異業種への転職は大変!未経験からの成功方法&不安の無くし方を徹底解説!

異業種への転職は大変!未経験からの成功方法&不安の無くし方を徹底解説!

この記事では、「異業種転職って難しいの?」と悩んでいる人に向けて、

『年齢別の異業種転職の実態』や、『他業種転職を成功させる方法』などをお伝えしていきます!

異業種転職をしたいと思いながらも、難易度が分からず躊躇している人は多いです。

実際、異業種転職は通常の転職よりも難易度が高いので、適切な対策が必要です!

この記事を最後まで読めば、異業種転職の成功方法が分かり、転職活動をスムーズに行えるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 異業種転職は可能か知りたい
  • 他業種への転職を成功させる方法が知りたい
  • 別業界に転職をする際のポイントが知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

異業種への転職は難しい?年代別の実態とは

佐々木
さっそく、異業種への転職の難易度について紹介していきます!

年代別に紹介するので、自分の年代の実態を知っておきましょう!

20代の実態から紹介します!

20代の異業種転職の実態

20代は他の年代に比べると、異業種転職がしやすい時期と言えます。

なぜなら、20代のうちは実績だけでなく、ポテンシャルを加味して採用が行われているからです。

しかし、誰でも採用されるという訳ではなく、どれだけ自分をアピールできるか将来を期待してもらえるかが重要になります。

また、30代に近づくにつれて実務経験が重視されるようになるので、それまでにアピールできるスキルを身に付けることが大切です。

30代の異業種転職の実態

30代の異業種転職は、難易度が高くなっていきます。

なぜなら、ポテンシャルより専門知識や実績が重視されるようになるからです。

そのため、経験やスキルが無い状態では、採用されるのは難しいのです。

企業は即戦力となる人やチームを取りまとめてくれる人を求めているので、異業種転職の場合でも何かしら活躍できる武器が必要です!

40代以降の異業種転職の実態

40代以降の異業種転職は、かなり難易度が高いと言えます。

なぜなら、40代以降になるとマネジメントスキルが求められる上に、求人の数自体が少ないからです。

企業は40代以降の人に、専門性をもってマネジメントや経営に携わって欲しいと思っています。

そのため、異業種転職してプレイヤー側になるのは難易度が高いのです。

また、定年退職も近づいてくる年齢のため、年齢が上がっても働き続けられる環境か見定める必要があります。


佐々木
ここまで、年代別に異業種転職の難易度を紹介しました!

まとめると次の通りです!

ゆり
年代ごとに異業種転職の難易度は異なるんですね…!
佐々木
そうなんです!

年代ごとに難易度は異なりますし、通常の転職よりも難易度は上がります。

しかし、諦める必要はありませんよ!

次の章で、異業種転職のメリットを紹介します!

異業種転職のメリット3選

佐々木
それでは、異業種転職のメリットをお伝えします!

メリットを知っておくことで、今後のキャリアプランも考えやすくなりますよ!

異業種転職のメリット
  1. 異業種転職はスキルアップになる
  2. 給料や待遇が良くなる
  3. 市場価値を高められる

1つずつ見ていきましょう!

メリット1|異業種転職はスキルアップになる

異業種転職は転職市場の中では珍しいものではありませんし、スキルアップをするための1つの方法です!

企業によっては、未経験者のほうが先入観が無く、新しい情報を吸収しやすいという理由から、未経験者を好んで採用することもあります!

実際、リクルートエージェントの公開求人を見ても、「未経験可」の求人が45,000件以上ありました。

異業種転職と言っても、職種や業界が同じであれば今までの経験を活用出来るので、スキルアップしやすいですよ!

メリット2|給料や待遇が良くなる

転職で年収が下がったという声は多いですが、逆に給料や待遇が良くなったケースも多いです!

なぜなら、異業種転職することで業界自体の平均給与額が高くなるなど、年収アップを狙える要素が増えるからです。

実際、dodaが行った調査によると、転職後の平均年収アップ額は56.7万円、最大で440万円という結果が出ています。

このように、転職によって大きく給与や待遇が上がる可能性は大いにあります!

