引きこもりニートが社会復帰する全方法|成功するコツ&経験者の体験談

引きこもりニートが社会復帰する全方法|成功するコツ&経験者の体験談

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「引きこもりから社会復帰したい!」と思っている人に向けて、

『社会復帰のためにやるべきこと』や、『不安な時の対処法』などをお伝えしていきます!

一度引きこもりになってしまうと、社会復帰するためにはかなりのエネルギーが必要です。

そんな中で、少しでも社会復帰しようという意欲が湧いているのは、自分の心が変わろうとしている証拠と言えます!

社会復帰するのは簡単なことではありませんが、今動かないと余計に苦しい状況になってしまうかもしれません。

この記事を最後まで読めば、引きこもりから社会復帰する方法が分かり、自分の人生を大きく変えることができますよ!

この記事がおすすめな人
  • 引きこもりから社会復帰する方法を知りたい
  • 引きこもりでも働きやすい仕事を知りたい
  • 社会復帰する時の不安を解消したい
いま行動しないと人生規模で後悔するかも…

『ワークポート』はフリーター・ニートの就職実績が豊富で、未経験からのIT・Web業界への就職にも強いです。

優良ホワイト企業の求人は人気なので、早い者勝ちです。登録はお早めに!

過去30日間の登録者数584人!

引きこもりニートからの社会復帰は難しい?

佐々木

早速ですが、引きこもりから社会復帰する難しさについてお伝えします!

本気で社会復帰を目指したいなら、難しさをあらかじめ理解しておきましょう。

そもそも引きこもりから社会復帰するのは、決して簡単なことではなく、険しい道のりを覚悟しておく必要があります!

年齢や引きこもっている期間の長さにもよりますが、引きこもりの人を積極的に採用しようという企業はそれほど多くありません。

実際、就職や転職ではこれまでの経験や実績が重要ですが、

引きこもっていた人は社会人経験が少ないので、他の人に比べて自分をアピールする材料が少ないでしょう…。

ゆり
引きこもりから社会復帰を実現するのは、簡単ではないんですね…。
佐々木

そうですね…。

実際、世間の人は引きこもりに対して次のような印象を持っています。

引きこもりに対する印象
  • コミュニケーション能力が低い
  • 社会に適応できない
  • 心に傷を持っている
  • 親に甘えている
  • 根暗な人が多い
ゆり
たしかに、引きこもりに対して良い印象を持っている人は少なそうですね…。
佐々木

そうなんです。

そのため、社会復帰をするためには、引きこもりに対するあまり良くない印象を覆す必要がありますよ!

引きこもりから社会復帰するのは難しいことですが、可能性が0という訳ではありません!

人手不足に悩んでいる企業も数多くありますし、たとえ引きこもりであっても、受け入れてくれる企業があるのは事実です。

引きこもっていると、社会からどんどん離れていき、いざ社会復帰を目指しても不安なことが多々あるでしょう。

そのため、いきなり無理をするのではなく、徐々に動き始めて不安を解消していくことが大切です。

次の章では、引きこもりから社会復帰を目指すためにやるべきことをお伝えします!

社会復帰を目指す引きこもりがまずやるべきこと

佐々木

それでは、社会復帰を目指す引きこもりがやるべきことをお伝えします!

仕事探しが本格化する前に、次のことを行って社会に慣れておきましょう。

引きこもりがやるべきこと
  1. 体を動かす習慣を身につける
  2. 外に出て社会と触れ合う
  3. 得意分野の伸ばす努力をする

それぞれ詳しくお伝えします!

やるべきこと1:体を動かす習慣を身につける

社会復帰をするためには、体を動かす習慣を身につけることが大事です。

運動なんてしたくない…と思う人もいるかもしれませんが、運動することで得られるメリットはたくさんあります。

具体的には、次のようなメリットがあると言えるでしょう。

運動をするメリット
  • 体力がつく
  • ポジティブになれる
  • 外見を変えることができる
  • 自分に自信がつく
  • ストレス耐性が身につく
  • 疲れにくくなる
  • 外の世界に触れられる

運動をする習慣を身につければ、体力がつき疲れにくくなるため、自ずと行動が活発的になります。

自分から進んで行動を起こす機会が増えるので、知らぬ間に自分の中で自信が芽生えてくるでしょう!

