホームレスっぽい60代の男性が「生活保護?要らないよ。仕事しがいが無い。」と。彼らが欲しいのは仕事と思う。

— 拓海銀二(@takumi_ginji) 2019年1月10日

60代の女性契約を切られ次の仕事が見つからない。
わずかな年金で生活ってニュースを見て、年金出るからまだマシじゃん。
深刻なのは氷河期世代で派遣切られて、年金もなにもない世代。

— REDRUM(@Akonagano) 2020年9月2日

ここ10年くらいの自殺者の男女比は7割が男らしい、中でも20〜60代が4割を超えている、やはり仕事が見つからない、出来ないという経済的な理由が多いそうだ

— 海夜/Meeya*(@miyaumiyoru)2012年4月22日

あきら
働きたくても、採用されにくいんですね…。

でも、就職への焦りはあるものの何から始めればいいのかわからなくて…。

佐々木
そうですよね…ただ、60歳でも就職した人はいるんです!

というのも、実際に私が相談を受けてきた経験上…戦略を立てた結果、就職できた元無職の方は多いのです。

あきら
無職から就職した人もいるんですね!

でも本当に就職できるのか不安です…。

佐々木
そうですよね…。

空白期間があり社会に対して不安がある方も多いと思います…。

その不安がやわらぐよう、就職のポイントをご紹介していきますね!

60歳無職のよくある質問

佐々木
多くの就職相談を受けた経験から、よくいただく質問についてご紹介します!

職業訓練校に通うべき?

佐々木
職業訓練校に通うメリットは以下の通りとなります!
職業訓練校に通うメリット
  • 受講料0円で講習が受けられる
  • 学校で資格試験を受けられる
  • 生活のリズムが作れる
  • 新しい出会いがあり、孤独感が薄れる
あきら
職業訓練校って、社会復帰に役立ちそうですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

ただし、注意していただきたい点も…。

職業訓練校に通うデメリット
  • 希望科目や時期が合わないことがある
  • 集団での授業につき、自分のレベルに合わないことがある
  • テキスト代や資格試験の受験料は別途必要
あきら
思ったより自分のペースで進められないんですね…。
佐々木
そうなんですよね…。

60歳という年齢もあり、早く就職して実務から学ぶことをおすすめします。

資格や免許をとるべき?

佐々木
資格を取得するのも無職脱出のためにはおすすめです!

とはいえ、誰でも取れる資格をとってもメリットは少ないです。

あきら
資格は多いほど有利になる訳ではないんですね…。
佐々木
おっしゃる通りです。

就職先と関係ない資格を持っていても、無駄になってしまうこともあります。

それよりも、早く就職して経験を積む方が、長期的に見ても給料を得やすいでしょう。

正社員を目指す前に派遣やアルバイトをすべき?

佐々木
正社員を目指す前に、派遣やアルバイトもひとつの手ですが、遠回りになってしまいます。

なぜなら、歳をとる分だけ正社員就職が難しくなるからです!

あきら
正社員を希望するなら、一刻も早く動き出すべきなんですね。
佐々木
おっしゃる通りです!

企業は「長く働いてくれる人」を採用したいものなんです。

また、派遣やアルバイト生活はリスクがあり、正社員になるためのスキルアップはしにくくなります。

派遣・アルバイトで生活するリスク
  • 給料が低くなり、安定しない
  • 正社員に再就職は難しくなる
  • 正社員以上に、時間と労働力を切り売りすることになる
  • 年齢が上がると、できる仕事が少なくなる
  • 年齢が上がる程、正社員との格差が広がる
  • 職場環境や人間関係がひどい可能性もある
  • 社会的な信用、世間からの評価は低下する
あきら
できれば正社員になりたいです…。
佐々木
そうですよね…。

ただ、正社員就職のハードルが高いという人は、派遣を選んでもOKです!

それに関連して、派遣先探しにおすすめのサービスを紹介しておきますね。

派遣登録なら!

◎リクルートスタッフィング

【公式】https://www.r-staffing.co.jp

社会復帰に一番いいのは正社員就職をすること

あきら
やっぱり無職を卒業して、社会復帰したいです。
佐々木
そうですよね…。

無職からの脱出で一番良いのは正社員就職です。

正社員で就職するメリットは以下の通りです。

正社員就職のメリット
  • 定年まで働けることが多い
  • 昇給・昇格、賞与や退職金など、得られる賃金が多い
  • 福利厚生や各種手当が充実している
  • 転職の際に職歴が評価される
  • 社会的な信用を得られる
あきら
正社員就職のメリットはこんなにあるんですね。
佐々木
おっしゃる通りです!