メリット3|市場価値を高められる

異業種転職することで、今までとは異なった業界の知識が身に付けば、自分の市場価値を高めることも出来ます!

なぜなら、異業種転職をすればキャリアの幅が広がるので、自分のキャリアを深めることに繋がるからです。

今までの経験と転職後の経験をかけ合わせ、自分だけの強みができれば大きな武器となります!

この武器を活かせる場所へ転職出来れば、さらに新しいスキルを身に付けられる上に、重宝される人材になるでしょう!


佐々木
ここまで、異業種転職のメリットをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

異業種転職のメリット
  1. 異業種転職はスキルアップになる
  2. 給料や待遇が良くなる
  3. 市場価値を高められる
ゆり
異業種転職のメリットは、たくさんあるんですね!
佐々木
そうなんです!

異業種転職は今後のキャリアにとっても、大きなメリットになるのでおすすめです!

次に、異業種からの転職難易度を業界別に紹介します!

【業界別】異業種からの転職難易度を紹介!

佐々木

それでは、異業種からの転職難易度を紹介します!

dodaが行った調査を元に、異業種からの転職割合が多い職種から順に紹介しますね!

これらの業界は、『人手不足』『ビジネス拡大を狙っている』といった理由から、未経験採用を積極的に行っていると言えます!

転職難易度ランキング
  1. 商社・流通
  2. サービス業
  3. 広告・マスコミ
  4. 小売・外食
  5. 医療・介護
  6. メーカー
  7. 金融
  8. IT・通信

転職がしやすい順に紹介していきますね!

転職しやすさ1位|商社・流通

商社・流通業界は異業種転職者の割合は多いものの、転職難易度自体は高いです。

なぜなら、商社・流通業界は新卒採用をメインで行うため中途採用募集が少ないうえに、求められるスキルも高いからです。

しかし、異業種転職者の割合を見ると8割を超えており、実力があれば転職が出来る業界と言えます!

異業種転職者の多くは営業職として入社しており、中でもメーカー出身者が多いです。

その他には、技術職営業や企画・事務系職種に転職する人も一定数いるようです。

転職しやすさ2位|サービス業

サービス業界は異業種転職者が8割以上おりますが、自分のスキルや経験によって難易度は変わってきます。

なぜなら、サービス業は次のような多くのカテゴリーに分けられるからです。

サービス業のカテゴリー
  • 人材サービス
  • コンサルティング
  • 教育
  • ホテル・旅館
  • アミューズメント・レジャー

このように幅広い職種があるので、自分のスキルや経験に合わせて転職先を考えることをおすすめします!

また、離職率が高い業界でもあるので、事前のリサーチは必ず行いましょう。

異業種転職に関しては、人材サービス企業への転職者が一番多く、次にコンサルティング会社、専門事務所への転職が多いです。

転職しやすさ3位|広告・マスコミ

広告・マスコミ業界は人気が高いため、異業種転職の難易度は高いです。

特に、電通や博報堂などの大手広告代理店や有名テレビ局は、求めるスキルが高いため異業種転職は難しいでしょう。

しかし、大手企業以外は未経験求人を出しており、異業種からの転職も6割超えと、実は異業種転職の受け入れが多い業種です!

実際、サービス業やIT・通信業界からの転職が多く、営業職や企画・管理系職種を中心として活躍しています!

転職しやすさ4位|小売・外食

小売・外食業界は積極的に異業種転職者を受け入れており、未経験歓迎の求人も多く掲載されています!

エリアマネージャーや店長などのポジション採用も多いため、転職でキャリアアップすることも可能です。

しかし、近年ネット通販が主流になりつつあるため、今後の将来性は不透明な部分が多いです。

検討する際は、企業の業績やIT分野の実績、今後の方向性を吟味して選ぶことが大切です!

