転職エージェントおすすめランキング13選

27歳は理想の転職チャンス!【男女別】プロが教える失敗しない全知識

27歳で転職に成功する方法

この記事でお伝えできること
  • 27歳の転職前に考えるべきこと
  • 27歳の転職を失敗なく進めるポイント
  • 27歳の転職した成功例と失敗例
  • 27歳の転職|男性と女性の状況の違い
  • 27歳が転職するときの賢い退職の流れ
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を読んでいる人の中には…

『大卒で社会人になり5年…仕事に不満があるけど、転職すべきかな…』

『そもそも27歳の転職って厳しいのかな?不安だな…』

と悩んでいる人がいるのではないでしょうか。

ゆり
第二新卒を逃してもう27歳になったけど、転職は不利なんですかね…

それに、結婚とか将来を考えた時に育休や産休等の待遇面もとても不安なんです。

ただ、まだ27歳で会社に入って5年程度だからどうなんだろうと…

佐々木

結論から言うと、27歳は転職はまったく遅くありません!

そこで、27歳で転職を成功させるために、今回は下記の点をお伝えしていきますね。

あなたの年収、適正な額ですか?

『マイナビエージェント』では、20代の転職者のおよそ7割が年収アップに成功しています。

優良企業の求人は、人気なので早い者勝ちです。登録はお早めに!

過去30日間の登録者数588人!

27歳の転職…遅いなんてことはない!未経験から異業種もOK!

佐々木

27歳での転職は、決して遅くありません!

その理由をこれから説明していきますね。

27歳の転職が理想のタイミングである2つの理由

下記で具体的に説明していきます。

理由1|若さを評価してもらえるから

27歳という年齢は、若さを評価してもらえるからです!

というのも、採用担当者の視点で見ると…

27歳という年齢は、まだまだ20代であり若いため、素直さやポテンシャルの有無の観点から好印象なんですよね。

佐々木
転職相談を受けてきた私の経験からも…

素直さやポテンシャルを持ち合わせていた27歳営業職の女性は、難なく転職に成功していましたね。

続いて、理想のタイミングである2つ目の理由をお伝えしていきます。

理由2|経験を評価してもらえるから

2つ目の理由は…

27歳という年齢は、実績やスキルを評価してもらえるからです!

佐々木
27歳は20代前半と比べて、スキルや経験も評価される傾向が強いです。

実際にベンチャー企業やスタートアップ企業では、27歳の年齢でマネージャーや事業責任者をしている人もいますね。


27歳の転職が理想のタイミングである理由は以上となります。

もう一度2つの理由を振り返ってみると…

27歳の転職が理想である理由
  1. 若さを評価してもらえるから
  2. 経験を評価してもらえるから

だからこそ、27歳は転職に理想の年齢であり、決して遅くはないんです。

佐々木
私が27歳で転職を考えるべきと、ここまで強く言っている理由としては…

未経験の職種業種に転職しやすい最後の年齢とも言えるからなんです。

それでは27歳未経験の職種業種への転職について詳しく説明していきますね。

27歳で未経験の職種業種に転職することも1つの選択肢

佐々木
27歳で未経験の職種業種に転職をすることも1つの選択肢といえます!

その理由として、27歳は異業種に転職できるラストチャンスだからです。

そこで、27歳が未経験の職種業種への転職において、有利である2つの理由を説明していきますね。

有利な理由1|伸びしろやポテンシャルがある

佐々木
第二新卒の年齢である27歳は、伸びしろやポテンシャルが圧倒的に高いんです!

たとえば、30代になってくると、新しいことに素直に取り組むことが難しいと思われる傾向が強いです。

企業としても、

「若い人」=「やる気があり素直な人」

を採用したいものなんです。

佐々木
加えて、若い人は体力があり、「長時間働ける」「ガッツがある」といった人が多いので、成長が早いですね。
ゆり
たしかに…!

企業側から見ると、成長が早くて長期的に働いてくれる人を採用したいですよね。

佐々木
おっしゃる通りです!だからこそ、

伸びしろやポテンシャルがあル27歳は、未経験職種への転職に有利と言えるんです!

続けて2つ目の有利な理由をお伝えしていきますね。

有利な理由2|30代よりも採用コスト/費用が低い

佐々木
27歳の人は30代の人に比べ、人件費や採用コストの面から企業側が採用をしやすいんです。

というのも、年齢が高い人のほうが経験やスキルが身についていることが多いからです!

