転職エージェントおすすめランキング13選

【場面別】転職面接のマナー26選を完全解説|入室〜退室までの流れ

【場面別】転職面接のマナー26選を完全解説|入室〜退室までの流れ

この記事でお伝えすること
  • 転職活動で面接マナーが重要な理由
  • 準備から面接当日までの場面別マナー
  • 面接マナーを学ぶおすすめの方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「これから面接を控えているので、マナーを確認したい…!

「集団面接で恥をかきたくないので、マナーを教えてほしい!」

…と思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、転職活動の面接のマナーを知りたい方に向けて、

面接でマナーが重要な理由場面別の面接マナーなどを紹介します!

この記事を読めば、面接のマナーに関する疑問がなくなり、自信を持って転職活動を進められますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職活動の面接でマナーが重要な2つの理由

佐々木

まずは、転職活動の面接でマナーが重要な理由についてお伝えします!

マナー次第で不合格になる可能性もあるので、十分理解しておきましょう!

具体的に、面接でマナーが重要な理由には次の2つが関係しています。

マナーが重要な理由
  1. マナー次第で面接の合否が55%決まる
  2. 中途採用はビジネスマナー研修がない

それぞれ詳しくお伝えします!

理由1:マナー次第で面接の合否が55%決まる

面接は、マナー次第で合否が55%決まるというのは事実です。

実際、心理学にある「メラビアンの法則」というのを知っている人もいるのではないでしょうか。

メラビアンの法則は、簡単に説明すると、「第一印象は見た目などの視覚情報が55%を決める」という法則です。

つまりは、面接の質疑応答で話す内容どうこうではなく、「見た目=マナー」が55%の印象を決めるということです。

具体的に、メラビアンの法則で各情報別に相手に与える第一印象の要因は、次のようになっています。

メラビアンの法則
  • 見た目から分かる視覚情報:55%
  • 話して分かる聴覚情報:38%
  • 話す内容次第の言語情報:7%
佐々木

もちろんマナーだけが面接の全てではありませんが、最も重要な要素であることを把握しておきましょう!

理由2:中途採用はビジネスマナー研修がない

転職者の場合は、ほとんどの方が中途採用に該当すると思いますが、

基本的に中途採用者には、ビジネスマナー研修は用意されていません。

業務知識を養うための研修がある企業もありますが、細かいビジネスマナーは既に身についているものと考えられています。

そのため、面接でビジネスマナーが無いとなれば、即戦力として活躍できない可能性があるため、不採用になる確率が高くなるのです。

佐々木

採用担当者は、職種や業界に対する知識よりも、基本的なビジネスマナーを重視する場合もありますよ!


佐々木

以上の理由から、面接でのマナーが重要になると考えられています!

マナーが重要な理由
  1. マナー次第で面接の合否が55%決まる
  2. 中途採用はビジネスマナー研修がない
ゆり

面接でのマナー次第で、合否の結果が大きく変わってくる可能性があるんですね!

佐々木

そうですね!

マナーを身につけて損することはないので、最低限でも面接前に覚えておくことをおすすめします!

次の章では、面接マナーのチェックリストと面接の流れについてお伝えします!

【チェックリスト】転職の面接マナー&基本の流れ

佐々木

それでは、転職活動の面接マナーをチェックリストを紹介します!

このチェックリストを見て、自分がどれくらいマナーを身につけられているか確認しましょう!