異業種転職者は6割で、様々な業界からの転職者がおり、販売系の職種や企画・事務系職種など幅広い職種で活躍しています!

転職しやすさ5位|医療・介護

介護業界は人員不足もあり未経験でも転職しやすいですが、医療業界への転職は専門資格が必要なこともあり難易度が高いです。

しかし、医療機器営業や医療事務ならば資格は必要無く、異業種転職からの受け入れも6割を超えています!

具体的には、メーカー・サービス業からの転職者が多く、MRや医療機器営業などの営業職で活躍しています!

専門職種への転職者は1割程度で、メーカーから企画・管理系職種や医療機器の設計・開発に行くほか、

IT/通信業界から社内SEとしてITエンジニアとして転職するケースもあるようです。

転職しやすさ6位|メーカー

メーカーへの転職は、狙いたい職種によって大きく変わるので、志望する際はよく確認することが大切です!

具体的には、研究開発や生産管理などの専門職種は難易度が高いですが、営業や製造ラインなどは未経験でも転職が可能です!

実際、異業種転職者の割合は5割を切っており、同業種の転職が多くなっています。

異業種転職に関して、営業職には商社/流通業界の経験者が多く、サービス業の人は企画・管理系職種に転職することが多いようです。

また、IT/通信業界でエンジニア経験を積んだ人が、メーカーの社内SEへ転職するケースもあります。

転職しやすさ7位|金融

求められるスキルが高く、業界的にも人気がある金融業界への異業種転職は、能力が高いライバルが多いため難易度が高いです。

異業種からの転職者が少ない業界なので、転職後も自主的に新しい仕事を覚えるなど、大変なことが多いです。

そのため、業界未経験の場合は転職前に簿記やFP、マーケティング系の資格を取るなど、勉強を行うことをおすすめします!

異業種転職では、IT/通信・サービス業からの転職者が多く、技術系・社内SEや営業職で活躍する人が多いです。

転職しやすさ8位|IT・通信

IT/通信系の転職市場は拡大を続けていることから、未経験求人が増えている傾向にあります。

近年、各業界がAIや自動化のシステム構築に動いているため、多くの人材を求めており有効求人倍率が4倍を超えています。

このように、今後の将来性を含めても伸びしろの大きい業界と言えるでしょう!

しかし、同業種からの転職者が半数を占めているという結果もあり、手強いライバルが多いとも考えられるので注意が必要です!

異業種転職に関しては、コンサルティングやサービス業など幅広い業種から、営業経験を活かしてWeb広告などの法人営業に転職する人が多く、

技術系では、メーカーでのシステム・回路設計経験者がアプリケーション開発などの技術系職種へ転職するケースが大半です。


佐々木
ここまで、異業種からの転職難易度をランキングでお伝えしました!

まとめると次の通りです。

転職難易度ランキング
  1. 商社・流通
  2. サービス業
  3. 広告・マスコミ
  4. 小売・外食
  5. 医療・介護
  6. メーカー
  7. 金融
  8. IT・通信
ゆり
ありがとうございます!

各業界の転職事情が良く分かりました!

佐々木
良かったです!

どの業界も、狙う職種や企業規模によって難易度が変わってきます!

気になる業界については、良く調べた上で転職活動を進めましょう!

次の章で、他業種への転職を成功させるための方法を紹介します!

異業種への転職を成功させるための5つのステップ

佐々木
それでは、別業界への転職を成功させるための5つのステップを紹介します!

5つのステップを知っておくことで、効率的に転職活動を進めやすくなりますよ!

他業種への転職を成功させる5ステップ
  1. 自己分析をする
  2. 挑戦したい業界でやりたいことを明確にする
  3. 転職で譲れない条件を明確にする
  4. 業界や業種について徹底的に情報収集をする
  5. 応募先が求めていることを理解する

1つずつ紹介していきます!

ステップ1|自己分析をする

他業種への転職を成功させるステップの1つ目は、自己分析をすることです!

