転職エージェントおすすめランキング13選

46歳の転職は厳しい?男性・女性の体験談&未経験でも成功するコツ

46歳の転職は厳しい?男性・女性の体験談&未経験でも成功するコツ

この記事でお伝えすること
  • 46歳で転職する前に考えるべき4つのこと
  • 46歳の転職に失敗しないためのコツ
  • 46歳の転職でおすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

「46歳で正社員転職に成功できる方法を知りたい!

「46歳から未経験の職種に転職するコツはあるの?」

…と疑問を持っていませんか?

この記事では、46歳で転職を目指す方に向けて、転職を成功させるポイント実際に転職した人の体験談などを紹介します!

この記事を読めば、46歳から転職を成功させる方法が分かり、迷うことなくすぐに行動できますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

ハイクラス転職を目指す人におすすめ!年収600万円以上の求人を多数保有しています。

過去30日間の登録数:671人!約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

世界60ヶ国に拠点を保有!40代の転職実績が豊富です。

46歳から転職できる?転職市場から分かる厳しい現実

佐々木

まずは、46歳でも転職できる可能性についてお伝えします!

厳しい現実についてもお伝えするので、あらかじめ理解を深めていきましょう。

結論からお伝えすると、46歳でも転職することは可能です!

実際、46歳で転職している人はたくさんいて、次のように具体的な集計結果もあります!

人材紹介大手3社の転職紹介実績の集計

年齢転職者数前年同期比
31歳〜35歳8,112人119.8%
36歳〜40歳4,530人123.9%
41歳以上5,028人140.4%
引用元
一般社団法人日本人材紹介事業協会
人材紹介大手3社の転職紹介実績の集計結果
あきら
40代でもたくさんの人が転職しているんですね!
佐々木

そうなんです!

前年同期比を見てもわかる通り、転職者数の伸び率としては、30代よりも40代の方が伸びていますし、

40代の転職者を求めている企業も増えていますよ!

しかし、20代や30代で転職するケースと比べると、内定をもらうことは厳しいという現実も知っておく必要があります。

具体的に40代で転職するのが厳しいのは、次の2つの理由が関係しています。

40代で転職するのが厳しい理由
  1. 即戦力として活躍できる管理能力が求められる
  2. 自分のスキルを高く見積もってしまうことが多い

それぞれの理由について説明します!

理由1:即戦力として活躍できる管理能力が求められる

40代の転職者に対して、企業は即戦力としての実務能力と、チームをまとめる管理能力を求めています。

40代ともなれば、時間をかけて育てる余裕はないので、現状のスキルで会社にどれだけ貢献できるかをチェックされるでしょう。

そのため、高い専門性や管理職経験がないと、厳しい転職活動になることが予想されます。

佐々木

特別なスキルが必要ない求人もありますが、20代30代と比較されると、

かなり不利になってしまうことを頭に入れておきましょう。

理由2:自分のスキルを高く見積もってしまうことが多い

40代の転職者は、自分のスキルや市場価値を高く見積もってしまいがちです。

具体的には、「大手に勤めていたから、中小企業への転職は簡単だろう」

「前職で売り上げを大きく伸ばした経験があるから実績は十分だ」など…

実績やスキルがあるのは良いことですが、それが転職先に認められるとは限りません。

佐々木
決して自分のスキルに甘えるのではなく、正しい転職市場のニーズを汲み取るようにしましょう!

佐々木
以上が、40代で転職するのが厳しい理由です。
40代で転職するのが厳しい理由
  1. 即戦力として活躍できる管理能力が求められる
  2. 自分のスキルを高く見積もってしまうことが多い
あきら
40代は、管理能力が求められたり、自分のスキルを正しく見積もることが重要なんですね。
佐々木

そうなんです。

年齢を重ねるほど、転職することは厳しくなります。

ただ、46歳でも転職している人はいますし、成功できる可能性がゼロという訳ではありませんよ!

