転職エージェントおすすめランキング13選

転職はハローワークに相談すべき?成功事例から分かった賢い活用方法

転職はハローワークに相談すべき?成功事例から分かった賢い活用方法

この記事でお伝えすること
  • 転職でハローワークを使うメリット・デメリット
  • ハローワークが持っている3つの役割
  • ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの比較
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「転職するなら、とりあえずハローワークに行くべきなの?

「ハローワークの利用方法を教えてほしい!」

…と悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

この記事では、転職でハローワークを利用するか迷っている方に向けて…

ハローワークを使うメリット・デメリット転職を成功させるためのポイントなどを紹介します!

この記事を読めば、ハローワークを使うべきかどうかが分かり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

11ヶ月連続!人気1位
20代~30代の転職実績が豊富!約87%の人が満足のいく転職を実現させています

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!優良企業でキャリアアップしたい人におすすめです

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職活動をする際にハローワークで相談すべき?

佐々木

結論からお伝えすると、ハローワークはぜひとも活用すべき転職サービスの一つです!

そもそもハローワークとは、公共職業安定所のことで国が運営している職業紹介所のことです。

ハローワークに登録すれば、希望にあった求人案件を無料で紹介してもらえるので、数多くの転職希望者が利用しています。

また、企業側の目線で考えると、ハローワークには求人を無料で掲載できるようになっているのです。

そのため、ハローワークには正社員だけでなく、アルバイトやパートなどの様々な職種の求人が豊富に集まっています!

佐々木
実際、ハローワークを利用して転職に成功した人もたくさんいますよ!
ゆり
ハローワークを利用して、転職できている人はたくさんいるんですね!
佐々木

そうなんです!

自分では見つけられないような優良企業に転職できた人もたくさんいますよ!

ハローワークでの相談方法&手続きの流れ

佐々木

それでは実際に、ハローワークを利用する流れをお伝えしていきます。

利用方法を理解しておけば、スムーズに転職相談から企業との面接まで進められますよ!

ハローワークを利用する流れ
  1. 登録して求職申し込みができるようにする
  2. 窓口で担当者と職業相談をする
  3. 応募する求人を決める
  4. 担当者に紹介状を書いてもらう
  5. 応募先の企業と面接をする

それぞれ簡単に説明します!

流れ1:登録して求職申し込みができるようにする

まずは最寄りのハローワークに行き、登録手続きをします。

登録時には職種や給与、通勤時間、休日などの希望条件を細かく伝えましょう。

流れ2:窓口で担当者と職業相談をする

職業相談では、転職に関する様々な悩みや不安について相談できます。

一度だけでなく、転職先が決まるまで何度でも相談できるので、行き詰まった時は有効活用しましょう。

流れ3:応募する求人を決める

求人探しは、ハローワークにあるパソコンを使ったり、求人票の掲示板、そして自分のスマホでも行えます。

気になる求人が見つかったら、ハローワークの職員に興味があることを伝え、面接までの準備を始めてもらいましょう。

流れ4:担当者に紹介状を書いてもらう

ハローワークを通して面接を受ける場合は、紹介状が必要になります。

紹介状は選考に関する情報が記載されており、本人確認のために面接では必ず必要になります。

流れ5:応募先企業の担当者と面接をする

ここまで来れば、いよいよ面接です。面接の流れは一般的なものと変わりません。

ただハローワークでは面接に関するセミナーも開催しているので、不安な方はぜひ本番の面接前に受けておきましょう。


佐々木
以上が、ハローワークを利用する流れです!
ハローワークを利用する流れ
  1. 登録して求職申し込みができるようにする
  2. 窓口で担当者と職業相談をする
  3. 応募する求人を決める
  4. 担当者に紹介状を書いてもらう
  5. 応募先の企業と面接をする
佐々木

ハローワークは無料で利用できるので、転職するなら活用すべきです!

まずは最寄りのハローワークに登録に行き、気になる求人がないかチェックしてみましょう!

次の章では、ハローワークを使う具体的なメリットをお伝えします!