転職活動では、自分は会社に貢献できる人間であることをアピールする必要があるため、自分のことをしっかりと把握する必要があります!

特に他業種への転職は、これまでの経験や専門的なスキルをアピールできないため、それ以外の強みや意欲を用意することが大切です。

具体的には、次のような点について洗い出すと良いでしょう!

自己分析のポイント

◎これまでの自分について

  • 長所と短所
  • 今までの経験や実績とそれに関するエピソード
  • これまで培ったスキルと今後の活かし方
  • 自分に足りない経験

◎希望の業種について

  • その業種を希望する理由
  • 挑戦できると考えている仕事内容
  • 今後のキャリアや方向性
  • 必要になるスキルや資格

◎今の業種との比較について

  • 働き方の違い
  • ビジネスモデルの違い
  • キャリアアップなど将来性の違い

このようなポイントについて、具体的に言語化しておくことが大切です。

自己分析を効率的に行いたい人は、『グッドポイント診断』などの自己分析ツールを活用してみましょう!

詳しい自己分析方法は、次のページをご覧ください!

ステップ2|挑戦したい業界でやりたいことを明確にする

他業種への転職を成功させるステップの2つ目は、挑戦したい業界でやりたいことを明確にすることです!

なぜなら、転職では『自分が何をしたいか』が大切だからです!

具体的には、5年・10年と長期的な目線でのゴールや、将来なりたい姿などを具体的にイメージしてみましょう!

そうすることで、指針をもって転職活動を行えますよ!

ステップ3|転職で譲れない条件を明確にする

他業種への転職を成功させるステップの3つ目は、転職で譲れない条件を明確にすることです!

譲れない条件を明確にすることで転職の軸が定まり、企業選びをはじめ転職活動を効率的に行いやすくなります。

具体的には、次のような要素について洗い出し、優先順位を付けると良いでしょう!

譲れない条件の要素
  • 働き方
  • 仕事内容
  • ポジション
  • 給与や待遇
  • 環境
  • 勤務地
  • 入社時期

全ての希望を満たす求人はなかなか無いので、譲れる範囲や優先順位を決めておくことが大切です!

ステップ4|業界や業種について徹底的に情報収集をする

他業種への転職を成功させるステップの4つ目は、業界や業種について徹底的に情報収集をすることです。

確実に転職を成功させるなら、業界や業種について徹底的に情報収集をするべきです!

情報収集には、次のような大きく二つの目的があります。

情報収集の目的

◎自分のキャリアの可能性を広げるため

  • 業界・業種・職種をむやみに絞ると、自分に合った仕事を見逃す可能性がある
    →自分の可能性を自分から潰さないように、気になる求人は積極的にチェックする

◎自分の市場価値を見極めるため

  • 高望みすると内定が決まらず、妥協しすぎると転職後に後悔する可能性がある
    →まずは多くの求人情報と自分のキャリアを照らし合わせて、どの程度の評価を得られるかを把握する

このように、情報収集する際は自分の可能性を潰さないことと、自分の価値を把握することが大切になります!

自分一人で情報収集するのは難しいと感じる人は、完全無料で相談できる転職エージェントに、一度相談してみることをオススメします!

ステップ5|応募先が求めていることを理解する

他業種への転職を成功させるステップの5つ目は、応募先が求めていることを理解することです。

応募先が求めていることを理解することも大切です。

応募先が求めていることを理解せずに転職活動を進めてしますと、思うように転職活動が進まないこともあります。

どのような人材を求めているのか、スキルは必要か、自主的な行動が重視されるかなど、会社によって異なるので、事前に良く調べておきましょう!

佐々木
実際に、自分一人で応募先が求めていることを理解するのは難しい場合が多いです。

転職を成功させる為にもプロのエージェントを利用することをおすすめします。


佐々木
ここまで、他業種への転職を成功させるための方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

他業種への転職を成功させる5ステップ
  1. 自己分析をする
  2. 挑戦したい業界でやりたいことを明確にする
  3. 転職で譲れない条件を明確にする
  4. 業界や業種について徹底的に情報収集をする
  5. 応募先が求めていることを理解する
ゆり
この5つのステップを行うことで、転職が成功しやすくなるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

5つのステップを行うことで転職の方向性が定まり、スムーズに転職活動を進められますよ!