転職の面接マナーのチェックリスト

各シーンマナーチェック
面接前日までの準備前日服装のマナー
持ち物のマナー
到着から受付まで到着時集合時間15分前に到着
面接5分前に受付
携帯の電源を切る
入館前にコートを脱ぐ
受付しっかりと挨拶をする
控え室下座に座って指示を待つ
礼儀正しく接する
入室から着席まで入室時3回ノックをする
「失礼します」と言ってから入室
両手でドアを閉める
挨拶しっかりと挨拶をする
挨拶後に一礼する
着席時椅子の前で再度挨拶と一礼
指示があってから着席
鞄は足元、コートは背もたれに
面接中から退室まで面接中面接を設けてくれたお礼を伝える
担当者の目を見て話す
担当者の話はメモを取る
退室時面接のお礼を伝える
志望意思を改めて伝える
挨拶と一礼をする
ドアを閉める前に再度一礼
コートはすぐに着ない
面接終了後当日中にお礼メールを送る
ゆり
こんなにたくさんのマナーがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

細かいマナーもありますが、面接ではどれもチェックされる部分です。

注意しながらマナーを確認していきましょう!

転職面接の基本の流れ

佐々木
それでは、転職活動の面接における基本的な流れをお伝えします!
面接の流れ
佐々木

基本的な流れはこのようになっていますが、各場面ごとに知っておくべきマナーがありますよ!

次の章から、面接の各場面ごとの詳しいマナーについてお伝えしていきます!

面接の前日までに準備すべきマナー2選

佐々木
それでは、面接の前日までに準備すべきマナーについてお伝えします!
前日までに準備すべきマナー
  1. 服装のマナー
  2. 持ち物のマナー

それぞれ確認していきましょう!

マナー1:服装のマナー

服装のマナーは、社会人としての第一印象を決める重要なものです。

高級なビジネススーツを着れば良いのではなく、ビジネスマナーに沿った服装ができているかが大切です。

一般的には、男性も女性のビジネススーツを着ていけば問題ないですが、

会社によってはオフィスカジュアルなど、スーツ以外で指定がある場合もあるので、指示に従いましょう。

また、服装は決して服だけでなく、鞄や靴、アクセサリーといった小物も関係してきますよ。

佐々木
面接時の服装に不安がある方は、次の記事もあわせてご覧ください!

マナー2:持ち物のマナー

服装と同様に、持ち物も社会人としての第一印象を決める重要なことです。

大切なのは、鞄や時計が高級かどうかではなく、ビジネスマナーに沿った持ち物を持参しているかどうかです。

鞄はビジネスバッグ、時計は派手すぎないものを付けて面接に行きましょう。

もちろん、応募書類も重要な持ち物なので、忘れないように前日までに鞄に入れておくことをおすすめします!

佐々木
面接の持ち物に関して詳しい知りたい方は、次の記事をご覧ください!

佐々木
以上が、面接の前日までに準備すべきマナーについてです!
前日までに準備すべきマナー
  1. 服装のマナー
  2. 持ち物のマナー
ゆり
服装や持ち物は、面接で重要なんですね!
佐々木

そうなんです!

面接の前日までに、ビジネスマナーに適した物を用意しておきましょう!

次の章では、面接会場到着から受付までのマナーをお伝えします!

到着から受付までの面接マナー7選

佐々木
それでは、面接会場到着から受付までのマナーをお伝えします!
到着から受付までのマナー
  1. 面接会場到着時のマナー
  2. 受付での面接マナー
  3. 控え室での面接マナー

それぞれのマナーについてお伝えします!

マナー1:面接会場到着時のマナー

佐々木

面接会場到着時には、次のマナーが大切です。

1:集合時間15分前に到着

転職活動の面接は、絶対に遅刻してはいけません。

初めて行く場所で面接をすることがほとんどなので、時間に余裕を持って家を出るようにしましょう。

おすすめは、集合時間の15分前に到着することです!

早いと感じるかもしれませんが、到着後にトイレに行ったり、身だしなみをチェックする余裕を持っておきましょう。

佐々木

時間を守れていない人は、意外に多いです。

第一印象を下げないためにも、余裕を持って会場に向かいましょう!

