エグゼクティブ層ならではの転職市場|おすすめの転職エージェント10選

エグゼクティブ層ならではの転職市場|おすすめの転職エージェント10選

「エグゼクティブ転職は難しい?」

「エグゼクティブ層ならではの転職市場の特徴は?」

などの疑問を持っている人に向けて、『エグゼクティブ求人の特徴』や、『おすすめの転職エージェント』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、エグゼクティブ転職に成功する方法が分かり、理想のキャリアアップを実現できますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

エグゼクティブ層ならではの転職市場・求人の特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、エグゼクティブ層ならではの転職市場についてお伝えします!

一般の求人とは違う、エグゼクティブ層ならではの求人の特徴を理解しておきましょう!

そもそもエグゼクティブとは、各企業の上級管理職以上のポジションのことを指します。

具体的な役職名を挙げると、経営幹部、部長、係長クラスの役職に就いている人が当てはまります。

また、役職ではなく年収でエグゼクティブ層に当てはまることもあり、年収700万円以上の高収入者が転職することをエグゼクティブ転職と言います。

転職希望者のゆり
ゆり
上級管理職以上のポジションの人がエグゼクティブ層に当てはまるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

一昔前までは、定年まで同じ企業で働く人が多かったので、エグゼクティブ層の人が転職するのは珍しかったですが、

最近では、働き方に対する考え方も大きく変わり、上級管理職に就いていても、転職する人が増えていますよ!

実際、経験豊富なエグゼクティブ人材を求めている企業はたくさんあります!

しかし、エグゼクティブ層向けの求人は、一般的な求人とは違う次のような特徴があるので、しっかり理解しておきましょう!

エグゼクティブ求人の特徴
  1. 一般的な求人に比べると求人数が少ない
  2. 専門サイトに非公開求人で掲載されることが多い
  3. 企業が求める転職者の年齢層が高め
  4. ほとんどの求人案件が年収1,000万円クラス
  5. ヘッドハンティングで転職先が決まることが多い
転職希望者のゆり
ゆり
エグゼクティブ層向けの求人には、こういった特徴があるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

一般的な求人に比べ、求められるレベルが高いからこそ、エグゼクティブ転職は戦略的に動く必要がありますよ!

いち早くエグゼクティブ転職を進めたいと思っているなら、転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収700万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、エグゼクティブ転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

エグゼクティブ転職に失敗しないためのコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、エグゼクティブ転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

難易度が高いエグゼクティブ転職だからこそ、次のようなコツを押さえておく必要がありますよ!

転職に失敗しないためのコツ
  1. 転職先に求める条件を明確にする
  2. 自分の強みを徹底的に分析する
  3. 積極的に情報収集を行う
  4. 複数の転職エージェントに登録する

それぞれのコツについてお伝えします!

コツ1:転職先に求める条件を明確にする

まず、一般的な転職でも大事なことですが、転職先に求めることを明確にしておく必要があります。

役職はどのポジションが良いのか、年収をどれくらい上げたいのかなど、明確な希望条件を整理してみましょう!

実際に、転職先に求める条件を整理することで、求人探しが行いやすくなります。

希望に合わない求人に応募するか迷うのは時間の無駄なので、求める条件を明確にし、スムーズな転職を実現すべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
エグゼクティブ転職だからこそのこだわりがあると思うので、細かい希望条件まで考えてみることをおすすめします!

コツ2:自分の強みを徹底的に分析する

面接でしっかり自分のことをアピールするために、自分の強みを徹底的に分析することも大切です!

実際、エグゼクティブ転職では、将来性を見込んだポテンシャル採用とは違って、これまでの実務経験や持っているスキルが重要視されます。

そのため、現状自分の経歴やスキルでどんなことをアピールできるか、自己分析を行った上で、整理しておくことをおすすめします。

エグゼクティブ層を求めている企業は、何かしらの問題を抱えていることが多いので、課題解決に向けて貢献できるスキルがあるかチェックされますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木

エグゼクティブ転職では、自信を持って自分の強みをアピールするのが大切です!

自分の強みを知るためには、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を行ってみることをおすすめします!

グッドポイント診断や自己分析に関しては、次の記事を参考にしてください!

コツ3:積極的に情報収集を行う

エグゼクティブ転職を成功させるためには、積極的に情報収集を行うことを大切です!

