転職エージェントおすすめランキング13選

転職先が決まらない人の失敗理由19選|優良企業の内定を勝ち取る全知識

転職が決まらない人への成功方法を解説

この記事でお伝えすること
  • 転職先が決まるまでの期間の目安
  • 転職先が決まらない人の失敗理由19選とその対策法
  • 転職先が決まらなかった人が転職できた事例
  • 内定がでない人が成功するための考え方
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『転職活動してるけど、なかなか転職先が決まらず悩んでいる…』

『早く転職したいけど面接で受からない…なんでこんなにもダメなの?…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

私も転職活動をしているんですが、なかなか転職先が決まりません…

もう20代後半だし、ダラダラ悩んでいる時間もない気がして焦ってます…

佐々木

転職したいって気持ちがあっても、なかなか転職先が決まらなければ焦りますよね…

ただ焦って転職活動を進めると、転職に失敗してしまう可能性もあるので要注意です。

そこで今回は、主に下記の点をお伝えしていきます。

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

11ヶ月連続!人気1位
20代~30代の転職実績が豊富!転職者のおよそ7割が年収UPに成功しています

年収600万円以上のハイクラス転職に強い!キャリアアップを目指す30代の方に人気です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職の目安は3ヶ月から半年。しかし、決まらない人も多い…。

佐々木

まず知っておいてほしいことは、誰もがスムーズに転職先を決めているわけではありません。

基本的に、3ヶ月から半年ほどで転職先を決めている人が多いです。

実際、転職サイト「エン・ジャパン」が転職活動にかかった期間について調査を行ったところ、下記のような結果が出ています。

上記のように、3ヶ月程度と半年程度が最も大きな割合を占めています。

全年代で考えると、約7割の人は半年以内で転職しているという結果になりました。

この結果からも分かる通り、3ヶ月から半年ほどが転職先を見つける目安と言っていいでしょう。

佐々木
もし半年以上転職先が決まっていない人がいれば、転職活動に何かしらの問題があると考えていいでしょう。

内定が出ないで苦労している人は多い

なかなか転職先が決まらず、焦っている人もたくさんいると思います。

しかし、転職活動を始めてあっさり転職先が決まる人はほんの一部の人です。

多くの人は苦労しながら転職活動を行っています。

佐々木
実際、転職成功者に話を聞いたところ、転職先が決まるまで数多くの企業に応募していることが分かりました。

応募した企業数が、1〜4社というのが59%で最も多くなりました。

一方で、10社以上に応募した人も25%います。

調査結果をまとめると、応募企業数の平均は7.5社。また別の調査で面接した企業は平均3.4社。内定が出たのは一人あたり平均1.4社となっています。

そのため、2社に内定をもらいたいなら平均応募数の倍にあたる15社、3社の内定を目指すなら23社程度の企業に応募する必要があります。

佐々木

1社、2社面接に落ちたからといってくじける必要はありません。

誰しもが転職先を決めるまで、たくさんの企業に応募して何度も面接を受けているんです。

退職してからの転職活動の目安は3ヶ月

佐々木
今の会社を退職してから転職活動をするなら、転職活動の期間は3ヶ月を目安にしましょう。

退職するとすべての時間を転職活動の充てることができます。

そのため、時間や予定に余裕があるので、積極的に活動すれば短期間で転職先を決めることが可能です。

転職活動は、求人情報を見たり、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策など、やるべきことがたくさんあります。

