HSPの人に向いてる仕事6選|適職の探し方&向いていない職業を紹介!

HSPの人に向いてる仕事6選|適職の探し方&向いていない職業を紹介!

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「HSPに向いてる仕事が知りたい!と感じている人に向けて、

『HSPの人におすすめの仕事・職業』や、『適性の見極め方』などをお伝えしていきます!

HSPの人は一般の人よりも繊細で刺激に弱いため、環境によって仕事に大きく影響してしまう人が多いです。

自分で改善できる問題なら良いですが、外部の要因が大きい場合は仕事が合っていないと感じることもあるでしょう。

この記事を最後まで読めば、HSPの人に向いている仕事が分かり、意欲的に働けるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • HSPが原因で自分に合った仕事になかなか就けない
  • 繊細で疲れたりストレスが溜まりやすい
  • 自分はどんな仕事なら前向きに働けるのか悩んでいる

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

HSPの人におすすめな仕事・職業6選

佐々木
さっそく、HSPの人におすすめな仕事を紹介します!

大きく6つのタイプに分けて紹介するので、どのタイプが自分に向いているのか考えてみてくださいね!

1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|人の身体と向き合う仕事

HSP人は共感力が高く、人の痛みに敏感なこともあり、「人を助けたい」「人の役に立ちたい」という感情が人よりも強いことが多いです。

人の身体と向き合う仕事は、身体や精神的な疲れを抱えた人を癒す仕事のため、次の仕事はHSP人がやりがいを感じやすい仕事と言えます。

人の身体と向き合う仕事
  • 整体師
  • マッサージ師
  • 鍼灸師
  • エステティシャン
  • セラピスト

HSPの人は質の高い仕事が出来たり、相手に寄り添って痛みを優しく和らげるので、多くの人に喜ばれて自分自身も満足感を得られやすいでしょう!

おすすめ2|動物が関わる仕事

HSPの人は、動物を相手にする仕事が向いています。

なぜなら、HSPの人は騒がしい環境が苦手だったり、周りの空気を読みすぎて気疲れしてしまう傾向があるからです。

また共感力が高いため、一般の人よりも動物の気持ちに寄り添えるので、次のような仕事がおすすめです!

動物が関わる仕事
  • トリマー
  • ペットシッター
  • トレーナー
  • ペットショップの店員
  • 動物園や水族館の職員

業務内容にも興味が持てれば、自分を素直に表現しやすくなり、人間を相手にするよりも穏やかな気持ちで仕事が出来るでしょう!

おすすめ3|IT系の仕事

1つのことを深く追及したり、正確な仕事が求められるIT系の仕事もおすすめです!

なぜなら、繊細な人は仕事が丁寧でミスが少なかったり、物事を深く考えたり細かい作業の積み重ねが得意な人が多いからです。

そのため、確実性の求められる次のようなIT系の仕事が向いていると言えます。

IT系の仕事
  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • プログラマー
  • ソフトウェア開発
  • システムアナリスト

このような仕事は、高収入や安定した仕事を手に入れられる可能性が高いだけでなく、在宅での仕事や独立も可能なので、

スキルを身に付ければ、自分の好きな働き方を実現できるでしょう!

おすすめ4|Web系の仕事

集中して作業をするのか好きだったり、物事を深く考えながら細かいことに気付ける人はWeb系の仕事がおすすめです!

なぜなら、Web系の仕事はデータや情報と向き合うことが多いため、周りを気にせず仕事をしやすいからです。

Web系の仕事には、次のように様々な仕事があります!

Web系の仕事

◎こつこつ続けられる

  • Webライター
  • ブロガー
  • データ入力

◎データから分析する

  • Webマーケター
  • Webコンサルティング
  • SNS運用
  • アナリスト

◎デザインする

  • Webデザイナー
  • UI / UXデザイナー

これらの仕事は、自分の特性を生かして出来るものが多いので、意欲的にスキルを習得しやすいでしょう!

おすすめ5|クリエイティブな仕事

感受性を活かせるクリエイティブな仕事もおすすめです!

なぜなら、繊細な人は感受性が豊かで物事を深く考察できるため、想像力が豊かな世界を創ることが出来るからです!

次のような仕事は、自分の感受性を活かしやすいといえます!

