外資系への転職は地獄って本当?失敗する前に知っておくべき事実!

この記事では、「外資系企業への転職」を考えている人に向けて、

『外資系企業が地獄と言われる理由』や、『外資系企業ならではの良さ』などをお伝えしていきます!

外資系企業と日系企業とでは慣習や制度が全く異なります。

転職活動を始める前に、きちんと外資系企業について理解をしておきましょう!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

外資系への転職が地獄と言われる5つの理由

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは早速、外資系への転職が地獄と言われる理由について説明します!

次の5つが主な理由になってきます!

外資系への転職が地獄と言われる理由
  1. 完全成果主義
  2. 日系企業と雰囲気が違う
  3. 高い英語力を求められる
  4. 退職金が少ない
  5. 日系企業よりリストラが多い

それでは、順番にみていきましょう!

理由1|完全成果主義

転職エージェントの佐々木
佐々木
一つ目の理由は、完全成果主義という点です。

外資系の企業は評価体制が成果主義であることが多いです。

そのため、成果をあげることができれば年収が1000万を超えることも稀ではないのですが、反対に成果を出さなければかなり給料が落ちてしまいます。

中には成果をあげたいあまりにハードワークをしてしまい体を壊してしまう人もいます。

理由2|日系企業と雰囲気が違う

転職エージェントの佐々木
佐々木
二つ目の理由は、日系企業と雰囲気が違う点です。

外資系の企業は日系企業と比べ、かなり社内の雰囲気がドライです。

同期や先輩との飲み会などもほとんどないので、アットホームな環境で仕事をしたい人にとっては地獄と言えるでしょう。

理由3|高い英語力を求められる

転職エージェントの佐々木
佐々木
三つ目の理由は、高い英語力が求められる点です。

外資系の企業は会社内で英語でやりとりをするので、TOEICなどのスコアが高いことももちろんですが、

日常会話やビジネス会話が英語でできないと、転職した後にかなり苦労することになります。

理由4|退職金が少ない

転職エージェントの佐々木
佐々木
四つめの理由は、退職金が少ない点です。

外資系企業は結果さえ出せばかなり高い額の給料をもらうことができます。

しかし、その反面で退職金精度を導入している会社はほとんどないです。

ただし、外資系の中には確定拠出年金制度をもうけている企業があります。

確定拠出年金制度
  • 毎月の基本給から一定額を積立・運用に回すことができる制度

理由5|日系企業よりリストラが多い

転職エージェントの佐々木
佐々木
五つ目の理由は、日系企業よりリストラが多い点です。

外資系企業に特有な特徴として、急なリストラや突然の会社撤退などの可能性があります。

また、外資系企業は企業の合併が頻繁に行われるので、合併先に同じポジションで優秀な人が存在すると片割れがリストラを宣告されるケースもあるんです。


外資系への転職が地獄と言われる理由をまとめると、次の5点です!

外資系への転職が地獄と言われる理由
  1. 完全成果主義
  2. 日系企業と雰囲気が違う
  3. 高い英語力を求められる
  4. 退職金が少ない
  5. 日系企業よりリストラが多い
転職希望者のゆり
ゆり
この5点が外資系が地獄と言われる理由なのですね…
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

次の章では、外資系への転職に向いていない人の特徴について説明しますね!

外資系への転職に向いていない人の特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木
この章では、外資系の転職に向いていない人の特徴を説明します!

次の項目に当てはまる人は、外資系の企業に向いていない可能性があるので、他の分野での転職を検討してみると良いかもしれません!

外資系に向いていな人
  1. 学習意欲が低い
  2. コミュニケーションを取るのが苦手
  3. 保守的である
  4. 指示をもらって働きたい
  5. お金だけを見て転職先を決めてしまう
それでは、順番に見ていきましょう!

特徴1|学習意欲や向上心が低い

転職エージェントの佐々木
佐々木
外資系企業は成果主義なので、学習意欲や向上心が高くないとなかなか結果が出せず高い給料をもらうことができません。

そのため、学習意欲や向上心が高くない人には外資系企業やベンチャー企業のような環境で働くのは適さないと考えられます。

特徴2|コミュニケーションを取るのが苦手

転職エージェントの佐々木
佐々木
外資系の企業は同僚や上司に意見をはっきりと述べる文化なので、コミュニケーションを取るのが苦手な人にはかなりストレスになると考えられます。

また、ただ自分の意見を伝えるだけでなく、相手の話を理解する力も外資系企業では求められるスキルです。

特徴3|保守的である

転職エージェントの佐々木
佐々木
外資系の企業では、自分をどんどんアピールしていける人が評価されやすいです。

そのため、保守的な性格の人は仕事を真面目に行っていても評価されにくい可能性があるので、日系企業の方が合っていると考えられます。

特徴4|指示をもらって働きたい

転職エージェントの佐々木
佐々木
外資系の企業は日系企業のように与えられた仕事をこなしていくのではなく、自分で仕事を探していくスタイルです。

そのため、的確な指示をもらって仕事をこなしたい人には向いていない働き方と言えます。

特徴5|お金だけを見て転職先を決めてしまう

転職エージェントの佐々木
佐々木
給料面の良さだけで外資系企業に転職したいと考えている人も危険です。

確かに、日系企業と比べて外資系企業の給料はやや高めに設定されていますが、外資系企業は退職金が無かったり、完全成果主義で合ったりするので思っていたような給料がもらえない可能性は十分にあります。

モチベーションがお金だけだと、給料に満足できなくなったときにパフォーマンスを発揮することが難しくなるでしょう。


外資系への転職に向いていない人の特徴をまとめると、次の通りです!