また、自己分析や企業研究も行えば、1ヶ月以上の時間がかかると考えられるでしょう。

ただやることがたくさんあっても、退職していれば時間に余裕があるので、効率よく転職活動を進められます。

よって3ヶ月を目安にして、転職活動を行うのがいいでしょう。

佐々木
余裕を持って転職先を探したいなら、現職を退職してから転職活動を行いましょう。

在職中の転職活動の目安は半年

佐々木
いきなり今の会社を辞めるのは不安。という方は在職中に転職活動を行うことをおすすめします。

在職しながら転職活動を行えば、良い転職先が最悪見つからなくても、今の会社に残れるので安心です。

ただ、基本的に仕事の時間以外で転職活動を進めるので、時間がかかってしまうことは当然です。

有給を使えたり、会社を途中で抜け出せるならいいですが、基本的には半年くらい時間がかかると思っておいてください。

仕事が終わった後の時間や土日が転職活動の時間になるので、いかに効率良くスケジュールを組めるかで、転職活動に要する時間も変わってくるでしょう。

佐々木

いきなり会社を辞めると、転職先が決まるまで収入がなくなるので、

在職中に転職活動を進めるのも賢い選択です。

長期化すると転職難易度は上がります

佐々木
転職活動が長期化すると、転職の難易度が上がるということも知っておきましょう。

転職活動が長期化すれば、その分働いていないブランク期間が生まれます。

ブランク期間が長ければ、転職で不利になるという問題が実際にあり、企業側も「1年転職先が決まっていないということは、何か問題があるのでは?」と警戒します。

面接をして特に問題ないと判断されても、他社で落とされ続けている人を見ると「面接では気づかなかった問題があるかも」と不安になるものです…

企業の採用担当者は、いい人材を採用しなければ評価が下がります。

なので、リスクを避けるためにも転職活動が長期化している人は、少しでも不安要素があれば不採用になりがちなのです…

佐々木
転職活動が長期化すると、自分のスキルや経歴ではなく、イメージだけで不採用になることもあります…

それでは損なので、転職活動は計画的に行いましょう。

確実に内定を勝ち取る方法は、プロと共に転職活動を進めること

佐々木
なかなか転職先が決まらない人が、確実に内定を勝ち取る方法は、やはりプロと共に転職活動を進めることです。

一人で黙々と転職活動を進めると、偏った考え方や間違ったやり方に固執してしまい、転職活動に時間がかかりがちです。

なのでまずは第三者の意見を取り入れることが大事。
第三者の客観的な意見を取り入れることで、自分の視野を広げることが可能です。

そこでおすすめなのは、「転職エージェント」を活用すること。

転職エージェントは、転職のプロであり、あなたに合ったサポートを行ってくれるので、転職に関するあらゆる悩みを解決することが可能です。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら効率よく就職活動ができそう!

