アクセンチュアは激務?ブラックと言われる実態や内部事情を徹底解説

アクセンチュアは激務?ブラックと言われる実態や内部事情を徹底解説

この記事では、「アクセンチュアは激務って聞いたけど本当?」と疑問を持っている人に向けて、

『アクセンチュアが激務と言われる理由』や、『アクセンチュアの特徴』などをお伝えしていきます!

アクセンチュアには「高給与」「やりがいがある」などの声もたくさんありますが、「激務」という声が多いのも事実です。

実際、アクセンチュアに興味を持っているなら、本当に激務かどうかや詳しい企業の特徴を知りたい人が多いでしょう。

この記事を最後まで読めば、アクセンチュアが本当に激務なのかどうかが分かり、正しい情報を得た上で転職活動が進められますよ!

この記事がおすすめの人
  • アクセンチュアが本当に激務なのか知りたい
  • アクセンチュアが激務と言われる理由が知りたい
  • アクセンチュアの転職について知りたい
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

アクセンチュアは激務?その実態を解説!

転職エージェントの佐々木
佐々木
早速、アクセンチュアが激務と言われる理由をお伝えします!

実態を知ることで、働き方や激務さがイメージしやすくなりますよ!

アクセンチュアの実態
  1. プロジェクトによって忙しさが異なる
  2. ストラテジー部門が特に忙しい
  3. 働き方改革が進んでいる

1つずつ説明していきます!

実態1|プロジェクトによって忙しさが異なる

アクセンチュアは激務と言われますが、関わっているプロジェクトによって忙しさが異なります!

なぜなら、海外展開や全社的なデジタル革命などの大きなプロジェクトがあり、数か月から数年かかるものもあるからです!

忙しくないときは18~19時に帰宅できますが、プロジェクトが山場の期間は、朝から晩まで働き、休日も出勤する場合もあります。

このように激務な期間はありますが、プロジェクト終了後は長期休暇を取得することが出来るなど、メリハリをつけて仕事をできますよ!

実態2|ストラテジー部門が特に忙しい

事業ごとに仕事の大変さも違い、中でもストラテジー部門が特に激務の傾向があります。

なぜなら、ストラテジー部門はプロジェクトの提案期間が短く、3ヶ月ほどで提案を行う必要があるからです。

さらに、クライアントはこれまで様々な施策を試している会社が多いので、新しい施策を求めています。

そのため、短期間で膨大な知識を取り入れ、質が高く新しいアイディアを提供する必要があるので、

常にプレッシャーを感じ、体力的にも精神的にも追い詰められることがあります。

実態3|働き方改革が進んでいる

現在のアクセンチュアは働き方改革が進んでおり、労働環境が良くなってきています!

なぜなら、残業時間が100時間程度あり、評判が悪いことに危機感を持った江川社長が、2015年から働き方改革を行ってきたからです!

「Project PRIDE」と題した働き方改革は社長自らが音頭をとっており、ワークライフバランスの適正化を推進しています。

具体的な改革内容は次の通りです!

改革内容
  • 18時以降の会議を原則禁止
  • 残業の適用ルール厳格化
  • 短日短時間制度の導入
  • 在宅勤務制度の全社導入
  • 入社後の育休 など

このような制度を導入したことにより、残業時間は減少し、離職率は半分以下になっています!

ただ制度を押し付けるのではなく、「生産性を上げる働き方」や「他のプロジェクトで行われている工夫」などの情報共有が行われ、

全体として労働時間を減らせる工夫をしようと努めています!

転職エージェントの佐々木
佐々木
仕事が優先されるので、プロジェクトの繁忙期など業務として避けて通れない場合は、

残業や休日出勤が生じることはありますよ!


ここまで、アクセンチュアの実態についてお伝えしました!

まとめると次の通りです。

アクセンチュアの実態
  1. プロジェクトによって忙しさが異なる
  2. ストラテジー部門が特に忙しい
  3. 働き方改革が進んでいる
転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアは激務な部門や時期があるものの、働き方改革が進んでいるんですね!

それなら安心して働けそう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

無意味な長時間労働などは基本的には無いので、メリハリをつけて意欲的に働ける環境でしょう!

また、激務な期間は、規約に伴って残業代などがしっかり支払われますよ!

次に、コンサルティングファームが激務な理由を紹介します!

コンサルティングファームが激務な理由

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここで、そもそもコンサルティングファームが激務な理由をお伝えします!

