40代が転職で苦労する理由|厳しい現実と失敗を防ぐための対策まとめ

40代が転職で苦労する理由|厳しい現実と失敗を防ぐための対策まとめ

「40代からの転職は苦労する?」

「40代で転職する時に失敗しないコツはある?」

このような疑問を持っている人に向けて、『40代が転職で苦労する理由』や、『40代で転職する時にやるべき対策』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、40代で転職するコツが分かり、苦労せずに理想の働き方を手に入れられますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

40代が転職で苦労してしまう4つの理由

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、40代が転職で苦労してしまう理由をお伝えします!

人それぞれ異なりますが、主に次の4つのことが苦労してしまう理由になっています。

転職に苦労する理由
  1. 40代が応募できる求人数が少ない
  2. これまでの経験で柔軟性が失われている
  3. 転職先の上司が年下で接し方に悩む
  4. 家庭の状況に合う仕事を見つけられない

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:40代が応募できる求人数が少ない

20代や30代に比べ、40代になると応募できる求人数がガクッと減ります。

高齢化社会の影響もあって、労働人口の減少に伴い40代でも積極的に採用している企業は増えているものの、

実際のところは、若手の人材を欲しがっている企業が多いです。

若手の方が長く働けますし、上手く教育すれば会社の核となる人材に育つ可能性を秘めているので、若い人材の方が魅力があることは否めません。

そのため、40代は少ない求人数の中から、自分の希望に合う転職先を探さないといけないので、求人探しの段階で苦労しがちです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
40代でも応募できる求人は少し前よりは増えていますが、若手と比べると、まだまだ求人数が少ないのが現状です。

理由2:これまでの経験で柔軟性が失われている

40代で転職する人は、これまでの社会人経験が長い分、様々な業務を通して、仕事のやり方や考え方が構築されています。

いろんな経験があることは魅力ですが、その分自分の考えが凝り固まってしまい、若手のような柔軟性を失っている人が多いです。

応募する企業を選ぶ際にも、これまでの経験から業務内容や条件面へのこだわりが強くなり、なかなか希望に合う仕事を見つけられないことがあります。

また転職できても、柔軟に周りの人の声を聞き入れることができず、上手に人間関係を構築できず、転職に失敗したと感じてしまう人もいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
自分の考えを持っていることは大切ですが、

集団で仕事をする以上、周りの人の協調できる柔軟性がないと、転職先で活躍することは難しいです。

理由3:転職先の上司が年下で接し方に悩む

40代で転職すれば、上司が年下になることもよくあります。

20代や30代で、管理職やリーダーポジションについている人もたくさんいるので、たとえ年下でも上手に付き合っていくことが必要です。

しかし、これまでの経験やプライドが邪魔をして、年下上司の話を素直に聞けず、自分のやり方で何でも判断してしまう40代の人もいます。

トラブルを起こさないためにも、年下でも転職先では先輩なので、年齢を問わず、素直に相手と向き合う姿勢を持つことが大切です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
年下の上司や先輩の話を受け入れられず、お互いに仕事のやりにくさを感じてしまうこともよくあります。

理由4:家庭の状況に合う仕事を見つけられない

40代になれば、結婚して子育てをしながら働いている人が多いです。

そのため独身の頃のように、自分の考えだけで仕事を選ぶことができない分、転職先探しに苦労する人が多くなっています。

もちろん自分がやりたい仕事をすることも大切ですが、家族を犠牲にしてまでやる仕事を選ぶことが正解とは限りません。

また転職活動をする際にも、家族の理解がないと、面接日程の調整などが遅れ、スムーズに転職先を見つけられない可能性が高いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
家庭の状況はそれぞれ異なりますが、

自分一人の意見だけで仕事を選ぶと、家族が犠牲になる可能性があることを頭に入れておくべきです。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、40代が転職で苦労してしまう理由です!
転職に苦労する理由
  1. 40代が応募できる求人数が少ない
  2. これまでの経験で柔軟性が失われている
  3. 転職先の上司が年下で接し方に悩む
  4. 家庭の状況に合う仕事を見つけられない
りょう
こういった理由で、40代は転職に苦労しがちなんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

若手の頃とは状況が大きく変わっているので、安易な考えでは転職するのが難しいのが現実です。

次の章では、40代の転職で苦労してしまう人の特徴をお伝えします!

40代の転職で苦労してしまう人の特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、40代の転職で苦労してしまう人の特徴をお伝えします!

