転職エージェントおすすめランキング13選

年間休日107日って少ない?年末年始や祝日の内訳&実際の働き方を紹介

年間休日107日って少ない?年末年始や祝日の内訳&実際の働き方を紹介

この記事では、「年間休日107日が少ないか知りたい…!」という人に向けて、

『年間休日107日の内訳』や『年間休日ごとの内訳』などをお伝えしていきます!

年間休日107日は少ないのか分からず不安な人も多いでしょう。

この記事を最後まで読めば、年間休日107日の内訳が分かり,これまでの不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 年間休日107日の内訳が知りたい
  • 年間休日107日が多いのか知りたい
  • 年間休日107日の仕事でやって行けるか不安

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

年間休日107日の内訳とは

佐々木
早速、年間休日107日の内訳を紹介していきます!

内訳を知ることで、年間休日107日の仕事の働き方が分かりますよ!

年間休日107日の内訳
  1. 完全週休2日制の場合の内訳
  2. 週6日勤務がある場合の内訳
  3. シフト制の場合の内訳

1つずつ見ていきましょう!

内訳1|完全週休2日制の場合の内訳

毎週土日が休みなど完全週休2日制の場合は、1年間が52週あるので104日間が土日の休日分になります。

そして、残りの3日分が年末年始や夏季休暇に割り振られていると考えられます。

毎週土日が休みなので定期的に疲れを取ることは出来ますが、その分長期休暇を取ることは出来ません。

内訳2|週6日勤務がある場合の内訳

隔週で土曜日が出勤・月に1回出勤など、週6日勤務がある場合は、日曜日の休みが年間52日、残りの55日分が他の休日に割り振られます。

例えば、月に1回週6日勤務の場合は、年間休日が92日となり、残りの15日分がGWや夏季休暇、年末年始などに割り振られています。

割り振られ方は会社によって異なるので、長期休暇が取れるかどうかはよく確認してくださいね!

内訳3|シフト制の場合の内訳

土日・祝日が稼ぎ時であるサービス業などは、月間の休日数を定めたシフト制を取ることが多いです。

その場合、月の休日が8日だと年間休日が96日となり、残りの11日が夏季休暇や年末年始の長期休暇に割り振られます。

シフト制の場合は、一般の人が休みの時が繁忙期になるので、一般的な長期休暇と休日がずらす必要があることが多いです。


佐々木
ここまで、年間休日107日の内訳を紹介しました!

まとめると次の通りです!

年間休日107日の内訳
  1. 完全週休二日制の場合の内訳
  2. 週6日勤務がある場合の内訳
  3. シフト制の場合の内訳
ゆり
年間休日107日といっても、様々な働き方があるんですね!
佐々木
そうなんです!

週休2日制かシフト制かでは、働き方に大きな差があるので、事前に確認することが大切です!

次に、年間休日が多い企業との違いについて紹介します!

107日はやっぱり少ない?年間休日が多い企業と比較!

佐々木
それでは、年間休日107日の企業と年間休日が多い企業を比較してみましょう!

比較することで、年間休日について想像しやすくなりますよ!

年間休日が多い企業との比較
  1. 年間休日の平均日数とは?
  2. 年間休日120日との比較
  3. 有休のとりやすさも関係

1つずつ見ていきましょう!

比較1|年間休日の平均日数とは?

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、労働者1人あたりの平均年間休日の総数は114.7日です。

この年間休日には有休休暇は含まれていないので、年間休日107日というのは少ないということが分かります。

詳しい業種別の平均日数は次の通りです!

【業種別】年間休日の平均日数
  • 建設業:112.2日
  • 製造業:117.6日
  • 電気・ガス・水道業:120.9日
  • 情報通信業:119.8日
  • 運輸業:106.6日
  • 卸売業、小売業:111.0日
  • 金融業、保険業:119.1日
  • 不動産業:115.9日
  • 宿泊業、飲食サービス業:102.9日
  • 生活関連サービス業、娯楽業:105.6日
  • 教育、学習支援業:113.3日
  • 医療、福祉:111.5日

運輸業、宿泊業、飲食サービス業、娯楽業の場合、年間休日107日は平均以上の日数となります。

比較2|年間休日120日との比較

一般的な大手企業の年間休日は120日が多いです。

年間休日が120日である理由は、カレンダー通りに土日・祝日が休めると、年間休日が120日前後になるからです。

一般的な年間休日120日の内訳は次の通りです。

年間休日120日の内訳
  • 日曜:52日
  • 土曜:52日
  • 祝日:16日

カレンダー通りに土日祝の休みを貰える会社であれば、これだけで年間休日120日になります。

このように見ると、年間休日107日というのは少ないことが分かります。

実際、年間休日107日と比べると、年間休日120日の場合はストレスが少なく仕事ができることが多いです。

比較3|有休のとりやすさも関係

年間休日が107日の場合、有給休暇が取りやすいかどうかも大切なポイントです。

なぜなら、有給休暇が取りやす会社の場合は年間休日が107日でも、年間休日120日に近づけることができるからです。

有給休暇は最低でも半年で10日、6年半以上なら20日間付与されることが義務付けられています。

そのため、有給休暇を使えれば年間休日が107日でも、1年以上働けば最低でも118日は休めることになります。

もし、年間休日が107日で有給休暇が取りにくい会社に勤めている場合は、ブラック企業の可能性も高いので、労働環境を確認してみましょう!


