手取り20万円の生活はきつい?年収・家賃・貯金事情&一人暮らしの内訳

手取り20万円の生活はきつい?年収・家賃・貯金事情&一人暮らしの内訳

この記事では、「手取りを20万円から増やしたい!」と思っている人に向けて、

『手取り20万円の貯金事情』や、『生活している人の体験談』などをお伝えしていきます!

手取り20万円前後の人はたくさんいますが、30代になってくると周りの人と比較して、「もう少し欲しい」と思うことがよくあるでしょう。

また、20代の中にも、良い家に住んだり、趣味を充実させるために、20万円では足りないと考えている人もたくさんいます。

実際、手取りが少し上がれば、今よりも良い生活ができるようになるので、仕事に対するモチベーションも大きく変わってきますよ!

この記事を最後まで読めば、手取り20万円から上げる方法が分かり、今より生活が楽になって、心に余裕が持てますよ!

この記事がおすすめな人
  • 手取りを20万円から上げる方法を知りたい
  • 手取り20万円の人の貯金事情を知りたい
  • 手取り20万円でも結婚できるのか教えてほしい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

手取り20万円の給料額面|平均年収との差を解説

佐々木

早速ですが、手取り20万円の給料額面についてお伝えします!

平均年収との差もお伝えするので、収入が多いか少ないかの参考にしてください。

手取り20万円の場合、控除前の総支給額は24万円ほどになり、ボーナスなしであれば、24万円×12ヶ月で年収288万円になります。

ボーナスありの場合は、年収の15%をボーナスと考えると、年収330万円程度です。

ゆり

手取り20万円の場合、年収は288万円程度なんですね。

そしてボーナスがあれば、年収300万円を超えられるんだ!

佐々木

そうですね!

ボーナスがあるか無いかだけでも、年収は大きく変わってきますよ!

もちろん手取り20万円で満足している人もいますが、本当にやりたい仕事でないなら、

ストレスを感じますし、もっと収入を上げたいと思うものでしょう。

実際、手取り20万円は一般的な会社員の平均以下の収入です。

そのため、趣味に使うお金に困っていたり、車を買うのが難しい人も多いです。

佐々木
業界を問わず、働いている人の年代別の平均年収は次の通りです!
年代別の平均年収
  • 20代:345万円
  • 30代:442万円
  • 40代:507万円
  • 50代以上:622万円

引用:「doda」平均年収ランキング 最新版【年齢別】

ゆり
平均年収を見ると、手取り20万円の年収の低さが分かりますね…。
佐々木

そうですよね…。

Twitterでは次のような投稿もありました。

ゆり
実際に、もっと収入が欲しいと思っている人がたくさんいるんですね…。
佐々木

そうですね…。

少しでも収入を上げることが出来れば、今よりも少し良い暮らしができます。

収入が上がれば安心感が生まれ、仕事もプライベートも活力を見出せるので、かなり気分が楽になりますよ!

次の章では、手取り20万円の人の家賃や生活費の内訳を紹介します!

手取り20万円で一人暮らしの家賃・生活費の内訳

佐々木

それでは、手取り20万円で一人暮らしをしている人の家賃や生活費の内訳を解説します!

今回は日本の中でも最も生活費のかかる「東京での一人暮らし」を前提に、内訳を考えてみました。

具体的に、手取り20万円の人の生活費は次のような内訳になってきます。

家賃6万円
水道光熱費1万円
通信費1万円
食費4万円
交際費2万円
服・日用品など2万円
趣味2万円
貯金2万円

あくまでも一例ですが、2万円ほど余るので、貯金に回すことが可能です!

地方在住の方や実家暮らしの方であれば、家賃を抑えられるので、趣味や貯金にもう少しお金を回せるでしょう。

しかしながら、決して余裕のある生活ができるとは言えないので、油断していると自由に使えるお金はすぐに無くなってしまう可能性があります。

ゆり
贅沢してしまうと、趣味や貯金にお金が回せないということですね。
佐々木

そうですね。

手取り20万円で余裕を作るためには、計画的にお金を使うことが大切ですよ!

少しでも貯金をしていきたいなら、いかに固定費を下げられるかがポイントになります。

駅から離れた家に住んで家賃を抑えたり、格安スマホを使って通信費を抑えたり、やり方次第では多少の貯金を作ることも可能です。

ただその分節約を意識した暮らしになり、無理をすると過度なストレスがかかってしまうので、

我慢するよりも手取りを上げる方法を考えた方が得策と言えるでしょう。

次の章では、具体的な手取り20万円の人の貯金事情をお伝えします!

お金は貯まる?手取り20万円の貯金事情とは

佐々木

それでは、手取り20万円の人の貯金事情をお伝えします!

どれくらい貯金ができるのか、参考にしてください。

年収300万円前後の世帯別平均貯金額

手取り20万円の場合、ボーナスなしだと年収300万円以下、ボーナスありは年収300万円以上になるので、

年収300万円未満の世帯の貯金額と、年収300万円〜500万円の世帯の貯金額を見ていきましょう。

世帯種別年収帯預貯金
単身世帯300万円未満264万円
300万円〜500万円388万円
二人以上の世帯300万円未満577万円
300万円〜500万円586万円

単身世帯の場合は、200万円台後半から400万円程度

二人以上の世帯の場合は、580万円前後が平均の貯金額になっています。

ゆり
手取り20万円の人は、これくらいの金額を貯金しているんですね。
佐々木

そうなんです。

ただこのデータは年収500万円の人まで含まれているので、実際は貯金額がもっと少なくなる可能性が高いですよ。

手取りの年収からの貯蓄率

それでは次に、手取りの年収のうちどれくらいを貯蓄に回しているかのデータを紹介します。

どれくらいの割合を貯金に回せている人が多いのかチェックしてみましょう!