難易度が高い40代の転職ですが、次の3つに当てはまる人は特に苦労しがちです。

転職で苦労する人の特徴
  1. 給与や待遇を重視している人
  2. 柔軟性な対応力が欠けている人
  3. コミュニケーション能力が低い人

それぞれの特徴についてお伝えします!

特徴1:給与や待遇を重視している人

給与や待遇ばかりを重視してしまう人は、転職に失敗しがちです。

実際、これまでの長い社会人経験で、ある程度納得のいく給与や待遇を受けていた人は、転職先にもそれ以上の条件を求めてしまいがちです。

しかし転職すれば、これまでの会社で築いてきた評価はリセットされるので、給与や待遇が悪くなることはよくあります。

そのため、少しくらい条件面で妥協することも考えておかないと、転職活動にかなり時間がかかってしまう可能性が出てきます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職先に対して高望みしすぎてしまうと、納得できる会社を見つけるまでに、かなり時間がかかってしまいます。

特徴2:柔軟性な対応力が欠けている人

新しい環境や業務内容に柔軟に対応できない人は、転職に苦労しがちです。

転職すれば、仕事内容が変わることはもちろん、先ほどもお伝えした通り、上司が年下になることもあります。

柔軟性がある人は、どこの会社に行っても気持ちを入れ替えられますが、考えが凝り固まっている人は、仕事の仕方や考え方で苦労しがちです。

いくらスキルがあって能力が高い40代の人でも、柔軟性がなければ、転職先の環境に馴染むことが難しいと言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
経験が豊富だからこその良さもありますが、新しい環境に馴染むには、ある程度の柔軟性がないと難しいです。

特徴3:コミュニケーション能力が低い人

コミュニケーション能力が低い人は、転職先を見つけることは難しいです。

40代を採用する企業は、すぐに活躍してほしい思いがありますが、コミュニケーション能力が低いと、そもそも人間関係を上手く構築できません。

社内で自分の地位を築けないと、仕事を任せてもらえないので、入社しても若手のような扱いをされ、簡単な仕事しか回ってこない可能性が高いです。

また面接時に、ベラベラと喋りすぎる人も、会話のキャッチボールが上手くないと判断され、良い印象を得られないことがあるので要注意です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
コミュニケーション能力が低い人は、転職できても、人間関係の問題で何かと苦労しがちです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、40代の転職で苦労してしまう人の特徴です!
転職で苦労する人の特徴
  1. 給与や待遇を重視している人
  2. 柔軟性な対応力が欠けている人
  3. コミュニケーション能力が低い人
りょう
こういった特徴がある人が、40代の転職で特に苦労しがちなんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

たとえ豊富な経験があっても、何気ないことが転職のネックになることはよくありますよ。

次の章では、40代でも苦労せず転職できた人の事例を紹介します!

40代でも苦労せず転職できた人の事例

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、40代でも苦労せず転職できた人の事例を紹介します!

転職できた人の特徴とともに、実際に転職した人の事例を紹介するので参考にしてください!

苦労せず転職できた人の事例
  1. 即戦力になれるスキルや経験を持っている人
  2. 年下の上司と気軽に接することが出来る人
  3. 管理職やマネジメント経験を持っている人

それぞれについてお伝えします!

事例1:即戦力になれるスキルや経験を持っている人

40代の転職者に対して、企業側は即戦力として活躍することを求めています。

これから教育して育っていく20代30代の若手と違い、40代は教育に時間を割けない分、すぐに活躍してほしいと思うことは当然のことです。

具体的に、同じ職種で長年の経験を積んでいたり、他の人にない高いスキルを持っていれば、即戦力になれると評価される可能性が高いです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
実際に、即戦力としてのスキルや経験が認められ、転職できた人の事例を紹介します!
前職の経験を活かせる

40代半ばにして転職に成功できました。

30代までじゃないと難しいと言われることもありましたが、転職先選びを慎重に行ったので、自分としては納得のいく転職ができたと思っています。

前職が事務系の仕事をしていたのですが、似たようなバックオフィス系の仕事に転職することになったので、前職の経験を活かして働くことができます。

面接でも「すぐに働けそう」と言ってもらえたので良かったです。

転職相談:44歳・女性

営業をやってきて良かった

営業職として転職しました。長年営業の仕事をしているので、自分は営業スキルくらいにか持っていないので、それを活かせる職場を選びました。何社か見ていきましたが、長年の営業職経験は十分活かせると思いましたし、この仕事をやってきた良かったと思っています。これまでの仕事で得たことを活かし、いち早く転職先でも成績を上げたいと思っています。

転職相談:41歳・男性

転職エージェントの佐々木
佐々木
入社後すぐに活躍できる40代の人材は、

企業にとってかなり貴重な存在になれるので、高待遇の条件を用意してもらえることもありますよ!

