転職エージェントおすすめランキング13選

転職の最終面接で合格率を上げる対策!よくある質問&選考通過のコツ

転職の最終面接で合格率を上げる対策

この記事でお伝えすること
  • 最終面接での評価軸
  • 最終面接でよくある2つのパターン
  • 最終面接で落ちてしまう人の特徴
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

「最終面接ってこれまでの面接と違うの…?

「しっかり対策して最終面接に臨みたい!」

…と悩んでいませんか?

この記事では、転職時の最終面接に関して疑問を持っている方に向けて、

最終面接で評価されているポイント最終面接で落ちてしまう人の特徴などを紹介します!

この記事を読めば、転職時の最終面接に関する悩みがなくなり、安心して転職活動を進められますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職最終面接は顔合わせだけじゃない!合格率と必要な心得

佐々木

最終面接までくればもう安心!と思う転職者もたくさんいますが…

最終面接はただの顔合わせの場ではなく、れっきとした面接の場です!

そのため決して手を抜くことなく、最終面接に臨むことが大切です!

実際、最終面接の合格率は30〜50%程で、2.3名に1名しか合格が出ない狭き門なのです。

最終面接までたどり着いても、落ちている人はたくさんいます。

「ほぼ内定はもらったもの」と手を抜かず、しっかり対策を行ってから最終面接に臨みましょう。

最終面接に臨む際の心得
  1. 最終面接はただの顔合わせの場ではない
  2. 最終面接の合格率は30〜50%程
  3. 手を抜かず面接対策をしっかりやるべき

次に、転職の最終面接でチェックされる評価軸についてお伝えします!

転職の最終面接でチェックされる評価軸

佐々木
初めに、一次面接・二次面接と最終面接の違いをお伝えします!

それぞれの面接の違いが分かると、効率的に面接の対策が出来ますよ!

面接の流れは、一次面接・二次面接と基本的に同じです。

違うところは、一次面接は人事担当者や現場の社員が担当、二次面接は部長・課長など管理職の社員が担当するところです。

面接では、「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」など基本的な質問され、それについて深く問われるパターンが多いです。

会社によっては集団面接になるので、その場合は特に端的に分かりやすく答えられるように準備しておくことが大切です!

三次面接以降には会社の役員、最終面接では社長・取締役など企業のトップ層が面接を担当することが一般的です。

最終面接は面接の最後の難関であり、突破すれば内定を獲得できます。

面接では、入社の意思会社で何がしたいかなどの将来のビジョンを中心に問われます。

各面接の評価点の違い
  • 一次面接:社会人としての基礎ができているか
  • 二次面接:現場で使えるスキルを持っているか
  • 最終面接:入社意欲があり採用に値する人材か

一次面接・二次面接と最終面接の違いをお伝えしたところで、最終面接でチェックされる評価軸について詳しく見ていきましょう!

最終面接でチェックされる評価軸

佐々木
面接でチェックされる評価軸について、一覧表にしたので見てみましょう!

1次面接・2次面接との違いも確認してくださいね!

面接で見られるポイント

このように、面接の段階によって評価される部分が異なります!

具体的に、それぞれの面接で評価される観点は以下の通りです。

評価観点

◎一次面接

  • 最低限のコミュニケーション能力があるか
  • 質問に対して適切な答えが返ってくるか
  • 質問の回答に一貫性があるか

◎二次面接

  • 業界・企業の前提知識があるか
  • 企業が求める資質・能力を持っているか
  • 物事に取り組み、成果を出す姿勢があるか

◎最終面接

  • 高い入社意欲が感じられるか
  • 会社への貢献ができるか
  • 将来のキャリアビジョンが会社の経営方針と合っているか

最終面接の評価観点について、さらに詳しく見てみましょう!

評価観点1|転職への熱意・志望度合い

最終面接では、入社意欲や熱意について質問し「入社後に意欲的に仕事に取り組んでくれるか」を判断します。

なぜなら、最終面接は内定を出すかどうかを決める最終判断の場所だからです。

企業側は、採用するからには意欲的かつ長く働いてほしいと思っているので、高い入社意欲をもち、会社へ貢献する意思を重視します。

また、役員など役職の高い人ほど会社に対する想いが強いので、「自社を愛してくれるか」といった熱意を重要視する傾向もあります。

佐々木

「なぜ他の会社ではなく、その会社が良いのか」という内容で入社意欲を確認されることもあるので、

志望企業を深く理解し、自分の言葉で想いを伝えられるように準備しておきましょう!