2:面接5分前に受付

受付は、面接時間の5分前に済ませましょう。

遅刻して受付の時間を過ぎるのは問題外ですが、早すぎるのもよくありません。

早すぎると面接の準備が整っていなかったり、同じ場所で予定していた会議がまだ行われている可能性もあります。

佐々木

会場に到着しておけば、面接時間に遅れることはほぼないので、

受付に関しては、早すぎず5分前に済ませましょう。

3:携帯の電源を切る

携帯電話の電源を切ることは忘れがちなので、要注意です!

実際、面接中に携帯が鳴ってしまい、面接後に後悔した転職者はたくさんいます。

必ず面接会場に入る前に、電源を切るかサイレントモードにしましょう。

なお、マナーモードにする人もいますが、バイブ音が担当者に聞こえてしまう可能性もあるので、おすすめしません。

佐々木
面接に集中するためにも、携帯の電源は切るべきです!

4:入館前にコートを脱ぐ

コートを着て、転職活動の面接に行くのは冬だけだと思いますが、ビジネスマナーとして知っておきましょう。

冬場は寒くても、面接をするビルや建物に入る前にコートを脱ぐのがビジネスマナーです。

佐々木

コートはあくまでも外で切るための上着です。

細かい点ですが、入館時からチェックされていることを意識しておきましょう。

マナー2:受付での面接マナー

佐々木
ここからは、受付でのマナーについてお伝えします!

1:しっかりと挨拶をする

受付で重要になるのは、しっかりとした挨拶です。

企業によっては受付を設けている場合や、備え付けの電話がある場合もあります。

どちらにせよ受付での対応は、意外と担当者に漏れている可能性があるので、しっかりと挨拶をしましょう。

佐々木
具体的には、次のように挨拶をするのが良いでしょう!
受付での挨拶の例

いつもお世話になっております。

本日、◯時から面接のお時間を頂いている◯◯と申します。

担当者の◯◯様にお取次頂けますでしょうか。

マナー3:控え室での面接マナー

佐々木
次に、控え室でのマナーをお伝えします!

1:下座に座って指示を待つ

面接の控え室では、下座に座って待ちましょう。

控え室に案内された時、「こちらにお座り下さい」と上座の席をすすめられる場合もありますが、

断って下座に座るのが正しいマナーです。

あくまでも面接の時間を作ってもらっている立場なので、下座に座ることを意識しましょう。

佐々木

上座と下座の違いについては、次のように覚えておきましょう!

上座と下座について
  • 上座:身分の高い人が座る位置。部屋の入り口から最も遠い位置にある椅子。
  • 下座:身分の低い人が座る位置。部屋の入り口から最も近い位置にある椅子。

2:礼儀正しく接する

控え室で対応していただく受付の人や社員の人には、礼儀正しく接しましょう。

実際に、応募書類の提出や面接会場への案内をしてくれるので、接する機会は何度かあります。

社員の少ない企業では、面接の担当者が控え室での対応を行うケースもあるので、常に気をつけておきましょう。

佐々木

控え室での振る舞いは、意外と面接の評価に影響してきますよ!


佐々木
以上が、到着から受付までのマナーです!
到着から受付までのマナー
  1. 面接会場到着時のマナー
  2. 受付での面接マナー
  3. 控え室での面接マナー
ゆり

到着から受付までも、意外とチェックされてるポイントが多いんですね!

佐々木

そうなんです!

面接会場に到着した時点で、既に面接が始まっている気持ちで身構えておきましょう!

次の章では、入室から着席までのマナーについてお伝えします!

入室から着席までの面接マナー8選

佐々木
ここから、面接を行う部屋への入室から着席までのマナーをお伝えします!
入室から着席までのマナー
  1. 入室時の面接マナー
  2. 挨拶の面接マナー
  3. 着席時の面接マナー

それぞれのマナーをお伝えします!

マナー1:入室時の面接マナー

佐々木
入室時のマナーには、次のものがあります!