アクセンチュアに限らず業界としての傾向を知っておくことで、転職の判断をしやすくなるでしょう!

コンサルが激務な理由
  1. 資料作成に時間がかかる
  2. 成果重視の評価制度
  3. プロジェクト期間が存在する
  4. プロジェクトに専門知識が必要

1つずつ詳しく説明します!

激務な理由1|資料作成に時間がかかる

プロジェクトでは、まずクライアントの意向や問題意識に沿った企画書を作る必要があり、この資料作成に時間がかかります。

なぜなら、社内で企画に対する意識を統一させ、そのうえでクライアントに提案する必要があるからです。

根拠のある内容にするために情報収集は欠かせず、企画が承認されるまで社内で何度も修正が入ります。

資料が出来上がり次第、クライアントとの合意を取り付ける段階に持ち込めるので、資料作成は時間をかけて作成します。

激務な理由2|成果重視の評価制度

コンサルティング会社は、成果重視の評価制度のことが多いため、価値のあるアウトプットが評価されます。

そのため、成果が出せれば短時間労働も可能ですが、成果が出なければ成果が出るまで働く必要があります。

成果を出し続けられれば評価が上がるため、プライベートの時間も勉強に費やす人も多いです。

激務な理由3|プロジェクト期間が存在する

どのような案件であれプロジェクト期間があるため、締め切りまでに案件を終わらせる必要があります。

基本的には半年~1年半くらいのプロジェクトが多く、プロジェクト始動前の戦略期間が一番忙しい場合と、終盤が忙しい場合があります。

また、プロジェクト期間内に退職者が出ることもあり、人員の変更や人数の減少が生じやすいことも原因になっています。

激務な理由4|プロジェクトに専門知識が必要

プロジェクトの内容は多岐にわたるため、自分の専門外の内容であることも日常茶飯事です。

コンサルティングの仕事はクライアントを支援することなので、深い専門知識まで習得する必要があり、

書籍などを活用して情報収集を行い、短期間で知識を習得しなければなりません。

さらに、コンサルティングの仕事は様々な業界を相手に、クライアントの意向に沿いながら期待以上の成果を出すことが求めれます。


ここまで、そもそもコンサルティングファームが激務な理由をお伝えしました!

まとめると次の通りです。

コンサルが激務な理由
  1. 資料作成に時間がかかる
  2. 成果重視の評価制度
  3. プロジェクト期間が存在する
  4. プロジェクトに専門知識が必要
転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアだけでなく、コンサルティングファーム自体が激務なんですね…。
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです。

大手のコンサルティングファームになるほど、取り扱う案件の規模も大きくなるので、激務になりやすいです。

しかし、激務なのはプロジェクト中だけなので、常に忙しい訳では無いので安心してくださいね!

コンサルティングファームの実態を詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

次に、アクセンチュアの特徴を紹介します!

知っておくべき!アクセンチュアの特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アクセンチュアの特徴を見ていきましょう!

特徴を知ることで社風などが分かり、他社との比較もしやすくなりますよ!

アクセンチュアの特徴
  1. 企業概要
  2. 職種
  3. 強み
  4. 社風
  5. 年収

1つずつ詳しく見ていきましょう!

特徴1|企業概要

転職エージェントの佐々木
佐々木
アクセンチュアの企業概要を表でまとめたのでご覧ください!
項目特徴
社名アクセンチュア株式会社
創業1962年、事務所開設
設立1995年12月
資本金3億5千万円
代表者代表取締役社長 江川 昌史
本社東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
従業員数約14,000人(2020年3月1日時点)
事業内容「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供
佐々木

詳しいアクセンチュアの概要については、下記の公式サイトをご覧ください!

アクセンチュアの詳細はこちら

特徴2|職種

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、アクセンチュアで募集している職種について紹介します。

アクセンチュアは4つの領域でサービスを行っており、

その中でも次の5つの分野に事業内容を分けて、サービスを提供しています!

