客先常駐を辞めたい理由8選|退職者の体験談&経験を活かせる転職先

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「客先常駐をやめたい…」という人に向けて、

『客先常駐を辞めたいと思う理由』や、『本当に辞めるべきか判断する方法』などをお伝えしていきます!

客先常駐として働いている人の中には、このまま無理をしながら働き続けて良いのかと不安を感じる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、客先常駐から転職を成功させる方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 客先常駐を辞めたい
  • 客先常駐のまま働き続けて良いか不安
  • 客先常駐から転職できるのか知りたい
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

客先常駐はストレスがきつい?辞めたい理由8選

佐々木

それでは早速、客先常駐を辞めたい理由を紹介します。

辞めたい理由は人それぞれですが、一般的には次のような理由が多いです!

客先常駐を辞めたい理由
  1. 常駐先のルールが絶対
  2. 不満のはけ口がない
  3. 通勤時間が長くなる可能性がある
  4. 給料がなかなか上がらない
  5. キャリアップができない
  6. いつクビにされるかわからない
  7. 有休を消費しずらい
  8. 上司や先輩がいない

それでは、順番に見ていきましょう!

理由1|常駐先のルールが絶対

佐々木
1つ目の理由は、常駐先のルールが絶対な点です。

常駐している間は常駐先のルールを必ず守る必要があります。

そのため、勤務時間なども常駐先に合わせる必要が出てきます。

また、常駐先が土日に勤務しいている会社なら、土日も稼働しなくていは行けない可能性が生まれます。

理由2|不満のはけ口がない

佐々木
2つ目の理由は、不満のはけ口がない点です。

一般的な企業勤の場合は、不満を社内や飲み会などでストレスを発散することができます。

しかし、客先常駐は不満のはけ口がなくストレスをため込みやすくなります。

理由3|通勤時間が長くなる可能性がある

佐々木
3つ目の理由は、通勤時間が長くなる可能性がある点です。

客先常駐の場合、取引先の会社がある場所によって通勤時間が変わってきます。

そのため、都心から離れた場所に会社がある場合は通勤時間が1時間以上かかってしまうこともざらにあります。

理由4|給料がなかなか上がらない

佐々木
4つ目の理由は、給料がなかなか上がらない点です。

客先常駐はあらかじめ予算が決まっているプロジェクトにジョインするので、いくら頑張っても給料が後から上がることはありません。

理由5|キャリアップができない

佐々木
5つ目の理由は、キャリアップができない点です。

客先常駐の仕事は、仕事がプロジェクト単位で行われるので、基本的にその場でしか通用しないスキルしか身につきません

また、上流工程の経験も積む機会があまりないです。

そのため、客先常駐の仕事経験をキャリアアップに繋げるのはなかなか困難な作業なんです。

理由6|いつクビにされるかわからない

佐々木
6つ目の理由は、いつクビにされるかわからない点です。

客先常駐の仕事は、予告なしにいきなりクビを通告される場合があります。

そのため、仕事をしている間や休日の間も常にクビに怯えながら生きていくことになります。

理由7|有休を消費しずらい

佐々木
7つ目の理由は、有休を消費しずらい点です。

客先常駐で働く場合、月に働く時間を契約で交わします。

そのため、有休を消費してしまうと契約時に約束した労働時間に足りないことがあり、どうしても有休を消費しずらくなってしまいます。

理由8|上司や先輩がいない

佐々木
8つ目の理由は、上司や先輩がいない点です。

客先常駐で働く場合、教育指導をしてくれる上司や先輩がいない場合がほとんどです。

そのため、ビジネスマナーやスキルについて全て自分で取得していかなければなりません。


客先常駐を辞めたい理由をまとめると、次の通りです!

客先常駐を辞めたい理由
  1. 常駐先のルールが絶対
  2. 不満のはけ口がない
  3. 通勤時間が長くなる可能性がある
  4. 給料がなかなか上がらない
  5. キャリアップができない
  6. いつクビにされるかわからない
  7. 有休を消費しずらい
  8. 上司や先輩がいない
ゆり
客先常駐ならではの悩みがあるのですね。
佐々木

はい、その通りです。

無理をして仕事を続けていると、体を壊しキャリアに傷がつく場合もあるので、すぐにでも対処をしましょう!

次の章では、客先常駐と派遣・SES・フリーランスの働き方の違いを説明します!