1:3回ノックをする

面接をする部屋に入る際、ドアの前に立って3回ノックしましょう。

佐々木
ビジネスシーンでは、ノックを3回するのがマナーとなっています。

2:「失礼します」と言ってから入室

3回ノックをした後、すぐに入室してはいけません。

担当者が「どうぞ」や「お入りください」などの言葉をかけてくれるのを待ちましょう。

佐々木
入室する際も、黙って入るのではなく、「失礼します」と言いながら入りましょう。

3:両手でドアを閉める

入室した後、すぐに担当者の顔を見たくもなりますが、まずは落ち着いてドアを閉めましょう。

前を向いてキョロキョロ視線を動かしながらしめるのではなく、しっかりドアの方を見て、両手で閉めるのが大切です。

佐々木
まずは落ち着いてドアを閉めてから、面接室に目を向けましょう。

マナー2:挨拶の面接マナー

佐々木

次に、挨拶におけるマナーをお伝えします!

1:しっかりと挨拶をする

ドアを閉めたら、ドアの前でしっかりと挨拶をしましょう。

声は第一印象に大きく影響するので、大きな声ではっきりと挨拶をするようにしましょう。

挨拶といっても複雑なことは考える必要はなく、次のことだけを伝えれば問題ないです。

入室時の挨拶

◯◯と申します。本日はどうぞよろしくお願いします。

佐々木
気持ちの良い挨拶をするだけで、第一印象はグッと良くなりますよ!

2:挨拶後に一礼する

挨拶が終われば、そのまま席に向かうのではなく、まずは一礼をすべきです。

挨拶をしながらお辞儀をする人もいますが、あまりおすすめしません。

挨拶の最中にお辞儀をすると、声がこもってしまうので、必ず挨拶をしっかりしてから一礼しましょう。

入室時の挨拶後のお辞儀は、30度が目安となっています。

参考までに、挨拶時のお辞儀の角度についても目安をお伝えしておきます!

お辞儀の角度の目安
  • 15度「会釈」:廊下ですれ違った時の挨拶など
  • 30度「敬礼」:一般的な挨拶、出迎えや見送りなど
  • 45度「最敬礼」:謝罪や感謝を伝える時など

マナー3:着席時の面接マナー

佐々木
それでは、着席時のマナーについてお伝えします!

1:椅子の前で再度挨拶と一礼

用意されている椅子まで向かっても、そのまま座ってはいけません。

一度、椅子の前か横に立ち、今一度「よろしくお願いします」と言って一礼をしましょう。

佐々木
すぐに椅子に座ってしまう人も多いので、要注意です!

2:指示があってから着席

一礼した後も、すぐに座ってはいけません。

担当者から「どうぞお座りください」と着席を促されてから、座るようにしましょう。

佐々木

必ず指示があってから座るようにしましょう!

3:鞄は足元、コートは背もたれに

椅子に座る時、荷物は足元に置いて、自立しない鞄の場合は椅子の横に立てかけます。

コートを持ってきた人は、荷物の上に畳んでおくか、椅子の背もたれにかけるようにしましょう。

佐々木
鞄もコートも、決して隣の椅子の上には置かないよう気をつけてください!

佐々木
以上が、入室から着席までのマナーです!
入室から着席までのマナー
  1. 入室時の面接マナー
  2. 挨拶の面接マナー
  3. 着席時の面接マナー
ゆり

入室時からは担当者にも見られているので、より気を配る必要がありますね!

佐々木

はい!

入室から着席までは、第一印象を決める大事な時間なので、マナーに気をつけておきましょう!

次の章では、面接中から退室までのマナーについてお伝えします!

面接中から退室までの面接マナー9選

佐々木

それではここから、面接中から退室までのマナーについてお伝えします!

面接中から退室までのマナー
  1. 面接最中のマナー
  2. 退室時のマナー
  3. 面接終了後のマナー

各場面ごとのマナーを確認していきましょう!

マナー1:面接最中のマナー

佐々木
面接の最中は、次のマナーに気をつけましょう!

1:面接を設けてくれたお礼を伝える

面接が始まったら、まずは面接の機会を頂けたお礼を伝えましょう!