クリエイティブな仕事
  • デザイナー
  • アーティスト
  • イラストレーター
  • ハンドメイド作家
  • 芸術家
  • カメラマン
  • 俳優
  • ミュージシャン
  • ナレーター

これらの仕事は、個人でも出来る仕事なので副業としても始められますし、海外をターゲットに行うことも出来ますよ!

おすすめ6|人との関わりが少ない仕事

周りの環境が気になったり、人に気を遣いすぎいて疲れてしまう人は、人との関わりが少ない仕事がおすすめです!

次のような仕事は、自分のペースで仕事をしやすいですよ!

人との関わりが少ない仕事
  • 家事代行
  • 倉庫作業
  • 新聞配達
  • 清掃員
  • 図書館司書

このような仕事は、仕事内容も比較的簡単なので、すぐに覚えて仕事が出来るでしょう!


佐々木
ここまで、HSPの人におすすめな仕事と職業についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ゆり
ありがとうございます!

HSPでも、向いている仕事はたくさんあるんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

HSPの特性は長所になるので、自分の性質に合わせて仕事を選ぶと良いですよ!

次は、HSPの人に向いている仕事に共通する条件について紹介します!

HSPの人に向いている仕事に共通する条件

佐々木
それでは、HSPの人に向いている仕事に共通する条件についてお伝えします!

この条件を知って多くことで、HSPの人に向いているのか自分で判断できるようになりますよ!

共通する条件
  1. 自分の興味がある
  2. 強みを活かせる
  3. 自分のペースで働ける
  4. 刺激が少ない環境である

1つずつ紹介します!

条件1|自分が興味を持てる

佐々木
HSPの人に向いている仕事に共通する条件の1つ目は、自分が興味を持てることです!

なぜなら、HSPの人は自分の内面の違和感を繊細にキャッチしやすいため、その違和感を無視するのが難しいからです。

他の人が「仕事だから」と割り切って働けても、HSPの人は割り切るのが難しいため、やりがいを見出しづらいのです。

そのため、「自分が本当にやりたいこと」を丁寧に深堀していき、働き方や扱う商品など細かい部分まで見ていくことが大切です!

条件2|強みを活かせる

佐々木
HSPの人に向いている仕事に共通する条件の2つ目は、強みを活かせることです!

なぜなら、苦手なことを頑張ると克服することにエネルギーを消費してしまい、自信が削られてしまうからです。

そのため、自分の生まれ持った強みを伸ばすための努力をすることで、自信や成果に繋がって前向きに仕事が出来るようになります

条件3|自分のペースで働ける

佐々木
HSPの人に向いている仕事に共通する条件の3つ目は、自分のペースで働けることです!

なぜなら、HSPの人は1人で集中して作業をすることを好んだり、物事を深く考えて行動することが出来るからです。

仕事が合っていても、職場環境や人間関係が合わないことでストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

そのため、リモートワークなど、自分のペースで考えて行動できる環境であることが大切です!

条件4|刺激が少ない環境である

佐々木
HSPの人に向いている仕事に共通する条件の4つ目は、刺激が少ない環境であることです!

なぜなら、HSPの人は刺激に敏感なため、騒音が多い場所や人との関わりが多い場所だと、エネルギーを消費してしまうからです。

そのため、人との関わりが多かったり、電話対応など常に気を配る必要がある仕事は向いていないと言えます。

どのような環境で働くことになるのか、良く調べることが大切です!


佐々木
ここまで、HSPの人に向いている仕事に共通する条件についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

共通する条件
  1. 自分の興味がある
  2. 強みを活かせる
  3. 自分のペースで働ける
  4. 刺激が少ない環境である
ゆり
HSPの人に向いている仕事には、これらの条件が共通しているんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

これらの条件に当てはまっている仕事は、HSPに向いている仕事と言えるので、

気になった仕事がある場合は、これらの条件に当てはめてみてくださいね!

次に、適性を見極めるために知っておくべき、HSPの人の強みと弱みを紹介します!

仕事の適正を見極めよう!HSPの人の強みと弱み

佐々木
ここでは、適性を見極めるために知っておくべき、HSPの人の強みと弱みをお伝えしていきます!

自分の強みと弱みを知っておくことで、適職が見つけやすくなり、転職後の後悔も減らせますよ!

それでは、HSPの人の強みから見ていきましょう!

HSPの人の強み

HSPの人は繊細なため、一般的な人よりも多くの情報をキャッチできます!