客先常駐と派遣・SES・フリーランスの働き方の違い

佐々木

「客先常駐と派遣・SES・フリーランスの働き方は何が違うのだろう?」と疑問を感じることもあると思います。

そこでこの章では、それぞれの働き方の違いについて説明します!

働き方の違いについて
  1. 正社員と派遣で働くことの違い
  2. SESとの違いは自社開発の有無
  3. フリーランスとしての働き方とは

正社員と派遣で働くことの違い

佐々木
まずは、正社員との違いから説明します!

正社員として客先常駐する場合と派遣として客先常駐する場合とでは、雇用形態が異なります

正社員の場合は給料が自分の勤めている会社から支払われますが、派遣の場合は派遣先の会社から給料が支払われます

また、正社員の場合は任されているプロジェクトが終わった後も給料が支払われますが、派遣の場合は次のプロジェクトが決まるまでは給料は支払われません!

SESとの違いは自社開発の有無

佐々木
次に、SESとの違いを説明します!

SESは正社員として会社に雇われますが、自社内で開発をするのではなく外部のプロジェクトに客先常駐します。

働き方としては、一般的な客先常駐と似ていますが、正社員として会社に雇われているため、

会社を通して常にどこかのプロジェクトと関わり続けることになります。

そのため、一般的な客先常駐と違い、1つのプロジェクトが終わった後に次のプロジェクトを自分で探す必要はないです!

フリーランスとしての働き方とは

佐々木
最後に、フリーランスとの違いを説明します!

フリーランスの場合は、セキュリティ上の問題のためシステム開発を自宅で行うことはありません

また、あくまでフリーランスとしての立場なので、必要以上に勤務先の会社に関わることをしなくても良いです!


ゆり
なるほど、客先常駐と派遣・SES・フリーランスはそれぞれ雇用形態や働き方が変わってくるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

自分に合った働き方ができる雇用形態を選ぶようにしましょう!

次の章では、客先常駐を辞めない場合どうなるのかを説明します!

客先常駐を辞めずに続けた先にある将来のキャリア

佐々木

ここでは、客先常駐を辞めない場合のキャリアについて説明します。

場合によっては、客先常駐を辞めない方が良いケースもありますよ!

辞めない場合のキャリアは、次の3点です!

辞めない場合のキャリア
  1. 開発を続けたい場合
  2. マネジメントを身につけたい場合
  3. 営業活動を行いたい場合

それでは、1つずつ説明します!

キャリア1|開発を続けたい場合

客先常駐として開発を続けたい場合は、客先常駐という働き方はずっと変わりません。

そのため、常に開発に携わり続けたい人にはおすすめなキャリアです。

しかし、客先常駐として働き続けるのは年齢を重ねるにつれて条件が厳しくなり仕事をもらうのが難しくなるので、

安定を求めるのなら若いうちに正社員として雇われた方が良いです!

キャリア2|マネジメントを身につけたい場合

客先常駐はマネジメントスキルを身に付けることもできます!

ある程度客先常駐として働き続けると、プロジェクト全体を任されることもあります。

マネジメントができるエンジニアは、転職市場で非常に重宝されるので年齢を重ねてもジョインできるプロダクトが多いです。

客先常駐として長く働き続けたいのであれば、マネジメントスキルを身に付けることをおすすめします!

キャリア3|営業活動を行いたい場合

客先常駐として実績を積めば、営業活動をして次の案件を自分で取ってこれるようになります。

営業スキルを身に付けておくと、自分の好きなプロジェクトや給料の高い案件を取ってこれるようになるので、自由な働き方を実現しやすくなりますよ!


ゆり
客先常駐としては、この3つがあるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

場合によっては、転職せずに客先常駐として働き続けた方が理想の働き方を実現できる場合がありますよ!

次の章では、客先常駐を辞めたい人がやるべきことについてを解説します!

客先常駐を辞めたい人が今すぐやるべきこと

佐々木

この章では、客先常駐を辞めたい人が今すぐやるべきことを紹介します。

次の4つの準備をしておくことで、効率的に転職活動をすることができますよ!

今すぐやるべきこと
  1. 客先常駐を辞めたい理由を明確にする
  2. 常駐先を変更できないか相談する
  3. 次の仕事でやりたいことを明確にする
  4. 転職先のリサーチを始める

それでは、順番に説明します!

今すぐやるべきこと1|客先常駐を辞めたい理由を明確にする

まず最初に、どうして客先常駐を辞めたいのかを明確にしておきましょう!

