激務な業界ランキングまとめ|忙しい業界の共通点&良い業界の見分け方

激務な業界ランキングまとめ|忙しい業界の共通点&良い業界の見分け方

この記事では、「実際のところ本当に激務な業界ってどこ?」と疑問を持っている人に向けて、

『激務な業界ランキング』や、『激務かどうか見極める方法』などをお伝えしていきます!

実際、ほとんどの人が激務な業界には就職や転職をしたくないと思うものです。

どんな仕事をするかは大切なことですが、そもそも激務であれば、長く続けることが難しいかもしれません。

激務な業界は一つではなく、様々な業界で言われていることなので、就職や転職時には注意が必要です。

この記事を最後まで読めば、どの業界が激務なのかが分かり、正しい情報を得た上で転職活動が進められますよ!

この記事がおすすめな人
  • どの業界が激務なのか教えてほしい
  • 転職しない方が良い業界を知りたい
  • 激務かどうか見極める方法を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

激務な業界ランキング|就職してはいけない業界一覧

転職エージェントの佐々木
佐々木

早速ですが、激務な業界を紹介します!

ここでは3つの項目に分け、ランキング形式で紹介していきます!

激務な業界ランキング

それでは紹介していきます!

1:激務で離職率が高い業界ランキング

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、激務で離職率が高い業界ランキングです!

激務で離職率が高い業界
  1. 観光・宿泊業界
  2. アミューズメント業界
  3. 人材業界
  4. 医療業界

それぞれの仕事内容や離職率が高い理由をお伝えします!

1位:観光・宿泊業界

観光・宿泊業界は、近年の外国人観光客の増加によって、かなり過酷な労働を強いられている環境が多くなっています。

どの地域も観光客は増えているものの、従業員数は横這いを辿っており、人手不足が深刻化しているホテルや旅館もたくさんあるでしょう。

一人当たりの仕事量が増え、長時間労働せざるを得ない環境が多く、激務なことに嫌気が指していることで、離職率が高くなっています。

また、新規のホテルの立ち上げに伴い、雇用条件が良いオープニングスタッフの求人もたくさんあり、ホテルからホテルへの転職も多くなっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木

ホテルマンとして前向きなキャリアアップのために転職する人もいますが、

今のホテルの仕事が嫌で転職している人もたくさんいます。

2位:アミューズメント業界

遊園地、ゲームセンター、パチンコ店などのアミューズメント業界は、ストレスの多さから離職率が高くなっています。

アミューズメント業界は、仕事の幅が少ないため、キャリアアップが見込めないとの声も多々あるようです。

また、ほとんどの職場環境が立ち仕事のため、体力的にも激務なことが多く、長く仕事を続けられず辞めていく人が多くなっています。

加えて、土日祝が稼ぎ時と言われているため、世間と同じように休日を取れないことも離職率が高い原因と言えるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
人手不足な職場も多く、劣悪な労働環境で仕事をさせられているスタッフもたくさんいるようです…。

3位:人材業界

人材業界の営業職は、特に離職率が高いです。

企業と登録者の間に立って仕事をする必要がありますが、時にクレームを言われることもあり、何かとストレスが多い仕事内容になっています。

1人当たりの仕事量が多く、必然的に労働時間も長くなってくるので、新卒者が3年以内に辞める割合はかなり高いと言われています。

人の雇用に携われると思い入社しても、実際はテレアポ営業ばかり任され、厳しいノルマを課せられることもあるようです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
営業目標を達成するための過度なプレッシャーがあったり、

登録者の対応のために、残業はもちろん、休日出勤が当たり前になっている職場もあります…。

4位:医療業界

医療業界は、職種にもよりますが、人の命を預かる責任の重い仕事をする業界です。

人材不足な医療現場もたくさんあるので、一人当たりの仕事量は多く、その分責任も重くのし掛かってくるでしょう。

実際、激務過ぎて体調を崩したり、プレッシャーに耐えられず、離職している人が後を絶ちません。

看護師の離職率は特に高く、労働時間に対して給料が見合っていないと不満を声にしている人もいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
せっかく資格を取って、医療施設に就職が決まっても、