ただ、60歳の就職活動は厳しくなりやすいため、正社員だけでなく、パートやアルバイトも含めて仕事を探すことがおすすめです。

次の章では、60歳無職から就職する具体的な方法についてご説明します!

60歳無職から就職!成功率が最も高い方法

佐々木
ここからは、無職から社会復帰するために、60歳で就職を成功させる方法を解説していきますね。

就職成功のポイント

他の年代と比べて、60歳の就職をするうえで一番大事になってくることが…

『いかにして質の高い(自分に合っている可能性が高い)求人を多く見ていくか』です。

なぜなら、60代を募集する求人はそもそも少ないからです。

60代を募集している求人が少ないからこそ、いかに求人を多く見るかがポイントとなってきます。

60代の求人が少ない理由
60代の求人が少なくなる理由は…

50代以上に、60代以降になると能力はもちろん、1人ひとりの個性や性格、置かれている環境などが大きく異なるためです。

そのため、この多様性を「扱いにくい」と感じる採用担当者は多く、60代での就職はより一層厳しくなります

あきら
それでは、求人を見る量を意識すれば良いんですね!
佐々木
そうですね!まずはその意識でOKです!

ただ先程も言った通り、量だけでなく…

質の高い(自分に合っている確率が高い)求人を見ていくという視点も大事にしてください!

どうしても一人だけで、“質の高い”求人を“多く” 見ていくことには限界があるので…

就職のプロを上手く利用することがオススメです!

プロに頼むってどうすればいいの?

具体的に説明すると…

“質の高い”求人を “多く” 見ていくために、オススメできる就職のプロは大きく2つに分けられます。

相談するべき就職のプロ
  1. ハローワークを利用する
  2. 就職エージェントに相談する
もし就職に自信がある人は..
今までの職務経験に自信のある人は下記の3つもオススメです!

  1. 就職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 就職フェアやイベントに参加する

ただ、これらの方法はキャリアに自信があり、面接などにも苦手意識がない人向けです。

少しでも気になる点がある方はこれから説明する、就職のプロに任せることオススメします!

あきら
なるほど!

基本的にはハローワークと就職エージェントがオススメということなんですね!

佐々木
そうなんです!

それではその理由をこれから解説していきますね。

就職のプロ(1):求人数が豊富なハローワーク

転職エージェントの佐々木
佐々木
まず1つ目のおすすめ方法が、ハローワーク(公共職業安定所)を利用することです。

ここで60歳の就職でハローワークを利用することのメリットとデメリットをまとめてみました。

ハローワークの特徴
<メリット>

  1. 求人数が多い
  2. 退職者だけでなく在職者も利用可能
  3. 無料で履歴書の添削や面接対策を実施してくれる

<デメリット>

  1. 求人の質にバラツキがある
  2. 大手企業の求人が少ない
  3. 応募までに時間がかかる
  4. ブラックな案件もある
佐々木
メリットしては、派遣などの求人数を除いても約66万件あるという点ですが、

大手企業の求人は少なかったり、公共機関なので応募するまでに時間がかかってしまったり…

といったデメリットがあります。

ハローワーク公式ページ:https://www.hellowork.go.jp

就職のプロ(2):求人やサポートの質が高い就職エージェント

佐々木
就職を成功させる2つ目の方法は、就職エージェントを利用することです。
就職エージェントの特徴
<メリット>

  1. 求人の質が一定で大手企業の求人数が多い
  2. スピード感をもち就職をすることができる
  3. 無料で履歴書添削や面接対策をしてくれる

<デメリット>

  1. ハローワークと比べると求人数は少ない
あきら
あれ、こうやって見ると…

ハローワークと就職エージェントの役割ってあんまり変わらないんですね…

佐々木
するどい意見ですね!

おっしゃる通り、役割には大きな違いはありませんが、求人やサポートの質が違うことがポイントです!