佐々木

仰る通りです!実際、転職を成功させている人の多くは転職エージェントを利用しています。

まずは登録して転職の相談をしてみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

半年以上、転職先が決まらない人に共通する失敗理由19選と対策法

佐々木

次に半年以上転職先が決まらない人に共通する失敗理由をお伝えしていきます。

対策法も書いていくので、参考にしてください。

転職準備が理由で転職が決まらない5つの例

佐々木
まずは転職準備が理由で転職が決まらない人の例と対策法です。

受け身の姿勢で転職活動をしている

しっかりと自分の意思を持って転職活動を進めることは重要です。

たとえ転職エージェントに登録しても、紹介された求人の面接を受けるだけでなく、なぜその企業に応募するのかを考えてみましょう。

いくら企業側が人を求めているといっても、誰でも採用すればいいわけではありません。

採用担当者に熱意が伝わるように、明確な志望動機や転職理由を準備しておきましょう。

自己分析が足りない

自己分析は、転職活動をするならしっかり時間を使って行うべきことです。

まず、自分自身で何を成し遂げたいのか、そしてどんな強みを活かして転職先に貢献できるのかを考えられないと、転職先は決まりにくいです。

自分のことを理解できていなければ、面接の受け答えも曖昧になってしまい、採用担当者に自分の魅力を伝えることができません。

能力や経験を表す具体的なエピソード、根拠を持った志望動機を語れるように、これまでのキャリアを振り返って、自己分析を行いましょう。

自分の市場価値を理解できていない

自己分析と少し似ていますが、「年収いくらほしい」「どの役職に就きたい」など、自分の実力以上の目標を持って、求人を絞ると転職先は決まりにくいです。

特に、転職前に高い評価を得ていたり、実力以上の給与をもらっていた人は、自分の市場価値を理解していないと、躓きやすくなります…

いくらこれまでのキャリアに自信があっても、自分を客観的に評価し、謙虚な姿勢で転職活動を進めることが大事です。

ポジティブな転職理由を考えられていない

自己分析を行った結果などを面接で話すときに、ネガティブな発言をしてしまうと一気に、不採用の可能性が高まります。

特に気をつけるべきことは、転職理由です。転職理由をネガティブな内容で伝えてしまうと、かなりのマイナスポイントです。

例えば、営業をやっていた人なら「営業ノルマがきつかったから転職したい」などはネガティブな内容です。

「チームで成果を上げる環境の方が、自分は活躍できるから転職を希望している」など、なるべくポジティブな考えを伝えられる準備をしておきましょう。

焦りで精神的な余裕が足りない

転職活動を行う上で、焦ることは禁物です。

「早く転職先を見つけないと」と焦って精神的な余裕がなければ、視野が狭くなり、本当にいい求人情報を見つけることはできません…

転職は自分の仕事を決めることなので、人生において大きな分岐点になるポイントです。

何も考えずに行動するのではなく、たっぷり時間を使うことはもちろん、精神的に余裕を持って転職活動が始められる準備をしましょう。

佐々木
転職活動は準備も大切です!焦って始めるのではなく、まずは落ち着いて、転職活動の準備をしましょう。

求人応募の方法が理由で転職が決まらない3つの例

佐々木
次は、求人応募の方法が理由で転職が決まらない人の例と対策法です。

応募する求人数が少ない

まずは、求人に応募しないと転職活動は始まりませんが、応募数が少なければななかな転職先は決まりません。

未経験の業界や30代を過ぎている人など、100社に応募して、1社も面接にたどり着かないケースも実際にあります。

そのため、確実に内定をもらうためには、とにかく多くの求人に応募して面接までたどり着くことが重要。

内定がもらえず悩んでいる人は、まず週20件の求人に応募することを目標に頑張ってみてください。

自分に適した企業に応募していない

応募はたくさんしているが、内定が出ないという人は、自分に合った求人に応募できていないケースもあります…

企業が求めるスキルや経験、年齢や人柄などでミスマッチが起きていれば、採用されることは難しいでしょう。

先ほどお伝えした自己分析も含め、企業がどんな人を求めていて、自分がどんな活躍ができるかを把握しておく必要があります。

とにかくたくさんの求人に応募する数も重要ですが、確実に内定を取るためには、現実性のある求人を探すことも大切です。

自分の力だけで転職しようとしている

自己流の転職活動で、自分が見つけた企業にただただ応募していても、転職はうまくいきません。

当然ですが、転職のプロである転職エージェントを活用すれば、転職活動が成功する確率がグッと高まります。

数ある求人の中から、これまでの経験をもとにあなたに合った求人を紹介してくれるので、企業とのミスマッチを防ぐことができるでしょう。

