転職すると年収が下がる…?年齢別の体験談&後悔しない転職のポイント!

年収が下がる転職はすべき?年収ダウンの許容範囲&後悔しないポイント

「転職を考えているけど、年収を重視すべき?」

「年収が下がる転職は後悔する?」

年収が下がる転職と言うと少し聞こえが悪いですが、年収がダウンしても転職した方が良いケースも存在します。

この記事では、年収が下がっても転職すべきか判断するための方法をお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、年収が下がっても転職すべきかが分かり、迷うことなく行動できますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

転職で年収が100万円下がった…給与に満足していない人の体験談

佐々木

一般的に転職をすると年収が上がるイメージですが、

実際は転職して年収が下がってしまう人は多くいます。

中には、転職したことで年収が100万円下がった人も…

ゆり
年収が100万円も下がってしまう人がいるのですね…!
佐々木

転職理由は人それぞれなので、年収が下がってしまったからといって転職に失敗したとは言い切れません。

しかし、仮に人間関係の悪さの改善やスキルアップのために転職をしたとしても、

年収が下がってしまい結果的に不満を感じている転職者は多くいるんです。

ゆり
確かに、年収が下がると仕事に対してのモチベーションも下がってしまいますよね…
佐々木

はい、その通りです。

自分の中で許容範囲を定めておくことで、後悔のない転職をするようにしましょう!

次の章では、年収ダウンの許容範囲について詳しく説明します!

給与ダウンの許容範囲は?年収が下がる転職は失敗とは言えない

佐々木

この章では、給与ダウンの許容範囲について説明します!

給与ダウンの許容範囲を理解することで、後悔のない転職をすることができますよ!

先ほども説明した通り、転職して年収が下がることはよくあります。

転職前の企業の条件が良かった場合や、とりあえず早く転職したい人は細かい条件を確認せず転職先を決めた場合など、年収が下がる理由は様々です。

佐々木
ここで持っておくべき考え方は、年収が下がることは必ずしも転職の失敗ではないということです!
ゆり
年収が下がってるのに、失敗じゃないことがあるんですか?
佐々木

そうなんです!

一見失敗に感じますが、人間関係や仕事内容など、前職での悩みが解消されていれば転職は成功です!

働き続けば年収が上がることもありますし、以前よりも自分に合っている仕事ができている場合もあるでしょう。

実際に、次のような実例もありましたよ!

今の方が働きやすい!

3月に無事転職に成功しました!前の職場は人間関係の悪い環境だったので、今の環境では周りの人との関わり方を無駄に気にすることなく、のびのびと仕事ができています。

条件面は前職の方が良く年収も少し下がりましたが、それでも今の仕事の方が働きやすいですし、自分に合っていると思います。それなりに経験を積んでいけば年収も上がっていくので、今の仕事で結果を出していきます!

転職相談:28歳・男性・年収300万円台

やりがいを感じれている!

転職して年収ダウンしたけど、それよりもやりがいを感じれているので良かったです。生活に困るほど年収が下がったわけではないので、多少好きなこともやりながら、仕事を頑張りたいです。

転職相談:30歳・女性・年収300万円台

ゆり

年収が下がっても、転職に成功できたと感じている人がいるんですね!

佐々木

そうなんです!

「やりがい」や「人間関係」など年収以外にも転職で重視するポイントは存在するのです

そのため、一つでも悩みが解決すれば、転職は成功と考えても良いでしょう!

実際、年収が下がっても転職に失敗したと思わないためには、自分の中で年収ダウンの許容範囲を決めておくことが大切です。

年収がいくらあれば今の生活水準を保てるか、好きな仕事ができるならいくら年収が下がっても良いかなど…。

年収以外で求人に惹かれるポイントを踏まえ、年収ダウンの許容範囲を考えてみましょう!

佐々木

自分が今月にいくらお金を使っているか、またいくらあれば生活に支障ないかなど、

整理するために月間の収支を書き出してみましょう!

無駄な出費の分の年収を削ってでも、好きな仕事ができているなら、転職は成功と考えられますよ!

次の章では、年収下がる転職と年収が上がる転職の違いについて詳しく説明します!

年収が下がる転職と年収が上がる転職の違い

転職エージェントの佐々木
佐々木

この章では年収が下がる転職と年収が上がる転職の違いについて詳しく説明します!

今から説明するポイントを理解することで、自分の目的に合った転職がしやすくなるはずです。

まずは年収が下がるケースから見ていきましょう!

年収が上がる転職

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職して年収が上がるケースには、次の2つが考えられます!
年収が上がるケース
  1. 転職先の業績が良い
  2. 転職先のインセンティブが高い

転職先の業績が好調だと会社はその分を人件費にかけられるので転職時の年収が上がる傾向にあります。

また、インセンティブの報酬が高い企業に転職すると基本給にそこまで変化がなくても、自分の成果次第では年収をあげることが可能です!