就職エージェントのサポート例
  • 採用されやすい書類の作成方法を教えてもらえる
  • 面接テクニックや企業の見極めポイントなどを教えてもらえる
  • 非公開の魅力的な優良求人も紹介してもらえる

基本的に就職エージェントは、ハローワークよりも求人やサポートの質が高いです。

行政機関のハローワークと違い、就職エージェントは募集企業から仲介料をもらっているため、求人やサポートの質が高めるために予算が使えます。

また、デメリットとして求人数の少なさを挙げましたが、ハローワークと比べて少なく見えるだけで…

大手の就職エージェントは約10万件の求人があるため、求人数が少ないということはまずありません。

佐々木

求人数も大手の就職エージェントであれば十分なので…

効率よく失敗を最小限に抑えて、優良企業へ就職を成功させたい人は、まず就職エージェントを利用しましょう!

特に就職エージェントは、自分では手に入りづらい企業の情報やブラック企業を教えてくれたり、

面接や応募書類だけでは伝わらない「あなた」の良さを企業にアピールをしてくれたり…と手厚くサポートしてくれるため、

一人の就活では難しい企業にも採用されやすくなります。

だからこそ、60歳無職は可能な限り、就職エージェントを使うべきです。


あきら
なんだか整理が出来てきました!

60歳無職の就職は“求人の質と量”と“サポートの質”が大事で、それを考えると…

ハローワークよりも就職エージェントの方が良いということですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

ただ、無職の期間が長いことで、就職エージェントが使えない場合があるため…

就職エージェントを利用して、厳しそうであればハローワークも活用してみてくださいね!

就職エージェントに関しては「おすすめのエージェントはありますか?」とよく聞かれるので、これから紹介していきますね。

60歳無職におすすめの就職エージェント

佐々木
私がおすすめするのは、次の就職エージェントです。
おすすめの就職エージェント
  1. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『LHH転職エージェント』
    求人の質の高さに定評あり
    【公式】https://www.springjapan.com/
  3. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
あきら
ありがとうございます!

どれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…

もし迷ったら最低でも「doda」と「LHH転職エージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが…

相談後、「就職しない」となってもOKです!まずは登録して相談しましょう。

もしエージェントが駄目なら

上記すべてダメだった場合は、ハローワークに加え、転職サイトのリクナビネクストで地道にコツコツ応募してみましょう。

【公式】https://next.rikunabi.com/
佐々木
60歳無職から就職に成功するための方法は、以上になります。

60歳無職の就活体験談

佐々木
それでは実際に、60歳で就職した事例をご紹介していきますね。

母親から電話「ママ就職決まったよ!」めちゃウキウキしてた。60歳過ぎて初パート勤め。そら よかったス。

ーnuni(@nuninunico)2010年10月7日

母親(60歳代)が介護関連の契約社員として就職決まったとのことで、数年ぶりに男兄弟三人集まって実家の近くの居酒屋で就職祝いの会だったり。結婚しているのは末弟だけという状況

ー本多由亨(甲甲甲-)(@YoshiHon)2012年7月28日

57歳でうちの会社辞めて法科大学院行った人が挨拶にきてた。
3年(未修者)通ってストレートで合格、司法修習終わって弁護士事務所に就職決まったとのこと。

人生100年時代を生きてるなぁ🤔
人間やってやれないことは無いことを実感する。

ーいけはたくん(@OMYqICrt0SQZ7st)2019年11月8日

折れずに動いたお母さんに拍手!RT
@haruka_chiba
年明けから仕事を探していた母(60歳)が内定ゲット。かばん1つで田舎から出てきたのが2年前のこと。東京で趣味仲間がたくさんできて、仕事もみつかって…、人生って動かそうと思えば動くものなんだなと感じる。

ー深田晶恵(@akiefukata)2011年2月23日

あきら
やっぱり60歳になってしまうと厳しい面もありますが…

60歳無職でも就職できる可能性があるんですね!

佐々木
そうなんです!

実際に60歳未経験からでも就職を目指せる業種職種もあったりします!

60歳無職から就職するためのポイントがあるので、次の章でご紹介していきますね!