評価観点2|将来の方向性やビジョン

志望度と同様に最終面接で重要視されるのは、「応募者のキャリアビジョンが、会社と合っているか」という点です。

なぜなら、能力と熱意があったとしても、やりたい方向性がずれていれば、最終的に入社後に活躍出来ないからです。

企業側は中長期的に貢献してくれる人材を求めているので、3〜5年後を意識して会社に必要な人材かを判断します。

「将来のキャリアビジョン」や「入社後やりたいこと」を質問された場合は、自分の目標を企業や事業の成長に結びつけながら伝えましょう。

佐々木
大手企業の場合は、異動や体制の変更に捉われない抽象的なビジョンを掲げることをおすすめします!

評価観点3|転職に対する覚悟

最終面接で最後の決め手になるのは、転職に対する覚悟があるかどうかです。

なぜなら、転職してすぐに成果を出すことは難しいため、うまくいかない時にすぐ退職を切り出されては困るからです。

応募者の志望度が高く企業と方向性が合っていたとしても、転職後は少なからず仕事を教わる立場になります。

「1人の採用は3億円の投資と同じ」と言われることもあり、企業は研修費や育成コストを考えて採用を行なっています。

採用を無駄にしないためにも転職の覚悟は重視されているので、応募者はそれに応えられる意欲と覚悟を示すことが大切です


佐々木
ここまで。最終面接でチェックされる評価軸についてお伝えしました!
ゆり
最終面接では、転職への意欲や覚悟、将来のビジョンなどが重視されるんですね!

それに、それぞれの面接で重視される部分が違うというのも分かりました!

佐々木
そうなんです!

面接では、重視されるポイントを把握したうえで面接内容を考えると良いでしょう!

次に、転職の最終面接のよくあるパターンと体験談を紹介します!

転職の最終面接のよくある2パターンと体験談

佐々木
それでは、転職の最終面接のよくあるパターンと体験談についてお伝えします!

今回は、面接官のタイプに分けて2つのパターンを紹介します!

パターンを知っておくことで、落ち着いて面接の本番に臨めますよ!

面接官のタイプ面接の判断基準面接パターン
鋭く理論的なタイプ「結果を出せるか」判断圧迫型
明るく快活なタイプ「自社に合うか」判断雑談型

1つずつ詳しく見ていきましょう!

パターン1|鋭く理論的な面接官のパターン

鋭く理論的な面接官は、結果を出す事にシビア笑顔が少なく、周囲に緊張感を与えるタイプです。

面接の判断基準|「結果を出せるか」判断

鋭く理論的な面接官の判断基準は「結果が出せるかどうか」です。

そのため、面接でも鋭く質問を重ねてきます。

理論的な話し方を好むので、質問に対して端的に素早く分かりやすい答えを出すと良い印象を与えられるでしょう。

鋭く理論的な面接官に好印象を与えるためのポイントは、次の通りです。

好印象を与えるためのポイント

◎話しの流れ

  1. 結論 
    私は御社に入社したいと考えております
  2. 理由
    なぜなら、〇〇だからです。
  3. 具体例
    御社の〇〇という部分に特に共感し、××したいと思いました。
  4. 結論 
    以上のことから、私は御社の入社を希望します。

◎話す内容のポイント

  • 数値や軸となる根拠を示して話す

◎鋭い質問が続き、回答に詰まった場合の対処法

  • 「少し考えるお時間を頂いてもよろしいでしょうか?」とお願いし考える時間をもらう
    →焦って見当違いの答えを出すより、「困った時に冷静な判断が出来る」と判断される
  • 考える時間は10秒程度が適切
    →考えすぎると「考えるスピードが遅い人」と判断される
  • 深く考えつかなかった場合は「今は十分に考えられていませんが、」などと前置きを置いて切り出す
佐々木
鋭く理論的な面接官は、ムダ話やプライベートの雑談などを嫌う傾向もあるので、

目的のある会話をするようにしましょう!