運動するために外に出るようにすれば、社会の雰囲気を感じることもできるでしょう。

佐々木
体を動かす習慣を身につければ、生活の活気が出てきますよ!

やるべきこと2:外に出て社会と触れ合う

引きこもりから脱出するには、何より外に出ることが大切です!

友人と会う、買い物に行く、好きなものを食べに行く、旅行に行くなど、何でも良いの外に出て社会とのつながりを作りましょう。

また、せっかく外に出るのであれば、就活フェアに参加してみるのもおすすめです!

就活フェアとは
就活フェアは、たくさんの企業が集まって合同で説明会を行うことです。

就活サイトや地方自治体などが、全国各地で行っており、数百社が集まる会場もあります。

企業の求人説明を受けるだけでなく、エントリーシートの書き方、面接での受け答えの仕方などを学べる就活セミナーにも参加できます。

佐々木
外に出て社会とのつながりを作っておけば、就職してもスムーズに働き出すことができますよ!

やるべきこと3:得意分野の伸ばす努力をする

自分の得意分野を伸ばす努力をすることは大切です。

資格を取るのも良いですし、趣味を追求するのでも良いので、専門的に扱える分野を作ることをおすすめします。

実際、就職すると毎日8時間ほど働くことになるので、自分のやりたいことができる時間が少なくなります。

就職前の時間がある今だからこそ、自分の得意分野に打ち込んでみましょう!

得意分野を伸ばせば、就職先を絞ることが可能です。

佐々木
就職先を絞ることができれば、就活にかかる時間を大幅に削減できますよ!

佐々木
以上が、社会復帰を目指す引きこもりがやるべきことです!
引きこもりがやるべきこと
  1. 体を動かす習慣を身につける
  2. 外に出て社会と触れ合う
  3. 得意分野の伸ばす努力をする
ゆり
まずはこれらのことをやって、社会復帰を目指すのが良いんですね!
佐々木

はい!

社会復帰するための第一歩として、出来ることからどんどんやってみましょう!

次の章では、引きこもりから社会復帰するための方法についてお伝えします!

引きこもりから社会復帰するための全方法

佐々木

ここからは、引きこもりから社会復帰するための方法をお伝えします!

数ある方法を全てお伝えするので、自分に合う社会復帰の方法を見つけてみましょう!

社会復帰するための方法
  1. ハローワークに行く
  2. 派遣会社に登録に行く
  3. 就活サイトに登録する
  4. 就職エージェントに登録する

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:ハローワークに行く

ハローワークは、地元企業に就職をしたい引きこもりの方におすすめです。

地域に特化した中小企業の求人を数多く保有しているため、地元で優良企業に就職したい人にはぴったりの方法です。

さらに、ハローワークにはトライアル雇用という制度があります。

トライアル雇用は、働いた経験がない人向けの、正社員就職を前提としたお試し採用のような制度です。

原則3ヶ月間のお試し期間を設け、その後企業と求職者がお互い合意すれば、正社員として採用されます。

佐々木

もちろん、お試し期間もしっかりと給与は支払われるので、

トライアル雇用制度が気になる方は、最寄りのハローワークに行って、相談してみましょう!

方法2:派遣会社に登録に行く

社会復帰を目指すには、派遣会社に登録に行くのも一つの方法です。

なかでも、紹介予定派遣という制度を利用することをおすすめします!

紹介予定派遣という制度は、派遣会社から派遣された契約社員として、派遣先の会社で最長6ヶ月間勤務できます。

そして、派遣期間内で派遣元の会社と求職者が合意すれば、派遣期間終了後に正社員として働ける制度です。

早ければ3ヶ月で正社員に切り替えられる場合があるなど、契約期間は企業によってバラバラです。

紹介予定派遣として働き、企業の内情を知ってから正社員になれるのは魅力でしょう。

佐々木
派遣社員は、給与や社会保障の面でも待遇が良い職場も多いのでおすすめですよ!