ハローワークを使うメリット|成功事例・評判に学ぶ賢い使い方

佐々木

それでは、ハローワークを使うメリットをお伝えします!

登録に行く前にメリットを知っておけば、より上手くハローワークを活用できるでしょう!

具体的に、ハローワークのメリットは次の5つが考えられます!

ハローワークのメリット
  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い
  3. 職業訓練や各種手当を受給できる
  4. 対面で転職相談ができる
  5. 必ず合否の通知がくる

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

メリット1:地元での転職に強い

ハローワークは、数多くの地元求人を取り扱っているので、地元で転職したい方にはおすすめです!

その理由は、ハローワークが職業安定法の次の内容に基づいて運営させているためです。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十七条)

(職業紹介の地域)

第十七条 公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない。

出典:厚生労働省

ハローワークの窓口で求人紹介を受けると…

基本的に現在の住まいから転居の必要がない範囲の求人を紹介してくれるので、効率よく地元でも転職を実現できます!

佐々木
地元に根付いた企業との太いパイプも持っているので、

UターンやIターン転職など、地元での転職を狙っている人には最適です。

メリット2:求人の量が多い

ハローワークは、膨大な企業の求人を取り扱っている転職サービスです!

数多くの求人が集まっている理由は、転職サイトと異なり、企業が無料で求人を出すことが可能だからです。

そのため、採用活動にあまり費用をかけたくない企業は、積極的にハローワークを使うため、多くの求人がハローワークに集まっているのです。

また、ハローワークは全国540ヶ所以上にあり、全ての求人情報が一つのネットワークで繋がっていることも、求人が多い要因です。

佐々木
住んでいる地域にもよりますが、

ハローワークに行けば数多くの求人を見て、各企業の情報を比較できますよ!

メリット3:職業訓練や各種手当を受給できる

ハローワークでは、求人の紹介だけでなく、無料で職業訓練が行えたり、各種手当を受け取ることも可能です。

先ほど紹介した職業安定法の中には、次のような内容も含まれています。

職業安定法 第二節 職業紹介(第十九条)

第十九条 公共職業安定所は、求職者に対し、公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校の行うものを含む。)を受けることについてあつせんを行うものとする。

(平一一法八五・全改)

出典:厚生労働省

自己分析のサポートや業界ごとの職業訓練が受けられるのは、

ブランクのある方や、未経験の業界への転職を考えている人には嬉しいでしょう。

また、現職を辞めた後にハローワークを利用して転職活動を行うと…

状況や条件次第ですが、月10万円以上の「失業保険」を受け取ることも可能です。

佐々木
転職に向けて、技術的な面だけでなく、金銭面もサポートしてくれるのは、非常に心強いでしょう!

メリット4:対面で転職相談ができる

ハローワークでは、職業相談員と対面で話をしながら、転職活動を進めることが可能です。

地元企業の求人状況をはじめ、気になる求人の裏話、同年代がどんな仕事で活躍しているかなど、様々な転職相談ができます。

佐々木

転職活動は、なにかと不安を感じることも多々あるので、対面で話せることは嬉しいポイントでしょう!

メリット5:必ず合否の通知がくる

ハローワークを使って応募した求人案件は、必ず合否の通知がきます。

他のサービスでは、内定者や選考を通過した場合のみ通知を行うケースもあり、面接後何の音沙汰もないことはよくあります。

佐々木
必ず合否の連絡がくるので、選考を通過できなかった場合でも、

「気持ちを切り替えやすい」という声が多々あります。


佐々木
以上がハローワークを使うメリットです。
ハローワークのメリット
  1. 地元での就職に強い
  2. 求人の量が多い
  3. 職業訓練や各種手当を受給できる
  4. 対面で転職相談ができる
  5. 必ず合否の通知がくる
ゆり

地元の求人をたくさん紹介してもらえたり、対面で転職相談できるのは嬉しいですね!

佐々木

そうですね!

対面相談や職業訓練などのサポートを上手く利用すれば、転職の成功率もグッと高くなりますよ!

次の章では、反対にハローワークのデメリットを確認していきましょう!