60歳無職が就職を成功させるポイント

佐々木
60歳で就職を成功させるポイントは次の通りです!
就職を成功させるポイント

◎生活習慣

  1. ネットに依存した生活から離れる
  2. 生活リズムを夜型から朝型にする
  3. 外出して人とコミュニケーションをとる

◎就職活動の準備

  1. 無職の理由を説明できるようにしておく
  2. 企業が求めていることを理解する
  3. 自己分析をする

◎就職活動

  1. できるだけ多くの企業を受ける
  2. ライバルが少ない業界を狙う
  3. 履歴書や経歴書をしっかり準備しておく
  4. きちんとした身だしなみで面接に向かう

それでは1つずつ説明していきますね。

◎生活習慣

ポイント1|ネットに依存した生活から離れる

転職エージェントの佐々木
佐々木
1つ目のポイントは、ネットに依存した生活から離れることです。

ずっと家の中にいると、パソコンやスマートフォン、ゲームなど常に手放さず持ってしまう可能性が高くなります。

今の時代インターネットがあれば、何でも情報が得られますし、ゲームを楽しんでいると何時間でも時間を潰すことが可能です。

しかし、ずっとネットに依存した生活を送っていては、ただただ時間が過ぎるだけで将来に向けて得られるものがありません。

「今日は一日パソコンを触らない」、「ゲームは1日1時間だけ」などのルールを決めて、少し無理をしてでもネットから離れた生活を送ってみましょう。

ポイント2|生活リズムを夜型から朝型にする

転職エージェントの佐々木
佐々木
2つ目のポイントは、社会に出て働くための第一歩として、規則正しい生活を送ることです。

60歳で無職や引きこもりの人の中には、ダラダラと夜更かしをしたり、時間が余り過ぎて昼寝をたっぷりしてしまうなど、

昼夜逆転の生活を送っている人がたくさんいます。

夜間の仕事に就くなら問題ないかもしれませんが、やはり仕事をする上で体調管理は重要です。

まずは規則正しい生活や健康的な生活を送ることで、無理なく社会復帰できる身体を作りましょう。

ポイント3|外出して人とコミュニケーションをとる

転職エージェントの佐々木
佐々木
3つ目のポイントは、60歳無職から脱出するために外出して人と会うことです。

やはり人と話して感情を抱いたり、表情を動かすことは働く上でも重要です。

誰かと会話をしていれば、自然と笑みがこぼれたり、思っていることを話せるのでストレスの発散にもつながります。

60歳無職から脱出するために外出して、親や昔の友人などと少しでも会話をしましょう。

◎就職活動の準備

ポイント1|無職の理由を説明できるようにしておく

佐々木
就職活動準備のポイント1つ目は、60歳で無職である理由を明確にすることです。

なぜなら面接官は、無職である理由を聞いた後、

「長期的に働いてくれる人なのか」
「やる気がある人なのか」

を判断し、あなたの採用合否を決めるからです。

もし次のような理由で無職だったのであれば、面接の際にアピールするポイントにもなります。

60歳で無職の理由例
  • ◯◯資格の取得
  • 家族の介護
  • △△のプロを目指していた
上記を参考に、60歳で無職である理由を明確にしておくことが、就職に近づくポイントです。

あきら
でも、明確な理由なく無職だったんです…。
佐々木
そのような人でも心配いりません!

実際、ストレスや精神的な問題、ギャンブルにハマったことが理由で無職の人もいます。

その場合は事実を説明するよりも、面接官に納得してもらえるストーリーを用意することで印象が良くなるんです!

無職の時期に得られた経験や、失敗経験も準備しておくと説得力が増します。

ストーリーを作るのが苦手な人は、就職エージェントを利用することで、一緒に考えてもらえますよ!

おすすめの就職エージェント

ポイント2|企業が求めていることを理解する

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動準備の2つ目のポイントは、企業が求めていることを理解することです。

採用で企業が注目している点は以下の通りです。

企業が採用で見ている点
  • 人柄
  • 価値観
  • 今後の可能性
  • 意欲・熱意
  • 礼儀やマナー

以上の点を踏まえてその会社で活躍できそうか、社風と合っているかを判断しています。

企業が求めることを理解したうえで、自分の強みやエピソードをもとに、しっかりアピールしましょう。

ポイント3|自己分析をする

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動準備の3つ目のポイントは自己分析をすることです。

というのも、自己分析をすることで次のようなメリットがあるからです!