転職サイトを見ることはもちろん、転職エージェントに相談に行ったり、気になる企業のホームページを見て随時更新される情報をチェックしましょう。

実際、転職活動では企業研究や業界研究が大切と言われますが、

エグゼクティブ転職の場合、それなりの役職に転職する訳なので、入社時点で企業に関してかなり理解度を深めておく必要があります。

入社してから学んでいく立場ではないので、積極的な情報収集を行い、気になる企業や業界について、最新情報を入手しておくべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職エージェントを情報収集に使えば、

企業の担当者と頻繁に連絡を取っているコンサルタントがフォローしてくれるので、簡単に最新情報を入手できますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収700万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

コツ4:複数の転職エージェントに登録する

エグゼクティブ転職では、転職エージェントを複数使うことも成功するためのコツです。

実際、エグゼクティブ転職のほとんどは、非公開の求人で行われています。

非公開求人は、各転職エージェントが独自で持っている求人なので、複数登録することで、より多くの非公開求人を見ることができます。

また、各転職エージェントごとに使い勝手の良さも変わってくるので、自分に合うサービスを探すためにも、複数登録は必須です!

転職エージェントの佐々木
佐々木

登録する転職エージェントによって、紹介できる求人が大きく変わるので、

まずは複数に登録し、自分に合うサービスを見極めるのが大切です!

転職エージェントの複数登録に関しては、次の記事で詳しく説明しています!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、エグゼクティブ転職に失敗しないためのコツです!
転職に失敗しないためのコツ
  1. 転職先に求める条件を明確にする
  2. 自分の強みを徹底的に分析する
  3. 積極的に情報収集を行う
  4. 複数の転職エージェントに登録する
転職希望者のゆり
ゆり
こういったコツを押さえておくことが、エグゼクティブ転職では大切なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

一般的な転職活動以上に、丁寧に情報を集めながら、慎重に動くことが大切ですよ!

次の章では、エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェントの選び方をお伝えします!

エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェントの選び方

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェントの選び方をお伝えします!

具体的に、転職エージェントには次のような2つの種類があるので理解しておきましょう!

転職エージェントの種類
  1. 総合転職エージェント
    →すぐに転職したい人向け
  2. ヘッドハンティング型転職エージェント
    →じっくり転職先を探したい人向け

それぞれの特徴をお伝えします!

総合転職エージェントの特徴|すぐに転職したい人向け

総合転職エージェントについて
総合転職エージェントとは
◎一般的な形式の転職エージェント

専任の担当者が付き、転職のサポートや求人紹介を行う

総合転職エージェントは、企業側に転職者の情報を伝えてくれるなど、「企業」と「転職者」の橋渡しをしてくれます。

さらに、総合転職エージェント内には膨大なデータベースがあり、常に多くの求人案件が存在しているため、

転職者の希望条件に合う求人を、迅速に見つけられるといった特徴もあります!

転職エージェントの佐々木
佐々木
総合転職エージェントに登録して、担当者と面談を行えば、

すぐに求人を紹介してもらえるので、スムーズな転職活動が行えますよ!

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

ヘッドハンティング型転職エージェントの特徴|じっくり転職先を探したい人向け

ヘッドハンティング型転職エージェント
ヘッドハンティング型とは

◎ヘッドハンターからスカウトが届く形式

転職者に担当は付かず、経歴や転職条件を提示してスカウトを待つ

ヘッドハンティング型では、総合転職エージェントにはない、エグゼクティブの中でもハイクラスな求人に出会いやすいです

なぜなら、エグゼクティブ求人は企業内の重要な内容に紐づくため、求人内容を公開しないようにヘッドハンターに依頼しているからです。

ヘッドハンターが持っている求人案件は、求人数自体が少ないので、中長期的な転職活動になることが多いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
ヘッドハンターが持っている求人は、総合転職エージェントでは見つけられない、ハイクラスなものばかりですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、2種類の各転職エージェントの特徴です!

違いを分かりやすく表でまとめると、次のようになります!

総合転職エージェント ヘッドハンティング型
担当者の有無 専任の担当者がつく 担当者はつかない
求人方法 担当者との面談で紹介 スカウトを待つ
メリット 多くの求人を素早く見れる 未公開の内々な案件と出会える
転職活動期間 短期で転職できる可能が高い 中長期の転職活動になることが多い
転職エージェントの佐々木
佐々木
こういった違いがあるからこそ、すぐに転職したい人は「総合転職エージェント」

じっくり転職先を探したい人は「ヘッドハンティング型転職エージェント」がおすすめと言えます!