ストラテジー

アクセンチュアの中核を成している重要な部門です。

「コンサルティング」や「デジタル」、「テクノロジー」などの各業界・各部門の専門性を集約し、クライアントに応じた戦略の立案と実行を担当しています。

コンサルティング

自社の先頭に立って企業とパートナー関係を結び、経営の課題や問題点を解決する提案を行います。

クライアントの業界ごとに部門が別れており、通信・金融・医療・エネルギーなど40以上もの業界に関する専門知識を保有します。

また、サイバーセキュリティに関する専門的なコンサルティングも行っています。

デジタル

企業のビジネスパフォーマンスを最大化するためのIT製品・サービスなどを扱っています。

デジタルテクノロジーを活用したブランド戦略、マーケティング戦略、コンテンツマネジメントなど、デジタル施策に関する解決案を立案します。

その他、AIやビックデータを活用した分析サービスも提供しています。

テクノロジー

テクノロジー関連の開発、ITコンサルティング、情報システムの統合や導入などを担当しています。

AIなど新分野のITを活用して、顧客企業の技術革新をサポートします。

また、業務向けプラットフォームの導入支援やITコスト削減、情報マネジメント、システム統合など、幅広いサービスを提供しています。

オペレーションズ

企業が持つフロントオフィスやバックオフィスの課題解決を担当します。

自動化や人工知能などを活用した市場分析や動向といったデータ提供を行ったり、

アウトソーシングやオートメーション化による業務の効率化、社内ITインフラの整備などを行います。

特徴3|強み

転職エージェントの佐々木
佐々木
アクセンチュアならではの強みを3つ紹介します!

強み1|最新技術を用いたITコンサルティング

アクセンチュアはIT分野に強いため、最新技術を用いたITコンサルティングを行っています。

常に新しい挑戦をする風土が根付いているため、最新技術を取り入れやすいです。

また、自社にシステム開発を行うエンジニア部門があるため、戦略構想からシステムの保守までを一貫して行えるのも強みです!

強み2|成果が出なくても新たなチャンスを与えられる

一般的に外資系コンサルティングファームには、「Up or Out」という「昇進できなければ退職する」という文化があります。

しかし、アクセンチュアには「Up or Elsewhere」という独自の文化があり、

3~4年以内に成果を出せない場合、退職では無く他部署に異動となります。

今の部署で成果を出せず、仕事が回ってこなくなったとしても、新たな部署でチャレンジする機会を与えられるため、

他のコンサルティングファームより優しく、自分に合った職場を見つけられる可能性があります!

強み3|働き方改革による柔軟な勤務体制

現在は働き方改革が行われ、時短勤務やフレックス制度など、柔軟な勤務体制になっています。

週3日以上及び週20時間以上の範囲内で勤務時間を設定し、育児や介護、ボランティア活動へ参加できる短日短時間勤務制度や、

業務内容に合わせて在宅での勤務が可能な在宅勤務制度、リフレッシュ休暇やボランティア休暇など幅広い制度があります!

また、ライフステージに応じた働き方が出来るように、様々な制度を整備しています!

特徴4|社風

転職エージェントの佐々木
佐々木
アクセンチュアには、次のような社風があると言われています!
社風
  • 社員のモチベーションが高い
  • 上昇志向でスペシャリスト
  • 熱意が表面に表れており、バリバリ働く
  • 忙しいときは休憩時間がない
  • オープンな雰囲気

このように、アクセンチュアには意欲的で活発な社員が多く見受けられます!

特徴5|年収

転職エージェントの佐々木
佐々木

アクセンチュアの平均年収は約900万円なので、日本の平均年収に比べ2倍近い額になっています。

また、アクセンチュアは職務給制度を取り入れており、5つに分かれている職位にって年収が変わります。

年収の目安は次の通りです!

職位経験年数年収
アナリスト1~3年450~600万円
コンサルティング3~5年600~800万円
マネージャー5~8年800~1200万円
シニアマネーシャー8年~1200~1500万円
マネージングディレクター2000万円~

一般的な大卒者の年収に比べると圧倒的に高い年収額ですが、同じ業界の年収と比べるとやや低い額となっています。


ここまで、アクセンチュアの特徴をお伝えしました!

転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアの特徴が良く分かりました!
転職エージェントの佐々木
佐々木
よかったです!

同じ業界でも、職場の雰囲気や強みは企業ごとに異なるので、比較検討することが大切ですよ!

次に、アクセンチュア志望者に求められる資質を紹介します!

必見!アクセンチュア志望者に求められる資質

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アクセンチュア志望者が知っておくべき、求められる資質を紹介します!

求められる資質を知っておくことで、選考対策がしやすくなりますよ!

志望者に求められる資質
  1. 新しいことに挑戦する意欲
  2. 専門性

1つずつ説明します!

資質1|新しいことに挑戦する意欲

転職エージェントの佐々木
佐々木
アクセンチュア志望者に求められる資質の1つ目は、新しいことに挑戦する意欲です!

アクセンチュアの業務はクライアントの経営課題を解決することなので、過去の経歴にこだわらず新たなアイディアを出す必要があります!