一人で転職活動を行い順調に進んでいないのであれば、まずは転職エージェントに登録して相談してみましょう。

おすすめの転職エージェント
佐々木

自分に合った求人を見つけることは、簡単なことではありません。

特に初めて転職する人や慣れていない人は、失敗を防ぐためにも転職エージェントを活用しましょう。

選考書類が理由で転職が決まらない4つの例

佐々木
それでは次に、選考書類が理由で転職が決まらない人の例と対策法です。

履歴書を使いまわしている

履歴書や職務経歴書は、書類選考や面接を受けるたびに新しいものを用意しなくてはいけません。

応募回数が多くなれば、同じことを書いていてもついつい手抜きになりがちです…

また、志望動機は使い回そうと思えば出来ますが、それでは無難な内容になってしまいます。

選考書類を使いまわしすれば、採用担当者に「絶対にこの企業で働きたい!」という気持ちを伝えることが難しく、書類選考で落選する可能性が高くなります。

書類選考や面接が決まれば、必ず1社1社履歴書や職務経歴書をしっかり書きましょう。

企業に合った自己PRが書けていない

自己PRが企業のニーズとマッチしていなければ、書類選考を通過するのは難しいですし、面接でも落とされがちです。

例えば、事務職の求人に「前職の営業で鍛えたフットワークの軽さが長所です」とアピールしても、採用担当者の心に響くことはまずありません。

自己PRを書く上で、次のことを考えてみましょう。

自己PRで書くべきこと
  • 前職やこれまで働いた会社での仕事内容
  • 仕事で出してきた結果や成果
  • 仕事で得た強み
  • 転職先に自分が貢献できること

これらをベースに自己PRを作成してみましょう。

志望動機が弱い

自己PR同様で、志望動機も的外れであったり、熱意が伝わらないと採用される可能性は低くなります。

経験豊富な採用担当者は、志望動機を見ればすぐに使い回しということが分かるのです、必ず選考を受ける企業に合わせて志望動機を作成しましょう。

志望動機は、転職先のホームページなどをチェックした上で、次のようなことをまとめることをおすすめします。

志望動機で書くべきこと
  • 選考を受ける企業に惹かれている理由
  • 事業内容や募集しているポジションに惹かれている理由
  • 企業全体、事業、ポジションに自分が貢献できる根拠

何気なく志望動機を書いていた人は、上記のことを踏まえて志望動機を作成してみましょう。

職務経歴書がわかりにくい

選考書類は、採用担当者への気づかいとして、まず読みやすいものを提出することは当然ながら重要です。

手書きで字が汚い場合ことはもちろん、最近はパソコンで選考書類を作成することも多いですが、読みにくい文章はマイナスポイントです。

特に職務経歴書は、履歴書と違って書くべき内容が決まっていないので、下記のことに注意して作成しましょう。

職務経歴書の注意点
  • 一つの仕事について書く文字数は300文字まで
  • 表現は平易かつ具体的にまとめる
  • 「〜だが」「しかし〜」といった逆説の接続詞を多用しない
  • ですます調で統一する

上記のことに気をつけて、選考書類は丁寧かつ読みやすいものを作成しましょう。

佐々木

書類選考が通過できなければ、その先の面接に進むことはできません。

書類選考で苦戦している人は、上記のようなことに意識してみましょう。

面接が理由で転職が決まらない例

佐々木
次は、面接が理由で転職が決まらない人の例と対策法です。

基本のマナーができていない

次のようなマナーが出来ていないと、採用担当者にマイナスの印象を与えることになります。

面接のマナー

会場到着時のマナー

  • 集合時間の15分前には会場に到着する
  • 受付は面接開始の5分前には済ませる
  • 携帯電話の電源は必ずOFFにしておく
  • 面接会場に入る前にコートなど上着を脱いでおく

受付でのマナー

  • 受付での挨拶ははっきりと行う

控え室でのマナー

  • 必ず下座に座って待つ
  • 対応して頂く社員には礼儀正しく接する

面接会場入室時のマナー

  • ノックを3回する
  • 失礼しますと答えてから入室する
  • ドアは両手で閉める

面接前の挨拶のマナー

  • ドアの前ではっきりと挨拶する
  • 挨拶した後に一礼する

着席時のマナー

  • 椅子の前に立ち、再度一礼する
  • 「座ってください」と言われてから着席する
  • 鞄は足元に、コートは背もたれにかける

面接中のマナー

  • 面接の機会を頂けたことへのお礼の伝える
  • 面接官の目を見てハキハキと受け答えする
  • 面接官からの話があればメモを取る

退席時のマナー

  • 再度、面接の機会を頂けたことへのお礼の伝える
  • お礼とともに志望の意思を再度伝える
  • 立ち上がって、挨拶と一礼をする
  • 会場から出る前に再度一礼をする
  • コートはすぐに着ない