次の章では、具体的なエグゼクティブ向けの転職エージェントを紹介します!

【タイプ別】エグゼクティブ向けの転職エージェント10選

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、エグゼクティブ向けの転職エージェントを紹介します!

先ほど紹介したタイプ別にお伝えするので、自分の希望通りの転職を実現できる転職エージェントを探してみましょう!

おすすめの総合転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、おすすめの総合転職エージェントを紹介します!
おすすめ総合型
  1. 『JACリクルートメント』
    エグゼクティブ向け求人数No.1
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『LHH転職エージェント』
    外資系の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.springjapan.com/
  3. 『ランスタッド 』
    世界39ヶ国に拠点を持ち外資系に強い
    【公式】https://lp.randstad.co.jp
  4. 『パソナキャリア』
    サポート体制は業界No.1
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『リブズキャリア』
    女性のエグゼクティブ転職に強い
    【公式】https://libinc.jp/
転職エージェントの佐々木
佐々木
どこに登録するか迷ったら、

エグゼクティブ向け求人数No.1の「JACリクルートメント」に登録しておけば間違いありませんよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

おすすめのヘッドハンティング型転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、ヘッドハンティング型でおすすめの転職エージェントを5社紹介します!
おすすめヘッドハンティング型
  1. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  2. 『doda X』
    dodaの運営元パーソルのハイクラス転職サービス
    【公式】https://doda-x.jp/
  3. 『リクルートダイレクトスカウト』
    リクルートが運営するハイクラス転職サービス
    【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
  4. 日経エグゼクティブ
    日経&リクルートが提携!ハイクラス求人を多数保有
    【公式】https://tenshoku.nikkei.co.jp/
  5. dodaエグゼクティブ
    年収1,000万円以上の求人を多数保有
    【公式】https://doda.jp/executive/
転職エージェントの佐々木
佐々木
どこに登録するか迷ったら、

優秀なヘッドハンターが数多く在籍している「ビズリーチ」に登録しておけば間違いありませんよ!

年間2万人の就職支援実績!


転職エージェントの佐々木
佐々木

以上が、各タイプ別のおすすめ転職エージェントです!

各転職エージェントの詳細が知りたい方は、次の記事をご覧ください!

次の章では、エグゼクティブ層の人が転職先を選ぶ際のポイントをお伝えします!

エグゼクティブ層の人が転職先を選ぶ際のポイント

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、エグゼクティブ層の人が転職先を選ぶ際のポイントをお伝えします!

自分に合う転職先に入社するためにも、次のポイントを理解しておくべきです!

転職先を選ぶ際のポイント
  1. 口コミサイトを使って企業の評判を調べる
  2. 日系と外資系の違いを理解しておく
  3. 内定が出てもすぐに返事をしない

それぞれのポイントについてお伝えします!

ポイント1:口コミサイトを使って企業の評判を調べる

エグゼクティブ転職に限ったことではありませんが、応募する企業の評判は、口コミサイトを使って確認すべきです。

口コミサイトには、その会社で実際に働いた経験のある人からの投稿が集まっているので、リアルな内部事情を知ることができます。

実際、求人情報には良いことしか書かれていないので、本当の社風や職場環境を知るためには口コミサイトを見るのが最適です。

口コミサイトで内部事情をチェックしておけば、社風が合わず、すぐに離職したりすることを防げますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
数ある口コミサイトの中でも、「Openwork」にはたくさんの投稿が集まっているのでおすすめです!
おすすめ口コミサイト

ポイント2:日系と外資系の違いを理解しておく

各企業のグローバル化が進むことで、外資系企業のハイクラス求人も増えています。

実際、エグゼクティブ転職をする人の中にも、外資系企業を狙っている人もいるはずです。

外資系企業への転職を考えているなら、日系企業との違いを事前に理解しておくのが大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、日系企業と外資系企業の違いを書き出してみると、次のようなものがあります!