年収に対しての割合単身世帯二人以上の世帯
貯蓄していない19.735.2
〜5%3.97.5
5〜10%10.015.5
10〜15%21.618.7
15〜20%4.45.2
20〜25%11.26.8
25〜30%5.81.4
30〜35%10.92.5
35%〜12.61.6

単身世帯の場合は、10〜15%の年収を貯蓄している人が最も多いという結果になっています。

また、二人以上の世帯では、約3割の人が貯蓄していないという結果になりました。

ゆり
貯蓄にお金を回せていない人も多いんですね…。
佐々木

そうですね。

貯金額を増やしたいのであれば、やはり収入自体を増やすことが重要になります!

将来のためにも、今のうちから収入を増やす努力をするのも良いでしょう。

次の章では、手取り20万円で結婚できるかお伝えします!

給料の手取り20万円で結婚はきつい?

佐々木

それでは、手取り20万円で結婚できるかお伝えします!

結論からお伝えすると、手取り20万円でも結婚することは可能ですが、贅沢な暮らしは出来ないと言えるでしょう。

具体的に、手取り20万円であれば月4万円を目安に食費をやりくりする必要があります。

1日あたりに換算すると約1,300円になり、一人ならやっていけそうですが、家族が増えた時にはかなりの節約が必要になるでしょう。

ゆり
たしかに、食費はかなり節約する必要がありますね。
佐々木

そうですね。

外食を控えたり、昼食はお弁当を家から持参するなど、計画的に節約することが大切です。

とはいえ、夫婦共働きであれば、二人の収入を合わせることである程度カバーできます。

一人の収入で暮らしていくのは厳しいので、手取り20万円で結婚するなら、パートナーにも仕事をしてもらうことになるでしょう。

また、子供ができればさらにお金が必要になってきます。

出産すれば働けない期間もできるので、育児期間は出費が多くなることを頭に入れておく必要がありますよ!

佐々木
自由にお金を使ってしまうと、生活を圧迫することになるので、

手取り20万円で結婚するなら、計画的にお金を使うことが大切です。

次の章では、実際に手取り20万円で暮らしている人の体験談を紹介します!

実際に月給手取り20万円で暮らしている人の体験談

佐々木

それでは、手取り20万円で暮らしている人の体験談を紹介します!

手取り20万円の人の事例を見ると、どんな生活になるかイメージがより見えてきますよ。

実際に、Twitterでは次のような投稿がありました。

ゆり

何とかギリギリで生活している人ばかりですね。

余裕のある生活はできないので、やっぱり手取りを20万円より上げたいですね。

佐々木

そうですよね…。

手取り20万円では、自由に使えるお金も少ないので、余裕を持った生活は出来ないでしょう。

具体的に手取り20万円では、条件が良い家に住めなかったり、車が買えなかったり、旅行に行けなかったりなど、

何かと我慢をしながら生活をしていくことになります。

手取り20万円の生活に嫌気が差し、少しでも収入を増やしたい人は、手取りが上がればどう生活が変わるかイメージしてみるのも良いでしょう。

次の章では、手取りがあと3万円増えたら生活がどう変わるかお伝えします!

せめてあと手取りが3万円増やせたら…

佐々木

それでは、手取りがあと3万円増えたら生活がどう変わるかをお伝えします!

行動を起こす前に、収入が増えた時の生活のイメージを膨らませてみましょう。

実際に、「せめてあと手取りが3万円増えたら…」と考えている人も多いと思います。

結論から言うと、手取り20万円の人が3万円給料を上げることは難しくありません。

3万円を上げた23万円は、20代の平均の手取り額をやや上回る額なので、

高収入の仕事や特殊なスキルが必要な仕事をしなければならない訳ではありません。

もしあと3万円手取りが増えたら、今よりも良い家に住めますし、地方であれば車も所有できます。

他にも毎月の貯金額を増やしたり趣味に回すことも可能です!

ゆり

たしかに、手取りがあと3万円増えたら生活は楽になるし、少しは将来の不安も解消できるかも!

でも、私には学歴も資格もないので自信がありません…。

佐々木

大丈夫ですよ!

これまで1,000人以上の転職希望者の方と会ってきましたが、

手取り20万円の人は9割以上が転職によって給料UPを成功させています。

次の章では、手取りを上げたい人が相談すべき転職のプロについてお伝えします!

手取り20万円から上げたいなら、転職のプロに相談すべき

佐々木

それでは、手取りを上げるために相談すべき転職のプロについてお伝えします!

結論からお伝えすると、転職する時は「転職エージェント」に相談すべきです!

転職エージェントに登録すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

場合によっては、年収交渉のサポートも行ってくれるので、手取りを上げたい人にとって心強い存在になってくれますよ!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
具体的には、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、手取りを上げたいなら転職エージェントを活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「DYM就職」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

20万の手取りから給与が上がれば、今より生活に余裕が出る!

佐々木

今回は、手取りを20万円から増やしたいと思っている方に向けて、

手取り20万円の貯金事情や生活している人の体験談をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 手取り20万円は一般的な会社員の平均以下の収入
  • 手取り20万円で結婚すると贅沢な生活は出来ない
  • 手取りを上げたい人は、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「DYM就職」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!