その分採用コストが高くなる傾向が強いんですよね。

ゆり
なるほど!

若さ=企業側が費用面から採用しやすい=就職に有利なんですね!

佐々木
その通りです!だからこそ、

27歳の人は30代の人に比べ、人件費や採用コストの面から企業側が採用をしやすいんです。


27歳が未経験の職種業種に有利な理由については、以上となります。

もう一度2つの理由を振り返ってみると…

未経験の職種に有利な理由
  1. 伸びしろやポテンシャルがある
  2. 30代よりも採用コスト/費用が低い
ゆり
なるほど!

ポテンシャルがあることや採用コストが低いことが、27歳が未経験職種に転職する際に有利なんですね!

また30代になるにつれて、結婚や出産が理由で未経験への転職がしづらくなることも…。

佐々木

30代になると、未経験の職種業種へのチャレンジが難しくなってしまうんです!

というのも…

最近は傾向が変わりつつありますが、30代は結婚や出産が控えている年齢だからです。

加えて、家族の介護といった理由でもチャレンジが難しくなってしまいます。

そこで、未経験職種業種に転職しなかったことで、後悔してしまった人の事例を見ていきましょう。

40代女性

40代の夫が、周囲の後輩が外資へ転職することに対し、「身軽で若いっていいよな」って遠くに目をやりボヤきます。

夫はここ数年仕事が如何にもこうにも楽しくないようです。仕事の伸び幅もなく、周囲の先輩方を行く末を見てきて「あれで終わりたくない」と日々過ごしています。

私自身が外資を転々としている身なので、日本企業と比べての外資のメリットデメリットは十分理解した上で外資を選んでいます。なので、夫に興味があるのなら、外資への転職を止めるどころか勧めるぐらいです。

夫も学歴・職歴から十分語学力もあり、外資をそれなりに理解しているのに、ヘッドハンティングされチャンスがあっても結局夫自身で断ってきました。

理由は、結婚し、子供を持ち、家族のための安定を求めた末の決断だそうです。

Yahoo!知恵袋

ゆり
家族のための安定を選んで、転職しなかったことを後悔してしまう人もいるんですね…
佐々木
そうなんです…家族と自分のどちらを優先するかは難しいですよね…

そのため、比較的制約のない27歳のうちに…

未経験の職種業種への転職も検討すべきなんです!

転職を視野に入れないまま30代になってしまうと手遅れになり、一生後悔することになってしまいます。

次の章では、なぜ手遅れとなってしまうのかをお伝えしていきますね。

30代になると、転職の難易度が一気に上がることは念頭に置くべき

佐々木
30代になると、転職の難易度が一気に上がってしまいます!

というのも、先程も少し触れましたが、企業は採用をする際に..

即戦力になるかどうか(経験やスキルの有無)と採用コストとのバランスを重視するからです。

つまり、30歳手前になるにつれてポテンシャル採用がなくなってくるんです。

それに加え、30代は20代に比べると、人件費や採用コストがかかってしまいます。

ゆり
30代の人はスキルや費用の面から採用されにくいんですね…
佐々木
その通りです。

だからこそ、30代になると転職の難易度が一気に上がってしまいます。

転職成功のコツは、1日でも早く1歩目を踏み出すことなんです!

