転職エージェントおすすめランキング13選

ハローワークの求人はブラック企業ばかり?ブラックが多い理由&見分け方

ハローワークの求人はブラック企業ばかり?ブラックが多い理由&見分け方

この記事では、「ハローワークの求人はブラック企業ばかりなのか知りたい…!という人に向けて、

『ハローワークの求人の実態』や、『ブラック求人とホワイト求人を見極める方法』などをお伝えしていきます!

ハローワークを使いたいけど、ブラック企業の求人ばかりという話を耳にして不安を感じる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、ハローワークを活用して転職を成功させる方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • ハローワークの求人はブラック企業ばかりなのか知りたい
  • ハローワークを使って転職をしたい
  • ブラック企業の求人の見極め方が知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

ハローワークはブラック企業の求人ばかりって本当?真偽を検証!

佐々木
結論からお伝えすると、ハローワークにブラック企業の求人が多いのは事実です!

なぜなら、ハローワークは手軽に求人掲載ができるため、様々な求人が集まっているからです。

具体的には、次のようなことから、ブラック企業が多いと言われることが多いです。

ブラック企業が多いと言われる理由
  • ハローワークは無料で掲載できる
  • ハローワークは求人掲載の審査がゆるい
  • 募集要項だけではブラック企業の判断が難しい
  • ブラック企業は常に求人を出しているため割合が多い
ゆり
ハローワークはこのような理由で、ブラック企業の求人が多いといわれているんですね…。
佐々木
そうなんです…!

このように、ブラック企業の求人が含まれている可能性があることは事実ですが…

上手く活用すれば自分に合った求人を探すことができますよ!

次の章でお伝えするメリット・デメリットを知ることで、自分に合った活用方法が分かり、転職成功に繋がります!

ハローワークを利用するメリット・デメリット

佐々木
それでは、ハローワークを利用するメリット・デメリットをお伝えします!

メリットとデメリットを把握することで、効率的に転職活動を行えますよ!

まずはメリットから、見ていきましょう!

ハローワークのメリット

佐々木
ハローワークのメリットは次の通りです!
ハローワークのメリット
  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い
  3. 職業訓練や各種手当を受給できる
  4. 対面で転職相談ができる
  5. 必ず合否の通知がくる

1つずつ説明します!

メリット1|地元での転職に強い

ハローワークは、数多くの地元求人を取り扱っているので、地元で転職したい方にはおすすめです!

なぜなら、ハローワークは次の職業安定法に基づいて運営させており、地域に特化した求人が集まっているからです。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十七条)
(職業紹介の地域)

第十七条 公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない。

出典:厚生労働省

転職サイトでは、大都市圏の求人が中心のことが多く、地方転職者には向いていない場合もあります。

一方、ハローワークの窓口で求人紹介を受けると…

基本的に現在の住まいから転居の必要がない範囲の求人を紹介してくれるので、効率よく転職を実現できます!

また、ネットの検索では他県の求人も簡単に調べられるので、UターンやIターンを考えている人にもおすすめです!

佐々木
地元に根付いた企業との太いパイプも持っているので、地方での転職に強いです!

メリット2|求人の量が多い

ハローワークは、全国の事業所で求人を集めているため、膨大な企業の求人を取り扱っています!

数多くの求人が集まっている理由は、転職サイトと異なり企業が無料で求人を出すことが可能だからです。

そのため、採用活動にあまり費用をかけたくない企業は、積極的にハローワークを使うため、多くの求人がハローワークに集まっているのです。

また、ハローワークは全国に540ヶ所以上にあり、全ての求人情報が一つのネットワークで繋がっているため、自分の可能性を広げるために活用することもできます!

佐々木
住んでいる地域にもよりますが、ハローワークに行けば数多くの求人を見て、各企業の情報を比較できますよ!

