転職エージェントおすすめランキング13選

39歳転職の全知識|厳しい転職を成功させた男女別の例&失敗しない戦略

この記事でお伝えすること
  • 39歳の転職で成功する人と失敗する人の違い
  • 39歳の転職を成功させるための6つのポイント
  • 39歳におすすめの転職サイト・エージェント12選
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「気づけば39歳…来年には40歳になるし、もう転職するのは厳しい?」

「39歳でも未経験職種に転職できた人はいるの?」

…と思っている人が多いのではないでしょうか?

この記事では、39歳ならではの転職事情を始め、転職を成功させるためのポイント実際に転職した人の体験談などを紹介していきます!

この記事を読めば、39歳のあなたが転職すべきか分かり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

本当に転職すべき?39歳の転職が厳しい4つの理由

佐々木
まずは、39歳の転職が厳しい理由をお伝えします。

39歳は、40代目前ということもあり、20代や30代前半と比べて転職の難易度が高くなっています。

計画なしに今の仕事を辞めて転職活動を始めても、なかなか転職先が見つからず、後悔する可能性もあるでしょう…。

そのため、転職活動を始める前に次の4つの理由を把握して、転職失敗のリスクを最小限に抑えましょう!

39歳の転職が厳しい理由
  1. そもそも39歳が応募できる求人が少ない
  2. これまでの転職回数が足を引っ張ってしまう
  3. 40歳直前でとにかく焦って転職先を探してしまう
  4. 仕事に対する考え方が固まり柔軟性を失っている

それぞれ詳しく説明していきます。

理由1:そもそも39歳が応募できる求人が少ない

求人サイトの募集要項を見ていると、35歳という年齢を区切りにしている企業が多くなっています。

「35歳転職限界説」という説があるほど、35歳を機に応募できる求人数は減るので、39歳の転職は男女関係なく難易度が高いです。

しかし、求人が全くないわけではありません。

経験があるベテランを探している企業もあるので、39歳でも経験や実績があれば、働ける環境は必ずありますよ!

佐々木

39歳でも応募できる求人がどれくらいあるか知りたい方は、

次の転職サイトで検索してみましょう!

おすすめの転職サイト

理由2:これまでの転職回数が足を引っ張ってしまう

39歳の転職で大きな壁になるのが、これまでの転職回数です。

転職回数が多ければ、何か問題があるかもと考えられて、書類選考ですら通過するのが難しくなってきます。

特に半年未満での転職を重ねている場合は、希望する転職先の条件を大幅に下げなければ、内定をもらえない可能性もあります。

転職回数の多さが足を引っ張り、なかなか転職先が決まらないアラフォー世代の方はたくさんいます。

佐々木

反対に転職回数が少ない人は、同世代の中でも良い人材と判断される可能性が高いので、

自分の希望通りの転職が実現できるチャンスでもありますよ!

理由3:40歳直前でとにかく焦って転職先を探してしまう

焦って転職先を選んでしまうことは、何よりも危険なことです。

年収アップのために、転職先を探す39歳の人もたくさんいますが、

年収だけに注目せず、他の条件に関してもきちんと確認すべきです。

40歳が近づいているという焦りも分かりますが、転職に失敗すれば、また職歴を重ねることになってしまいます…。

佐々木

焦らずじっくりと自分の希望条件に合う転職先を見つけて、

40代以降のキャリアを新しい職場で充実させましょう!

理由4:仕事に対する考え方が固まり柔軟性を失っている

39歳になれば、自分自身の成長をストップさせてしまっている人もいます。

転職先の社風や考え方に対して尻込みをしてしまったり、若い時のように新しいことに挑戦する気持ちが持てなかったりします。

ただでさえ、求人数が少ない39歳ですが柔軟性を失ってしまうと、自分自身で応募する企業の幅を減らしてしまいます…。

佐々木

転職するなら、39歳までに作り上げた自分の考え方や仕事の仕方をリセットし、

新しいことを始める勇気と柔軟性が必要です!


佐々木
以上が、39歳の転職が厳しい理由です。
39歳の転職が厳しい理由
  1. そもそも39歳が応募できる求人が少ない
  2. これまでの転職回数が足を引っ張ってしまう
  3. 40歳直前でとにかく焦って転職先を探してしまう
  4. 仕事に対する考え方が固まり柔軟性を失っている
ゆり

40歳目前の39歳だからこそ、転職が難しい理由があるんですね。

佐々木

そうなんです。

ただ39歳の転職は絶対に無理ではないので、余裕を持って転職の計画を立てることが重要ですよ!