面接終了後のマナー

  • 必ず当日中にお礼のメールを送る
※タップで表示

細かい部分もありますが、採用担当者はあなたの何気ない仕草もチェックしています。

もし、出来ていない箇所があった人は、次の面接からチェックポイントを意識して臨みましょう。

身なりに気を抜いている

「スーツを着ていればとりあえずOK」と考えていてはいけません。

身なりに気を抜いており、清潔感のない容姿では面接で不採用になる可能性が高くなります。

スーツ、シャツ、ネクタイ、靴など、面接を受ける前にはクリーニングに出したり、磨いておくことをおすすめします。

決して見た目だけで判断されるわけではありませんが、清潔感のない人とは一緒に働きたいとは思いません。

男性は、髭の剃り忘れがないように気をつけてください。

自信の無さが出てしまっている

何度も面接に落ち、転職先がなかなか決まらない人にありがちですが、自信の無さも採用担当者に伝わっているので要注意です。

面接は、企業に自分を売り込みいい機会なので、多少無理してでも自信満々に振る舞うことをおすすめします。

少しでも自信をつけるためには、これまでやってきたことを整理して、思い返してみるのがいいでしょう。

自分のキャリアの中で成功体験や強みが発揮できた場面を思い出し、「自分にも輝ける場所がある!」と胸を張って面接に臨みましょう。

面接対策・実践練習が不足している

面接で想定される質問に対する受け答えがしっかり出来なければ、同じ求人の応募しているライバルに差をつけられてしまいます。

面接は、何気なく受けるのではなく対策や準備を繰り返し行い、自信を持って受けなければ、通過できる可能性は大きく下がります。

転職エージェントでは、あなたに合った面接対策を実施してくれるので、面接で何度も落ちている人は活用しましょう。

大切なのは、自分のことをきちんと語れること。不安な人は、何度も練習し、スラスラと受け答えができるように準備しておきましょう。

企業のニーズに合った受け答えができていない

企業のニーズに合った受け答えができないのも、面接に対する準備不足です。

例えば、技術職と営業職の求人では回答内容が大きく変わります。

受け答えの例
  • 技術職の場合

「技術者としてスキルを磨き、将来はAI技術を活用したシステムを作りたい」

  • 営業職の場合

「営業職として毎月目標を達成し、1年後にはマネージャーとしてチームをまとめたい」

といったように、企業側が求めるニーズに沿った受け答えをしなくてはなりません。

これまでのキャリアは学歴が優秀であっても、企業が必要としている資格や人間性を持っていないと内定は出ません。

正しい受け答えができる人に対しては、業界研究や自己分析がしっかり行えているという評価を企業側は下すでしょう。

失敗の振り返りができていない

「また面接に落ちた…」と結果だけを見ていると、何度も同じ失敗を繰り返してしまいます。

「なぜ落ちたのか」をしっかり考えることが重要で、失敗は他社の選考に活用しなければなりません。

面接で落ちた場合は「あの質問はこう答えるべきだった」など、必ず振り返りを行いましょう。

実際に面接での失敗を自分なりに書き出してみると、同じ失敗を繰り返さないようになるでしょう。

主体性を持って仕事ができる印象がない

例え人並みに仕事ができたとしても、ただルーティンワークをこなしていた人は評価されません。

どのような行動を行い、それが結果に結びついたのかを話さなければ、主体性のない人だと判断されるでしょう。

主体性を持って仕事ができる印象を与えるには、これまでのキャリアを振り返って、業務上で工夫したことなどを話せる準備をしておきましょう。

佐々木

面接に通過しなければ、転職先で働くことはできません。

なんとなく受けるのではなく、しっかり準備と対策を練っておきましょう。

転職面接に受からない人・内定が出ない人はプロに任せるべき

佐々木
転職先が決まらず悩んでいる人は、ひとまず転職エージェントに登録すべきです。

実際に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用してプロと一緒に転職活動を行っています。

転職エージェントのサポート内容を再度お伝えすると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる

上記のようなものがあり、転職のプロとしてあなたに合ったサポートを行ってくれます。

もしあなたが転職活動で失敗しそうなときも、事前に原因を伝えてくれるので、失敗を未然に防ぐことができます。

ゆり
確かに一人で転職活動するよりも、プロを頼った方が安心できますね!
佐々木

仰るとおりです!