自己分析のメリット
  1. 自分に合った職種や業界、企業が分かるようになる
  2. 自分の強みを理解し、面接時にアピールすることができる
あきら
自己分析をすることで、就職できる可能性があがりそうですね…!
佐々木
そうなんです!

自分の強みを面接でアピールできれば、採用される確率は大きく上がりますよ!

自己分析をする時に考えたほうが良いポイントは次の通りです!

自己分析のポイント
  • 性格・特性
  • 興味のあること
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • これまでの人生で頑張ったこと

自己分析は、就職の失敗を防ぐために自分が持っている経験や特性と正直に向き合うための作業です。

見栄を張らず自分に正直に進めていくことで、本当に自分に合った転職先が見えるようになりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

1人で行うことに不安があるなら、転職エージェントを活用して客観的な意見をもらいながら進めたり、

自分の強みが分かる「グッドポイント診断」などを活用すると良いでしょう!

詳しい自己分析の方法は、こちらの記事をご覧ください!

◎就職活動

ポイント1|できるだけ多くの企業を受ける

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動の1つ目のポイントは、できるだけたくさんの企業を受けることです。

書類の書き方や面接のコツは、回数を重ねることで身につきます。

準備が不十分なうちに本命の企業を受けた場合、失敗の可能性はかなり高くなります。

後悔なく働きたい企業で就職できるように、練習と思ってたくさんの企業を受けてみましょう。

ポイント2|ライバルが少ない業界を狙う

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動の2つ目のポイントは、ライバルが少ない業界を狙うことです。

60歳だと、特別なスキルや能力があれば別ですが、大手企業や人気のある会社に就職することはかなり難しいです。

このため、ライバルが少ない業界を狙うことで、就職の可能性を上げられます。

ただしライバルが少ない業界だからといって、ブラック企業ばかりではありません。

特に人手不足の業界では、今後も人を集めるために待遇改善に努めているところも増えています。

ポイント3|履歴書や経歴書をしっかり準備しておく

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動の3つ目のポイントは、履歴書や経歴書を準備しておくことです。

正社員経験だけでなく、アルバイト経験も含めて、履歴書にしっかりと記載しましょう。

というのも…アルバイト経験も立派な職務経歴であり、大きなアピールポイントになるからです。

実際どんなことを職歴として書けばいいか悩む方が多いと思いますが、次のことを出来るだけ分かりやすくしっかりと書きましょう。

記載すべきアルバイト経験
  • どのようなアルバイト先だったか・・・職種をはじめ職場環境のことなど
  • いつアルバイトをしていたか・・・何年何月からどれくらいの期間働いていたか
  • どのような仕事内容だったか・・・担当していた業務内容を細かく書く
  • アルバイトで工夫したことや努力したこと・・・自分なりに頑張ったことなど
あきら
アルバイトは職歴に書かないと思っていましたが…アピールポイントになるんですね!
佐々木
もちろんです!

実務経験があると面接官の印象が変わりますので、アルバイト経験も含めて記載しましょう

空白期間が長い場合は、その理由を説明できるストーリーを用意しておいたほうが良いです。

一人でストーリーを考えるのが難しいと感じる方は、就職エージェントでプロと一緒に考えることをおすすめします!

おすすめの就職エージェント

※職務経歴書・履歴書の書き方についてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事をお読みください。

ポイント4|きちんとした身だしなみで面接に向かう

転職エージェントの佐々木
佐々木
就職活動の最後のポイントは、きちんとした身だしなみで面接に向かうことです。

どの仕事をする上でも、「人と会う」ということは共通項目です。

仕事を一緒にしていくメンバーの中に、清潔感のない人や暗い感じの人がいれば、業務上やりにくくなることもあるでしょう。

チェックされている第一印象は、綺麗さやかっこよさではなく、表情や身だしなみ、声の抑揚から受ける印象です。

見た目だけでなく、内面から出るエネルギーで、「この人なら今のメンバーともうまくやっていけそう!」という印象を与える必要があります。

特に女性はメイク男性は髪型や清潔感を中心に見直してみましょう。


佐々木
以上が、60歳無職から就職を成功させるポイントとなります。

それではここで振り返ってみましょう!