 

日系企業 外資系企業
教育 入社後手厚い研修が受けられることが多い 即戦力採用をしており、基本的に研修や教育制度がない
転職 転職回数が多いとマイナスイメージを持たれる 過去の転職回数はあまりチェックされない
給与 給与を上げるためには長く働く必要がある 新人でも成果を出せるとすぐに給与が上がる
社風 ファミリー感がある企業が多い。イベントごとも多い 人付き合いはドライ。仕事とプライベートは完全に別物
責任 チーム全員で協調性を持って業務を進める 一人ひとりの裁量権が大きく責任感が求められる
異動 定期的に部署移動があり、様々な業務に携われる 同じ業務を長年続け、スペシャリストになれる
転職エージェントの佐々木
佐々木

他にも、日系企業に比べると福利厚生が充実していないことだったり、リストラが多いことも外資系企業の特徴です!

キャリアアップのために外資系企業を目指す人もいますが、日系企業とは違う部分があることを理解しておくべきです!

外資系企業への転職を考えている人は、次の記事も参考にしてください!

ポイント3:内定が出てもすぐに返事をしない

エグゼクティブ転職を成功させるためには、とにかく慎重に転職先を選ぶ必要があります!

そのため、内定が出てもすぐには返事をせず、転職先の担当者に返事の期限を聞いて、ギリギリまで転職するか考えるようにしましょう。

返事をするまでの間には、条件面を整理しつつ、もっと条件が良い求人がないか再度チェックすべきです。

条件面で少しでも不満がある場合は、転職エージェントの担当者に依頼し、条件交渉を行ってもらうことをおすすめします。

転職エージェントの佐々木
佐々木

内定が出たら、できるだけ早く返事をするのがマナーともされていますが、少しでも疑問がある時は返事を待つべきです!

年収などの条件交渉に関して詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、エグゼクティブ層の人が転職先を選ぶ際のポイントです!
転職先を選ぶ際のポイント
  1. 口コミサイトを使って企業の評判を調べる
  2. 日系と外資系の違いを理解しておく
  3. 内定が出てもすぐに返事をしない
転職希望者のゆり
ゆり
こういったポイントを意識して、転職先を選ぶべきなんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

入社を決めると後戻りは出来なくなるので、転職先の情報を集め、入社するか慎重に判断すべきですよ!

次の章では、実際にエグゼクティブ転職に成功した人の事例を紹介します!

エグゼクティブ転職に成功したハイクラス人材の事例

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、エグゼクティブ転職に成功した人の事例を紹介します!

転職に成功してキャリアップした人の事例を参考にしてください!(一部最新の口コミではありませんが、参考になる口コミのため掲載しています。)

転職希望者のゆり
ゆり
成功者の事例を見ると、エグゼクティブ層ならではの転職のコツが実際にあることが分かりますね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

厳しい部分もありますが、正しい方法で転職活動を進めれば、エグゼクティブ転職も十分成功できますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収700万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

エグゼクティブ転職に成功すれば、大きくキャリアアップできる!

佐々木

今回は、エグゼクティブ転職を考えている人に向けて、

エグゼクティブ求人の特徴や、おすすめの転職エージェントなどをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • エグゼクティブ層向けのハイクラス求人が最近増えている
  • 転職先に求める条件を明確にし、積極的に情報収集を行うのが大切
  • 複数の転職エージェントに登録し、自分に合う求人を探すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめ転職エージェント

◎総合転職エージェント

  1. 『JACリクルートメント』
    エグゼクティブ向け求人数No.1
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『LHH転職エージェント』
    外資系の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.springjapan.com/
  3. 『ランスタッド 』
    世界39ヶ国に拠点を持ち外資系に強い
    【公式】https://lp.randstad.co.jp
  4. 『パソナキャリア』
    サポート体制は業界No.1
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『リブズキャリア』
    女性のエグゼクティブ転職に強い
    【公式】https://libinc.jp/

◎ヘッドハンティング型転職エージェント

  1. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  2. 『doda X』
    dodaの運営元パーソルのハイクラス転職サービス
    【公式】https://doda-x.jp/
  3. 『リクルートダイレクトスカウト』
    リクルートが運営するハイクラス転職サービス
    【公式】https://directscout.recruit.co.jp/
  4. 日経エグゼクティブ
    日経&リクルートが提携!ハイクラス求人を多数保有
    【公式】https://tenshoku.nikkei.co.jp/
  5. dodaエグゼクティブ
    年収1,000万円以上の求人を多数保有
    【公式】https://doda.jp/executive/
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「JACリクルートメント」「ビズリーチ」の2社に登録しましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収700万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型で業界トップクラス
    【公式】https://www.bizreach.jp/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!