心身ともにハードな職場環境で短期間で辞めてしまう人もたくさんいます。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務で離職率が高い業界ランキングです!
激務で離職率が高い業界
  1. 観光・宿泊業界
  2. アミューズメント業界
  3. 人材業界
  4. 医療業界
転職希望者のゆり
ゆり
これらの業界は、激務で離職率が高い職場が多いんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

人手不足もあって激務な環境が多いですが、離職率も高くなっているので、

採用してもすぐ人が辞める悪循環にはまっている職場が多々あります…。

2:激務なブラック企業が多い業界ランキング

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、激務なブラック企業が多い業界ランキングをお伝えします!
ブラック企業が多い業界
  1. 飲食業界
  2. 介護・福祉業界
  3. 不動産業界
  4. IT業界

それぞれの仕事内容やブラックな点について説明します!

1位:飲食業界

飲食業界も激務な職場が多くなっています。

飲食店では、お客様に合わせて仕事をする必要があり、退勤時間がきても、店が忙しければ残業は当たり前です。

ファミレスやファーストフード店では、24時間365日営業の店もあり、アルバイトが不足していれば、社員は長時間店に出っ放しという環境もあります….。

また、職場によっては時給換算すれば、アルバイトよりも給料が少ない…と嘆いている社員もいるようです。

転職エージェントの佐々木
佐々木

基本的には、立ち仕事で体力的にもきつい環境が多い業界です。

給料で報われることも少ないので、離職する人の数はどんどん増えています…。

2位:介護・福祉業界

介護・福祉業界は、よくニュースでも取り上げられているように、人手不足が深刻な業界です。

特に精神面できついことが多く、利用者とのトラブルなどは危険なことも多くなっています。

肉体労働も多い環境ですし、食事や入浴の介助から排泄物の処理など、きつい、汚いといったイメージが強い人もいるでしょう。

また、仕事量に対して給料が低い環境も多く、低賃金で長時間労働を課せられるブラックな環境で働いている介護スタッフもたくさんいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
日勤だけでなく、夜勤がある職場もあり、生活リズムのコントロールが難しいのも、人手が少なくなる原因です。

3位:不動産業界

不動産業界は、厳しいノルマがあったり、人間関係が難しい職場がたくさんあります。

特に営業職の人は、何百万、何千万という家や土地を扱うので、簡単に顧客を見つけられず、たくさんの人が苦労しています。

月末になってくると、ノルマを達成するために、長時間残業や休日を返上して働かないといけない場合もあるようです。

体育会系の雰囲気がある職場も多く、ノルマを達成できなければ、罵声や物を投げつけられることもあるみたいです…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

ノルマを達成できれば、それなりの収入を得られますが、

毎月のようにノルマを背負うプレッシャーは半端ないですよ…。

4位:IT業界

IT業界は、柔軟な働き方ができたり、高給与なイメージもありますが、それはごく一部の会社だけです。

ITスキルが高い人は、良い待遇や条件で働けますが、一般的な人は低賃金で長時間労働であることがほとんどです。

過酷な労働を強いられたのちに、使い捨てにされてしまうことも多く、IT業界は離職率も非常に高くなっています。

スキルや技術力が身につけば、それなりの好待遇を受けられますが、そこに達するまではかなりの努力と時間が必要でしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
IT業界は、職種ごとに仕事内容も変わってきますが、どの職種も忙しいことには違いありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務なブラックが高い業界ランキングです!
ブラック企業が多い業界
  1. 飲食業界
  2. 介護・福祉業界
  3. 不動産業界
  4. IT業界
転職希望者のゆり
ゆり
これらの業界は、激務なブラック企業が多いんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

毎日の残業や長時間労働、休日出勤は当たり前で、仕事量と給料が伴っていない職場も多いので要注意ですよ!

3:高収入だが激務な業界ランキング

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、高収入だが激務な業界ランキングをお伝えします!
高収入だが激務な業界
  1. 広告業界
  2. 教育業界
  3. 金融業界
  4. 製薬業界

それぞれの仕事内容やブラックな点について説明します!