そのため、次のような強みがあると言われています!

HSPの人の強み
  • 細かいところまで気づく力がある
  • 空気を読んだり察する能力が高い
  • 感受性や創造性が豊かで芸術的センスが高い
  • 共感力が高く人に寄り添える
  • 人の痛みが分かる
  • 丁寧で質の高い仕事を行う
  • 誰とでも平等に接することが出来る
  • こつこつ努力できる
  • 記憶力が良い

このような強みを発揮できると、自然と周りの人のサポートが出来るようになるため、会社に重宝される存在になりますよ!

次に、HSPの人の弱みを見ていきましょう!

HSPの人の弱み

HSPの人は小さなことでも刺激になるため、マイナスな感情を抱きやすかったり、気が散りやすいです。

そのため、次のような弱みがあると言われています。

HSPの人の弱み
  • 必要以上に失敗を恐れる
  • 物事をマイナスに捉えがち
  • 繊細で傷つきやすい
  • 空気を読みすぎてストレスを感じやすい
  • 過去の出来事を引きずる
  • 周りの音や光、温度などの環境の変化に敏感
  • 周りの人の行動や言語を気にしすぎる
  • 効率やスピードを重視できず時間がかかる
  • マルチタスクが苦手

このように、多くのことを気にしすぎてしまうため完璧主義になりやすく、適当に仕事をしたり割り切った仕事ができないのです。


佐々木
ここまで、HSPの人の強みと弱みについてお伝えしました!
ゆり
HSPの人にも、たくさんの強みと弱みがあるんですね!

弱みばかり気になっていましたが、強みも分かって少し安心しました!

佐々木
それは良かったです!

HSPは特性の一つなので、だからこその強みがあるのです!

強みを活かして、自分に合った仕事を見つけましょう!

次に、適職に就くための3つのステップをお伝えします!

適職の探し方|適職に就くための3ステップ

佐々木
それでは、適職に就くための3つのステップを紹介します!

このステップを行うことで、自分はどのような仕事なら前向きに働けるのかが分かりますよ!

適職に就くためのステップ
  1. 自己分析をする
  2. 希望条件を整理する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う

順番に見ていきましょう!

ステップ1|自己分析をする

佐々木
適職に就くための1つ目のステップは、自己分析をすることです!

自己分析をすることで、自分が働きやすい環境が明確になり、自分に合った仕事を見つけやすくなります!

自己分析をする時に考えるべきポイントは、次の通りです!

自己分析のポイント
  • 性格 / 特性
  • 興味のあること
  • 得意なこと / 苦手なこと
  • 好きなこと / 嫌いなこと
  • これまでの人生で頑張ったこと
  • 働く上で辛いこと
  • ストレスなく働ける環境や働き方

自分で自己分析をするのが不安な人は、自己分析ツールの利用がおすすめです!

おすすめの自己分析ツールは、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」です!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果

グッドポイント診断を使えば、自分の強みが分かるだけでなく、どんな仕事が向いているかも分かります。

無料で本格的な診断が行えるので、自己分析をやりたい人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

ステップ2|希望条件を整理する

佐々木
適職に就くための2つ目のステップは、希望条件を整理することです!

なぜなら、希望条件を整理することで、自分がどのような仕事を求めているのかが明確になるからです!

まずは、転職してからやりたいことや、求める労働条件や職場環境について洗い出してみましょう。

そのあとに、優先順位を付けて、特に譲れないものを3つ程度選びましょう。

具体的に考えられるのは、次のような条件です。

希望条件の例
  • 家からの距離や通勤時間などの立地条件
  • 一緒に働く可能性のある人数
  • 土日休みかシフト制か
  • 月の残業時間
  • 職場環境
  • 有休の取りやすさ

これらを参考にして、自分の大切にする条件を明確にすることが大切です!

ステップ3|プロに相談して転職先のリサーチを行う

佐々木
適職に就くための3つ目のステップは、プロに相談して転職先のリサーチを行うことです!

なぜなら、転職のプロは今までの転職ノウハウを持っているだけでなく、企業の内部事情も知っているので、

1人では知りえない情報を手に入れることが出来るからです。

そのため、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談することをおすすめします!

具体的にリサーチする項目としては次の通りです!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤の頻度
  • キャリアアップの形や方向性
  • 職場環境や従業員数
  • 転勤の可能性
  • 出張の頻度
  • 社内の内情や福利厚生の活用頻度

これらの他にも、気になるポイントは全てクリアにしておきましょう!