次の章では、39歳の転職で成功する人と失敗する人の違いについてお伝えします。

40歳直前でも大丈夫!39歳で転職に成功する人と失敗する人の違い

佐々木

それでは、39歳の転職で成功する人と失敗する人の違いをお伝えします。

どのような人が転職に成功できているかを、今の自分と比較しながら確認していきましょう!

具体的に転職成功者と失敗者の違いを比べてみると、次の5つのことが重要になっています。

転職成功者と失敗者の違い
  1. 給与や役職以外の改善が転職理由だったか
  2. ダラダラとせず期限を決めて転職活動に取り組んだか
  3. 本当に転職すべきか迷いを払拭した上で転職先を探したか
  4. 転職エージェントを活用して効率よく転職活動を進めたか

それぞれの違いについて詳しくお伝えします。

違い1:給与や役職以外の改善が転職理由だったか

実は、給与や役職以外を改善することが転職理由だった39歳の人は、転職に成功する傾向があります。

39歳の人が、転職する理由は給与や役職に対する不満だけではありません。

年齢を重ねるごとに、ライフスタイルを見直して都心を離れたり、健康を気遣い休みを増やしたいと考える人もいます。

給与や役職は今の会社と同じでも、雇用条件が良い会社であれば、40代になっても働きやすいでしょう。

佐々木

副業を認めている企業が増えているので、雇用条件が良い会社に転職すれば、

余暇の時間を上手く活用することで、結果的に収入UPを実現できる可能性もありますよ!

違い2:ダラダラとせず期限を決めて転職活動に取り組んだか

転職成功者は、短期決戦と決めて、集中して転職活動に取り組んでいます。

具体的には、転職活動のスタートから、内定をもらって実際に転職先で働き始めるまでの目標を3ヶ月以内にすべきです。

ダラダラと転職活動を行っていると、なかなか転職先が決まらないことでストレスが溜まります。

その結果、焦って転職先を決めてしまったり、そもそも転職すること自体を諦めてしまう可能性もあります…。

長い時間をかけて結局ダメだった…。とならないよう、期間を決めて短期決戦で集中して取り組むことをおすすめします。

佐々木

ダラダラと時間をかけることで、希望に合う求人を見逃してしまう可能性もあります…。

期限を決めて、少しでも早く転職先を見つけましょう!

違い3:本当に転職すべきか迷いを払拭した上で転職先を探したか

転職を考えていても、本当に今の仕事を辞めて新しい職場に行くのがベストなのか…。と迷うこともあるでしょう。

特に今の仕事で、ある程度の役職についていたり、給与が良い場合は迷うものです。

ただ、どうしてもやりたい仕事があるなら、迷いは捨てた方が転職の成功率は高くなります。

迷いを持ったまま転職活動を進めると、面接や筆記試験にも迷いが生じて、なかなか内定がもらえない可能性があります。

佐々木

転職すると決めたなら、100%のエネルギーを注ぎ、内定獲得まで動きましょう!

違い4:転職エージェントを活用して効率よく転職活動を進めたか

39歳という年齢は転職の難易度が高いので、必ず転職エージェントを使うべきです。

転職エージェントを使えば、これまでの経験をもとにプロの目線でアドバイスをしてくれます。

求人紹介はもちろん、面接対策や応募書類の添削を行ってくれるので、効率よく転職活動を進められます。

どうすれば転職できるかを客観的に見極めてくれるので、自分では気づけない強みや弱みも気づけます。

佐々木
少しでも転職に悩んでいるなら、まずは登録して転職相談をしてみましょう!
おすすめの転職エージェント
佐々木
転職エージェントに関して詳しく知りたい方は、次の記事も合わせてご覧ください!

佐々木
以上が、39歳で転職に成功する人と失敗する人の違いです。
転職成功者と失敗者の違い
  1. 給与や役職以外の改善が転職理由だったか
  2. ダラダラとせず期限を決めて転職活動に取り組んだか
  3. 本当に転職すべきか迷いを払拭した上で転職先を探したか
  4. 転職エージェントを活用して効率よく転職活動を進めたか
ゆり
これらを兼ね備えている人が、転職に成功できているんですね!
佐々木

はい、そうなんです!