メリット3|職業訓練や各種手当を受給できる

ハローワークでは、求人の紹介だけでなく、無料で職業訓練が行えたり、各種手当を受け取ることも可能です。

なぜなら、ハローワークで求人を掲載するには、労働基準法を順守する必要があるため、

健康保険や年金、雇用保険などの社会保険が完備している会社しか掲載出来ないからです。

また、職業安定法の中には、次のような内容も含まれていることから、職業訓練を受けることが可能になっています。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十九条)
第十九条 公共職業安定所は、求職者に対し、公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校の行うものを含む。)を受けることについてあつせんを行うものとする。

(平一一法八五・全改)

出典:厚生労働省

自己分析のサポートや業界ごとの職業訓練が受けられるのは、ブランクのある方や、未経験の業界への転職を考えている人には嬉しいでしょう。

さらに、現職を辞めた後にハローワークを利用して転職活動を行うと、状況や条件によって月10万円以上の「失業保険」を受け取ることも可能です。

佐々木
転職に向けて、技術的な面だけでなく、金銭面もサポートしてくれるのは、非常に心強いでしょう!

メリット4|対面で転職相談ができる

ハローワークでは、職業相談員と対面で話をしながら、転職活動を進めることが可能です。

具体的には、次のような相談が出来ます。

ハローワークでの相談内容
  • 客観的な自己分析による適性判断
  • これからのキャリア相談
  • 失業保険などの手続き
  • パソコン技術などの職業訓練

幅広い内容の相談が出来るので、自分では気付かなかった適性を知れたり、今後のキャリアの視野が広がる可能性も高いです。

また、求人内容に不安がある場合は、企業に問い合わせてもらうことも出来るので、疑問点も解決しやすくなります!

佐々木
転職活動は、なにかと不安を感じることも多々あるので、対面で話せることは嬉しいポイントでしょう!

メリット5|必ず合否の通知がくる

ハローワークを使って応募した求人案件は、必ず合否の通知が来る上に、不採用の理由を教えてもらうことも可能です。

なぜなら、相談員が企業に問い合わせて、不採用の理由を確認してくれるからです。

他の転職サービスでは、選考の通過や採用時のみ通知を行うケースもあり、面接後に何の音沙汰もないことはよくあります。

ハローワークなら不採用でも自分を改善するポイントが知れるので、転職活動を効果的に進めやすくなります!

佐々木
必ず合否の連絡がくるので、選考を通過できなかった場合でも、

「気持ちを切り替えやすい」という声もありますよ。


佐々木
ここまで、ハローワークを使うメリットをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ハローワークのメリット
  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い
  3. 職業訓練や各種手当を受給できる
  4. 対面で転職相談ができる
  5. 必ず合否の通知がくる
ゆり

ハローワークには、このようなメリットがあるんですね!

佐々木

そうなんです!

対面相談や職業訓練などのサポートを上手く利用すれば、転職の成功率もグッと高くなりますよ!

ハローワークのデメリット

佐々木

次に、ハローワークを使うデメリットをお伝えします!

他の転職サービスと比べると、次のようなデメリットが考えられるので把握しておきましょう。

ハローワークのデメリット
  1. 募集要項と実際の仕事内容が異なることがある
  2. 相談員によって対応の質が異なる
  3. 自分から行動しないと求人情報を得られない
  4. 画像情報を掲載していない企業が多い

それぞれ説明していきます!

デメリット1|募集要項と実際の仕事内容が異なることがある

ハローワークの求人の中には、募集要項と実際の仕事内容が異なるものがあります。

なぜなら、無料で掲載できるうえに、他の転職サイトと比べて審査が甘いために様々な求人が集まっているからです。

ハローワークの求人掲載基準では、ブラック企業の求人掲載を阻止するための手段として「労働基準法違反の企業は掲載しない」と定めています。

しかし、これだけでブラック企業は排除できず、実際の仕事内容と異なる募集要項を掲載し、求人を出している企業があるのも事実です。

実際、「事務職」と書いてあるのに営業職の配属になったり、「残業なし」と書いていあるにも関わらずサービス残業ばかりということも…。

佐々木
ハローワークで優良な求人を見分けるためには、求人内容を精査するスキルが求められます。

デメリット2|相談員によって対応の質が異なる

ハローワークのメリットで、対面で相談できるとお伝えしましたが、相談員によって対応の質は異なります。

相談員の中には、ベテランもいれば、現場経験の少ない若手もいるため…

業界の知識が浅かったり、不愛想な対応をされたりなど、まともなカウンセリングを受けられない可能性もあります。

そのため、こまめにハローワークに通い、話しやすい人がいたら次回も担当してほしいと伝え、名刺をもらうことをおすすめします!