転職エージェントを利用すれば、これまでの経験から転職ノウハウを伝えてくれることはもちろん、

面接対策なども行ってくれるので、効率的に転職活動を進めることができますよ!

何よりも危険なことは、転職活動が長期化して、焦って転職先を決めてしまい、転職を繰り返す結果になってしまうことです…

確実にあなたにとって最適な転職先を見つけられるように、多くの人が活用している転職エージェントを使い、転職を成功させましょう。

転職先を決めるために活用すべきおすすめの転職エージェント

ゆり
実際、どの転職エージェントがおすすめなんですか?
佐々木
私がおすすめする転職エージェントは下記の3社です。
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『DYM就職』
    特徴:未経験OKの案件を数多く保有
    【公式】https://www.dshu.jp/

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2019年最新版】

ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木
なお、キャリアに自信のない人は、未経験でもOKの案件を数多く保有している『DYM就職』にも必ず登録すべきです。
佐々木

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、上記の3社に登録すれば転職の成功率がグッと高まるでしょう!

1年以上転職先が決まらなかった人が、ホワイト企業の正社員になった事例

佐々木
それでは実際に、1年以上転職先が決まらなかった人が、ホワイト企業の正社員になった事例を紹介します。

転職成功事例:Twitter・2ch

657名無しさん@引く手あまた (ワッチョイ 7b24-OS6/ [111.89.228.131])2018/10/13(土) 18:49:38.02ID:57roEAy30
気づけば約1年転職活動してたけど、なんとか転職先が決まった!
転職エージェントを使ったが、履歴書の添削とか助かった。
転職先では営業をやるが、面接に行った限り雰囲気もよく楽しく働けそう。
出典:2ch
730 :名無しさん@引く手あまた:2018/10/13(土) 18:55:01.50 ID:09mVul9Hq思っていたより転職に苦労してしまった…
転職を考え始めた頃から計算するとかれこれ1年半。なんとか1社内定をもらった。
最初の1年は自分なりに転職活動してたけどダメ。結局エージェントを使って成功。もっと早く登録すべきだった…
転職先の条件は、前職よりもいいし世間的に言うとホワイト企業だと思う。
何が言いたいかは、転職に成功したよってこと。
出典:2ch
佐々木
他にも下記のような転職成功事例があります!
31歳男性の口コミ

29歳から転職活動を始め、気づけば31歳…ようやく転職先が決まりました!

前職が嫌で転職したかったわけではなく、スキルアップが転職の目的だったので、
現職を続けながら、隙間時間でコツコツと転職先を探していました。

30歳になってから、早く転職先を決めないと求人数が少なくなる!と少し焦り、
転職エージェトに登録。3社登録していろんなカウンセラーと話をしました。
まあ結果的にはこれが吉と出ることに!

エージェントに登録してからは、転職活動がスムーズに進み、内定を3社からもらいました。
今は新しい会社で働いており、気づけば31歳の誕生日を迎えていましたが、転職先もいい会社ん青で、30代も楽しく過ごせそうです!

出典:Yahoo!知恵袋

28歳女性の口コミ

28歳で事務職をしている女です。
最近、一緒に働いている友人が転職の相談をしてきたので、私自身の転職を振り返ってみました。

今の仕事に転職したのは、約2年前の26歳のとき。

結果的に転職エージェントに登録していい求人を紹介してもらいましたが、
転職活動を行っていた期間は、約1年はありました。

転職の相談をしてきた友人は、簡単に転職先が決まると思っているようでしたが、
正直そんな甘くはないですよね…そもそも転職って自分の人生を決める大きなことですし…

実際に転職を経験した私が友人に伝えたのは、転職エージェントを使ったほうがいいよ。ってこと。
だって、私にあった求人を紹介してくれたことはもちろん、面接対策とか履歴書の添削とか本当に助かりましたもん!
とりあえず今はいい仕事に就けて私は幸せです。

出典:Yahoo!知恵袋

ゆり
時間がかかっても、これだけの人がいい転職先を見つけているんですね!
佐々木
そうですね!
正しい方法で転職活動を行えば、時間がかかっても確実にいい転職先に出会えるでしょう!

