転職エージェントおすすめランキング13選

30歳の転職は失敗しがち?男女別の転職後の年収例&30代前半の成功戦略

この記事でお伝えすること
  • 30歳の転職事情
  • 30歳の転職を成功させるためのポイント
  • 30歳におすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『30歳になったけど、これからの転職は不利なの…?』

『30歳で未経験職種に転職するのは難しい?』

…と思っていませんか?

この記事では、30歳ならではの転職事情を始め、転職を成功させるためのポイント実際に転職した人の体験談などを紹介していきます!

この記事を読めば、30歳のあなたが転職すべきか分かり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

ハイクラス転職を目指す人におすすめ!年収600万円以上の求人を多数保有しています。

過去30日間の登録数:671人!約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です。

30歳の転職は失敗率が高く厳しい?転職する前に考えるべきこと

佐々木
結論から言うと…

30歳になってからの転職は、20代と比べて難易度が高くなると言われています。

そのため、本当に転職すべきか慎重に判断する必要があるんです。

実際、20代であれば経験やスキルがなくても、ポテンシャル採用で未経験の職種に転職することも可能です。

しかし、30代になれば即戦力として活躍できるスキルを持っているかが問われるため、書類選考や面接の通過が難しくなります。

さらに、30代になると求人数も徐々に減り、20代よりも限られた求人の中から転職先を選ぶ必要があります

このような背景もあり、自信を持って「転職に成功した」と言える人が半数に満たなかったデータも出ています。

佐々木
20代と30代では企業が求めていることが違うこともあり、

企業や業界について情報収集が足りず、転職後に後悔するケースも見受けられます。

同じ能力を持った20代と30代がいれば、企業は長く働ける20代を採用する傾向にあります。

これまでの経験で得たスキルや自分の強みを整理して、転職活動に臨みましょう。

ここまでの内容を踏まえて、積極的に転職すべき人と、慎重になるべき人の特徴をお伝えします。

積極的に転職すべき30歳の特徴

佐々木
これまでの「実績・スキル・専門性」に自信がある人は、積極的に転職を検討しみましょう!

なぜなら、30歳の転職では、この3つの能力が企業から求められるからです。

20代は企業が育成期間を設けていることも多く、「ポテンシャル」「やる気」が重視される傾向にあります。

しかし、30歳を超えると「即戦力」になることを期待されるため…

これまでに培ったスキルや経験などをアピール出来れば転職のチャンスは大いにあるでしょう!

一般的に転職で求められるスキルには「専門スキル」と「ポータブルスキル(汎用スキル)」の2種類があります。

求められるスキルとは

◎専門スキル
→一定の仕事に深く活かせる能力

  • プログラミング
  • 生産管理 など

◎ポータブルスキル(汎用スキル)
→どんな仕事にでも活かせる能力

  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考 など

30歳での転職では、上記の2つのスキルどちらもあることが望ましいです。

即戦力になることを求められる中で、専門スキルがある人はもちろん有利ですが、

専門性があっても汎用スキルが不足していると、転職がなかなか上手くいかないことが予測されます。

佐々木
30歳の転職では、「専門スキル」と「ポータブルスキル」をバランスよく持っていることが理想的です!

この2つのスキルを兼ね備えていると、転職後の企業でもすぐに活躍できるでしょう!

転職に慎重になるべき30歳の特徴

佐々木
これまでの経験に関係なく「未経験職種に挑戦したい」「プライベートを優先したい」と考えている人は、

慎重に転職活動を行ないましょう

なぜなら、20代に比べて求人数が減っている中で高望みをして転職先を選ぶと、条件が大きく落ちる可能性があるからです。

また30歳での未経験転職は、これまでの実績・スキルの多くをリセットする形になるため、転職が難しくなる年でもあります。

そのため「未経験の職種に挑戦したい」「プライベートを優先させたい」という理由で転職を考えている場合は…

自分が求めている環境を整理し、優先順位をつけることをオススメします!

同時に、これまでのスキルや経験の中で汎用性のあるものを洗い出し、今後の仕事に活かせるかも考えておきましょう!

佐々木

自分が本当に求めていることを、しっかりと見極めて転職活動を進められた人は…

理想の条件を全て満たせなくても、幸せなキャリアを掴んでいます!

ただし、転職活動はハードなものになることが予測されるので、しっかりと対策することがおすすめです。

次に、30代前半で正社員転職を成功させるための6つのポイントについて、紹介します!