ハローワークを使うデメリット・リスク|失敗事例・評判に学ぶ賢い使い方

佐々木

次に、ハローワークを使うデメリットをお伝えします!

他の転職サービスと比べると、次のようなデメリットが考えられるので把握しておきましょう。

ハローワークのデメリット
  1. 募集要項と実際の仕事内容が異なることがある
  2. 相談員によって対応の質が異なる
  3. 自分から行動しないと求人情報を得られない
  4. 画像情報を掲載していない企業が多い

それぞれ説明していきます!

デメリット1:募集要項と実際の仕事内容が異なることがある

ハローワークの求人の中には、募集要項と実際の仕事内容が異なるものがあります。

ハローワークの求人掲載基準の1つに、「労働基準法違反の企業は掲載しない」というものがあります。

これはブラック企業の求人掲載を阻止するための手段です。

しかし、実際の求人情報と異なる募集要項を求人票に掲載し、ハローワークに求人を出しているブラック企業があるのも事実です。

佐々木

ハローワークは、転職サイトに比べ、

若干掲載企業の募集要項に関するチェックが甘い傾向があるとも言われています。

デメリット2:相談員によって対応の質が異なる

ハローワークのメリットで、対面で相談できるとお伝えしましたが、相談員によって対応の質は異なります。

相談員の中には、ベテランもいれば、現場経験の少ない若手もいます。

全員と相性が合うわけではないので、話しやすい相談員がいれば、

名刺を貰ったり、相談の最後に次回も対応してほしい旨を伝えることをおすすめします。

佐々木
もし相性が合わない相談員がいれば、担当を変えてもらうか、

日を改めて転職相談に訪れるのがいいでしょう。

デメリット3:自分から行動しないと求人情報を得られない

ハローワークは、自分から出向いて求人を検索し、積極的に相談員に相談しないと求人情報を得られません。

一方で、転職サイトは登録していれば、スカウトメールや新着案件のお知らせなどが届きます。

ハローワークには、求人情報を登録者全員に通知するサービスはないため、やや使いにくさを感じる人もいるかもしれません。

佐々木

もちろんハローワークでも、希望に合う求人を紹介してくれますが、

とりあえずどんな求人があるか漠然と見てみたいという人には、デメリットに感じるかもしれません。

デメリット4:画像情報を掲載していない企業が多い

ハローワークの求人情報には、職場の雰囲気や会社がある建物の外観がわかる写真や画像が少ない傾向があります。

最近は、画像情報を掲載する企業も増えていますが、他の転職サービスに比べるとまだまだ少ないと言えます。

佐々木
職場の雰囲気を知るために画像情報を見たい人にとっては、大きなデメリットになるでしょう。

佐々木
以上がハローワークを使うデメリットです。
ハローワークのデメリット
  1. 募集要項と実際の仕事内容が異なることがある
  2. 相談員によって対応の質が異なる
  3. 自分から行動しないと求人情報を得られない
  4. 画像情報を掲載していない企業が多い
ゆり

募集要項と仕事内容が異なったり、画像情報が少ないのは大きなデメリットですね…。

佐々木

そうですね…。

ハローワークには、良い部分もありますが、多少なり悪い部分もあるので、

弱点は他の転職サービスで補いながら、上手に活用することをおすすめします!

次の章では、ハローワークの役割とハローワーク以外の転職方法についてお伝えしていきます!

ハローワークの3つの役割&ハローワーク以外の転職方法

佐々木

次にハローワークの役割とそのほかの転職方法についてお伝えしていきます!

ハローワークにどんな役割があるか知っておけば、より効果的に活用できますよ!

そもそもハローワークは、次の3つの役割を持ち厚生労働省が各地に設置しています。

ハローワークの役割
  1. 求人紹介
  2. 転職相談
  3. 雇用保険事務

求人紹介や転職相談に関しては、ここまでの説明でもわかる通り、転職や就職に関するサポートを行う役割です。

そして、雇用保険事務は失業給付を申請し、給付を受けるための事務手続きを行ってくれる役割があります。

ハローワーク経由で転職活動をしているものの、

前職を退職してから一定期間転職先が見つからなければ、失業給付の対象となります。

自分が失業給付の対象かどうか分からない場合は、一度最寄りのハローワークに相談してみることをおすすめします!