次の章では、46歳で転職する前に考えるべきことをお伝えします!

46歳で転職する前に考えるべき4つのこと

佐々木

それでは、46歳で転職する前に考えるべきことをお伝えします!

何となくで転職するのではなく、しっかりと目的意識を持って転職活動に臨みましょう!

転職する前に考えるべきこと
  1. 46歳で転職するメリット
  2. 46歳で転職するデメリット
  3. プレイヤー狙いか管理職狙いか決める
  4. 視野に入れるべき転職以外の方法

それぞれ詳しくお伝えします!

考えるべきこと1:46歳で転職するメリット

佐々木

転職活動を始める前に、転職するメリットを知っておくべきです!

具体的に、46歳で転職するメリットは次の3つのものが考えられます。

メリット1:キャリアアップにつながる

46歳にもなれば、これまでの社会人経験も十分にあるでしょう。

しっかりと社会人としての実績やスキルを積み上げた人は、転職でキャリアアップできる可能性が十分にあります!

特にマネジメント経験は重要で、多くの企業がマネージャークラスの人材を求めていますよ!

佐々木

実績やスキルが十分にあれば、大企業でも中小やベンチャーでも…

役員や部長クラスになれるチャンスがあります!

メリット2:自分の可能性が広がる

長年同じ会社で同じ仕事をしていると、自分の成長が停滞しやすくなります。

しかしながら、転職して新しい環境に身を置くと、自分が思っている以上に変化が多々あり、新たな可能性が広がるケースもあります!

特に、これまでに転職や異動の経験がなかった人は、新しい環境に身を置くと、自分の中の常識が崩れ、大きな変化を得られる可能性が高いです。

佐々木

転職すれば仕事で関わる人も変わりますし、身につく能力も変わりますよ!

メリット3:社会人としての後悔を無くせる

これまでの人生において、後悔があるなら46歳でも転職に挑戦すべきです!

実際に20代30代で自分のキャリアを上手く築けず、40代になってから第二の人生として全く別のキャリアを歩んでいる人もいます!

もちろん、転職するとなれば、ミスマッチを防ぐために注意は必要です。

しかしながら、後悔している気持ちがあるのであれば、自分の人生を豊かにするためにも挑戦してみるべきです。

佐々木

魅力的な人は、何歳になっても自ら挑戦しチャンスを掴んでいます。

その第一歩として、転職に挑戦してみましょう!


佐々木
以上が、46歳で転職するメリットです!
あきら
転職すれば、キャリアアップにつながったり、自分の可能性が広がったりするんですね!
佐々木

そうですね!

46歳で転職するメリットは多々あるので、迷っているなら転職に挑戦してみるべきですよ!

考えるべきこと2:46歳で転職するデメリット

佐々木

ただ反対に、46歳で転職するデメリットがあるのも事実です!

転職の失敗を防ぐためにも、デメリットに関して理解を深めておきましょう。

デメリット1:今より条件が悪くなる可能性がある

転職して起きる変化は、良いことばかりではありません。

40代での転職となれば、年収や役職が下がることも多々あります。

転職する職種や業界にもよりますが、大企業から中小企業に転職した人の中には、給与が半分近くになった人もいます。

佐々木
今よりも条件が悪くなる可能性も頭に入れて、転職活動を始めましょう。

デメリット2:転職後に苦労する可能性がある

転職先が決まっても、働き始めてから苦労することがたくさんあります。

年齢が上がるほど、仕事に慣れるのも時間がかかりますし、周りの人が年下だらけの環境もあるでしょう。

これまでの経験があるからこそ、素直に話を聞き入れづらかったり、コミュニケーションが取りにくいこともあります。

佐々木

40代ということで期待値も高くなり、それに見合った成果が出せるか、

シビアに見られることも意識しておきましょう。


佐々木
以上が、46歳で転職するデメリットです。
あきら
条件が悪くなる可能性や、転職後に苦労することも頭に入れておく必要があるんですね。
佐々木

そうですね。

転職して全てを手に入れることは難しいので、自分の中で譲れない条件を整理しておくことをおすすめします!