事例2:年下の上司と気軽に接することが出来る人

お伝えした通り、40代で転職すれば上司が年下になる可能性もあります。

たとえ年下であっても、上司は上司ですし、転職者は新人になるので、関係性や距離感をしっかりわきまえて仕事をすることが大切です。

変に高いプライドを持たず、上司が年下でも自然と打ち解けられる人は、企業にとって40代にも十分価値が高い人材になれます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、年下上司がいても転職できた人の事例を紹介します!
自然と接することができた

40代でベンチャー企業に転職したんですが、働いている社員の多くは20代でした。

自分の年齢はかなり上の方ですし、同じ部署のリーダーは20代後半です。ただ気さくな方ですし、仕事もできる方なので、年齢関係なく先輩として自然に接することができました。

ベンチャー企業に入社する時点で、年下の人が多いことは分かっていましたが、自分は新人なので、全員に敬語で話すことを決めていました。

年上だからと言って偉そうにせず、新人として学ぶ姿勢を持っておくことは非常に良かったと思っています。

転職相談:43歳・男性

謙虚な姿勢が大切

新しい環境で働くわけなので、謙虚な姿勢を持つことは大切だと思います!

今までの社会人経験で得たものはたくさんありますが、転職すれば新人になるので、一旦全て白紙です。

自分が40代として転職した時も、同部署の上司は年下の男性でしたが、お互い気を使わないためにも、こちら側が腰を低くし、気さくに接するようにしていました。

プライドとかは邪魔なだけなので、転職すれば20代の頃のように、フレッシュな気持ちでガムシャラに働くのが良いと思います。

転職相談:47歳・女性

転職エージェントの佐々木
佐々木
年下の上司や社員と自然に打ち解けることができれば、

豊富な社会人経験を活かして、必ず活躍できる環境を整えてもらえますよ!

事例3:管理職やマネジメント経験を持っている人

管理職やマネジメント経験がある40代の人は、転職に成功しやすいです。

実際、転職サイトで40代向けの求人を見ると、管理職やリーダーポジションの募集が多くなっているので、経験豊富な人は応募できる求人数が増えていきます。

単に即戦力として活躍できるだけでなく、会社の核となる人材になれるので、

前職で管理職やマネジメント経験を積んでいる人は、多くの企業が欲しがる人材と言えます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、管理職やマネジメント経験があり、転職できた人の事例を紹介します!
リーダー経験が活かせた

前職で営業部のリーダーをやっていましたが、そこで10名以上の営業メンバーの管理やマネジメント業務をやっていたことが、転職活動で活かせました。

リーダーとして学んだことは、一人ひとりの部下を指導することだけでなく、部署全体で確実に成果を出すということです。

優秀な人材には仕事を多めに振ったり、新人の教育を任せるなど、部署全体を見て仕事をするスキルを前職で磨けました。

転職活動を行っていく中で、これらのスキルや経験が認められ、管理職として採用してくれる企業も見つけられたので、仕事を頑張ってきて良かったと思っています!

転職相談:45歳・男性

ディレクション経験が活きた

スマホアプリ関連のwebサイトを制作した時に、デザイン部門のリーダーに抜擢され、ディレクション業務をやった経験がありました。

転職活動では、面接時にもディレクション経験を伝えると、一人のプロフェッショナルとしてだけでなく、チームのリーダーとしても活躍してほしいと言われました。

実際、今もリーダー的なポジションで仕事をさせてもらっていますし、ディレクション経験があったことで、高い評価を得られたんだと思っています。

転職相談:41歳・女性

転職エージェントの佐々木
佐々木
管理職やマネジメント経験がある人は、会社の重要なポジションで、すぐに活躍できる可能性が高いですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、40代でも苦労せず転職できた人の事例です!
苦労せず転職できた人の事例
  1. 即戦力になれるスキルや経験を持っている人
  2. 年下の上司と気軽に接することが出来る人
  3. 管理職やマネジメント経験を持っている人
りょう
即戦力になれる人や、年下上司と気軽に接することができる人は、苦労せず転職できているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

お伝えした特徴がある人は、企業にとってかなり価値が高い転職者になれますよ!

次の章では、40代の転職に苦労しないためにやるべき対策をお伝えします!

40代の転職に苦労しないためにやるべき対策

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、40代の転職に苦労しないためにやるべき対策をお伝えします!

