インフラエンジニアはきつい?辛い理由&難しい未経験転職の成功方法

インフラエンジニアはきつい?辛い理由&難しい未経験転職の成功方法

この記事では、「インフラエンジニアってきついの…?と疑問を抱いている人に向けて、

『インフラエンジニアがきついと言われる理由』や、『インフラエンジニアの良いところ』などをお伝えしていきます!

インフラエンジニアに興味はあるものの、きついと耳することが多く不安を抱いている人も多いでしょう。

特に未経験で転職しようと考えている人にとって、仕事のきつさは気になるところです。

この記事を最後まで読めば、インフラエンジニアのきつさが分かり、迷いなく転職活動を行えるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • インフラエンジニアは辛いのか知りたい
  • インフラエンジニアがきついと言われる理由が知りたい
  • インフラエンジニアの仕事内容が知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

そもそもインフラエンジニアの仕事とは?

佐々木
早速、インフラエンジニアについて紹介していきます!

はじめに、インフラエンジニアの仕事について知っておきましょう!

インフラエンジニアは、ITシステムを利用するための基盤を構築するエンジニアです。

ITに関わるインフラを構築するエンジニアということで、「ITインフラ」と呼ばれることもあります。

具体的なインフラエンジニアの仕事は、要件定義、設計、構築、運用、保守、監視と6つのフェーズに分かれています。

クライアントとどのようなシステムを導入するかを打ち合わせし、仕様が固まったらシステムの導入を行います。

その後のアフターフォローをしていくまでが一連の流れとなっています。

佐々木
ITシステムの基盤を設計しているため、責任がありやりがいのある仕事ですが、

その分きついと言われることも多いです。

きついと言われる理由については、次の章で詳しく紹介します!

インフラエンジニアがきついと言われる5つの理由

佐々木
それでは、インフラエンジニアがきついと言われる理由を見ていきましょう!

きついと言われる理由を知ることで、インフラエンジニアの働き方が想像しやすくなりますよ!

きついと言われる理由
  1. 夜勤の可能性がある
  2. 急な障害対応がある
  3. 転職時の給料が低い
  4. 未経験だと勉強量が多い
  5. ブラック企業が多い

1つずつ見ていきましょう!

理由1|夜勤の可能性がある

佐々木
インフラエンジニアがきついと言われる理由の1つ目は、夜勤の可能性があることです。

ネット環境をはじめとしたITインフラは、私たちの生活に必要不可欠であるため、24時間正常に動いているか監視し続ける必要があります。

また、システムメンテナンスなどは、基本的に利用者が少なく支障が出づらい夜間に作業を行います。

このような理由から、深夜や長期休暇など多くの人が休んでいる時間を狙って仕事をすることが多いため、きついと言われやすいです。

理由2|急な障害対応がある

佐々木
インフラエンジニアがきついと言われる理由の2つ目は、急な障害対応があることです。

ネットワーク機器や回線のトラブルは予測が出来ないため、24時間365日監視する必要があり、問題が発生すればすぐに対応する必要があります。

多くの企業では交代制で監視していますが、企業によっては時間を問わず障害対応を行い、緊急の場合は夜中でも休日でも構わず出社を求められます。

このように、「常に仕事が入るかもしれない」という気持ちを抱えながら生活する必要があるため、

オンオフを切り替えづらく精神的な負担があることから、きついと言われます。

理由3|転職時の給料が低い

佐々木
インフラエンジニアがきついと言われる理由の3つ目は、転職時の給料が低いことです。

インフラエンジニアは資格やスキルが重視されるため、転職時の段階では給料が低いことが多いのです。

特に、未経験から転職する場合はスキルが無いため、労働時間と給料が割に合わない場合もあります。

しかし、積極的に資格を取得すれば昇給できるため、長期的に見れば稼げる仕事になるでしょう!

企業によっては、資格取得のための学習費用が福利厚生で出るので、このような制度を利用利して給料アップを目指しましょう!

理由4|未経験だと勉強量が多い

佐々木
インフラエンジニアがきついと言われる理由の4つ目は、未経験だと勉強量が多いことです。

未経験転職可能な企業は、未経験者のための研修を用意している場合が多いです。

業務内容により、1~3ヶ月程度の研修期間を設けていますが、1から100まで全てを教えてくれるわけではありません。

自分の業務を覚えながら、インフラエンジニアの基礎を学ぶ必要があるので、少なくとも3ヶ月は仕事がきつくなることが考えられます。

理由5|ブラック企業が多い

佐々木
インフラエンジニアがきついと言われる理由の5つ目は、ブラック企業が多いことです。

インフラエンジニアに限らず、IT業界は長時間労働が行われやすいため、ブラック企業が多いと言われています。

特にインフラエンジニアは、急な残業や深夜出勤があるため長時間労働になりやすく、ブラックと言われやすいです。

また、長時間労働分の残業代がしっかりと支払われれば良いですが、企業によっては残業時間を有耶無耶にして残業代を払わない場合もあります。

このようなブラック企業は一部に過ぎませんが、激務なのに薄給の企業も存在するためきついと言われる仕事になっています。


佐々木
ここまで、インフラエンジニアがきついと言われる理由をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