考えるべきこと3:プレイヤー狙いか管理職狙いか決める

46歳で転職するときは、プレイヤー狙いか管理職狙いかを考えましょう。

プレイヤーになりたいのか、管理職になりたいのかで、選ぶべき求人が大きく変わってきます。

プレイヤー職に応募するなら、これまでのキャリアの中で、あなた個人の力で得た成果や実績をアピールしましょう。

また管理職に応募するなら、あなたがリーダーシップを発揮して出したチームとしての成果をアピールすべきです。

佐々木

46歳という年齢は、まだまだプレイヤーとして活躍できる年齢です!

将来的には管理職へのキャリアアップを希望すると伝えれば、成長意欲が高いことをアピールできるでしょう!

考えるべきこと4:視野に入れるべき転職以外の方法

転職は今の悩みや不満を解消するための手段ですが、唯一の手段ではありません。

今の会社がどうしても合わないのであれば、転職すべきですが、悩みによっては別の手段で解決できる場合もあります。

具体的に、転職以外の方法を挙げると次のものがあります。

転職以外の方法
  • 別の部署への異動を依頼する
  • 上司に相談し仕事内容を変えてもらう
  • 休職して一定期間休む
  • 雇用形態をアルバイトに変えてもらう
  • 副業を始めて収入を上げる
佐々木
会社への不満がそこまで大きくない場合は、転職以外の方法で解決できるケースもあります。
あきら
転職以外の方法も視野に入れるべきなんですね!
佐々木
はい!

転職以外の方法も視野に入れて、自分にどの方法が合っているのかよく考えてみましょう!


佐々木

ここまでお伝えした4つのことを、転職活動を始める前にしっかりと考えておきましょう!

もう一度おさらいをしておきます。

転職する前に考えるべきこと
  1. 46歳で転職するメリット
  2. 46歳で転職するデメリット
  3. プレイヤー狙いか管理職狙いか決める
  4. 視野に入れるべき転職以外の方法
あきら
転職するメリットやデメリットはもちろん、転職以外の方法もよく理解しておくことが大切ですね。
佐々木

はい!

どの要素も転職するなら知っておくべきなので、理解してから転職活動に入りましょう!

次の章では、46歳からの転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

46歳からの転職は無理じゃない!失敗しない正社員転職のコツ

佐々木

それでは、46歳の転職に失敗しないためのコツをお伝えします!

お伝えするコツを押さえておけば、転職に成功できる確率がグッと高まりますよ!

転職に失敗しないコツ
  1. 自分のスキルの棚卸しを行う
  2. 自分の市場価値を把握する
  3. 転職で譲れない条件を明確にする
  4. 転職活動が長期化することを覚悟する
  5. 職種や業界を絞らずに求人を探す
  6. 徹底的に情報収集を行う
  7. 転職エージェントを上手に活用する

それぞれ詳しくお伝えします!

コツ1:自分のスキルの棚卸しを行う

46歳にもなれば、それなりに社会人としての経験はあるはずです。

今まで会社で出してきた成果、仕事を通じて得たスキル、部下に良い影響を与えた経験など、

転職活動を始める前に、スキルの棚卸しを行い、自分のことをよく分析しましょう!

自分のスキルの棚卸しをすれば、社会人としてどんな能力を持っているのか、改めて確認できますよ。

佐々木

色々なスキルが出てくると思うので、その能力を活かせる環境はどんな職場かよく考えてみましょう!

スキルの棚卸しや自己分析について詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください!

コツ2:自分の市場価値を把握する

自分の市場価値を知ることは、転職活動をする上で重要なポイントになります。

市場価値を客観的に把握できれば、企業の担当者からどんな風に見えているのかが分かりますし、

より自分にマッチした転職先を探しやすくなるでしょう。

佐々木

市場価値については、転職エージェントに相談し、客観的に見てもらうことをおすすめします!