次のような対策をしっかりやれば、自分に合う転職先を見つけやすくなりますよ!

やるべき対策
  1. 転職先に求める条件を整理する
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 応募先の企業研究を行う
  4. 転職先が決まるまで今の会社を辞めない
  5. 転職エージェントを活用する

それぞれの対策についてお伝えします!

対策1:転職先に求める条件を整理する

まずは、転職先に対して求める条件を整理することが大切です!

給与や福利厚生といった待遇、業務内容、勤務時間など、前職の条件や待遇と比較しながら考えてみましょう。

実際、待遇や条件において、全てを手に入れることは難しいので、どこまで妥協できるか、譲れない条件は何かなど、優先順位を決めるべきです。

転職活動の前に、求める条件をしっかりと整理しておけば、求人選びもスムーズに行えますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職において、重視するポイントは人それぞれ違うので、自分の中の軸を決めるためにも、求める条件を整理してみましょう!

対策2:徹底的に自己分析を行う

徹底的に自己分析を行い、自分のことを深堀していくのも大切です!

自分の強みをしっかり理解して、書類や面接で上手く自己アピールをしないと、なかなか採用は勝ち取れません。

目に見えるスキルや経験は理解できていても、内面的な自分の良さはなかなか気づけないので、自己分析は丁寧に行うのが良いです。

インターネット上には、自己分析が行えるツールもたくさんあるので、客観的に見た自分の良さを見つけるためにも活用すべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、無料で自己分析が行えるので活用してみましょう!

グッドポイント診断や自己分析に関しては、次の記事を参考にしてください!

対策3:応募先の企業研究を行う

転職活動を進めていく中で、応募先に関する企業研究はしっかりと行うべきです!

ホームページを見ることはもちろん、実際に提供している商品やサービスを使ってみたり、口コミサイトを使って調べることをおすすめします。

面接時に、企業に関して質問できますが、企業研究を事前に行っておけば、「自社について興味を持ってくれている」と好印象を与えられます。

また、企業研究を行うことで、どのような人材を求めているかを理解でき、志望動機や自己PRに活用できますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
口コミサイトを使えば、実際に働いたことがある人の投稿を見れるので、リアルな内部事情を確認することもできますよ!
おすすめの口コミサイト

対策4:転職先が決まるまで今の会社を辞めない

失敗を防ぐためにも、転職先が決まるまで今の会社を辞めない方が良いです!

たしかに、今の会社を辞めてから転職活動をした方が、面接日程の調整がききやすいですし、転職活動に全力を注ぐことができます。

しかし、40代の転職は難易度が高いこともあり、すぐに転職先が見つかるとは限りません。

実際、3ヶ月〜半年ほど転職先が決まるまでかかる人が多いので、現職を先に辞めてしまうと、転職活動の間は無収入になってしまいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

収入がなくなれば、精神的に不安定になり、早く転職するために転職先選びで妥協してしまいがちです。

慎重に転職先を選ぶためにも、現職は内定が出てから退職手続きを進めるべきです!

対策5:転職エージェントを活用する

40代で転職を成功させたい人は、転職エージェントを活用すべきです!

転職エージェントに登録すれば、求人紹介はもちろん、応募書類の添削、面接対策、企業とのやりとりの代行など、あらゆるサポートが受けられます。

充実したサポートを行ってくれるので、現職を続けながらでも、スムーズに転職活動を進めることが可能になるのです。

40代ならではの悩みやこの先のキャリアについて相談にも乗ってくれるので、活用すれば非常に心強い存在になってくますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

充実したサポートを無料で受けられるので、転職エージェントは必ず使うべきです!

転職エージェントに関しては、次の記事で詳しく説明しています。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、40代の転職に苦労しないためにやるべき対策です!
やるべき対策
  1. 転職先に求める条件を整理する
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 応募先の企業研究を行う
  4. 転職先が決まるまで今の会社を辞めない
  5. 転職エージェントを活用する
りょう
こういった対策をすれば、転職先が見つかりやすくなるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

40代の転職は難易度が高い分、丁寧に対策して進めていくことが大切ですよ!

次の章では、40代が活用すべきおすすめの転職エージェントを紹介します!

40代が活用すべきおすすめの転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、40代が活用すべきおすすめの転職エージェントを紹介します!