外資系に向いていな人
  1. 学習意欲が低い
  2. コミュニケーションを取るのが苦手
  3. 保守的である
  4. 指示をもらって働きたい
  5. お金だけを見て転職先を決めてしまう
転職希望者のゆり
ゆり
この5つが外資系に向いていない人の特徴なのですね…
転職エージェントの佐々木
佐々木
はい、その通りです!

自分の性格に合った職業を選ぶ方が結果的に良いキャリアを歩める可能性は高くなるので、転職先は慎重に選ぶことをおすすめします!

次の章では、外資系企業の良さについて説明します!

地獄だけじゃない!外資系企業ならではの良さ

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、外資系企業の悪い面について説明してきました。

しかし、外資系企業には魅力的なポイントもたくさん存在します!

そこで、この章では外資系企業ならではの良さについて説明していきます!

外資系企業ならではの良さ
  1. 実力主義なので成果次第で高評価を得られる
  2. 日系企業よりも自由度が高い
  3. 次の転職時に狙える企業が増える

それでは、順番に見ていきましょう!

外資系の良さ1|実力主義なので成果次第で高評価を得られる

転職エージェントの佐々木
佐々木
一つ目の良さは、評価制度が実力主義な点です!

良くも悪くも外資系企業は実力主義なので、自分に実力があれば高評価を得ることができ、かなり高い額の給与をもらうことができます。

日系企業だと10年以上かかるような給料も、外資系企業なら2~3年で稼ぐことも不可能ではありません。

外資系の良さ2|日系企業よりも自由度が高い

転職エージェントの佐々木
佐々木
二つ目の良さは、自由度が高い点です!

外資系企業は日系企業に比べて明らかに自由度が高いです。

具体的には、「出社が遅れてもOK」「休む際はメール一本でOK」「台風の日などはリモートOK」

などです。

また有給が取りやすいのも外資系企業の特徴です!

外資系の良さ3|次の転職時に狙える企業が増える

転職エージェントの佐々木
佐々木
三つ目の良さは、次の転職時に狙える企業が増える点です!

外資系で働いたことがある経験は、外資系に転職する場合でも日系企業に転職する場合でも有利に働きます。

高い英語力や自主性などはどの企業も欲しいスキルなので、一度外資系に入ってしまえばその先転職活動で困ることは考えにくいでしょう。


外資系企業ならではの良さをまとめると、次の通りです!

外資系企業ならではの良さ
  1. 実力主義なので成果次第で高評価を得られる
  2. 日系企業よりも自由度が高い
  3. 次の転職時に狙える企業が増える
転職希望者のゆり
ゆり
この3点が外資系企業の良さなのですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

外資ならではの魅力はたくさん存在します!

次の章では、実際に外資系企業に転職した人の体験談を見ていきましょう!

実際に外資へ転職した人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
この章では、実際に外資へ転職した人の体験談を見ていきましょう!

体験談を見ることで、より転職のイメージがしやすくなるはずです!

転職希望者のゆり
ゆり
外資系に転職して満足している人は多いのですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
はい、その通りです!

そこで、次の章では外資系に強いおすすめ転職エージェントを紹介します!

外資系に強いおすすめ転職エージェント

佐々木
外資系に転職を考えているのであれば転職エージェントの利用をおすすめします!

転職エージェントを利用することで、転職成功の確率はグンと上がりますよ!

外資系への転職を目指している全員が登録すべき、総合型転職エージェントは次の4社です!

外資系を狙う全員におすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ランスタッド』
    世界39カ国で展開。外資企業に強い
    【公式】https://lp.randstad.co.jp
  4. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

それでは1社ずつ紹介していきますね。

全員におすすめ1.JACリクルートメント

jacリクルートメント
こんな人におすすめ年収を上げたい人
外資系企業を目指す人
公式サイトhttp://www.jac-recruitment.jp/
メリット
  • 年収600万以上の求人が豊富
    ロンドン発祥のエージェントで、年収600万〜1200万の求人を多数保有している
  • キャリアアドバイザーの質が高い
    難易度が高い面接でも、実践的なアドバイスをもらえる
  • 外資系企業への転職に強い
    イギリスとドイツ、アジア8カ国に広がる独自のグローバルネットワークがあるので、外資系の転職支援が得意
デメリット
  • ある程度の実績が必要
    年収が500万以上ないと、登録を断られる可能性がある
佐々木
外資系企業の独占求人数はトップクラスなので、外資転職には必須の転職エージェントですよ!