自分では気づかなかった能力について、教えてくれるケースもありますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

コツ3:転職で譲れない条件を明確にする

転職する理由は様々あると思いますが、なかでも譲れない条件は明確にしておくべきです!

年収アップが目的なのか、ワークライフバランスを整えたいのか、土日休みや残業なしにこだわるのかなど…

転職してどうなりたいのか、という根本的な部分をよく考えるべきです。

佐々木

何となくで転職すると、転職後に後悔してしまうことが多々あるので、

よく頭を整理してから転職活動を進めましょう!

コツ4:転職活動が長期化することを覚悟する

46歳での転職は、長期化する可能性が十分にあります!

書類選考で落ちることは当たり前ですし、10社受けても転職先が決まらない人もいます。

なかには早く転職先が見つかる人もいますが、よほどスキルが高いか、自分とマッチした企業に応募できたかです。

実際、1年近く転職活動に時間を要するケースもあるので、覚悟を持って転職に臨みましょう。

佐々木

長期化する可能性も考え、転職活動は現職を続けながら行うべきです!

現職を辞めてしまうと、収入がゼロの期間が出来る場合もあるので、非常に危険です!

コツ5:職種や業界を絞らずに求人を探す

46歳にもなれば、応募できる求人が限られてくるので、職種や業界を絞らずに求人を探すべきです。

もちろん、これまで続けてきた仕事と同じ職種や業界を中心に探すのが良いですが、

未経験や無資格でも出来る仕事も視野に入れると、より転職先の選択肢が広がるでしょう。

特に自分の実績やスキルに自信がない人は、幅広い求人をチェックすべきです!

佐々木
今すぐ求人をチェックしたい人は、『リクナビNEXT』で46歳でも応募できる求人を探してみましょう!

コツ6:徹底的に情報収集を行う

転職を成功させるためには、徹底的に情報収集を行うことも大切です!

具体的には、転職先の候補が見つかった時に、口コミサイトを活用して、その企業の情報をチェックすることをおすすめします。

求人情報や企業のホームページを見ても、基本的に良いことしか書いていません。

口コミサイトには、実際に働いた経験のある人のリアルな投稿があるので、企業の実態を知るために活用すべきです!

佐々木
口コミサイトを上手に活用し、社内の雰囲気や働きやすさを確認してみましょう!
おすすめ口コミサイト

コツ7:転職エージェントを上手に活用する

転職に成功できる確率を上げるには、転職のプロである「転職エージェント」を活用すべきです!

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがつき、あなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

キャリアについての相談から求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、充実したサポートを提供してくれますよ!

佐々木

転職エージェントのサポートがあれば、忙しい現職を続けながらでも、

効率よく自分に合う転職先を見つけられますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、次の記事もあわせてご覧ください!


佐々木
以上が、46歳の転職で失敗しないためのコツです!
転職に失敗しないコツ
  1. 自分のスキルの棚卸しを行う
  2. 自分の市場価値を把握する
  3. 転職で譲れない条件を明確にする
  4. 転職活動が長期化することを覚悟する
  5. 職種や業界を絞らずに求人を探す
  6. 徹底的に情報収集を行う
  7. 転職エージェントを上手に活用する
あきら
これらのコツを意識して、転職活動を進めれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

46歳での転職は、想像以上に苦労する可能性もあるので、

お伝えしたコツを参考に、しっかりと対策を立てて転職活動に臨みましょう!

次の章では、46歳で転職した人の体験談を紹介します!

【男性・女性別】46歳の転職体験談|高卒未経験から正社員になった事例も!

佐々木

それでは、46歳で転職した人の体験談を紹介します!

成功例と失敗例を分けて紹介するので、参考にしてください!

46歳で転職した男性・女性の体験談|成功事例

佐々木
まずは、46歳で転職に成功した人の事例です!
条件の良い転職先を見つけた!