1位:広告業界

広告業界は、高給与で人気のある業界ですが、非常にブラックな環境が多いのも特徴です。

職種によって仕事内容は異なりますが、営業職やクリエイティブ職では、ノルマや納期があり、締め日が近づけば、徹夜が続くこともあります。

クライアントに指定された納期は絶対であり、納期を守るためには、長時間労働が当たり前となっている環境がたくさんあります。

一人で数多くの案件を抱えることも多く、ほぼ毎日残業をしている社員もいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
高給与といっても、残業代が含まれているからこその場合が多く、激務であることには変わりありませんよ…。

2位:教育業界

公立の教員は、公務員なので給料が安定していると思われがちですが、民間企業に負けずブラックな面が多々あります。

勤務する学校によっても異なりますが、朝から夕方まで授業をこなし、部活の指導を行い、翌日の授業の準備しなければ家に帰れません。

運動会や文化祭などの行事ごとがある時期の仕事量は、半端なものじゃありません。

最近では、モンスターペアレンツと呼ばれる保護者も増えており、クレーム対応をしていると、職員室を出るのが深夜になることもありますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木
成長過程の未熟な生徒を相手にするのは、想像以上に大変なことですよ…。

3位:金融業界

金融業界は、マイナス金利政策を始め、金融商品手数料開示制度などによって、大幅な収益減に陥っています。

お客様一人当たりの収益率が下がってくれば、その分営業マンはノルマが厳しくなってくるでしょう。

営業ノルマを達成するために、夜遅くまで外営業で走り回っている社員もたくさんいます…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

金融機関は夕方には閉まりますが、そこからの仕事が大変です…。

高給与でも入社後に後悔しないために、職場環境をしっかりと確認しておくべきでしょう。

4位:製薬業界

製薬業界のなかでも、営業を担当するMRは激務と言われています。

取引先になる医者は忙しく、手術やカンファレンスの時間と重なれば、病院内で長時間待機することもあります。

夜になって営業活動が終わっても、その後手続きや見積書の作成など、大量の事務作業が待っているので、時間に追われてばかりです。

病院に行くのが仕事でもあるので、知らぬ間に病気をもらってしまい体調不良に見舞われるMRの人もたくさんいます…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
MRは高給与として有名ですが、その分仕事量は半端なく多いですよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、高収入だが激務な業界ランキングです!
高収入だが激務な業界
  1. 広告業界
  2. 教育業界
  3. 金融業界
  4. 製薬業界
転職希望者のゆり
ゆり
これらの業界は、高収入でも激務な職場が多いんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

高収入なことは嬉しいことですが、その反面仕事量が多いので、それに耐えられない人がたくさんいますよ。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務な業界ランキングです!
激務な業界ランキング
転職希望者のゆり
ゆり
どういった業界が激務と言われているのかよく分かりました!
転職エージェントの佐々木
佐々木

良かったです!

紹介した業界は、どこも激務な環境が多いので、比較的楽に働きたい人にはおすすめしませんよ!

次の章では、激務と呼ばれる業界に共通する忙しい理由をお伝えします!

激務と呼ばれる業界に共通する忙しい・辛い理由

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、激務と呼ばれる業界に共通する忙しい・辛い理由をお伝えします!

実は激務な業界には、共通点があるので知っておきましょう!

共通する忙しい・辛い理由
  1. 明確な業務の区切りがないため
  2. サービスを売っているため
  3. 顧客対応の時間が長いため
  4. プレゼンテーションの機会が多いため

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:明確な業務の区切りがないため

激務と言われる業界は、どこも明確な業務の区切りがありません。

仕事の終わりが見えないので、サービスを提供し続ける必要があり、長時間働くことが常態化してしまうのです。

自分の中で区切りをつけようとしても、休んでる間に仕事は増え、休み明けに大量の業務を抱えることも少なくありません。

一つひとつの業務が完結せず、一連の流れとして業務が続いていく仕事は、激務の可能性が高いことを知っておきましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
明確な業務の区切りがない仕事は、息抜きのタイミングも難しく、長時間働きっぱなしのこともありますよ。

理由2:サービスを売っているため

モノや商品ではなく、無形のサービスを売る仕事も激務と言われる業界に共通する忙しい理由です。

サービスを売る仕事の職場では、労働力への依存度が高くなってしまい、一人ひとりの仕事量が多く、激務となることが多いです。

モノや商品であれば、企画や製造段階では時間がかかりますが、後々は量産体制を作り、どんどん作業を機械化していくことが出来ます。

しかし、無形のサービスを扱っていると、社員の労働こそがサービスになるので、売り上げを出すためには、常に働き続ける必要があります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
社員の労働力を自動化することは難しく、労働時間も長くなる傾向があります。