転職エージェントに相談する以外にも、自分で口コミサイトを確認することも大切です!

おすすめ口コミサイト
佐々木
効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中にプロに転職の相談をしておきましょう。

佐々木
ここまで、適職に就くための3つのステップについてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

適職に就くためのステップ
  1. 自己分析をする
  2. 希望条件を整理する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う
ゆり
この3ステップを行うことで、適職が分かるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

自分をよく分析してから求める条件を考え、その後リサーチを行うことで

自分に合った求人を見つけやすくなるんですよ!

次に、仕事選びに迷ったときの方法を紹介します!

仕事選びに迷ったらプロへの相談がおすすめ!

佐々木

それでは、HSPの人が仕事選びに迷った時の対策方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」へ相談することをおすすめします!

失敗を防いでHSPの人に向いてる仕事に就くためには、転職エージェントを上手く活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに最適なアドバイスをしてくれるので、HSPの人でも安心して働ける職場を紹介してもらえます!

また、様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、

HSPの人でも自分に合う仕事を見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「パソナキャリア」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次に、HSPでも適職に巡り合えた人の体験談について紹介します!

HSPでも適職に巡り合えた人の体験談

佐々木
ここでは、HSPでも適職に巡り合えた人の体験談を見ていきましょう!

体験談を見ることで、自分に合った仕事で働けるイメージがしやすくなりますよ!

ゆり
HSPでも、自分に合った仕事に就いている人はたくさんいるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

自分の中で答えを見つけたり、経験の中で適職を見つける人は多いですよ!

次に、HSPの人に向かない仕事の特徴を見ていきましょう。

HSPの人に向かない仕事の4つの特徴

佐々木
それでは、HSPに向かない仕事の特徴を紹介します!

向かない仕事の特徴を知っておくことで、自分に向いている仕事か判断しやすくなりますよ!

HSPの人に向かない仕事の特徴
  1. 競争が激しい環境
  2. 気が散る環境
  3. 興味が無く退屈に感じる
  4. 人との関わりが多い

1つずつ紹介します!

特徴1|競争が激しい環境

佐々木
HSPの人に向かない仕事の1つ目の特徴は、競争が激しい環境です!

なぜなら、営業職など競争の激しい環境は、周りからの視線やスピード感など、様々なストレスが多いからです。

また、競争が激しい環境では相手を出し抜いたり、汚いやり方をする人もおり、HSPの人には理解ができないことも多いでしょう。

このような環境では、綺麗事では片付けられない出来事が生じるため、やり方に納得出来なかったり、強いストレスを感じやすくなります。

特徴2|気が散る環境

佐々木
HSPの人に向かない仕事の2つ目の特徴は、気が散る環境です!

なぜなら、忙しすぎる仕事や騒がしい中では心を落ち着けることが出来ず、常に気が散って仕事が手につかないからです。

自分が楽しめたり、納得のいく仕事なら問題ありませんが、そうでは無い場合は心の余裕を無くしてしまうでしょう。

HSPの人は電話のような音以外にも、人の喋り声や少しの物音でも気が散ってしまう場合があるので、自分の許容範囲を明確にした上で妥協点を見つけることが大切です。

特徴3|興味が無く退屈に感じる

佐々木
HSPの人に向かない仕事の3つ目の特徴は、興味が無く退屈に感じることです!

なぜなら、HSPの人は自分が納得したことや精神的な満足を求めるので、お金を稼ぐために仕事をすると割り切ることが難しいからです。

退屈だと感じても、ストレスが少ないなど自分が納得していれば問題ありませんが、

そうではない場合はもう少し人と接したい、もっと意味のある仕事をしたいと感じるでしょう。

そのため、精神的な充実感を優先して仕事を選んだり、仕事を行う目的や期間を考えておくとモチベーションを維持しやすいです!

特徴4|人との関わりが多い

佐々木
HSPの人に向かない仕事の4つ目の特徴は、人との関わりが多いことです!

なぜなら、HSPの人は自分のペースで仕事を進めることを好むため、人との関わりが多い職場は集中できず効率が下がるからです。

人と一緒に仕事をすることが無理な訳ではありませんが、人のことが目に付いてしまったり、新しいアイディアが浮かんでしまいやすいです。

上手く切り替えられれば良いですが、切り替えられないと仕事が手につかなくなったり、不安や疲労の原因になるので注意が必要です。


佐々木
ここまで、HSPの人に向かない仕事の特徴についてお伝えしました!