佐々木
もし相性が合わない相談員がいれば、担当を変えてもらうか、日を改めて転職相談に訪れるのがいいでしょう!

デメリット3|自分から行動しないと求人情報を得られない

ハローワークは、自分から出向いて求人を検索し、積極的に相談員に相談しないと求人情報を得られません。

一方で、転職サイトは登録していれば、スカウトメールや新着案件のお知らせなどが届きます。

ハローワークには、求人情報を登録者全員に通知するサービスはないため、自分で計画を立て行動する必要があります。

佐々木

もちろんハローワークでも、希望に合う求人を紹介してくれますが、

とりあえずどんな求人があるか漠然と見てみたいという人には、デメリットに感じるかもしれません。

デメリット4|画像情報を掲載していない企業が多い

ハローワークの求人情報には、職場の雰囲気や会社がある建物の外観がわかる写真など、画像が少ない傾向があります。

そのため、具体的な仕事内容や待遇などがイメージしづらく、調べるために時間がかかってしまいます。

最近は、画像情報を掲載する企業も増えていますが、他の転職サービスに比べるとまだまだ少ないと言えます。

佐々木
職場の雰囲気を知るために画像情報を見たい人にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

佐々木
ここまで、ハローワークを使うデメリットをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ハローワークのデメリット
  1. 募集要項と実際の仕事内容が異なることがある
  2. 相談員によって対応の質が異なる
  3. 自分から行動しないと求人情報を得られない
  4. 画像情報を掲載していない企業が多い
ゆり

募集要項と仕事内容が異なったり、画像情報が少ないのは大きなデメリットですね…。

佐々木

そうですよね…。

ハローワークには、良い部分もありますが、多少なり悪い部分もあるので…

弱点は他の転職サービスで補いながら、上手に活用することをおすすめします!

次に、ハローワークのブラック求人とホワイト求人の見分け方をお伝えします!

ハローワークのブラック求人とホワイト求人の見分け方

佐々木
ここでは、ハローワークのブラック求人とホワイト求人の見分け方を紹介します!

ポイントを知ることで、優良企業への転職成功率が上がりますよ!

ブラック求人とホワイト求人の見分け方
  1. ブラック企業の定義をしておく
  2. 常に求人を出している企業を避ける
  3. 求人票の情報を鵜呑みにしない
  4. 企業の情報を口コミサイトでチェックする
  5. 掲載回数が少ない企業の新着求人を狙う

1つずつ見ていきましょう!

見分け方1|ブラック企業の定義をしておく

業種や業界によって差はありますが、次のような会社概要の場合はブラック企業の可能性があります。

危ない会社概要
  • 売上高の欄が空欄
  • 新しい会社の割に資本金額が大きい(1億円を超える)
  • 事業内容が一目で良く分からない
  • 資本金額に対して従業員数が多い   など

これらの情報を、同業界の企業で比べてみて違和感がある場合は、ブラック企業の可能性があるので気を付けましょう。

会社概要で情報をオープンにしないことや、大量採用の可能性や背伸びをした経営を疑う場合は、口コミサイトで確認することをおすすめします。

おすすめ口コミサイト

見分け方2|常に求人を出している企業を避ける

長い期間にわたって同じ求人を出し続けている会社は、ブラック企業である可能性が高いです。

なぜなら、離職率が高いと常に人を集める必要があるので、求人を出し続けないといけないからです。

無料だからと掲載し続ける会社はありますが、普通の会社であれば人材が揃った段階で求人の掲載を止めることが多いです。

佐々木

良い求人を見つけたら、いつから求人を掲載しているかを調べてもらい、掲載期間が半年未満の求人なら、応募することをオススメします!