30代前半の正社員転職で成功率を上げる6つのポイント

佐々木
ここでは、30代前半で正社員転職を成功させるためのポイントについてお伝えします!

このポイントを知ることで、効率よく転職活動を進められますよ

転職成功率を上げるポイントは、次の6つです!

成功率を上げるポイント
  1. 転職する理由を明確にする
  2. 自己分析を徹底的に行う
  3. 転職先の社風が自分に合うか確認する
  4. 転職先が決まるまで今の仕事を辞めない
  5. 30歳だからこそ見られるポイントを意識する
  6. 転職エージェントを上手く活用する

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう!

ポイント1|転職する理由を明確にする

転職に踏み出す前に、自分がなぜ今の会社を辞めて転職したいのか一度考えてみましょう。

きちんと分析することには、次の3つの意味があります。

転職したい理由を分析する理由
  1. 今の会社選びで失敗した点を次の転職で活かすため
  2. 今の会社で解決できる問題か判断するため
  3. 転職したい理由を整理し客観的に捉えるため

転職したい理由が不明確だと、転職活動中に挫折したり、転職できても労働環境が悪くなってしまう場合があります。

また転職理由によっては、今の会社でも達成できる内容や、一時的な衝動だったという場合があります。

佐々木
自分が望む転職を成功させるためにも、一度立ち止まり自分が転職したい理由を振り返ってみましょう!

ポイント2|自己分析を徹底的に行う

自己分析を徹底的に行い、これまでの経験やスキルを言語化することが大切です。

なぜなら、30歳になると即戦力が第一に求められるため、自分のスキルをしっかりと伝える必要があるからです。

また、転職後に何をしたいのか、どのようなキャリアを歩みたいかなど、今後のことも具体的に伝えることが求められます。

そのため、過去・現在・未来それぞれの側面に対する自己分析が必要になります。

自己分析が出来ていないと、転職に失敗し取り返しのつかない事態になる可能性も…。

選考時に自分の気持ちをしっかりと伝えるためにも、自己分析は徹底して行いましょう!

佐々木
自己分析は転職だけでなく、自分のスキルアップや業務にも繋がるので、すぐに取り掛かりましょう!

ポイント3|転職先の社風が自分に合うか確認する

転職後に後悔しないために、選考を受ける会社の社風は事前に確認しておきましょう!

社風を確認せずに転職すると、「自分の働き方に合わない会社だった…」など、転職を後悔する原因になります。

転職先の社風や労働環境で失敗しないために、「転職会議」や「openwork(旧:Vorkers)」などの口コミサイトを利用しましょう!

口コミサイトを利用すると、事前に確認することが難しい社内の実態を知ることが出来ますよ!

おすすめ口コミサイト
佐々木
年収や福利厚生の実情なども分かるので、上手に利用しましょう!

ポイント4|転職先が決まるまで今の仕事を辞めない

転職活動時は、転職先が決まるまで今の仕事を辞めないことをオススメします!

なぜなら、退職後は収入が無いことが多いため、金銭的余裕が無くなり精神的に追い詰められる可能性があるからです。

精神的な余裕がなくなると、「どこでも良いから早く転職したい」という焦りが生まれ、転職に失敗する可能性が高まります

金銭面・精神面ともに余裕をもって転職活動を行うことは、理想の転職を成功させるために重要な要素のひとつです。

佐々木
転職中・転職後に後悔しないよう、なるべく転職先を見つけてから退職することをオススメします!

ポイント5|30歳だからこそ見られるポイントを意識する

応募企業を決めた後は、30代だからこそ見られるポイントを意識して対策することが大切です!

なぜなら、ポイントを把握しておくことで、選考の通過率が上がるからです!

具体的に、採用担当者が重視する傾向が強いポイントは次の2点です。

30歳が見られるポイント
  • 本当に即戦力になる力が備わっているか
  • 入社後すぐに会社に馴染めるか

企業側は同じ能力を持った20代と30代ならば、働ける期間が長く伸びしろもある20代を採用するため、

30代には「いかに入社後すぐに活躍してもらえるか」というポイントを重視するのです。

面接で特に差がつきやすいのが「志望動機」です。

30代の転職では、「スキルが身につくため」などの受動的な動機ではなく、

「自分のスキルで会社に貢献する」といった能動的な志望動機を用意しましょう!