担当者は忙しい業務の合間をぬって、面接を行ってくれています。

感謝の気持ちをはじめに伝えるだけで、印象をぐっと高められるでしょう。

佐々木
お礼はシンプルに次のように伝えれば問題ないです!
面接前のお礼の一言

本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂きまして本当にありがとうございます。

2:担当者の目を見て話す

面接で話をする時は、必ず担当者の目を見て話すようにしましょう!

緊張して伏し目がちになってしまう人もいますが、自信が無いと評価される可能性があるので要注意です。

佐々木
相手の目を見ながらハキハキと話すことを意識すれば、自然と自信が相手に伝わりますよ!

3:担当者の話はメモを取る

面接の最中に、担当者が話をしてくれる時はメモを取るようにしましょう。

特に逆質問をした際に、メモを取ることは有効です!

「本当に興味を持ってくれてるんだ」と、メモを取っていると好印象を与えられるでしょう。

佐々木
反対にメモを取らないと、ただ聞いているだけで興味ないと思われてしまいますよ。

マナー2:退室時のマナー

佐々木

退室時にも細かいマナーがあるので、確認しておきましょう!

1:面接のお礼を伝える

面接が終わってからも、改めて面接の機会を頂いたお礼を伝えましょう!

お礼は何度言っても悪いことは無いですし、感謝されて嫌な思いをする人はいません。

佐々木
面接終了後のお礼も、次のようにシンプルに伝えれば問題ないです!
面接後のお礼の一言

本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。

2:志望意思を改めて伝える

お礼とともに、志望意思を改めて伝えるのも良いでしょう!

感謝と同じように、志望の意欲を聞くと、多くの担当者は好印象を持つものです。

佐々木
少しでも印象を良くするために、面接後に改めて志望意思をシンプルに伝えましょう!
志望意思を伝える言葉

ぜひ次の選考に進みたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

3:挨拶と一礼をする

面接後の挨拶と一礼も忘れてはいけません。

面接で話が盛り上がったり、志望意思を伝えるのに必死になると忘れがちですが、一礼も好印象を与えるポイントです!

佐々木
「ありがとうございました」とお礼を伝えることは、いつでも大切なことです!

4:ドアを閉める前に再度一礼

ドアの前に立ったら、退室する前に「失礼しました」と一礼しましょう。

エレベーターや階段まで見送りをしてくれる担当者もいます。

エレベーターの場合は、ドアが閉まる前に再度一礼、階段の場合は階段を降りる前に再度一礼をしましょう。

佐々木
最後の最後まで、好印象を与え続けることが大切です!

5:コートはすぐに着ない

冬場限定のマナーですが、コートは担当者が見えなくなるまで着ないのがマナーです。

コートはあくまでも上着であり、担当者に見られている最中は常に面接と考え、

面接会場を出て、見えなくなってから着るようにしましょう。

佐々木
会場を出てから少しの間は、コートを折りたたんで腕にかけておくのが良いでしょう。

マナー3:面接終了後のマナー

佐々木
面接終了後も、大事なマナーがあるのでお伝えしておきます!

1:当日中にお礼メールを送る

面接終了後は、一安心せず面接の当日中に、担当者にお礼メールを送りましょう!

感謝の気持ちを一言で良いので作成し、メールを送るだけでも印象をアップさせることが可能です。

佐々木
同じくらい評価の良い転職者がいた場合、お礼メールなどの印象で大きく結果が変わってきますよ!

佐々木
以上が、面接中から退室までのマナーです!
面接中から退室までのマナー
  1. 面接最中のマナー
  2. 退室時のマナー
  3. 面接終了後のマナー
ゆり

退室時のマナーもたくさんあるので、面接が終わっても気を抜いてはいけませんね!

佐々木

はい!

最後までしっかりマナーを守ることで、好印象につながりますよ!


佐々木

各場面ごとの面接マナーを見返したい方は、次の項目からタップして振り返ってみましょう!