全員におすすめ2.リクルートエージェント

リクルートエージェント公式
こんな人におすすめとにかく様々な求人を見たい人
交渉で年収アップしたい人
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
メリット
  • 20万件以上の求人数
    業界No.1の求人数を誇り、様々な職種業界の求人に応募できる
  • アジアに45拠点以上のグローバルネットワーク
    「RGF」という名の海外展開ブランドを持っており、外資系企業への転職にも強い
  • 外資系転職を徹底サポート
    外資系企業向けのレジュメ作成や、英語での面接対策など、外資系専門のキャリアアドバイザーによる手厚いサポート
デメリット
  • 求人紹介が少し強引な時がある
    希望していない求人を紹介してくる場合がある
佐々木
国内最大手のリクルートエージェントは、外資系企業の転職ノウハウも豊富です!

JACリクルートメントと合わせて登録しておきましょう!

全員におすすめ3.ランスタッド

ランスタッド転職エージェント
こんな人におすすめ外資系企業を目指す人
地方在住の人
公式サイトhttps://lp.randstad.co.jp
メリット
  • 外資系求人・英語力を活かせる求人が多い
    世界4,500以上の拠点で人材サービスを展開しているため、外資企業に強いパイプがある
  • 日本国内に93拠点
    全国各地に拠点があるので、地方へのIターン、Uターン歓迎求人も多い
デメリット
  • 求人数が少なめ
    JACリクルートメントと比べると、求人数は少ない
佐々木
ランスタッドは世界39カ国で展開する、大手の転職エージェントです。

ただ日本での求人数は少ないので、『JACリクルートメント』を併用してキャリアアップを目指しましょう。

全員におすすめ4.ビズリーチ

ビズリーチ
こんな人におすすめ年収を上げたい人
外資系企業を目指す人
公式サイト【公式】https://www.bizreach.jp/
メリット
  • 高収入の外資系求人が豊富
    年収600万〜1200万の外資系求人を多数保有している
  • ヘッドハンティング型の転職サービスでは業界トップクラス
    2,500人のヘッドハンターが登録
デメリット
  • スカウトを待つ必要がある
    すぐに転職活動をしたい人には不向き

 

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化した転職エージェントです。

2,500人のヘッドハンターが登録している日本最大級のヘッドハンティング型転職サービスで、優秀なヘッドハンターに自分の経歴をアピールできます。

年収1,000万円以上の外資系企業の優良求人を多く保有しているため、キャリアに自信がある人におすすめです!

佐々木
ビズリーチは、高収入の外資系求人を目指す人におすすめです!

ただし、ビズリーチはヘッドハンターからのスカウトを待つ必要があるため、じっくり転職活動をする人向けです。

今すぐ転職したい人は、JACリクルートメントリクルートエージェントを利用しましょう!


佐々木

外資系企業への転職を目指す全員におすすめの転職エージェントは以上の4社です!

もう一度おさらいしておきましょう!

外資系を狙う全員におすすめ
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『ランスタッド』
    世界39カ国で展開。外資企業に強い
    【公式】https://lp.randstad.co.jp
  4. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/
ゆり
どれも良さそうで迷ってしまいますね…
佐々木

もし迷ったら…

圧倒的なサポート力を持つ『JACリクルートメント』に登録しておけば、間違いないですよ!

外資系の転職に強いエージェントをより詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてみてください!

次の章では、外資系への転職を失敗させないポイントについて解説します!

外資系への転職を失敗させないための3つのポイント

この章では、外資系への転職に失敗しないためのポイントを解説します!

次の3つのポイントを抑えることで、転職成功の確率をあげることができます!

転職エージェントの活用法
  1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法1
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法2|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

活用法2
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法3|口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法3
口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

ゆり
転職エージェントへ登録した後も、自分から積極的に動いていく必要があるんですね!
佐々木
そうですね!転職を成功させるためにも1つずつやっていきましょう。

それではもう一度、活用方法をまとめておきますね。

転職エージェントの活用法
    1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する
    佐々木
    これらの活用方法を知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    外資系への転職を考えている人は事前のリサーチが大事

    佐々木

    今回は、外資系企業への転職を考えている方に向けて、

    外資系企業が地獄と言われる理由や、外資系企業ならではの良さをお伝えしてきました!

    まとめると次の通りになります。

    まとめ
    • 外資系企業と日系企業とでは評価制度や働き方が異なる
    • 外資系企業に向いている性格がある
    • 外資系企業へ転職したいなら、外資系に特化したエージェントを使うべき
    ゆり

    ありがとうございます!

    これらを意識すれば良いんですね!

    佐々木

    はい!

    最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

    外資系を狙う全員におすすめ
    1. 『JACリクルートメント』
      年収600万以上のハイキャリア向け
      【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    2. 『リクルートエージェント』
      求人数が転職業界No. 1
      【公式】https://www.r-agent.com/
    3. 『ランスタッド』
      世界39カ国で展開。外資企業に強い
      【公式】https://lp.randstad.co.jp
    4. 『ビズリーチ』
      ヘッドハンティング型転職エージェント
      【公式】https://www.bizreach.jp/
    ゆり

    わかりました!

    早速登録して、転職の相談してみます!

    佐々木
    あなたが転職に成功できるよう応援しています!