一人で行うのが不安な人は、転職エージェントの利用をオススメします!

次の章で、異業種への転職が不安な人におすすめの転職エージェントについて紹介します!

異業種への転職が不安なら転職エージェントがおすすめ!

佐々木
異業種転職に不安があるならば、転職エージェントを利用することをオススメします!

自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、手厚いサポートも受けられるので…

効率よく転職活動を進められますよ!

これまでの職歴をもとに自分に合う転職先を紹介してくれるだけでなく、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在です!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
転職エージェントを活用すると、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!

客観的な意見をもらいながら考えられるので、転職成功率の高い求人を見定められるでしょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、異業種転職に成功した人の体験談を紹介します!

異業種への転職に成功した人の体験談

佐々木
それでは、異業種への転職に成功した人の体験談について紹介します!

体験談を見ることで、自分が転職した姿を想像しやすくなりますよ!

ゆり
ほんとだ!

異業種転職できている人は多いんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

様々な年代の人がいますが、皆さん転職に成功しています!

しっかり自己分析を行えば、異業種転職でも成功しますよ!

次に、異業種への転職成功に近づくための選考の対策方法を紹介します!

異業種への転職成功に近づく!選考の対策方法

佐々木
それでは、異業種への転職成功に近づく選考の対策方法についてお伝えします!

各工程ごとにポイントをお伝えするので、それぞれの選考の対策方法を押さえておきましょう!

1つずつ紹介します!

志望動機のポイント

志望動機を考える場合は、『その会社で何をしたいのか』『どのような活躍が出来るか』を伝えることが大切です!

なぜなら、企業側は志望動機で『志望意欲』『会社に必要な能力』『社風に合った人柄』の3点を確認していることが多いからです。

志望動機を考える際は、次のようなエピソードを盛り込むと良いでしょう!

志望動機のエピソード
  • 異業種転職しようと思ったきっかけ
  • 自分の働き方や基本スタンス
  • その企業や職種を志望する理由
  • 転職先で活かせるスキル

異業種転職では、活かせる専門的スキルは無いかもしれませんが、論理的思考力や語学力などもアピールできるポイントになります!

ポテンシャルややる気を受け取ってもらうためにも、使える能力やエピソードはどんどん表に出しましょう!

転職理由のポイント

他業種への転職を成功させるための5つのステップでお伝えした通り、自己分析を通して転職理由を明確にすることが大切です!

なぜなら、転職理由が曖昧なまま転職活動を始めると、転職活動が上手くいかないだけでなく、転職後に後悔する原因になるからです。

転職理由が明確になっていない場合は、もう一度『転職を成功させるための5つのステップ』を行ってみてください。

その際、次のポイントを意識して考えると転職理由が明確になりやすいでしょう!

転職理由を明確にするポイント
  • 本当にやりたい仕事や業種か
  • 今の仕事では実現できないことか
  • 変えたい部分があるか
  • 大切にしたいものは何か
  • 自分が納得するキャリアプランか

転職することが目的にならないように、自分の悩みや希望を洗い出し、納得のできる転職理由を定めましょう!

応募書類のポイント

応募書類は、自分の第一印象が決まる書類とも言えるので、自分に興味を持ってもらえるような内容を盛り込むことが大切です!

この際、ただ自分をアピールするのではなく、企業が求めているポイントに沿ってアピールすることが重要です!

次のポイントに気を付けて書類作成することで、好印象を持たれやすくなるでしょう!