頭の中で考えているだけだと、考えがまとまりにくいのでメモ用紙などに書くことをおすすめします。

どうして自分が客先常駐を辞めたいのかが明確になると、この先自分がするべきことがはっきりとわかってきますよ!

今すぐやるべきこと2|常駐先を変更できないか相談する

客先常駐を辞めたい理由が「今の職場に問題がある」ケースだと、場合によっては客先常駐自体はやめる必要がないこともあります。

辞めたい理由が「今の職場に問題がある」場合は、常駐先を変更できないか相談しましょう。

そうすることで、わざわざ転職をしなくても問題が解決される場合があります!

今すぐやるべきこと3|次の仕事でやりたいことを明確にする

仕事が嫌だからと言ってすぐに退職せず、在職中に転職先を決めることがおすすめです。

そのためにも、まずは次の職場でやりたいことを明確にしましょう!

焦って転職すると、転職を繰り返すリスクがあります。

今すぐやるべきこと4|転職先のリサーチを始める

転職活動をする上で、転職先のリサーチは非常に大切になってきます。

次のような項目をリサーチすることで、納得感のある転職を行うことができますよ!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

職種だけではなく、どんな条件・待遇で求人を探すのかを決めておくと、より自分に合った求人を探しやすいです。

また、転職サイトやネット上にある口コミをチェックすることも大切です。

佐々木

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。


今すぐやるべきことをまとめると、次の通りです!

今すぐやるべきこと
  1. 客先常駐を辞めたい理由を明確にする
  2. 常駐先を変更できないか相談する
  3. 次の仕事でやりたいことを明確にする
  4. 転職先のリサーチを始める
ゆり
会社を辞める前には、このようなことを考えることが大切なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この4つの準備をしていることで、後悔のない転職が実現できますよ!

次の章では、おすすめの転職エージェントを紹介します!

失敗を防ぐために、転職のプロに相談すべき!

佐々木
客先常駐からの転職を成功させるためには、転職エージェントの使用をオススメします。

転職のプロにサポートを受ける事で、効率的に転職活動が行えますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、客先常駐からの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントをIT業界特化型」「総合型」にわけて紹介します!

具体的に、転職エージェントを紹介する前にそれぞれの違いを簡単に説明しておきます。

特化型と総合型の違い
  • IT業界特化型
    求人数は少なめだが、IT業界に特化した知識とアドバイザーが魅力
  • 総合型
    業種業界を問わず大量の求人案件を保有しており、転職できる範囲が広がる

それぞれ良し悪しがあるので、どちらかに絞るのではなく、IT業界特化型も総合型も両方に登録することが転職を成功させる秘訣です!

実際、転職成功者の9割は、特化型と総合型に掛け持ちで登録し、それぞれの弱点を補いながら転職活動を進めています!

佐々木
具体的に、おすすめの転職エージェントを紹介します!
おすすめの転職エージェント

◎IT業界特化型

  1. 『ワークポート』
    IT・Web・ゲーム系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    業界トップクラスのIT求人数
    【公式】https://career.levtech.jp/

◎総合型

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントの複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次の章では、実際に客先常駐の仕事を辞めた人の体験談を紹介します!

客先常駐の仕事を辞めた人の体験談

佐々木

この章では、実際に客先常駐の仕事を辞めた人の体験談を紹介します!

実際に客先常駐の仕事を辞めた人の体験談を見ることで、転職のイメージがしやすくなるはずです!


ゆり
客先常駐の仕事を辞めて良かったと感じている人は多いのですね!
佐々木

はい、その通りです!

どうしても客先常駐の仕事を辞めたいのであれば、体や心を壊す前に転職することをおすすめします!

次の章では、客先常駐の経験を活かせる転職先を紹介します!

客先常駐の経験を活かせる!おすすめの転職先

佐々木
最後に、客先常駐の経験を活かせる、おすすめの転職先を紹介します。

次の6つの仕事は、客先常駐の経験を活かしやすく即戦力として働けますよ!

おすすめの転職先
  1. 社内SE
  2. Web業界のエンジニア
  3. Webプランナー
  4. Webプロデューサー
  5. IT営業
  6. データアナリスト

1つずつ紹介していきます!