佐々木
ここまで、年間休日107日の企業と年間休日が多い企業を比較してきました。

まとめると次の通りです!

年間休日が多い企業との比較
  1. 年間休日の平均日数とは?
  2. 年間休日120日との比較
  3. 有休のとりやすさも関係
ゆり
年間休日120日と比べると、107日は少なく感じますね…。
佐々木
そうですよね…!

有休が使えれば良いですが、激務な上に年間休日が少ない会社も多いので、気を付けてくださいね!

次に、年間休日が107日の人の実体験を見ていきましょう!

年間休日107日は大変…辛いと感じる人の体験談

佐々木
それでは、年間休日107日の人の体験談を紹介します!

体験談を見ることで、年間休日107日が想像しやすくなりますよ!

ゆり
年間休日107日で悩んでいる人は多いんですね…。
佐々木
そうですね。

近年働き方改革が行われるなど、変化が見られている会社も多いですが、年間休日が少ない会社も多いです。

休みによって、プライベートと仕事のバランスも変わってくるので、よく考えてみてくださいね!

次に、年間休日の多い企業に転職する方法を紹介します!

年間休日の多い企業に転職する方法

佐々木
ここでは、年間休日が多い企業に転職する方法を2つ紹介します!

2つの方法を知っておくことで、年間休日の多い企業に転職しやすくなりますよ!

1つずつ紹介します!

方法1|有給が取りやすい会社を選ぶ

先ほども少しお伝えしましたが、有給休暇を取れるかどうかは会社を選ぶうえで重要なポイントです!

なぜなら、有休が取りやすいほどストレスが少なく働ける上に、社内環境が整っている場合が多いからです。

実際、年間休日120日の会社は有給休暇の消化率が高いのに対し、107日の会社は消化率が低いです。

年間休日として120日と107日では13日の差であっても、有休を使えなければさらに10~20日の差が生まれます。

方法2|転職エージェントでプロに相談する

転職エージェントでプロに相談することで、年間休日の多い企業に転職しやすくなります。

なぜなら、手厚いサポートがあることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているからです!

おすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

複数登録や転職エージェントについて知りたい人は、次の記事をご覧ください!


佐々木
ここまで、年間休日の多い企業に転職する方法を紹介しました!

まとめると次の通りです!

年間休日の多い企業に転職する方法
  • 有休がとりやすい会社を選ぶ
  • 転職エージェントでプロに相談する
ゆり
年間休日が多い企業に転職するためには、この2つが大切なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

転職エージェントでは様々なサポートしてもらえるので、まずは登録して相談してみることをオススメします!

次に、年化休日107日に関するよくある質問について回答します!

年間休日107日に関するよくある質問

佐々木
最後に、年間休日107日に関するよくある質問にお答えします!

質問1|年間休日107日の計算方法って?

業界によっても異なりますが、年間休日107日の場合は日曜・祝日が休みで、土曜日が隔週出勤のようなパターンが多いです。

この場合、年間休日107日の計算方法は次のようになります。

年間休日107日の計算方法
  • 1年は52週で成り立っている
  • 日曜日休み:年間52日
  • 隔週土曜日休み:年間26日(2週に1回休みなので52日の半分)
  • 祝日:17日

◎年間休日107日の計算式

日曜(52日)+隔週土曜(26日)+祝日(17日)=95日(年間休日)

残りの12日が年末年始や各休暇に割り振られます。

業界や働き方によって計算方法は変わるので、気になる人は面接時に確認しておきましょう!

質問2|今の会社で年間休日を増やす方法はある?

今の会社で年間休日を増やすためには、労働組合などの相談窓口で相談する必要があります。

しかし、社内環境に力を入れている企業でないと、門前払いのような扱いを受けることもあります。

この場合は、労基署に相談することも出来ますが、穏便とは言えないのであまりオススメできません。

そのため、年間休日を増やしたい場合は、初めから年間休日が安定している企業に転職を考える方が早いです。

質問3|特別休暇や有休も年間休日に含まれる?

特別休暇や有休は年間休日には含まれません!

年間休日とは、お盆や年末年始などを含む全員が一律で休める休日の合計です。

特別休暇とは、会社が定めている休暇で、リフレッシュ休暇や忌引き休暇、夏季休暇などが当てはまります。

これらは、有休同様に申請した人が取得できる休暇なので、年間休日には含まれていません。

年間休日の多い企業に転職したくなったら、まずはプロに相談を

佐々木
この記事では、年間休日107日の内訳についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 年間休日107日は少ないほう
  • 働き方によって休みの取り方も異なる
  • 転職エージェントを利用することで年間休日が多い会社に転職できる
ゆり
ありがとうございます!

年間休日107日を想像できるようになりました!

佐々木
それは良かったです!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!