佐々木
スキルだけでなく、ビジネスマナーや人柄も含めて判断されることが多いので、

自信がない人は一度自分を振り返ってみることをオススメします!

ポイント6|転職エージェントを上手く活用する

転職活動を効率的に行い、成功率を上げるために転職エージェントを利用することをオススメします!

なぜなら、転職エージェントは無料で利用でき、面談を通して求職者に合ったサポートを行ってくれるからです!

具体的には、次のようなサポートを受けられます。

サポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉

転職エージェントを利用すると、自分では調べることが難しい企業の内情などを詳しく知ることが出来ます

また、企業の傾向を知っているため、履歴書の添削や面談対策なども効率よく行えます。

佐々木
小さなことでも相談に乗ってもらえるため、転職を考えたらまず利用してみることをオススメします!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次のページを参考にしてくださいね。


佐々木
ここまで、30代前半の正社員転職を成功させるためのポイントをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです。

成功率を上げるポイント
  1. 転職する理由を明確にする
  2. 自己分析を徹底的に行う
  3. 転職先の社風が自分に合うか確認する
  4. 転職先が決まるまで今の仕事を辞めない
  5. 30歳だからこそ見られるポイントを意識する
  6. 転職エージェントを上手く活用する
ゆり
30代前半で転職を成功させるためには、これらを意識すると良いんですね!

30歳だからこそ見られるポイントがあるとは知りませんでした…!

佐々木
そうなんです!

20代と30代では見られるポイントが違うため、よく情報収集をして転職活動を行うと良いですよ!

次に、30歳で転職した人の実例を見てみましょう!

【男女別】30歳の転職体験談&年収例|未経験から異業種の正社員になった例も!

佐々木
それでは、30歳で転職した人の実例を紹介します!
ゆり
皆さん30歳で転職できているんですね!

苦しい思いをした人もいるようですが、未経験転職や満足した転職が出来た人が多そうですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

職種や今までの経験によって転職難易度は変わってきますが、対策をしっかり行えば転職は可能ですよ!

次に、私がおすすめする転職エージェントを紹介するので、ぜひ利用してみてください!

【状況・タイプ別】30代前半におすすめの転職サイト・エージェント12選

佐々木
ここでは、私がおすすめする転職エージェントをお伝えします!

自分のキャリアや状況に応じて、選ぶべき転職エージェントは変わってきます

今回はタイプ別におすすめを選んだので、自分に合った転職エージェント見つけてくださいね!

おすすめの転職エージェントは次の通りです!

おすすめの転職エージェント

◎全ての30歳におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎30歳の女性におすすめ

  1. 『パソナキャリア』
    女性に特化した専門チームがサポート
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    女性の転職に精通したアドバイザーが在籍
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『リブズキャリア』
    女性の気持ちに寄り添うサポート!
    【公式】https://libinc.jp/

◎キャリアに自信がない30歳におすすめ

  1. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  2. 『doda』
    30代転職のノウハウが豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

どの転職エージェントも良さそうで迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
ゆり
わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木
そうですね!最低でもdodaとマイナビですね!

実際、転職に成功した30歳のほとんどは、転職エージェントを利用しているので、

悩んでいるなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

転職エージェントの選び方、複数登録に関して詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、転職エージェントを使う際に気を付けるべきポイントを紹介します!

30歳が転職エージェントを使う時に注意すべき7つのこと

佐々木
転職エージェントを使う時には、これからお伝えすることを意識しましょう!

転職エージェントもビジネスのため、意欲がある人には積極的にサポートします!

そのため、効率的に利用することで、転職成功につながりますよ!

注意すべき点は、次の通りです!

転職エージェント利用時の注意点
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

1つずつ詳しく説明します!

注意点1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用している場合は、その旨をしっかりと伝えましょう。

すると、転職エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思い、フォローが手厚くなります。

なぜなら、転職エージェントの仕組みとして、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っているからです。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上に繋がらないので、転職エージェントは自社経由で転職をしてもらいたいと思うのです。

佐々木
このような背景から、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

複数登録について知りたい人は、次の記事をご覧ください!