就職を成功させるポイント

◎生活習慣

  1. ネットに依存した生活から離れる
  2. 生活リズムを夜型から朝型にする
  3. 外出して人とコミュニケーションをとる

◎就職活動の準備

  1. 無職の理由を説明できるようにしておく
  2. 企業が求めていることを理解する
  3. 自己分析をする

◎就職活動

  1. できるだけ多くの企業を受ける
  2. ライバルが少ない業界を狙う
  3. 履歴書や経歴書をしっかり準備しておく
  4. きちんとした身だしなみで面接に向かう
あきら
このポイントをおさえたら、就職できる気がしてきました!
佐々木
いいですね!

60歳無職におすすめの就職先や職種があるので、次の章でご紹介していきますね!

60歳無職・職歴なしの方におすすめの就職先

佐々木
60歳無職・職歴なしの方におすすめの就職先・職種をまとめると次の通りになります!
おすすめの就職先・職種
  • 介護職員
  • 配送ドライバー
  • タクシードライバー
  • 小売(スーパーなど)
  • 警備員
  • 土木作業員

それでは1つずつ説明していきますね。

おすすめ1|介護職員

■平均年収:約313万円

『資格なしOK』『未経験歓迎』『学歴・年齢不問』といった理由から、常に多くの求人があります。

訪問介護や介護施設の利用者から直接感謝されることも多い、やりがいのある仕事です。

また介護に必要な『介護職員初任者研修』が働きながらでも取得できるようなサービスもあります。

おすすめ2|配送ドライバー

■平均年収:約315万円

営業用の普通・小型貨物自動車を使って仕事をするため、普通免許を持っていれば、求人募集で年齢や学歴、経験を問われることはほとんどありません。

また配達ドライバー未経験の人や年齢が高い人でも仕事ができるように、企業側もサポート体制を十分に整えています。

おすすめ3|タクシードライバー

■平均年収:約313万円

男女共に、高い年齢層の人が働いている業界です。

有名な大手タクシー会社では、『入社する98%の方がタクシー未経験』というように、未経験からタクシードライバーを始める人が多いです。

求人条件は『普通免許』のみという募集がほとんどで、タクシードライバーに必要な『二種免許』の取得費用を負担してくれる会社がほとんどです。

おすすめ4|小売(スーパーなど)

■平均年収:約300万円

スーパーなどの小売業界は一般的な就活生の人気があまり高くなく、就職できる可能性が高いです。

さらに、必須資格もないため、比較的就職しやすい業界と言えます。

また、小売業界全体で人手不足の傾向があるため、採用される確率は高いでしょう。

おすすめ5|警備員

■平均年収:約340万円

警備員は50代男性が多く働いている仕事です。

施設内や工事現場などで財産や人の警備や警護を行う仕事で、縁の下の力持ちの役割を果たす大切な業務と言えます。

夜間の仕事もあり、その場合は高給を得やすいですが、ときに危険と隣り合わせである点は理解しておく必要があるでしょう。

おすすめ6|土木作業員

■平均年収:約390万円

多くの求人が未経験から応募可能で、資格や学歴が問われないため、就職を目指しやすい仕事です。

建設現場や道路工事の作業員としての募集が多く、現場によって多種多様な業務があります。

季節に関係なく外での仕事がほとんどとなるため、体力に自信がある方におすすめです。


佐々木
以上が60歳無職におすすめの就職先・職種となります。

それではここで振り返ってみましょう!

おすすめの就職先・職種
  • 介護職員
  • 配送ドライバー
  • タクシードライバー
  • 小売(スーパーなど)
  • 警備員
  • 土木作業員
あきら
60歳無職からでも就職がしやすい職種が6つもあるんですね!
佐々木
はい、そうです!

就職しやすい業界を狙うことで、就職成功率をアップさせましょう!

60歳無職から就職して人生をやり直そう

佐々木
今回は、60歳無職でも就職できることをご説明してきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 60歳無職でも正社員を含め就職できる
  • 就職エージェントに登録することで就職できる可能性が上がる
  • 就職に成功する人は、平均3社のエージェントに登録している
あきら
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いのですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの就職エージェント
あきら
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

ただ、求人を紹介してもらえる窓口を広げ、納得のいく就職をするためには3社全てに登録すべきです!

相談後、「就職しない」となってもOK!まずは登録して相談しましょう。

面倒だと感じる方は『doda』だけでも登録をして転職相談を受けると良いでしょう!

佐々木
60歳のあなたが就職に成功することを願っています!