おすすめの転職先1|社内SE

客先常駐の経験を活かせる職業として一般的なのは、社内SEに転職することです。

社内SEは自社のシステムのため上流工程を担当でき、比較的仕事の負担が少ないので余裕をもって働けます。

勤務先
  • 一般企業・製造業・金融業・メーカーなど
仕事内容
  • 自社のシステムの開発・運用・保守
  • PCやネットワーク周りの全ての業務のサポート  など
おすすめ
ポイント
  • 土日休みで残業が少ない企業が多い
  • 企画・要件定義などの上流工程を担当できる

おすすめの転職先2|Web業界のエンジニア

ECサイトやSNSなどのインターネットサービスを提供するWeb業界は、自社開発が基本のためWebエンジニアとして転職が出来ます

Web業界では、企画から運用まで全ての工程を行えることに加え、最新の技術に触れる機会も多いです。

また、急成長している業界のため採用も積極的に行っているので転職しやすい仕事です!

勤務先
  • インターネットサービスを提供する企業 など
仕事内容
  • 新規サービスの企画
  • インターネットサービスの開発・運用 など
おすすめ
ポイント
  • スピーディーで柔軟に開発が出来る
  • PHPやJavascriptなどチャレンジしやすい言語が多い

おすすめの転職先3|Webプランナー

客先常駐の経験を生かしてディレクションやプランニングを行いたい人には、Webプランナーがおすすめです!

また、経験を積んでキャリアアップすることも出来るので、長期的に見てもおすすめの職種です!

勤務先
  • Webサイトを提供する企業 など
仕事内容
  • Webコンテンツ制作のプランニング
  • クライアントからのヒアリング~企画設計
おすすめ
ポイント
  • クライアントとやり取りができる
  • 幅広い知識を得ることが出来る
佐々木
現場よりの制作がしたい人は、Webディレクターがおすすめです!

おすすめの転職先4|Webプロデューサー

人と関わりながら事業計画~設計を行いたい人は、Webプロデューサーがおすすめです。

Webプロデューサーは人のコミュニケーションが必要なので、プログラマーではマイナスとされていた感覚的思考が重宝されます。

勤務先
  • Webサイトを提供する企業 など
仕事内容
  • 事業計画、サイト設計、予算管理
おすすめ
ポイント
  • 人と多く関われる
  • 戦略的思考や経営者的思考が身に付く
佐々木
Webプロデューサーは、Webプランナーの業務に加えて予算などお金の管理も行うと考えるとイメージしやすいでしょう!

おすすめの転職先5|IT営業

お客様とコミュニケーションを取ったり、感謝されることにやりがいを感じる人は、IT営業がおすすめです!

直接お客様とやり取りが出来るので、生の声を知ることが出来ます!

勤務先
  • IT関連の製品やサービスを販売・提供する企業
仕事内容
  • 自社製品の販売や契約後のフォロー
  • お客様との価格や納期の交渉
おすすめ
ポイント
  • 高度な営業力が身につく
  • IT技術などの知識を活かせる
佐々木
IT営業もニーズが増えており、中でもIT技術について説明できる人は重宝されるので、転職にはおすすめです!

おすすめの転職先6|データアナリスト

分析やマーケティングが好きな人は、データアナリストがおすすめです!

大量のビッグデータを分析し、その中から利用者の行動や将来的なニーズなどを見出すことで、サービス改善に役立てています、

勤務先
  • Webサイトやネットゲームの運営会社 など
仕事内容
  • ITデータの分析から消費者の行動の特徴や傾向を見つける
  • 問題点や課題の解決策の提示
おすすめ
ポイント
  • マーケティングの知識が身に付く
  • 幅広い知識が身に付くのでキャリアアップにも有利

佐々木
ここまで、おすすめの転職先についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

おすすめの転職先
  1. 社内SE
  2. Web業界のエンジニア
  3. Webプランナー
  4. Webプロデューサー
  5. IT営業
  6. データアナリスト
ゆり
客先常駐の経験を活かせる職業は、たくさんあるのですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

これ以外にも、転職出来る職種はたくさんあるので…

転職エージェントを利用して相談してみることをオススメします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

客先常駐の仕事に限界を感じたら、転職するのがおすすめ!

佐々木
この記事では、客先常駐の仕事を辞めたい人に向けて転職方法などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 客先常駐の仕事はストレスがたまりやすい仕事
  • 場合によっては、客先常駐の仕事を辞めないほうが良いこともある
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎IT業界特化型

  1. 『ワークポート』
    IT・Web・ゲーム系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    業界トップクラスのIT求人数
    【公式】https://career.levtech.jp/

◎総合型

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!