注意点2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

転職エージェントでは、学歴・職歴などを正直に伝えましょう

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記録されるからです。

そのため、登録時の情報や前回の利用時のデータの内容など、辻褄が合わないケースがあります。

このような虚偽の報告がバレると、要注意人物と見なされ、求人の紹介を受けにくくなってしまいます。

また、採用後に発覚した場合は、経歴の詐称として懲戒解雇の対象になりかねません。

佐々木
自分に最適な求人を紹介してもらう為にも、自分の情報は正確に伝えましょう!

注意点3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう

また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、「紹介先の企業と良い関係が築けない」と判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係を作りましょう

注意点4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

登録後、転職エージェントから連絡が来たらすぐに対応し、その後は最低でも2週間に1度は連絡をしましょう。

なぜなら、転職エージェントは登録日や最後に連絡を取った日が新しい人を、優先的にサポートするからです。

連絡した日が新しいほど、すぐに転職したい意欲があると判断されるので、求人の紹介をもらいやすくなるのです。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があるので気をつけましょう。

佐々木
連絡を怠ってしまうと、自分の条件に合った求人があっても、紹介が後回しにされてしまいます

希望の求人を見つけるためにも、こまめに連絡を取るようにしましょう!

注意点5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

担当のキャリアアドバイザーに不満がある場合は、担当者の変更を依頼しましょう

なぜなら、転職成功にはどこの転職エージェントを使うかよりも、自分と相性のいい担当者に出会えることが大切だからです。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木
担当者の変更を依頼することで、転職への意識が高いとみなされ…

手厚いサポートが受けられる場合もありますよ

変更依頼の方法・複数登録について知りたい人は、次のページを参考にしてください

注意点6|推薦文は必ず自分の目で確認する

企業へ応募する際に、担当者が作成してくれる推薦文は、必ず自分の目で確認しましょう

推薦文は、担当者によって精度の高さが変わってくることがあるからです、

あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴をそのまま写すだけなどひどいケースもあります…。

推薦文を見せてもらう時は、「面接対策のため」「客観的に見た自分の経歴を知りたい」といった理由を伝えましょう。

佐々木
推薦文は企業へ自分をアピールするために、とても役立つものです。

早く内定を得るためにも、より良い推薦文を書いてもらえるようにしましょう!

注意点7|面接後にはすぐに担当者に報告する

企業での面接が終わったら、なるべく早く担当者に報告しましょう

転職エージェントは面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので…

求職者が面接でアピールしきれなかった面をフォローしたりフィードバックをもらうことができます。

そのためにも、面接後はすぐに担当者に連絡し、面接内容や感想を正直に伝えましょう!

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントは、求職者の味方です!

面談の状況を伝えることで、求職者の魅力がしっかりと伝わるようにフォローしてくれますよ!

転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。


佐々木
ここまで、転職エージェントを利用するときの注意点をお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

転職エージェント利用時の注意点
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
ゆり
転職エージェントを使うときにも、注意点があるんですね!

注意点を聞いて、なんとなく利用するよりも効果的に利用できる気がしました!

佐々木
そうですね!

どのよう気持ちで転職エージェントを使うかによって、転職成功への道のりが変わってきます!

ぜひ意欲的に利用して、転職成功に繋げてくださいね!

次に、転職エージェントを使っても上手くいかなかった場合の手段について紹介します!

30歳が転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残り全手段

佐々木
転職エージェントを使って上手く行かなかった時は、他の方法で転職活動を行いましょう!

万が一、転職先が見つからなかった場合は、次の3つの手段の活用をオススメします!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う

それでは1つずつ見ていきましょう!

手段1|転職サイトを使う

転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

転職サイトを使う場合、求人案件数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、

業界最大手の『リクナビNEXT』が一番おすすめです!

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木

リクナビNEXTには、業界を問わず数多くの求人が掲載されているので、

希望条件を絞って検索をかければ、良い条件の転職先がすぐに見つかりますよ!

手段2|公的支援サービスを使う

公的支援サービスの例として、具体的に3つのサービスを紹介します!