面接の流れ

次の章では、面接時のNGマナーについてお伝えします!

要注意!転職面接のNGマナー

佐々木

それでは、転職活動の面接でNGのマナーを紹介します!

意外とNGなことをやってしまう転職者が多いので、よく確認しておきましょう!

面接のNGマナー
  1. 遅刻または到着が早すぎる
  2. 見た目に清潔感がない
  3. 香水の匂いがあまりにもきつい
  4. 挨拶の声が小さすぎる
  5. 常に挙動不審、落ち着きがない
  6. 言葉遣いがひどい、馴れ馴れしい
  7. 話を聞かず一方的に話をする

それぞれ簡単に説明します!

NGマナー1:遅刻または到着が早すぎる

遅刻することがNGなのは言うまでもありません。

忙しい中面接の時間を作ってくれているので、遅刻して相手を待たせることは絶対にいけません。

また、到着が早すぎるのも良くないでしょう。

早く行った方が意欲が伝わるかと思われがちですが、面接の準備もあるので、迷惑な場合もあります。

佐々木

最寄り駅に早く着いても、会場にはすぐ行かず、

トイレを済ませたり、どこかに座って面接のことを考えておきましょう!

NGマナー2:見た目に清潔感がない

服装や見た目は重要なポイントです!

寝グセがついてままの髪で面接に行ったり、スーツやシャツにシワがあれば、マイナスな印象を与えてしまいます…。

見た目に清潔感がなければ、一緒に働きたいとはなかなか思いづらいものです。

前日からスーツや鞄、靴などが汚れていないかはチェックしておきましょう!

佐々木
足元で印象を決める人もいるので、靴もしっかり磨いておきましょう。

NGマナー3:香水の匂いがあまりにもきつい

香水は身だしなみとしてつけても良いですが、あまり香りのきついものはNGです。

あくまで匂いの不快感は、個人の感覚なので難しいですが、量や香りについては控えめを意識しておきましょう。

佐々木
迷った場合は、香水をつけないのが良い判断です!

NGマナー4:挨拶の声が小さすぎる

挨拶はハッキリと大きな声でするのは良いです。

最初の挨拶で声が小さいと思われると、面接の間ずっとその印象が残ってしまいます。

加えて、声が小さいと「そもそもやる気がないのかな」と思われてしまう可能性もあるでしょう…。

佐々木
第一印象は非常に重要なので、挨拶はハッキリと大きな声でしましょう!

NGマナー5:常に挙動不審、落ち着きがない

面接中に、髪の毛を触ったり、汗を拭いたり、貧乏ゆるりをするなど、

無意識のうちに行ってしまう行動で、悪い印象を与えてしまう可能性もあります…。

挙動不審であったり、落ち着きのない感じであれば、担当者も話が頭に入ってこない状態になってしまうでしょう。

佐々木

面接では椅子には浅く腰掛け、背筋を伸ばし、手は膝の上に置いて、

落ち着いて話をするようにしましょう!

NGマナー6:言葉遣いがひどい、馴れ馴れしい

言葉遣いは非常に大事なポイントです!

立場や状況に合った正しい敬語や丁寧語が話せないと、面接を通過することは難しいでしょう。

また、敬語を使っていても話し方がぎこちなければ、「普段から敬語を使えていないんだな」と思われてしまいます…。

佐々木
面接時だけでなく、日頃から目上の人には敬語を使い、正しい敬語を身につけておきましょう。

NGマナー7:話を聞かず一方的に話をする

担当者がまだ質問を言い切らないうちに、早とちりして話始める人がよくいます。

その場合「人の話を最後まで聞けない人」とレッテルを貼られても仕方がありません。

自分の話をしてアピールすることも大切ですが、聞き上手になることも社会人としては大切です!

佐々木
焦らずに担当者の話を最後まで聞き、テンポの良いコミュニケーションを心がけましょう!