理由3:顧客対応の時間が長いため

顧客対応の時間が長い仕事は、必然的に長時間労働になってきます。

もちろん、どの仕事も顧客対応だけが仕事ではありません。

事務作業を始めとする様々な仕事をしながら、顧客対応は行うものなので、対応時間が長ければ、その分残業が発生してしまうでしょう。

顧客対応に追われ、毎日のような深夜まで仕事をしないといけない激務な職場もあります…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

会社の評判を上げるためには、顧客対応をしっかりと行う必要があります。

ただし、その分自分の仕事が溜まっていき、帰宅するのは遅くなってしまうでしょう。

理由4:プレゼンテーションの機会が多いため

プレゼンテーションが多い仕事も、激務な仕事に共通する特徴です。

プレゼンテーションを行う時は、社内向けでも社外向けでも資料を作成する必要があります。

慣れてくればスムーズに行えますが、データを駆使したり、図表を丁寧に作成するのは、時間のかかる作業です。

資料を作るだけでなく、話練習もしないといけないので、陰の努力がかなり必要になってくるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木

せっかく資料を作成しても、会議で通らなければ、時間の無駄になります。

完璧な資料を作ってプレゼンをするためには、激務と言われるほどの努力が必要になってくるでしょう。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務と呼ばれる業界に共通する忙しい・辛い理由です!
共通する忙しい・辛い理由
  1. 明確な業務の区切りがないため
  2. サービスを売っているため
  3. 顧客対応の時間が長いため
  4. プレゼンテーションの機会が多いため
転職希望者のゆり
ゆり
こういった理由は、激務と呼ばれる業界の共通点なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

こういった理由があるからこそ、激務となってしまっている職場はたくさんあります。

激務なのが嫌な人は、これらの共通点に当てはまる職場は避けるべきですよ!

次の章では、激務な業界・仕事かどうかを見極める正しい方法をお伝えします!

激務な業界・仕事かどうかを見極める正しい方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、激務な業界・仕事かどうかを見極める正しい方法をお伝えします!

自分でできる方法をお伝えするので、気になる業界や仕事がある人は実践してみましょう!

激務は見極める方法
  1. 口コミサイトで評判をチェックする
  2. 会社四季報で離職率をチェックする
  3. 面接に行き社内の雰囲気をチェックする

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:口コミサイトで評判をチェックする

激務がどうかを確かめたい場合は、口コミサイトでチェックすべきです。

口コミサイトでは、実際に働いた経験のある元社員の投稿をたくさん見ることが出来ます。

求人票やホームページには載っていない内部事情が書かれていることが多いので、応募する前に口コミサイトは見ると良いでしょう。

リアルな情報を収集できるので、安心材料を見つけるためにも、上手く活用すべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
次の口コミサイトは、数多くの投稿が集まっているのでおすすめですよ!
おすすめの口コミサイト

方法2:会社四季報で離職率をチェックする

書店や図書館にある「会社四季報」には、各企業の離職率や新卒社員の定着率が記載されています。

激務な会社では、離職率が高いという共通の特徴もあるので、四季報を見て正確な離職率を確認すべきです。

また、無回答の会社は要注意です。

無回答の場合は、あまりにも離職率が高いブラック企業の可能性がありますよ。

転職エージェントの佐々木
佐々木

新卒の定着率は、男女別で記載しています。

男女であまりにも離職率に差がある会社も、何かしらの問題がある可能性があるので要注意です!

会社四季報について

方法3:面接に行き社内の雰囲気をチェックする

実際に、面接を受けて社内の雰囲気をチェックするのもおすすめです。

優良企業は、オフィスに清潔感があり、社員の表情が明るく、仕事に集中している感じが見受けられます。

一方、激務な職場やブラック企業では、社員の服装は乱れ、挨拶が無かったり、ひどい時は面接中にも怒号が聞こえてきたりします…。

数十分の面接で全てを見抜くことは難しいですが、インターネットなどで得た情報よりも、自分で実際に見た情報を信じるべきですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
面接を受けて、内定を出すのが早すぎたり、高圧的な面接官がいる場合は、

ブラック企業の可能性があるので要注意です!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務な業界・仕事かどうかを見極める正しい方法です!
激務は見極める方法
  1. 口コミサイトで評判をチェックする
  2. 会社四季報で離職率をチェックする
  3. 面接に行き社内の雰囲気をチェックする
転職希望者のゆり
ゆり
こういった方法で、激務かどうかを見極められるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい!