転職に受からない人・内定が出ない人へ、成功のための考え方

佐々木
最後に、転職先がなかなか決まらない人に向けて、成功するための考え方を3つお伝えしておきます。
成功するための考え方
  1. 転職すること自体を目標としない
  2. 息抜きしながら転職活動を行う
  3. 正社員としての採用にこだわらない

それぞれの考え方を確認していきましょう。

考え方1:転職すること自体を目標としない

転職する理由は、「収入を上げたい」「キャリアアップしたい」など様々ありますが、なかなか転職先が決まらなければ、「転職すること」を目標にしてしまいがちです。

「転職すること」が目標になれば、どこでもいいから早く転職したい!と焦り、失敗してしまうリスクが高まります…

また、現職を続けながら転職活動をしている人であれば、なかなか転職先が決まらないと、妥協して今の会社に残るという選択も視野に入れ始めるでしょう。

転職では絶対に、目的を見失ってはいけません。悩んでいる人は、今一度転職の目的を思い返してみましょう。

考え方2:息抜きしながら転職活動を行う

焦って心に余裕がない状況であれば、転職活動は乗り切ることができません。

そのため、転職活動の予定ばかりでスケジュールを埋めるのではなく、飲み会やイベントに参加するなど、適度な息抜きは大切です。

また、面接に行く会社周辺の情報を調べておき、面接後に美味しいランチを食べるなども一つの息抜きの方法です。

考え方3:正社員としての採用にこだわらない

もちろん、転職を考えている人の多くは正社員としての採用を目指していると思います。

しかし、考え方を変えて正社員にこだわらなければ、早く転職先が決まるかもしれません。

例えば「紹介予定派遣」という雇用形態は、派遣期間終了後に直接雇用を結ぶことを前提とした雇用であり、働きながら正社員を目指せます。

特に、現職を退職してから転職活動を行っている人は、金銭面でも余裕がない場合もあるでしょう。

正社員以外の働き方を視野に入れて、早めに仕事を見つけることをおすすめします。

佐々木
以上が、転職先がなかなか決まらない人が持つべき3つの考え方です。
成功するための考え方
  1. 転職すること自体を目標としない
  2. 息抜きしながら転職活動を行う
  3. 正社員としての採用にこだわらない
ゆり

転職することに必死になってしまうと、視野が狭くなりがちなので、

こういった考え方を持って柔軟に対応していくのが良さそうですね!

佐々木

そうですね!

転職活動に行き詰ってきたときは、客観的に自分を見て、柔軟に物事を考えることが大切です!

おわりに|転職先が決まらないなら、今すぐプロに相談してみよう

今回は、転職先が決まらないと悩んでいる方に向けて、確実に内定を勝ち取る方法や転職活動を効率よく進めるテクニック、転職成功事例などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 転職活動の期間の目安は3ヶ月から半年が理想
  • 転職先が決まらない人には共通の失敗理由がある
  • 転職先が決まらないなら転職エージェントを活用すべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 1年以上転職先が決まらない人でも成功している事例あり
  • 柔軟な考え方を持って転職活動を行うべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

なかなか転職先が決まらない人は、焦らず余裕を持って転職活動を行うためにエージェントに相談しましょう!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『DYM就職』
    特徴:未経験OKの案件を数多く保有
    【公式】https://www.dshu.jp/

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2019年最新版】

ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木
なお、キャリアに自信のない人は、未経験でもOKの案件を数多く保有している『DYM就職』にも必ず登録すべきです。
佐々木
あなたがなるべく早く転職先を見つけられるように願っています!