1.ハローワーク

ハローワーク

【公式】https://www.hellowork.go.jp/

ハローワークは、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

ハローワークを使っても就職難と言われている現在で、20代よりは若干求人数は減りますが、30歳であればまだ応募できる求人案件はあるでしょう。

佐々木
ハローワークについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

2.ジョブカフェ

ジョブカフェ

※下記の厚生労働省のサイトに、全国各地のジョブカフェのサイトリンクが掲載されています。

【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

ジョブカフェは、厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている、求職者の能力向上と就業促進を目的としたサービスです。

求人案件は中小企業が中心で、人材確保を解決したい中小企業と、求職者のネットワークを構築するという狙いもあるサービスをです。

3.サポステ

サポステ

【公式】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステは、厚生労働省の委託を受け、若者自立支援中央センターが運営しているサービスです。

働くことに不安を持つ方や保護者からの相談に対応し、パソコン講座やストレスマネジメント講座などの専門的な講座に加え、

社会人としての基礎力を身につけるワークショップなども開催しています。

各種支援プログラムを通じて、自立そして就職までのトータルサポートを行っている、30代でも利用可能なサービスです。

手段3|出身校のキャリアセンターを使う

意外と見落としがちですが、自分の出身校のキャリアセンターも転職活動では活用できます

キャリアセンターを在学中に活用した人もいると思いますが、実は多くの場合、卒業生でも利用することが可能です。

「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば情報が出てくる場合がほとんどなので、一度検索し担当者に問い合わせてみましょう。


佐々木
ここまで、転職エージェント以外の転職手段についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う
ゆり
転職エージェント以外にも、転職の時に使える手段はあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

しかし、これらのサービスは転職エージェントで上手くいかなかった場合のみオススメする方法なので、

まずは転職エージェントを利用してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

最後に、30歳の転職でよくある質問にお答えしますね!

30歳の転職でよくある質問【Q&A】

佐々木
それでは、30歳の転職でよくある質問と回答を紹介します!

質問1|30歳はどんな理由で転職を考えているの?

30歳だけの転職理由ではありませんが、dodaが行った30代の転職理由のアンケートの結果は次の通りです!

引用:doda

このデータから、30代の転職理由で最も多いのは「ほかにもやりたい仕事がある」ということが分かりました。

また、「会社の将来が不安」「給与に不満がある」などが上位にあることから、

30代は結婚や出産などのライフイベントにより、20代よりも収入に意識が向けられる傾向があり、

20代に比べて現実的な理由でで転職をしている人が多いです。

佐々木
30代になると転職難易度が上がっていくので、早い段階で将来について考えて行動するのが大切ですね!

質問2|30歳の女性の転職は厳しい?

20代に比べると、30歳の転職はやや難しくなります

30歳の転職は、男女ともに即戦力や専門性が求められることが多いです。

特に人気の事務職などは求人数が少ないことに加え、経験者の求人が多くなるため転職の難易度が上がります。

また、企業側は転職後すぐに働くのが困難にならないかを気にするため、面接時にプライベートな質問をすることがあります

企業の不安を取り除くためにも、仕事とプライベートを両立させる意思があることをアピールすることをオススメします!

佐々木
女性に寄り添ったサポートがある転職エージェントを知りたい人は、次の記事をご覧ください!

質問3|30歳と35歳以降で転職の難易度は変わるの?

結論から言うと、30歳と35歳以降では転職の難易度が変わります!

ここでdodaが行った、年齢別の転職成功率の調査を見てみましょう。

引用:doda

この結果から、30歳と35歳では35歳の方が転職成功率が下がることが分かります。

さらに、職種別の転職成功率のデータも見てみましょう。

引用:doda

このデータから、どの職種を見ても30代前半より30代後半の方が転職成功率が半減していることが分かります。

佐々木
年齢が上がるにつれて、求人数自体が少なくなるので、

転職を考えたらすぐに行動することが転職成功に繋がりますよ!

質問4|30歳で2回目・3回目の転職でも回数は問題ありませんか?

結論から言うと、転職は2回目までが有利です!

なぜなら、2回目までの転職は成功率が高いからです。

ここで、dodaが行なった調査結果を見てみましょう。

引用:doda

このデータから、3回目以降は転職成功率が下がることが分かります。

採用担当者も、転職3回目以上は過去の転職理由などを気にするようです。

転職回数が多くても、転職理由がキャリアアップのためなど、明確な理由であれば問題ありません。

佐々木
今後のことも考え、闇雲に転職をすることがないよう、よく考えて行動しましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

質問5|30歳の転職活動の期間はだいたいどれくらい?

およそ3ヶ月を目安に考えておきましょう。

リクナビNEXTが30代前半の方向けに実施したアンケートでは、以下のように6割の方が3ヶ月以内に転職活動を終えています

ただし、キャリアに自信のない方や未経験の職種にチャレンジする方は積極的に応募をしないと

なかなか選考が通らず長引く可能性があるため、注意してくださいね!