人を頼らずに自分でできる方法ばかりなので、まずは口コミサイトからチェックしてみましょう!

次の章では、激務な業界に就職・転職しないために活用すべきサービスをお伝えします!

激務な業界に就職・転職しないために活用すべきサービス

佐々木

それでは、激務な業界に就職・転職しないために活用すべきサービスをお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」を活用することをおすすめします!

激務かどうか気になる業界がある人は、転職エージェントに相談すべきです!

転職エージェントを活用すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、

気になっている業界が激務かどうか見極めを含め、さまざまなサポートを行ってくれます。

転職のプロとして、本当にあなたが転職すべきかどうかをアドバイスしてくれるので、非常に心強いでしょう!

万が一、避けておいた方が良い業界の場合は、これまでの経歴や性格に合わせて、おすすめの業界や求人を紹介してくれますよ。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職する時に活用すべきサービスなんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、激務な業界でも楽しめる人の特徴をお伝えします!

転職しても良いかも!激務な業界でも楽しめる人の特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、激務な業界でも楽しめる人の特徴をお伝えします!

お伝えする特徴のある人は、激務な業界に転職しても自分らしく働けるかもしれませんよ!

楽しめる人の特徴
  1. 時間的な拘束が苦にならない人
  2. 裁量権を持って仕事をしたい人
  3. マネジメント能力を身につけたい人

それぞれの特徴についてお伝えします!

特徴1:時間的な拘束が苦にならない人

情熱を持って仕事をすることができ、長時間労働でも苦にならない人は、激務な環境でもやっていけます。

長時間労働という体力的な疲れはありますが、肉体労働ではない環境もあるので、仕事の選び方次第では、楽しく働けるでしょう。

実際、仕事が趣味と思える人もいますし、自分のスキルを上げるために長時間働きたいという人もいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
高い向上心があれば、長時間労働で激務な環境でも、問題なく乗り越えられるかもしれませんよ!

特徴2:裁量権を持って仕事をしたい人

指示に従うよりも、自分で裁量権を持って仕事がしたい人は、激務な環境が向いてるかもしれません。

実際、社員が現場で判断して即行動できる仕事は少ないです。

基本的には、マニュアル通りや上司の確認が必要な仕事が多く、自分の判断で行動できないことにストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

そういった方は、激務ではありますが、裁量権を持って仕事ができる環境で働くべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
良い判断をして結果を出していけば、スピード出世できる可能性も高いですよ!

特徴3:マネジメント能力を身につけたい人

激務な職場は、早い段階から責任ある仕事を任されることが多いので、マネジメント能力を身につけられます。

社員の人であれば、入社数年後には新人の教育係や複数の店舗の担当者になることもあるでしょう。

周りの人から頼られることも多く、若いうちからリーダーシップを発揮しながら仕事ができます。

ただ働くだけでなく、責任感を感じながら仕事ができるので、とてもやりがいがありますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
社員としての目線だけでなく、経営者視点で仕事ができることもあるでしょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、激務な業界でも楽しめる人の特徴です!
楽しめる人の特徴
  1. 時間的な拘束が苦にならない人
  2. 裁量権を持って仕事をしたい人
  3. マネジメント能力を身につけたい人
転職希望者のゆり
ゆり
こういった特徴がある人は、激務な業界でも楽しめるかもしれないんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

たとえ激務といっても、全員に合わない仕事ではないので、自分の性格を考えた上で、慎重に仕事を選ぶべきですよ!

激務が嫌な人は避けるべき業界について把握しておくべき!

佐々木

今回は、激務な業界はどこか気になっている方に向けて、

激務な業界ランキングや、激務かどうか見極める方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 離職率が高い業界やブラック企業が多い業界では、激務な職場が多い
  • 激務な業界を避けたいなら、転職エージェントを活用すべき
  • 激務な仕事や職場でも性格によっては楽しめる人もいる
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!