方法3:就活サイトに登録する

就職サイトを活用して、引きこもりから社会復帰することも可能です。

就職サイトは、登録から応募、企業とのやりとりまで1人で進める必要がありますが、自分のペースで進められるのはメリットです。

職歴がない人やニート、未経験者でも応募できる求人を掲載している就職サイトもあるので、積極的に求人をチェックするのが良いでしょう。

就職サイトの場合、単純に求人数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、業界最大手の『リクナビNEXT』を使うべきです。

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木
数多くの求人を扱っているので、自分に合う求人が必ず見つかるはずですよ!

方法4:就職エージェントに登録する

就職エージェントは、社会復帰する方法の中でも、最もおすすめの方法です。

就職エージェントを使えば、自分の状況に合わせて細やかなサポートを受けられるので、就職成功率も高くなります。

具体的には、次のようなサポートを受けられます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これまでの経験をもとに、あなたに合う仕事は何かを見極め、最適な就職先を紹介してくれるでしょう。

実際に、おすすめできる就職エージェントは次の5社です!

おすすめの就職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
  3. 『就職shop』
    利用者の9割が20代
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  4. 『ウズキャリ第二新卒』
    既卒・第二新卒世代のサポートに強い
    【公式】https://daini2.co.jp/dainishinsotsu/
  5. 『JAIC(ジェイック)』
    独自の就活講座を持ちサポートも手厚い
    【公式】http://www.jaic-g.com/
    ゆり
    ありがとうございます!

    でもどれも良さそうなので、迷いますね…

    佐々木
    そうですよね…。

    目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

    最低でも「DYM就職」「ハタラクティブ」の2社に登録しましょう!

    迷ったら2社に登録すべき

    複数に登録すべき理由

    1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
    2. より良い求人案件を見つけやすい
    佐々木
    面倒かもしれませんが、

    最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

    就職成功率がグッと上がりますよ!

    人気の優良求人は早い者勝ち!


    佐々木
    以上が、引きこもりから社会復帰するための全方法です!
    社会復帰するための方法
    1. ハローワークに行く
    2. 派遣会社に登録に行く
    3. 就活サイトに登録する
    4. 就職エージェントに登録する
    ゆり
    この4つの方法で、社会復帰を目指せるんですね!
    佐々木

    はい!

    なかでも、最もおすすめの就職エージェントを活用するのが良いでしょう!

    無料で活用できるので、気軽に登録して就職相談をしてみましょう!

    おすすめの就職エージェント
    1. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    2. 『ハタラクティブ』
      書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
      【公式】https://hataractive.jp/

    次の章では、引きこもりから社会復帰する時に感じる不安への対処法をお伝えします!

    引きこもりが社会復帰で感じる不安への対処法

    佐々木

    それでは、引きこもりが社会復帰で感じる不安への対処法をお伝えします!

    就職は何かと不安がつきものなので、引きこもりに逆戻りしないためにも、対処法を知っておきましょう!

    社会復帰の不安への対処法

    それぞれ詳しくお伝えします!

    対処法1:仕事をきちんとこなせるか不安な人

    引きこもっていた人は、まず仕事がちゃんとできるか不安に感じるでしょう。

    一般的に簡単と言われている仕事でも、初めて社会に出る人にとっては難しいかもしれません。

    仕事をきちんとこなせるか不安な人は、研修制度が整っている会社を選ぶべきです!

    研修をしっかり受けることで、スムーズに実務に移れます。

    最初は誰だって仕事ができなくて当たり前なので、研修でしっかり学ぶ姿勢を持って、仕事に取り組んでみましょう。

    佐々木

    いきなり実務を通して仕事を覚えないといけない会社は、少しハードルが高いです。

    求人をチェックする時に、研修の期間や内容なども確認してみましょう。

    対処法
    研修制度が整っている会社を選ぶ

    対処法2:コミュニケーションが不安な人

    社会から遠ざかっていると、人とのコミュニケーションに不安を感じる人もいるでしょう。

    対人コミュニケーションが不安な人は、就職エージェントに相談して仕事を探すことをおすすめします!

    就職エージェントは、求人を保有している企業の内情を理解しています。

    年齢層や男女比、職場の雰囲気など、求人情報を見ただけでは分からない内情を知っているので、あなたの悩みに合わせて求人を紹介してくれます。

    また、就職エージェントに登録すると担当者が付くので、相談をしていくなかで、人とのコミュニケーションにも慣れてきますよ!