販売員→事務職

転職に成功しました!年齢は46歳、高卒で特に目立った資格も持っていませんが、転職エージェントの力を借りつつ、正社員で条件の良い転職先を見つけました。

無事面接もスムーズに進み、明後日いよいよ入社です!新しい仕事なので緊張しますが、真面目に頑張って早く仕事に慣れたいです。

未経験の職種への転職だったので厳しいと思っていましたが、担当者のサポートもあり、無事成功できた感じです!ちなみに年収もちょっぴりアップしました。

転職相談:46歳・女性・年収400万円台

あきら
46歳でも転職できている人はたくさんいるんですね!
佐々木

はい!

正しい方法で転職活動を行えば、46歳でも転職を成功させることは十分可能ですよ!

46歳で転職した男性・女性の体験談|失敗事例

佐々木
ただ転職して後悔している人もいるので事例を紹介しておきます。

なかなか良い求人がありません...

転職先未定

転職先が見つからず困っています。転職サイトから応募したり、ハローワークにも行っていますが、なかなか良い求人がありません。

これまで公務員として1つの仕事をずっと続けてきたので、柔軟性もあまりなく、やっぱり私のような人は扱いづらいのかもしれませんね。本当にもう少し早く転職を考えればよかったと後悔しています…。

転職相談:46歳・男性・年収500万円台

あきら

転職に失敗して後悔するのは避けたいですね…。

慎重に取り組まないと…!

佐々木

そうですよね…。

失敗しないためにも、勢いで退職したり、転職先を決めたりすることは危険です!

慎重に転職活動を進めるためには、「転職エージェント」に相談してみるのも一つの手段ですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、おすすめの転職エージェントについて詳しくお伝えします!

46歳の転職で使うべきおすすめ転職エージェント4選

佐々木

それでは、46歳の転職でおすすめの転職エージェントについてお伝えします!

おすすめの転職エージェントを紹介する前に、まずはサポート内容を確認しておきましょう!

転職エージェントのサポートについて

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
あきら
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

だからこそ、転職するなら転職エージェントに登録することは必須なんですよ!

46歳におすすめの転職エージェント

佐々木

それではおすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
あきら

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の手段をお伝えします!

46歳が転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残りの全手段

佐々木

転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残りの手段を全てお伝えします!

次の2つの手段を知っておけば、万が一転職先が見つからない場合でも対処できますよ!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う

それぞれの手段について詳しく説明します!

手段1:転職サイトを使う

転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

転職サイトを使う場合、単純に求人案件数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、

業界最大手の『リクナビNEXT』が一番おすすめです!

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木
また、リクナビNEXT内にある『グッドポイント診断』を活用するのもおすすめです!

グッドポイント診断は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

自分の強みを客観的に把握できるので、面接時にあなた自身のことをスムーズに伝えられるようになります。

佐々木
グッドポイント診断は、面接時だけでなく、どんな仕事が自分に向いているか考える上で参考になりますよ!

他の転職サイトについても知りたい方は、次の記事をご覧ください!

手段2:公的支援サービスを使う

40代以上の転職で、公的支援サービスの中でおすすめなのは、『ハローワーク』です。

ハローワークインターネットサービス

【公式】https://www.hellowork.go.jp/

ハローワークは、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

ハローワークを使えば、20代30代よりは若干求人数は減りますが、46歳であればまだ応募できる求人案件はあるでしょう。

特に地元の中小企業の求人を数多く保有しているので、地元で転職を目指している方は、最寄りのハローワークに相談に行ってみましょう!

佐々木

転職エージェントほど手厚いサポートはないので、ハローワークは最終手段として活用するようにしましょう!

ハローワークについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!


佐々木
以上が、転職エージェント以外の残りの全手段です!
転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
あきら

転職エージェントで転職できなくても、別の手段があるんですね!

佐々木

はい!