39歳は仕事に慣れて落ち着いてくる時期でもあるので、

今一度キャリアプランやライフプランを見つめ直し、転職活動を進めれば成功に一歩近づけますよ!

次の章では、39歳の転職を成功させるためのポイントをお伝えします!

39歳の転職を成功させるために抑えておくべきポイント

佐々木

39歳の転職を成功させるために抑えておくべきポイントをお伝えします!

転職の成功率を少しでも高めるために、次の6つのポイントを理解しておきましょう!

転職を成功させるためのポイント
  1. 即戦力であることをアピールする
  2. 自己分析、企業研究を徹底的に行う
  3. 今の仕事に未練を残さない
  4. 10年後、20年後をイメージして転職する
  5. 使える転職サービスはとことん使う
  6. 転職後はプライドを捨てて人間関係を構築する

それぞれのポイントについて確認していきましょう。

ポイント1:即戦力であることをアピールする

39歳という年齢は、企業にとって「経験が豊富でスキルを持っている人材」という認識です。

そのため、入社後1から仕事を教えるのではなく、即戦力として働いてくれる人材を求めています。

ただし、必ずしも同業種への転職でなければ、即戦力としてのアピールができないわけではありません。

未経験職種でも関連性があったり、多少なり通じるものがあれば、仕事をいち早く覚えられたり、すぐに活躍できる可能性はあります。

佐々木

どんな仕事をしていても、必ず何かしら得られるスキルはあるはずです。

これまでの経験で得たスキルを活かし、転職先でも貢献できることをアピールしてみましょう!

ポイント2:自己分析、企業研究を徹底的に行う

転職に失敗してしまう大きな理由が、自己分析や企業研究が不十分なことです。

実際入社してみたら思っていたのと違った、前の会社の方が良かった、社風が合わないなど…

しっかりと自己分析や企業研究を行っていれば、転職の失敗を防げることは多々あります。

「自分のことは自分が一番わかっている」と手を抜いてしまう人もいますが、

面倒な自己分析ほど、徹底的に行うことが転職成功の鍵となります!

佐々木

自己分析や企業研究をより詳しく行いたい方は、「転職エージェント」に相談することをおすすめします。

転職のプロとして、あなたにとって最適な転職のアドバイスをしてくれますよ!

おすすめの転職エージェント

ポイント3:今の仕事に未練を残さない

転職すると決めたのであれば、今の仕事に未練は残さないようにしましょう。

未練が残っていれば、転職後もし嫌なことがあった場合に「残っておけば良かった」と後悔につながります。

少しでも未練があるなら、すぐに転職すると判断せず、今の仕事をやり切ってから転職活動を進めるようにしましょう。

佐々木

今の仕事に未練があれば、転職活動をしていても集中できません。

今の仕事を振り返らず、絶対に転職を成功させるという強い意思を持って転職活動を進めましょう!

ポイント4:10年後、20年後をイメージして転職する

今39歳で定年まで働くことを考えれば、これまで働いた期間よりも長い社会人としての生活が待っています。

そのため、目の前の仕事や生活のことだけ意識するのではなく、10年後、20年後のことも考える必要があります。

長期的な視点で考えると、どういった仕事を選ぶべきかが変わってきます。

自分のことだけでなく、家族のことも考え、10年、20年と安心して働ける転職先を見つけましょう!

佐々木

39歳であれば、人によっては最後の転職になる場合もあるでしょう。

後悔しないように、じっくりと先のことを考えることをおすすめします!

ポイント5:使える転職サービスはとことん使う

使える転職サービスは、全て活用することをおすすめします!

登録するのが面倒くさいと思う人もいますが、どのサービスも数分で登録は完了しますし、何よりその後の転職活動の効率が全く変わってきます。

特に、転職エージェントはキャリア相談をはじめ、非公開求人の紹介、応募書類の添削、面接対策などのサポートをしてくれるのでおすすめです。

また、より転職の成功率を上げるためには、各企業の社員の投稿が見れる口コミサイトも活用しましょう!

佐々木

私のおすすめは、次の転職エージェントと口コミサイトです!