    佐々木

    相談できる人を作るという意味でも、就職エージェントは使うべきです。

    悩みに寄り添いながら求人を紹介してくれるので、就職成功率も高くなりますよ!

    おすすめの就職エージェント
    1. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    2. 『ハタラクティブ』
      書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
      【公式】https://hataractive.jp/

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    対処法
    就職エージェントに相談して仕事を探す

    対処法3:周りの人からの見られ方が不安な人

    特に入社して間もない時は、周りの人からの見られ方も気になるでしょう。

    これは引きこもりの人だけでなく、誰しもが感じる不安です。

    周りからの見られ方が気になる人は、とにかく目の前の仕事を黙々とこなすことをおすすめします!

    実際、社会に出ると分かりますが、意外と人のことを見ている人はそれほど多くありません。

    仕事をし始めると、周りの視線よりも、上司からの評価を気にするべきです。

    とにかく黙々と仕事をこなしていれば、評価は勝手に上がっていきます!

    佐々木

    たしかに、周りの人が自分のことをどう思っているかは気になりますが、

    まずは仕事をしっかりこなすことを意識してみましょう!

    対処法
    とにかく目の前の仕事を黙々とこなす

    佐々木
    以上が、引きこもりが社会復帰で感じる不安への対処法です!
    社会復帰の不安への対処法
    ゆり
    これらの対処法で、社会復帰への不安を解消すれば良いんですね!
    佐々木

    そうですね!

    社会復帰する時は誰しも不安を感じるので、正しい対処法を知っておけば、有利に就職活動を進められますよ!

    次の章では、引きこもりから社会復帰を目指す人におすすめの職業をお伝えします!

    引きこもりから社会復帰を目指す人におすすめの職業

    佐々木

    ここから、引きこもりから社会復帰を目指す人におすすめの職業をお伝えします!

    具体的な職業をお伝えする前に、仕事選びの基準について説明しておきます!

    引きこもりの人が、いきなり接客や肉体労働など、ハードルの高い仕事に就いても長続きしない可能性が高いです。

    ハードルの高い仕事は、肉体的にも精神的にもきついことが多いので、すぐに仕事を辞めたくなるかもしれません…。

    そのため、まずは負担の少ない仕事を選ぶべきです!

    佐々木
    具体的には、次の基準を意識して仕事選びをしてみましょう。
    仕事選びの基準
    1. まずは週2〜3日だけ働ける仕事を選ぶ
    2. なるべく人との関わりが少ない仕事を選ぶ
    3. 在宅で出来る仕事も視野に入れる
    4. 雇用期間が決まっていない仕事を選ぶ
    5. 未経験者を多く採用している会社を選ぶ

    この5点を意識すれば、引きこもりでも出来る仕事が見つかりやすくなります。

    長続きする仕事を見つけるためにも、仕事選びの基準は、しっかり自分の中で持ちながら求人を探しましょう!

    佐々木
    それでは具体的に、おすすめの職業を紹介します!
    おすすめの職業
    1. 工場の作業員
    2. 清掃員
    3. 新聞配達
    4. 警備員
    5. ゲームのテスター
    6. 自動販売機の補充スタッフ
    7. 電気やガスの検針員

    それぞれの職業についてお伝えします!

    おすすめ1:工場の作業員

    工場の作業員は、ライン作業やピッキング作業などが主な業務内容です。

    仕事内容を理解できるまでは、先輩に仕事を教えてもらうなど、人との関わりが必要です。

    しかしながら、単純作業が多いので、すぐに仕事は覚えられるでしょう。

    佐々木
    慣れると黙々と一人で作業できる環境が多いので、工場の作業員もおすすめですよ!
    おすすめポイント
    • 複雑な仕事が少ない
    • 残業が少ない職場が多い
    資格の有無なし(フォークリフト作業には資格が必要)

    おすすめ2:清掃員

    清掃員は、ビルや商業施設、公園などの清掃を行う仕事です。

    メインの業務は清掃になるので、基本的に話しながら仕事をすることはなく、黙々と担当場所の清掃を進めていきます。

    もちろん、現場によっては同じ清掃会社から複数の社員で清掃に行くこともあるので、その場合は多少のコミュニケーションが発生します。

    佐々木
    清掃中は、誰かに気を使うことなく、黙々と仕事ができるので、人と関わりたくない人にはおすすめです!
    おすすめポイント
    • 一人で黙々と仕事ができる
    • 長期的に働ける可能性が高い
    資格の有無なし

    おすすめ3:新聞配達

    新聞配達の仕事は、1人でバイクや自転車を使って配達を行うので、作業中は人との関わりがありません。

    また、朝刊の配達は夜中なので人目を気にすることなく、仕事に打ち込めるでしょう。

    正社員として新聞販売店に就職すれば、配達業務だけでなく、集金の業務も担当することになりますが、その分給与は高いですよ!