そこで次の章では、27歳の転職を成功させるために、転職前に考えるべきことをお伝えしていきますね。

27歳の転職前に考えるべきこと

佐々木
27歳で転職をする前にお伝えしたいことは、

目先の給与や待遇条件、周りの意見などに流されて、転職をせず…

『転職すべきかどうか』をじっくりと考えるべきということです。

基本的に、

大きなキャリアチェンジや未経験の業種職種にチャレンジしやすいのは、制約が少ない20代後半の今のうちだからです。

30代は、子供の教育費、住宅ローン、親の介護、老後の貯蓄などを考え始めるタイミングでもあります。

ゆり
27歳は、制約が少ない状態でキャリアチェンジをしやすい最後のチャンスだからこそ、

『転職すべきかどうか』をじっくり考える必要があるんですね。

それに結婚や出産を含めたライフイベントなども考えると金銭的な安定も考えてしまいますね…

佐々木
おっしゃる通りです。

だからこそ、目先の給与や待遇だけでなく…

長期的な視点で転職を考えるべきなんです。

ここで『転職すべきかどうか』を判断するために、おすすめの3ステップをご紹介していきますね。

3ステップ
  1. あなた自身のことを整理する
  2. 可能な限りの選択肢を全て洗い出す
  3. その選択肢の中から比較検討をして決める
佐々木

これは実際に、私がキャリア相談を受ける時にお話している内容です。

ひとつずつ具体的に見ていきましょう。

STEP.1
【1】あなた自身のことを整理する
  1. 今までのキャリア/経歴で強みになるものは何か?
  2. なぜ?そのキャリアを選択してきたのか?
  3. これからどうしていきたいのか?(10年後、5年後、3年後は?)
  4. そのためにどんなことをするべきなのか?
STEP.2
【2】可能な限りの選択肢を全て洗い出す
  1. 今までのキャリアを活かせる仕事は何か?
  2. 今の状況でもチャレンジできる求人は何か?
  3. 転職以外の方法もあるのではないか?(社内異動、副業、起業など)
STEP.3
【3】その選択肢の中から比較検討をして決める
  1. それぞれのメリット・デメリットを考える
  2. 30代の今だからこそ選択できるものなのか?40代でも選択できるものなのか?
  3. それぞれの選択をした後の3年後、5年後、10年後はどうなっていそうか?
ゆり

ありがとうございます!

3つのステップに分けて考えていけば良いということですね!

佐々木

おっしゃる通りです!

納得感のある転職を実現させるためには、“あなた”の全ての選択肢を比較検討することが一番重要なんです。

これらをポイントを踏まえたうえで、次は27歳の転職活動を失敗・後悔なく進めるポイントを見ていきましょう。

27歳の転職活動を失敗・後悔なく進めるポイント

ゆり

27歳でも転職が可能なことはわかりましたが、何から始めればいいか….

佐々木
たしかに、いざ行動に移そうと思うと迷いますよね…

それでは、まずは在職中に転職活動をする全方法を把握することから始めましょう!

実際に転職方法をまとめてみると下のようになります。

転職方法
  1. 転職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 転職フェアやイベントに参加する
  4. ハローワークを利用する
  5. 転職エージェントを利用する
ゆり
こうして見てみると、5つもあるんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ、5つの中でも転職サイトや転職エージェントを利用している人は多いですね。

ゆり
えっ!そうなんですね!
佐々木
はい!特に転職サイトよりも転職エージェントの利用が多い理由としては…

在職中の転職では、時間がない中で効率的に転職活動を進めなければいけないからです。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら在職中で時間が無いなかでも、安心して転職活動ができそう!

佐々木
おっしゃる通りです!

逆に考えると…

転職エージェントを利用しなければ、これらを全部自分一人でやらなければいけないことも覚えておくべきです!

実際に転職エージェント以外の、就職イベントへの参加などの転職方法でも良いのですが…

ゆり
それだと働きながらの転職は大変になってしまうということですね!
佐々木
はい!そうなんです…

そこで、サクッとおすすめの転職エージェントをご紹介いたしますね。

おすすめの転職エージェント
ゆり
この5社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『doda』に登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木
ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社以上の転職エージェントに登録しています。

また、年収500万円以上でエグゼクティブ向けの転職をしたい方には、ハイクラス案件の実績が豊富なJACリクルートメントを利用しましょう!

27歳の転職成功例と失敗例|未経験から異業種の優良企業も…!

佐々木
それでは、27歳に近い年齢で実際に転職した人の成功事例、失敗事例を見ていきましょう。

27歳の転職成功事例

下記が、27歳で転職に成功できた事例になります。

ゆり
27歳で一歩踏み出せた人は、希望の職業に就いて楽しく働いているんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ正しい方法で転職しなければ、失敗することもあるんです…

27歳の転職失敗事例

下記が、27歳で転職に失敗してしまった事例になります。

27歳男性の転職失敗事例

つい1年ほど前に今の会社に転職しました。

分野は違いますが前職も現職も営業職です。

今の会社は上からの意見が非常に強く求められるレベルも高く一年経ちますが仕事や職場の環境に馴染めていません。

仕事が順調に進まず怒られることも多く萎縮してしまい人間関係も全く上手くいっていません。

正直今の状況がいっぱいいっぱいでこのまま続けてどこかで自分が潰れてしまう気がしています。会社に行くことが辛く涙が出る時もあり憂鬱な気持ちが収まりません。

Yahoo!知恵袋

ゆり
いざ転職をしても、給与や人間関係が原因で失敗してしまうこともあるんですね…

佐々木

そうですよね…

また、27歳で転職をする場合には、男性と女性で状況が異なるんです。

失敗を避けるためにも、ぜひ理解しておきましょう!