まとめると次の通りです。

HSPの人に向かない仕事の特徴
  1. 競争が激しい環境
  2. 気が散る環境
  3. 興味が無く退屈に感じる
  4. 人との関わりが多い
ゆり
これらの4つがHSPに向かない仕事の特徴なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

HSPの度合いによっては、気にならない項目もあると思いますが、長く働くことを考えると避けたほうが良いでしょう。

次に、HSPの弱みを克服する方法を紹介します!

HSPの弱みを克服する方法

佐々木
それでは最後に、HSPの弱みを克服する方法を紹介します!

無理にHSPを克服する必要はありませんが、克服したいと思う人は出来ることから行いましょう!

HSPの弱みを克服する方法
  1. 自分を責めない
  2. 他人のために目標を立てる
  3. 皆から好かれようとしない
  4. 小さなことも相談してみる
  5. ストレス解消法を見つける

1つずつ見ていきましょう!

方法1|自分を責めない

自分を責めすぎても何も良いことは無く、むしろ自信をなくす原因になってしまいます。

前向きな気持ちで過ごすためにも、自分に関係の無いことにまで責任を感じるのは辞めましょう!

自分を責めるよりも、自分が出来たことに目を向けて自分を褒めてあげることが大切です!

方法2|他人のために目標を立てる

人のために何かをしたい思いが強い人は、他人のために目標を立てましょう!

なぜなら、HSPの人は共感力が強いため、相手の力になりたいと思う人が多いからです。

このような人は、自分のために目標を立てるより、他人のために目標を立てることで不安が軽減し、意欲的に行動出来るようになります!

自分が納得でき、自信が持てるような目標を立てましょう!

方法3|皆から好かれようとしない

全ての人から好かれることは不可能なので、皆から好かれようとしないことも大切です。

HSPの人は、一般の人より空気を読む力があったり、人の目線を気にしやすいです。

そのため、みんなと仲良くなる必要は無いと思えれば、少しは気が楽になります!

多くの人に気を使い過ぎず、自分が長く付き合いたい人を大切にしていきましょう!

方法4|小さなことも相談してみる

小さなことでも、相談できる人に相談していきましょう!

なぜなら、繊細な人は相手に迷惑をかけるのを申し訳なく思い、相談せずに1人で悩みを解決しようとしがちだからです。

多くのことが気になり、なかなか相談できないと思いますが、その姿を見た周りの人から逆に心配されている場合もあります。

相談されるのか好きな人や、頼られることが好きな人は多いので、自分で抱えすぎずに人に頼っていましょう!

方法5|ストレス解消法を見つける

自分がリラックスするために、ストレス解消法を見つけておくことも大切です!

なぜなら、繊細な人は多くのことが刺激になるため、ストレスを抱えやすいからです。

ストレスが大きくなる前に解消した方が良いので、手軽にできたり習慣化出来るような解消法があると良いでしょう!

おすすめのストレス解消法は、自然の中に行くことやヨガや瞑想など心を落ち着けることです!

少しの時間でも、周りの情報を遮断してリラックスできると、ストレスが減りますよ!


佐々木
ここまで、HSPの弱みを克服する方法を紹介しました!

まとめると次の通りです!

HSPの弱みを克服する方法
  1. 自分を責めない
  2. 他人のために目標を立てる
  3. 皆から好かれようとしない
  4. 小さなことも相談してみる
  5. ストレス解消法を見つける
ゆり

このようなことが、HSPの克服に繋がることなんですね!

思ったより簡単な方法が多いので、実践できそうです!

佐々木
ぜひ出来ることから実践してみてください!

勇気がいることも多いですが、少しずつ慣れれば肩の荷が下りて生活しやすくなりますよ!

HSPの人に向いてる仕事はたくさんある!

佐々木

今回は、HSPに向いている仕事が知りたいという人に向けて、

おすすめの仕事や適職に就くための方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • HSPに向いている仕事・職業はたくさんある
  • 適職を見つけるためには自己分析が大切
  • 自分に合った仕事を見つけたい人は、転職エージェントへの相談がおすすめ
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「パソナキャリア」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!