きついと言われる理由
  1. 夜勤の可能性がある
  2. 急な障害対応がある
  3. 転職時の給料が低い
  4. 未経験だと勉強量が多い
  5. ブラック企業が多い
ゆり
夜勤や急な障害対応などの働き方から、きついと言われることが多いんですね…。
佐々木
そうなんです…。

しかし、インフラエンジニアは辛いだけではありません!

良い面もたくさんあるので、次の章で紹介していきます!

知っておくべき!インフラエンジニアの良いところ

佐々木
それでは、インフラエンジニアの良いところをお伝えします!

良いところを知ることで、インフラエンジニアのやりがいが分かりますよ!

インフラエンジニアの良いところ
  1. 未経験転職しやすい
  2. 学歴に関係なく挑戦できる
  3. インフラの知識が財産になる
  4. 年収を上げやすい
  5. 1人で集中して仕事が出来る

1つずつ説明します!

良いところ1|未経験転職しやすい

インフラエンジニアは年々需要が高まり人材を必要としているため、未経験転職を積極的に受け入れています!

特に、20代~30代前半であればポテンシャルや意欲が重視されるため、転職できる可能性が高いです!

中でも、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなどの職種は、採用を積極的に行っていますよ!

佐々木
転職前に勉強したり資格を取っておけば、より採用されやすくなるでしょう!

良いところ2|学歴に関係なく挑戦できる

インフラエンジニアだけでなくIT業界全体として、学歴や経歴よりもやる気やスキルを重視した採用を行う企業が増えています!

そのため、学歴に関係なく挑戦でき、自分の努力次第で成果を残せます!

今後、様々な業界でIT化が進むと考えられるため、その基盤を作るインフラエンジニアの活躍の場は広がっていくでしょう!

佐々木
学歴が低かったとしても、スキルがあれば正当に評価されるため、

やりがいを感じながらスキルアップも目指せますよ!

良いところ3|インフラの知識が財産になる

インフラエンジニアの仕事は専門性が高い知識が必要になるため、知識自体が財産になります!

インフラエンジニアとして経験を積めば、様々な職種への転職が可能になる上に、食いっぱぐれることなく安定した収入も手に入ります!

具体的に、インフラエンジニアには次のような知識が必要です。

インフラエンジニアに必要な知識
  • OS
  • ミドルウェア
  • ハードウェア
  • ネットワーク
  • データベース
  • セキュリティ
  • クラウド関係 など

これらの知識は、どの企業でも通用する知識であることが多いので、一度覚えればどこに行っても即戦力として活躍出来るでしょう!

佐々木
覚えるまでは大変な仕事ですが、覚えてしまえばずっと使える知識なので、

長期的見れば楽な仕事とも言えますよ!

良いところ4|年収を上げやすい

インフラエンジニアはIT業界の中でも需要が高い職種であり、スキルが重視されるので年収も上げやすいです!

なぜなら、スキルや能力が重視される職種であり、評価制度や昇給制度が整っている企業も多いからです。

インフラエンジニアの知識は、IT業界の他の職種でも必ず必要になる知識であるため、どこに行っても重宝され転職にも有利です!

実際、インフラエンジニアの知識が重宝され、30代の転職で年収が100円以上アップしたケースもあります!

佐々木
年収を上げたい人は、まずインフラエンジニアとして経験を積んでから転職することで

キャリアアップしやすくなりますよ!

良いところ5|1人で集中して仕事が出来る

保守運用のインフラエンジニアは、基本的にはサーバールームなどで1人で仕事をすることが多いです。

そのため、自分のペースで働きたい人や干渉されずに仕事をしたい人にはおすすめです!

システムエンジニアやプログラマーはチームで働くことが多いですが、インフラエンジニアは基本的に1人で働きます。

佐々木
その分責任はありますが、やりがいを感じながら仕事が出来るでしょう!

佐々木
ここまで、インフラエンジニアの良いところをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

インフラエンジニアの良いところ
  1. 未経験転職しやすい
  2. 学歴に関係なく挑戦できる
  3. インフラの知識が財産になる
  4. 年収を上げやすい
  5. 1人で集中して仕事が出来る
ゆり
インフラエンジニアには、こんなにも良いところがあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

きつい部分がある分、良い部分もたくさんあるのがインフラエンジニアです!

そのため、人によってきついと感じるか、やりがいがあると感じるかは変わりますよ!