数ある転職エージェントの中でも、40代の転職活動に最適なのは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    様々な職種業界の求人に応募できる
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『Spring転職エージェント』
    外資系の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『パソナキャリア』
    業界トップクラスのサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『type転職エージェント』
    IT系職種と営業職に強みをもつ
    【公式】https://type.career-agent.jp/
りょう

ありがとうございます!

でも、どれも良さそうで迷ってしまいますね…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

より多くの求人を見たり、相性が合う担当者に出会うためにも、転職エージェントは1社ではなく、複数社に登録すべきですよ!

そのため、迷ったら『リクルートエージェント』『doda』に登録しておくことをおすすめします!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    様々な職種業界の求人に応募できる
    【公式】https://doda.jp/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

各転職エージェントの詳細や複数登録に関しては、次の記事でも詳しく説明しています!

次の章では、転職後に40代が苦労しがちなことをお伝えします!

転職後に40代が苦労しがちな3つのこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、転職後に40代が苦労しがちなことをお伝えします!

転職できても、入社後に苦労するケースがあるので、事前に理解しておきましょう!

転職後に苦労しがちなこと
  1. これまでの経験での常識が通用しない
  2. 若手が多い社内の雰囲気に馴染めない
  3. 若い頃のように仕事が覚えられない

それぞれについてお伝えします!

苦労1:これまでの経験での常識が通用しない

40代で転職すれば、これまでの経験で得た常識が通用しないこともよくあります。

実際、会社によって仕事のやり方や考え方は異なります。

長年の経験があって、スムーズに仕事を進めるやり方を知っていても、転職先の考えに合わせて、仕事のやり方を変える必要がある場合もあります。

もちろん仕事をやっていけば、自分の意見を言える時もあるので、いきなり自分の常識を押し付けず、まずは転職先の考え方に合わせるのが大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
これまでの仕事での常識に囚われすぎると、スムーズに仕事ができなくなるので、

いろんな考えの会社があることを理解しておくべきです。

苦労2:若手が多い社内の雰囲気に馴染めない

転職先によっては、20代30代の若手が多く、40代の同世代の社員がいない場合もあります。

社員の年齢層によって、社内の雰囲気は大きく異なるので、若い雰囲気に馴染めない人もいます。

もし若手の人と働くのが苦手と思っているなら、応募時にホームページを見たり、面接時に担当者に直接聞いて、社員の年齢層を調べておくべきです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
若い人と働けるからこそ得られる新鮮な雰囲気をありますが、

同世代の人と働きたいなら、年齢層を確認してから応募しましょう!

苦労3:若い頃のように仕事が覚えられない

年齢を重ねると、脳の柔軟性が失われていく分、若い頃のように仕事を覚えるのに苦労しがちです。

転職すれば、新しい仕事内容を覚える必要があるので、入社後数ヶ月間は、覚えることが多く業務に苦戦する40代の人が多いです。

また仕事内容だけでなく、社員の人の顔と名前が一致しなかったり、勤務先のルールを覚えられないということもよくあります。

若い頃のような脳の柔軟性が無いことは仕方がないので、一気にいろんなことを覚えようとせず、メモを取りながら、徐々に慣れていくことが大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木

迷惑をかけないために、無理に仕事を詰め込む人もいますが、

頭がパンクしてしまうこともあるので、マイペースに仕事に慣れることが大切です!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職後に40代が苦労しがちなことです!
転職後に苦労しがちなこと
  1. これまでの経験での常識が通用しない
  2. 若手が多い社内の雰囲気に馴染めない
  3. 若い頃のように仕事が覚えられない
りょう
転職後に、苦労しがちなこともあるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

苦労しないためにも、慎重に転職先を選んだり、できるだけ早く転職先に馴染む努力をすることが大切ですよ!

40代の転職で苦労しないために慎重に対策を!

佐々木

今回は、40代で転職を考えている人に向けて、

40代が転職で苦労する理由や、40代で転職する時にやるべき対策などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 40代の転職者は、他の年代より応募できる求人数が少ない
  • 即戦力になれる人や管理職経験がある人は、転職に成功しやすい
  • 40代の転職に苦労しないために、転職エージェントを活用すべき
りょう

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    様々な職種業界の求人に応募できる
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『Spring転職エージェント』
    外資系の非公開求人が豊富
    【公式】https://www.springjapan.com/
  4. 『パソナキャリア』
    業界トップクラスのサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『type転職エージェント』
    IT系職種と営業職に強みを持つ
    【公式】https://type.career-agent.jp/
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『リクルートエージェント』
    業界No.1の求人数を持つ
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    様々な職種業界の求人に応募できる
    【公式】https://doda.jp/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

りょう

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!