面接パターン|圧迫型

理論的な話を好むため、曖昧な答え方をすると「それはなぜ?」「もう少し具体的に」と質問を重ねてきます。

そのため、優しく温和な性格の人や鋭い受け答えや理論的な説明に慣れていない人にとっては、

圧迫面接に感じるケースもあるでしょう。

しかし、多くの面接官は単純に聞きたいことを聞いているだけで、圧迫面接でストレス耐性を見ようとしている訳ではありません。

そういうタイプの面接官であると割り切り、落ち着いて自分の言葉で説明すれば問題ありません

落ち着いて、誠実に自分の言葉で説明するようにしましょう。

パターン2|明るく快活な面接官のパターン

明るく快活な面接官は、自分から積極的に話し、明るくおおらかでフレンドリーなタイプです!

面接の判断基準|「自社に合うか」判断

明るく快活な面接官の判断基準は「自社に合う人材かどうか」です!

そのため、面接官自身が会話自体を楽しみ、積極的に自分の話をしてきます。

面接中も雑談やプライベートを含めた会話が多く、自分の話を丁寧に聞いてくれる姿勢を好みます。

面接官が「自分の話をしたい」と思っているため、応募者の話が長すぎたり面接官の話に割り込んでしまうと…

評価が下がる可能性があります。

明るく快活な面接官と自分の意見が異なった場合は、次のように対処しましょう!

意見が異なった場合の対策方法

このタイプの面接官は、自分と違う意見の応募者を嫌う雰囲気があります。

そのため、否定的な意見を「自社に合わない応募者だ」と捉えることが多いです。

◎対策方法

否定から入ったり自分の意見だけを主張せず、相手の話に共感したうえで自分の意見を伝えると好印象を持ってもらいやすいです!

面接パターン|雑談型

会話自体を楽しんでいるので、仕事の話に留まらず、ムダ話やプライベートの話が多くなることもあります。

場合によっては、「本当に面接中なの?」と感じるぐらい和気藹々とした雰囲気になることも

純粋に話好きの面接者もいますが、このような雑談型の面接では「応募者の素」を見ていることが多いです。

面接官と話すうちにフランクになってしまい、ついマイナスに受け取れる本音や砕けた話し方になってしまうことがあります。

面接で失敗しないためには、どんなに雑談が続いても面接の場であることを意識し続けることが大切です。


佐々木
ここまで、転職の最終面接のよくある2パターンについてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

各タイプのまとめ

◎鋭く理論的な面接官

  • 端的に素早く分かりやすい話し方を心がける
  • 単純に聞きたいことを聞いているだけなので、落ち着いて話すことが大切
  • どうしても困ったら、慌てずに時間をもらう

◎明るく快活な面接官

  • 雑談であれ相手が話すことには耳を傾けて聞く
  • フランクになりすぎず「面接の場」であることを意識する
  • 面接官と異なった意見の時は、共感した上で意見を伝える
ゆり
ありがとうございます!

面接では、このような2つのパターンがあるんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

どちらの場合も、面接官のタイプに圧倒されないように、自分の気持ちを強く持って臨みましょう!

次に、最終面接だからこそ聞かれる質問のまとめを紹介します!

最終面接だからこそ聞かれる質問まとめ

佐々木
最終面接では、次の2つの質問が大切になります!

転職を成功させるためにも、しっかり答えられるように対策しておきましょう!

1つずつ説明していきます!

質問1|前職の退職理由について

前職の退職理由は1・2次面接でも聞かれる質問ですが、最終面では「応募者の覚悟」を確認するために質問されます。

具体的には、「本当に辞める必要があるのか」「辞めてまで実現したいことがあるのか」という質問をされるでしょう!

1・2次面接での回答を大きく変更する必要はありませんが、より面接官を説得させられるように、事前にしっかり準備をしておきましょう!

質問2|応募先を選んだ理由について

応募先を選んだ理由についても、最終面では「応募者の覚悟」を確認するために質問されます。

具体的には、「数ある企業の中で、なぜ他社ではなく自社なのか?」という質問をすることで、

応募者が本気で転職を考えているかを判断します。

現実として、中途採用を行っている企業全てと比較することは不可能なので、

「私が調べた中では」と前置きをしながら、その企業を選んだ理由や志望動機を伝えましょう。


佐々木
ここまで、最終面接だからこそ聞かれる質問についてお伝えしました!
ゆり
最終面接では、応募者の覚悟を確認することが重要視されるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

最終面接では、すぐに辞めたりしない人であり、やる気があって即戦力になるかを最終判断されます。

その上で、転職への覚悟は重要視されています!