27歳の転職は男性と女性で状況が異なるので注意

佐々木
27歳の転職では…

男女で状況が異なることを把握しておくことで、成功する確率が上がるんです!

なぜなら、男性と女性では人生における役割がまったく違うからです。

そこで、男女別の役割がわかる事例を紹介していきますね。

男性の役割がわかる事例

下記が、男性の役割がわかる事例になります。

男性は家族を支えていくための収入や、キャリアプランを考える必要があります。

また、結婚をするときのために、労働時間や通勤時間も考慮すべきでしょう。

女性の役割が分かる事例

下記が、女性の役割がわかる事例になります。

ゆり
なるほど!

世間的には、男性は家族を、女性は出産や育児を考えて転職するんですね。

佐々木
おっしゃる通りです!だからこそ27歳の転職では、

男女の状況の違いを把握することで、転職先の条件が決まってくるんです。

その結果として、成功する確率がグッと上がります!

次の章では、成功率を上げるために把握すべきことをお伝えしていきますね。

27歳の転職で、企業が求めることとは?

佐々木
27歳での転職を成功させるためには、企業が望むことを的確に把握しておくべきなんです!

なぜなら、新卒でも第二新卒でもない27歳の人は、企業が望むことを既に身につけている可能性が高く、アピールができるからです。

そのアピールポイントについてまとめると…

アピールポイント
  • 社会人の基礎
  • 新卒・第二新卒に劣らない熱意・意欲
  • 新卒・第二新卒よりも豊富な経験
ゆり
たしかに!

新卒・第二新卒に劣らない熱意や経験ならばアピールできそうですね!

佐々木
そうですよね!

上の3点は、27歳の人が身につけている可能性が高いんです!

だからこそ、企業が望むことを的確に把握し、アピールすることで、27歳での転職を成功させることができます。

とはいえ、スムーズに転職を成功させることと同様に、退職の流れを抑えておくことも大切です。

次の章では、賢く退職する方法をお伝えしていきますね。

27歳が転職する際に…賢い退職の流れを徹底解説

ゆり
転職活動に成功する方法は分かりましたが、退職に不安があります…

辞めるときにもめたくないので、円満退社する方法も教えてほしいです。

佐々木
たしかに退職も不安ですよね。

実は、転職エージェントは退職のサポートも行ってくれるんですよ!

転職エージェントは、退職する上で何をどうすべきなのか、またどうやって退職の交渉を行うべきかのアドバイスも実施しています。

基本的なことは転職エージェントに相談すれば問題ないですが、転職・退職するときに注意すべきポイントを2つお伝えしておきます。

ポイント1|転職先の内定が出てから退職を進める

現職を一度退職してから転職活動を行えば、新しい仕事が決まるまで収入面で苦労しがちです。

また、27歳であればまだまだ貯金に余裕がない人が多く、生活が苦しくなると精神的に追い詰められることもあります…

その結果、「早く転職先を決めないと!」と焦ってしまい、転職に失敗してしまう可能性が高くなります。

金銭面はもちろん、精神的にも余裕を持って転職活動を行うために、現職は続けたままで、転職先が決まってから退職の手続きを行いましょう。

ポイント2|どんなに仲が良くても社内の人には転職の話をしない

どんなに仲が良くても、上司よりも先に同期に退職や転職の話をするのは絶対に避けてください。

実際に転職活動中に、仲のいい同期に退職の話をして大変なことになった事例もあります…

退職時の注意
現在、在職中でありながら転職を考えている27歳3年目です。

先日、つい仲の良い同期に、「自分は来年度に転職を狙う」という事を話してしまっていたのです。

その話が上司にバレてしまい、ごまかせず、その上司も自分の部下が最近多数辞めている事から、これ以上自分の部下に辞められると困る。という事で、人事部に私を飛ばす様に申し出られ、結果的に関連会社へ在籍出向となりました。

(27歳・男性・年収300万円)出典:転職相談

ゆり
どんなに仲がいい同期でも、上司より前に退職の話をしてはいけないんですね…
佐々木
そうなんです。

軽い気持ちで退職について話してしまうと、転職に失敗してしまうこともあるんです。

そのため、転職をする前にまずは転職エージェントに相談しましょう!

ゆり
なるほど!エージェントがサポートしてくれるなら、初めての退職も安心ですね!