おすすめの転職サービス

◎おすすめの転職エージェント

◎おすすめの口コミサイト

ポイント6:転職後はプライドを捨てて人間関係を構築する

転職して後悔する代表的な理由に、新しい職場で人間関係が上手く構築できなかったという理由があります。

正直、人間関係は入社してみないと分からない部分がありますが、実は自分自身に原因がある場合も多々あります。

人間関係を上手く構築するためには、無駄なプライドを捨てることが大切です。

佐々木

もちろん仕事をする上で、ある程度のプライドを持つことは重要です。

しかし、無駄なプライドは自分を苦しめることにもつながるので、

人間関係を構築するためにも下手に出ることも大切ですよ!


佐々木
以上が、39歳の転職を成功させるために抑えておくべきポイントです!
転職を成功させるためのポイント
  1. 即戦力であることをアピールする
  2. 自己分析、企業研究を徹底的に行う
  3. 今の仕事に未練を残さない
  4. 10年後、20年後をイメージして転職する
  5. 使える転職サービスはとことん使う
  6. 転職後はプライドを捨てて人間関係を構築する
ゆり
転職を成功させるためには、これらを意識することが大切なんですね!
佐々木

はい!

この6つのポイントを意識すれば、転職の成功率はグッと高くなりますよ!

次の章では、実際に転職した39歳の体験談を紹介します。

39歳の転職体験談|未経験職種に転職できた男性・女性の事例も…!

佐々木

それでは、39歳の転職体験談を紹介します!

未経験職種に転職できた事例も紹介するので、参考にしてください!

39歳の転職体験談|男性・女性の成功事例

異業種への転職に成功!

介護福祉士→スポーツインストラクター

39歳でありながらも異業種の仕事に転職できました。周りで39歳で転職した人はいませんでしたし、正直自分もできないと思っていましたが、実際やってみるとなんとかなるものですね。

転職はエージェントに登録して進めましたが、39歳と40歳の違いなどを教えてくれて、40歳になるまでに転職先が見つかりよかったです。あと半年すれば40歳でしたが…。

この歳になると新しいことに挑戦するのは勇気がいりますが、まずは転職先の仕事になれて、どんどん自分を高めていきたいと思います!

転職相談:39歳・男性・年収400万円台

ゆり
39歳でも転職に成功できている人はたくさんいるんですね!
佐々木

はい!

正しい方法で転職活動を行えば、39歳でも転職を成功させることは十分可能ですよ!

39歳の転職体験談|男性・女性の失敗事例

転職先が見つかりません

転職先未定

39歳を雇ってくれる会社はどこにもないのでしょうか…。前職を辞めて早2ヶ月。いまだに転職先が見つかりません。旦那はそんなに焦って探さなくても良いと言ってくれますが、ずっと家にいるのも悪いので早く仕事を見つけたいです。子供もいないので、長時間働けるしすぐに転職先は見つかると思っていましたが、厳しいものなんですね。

転職相談:39歳・女性・年収300万円台

ゆり

転職に失敗するのは避けたいです…。

慎重に転職活動に取り組まないと…!

佐々木

そうですね。

転職に失敗しないためにも、必ず転職エージェントに相談することをおすすめします!

おすすめの転職エージェント

次の章では、状況に応じて選ぶべき転職エージェントをより具体的に紹介します!

【状況・タイプ別】39歳におすすめの転職サイト・エージェント12選

佐々木

ここでは、状況・タイプ別に39歳におすすめの転職エージェントを紹介します!

その前に、転職エージェントのサポートについてお伝えします。

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり

えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!

佐々木

そうなんです!

サポートがあるからこそ、転職活動で転職エージェントを活用するのは必須なんですよ!

転職エージェントに関して、より詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

39歳におすすめの転職サイト・転職エージェント

佐々木

それではおすすめの転職エージェントを紹介します!

転職エージェントは、それぞれ”強み”や”得意な領域”が異なるため、

自分の目的や状況に合わせて最適なものを選択する必要がありますよ!

おすすめの転職エージェント

◎全ての39歳におすすめ

◎年収500万円以上の39歳におすすめ

◎39歳の女性におすすめ

◎キャリアに自信がない39歳におすすめ

ゆり

この転職エージェントがおすすめなんですね!

この中から1社を選んで登録すれば良いんですか?

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビエージェント』と『パソナキャリア』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
ゆり

わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木

そうですね!最低でもマイナビとパソナキャリアですね!

実際、転職に成功した39歳のほとんどは、転職エージェントを利用しているので、

悩んでいるなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

転職エージェントの複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職エージェント以外の手段についてお伝えします。

39歳が転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残りの全手段

佐々木

転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残りの手段を全てお伝えします!