    佐々木
    新聞配達は体を動かす仕事なので、体力に自信のある方にはおすすめです!
    おすすめポイント
    • 一人で黙々と仕事ができる
    • 体を動かすので体力がつく
    資格の有無運転免許(バイクで配達を行う人のみ必要)

    おすすめ4:警備員

    警備員は、監視・巡回・点検などが主な業務で、トラブルがない限り基本的に1人で任される仕事です。

    現場によっては、チームを組んで警備を行う場合もあるので、ゼロというわけではありませんが、人との関わりは少ないでしょう。

    ただし、夜間や冬場の立ちっぱなしなど、体力が必要な職場もあるので、配属される可能性がある現場についても事前に確認しておくべきです。

    佐々木
    特に施設の警備は、活躍している年齢層が広く、男女関係なく働けるのでおすすめです!
    おすすめポイント
    • 一人で黙々と仕事ができる
    • 長期的に働けば年収も大幅に上げられる
    資格の有無なし(資格があった方が仕事に就きやすい場合もあり)

    おすすめ5:ゲームのテスター

    ゲームのテスターは、新作ゲームの動画・操作の確認をして、バグが無いかを確かめる仕事です。

    基本的には、業務時間内はひたすら集中してゲームをプレイするので、誰とも話さずに仕事ができます。

    佐々木
    業務後に進捗状況を報告する必要もありますが、

    会話ではなく紙のメモで共有するなど、最低限の人との関わりで出来る仕事です!

    おすすめポイント
    • 新作ゲームをいち早くプレイできる
    • 座りっぱなしで仕事ができる
    資格の有無なし

    おすすめ6:自動販売機の補充スタッフ

    自動販売機のドリンク補充のスタッフは、商品の補充、機械のトラブルチェック、ゴミの回収、売上の集金などを行います。

    基本的に一人で現場に出向いて作業をするので、人との関わりは少ないです。

    ただ、場所によっては人通りが多い場合もあり、作業中にお客さんとのコミュニケーションが必要になることもあります。

    佐々木

    単純作業が多いので、業務自体もすぐに慣れますよ!

    おすすめポイント
    • 複雑な仕事が少ない
    • 自分のペースで仕事ができる
    資格の有無運転免許

    おすすめ7:電気やガスの検針員

    電気やガスの検針員は、各家庭の電気やガスの使用量を検針する仕事です。

    基本的に一人で担当地域を回って検針を行うので、人と関わることなく黙々と仕事ができます。

    もちろん、地域の人と会った時は挨拶をした方が良いですが、それ以上のコミュニケーションは特に求められません。

    佐々木

    電気やガスの検針員は、男女とのに活躍していて、年齢層も幅広い職業です!

    おすすめポイント
    • 複雑な仕事が少ない
    • 自分のペースで仕事ができる
    資格の有無運転免許(徒歩や自転車で検針を行う場合は不要)

    佐々木
    以上が、引きこもりから社会復帰を目指す人におすすめの職業です!
    おすすめの職業
    1. 工場の作業員
    2. 清掃員
    3. 新聞配達
    4. 警備員
    5. ゲームのテスター
    6. 自動販売機の補充スタッフ
    7. 電気やガスの検針員
    ゆり
    引きこもりにおすすめの仕事が、こんなにたくさんあるんですね!
    佐々木

    はい!

    ここで紹介したのはあくまでも一部の仕事ですが、引きこもりの人でもやりやすい仕事はたくさんありますよ!

    他にもおすすめの仕事の情報が欲しい方は、「就職エージェント」に相談してみることをおすすめします!

    あなたの悩みや長所・短所などを汲み取った上で、最適な提案をしてくれるので、効率よく向いている仕事を見つけられますよ!