ゆり
この3つの役割がハローワークにはあるんですね!
佐々木

そうなんです!

この3つの役割のもと、ハローワークはこれまで数々の転職者を支援してきた実績を持っています!

転職に関するあらゆる相談に応じてくれるので、転職に不安がある方は相談してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、転職する方法はハローワーク以外にもあります!

実際、「転職サイト」「転職エージェント」を活用して、自分に合う転職先を見つけている人もたくさんいます。

佐々木

ハローワークのメリットやデメリット、そして役割は理解できたと思いますが、

できる限り転職の失敗を防ぐためにも、他の転職方法に関しても理解を深めておくのが良いでしょう!

次の章では、ハローワーク・転職サイト・転職エージェントを比較していくので、自分に合う転職サービスはどれか考えてみましょう!

ハローワーク・転職サイト・転職エージェントなど転職サービスを徹底比較

佐々木

次に、ハローワークと転職サイト、転職エージェントの3つの転職サービスの違いをお伝えしていきます!

ここでは6つの軸に分けて違いを比較してみたので、サービス選びの参考にしてください。

ハローワーク転職サイト転職エージェント
求人の量
求人の質
サポート体制
掲載企業の情報量
掲載企業の傾向・中小
・零細
 ・大手
・中小
 ・大手
・中小
佐々木

各サービスによって良い部分、悪い部分がありますが、実際どんな人がどのサービスを選ぶべきなのか、

それぞれの特徴を踏まえつつお伝えしていきます!

ハローワークを使うべき人

佐々木
まず、次に当てはまる場合はハローワークを使うべきです!
ハローワークを使うべき人
  1. 地元での転職を希望する人
  2. 未経験の業種に転職したい人

それぞれ詳しくお伝えします。

使うべき人1:地元での転職を希望する人

ハローワークは、地元企業の求人を数多く取り扱っているので、地元で転職したい人にはおすすめです。

地元企業の人事担当との太いパイプを持っていることもあり、地域に密着した企業には、有利に転職活動を進められます。

なかには、地元のハローワークにしか求人を出していない企業もたくさんあります。

佐々木

地元に詳しい相談員もいるので、しっかり話をしながら転職活動を進めれば、

より働きやすい地元企業の求人を紹介してくれるでしょう!

使うべき人2:未経験の業種に転職したい人

これまで経験したことのない未経験の業種に転職したい人にも、ハローワークはおすすめです!

その理由は、未経験歓迎の求人が数多くあることも、ハローワークの特徴の一つだからです。

未経験の職種や業種への転職は、何かと不安も伴いますが、相談員からアドバイスをもらえるので、安心して転職活動を進められます!

佐々木

前職の職歴があまり長くない人でも、未経験OKの求人が数多くあるハローワークを利用すれば、

様々な求人案件に応募できるので、自分の可能性を広げられますよ!


佐々木
以上が、転職活動でハローワークを利用すべき人です!
ハローワークを使うべき人
  1. 地元での転職を希望する人
  2. 未経験の業種に転職したい人
ゆり
未経験の仕事に挑戦したい場合、ハローワークがおすすめなんですね!
佐々木

そうですね!

相談員から様々な業種や業界の情報を聞きながら、未経験でも幅広い仕事への転職に挑戦できますよ!

転職サイトを使うべき人

佐々木
次に、転職サイトを使うべき人についてお伝えします!
転職サイトを使うべき人
  1. 気軽に求人情報を探したい人
  2. 中小企業や大手企業に転職したい人

それぞれ説明していきます。

使うべき人1:気軽に求人情報を探したい人

転職サイトは、24時間いつでも求人情報を見たり、求人に応募できます!

ハローワークは、営業時間内しか相談や応募ができないため、気軽に求人情報を探したい人にとっては、転職サイトがおすすめです。

また、すぐ転職しない人で事前に情報を集めたい時にも、好条件の求人を見逃さないように、前もって登録しておくものアリです!