佐々木
以上が、転職活動の面接におけるNGマナーです。
面接のNGマナー
  1. 遅刻または到着が早すぎる
  2. 見た目に清潔感がない
  3. 香水の匂いがあまりにもきつい
  4. 挨拶の声が小さすぎる
  5. 常に挙動不審、落ち着きがない
  6. 言葉遣いがひどい、馴れ馴れしい
  7. 話を聞かず一方的に話をする
ゆり
このようなことがNGなんですね!
佐々木

はい!

いくら良いことを話ても、悪いマナーが目立ってしまえば転職は成功できないので、

NGなマナーに関しては、徹底して守る必要がありますよ!

次の章では、面接のマナーを学ぶおすすめの方法をお伝えします!

転職エージェントの面接対策でマナーを学ぶのもおすすめ

佐々木

それでは、面接のマナーを学ぶおすすめの方法をお伝えします!

実際、面接マナーを学ぶには、『転職エージェント』を活用するのがベストと言えます!

転職エージェントについて

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

面接対策をはじめ、転職のプロとして様々なサポートを行ってくれるので、

転職エージェントに相談してみるのはおすすめですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
それではおすすめの転職エージェントを紹介します!
おすすめの転職エージェント

◎転職者全員におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

◎20代の転職者におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/

◎ハイクラス転職を狙う人におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職の面接マナーに関するよくある質問と回答をお伝えします!

【Q&A】転職面接のマナーに関するよくある質問

佐々木
それでは、面接マナーに関するよくある質問と回答をお伝えします!

質問1:面接に遅刻しそうな時どうすれば良いの?

たとえ1分でも面接に遅刻しそうな時は、必ず事前に連絡を入れましょう。

電車の遅延など様々な要素が絡み、面接時間に遅刻することはよくあります。

「数分くらい大丈夫だろう」と考える人もいますが、勝手な解釈で印象を悪くする可能性もあるので要注意です。

佐々木
余裕を持って家を出ることは当然ですが、

やむを得ない場合は必ず電話で遅れてしまうことを伝えましょう。

質問2:面接官より先に入室する場合のマナーは?

転職先によっては控え室がなく、面接をする部屋で担当者を待つ場合もあります。

その場合は、椅子に座って待っておき、担当者が来たら立ち上がり、担当者の方を向いて挨拶をしましょう。

座ったままでいると、失礼と感じる担当者も実際にいます。

そのため、必ず立ち上がって担当者を迎えましょう!

佐々木
面接室で待っている間は、常に見られている意識を持ち、携帯を触るのは控えましょう。

質問3:3回ノックしても返事がない場合どうするべき?

3回ノックしても返事がない場合は、再度3回ノックをします。

そこで返事があれば、ドアを開けて挨拶をしましょう。

佐々木
再度ノックしても返事がなければ、一呼吸間を開けてから入室すれば問題ありません。

質問4:転職の面接には名刺を持っていくべき?

転職活動の面接において、名刺はほとんど必要ありません。

しかし職歴確認のため、名刺を見せてほしいと言われるケースも稀にあるので、持参しておくのが良いでしょう。

佐々木
もちろん現職の名刺のみで、過去の名刺は必要ありませんよ!

佐々木

以上が、転職活動の面接マナーに関するよくある質問です。

面接マナーを理解して転職を成功させよう!

佐々木

今回は、転職活動の面接のマナーを知りたい方に向けて、

面接でマナーが重要な理由場面別の面接マナーなどを紹介しました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 転職活動の面接は、マナー次第で合否が55%決まる
  • 場面ごとの面接マナーをしっかりと理解しておくべき
  • 転職エージェントに相談し面接マナーを学ぶのもおすすめ
ゆり

ありがとうございます!

面接のマナーについて良くわかりました!

佐々木

よかったです!

それでは最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント

◎転職者全員におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

◎20代の転職者におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/

◎ハイクラス転職を狙う人におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!