次に、最終面接で投げかけるべき逆質問についてお伝えします!

転職成功率アップ!最終面接で投げかけるべき逆質問

佐々木

面接の場では、担当者や各面接の段階によって、適切な内容の逆質問をするようにしましょう!

相応しくない質問をすると、せっかくの面接が台無しになり、

マイナスな印象になることがあるので注意してください。

質問内容に関しては、次の例を参考にして逆質問をいくつか用意しておきましょう。

面接の逆質問の例

※タップすると大きくなります

最終面接では、経営視点を意識した質問を心がけると良いですよ!

次に、最終面接後に合否が出るまでの注意点を紹介します!

最終面接後に合否が出るまでの注意点

佐々木
最終面接が終わっても、内定が出るまでは気を抜いてはいけません!

次の二つの注意点を確認し、最後に後悔しないようにしましょう!

それでは、1つずつ見ていきましょう!

注意点1|最終面接の場で採用されても承諾はしない

最終面接ではその場で採用されるケースがありますが、その場では承諾しないようにしましょう!

なぜなら、面接時は緊張しているため冷静な判断が出来ないうえに、一度内定を承諾すると給与交渉などが難しくなるからです。

内定を承諾してしまうと、給与や労働条件を交渉出来る場面がほとんどありません

給与などにこだわりが無い人でも、後々の不安にならないように、冷静な状態で判断してから内定を承諾するようにしましょう!

注意点2|期日を過ぎても合否連絡がなければすぐに連絡すべき

合否の連絡日が決められているにも関わらず、合否の連絡が期日を過ぎている場合は、すぐに連絡することをおすすめします。

なぜなら、採用担当者の連絡が行き違いになっていることがあるからです。

「期日を過ぎたけどいつまで待てばいいんだろう?」「連絡してもいいのかな?」と悩む人も多いと思います。

この時、採用担当者側は「応募者からの折り返しが無い」と思い、最悪「応募者から連絡無かった」と、別の応募者に内定を出しています。

このように、内定のチャンスを逃さないためにも、期日を過ぎたらすぐに連絡するようにしましょう!


佐々木
ここまで、最終面接後に合否が出るまでの注意点をお伝えしました!
ゆり
内定については、この2つに気を付けると良いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

せっかくの内定や転職で公開することの無いように、確認と冷静な判断を心がけましょう!

次に、最終面接で落ちてしまう人の特徴をお伝えします!

あなたは大丈夫?最終面接で落ちてしまう人の特徴3選

佐々木
最終面接で落ちてしまう人には特徴があります!

ここでは3つの特徴を紹介するので、確認して適切な対応が出来るように準備しておきましょう!

最終面接で落ちてしまう人の特徴
  1. 企業との価値観が合わない人
  2. 転職したい気持ちが伝わってこない人
  3. 一次・二次面接で話した内容との一貫性がない人

1つずつ詳しく見ていきましょう!

特徴1|企業との価値観が合わない人

企業との価値観が合わない人は、最終面接で落とされる可能性が高いです。

そのため、最終面接では社長や企業との相性を重点的に見られるケースが多く、会社の考えに合うか合わないかを判断されます。

質問される内容も、知識や能力ではなく労働観や人生観などが多くなるでしょう。

自分は任された仕事だけを行いたいのに、会社側は新しいアイディアを出してほしい場合は、その企業と相性が良くない可能性があります。

佐々木
最終面接では、小さなズレが合否に影響することがあるので、

本命の場合はしっかり準備をして面接に臨みましょう!

特徴2|転職したい気持ちが伝わってこない人

「当社が第一志望ですか?」と質問された場合は、思っていることを正直に伝えましょう!

なぜなら、第一志望でない企業に「御社が第一志望です」と言っても、心がこもっていない発言は見破られるからです。

本当に第一志望の場合は問題ありませんが、仮にそうではない場合は本心を伝えて良い関係を築けるようにしましょう!

佐々木
ネックになっていることがあるならば、正直に伝えて企業側の意見や思いを聞いてみましょう!

特徴3|一次・二次面接で話した内容との一貫性がない人

一次・二次面接で話した内容と、最終面接で話した内容に一貫性が無い人は「信用出来ない」と受け取られます。

なぜなら、面接内容は面接官同士で共有されているので、自分が初めてあった面接官でも一貫性があるか確認できるからです。

今までの内容と食い違う話をした結果、不採用となる場合も多いです。

そのため、選考段階が変わっても自己PRや志望動機を変える必要はありません!