佐々木
自分のペースで求人を見たり、応募できることは転職サイトの大きな魅力です!

使うべき人2:中小企業や大手企業に転職したい人

転職サイトは、ハローワークにはない中小企業や大手企業の求人がたくさん掲載されています!

事実、ハローワークは無料で求人を掲載できますが、転職サイトには企業が掲載料をかけて求人を出しています。

そのため、転職サイトには比較的余裕のある中小企業や大手企業の求人が多い傾向にあります。

佐々木

零細企業ではなく、中小企業や大手企業への転職を検討しているのであれば、

転職サイトを利用すべきです!


佐々木

以上が、転職活動で転職サイトを使うべき人です!

転職サイトを使うべき人
  1. 気軽に求人情報を探したい人
  2. 中小企業や大手企業に転職したい人
ゆり

中小企業や大手企業を狙っているなら、転職サイトが良いんですね!

佐々木

そうですね!

有名企業の求人も数多くあるので、上手く活用すれば好条件で転職できますよ!

おすすめの転職サイト

転職エージェントを使うべき人

佐々木
最後に、転職エージェントを使うべき人についてお伝えします!
転職エージェントを使うべき人
  1. 効率よく転職活動を進めたい人
  2. 面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人

それぞれ説明していきます。

使うべき人1:効率よく転職活動を進めたい人

効率よく転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントを使うべきです!

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバザーのサポートを受けながら、転職活動を進められます。

あなたの希望条件をヒアリングした上で、おすすめの転職先を紹介してくれるので、求人検索の手間を省けますよ!

佐々木

現職が忙しくても、上手く転職エージェントを活用すれば、

短期間で転職先を見つけることができますよ!

使うべき人2:面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人

面接対策や書類の添削など、充実したサポートが受けられるのも転職エージェントの良い点です!

希望の業界に特化した面接対策や、自己PRや志望動機の書き方、伝え方などを教えてくれます。

転職のプロとして様々なサポートを行ってくれるので、転職活動において非常に心強いパートナーになってくれますよ!

佐々木
転職は何かと不安なことも多いので、

キャリアアドバイザーのサポートがあることは嬉しいポイントです!


佐々木

以上が、転職活動で転職エージェントを使うべき人です!

転職エージェントを使うべき人
  1. 効率よく転職活動を進めたい人
  2. 面接対策や書類の添削などサポートを受けたい人
ゆり

効率よく転職活動を進めたいなら、転職エージェントを使うべきなんですね!

佐々木

そうですね!

キャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、

一人で転職活動を進めるよりも、大幅に効率よく転職先を見つけられますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

佐々木

どの転職サービスがおすすめかは、人それぞれ異なってきますが、

迷っているなら、すべてのサービスに一度登録し、実際に使ってみることをおすすめします!

実際に自分で登録して使ってみることで、使い勝手の良さや自分の希望通りのサポートが受けられるかが分かると思います。

紹介した3つの転職サービスは、すべて無料で利用できるので、まずは登録してみましょう!

ハローワークと転職サイト、転職エージェントの違いについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

次の章では、ハローワークを活用して、転職を成功させるポイントをお伝えします!

ハローワークを活用して、転職を成功させるための5つのポイント

佐々木

それでは、ハローワークを活用して、転職を成功させるためのポイントをお伝えします!

次のポイントを抑えておけば、転職の成功率がグッと高くなりますよ!

転職を成功させるポイント
  1. 口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る
  2. 仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する
  3. よく見る企業の求人はできる限り避ける
  4. 相性の合う相談員に対応をお願いする
  5. 転職エージェントも併用して非公開求人を知る

それぞれのポイントを説明していきます!

ポイント1:口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る

企業の詳しい情報を知るために、口コミサイトも上手く活用すべきです!

口コミサイトには、実際に働いている企業の社員の投稿が集まっており、リアルな情報を知ることができます。

ハローワークの求人票や企業のホームページでは分からないような書き込みが多々集まっています。

実際に働いている社員の投稿を見れば、社内の雰囲気も感じとれるでしょう。

佐々木
おすすめの口コミサイトは次の2つです!
おすすめの口コミサイト
  1. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/
  2. 『openwork(旧:Vorkers)』
    【公式】https://www.vorkers.com/

ポイント2:仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する

仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認しましょう!