退職の流れは分かりましたが…

今回が二度目の転職になるので、やっぱり転職は不安です…

佐々木
転職や退職を成功させる方法を知っても、やはり転職は不安ですよね…

それでは次の章で、二度目の転職でも不安にならないお話をしていきますね。

2回目、3回目…27歳の転職は何回目まで大丈夫?

佐々木
結論から言うと…

27歳の人は、2回目までの転職が有利です!

というのも、1回目と2回目の転職は成功率が高いからなんです。

年齢別の転職回数と成功率

出典:doda

ゆり
27歳だと1回目と2回目の成功率が高いですね!

逆に3回目と4回目はとても低い…

佐々木
おっしゃる通りです!

転職に回数制限はありませんが、少ないほうが間違いなく有利ですね!

27歳の転職でよくある質問【Q&A】

佐々木
これまで数多くの転職をサポートしてきた経験をもとに、27歳の転職者からよくある質問にお答えしていきますね。

質問1|どんな仕事に転職できますか?

一部の業界を除き未経験で無資格でも十分転職が狙えます。

未経験の転職は以下の3パターンに当てはまると思いますが、どのパターンも狙えます。

転職パターン
  1. 別業種・別職種への転職
  2. 同業種・別職種への転職
  3. 別業種・同職種への転職

1や2のパターンは、スキルや経験を活かしにくいので、チャンスを逃すと転職できないかもしれません。

また、転職できたとしても給与などの条件が大幅に下がる可能性もあります…

なので未経験の分野に転職したいなら、なるべく早く転職エージェントに相談すべきです!

質問2|転職理由で多いのは?

あくまでも20代の転職者へのアンケート結果ですが、以下のような調査結果が出ています。

20代転職理由

出典:doda

佐々木
20代全体のアンケート結果ですが、転職相談を数多く受けてきた経験から、27歳も同じような傾向があります。

最も多いのは、会社や仕事に対する不満で転職するケース。

この場合、転職を将来のために成功する秘訣と捉え、たとえ今の職場に不満があっても、未来への可能性を転職理由にすれば印象が良くなるでしょう。

好印象な転職理由
  • スキルを身につけ、自分をさらに成長させたい
  • この業務であれば自分の強みを活かせると思う

上記のように前向きな転職理由を持っておくことで、印象が良くなるでしょう。

質問3|女性は転職できる?

はい、もちろん転職可能です。

実際にデータを見ていきましょう。

27歳女性転職データ

出典:doda

調査結果によると、転職前の職種で最も割合が高かったのが「事務・アシスタント系」、次に多かったのが「営業系」そして「販売・サービス系」でした。

就業状況では、仕事をしながら転職活動をしていた人が70%、また、転職回数の平均は0.4回で、初めての転職者が66%と過半数を占めました。

女性の場合、プライベートも重視して転職をする方も多いですが、大事なスタンスとして『転職して会社に貢献したい』という意思は、面接での強いアピールポイントになっています。

質問4|女性に選ばれている職業は?

女性が転職先に選んでいる職業は以下の通りです。

女性の転職先
  1. 事務アシスタント系(27%)
  2. 営業系(24%)
  3. 企画・管理系(15%)

以上が女性に選ばれている職業です。

質問5|男性に選ばれている職業は?

男性が転職先に選んでいる職業は以下の通りです。

男性の転職先
  1. 営業系(30%)
  2. 企画・管理系(25%)
  3. クリエイティブ系(14%)

以上が男性に選ばれている職業です。

ゆり
Q&Aを見て、なんだか不安がなくなってきました!

このような質問に答えてくれるのが転職エージェントということですか?

佐々木
おっしゃる通りです!

何でも相談できるので、疑問があるならばぜひ転職エージェントを活用しましょう!

まとめ|27歳の転職を失敗しないために、まずはプロに相談しよう!

佐々木
今回は、27歳で転職を考えている方に向けて…

転職活動で失敗しないためのポイントや成功する方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 27歳の転職はまったく遅くない
  • 27歳なら未経験でも異業種に転職が可能
  • 27歳の転職は男性と女性で状況が異なる
  • 転職に失敗しないためにもエージェントを使うべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 円満退社のためにも現職は転職先が決まってから退職する
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
ゆり
この5社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『doda』に登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木
ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社以上の転職エージェントに登録しています。

また、年収500万円以上でエグゼクティブ向けの転職をしたい方には、ハイクラス案件の実績が豊富なJACリクルートメントを利用しましょう!

佐々木
27歳のあなたが転職に成功できることを願っています!