ただこれらは、転職エージェントに断られた場合におすすめできる手段なので、

まずは転職エージェントへの登録を行ってみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、46歳の転職でよくある質問を紹介します!

【Q&A】46歳の転職に関するよくある質問

佐々木
それでは、46歳の転職でよくある質問と回答を紹介します!

質問1:46歳女性が転職するのは厳しいの?

46歳女性の転職は、20代や30代と比べるとやや厳しくなります。

40代の転職では高い専門性が求められることが多くなっており、女性に人気の事務職では経験者が優遇される傾向にあります。

また、結婚や育児などのプライベートに関する悩みが多い時期でもあるので、仕事との両立ができるのかを面接で確認されることもあります。

企業側の不安を取り除くためにも、仕事と家庭を両立して働いていく意思があることをアピールすることをおすすめします!

佐々木
女性ならではの悩みに寄り添ったサポートを希望している方は、次の記事もご覧ください!

質問2:46歳で未経験職種への転職は現実的に厳しい?

46歳・未経験であれば、転職を狙える職種は限られてきますが、しっかり探せば必ず転職先は見つかります。

実際、転職サイトを見ると、次の業種は未経験の40代でも応募できる求人が複数あります。

40代未経験でも応募できる業種の例
  • 営業サポート
  • 事務・経理アシスタント
  • 法人営業
  • 不動産物件の賃貸仲介
  • 接客・販売スタッフ
  • 配送スタッフ・輸送ドライバー
  • ホテルフロントスタッフ
佐々木

ほかにも、数多くの職種で40代の未経験から応募できる求人がありました。

今すぐ実際の求人が見たい方は、『リクナビNEXT』で求人を見てみましょう!

質問3:46歳で転職回数が多くても転職は成功できる?

一般的に転職回数が多い人は、転職で不利になると言われていますが、転職理由がきちんと説明できれば問題ありません。

それぞれの業務を通して得た経験やスキルを、自分の中にしっかりと落とし込み、

自分自身の言葉でアピールできれば、良い人材として認めてもらうことが可能です。

さまざまな環境を経験している分、適応力や柔軟性の高さを伝えられたら、内定につながるケースは多々ありますよ!

佐々木
転職回数が多ければ、必ず面接で質問されるので、明確な理由が答えられるように準備しておきましょう。

質問4:46歳資格なしで転職するのは難しい?

資格を気にする人は多いですが、基本的に資格がなくても転職はできます。

実際、業務に結びつく資格であれば取得して損はないですが、なんとなく取った資格はほぼ役に立ちません。

もちろん、職種や業界によっては資格がないと転職できない場合もあるので、気になる仕事に関してはよく調べるべきです!

佐々木

資格がなくても、しっかりと応募書類を作成し、面接対策をすれば

有利に転職活動を進められますよ!

転職に有利になる資格の情報が知りたい方は、次の記事をご覧ください!

質問5:46歳高卒でも転職は可能?

46歳高卒でも転職は可能ですが、年齢を重ねるほど厳しくなるので、早めに行動を始めるべきです。

高卒で就職した人は、既に15年以上の社会人経験があると思います。

そのため、安易に転職するのではなく、これまでの職歴を踏まえ、今後のキャリアをよく考えてから転職先を探しましょう。

佐々木
今すぐ転職活動を始めたい方は、次の転職エージェントに登録して、キャリア相談をしてみましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木

以上が、46歳の転職でよくある質問と回答です!

40代の転職については、次の記事でも詳しく説明しているのであわせてご覧ください!

46歳で転職に成功するなら、まずはプロに相談しよう!

佐々木

今回は、46歳の転職についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 46歳の転職者は、即戦力として活躍できる管理能力が求められる
  • 46歳で転職すれば、社会人としての後悔を無くせる可能性が高い
  • 46歳で転職を成功させるためには「転職エージェント」を使うべき
あきら

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
あきら

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

あきら

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!