佐々木
転職までの期間を明確に定め、早めの行動を心がけて動くことが大切です!

質問6|30歳は何社くらい応募すれば内定が出るの?

スキルのある30歳の場合は、平均すると10~20社で内定が出る傾向にあります。

しかし、専門的なスキルなどが無いと、50社以上応募を出さなければ内定が出ない場合もあります。

なぜなら、30歳での転職は20代と比較して圧倒的に即戦力であることを求められるため、

労働条件に高望みをしていたり、スキル不足だとなかなか転職先が決まらないからです。

佐々木
すぐに内定が出ない可能性があることを把握したうえで、

粘り強く転職活動を行うことが転職成功の鍵ですよ!

質問7|30歳から転職して新しい職場に馴染めるもの?

この問題は、職場環境や性格によっても大きく変わりますが、多くの人は新しい環境に馴染めています!

リクナビNEXTが行ったアンケートを見ると、30代前半で転職した3/4の人は、「ハンディを感じたことはない」と回答しています。

ハンディに感じる人は、若い同僚へコンプレックスを抱いていたり、自分の体力の衰えなどを感じているようです。

佐々木
ハンディを感じても、時間が解決してくれる問題も多くあります。

抱え過ぎない程度に、馴染めるよう努力をしていきましょう!

質問8|30歳高卒、正社員未経験、スキルなしでも狙える業種はあるの?

30歳高卒・正社員未経験・資格なしだと、転職を狙える業種は限られてきますが、しっかり探せば必ず転職先は見つかります。

実際、転職サイトを見ると、次の業種は未経験の30代でも応募できる求人が複数あります。

30代未経験でも応募できる業種の例
  • 営業サポート
  • 事務・経理アシスタント
  • 法人営業
  • 不動産物件の賃貸仲介
  • 接客・販売スタッフ
  • 配送スタッフ・輸送ドライバー
  • ホテルフロントスタッフ
佐々木

ほかにも、数多くの業種で30代の高卒、正社員経験なし、資格なしでも応募できる求人がありますよ!

今すぐ実際の求人が見たい方は、『リクナビNEXT』で求人を見てみましょう!

求人が見たい方はこちら

未経験職種の転職について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

質問9|30歳から公務員を目指すのはもう遅いですか?

30歳であっても公務員への転職は可能です。

しかし、公務員試験の受験資格を30歳までとしている自治体が多いのも事実です。

そのため、これから勉強を始めて転職をするのは難易度が高いといえるでしょう。

30代の社会人の人が公務員への転職を狙うには、主に次の方法があります。

公務員に転職する方法
  • 一般枠
    試験を受けて公務員になるルート。公務員への就職を希望している学生がいる中で採用を勝ち取る必要あり。
  • 民間経験者枠
    民間企業経験者を自治体の業務活かしたい時の採用ルート。自治体によっては高倍率・ハイレベルになる可能性あり。

どちらも簡単な方法ではありませんが、30歳でも公務員になって安定を手に入れるチャンスはあります

佐々木
インターネットで「自治体名+採用」と検索すれば、採用情報が出てくる場合もあるので、確かめてみることをおすすめします!

30歳でも転職できる!失敗を最小限にするために、まずは無料相談がおすすめ

佐々木
ここまで、30歳の転職エージェントについてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです。

まとめ
  • 20代と30代では転職難易度が変わる
  • 30歳の転職は「即戦力であること」をアピールするのが大切
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる!
ゆり
ありがとうございます!

即戦力をアピールできるように自己分析をして、転職に挑戦したいと思います!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しますね!

おすすめの転職エージェント

◎全ての30歳におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収500万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎30歳の女性におすすめ

  1. 『パソナキャリア』
    女性に特化した専門チームがサポート
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    女性の転職に精通したアドバイザーが在籍
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『リブズキャリア』
    女性の気持ちに寄り添うサポート!
    【公式】https://libinc.jp/

◎キャリアに自信がない30歳におすすめ

  1. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  2. 『doda』
    30代転職のノウハウが豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『doda』の2社には登録しておきましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
佐々木
皆さんの転職が成功することを祈っています!

他にも転職エージェントについて知りたい人は、次の記事を参考にしてくださいね!