一貫性を保てるように気をつけながら、より深い話ができるように自己分析や気持ちの整理を行うのが良いでしょう!


佐々木
ここまで、最終面接で落ちてしまう人の特徴についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

最終面接で落ちてしまう人の特徴
  1. 企業との価値観が合わない人
  2. 転職したい気持ちが伝わってこない人
  3. 一次・二次面接で話した内容との一貫性がない人
ゆり
最終面接で落ちる人には、このような特徴があるんですね…!
佐々木
そうなんです!

面接官は、誠実で本心を見せてくれる人を採用する傾向があります!

嘘はつかず、伝えた方や内容を考えたうえで正直に話をするようにしましょう!

次に、最終面接で落ちないための対策の一つとして、転職エージェントを紹介します!

最終面接で落ちるのが不安なら転職エージェントに相談するべき

佐々木

最終面接に関して不安に感じているのであれば、転職エージェントに相談してみるのもありです。

転職エージェントに相談すれば、最終面接ならではのポイントはもちろん、

各業界の情報を詳しく教えてくれるので、最適な面接対策を行えます!

おすすめの転職エージェント

◎転職する全員におすすめ

◎20代の転職者におすすめ

◎ハイクラス転職を狙う人におすすめ

ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

でもたくさんあって迷いますね…。

佐々木
転職エージェントを選ぶ際は、より参考になるアドバイスを聞くためにも、

1社だけでなく複数社に登録し、何名かのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします!

なぜなら、複数登録をすることにより、優秀で相性の良い担当者と出会いやすくなり、より良い求人案件を見つけられるからです!

転職では相性の良いキャリアアドバイザーと出会えるかどうかで、転職成功率も変わってくるので複数登録をして自分に合う人を見つけましょう!

迷ったら登録すべき2社

転職エージェントや、面接対策について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、転職の最終面接に関するよくある質問について紹介します!

【Q&A】転職の最終面接に関するよくある質問

佐々木
最後に、転職の最終面接に関するよくある質問にお答えします!

質問1|一次面接と二次面接と同じ質問されたらどう答えるべき?

一次面接と二次面接と同じ質問されても、回答を大きく変える必要はありません。

なぜなら、これまでの面接の回答内容が評価された結果、最終面接に至っているからです。

同じ内容を話していることに不安を感じる人もいますが、最終面接の面接官はこれまでの回答を聞いているわけではありません。

そのため、省略せずにきちんと回答することが大切です。

また、これまでの面接を振り返って興味や関心を持たれたポイントを、自分の言葉で伝えられるようにすると良いでしょう!

佐々木
最終面接では、これまでの面接よりも深いところまで質問をされることがあります。

そのため、最終面接までに自己分析や業界の知識を深め、より深い回答をできるように準備しましょう!

質問2|給与や待遇の不明点は最終面接で聞いても良いの?

面接官から年収や待遇の質問や説明が無い場合は、自分から質問はせず、内定後の条件提示で交渉すると良いでしょう!

なぜなら、面接中は緊張で冷静な判断がしづらい上に、低い金額を伝えてしまうと内定後に交渉するのが難しくなるからです。

もし面接官からこれらの質問をされた場合は、嘘をつかず正直な気持ちを伝えることが大切です!

佐々木
労働条件などは最終面接前に確認しておくことが大切です!

出来る限り、最終面接前に疑問点を解消しておきましょう!


佐々木
最後に小さなミスをしないように、これらのポイントをよく確認しておきましょう!

転職を成功させるために最終面接の対策はしっかり行うべき!

佐々木
今回は、転職時の最終面接に関して疑問を持っている方に向けて、

最終面接で評価されているポイント最終面接で落ちてしまう人の特徴などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 最終面接では、熱意・企業との相性・転職への覚悟が評価される
  • 面接には圧迫型と雑談型があり、どちらの場合も冷静な対応が大切
  • 少しでも不安がある場合は転職エージェントの利用がおすすめ!
ゆり

ありがとうございます!

転職時の最終面接に関する疑問が解消できました!

佐々木

よかったです!

対策を行い、落ち着いて最終面接に臨めることを祈っています!