ごく稀にですが、ハローワークの求人には、記載されている募集要項と実際の仕事内容や福利厚生が異なるものがあります。

転職してから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、面接時に確認しておきましょう。

特に、あなたが転職において譲れない条件に関連する部分に関しては、必ず確認すべきです!

佐々木

仕事内容や福利厚生が求人票と大きく異なっていれば、ブラック企業の可能性があります。

そのため、もし内定が出てもしっかり検討してから返事することをおすすめします。

ポイント3:よく見る企業の求人はできる限り避ける

よく見る求人があれば、できる限り応募するのはやめておきましょう。

頻繁に募集を出している企業も多々ありますが、そこには何らかの理由が隠されている可能性があります。

たとえば、仕事がハード過ぎてすぐに辞める人が多い人間関係が悪い環境で人の入れ替わりが激しいなど…。

「この会社、前にも見た」と求人を見て思ったら、できる限り避けるようにしましょう。

佐々木
単純に大量募集をしているケースもありますが、余程魅力的な求人でなければ避けるべきです!

ポイント4:相性の合う相談員に対応をお願いする

相性の合う相談員がいれば、できる限り毎回サポートを依頼しましょう!

ハローワークの相談員の質は千差万別であり、対応が悪ければあなたが転職のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

いくら経験豊富なベテラン相談員といっても、人間同士のやりとりなので、あなたと相性が合うとは限りません。

自分で話をしてみて、熱心に相談に乗ってくれたり、しっかり対応してくれる相談員を見極めてみましょう!

佐々木

ハローワークを活用するなら、相談員の存在は非常に重要です!

しっかりと転職のアドバイスをしてくれる相談員に対応をお願いしましょう!

ポイント5:転職エージェントも併用して非公開求人を知る

より転職の成功率を上げるためには、転職エージェントも併用すべきです!

転職エージェントは、ハローワーク同様無料で利用できる転職サービスです。

キャリアアドバイザーのサポートが受けられるのもポイントですが、他では知れない非公開求人を数多く持っているのも特徴です。

転職エージェントの非公開求人の中には、大手企業や有名企業などの条件の良い案件がたくさんあります!

佐々木

あなたの希望に合う求人が、非公開求人の中に隠れている可能性もありますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

佐々木
以上が、ハローワークを活用して、転職を成功させるためのポイントです!
転職を成功させるポイント
  1. 口コミサイトを使って紹介企業の情報を得る
  2. 仕事内容や福利厚生は面接で必ず確認する
  3. よく見る企業の求人はできる限り避ける
  4. 相性の合う相談員に対応をお願いする
  5. 転職エージェントも併用して非公開求人を知る
ゆり
これらを意識しておけば良いんですね!
佐々木

そうですね!

これらのポイントを知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

ハローワークを上手く活用して転職を成功させよう!

佐々木

今回は、転職でハローワークを利用するか迷っている方に向けて…

ハローワークを使うメリットやデメリット、そしてハローワークの役割などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 地元企業に転職したい人はハローワークを使うべき
  • 対面で相談できるのはハローワークの大きなメリット
  • 転職エージェントも併用して転職の成功率を上げるべき
ゆり

ありがとうございます!

ハローワークはもちろん、転職サイトや転職エージェントにも登録してみようと思います!

佐々木

はい!

自分に合うサービスを見つけて、良い転職先を見つけてくださいね!

最後にもう一度おすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職サイト・エージェント

◎おすすめの転職サイト

  1. 『リクナビNEXT』
    【公式】https://next.rikunabi.com/
  2. 『マイナビ転職』
    【公式】https://tenshoku.mynavi.jp/

◎おすすめの転職エージェント

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
佐々木
もしどちらの転職エージェントに登録するか迷った場合は、一度2社とも登録することをおすすめします!

ハローワークと同じように、転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!