次に、未経験からインフラエンジニアになる正しい方法を紹介します!

未経験からインフラエンジニアになる正しい方法

佐々木

それでは、未経験からインフラエンジニアになる正しい方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」の活用がおすすめです!

失敗を防いでインフラエンジニアに転職するためには、転職エージェントを上手く活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに最適なアドバイスをしてくれるので、未経験の人でも安心して働ける職場を紹介してもらえます!

また、転職の様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントでは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、未経験の人でも自分に合う仕事を見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『ワークポート』
    IT・Web系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアへの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    業界トップクラスのIT求人数
    【公式】https://career.levtech.jp/
  4. 『dodaエンジニアIT』
    大手企業を中心に3万件以上のIT求人を持つ
    【公式】https://doda.jp/engineer/
  5. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次に、インフラエンジニアの体験談を紹介します!

インフラエンジニアはきつい?辛い?転職者の体験談

佐々木
ここでは、インフラエンジニアへ転職した人の体験談を見ていきましょう!

体験談を見ることで、自分がインフラエンジニアとして働けるかイメージがしやすくなりますよ!

ゆり
厳しい面を感じながらも、やりがいはある仕事だと思っている人は多いんですね!
佐々木
そうですね!

インフラエンジニアは知識が必要な分大変なことも多いですが、需要がありキャリアアップを望める仕事ですよ!

次に、インフラエンジニアに転職して年収を上げるコツを紹介します!

インフラエンジニアに転職して年収を上げるコツ

佐々木
それでは、インフラエンジニアで年収を上げるコツを紹介します!

コツを知ることで、転職後に年収を上げやすくなりますよ!

年収を上げるコツ
  1. コミュニケーション能力を活かす
  2. 経験を積んで大企業を目指す

それぞれ見ていきましょう!

コツ1|コミュニケーション能力を活かす

インフラエンジニアには、「正確な情報収集力」「分析力」「コミュニケーション能力」の3つの能力が必要とされています。

その中でも、コミュニケーション能力は特に重視されている能力です。

インフラエンジニアは打ち合わせの機会が多く、最短でより良いものを作るためにはコミュニケーションは必須なのです。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は円滑に仕事を進められると判断され、年収アップに繋がります!

佐々木
営業職のようにトーク力が必要なわけではありませんが、

自分の意見を正確に伝えたり、分かりやすい言葉で説明できることが大切ですよ!

コツ2|経験を積んで大企業を目指す

企業規模が大きくなるほどセキュリティ対策が必要になり、インフラ設備に力を入れるため…

経験を積みインフラエンジニアならではの知識を付けることで、大企業からも重宝される人材になります!

中小企業では、多少知識があるエンジニアにインフラ設備を任せる傾向にありますが、大企業では専任のインフラエンジニアを雇っています。

このような背景から、大企業になるほどインフラエンジニアの需要は高まるのです!

佐々木
大企業は中小企業より年収が高い企業が多いので…

大企業に転職出来ればキャリアアップと同時に年収も上げられますよ!


ゆり
この二つの方法がコツなんだ…!

インフラエンジニアは年収を上げられる可能性が高いんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

企業に必要な人材だと思ってもらえれば、年収は上がりキャリアアップもしやすくなりますよ!

次に、インフラエンジニアの将来性について紹介します!

インフラエンジニアはきついし激務?気になる将来性

佐々木
インフラエンジニアは、将来性があり需要が高い仕事です!

なぜなら、インフラエンジニアはインターネットなど通信やシステムの基盤を作る仕事のため、

IT技術が発展している現在は無くならない仕事と言えるからです。

近年はIT業界が発展しているため、人材不足の企業も多く未経験からでも採用されやすいです!

ここまでお伝えしたようにインフラエンジニアには辛い面もありますが、将来性があるのでキャリアアップも十分目指せますよ!

インフラエンジニアの仕事がきついかどうかは会社次第!

佐々木

今回は、インフラエンジニアはきついの…?と悩んでいる人に向けて、

インフラエンジニアがきついと言われる理由やインフラエンジニアエンジニアの良いところをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • インフラエンジニアは24時間障害対応をする可能性がある
  • きつい面もあるが良い面も多い仕事
  • 未経験から就職するなら、転職エージェントがおすすめ
ゆり

ありがとうございます!

インフラエンジニアについて理解出来ました!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『ワークポート』
    IT・Web系の求人が約半数
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    20代のIT業界とエンジニアへの求人が豊富
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
  3. 『レバテックキャリア』
    業界トップクラスのIT求人数
    【公式】https://career.levtech.jp/
  4. 『dodaエンジニアIT』
    大手企業を中心に3万件以上のIT求人を持つ
    【公式】https://doda.jp/engineer/
  5. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

ありがとうございます!

さっそく登録して、転職の相談をしてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!