気をつけるポイント

◎書き方の注意点

  • 誤字脱字を無くす
  • 枠の中はなるべく埋めて空欄を無くす
  • 求められるスキルや経歴に沿って内容を決める
  • 実績などは数字を用いる

◎アピール内容

  • 異業種転職したい理由
  • 異業種転職しても活用できる経験やスキル
  • 異業種転職しても活躍できる理由や強み

このように、異業種転職でも不利にならないように、他の業界にいたからこその強みなど他の人に負けない強みを的確に伝えましょう。

また、やる気や素直さなどの人間性は、表情や言葉遣いから感じられるため対面面接の方がアピールしやすくなりますよ!

面接のポイント

面接中は明るくハキハキと受け答えをし、異業種転職へのやる気や自分の人間性をアピールすることが重要です!

いくらやる気があると言っても、暗い顔で話していては伝わるものも伝わりません。

逆に、前向きな姿勢で話すことで自分ではアピールせずとも、やる気やコミュニケーション能力を評価されることは大いにあります!

また、面接官は次のようなポイントを面接で確認しているので、受け答えできるように対策しておきましょう。

面接官の確認ポイント
  • なぜ異業種転職したいのか
  • ビジネスマナーなど社会人の基礎スキルは身に付いているか
  • 転職後に活かせる強みはあるか
  • 新しいことを自発的に学ぶ姿勢があるか
  • 新しい業種や企業で働いているイメージが持てるか

異業種転職では、「前職の仕事が嫌なだけでは?」と厳しい目線で質問される可能性もあります。

冷静に受け答えし、意欲や熱量を前面にアピールすることが大切です!

面接で聞かれる質問

異業種転職の面接では、『この業界を選んだ理由』に関する質問は100%聞かれます。

なぜなら、業界への理解度や本気度、前職との関係性など、採用担当者が知りたい情報を一度に知れる質問だからです!

次のポイントを押さえて回答を用意しましょう!

「この業界を選んだ理由」の回答ポイント
  • 異業種転職がしたいという強い志望動機
  • この業界を知ったきっかけ・興味を持ったきっかけ
  • 異業種でも役に立てる理由やスキル
回答例

【強い志望動機】私は以前より○○という思いがあったため、今回マーケティング業を志望しました。

【きっかけ】前職でWeb広告を出すことになり掲載したところ、売上が◎倍に伸びた上にお客様からの反響が多く、Webマーケティングの影響力を実感しました。

【異業種でも役立てる理由】前職では販売職で○○を担当しており、マーケティングに必要な分析力やコミュニケーション能力を活かせると考えています。

このように、具体的なエピソードを含めて考えることが大切です!

その他に聞かれやすい質問と、回答で押さえるポイントは次の通りです!

よく聞かれる質問回答のポイント
  • 業種を変えるにあたり勉強していることは?
  • 具体的な勉強内容
  • 勉強に取り組む意欲
  • あなたが考える課題や問題点は?
  • 自己分析で分かった短所や課題
  • 解決するための具体的な方法と根拠
  • 今まで苦労したことは?
  • これまでの失敗体験談は?
  • 失敗を乗り越えた方法
  • そこから学んだこと
  • 克服方法

異業種転職では、意欲だけでなく仕事を続けていく粘り強さなども判断されています!

憧れだけで転職を目指していると思われないように、根拠や経験を交えて答えることが大切ですよ!


佐々木
ここまで、異業種への転職成功に近づく選考の対策方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ゆり
それぞれのポイントごとに、対策方法があるんですね!

選考時は、これらに気を付けて対策を行います!

佐々木
そうですね!

考え方のベースは、前の章でお伝えした5つのステップですが、

その中でもアピールした方が良いポイントは変わるので、よく覚えておきましょう!

次に、異業種転職に関するよくある質問しついてお伝えします!

異業種転職に関するよくある質問

佐々木
最後に、異業種転職に関するよくある質問にお答えします!

少しでも異業種転職に関する不安を減らしたい人は、確認しておきましょう!

質問1|異業種転職したけど元の職種に戻れる?

結論から言うと、異業種転職した後に元の職種に戻ることは可能です!

しかし、アピールの仕方によってはネガティブな印象を与えてしまうため、志望内容をよく考える必要があります。

押さえるべきポイントとしては、次の通りです!