万が一、転職先が見つからない場合は次の3つの手段を活用しましょう!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う

それぞれの手段について詳しく説明します!

手段1:転職サイトを使う

転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

転職サイトを使う場合、単純に求人案件数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、

業界最大手の『リクナビNEXT』が一番おすすめです!

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木

リクナビNEXTには、業界を問わず数多くの求人が掲載されているので、

希望条件を絞って検索をかければ、良い条件の転職先がすぐに見つかりますよ!

手段2:公的支援サービスを使う

公的支援サービスの例として、具体的に3つのサービスを紹介しておきます。

1.ハローワーク

ハローワーク

【公式】https://www.hellowork.go.jp/

ハローワークは、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

ハローワークを使っても就職難と言われている現在で、20代よりは若干求人数は減りますが、39歳であればまだ応募できる求人案件はあるでしょう。

2.ジョブカフェ

ジョブカフェ

※下記の厚生労働省のサイトに、全国各地のジョブカフェのサイトリンクが掲載されています。

【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

ジョブカフェは、厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている求職者の能力向上と就業促進を目的としてサービスです。

求人案件は中小企業が中心で、人材確保を解決したい中小企業と求職者のネットワークを構築するという狙いも持ってサービスを運営しています。

3.サポステ

サポステ

【公式】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステは、厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営しています。

働くことに不安を持つ方や保護者からの相談に対応し、パソコン講座、ストレスマネジメント講座、社会人としての基礎力を身につけるワークショップなどを開催しています。

各種支援プログラムを通じて、自立そして就職までのトータルサポートを行っています。もちろん、30代でも利用可能です。

手段3:出身校のキャリアセンターを使う

意外と見落としがちですが、自分の出身校のキャリアセンターも転職活動では活用できます。

キャリアセンターを在学中に活用した人もいると思いますが、実は多くの場合、卒業生でも利用することが可能です。

「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば情報が出てくる場合がほとんどなので、一度検索し担当者に問い合わせてみましょう。


佐々木
以上が、転職エージェント以外の残りの全手段です!
転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う
ゆり
転職エージェントに断られても、別の手段があるんですね!
佐々木

はい!これらは転職エージェントに断られた場合のみ、おすすめできる手段なので、

まずは転職エージェントへの登録を行ってみましょう!

おすすめの転職エージェント

次の章では、39歳の転職でよくある質問をお伝えします。

39歳の転職でよくある質問【Q&A】

佐々木
それでは、39歳の転職でよくある質問と回答を紹介します!

質問1:39歳女性の転職はやっぱり厳しいの?

39歳の女性の転職は、20代と比べるとやや厳しくなります。

30代の転職では高い専門性が求められることが多くなっており、女性に人気の事務職では経験者が優遇される傾向にあります。

また、結婚や育児などのプライベートに関する悩みが多い時期でもあるので、仕事との両立ができるのかを面接で確認されることもあります。

企業側の不安を取り除くためにも、仕事と家庭を両立して働いていく意思があることをアピールすることをおすすめします!

佐々木
女性ならではの悩みに寄り添ったサポートを希望している方は、次の記事もご覧ください!

質問2:39歳が転職した理由で最も多いのは?

39歳限定ではありませんが、30代は次のような理由で転職を決意しています。

出典:doda

30代の転職理由で最も多いのは「ほかにもやりたい仕事がある」でした。

また、「会社の将来が不安」「給与に不満がある」などが上位にあることから、

30代は結婚や出産などのライフイベントにより、20代よりも収入に意識が向けられる傾向があることがわかります。

佐々木
転職理由は他の年代同様さまざまですが、

最後の転職と決意して転職活動を進めている39歳の人もたくさんいます!

質問3:39歳の転職活動はどれくらいの期間がかかる?

39歳の転職活動は、2〜3ヶ月で転職先を見つけている人がほとんどです。

転職活動の期間は、年齢が高くなるほど長くなる傾向があり、

20代の人は早ければ1ヶ月以内で転職先が決まりますが、40代では半年ほどかかる人もいます。

年齢が高くなるほど期間が長くなるのは、企業側が次のような考えを持っていることが理由になっています。

転職活動の期間が長くなる理由
  • 20代より人件費がかかるので慎重に選びたいから
  • 教育に時間とコストをかけられないのでスキルをよく確かめたいから
佐々木

場合によっては、転職先が長く見つからない可能性もあります。

無収入の期間を作らないためにも、今の仕事を続けながら転職活動を進めましょう。

質問4:39歳で2回目・3回目の転職でも回数は問題ない?