自ら新しいことに挑戦する意欲があれば、斬新なアイデアを出せるでしょうし、その姿勢が買われれば活躍できること間違いなしです!

資質2|専門性

転職エージェントの佐々木
佐々木
アクセンチュア志望者に求められる資質の2つ目は、専門性です!

アクセンチュアは、通信・金融サービス・医療・流通など、幅広い業界のコンサルティングを行っています。

そのため、専門性のある人は自分の経験を活かせるため、活躍の場が出来る上に貴重な人材として重宝されます。

幅広い知識が無くても、特定領域の研究を行っていたなど専門知識があれば、問題なく働けますよ!


ここまで、志望者に求められる資質についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

志望者に求められる資質
  1. 新しいことに挑戦する意欲
  2. 専門性
転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアに入るには、この2つの資質が求められるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

この2つは直接仕事に関わる要素でもあるので、必要不可欠な資質ですよ!

次に、アクセンチュアに転職するためにオススメの転職エージェントを紹介します!

アクセンチュアに転職するなら転職エージェントがおすすめ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、アクセンチュアへの転職で迷ったら活用すべき転職サービスをお伝えします!

結論からお伝えすると、迷っている人は「転職エージェント」を活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、アクセンチュアに転職すべきかどうかを判断してくれます。

アクセンチュアの内部事情にも詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの職歴やスキルなどを確認した上でアドバイスしてくれますよ!

また、他にも良い条件の求人を紹介してくれるので、転職活動をスムーズに進めることが可能です!

様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職活動で心強い存在になってくれるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  4. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  5. 『キャリアカーバー』
    特徴:年収2,000万レベルの求人を保有
    【公式】https://careercarver.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

本当に激務?アクセンチュアに関する評判・口コミまとめ

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アクセンチュアに関する口コミを見ていきましょう!

実際の声を知ることで、転職後のイメージがしやすくなるでしょう!

転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアは激務な部分もありそうですが、意欲的に働けている人も多そうですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

激務と感じるかどうかは人それぞれなので、耐えられずに辞めてしまう人がいるのも事実です…。

しかし、自分と相性が良い会社であれば、意欲的に働けるよい会社ですよ!

次に、アクセンチュア志望者が併願する企業の例を紹介します!

アクセンチュア志望者が併願する企業の例

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アクセンチュア志望者が併願する企業の例を紹介します!

アクセンチュアを検討している人は、次の業界を見てみるのもおすすめします!

志望者が併願する企業の例
  1. 総合商社
  2. メガベンチャー

それぞれ紹介します!

併願する企業1|総合商社

外資系コンサルティング会社を志望する人は、同時に総合商社を志望していることが多いです。

なぜなら、総合商社は多角的な商品やサービス展開をしており、世界中でビジネスを行っているという点が類似しているからです。

また、総合商社はトレードや事業投資といった経営目線で物事を見る業務も手がけるため、併願している人が多いです。

併願する企業2|メガベンチャー

メガベンチャーとは大企業と成長したベンチャー企業を指し、様々な方面で新しいことに挑戦してきた社風があります。

そのため、企業規模が大きいもののスピーディーな経営判断が特徴で、自由な社風を持つ点が外資系コンサルと似ている部分が多いです。

新しい挑戦をする社風であるため、自分の力を付けながら意欲的に働きたいとメガベンチャーを志望する人は一定数います。


ここまで、アクセンチュア志望者が併願する企業の例をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

志望者が併願する企業の例
  1. 総合商社
  2. メガベンチャー
転職希望者のゆり
ゆり
アクセンチュアを志望している人は、このような企業を併願しているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

どちらの企業も、コンサルティングファームと類似点があるため志望者が多いんです!

求める条件を明確にすることで、自分に合った企業を判断しやすくなりますよ!

アクセンチュアが激務か不安なら、転職のプロに相談を!

佐々木

今回は、アクセンチュアが激務かどうか疑問を持っている方に向けて、

アクセンチュアが激務と言われる理由や、アクセンチュアの特徴などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 激務な時期もあるが、働き方改革が進み働きやすい環境になりつつある
  • アクセンチュアは幅広い業界のコンサルティングを行っている
  • アクセンチュアが激務か不安なら、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

アクセンチュアについて知ることが出来ました!

佐々木

それは良かったです!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  4. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  5. 『キャリアカーバー』
    特徴:年収2,000万レベルの求人を保有
    【公式】https://careercarver.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!