見分け方3|求人票の情報を鵜呑みにしない

ハローワークで求人を探して良い企業があったとしても、すぐに応募せず一度自分の目で確認しましょう。

なぜなら、デメリットでお伝えしたように、ブラック企業であったり、求人内容が異なっている可能性があるからです。

ハローワークでは、求人票を印刷して窓口へ持って行くと、担当者が企業に電話で求人票の内容を確認してくれます。

佐々木
仕事へのイメージと実際の仕事内容のギャップを無くすためにも、まずは確認を行いましょう!

見分け方4|企業の情報を口コミサイトでチェックする

求人票や仕事内容に問題が無くても、職場の人間関係や待遇が悪い場合もあるので、口コミサイトで実際の状況を確認しましょう!

「Openwork」や「転職会議」といった口コミサイトで確認することで、リアルな情報や最新の情報を知れるので、転職後の想像がしやすくなります!

しかし、口コミサイトは誰でも書き込めるサイトのため、デマの情報の場合もあるので、参考程度に活用するのが良いでしょう!

おすすめ口コミサイト

見分け方5|掲載回数が少ない企業の新着求人を狙う

掲載回数が少ない企業の新着求人は、優良企業の求人である可能性が高いです。

なぜなら、ホワイト企業は待遇が良いため、離職率が低く求人を出す機会が少ないからです。

ハローワークでは、過去の求人履歴を確認することができるので、その会社がどれくらいのペースで求人を出しているか確認しましょう。

また、登録されたばかりの求人を見せてもらうことも出来るので、新しいものから求人を選ぶことをおすすめします!

佐々木
気になった企業が、あまり求人を出していない企業なら狙い目です!

このような求人は、すぐに定員が埋まってしまう可能性が高いので、早めに応募するべきです!


佐々木
ここまで、ハローワークのブラック求人とホワイト求人の見分け方についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ブラック求人とホワイト求人の見分け方
  1. ブラック企業の定義をしておく
  2. 常に求人を出している企業を避ける
  3. 求人票の情報を鵜呑みにしない
  4. 企業の情報を口コミサイトでチェックする
  5. 掲載回数が少ない企業の新着求人を狙う
ゆり
これらに気を付けると、ブラック求人を見分けられるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この他にも、会社の公式HPを確認することで企業の体質を予測できますよ!

「やりがい」など抽象的な言葉が多い場合は、ブラック企業である可能性が高いので注意しましょう。

次に、ハローワークで転職した人の体験談を紹介します!

ハローワークで転職した人の成功・失敗事例

佐々木
それでは、ハローワークで転職した人の成功談と失敗談を紹介します!

転職に成功した人、失敗した人それぞれ紹介するので参考にしてください!

ハローワークで転職した人の成功談

佐々木
まずは、転職に成功した人の体験談を紹介します!
ゆり
ハローワークで転職を成功させている人は、たくさんいるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

ハローワークを上手く活用できている人は、優良企業に転職できていますよ!

ハローワークで転職した人の失敗談

佐々木
次に、転職に失敗した人の体験談を紹介します!
ゆり
ハローワークに行っても、無駄な時間だと感じてしまうこともあるんですね…。
佐々木
そうなんです…。

担当者によっては、相性が悪かったり良い求人を紹介してくれないので、

こまめに通って自分と相性の良い人を見つけることが大切です!

次に、失敗を最小限に抑えて、転職成功率をアップする方法を紹介します!

失敗を最小限に抑えて、転職成功率をアップする方法

佐々木
失敗を最小限に抑えて、転職成功率を上げるためには…

転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえます!

転職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く混ざっていたり、求人サイトは1人で就活を進める必要があるのでブラック企業を見極めにくかったりします。

転職エージェントについて

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的に転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

おすすめ転職エージェント5選

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ハローワークを上手く活用して転職を成功させよう!

佐々木
この記事では、ハローワークで優良求人を見つけるための方法などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • ハローワークにブラック求人があることは事実
  • 求人はよく確認して優良求人を見極めることが大切
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

ブラック企業に転職しないために、よく確認してから応募したいと思います!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!