一般的に転職回数が多い人は、転職で不利になると言われていますが、転職理由がきちんと説明できれば問題ありません。

それぞれの業務を通して得た経験やスキルを、自分の中にしっかりと落とし込み、

自分自身の言葉でアピールできれば、良い人材として認めてもらうことが可能です。

さまざまな環境を経験している分、適応力や柔軟性の高さを伝えられたら、内定につながるケースは多々あります!

佐々木
転職回数が多ければ、必ず面接で質問されるので、明確な理由が答えられるように準備しておきましょう。

質問5:39歳の転職でも年収は上げられる?

39歳の転職でも年収を上げることは可能です!

年収を上げるためには、未経験の仕事ではなく、これまでの経験やスキルを活かせる転職先を探すことをおすすめします。

佐々木

具体的に、30代の業種別平均年収は次の通りです。

年収アップを希望しているなら、上位の業種で自分のスキルを活かせる転職先を探してみましょう!

出典:doda

また、求人票に書かれている年収や給与をそのまま受け入れるのではなく、

年収交渉をしてみることも、年収を上げるための重要なポイントです。

佐々木
転職エージェントは年収交渉のサポートも行ってくれるので、自分が納得する年収で転職できますよ!
おすすめの転職エージェント
佐々木
転職エージェントの年収交渉に関しては、次の記事で詳しく説明しています!

質問6:39歳高卒、正社員未経験、資格なしでも狙える業種はあるの?

39歳高卒・正社員未経験・資格なしであれば、転職を狙える業種は限られてきますが、しっかり探せば必ず転職先は見つかります。

実際、転職サイトを見ると、次の業種は未経験の30代でも応募できる求人が複数あります。

30代未経験でも応募できる業種の例
  • 営業サポート
  • 事務・経理アシスタント
  • 法人営業
  • 不動産物件の賃貸仲介
  • 接客・販売スタッフ
  • 配送スタッフ・輸送ドライバー
  • ホテルフロントスタッフ
佐々木

ほかにも、数多くの業種で30代の高卒、正社員経験なし、資格なしでも応募できる求人がありました。

今すぐ実際の求人が見たい方は、『リクナビNEXT』で求人を見てみましょう!

求人が見たい方はこちら

質問7:39歳から公務員を目指すのはもう遅いですか?

39歳であっても公務員への転職は可能です。

30代の社会人の人が公務員への転職を狙うには、主に次の方法があります。

公務員へ転職する方法
  • 一般枠
    試験を受けて公務員になるルート。公務員への就職を希望している学生がいる中で採用を勝ち取る必要あり。
  • 民間経験者枠
    民間企業経験者を自治体の業務活かしたい時の採用ルート。自治体によっては高倍率・ハイレベルになる可能性あり。

どちらも簡単な方法ではありませんが、39歳でも公務員になって安定を手に入れるチャンスはあります。

佐々木
インターネットで「自治体名+採用」と検索すれば、採用情報が出てくる場合もあるので、確かめてみることをおすすめします!

質問8:39歳で転職して入社後馴染めないことはある?

転職先で馴染めるかどうかは、職場や転職者のタイプによっても大きく変わってきます。

特に「明るい性格の人」「笑顔を絶やさない人」は、早く転職先に馴染める傾向があります。

そのため、仕事ができるかよりも内面的な部分が重要になっており、積極的に職場に溶け込もうとする努力が必要です。

佐々木

転職先によっては年齢が近い人がいない場合もありますが、

積極的にコミュニケーションをとって、良好な人間関係を築くことを意識しましょう!

30代の転職については、次の記事でも詳しく説明しているのであわせてご覧ください!

39歳の厳しい転職活動を失敗しないために、まずはプロに相談しよう!

佐々木

今回は、39歳の転職についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 39歳はそもそも応募できる求人数が20代・30代前半より少ない
  • 39歳で転職に成功する人は迷いを払拭して転職活動に取り組んでいる
  • 39歳で転職を成功させるためには「転職エージェント」を使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎全ての39歳におすすめ

◎年収500万円以上の39歳におすすめ

◎39歳の女性におすすめ

◎キャリアに自信がない39歳におすすめ

ゆり

これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、どれに登録すべきか迷いますね…

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!