    無料で登録できるので、まずは登録して転職相談をしてみるのが良いでしょう。

    おすすめの就職エージェント
    1. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    2. 『ハタラクティブ』
      書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
      【公式】https://hataractive.jp/

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    次の章では、引きこもりから社会復帰した人の体験談を紹介します!

    【男女別】引きこもり経験者が社会復帰した時の体験談

    佐々木

    それでは、引きこもりから社会復帰した人の体験談を紹介します!

    男女別に紹介するので、参考にしてください!

    【男性版】引きこもりから社会復帰した人の体験談

    佐々木
    まずは、社会復帰した男性の体験談です!
    仕事を続けて貯金を貯める!

    警備員に就職

    1年間の引きこもり生活を終えて、先月から社会復帰しました。

    一度は就職していたものの、働くのが嫌になり実家で引きこもっていました。徐々に社会復帰しようと思い始めたのはつい3ヶ月前のことです。さすがに貯金もなくなり、将来も不安になってきたので仕事をすることにしました。

    とりあえず警備会社に就職できたので、仕事を続けて貯金を貯めようと思っています。

    就職相談:26歳・男性

    【女性版】引きこもりから社会復帰した人の体験談

    佐々木
    次に、社会復帰した女性の体験談です!
    サポートが良かった!

    工場の作業員に就職

    ようやく就職できたので、正式に引きこもりを脱出です!就活は半年くらい前からしていたのですが、落ち続けていたので、なかなか社会復帰できませんでした…。

    そこで就職エージェントに相談に行ったのですが、内定をもらえそうな求人を複数紹介してくれたので、すぐに面接に行き、無事に採用が決まりました。

    就職するのは難しいかと思った時もありましたが、サポートをしてくれたので本当に良かったです!

    就職相談:27歳・女性

    佐々木
    以上が、引きこもりから社会復帰した人の体験談です!
    ゆり
    社会復帰できて、充実した日々が過ごせている人がたくさんいるんですね!
    佐々木

    そうですね!

    引きこもりを脱出し、仕事に慣れて生活にも余裕ができると、いきいきと日々を過ごすことができます!

    いち早く社会復帰するためにも、早めに動き出すことをおすすめしますよ!

    おすすめの就職エージェント
    1. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    2. 『ハタラクティブ』
      書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
      【公式】https://hataractive.jp/

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    正しく行動すれば、引きこもりでも社会復帰できる!

    佐々木

    今回は、引きこもりから社会復帰したい方に向けて、

    社会復帰のためにやるべきことや不安な時の対処法などをお伝えしてきました!

    まとめると次の通りです!

    まとめ
    • 引きこもりからの社会復帰は、険しい道のりを覚悟しておく必要がある
    • まず体を動かす習慣を身につけたり、外に出て社会と増え合うのが大切
    • 仕事を探す方法の中で、就職エージェントを活用するのはおすすめ
    ゆり
    ありがとうございます!

    これらを意識すれば良いということですね!

    佐々木

    はい!

    最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

    おすすめ就職エージェント
    1. 『DYM就職』
      書類選考なしで正社員採用率が96%
      【公式】https://www.dshu.jp/
    2. 『ハタラクティブ』
      書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
      【公式】https://hataractive.jp/
    3. 『就職shop』
      利用者の9割が20代
      【公式】https://www.ss-shop.jp/
    4. 『ウズキャリ第二新卒』
      既卒・第二新卒世代のサポートに強い
      【公式】https://daini2.co.jp/dainishinsotsu/
    5. 『JAIC(ジェイック)』
      独自の就活講座を持ちサポートも手厚い
      【公式】http://www.jaic-g.com/
    ゆり
    ありがとうございます!

    でもどれも良さそうなので、迷いますね…

    佐々木
    そうですよね…。

    目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

    最低でも「DYM就職」「ハタラクティブ」の2社に登録しましょう!

    迷ったら2社に登録すべき

    複数に登録すべき理由

    1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
    2. より良い求人案件を見つけやすい
    佐々木
    面倒かもしれませんが、

    最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

    就職成功率がグッと上がりますよ!

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    ゆり
    ありがとうございます!

    早速登録して、就職活動を始めてみます!

    佐々木
    あなたが就職に成功できるよう応援しています!