押さえるべきポイント
  • 人事が納得できる転職理由を考える
  • 転職の流れにストーリーを持たせる
  • 戻りたい業界で働いていた時のエピソードを盛り込む
  • 自分だから出来た経験や成果をアピールする
  • 担当顧客の件数、販売実績、何人中何位など具体的な数字を入れる
  • 企業のニーズに合ったアピールポイントを強調する
  • 自分が行ってきた仕事とその姿勢を具体的にアピール

このようなポイントについて洗い出し、会社のニーズに沿った内容から順にアピール出来るようにすると良いでしょう!

業種や職種に一貫性のない転職の場合、採用担当者が疑問に思う点が多いほど不利になるので、

自分の経験やエピソードを交えながら、転職の流れにストーリーを持たせ、一貫性があると感じてもらうことが大切ですよ!

質問2|年齢が上がると他業種への転職は難しい?

年齢が上がるにつれて他業種への転職が難しくはなりますが、40代でも50%以上の人が他業種に転職しています!

しかし、未経験での転職は、年齢が上がるほど難易度が非常に高くなります。

なぜなら、企業側は入社後の成長速度やポテンシャルを見込んで未経験採用を行っているため、若手を積極的に採用するからです。

30代以降は、ポテンシャルよりも即戦力やマネジメント能力を期待されるため、未経験者は採用されづらいのです。

そのため、30代以降で異業種転職をしたい場合は、職種は今までの経験を活かして業界だけを変えることをおすすめします!

質問3|異業種へ転職する際の注意点ってある?

異業種転職も細かく分類すると3つのタイプに分かれ、それぞれアピールポイントが異なります!

自分のタイプに合わせて、適切なアピールをすることで転職成功率は上がりますよ!

具体的なアピールポイントは次の通りです!

タイプごとのアピールポイント

◎異業種・同職種の場合(例:メーカーの営業から商社の営業に転職)

  • 同じ職種のため、今まで培った経験やスキルをアピール
  • 業種が違うからこそ出来るアピールもあるはず

◎異業種・異職種の場合(例:飲食店のスタッフからIT系企業のSEに転職)

  • 業界も職種も違うので、やる気や人柄をアピール
  • なぜその業種・職種への転職を希望するのか
  • 希望する企業で働きたい理由

◎同業種・異職種(例:小売の事務から小売の営業に転職)

  • 同じ業界なので、業界について知識があることをアピール
  • その企業で働きたい理由
  • 職種を変えたい理由

※基本的に社内異動で完結するため、社外の採用は少ない

このような点に注意してアピールポイントを用意しておけば、選考時もスムーズに進められるでしょう!

質問4|40代以降で違う業界へ転職って大変?

40代以降で違う業界へ転職する場合、目指す場所によって難易度が変わってきます。

なぜなら、未経験転職は厳しいですが、スキルを活かした転職は可能性があるからです。

40代以降で異業種転職できた人の成功要因は、企業が求めているものと自分の経験やスキルが一致したことです。

そのため、いくら今までの経歴やスキルが優秀でも、企業とのニーズや相性が悪ければ転職は難しいのです。

企業は40代以降の人に即戦力となり、若手を引っ張っていく立場になってほしいと考えているので、

異業種転職したい場合は、今までの経歴を活かしてマネジメントなどの企業のニーズがあるポジションへ転職しましょう!


佐々木
異業種転職を成功させるためには、企業のニーズと自分の希望が一致することが大切です!

ここまでの内容を参考に、しっかりと対策を行いましょう!

異業種に転職するならプロへ相談しよう!

佐々木

今回は、異業種の転職は難しいの?と悩んでいる方に向けて、

年齢別の異業種転職の実態や、他業種転職を成功させる方法についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 異業種転職は年代によって難易度が変わる
  • 異業種転職の成功には企業のニーズと自分の希望の一致が大切
  • 異業種転職が不安な人は、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!