年収が下がるケース

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職して年収が上がるケースには、次の2つが考えられます!
年収が下がるケース
  1. スキルや経験が少ない
  2. 大企業からの転職

スキルや経験が不足していると、どうしても転職時に年収が下がる可能性が増えます。

特に30~40代の転職は、20代のようにやる気やポテンシャルを評価してもらいにくくなるので、スキルや経験に見合った給料しかもらえない場合があります。

また、大企業から転職を考えている人も年収が下がりやすい傾向にあります。

なぜなら、大企業で働いている社員は市場価値に対して給料が払われると言うよりは、会社価値に対して給料が払われています。

転職は市場価値が高ければ高いほど年収が上がる傾向にあるので、大企業から転職をする人はどうしても年収を維持しにくくなります。


転職希望者のゆり
ゆり
年収が上がる転職と年収が下がる転職には、このような違いが合ったのですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい、その通りです!

しかし注意して欲しいのは、年収が下がる転職が必ずしも悪いと言うわけではありません。

そこで、次の章では年収が下がってでも転職した方が良いケースについて説明します!

年収が下がってでも転職した方が良い6つのパターン

佐々木

それでは、年収が下がってでも転職した方が良いパターンをお伝えします!

条件を見て迷っている人は、転職すべきかどうか参考にしてください!

具体的に、転職しても良いパターンは次の6つの場合です!

転職しても良いパターン
  1. 未経験の業界で活躍したい場合
  2. 企業の理念や方針に共感できる場合
  3. 本当にやりたい仕事ができる場合
  4. 評価制度が今より充実している場合
  5. 今後伸びることが予想されている業界の場合
  6. 教育制度が整っている企業の場合

それぞれのパターンについてお伝えします!

パターン1:未経験の業界で活躍したい場合

未経験の業界や職種とはいえ、この先長く仕事を続けていこうと思っているなら、年収が下がっても転職すべきです。

未経験の仕事であれば、何よりまずは経験を積むことが大切です。

最初は即戦力になることが難しいので、年収が下がる可能性は高いでしょう。

しかし、将来的に同じ業界で長く経験を積んでいくと考えているなら、転職時に年収が下がっても、

未経験から挑戦したのは必要な時間だったと言える可能性が高いです!

佐々木

未経験の業界に挑戦しても、今後同じ業界で転職する機会があれば、

経験者としてのキャリアが認められ、年収アップが期待できますよ!

パターン2:企業の理念や方針に共感できる場合

企業の理念や方針に共感できるなら、年収が下がっても転職すべきです。

理念や方針が自分に合っていれば、仕事をするモチベーションも大きく上がります。

また、社長の考えに共感できる部分も多くなってくるので、憧れの人の近くで仕事ができることは幸せなことです。

自分の理想の働き方を実現できる可能性が高いので、年収が下がってもやりがいは大きく上がるでしょう!

佐々木
モチベーションを高く保って仕事をしていれば、成果も出やすいので、すぐに年収アップできる可能性もありますよ!

パターン3:本当にやりたい仕事ができる場合

年収は仕事のモチベーションを保つ大きな要素ですが、やりたい仕事ができるかも非常に重要なことです。

特に、今の仕事が本当にやりたい仕事では無い人にとって、多少条件が悪くても、やりたい仕事ができる環境は興味があるでしょう。

たとえ年収が下がっても、やりたい仕事ができていれば、楽しく働けますし、日々の充実度も大きく変わってきます。

やりたい仕事についている人は、イキイキと仕事ができるので、仕事の成果も出やすいですよ!

佐々木
生活に支障をきたすほどの年収ダウンでなければ、やりたい仕事ができる環境に飛び込んでみるのも良いでしょう!

パターン4:評価制度が今より充実している場合

評価制度が充実していれば、一時的に年収が下がっても、成果次第ですぐに年収が上がる可能性があります。

今の会社よりも評価制度が充実しているなら、仕事の成果が目に見えるので、達成感を感じながら働けるでしょう。

具体的には、評価面談を年に数回行っているかどうかをチェックすべきです。

評価面談があれば、その都度成果をアピールできるので、仕事の頑張り次第ではすぐに年収が上がりますよ!

佐々木
しっかりと仕事の成果を認められると、すぐに下がった年収分を取り戻すことも可能です!

パターン5:今後伸びることが予想されている業界の場合

今後市場が伸びていくと予想されている業界なら、年収が上がっても転職する価値があります。

たとえ今は市場の規模が小さくても、早いうちから仕事に携わっていれば、数年でかなりの経験者になることができます。

具体的には、IT業界、人材派遣業界、観光業界、介護福祉業界などが伸びると予想されています。

今転職すれば、市場が大きく拡大した時に、経験者として多くの企業から高く評価される人材になれるかもしれませんよ!

佐々木
人手不足の企業も多いので、早い段階での昇進も考えられますよ!

パターン6:教育制度が整っている企業の場合

教育制度が整っている企業であれば、自分のスキルアップにもつながるので、年収が下がっても転職して良いでしょう。

受けられる研修の内容によっては、自分でお金を払って勉強するよりも、金銭的に得する内容の場合もあります。

また、会社の費用で研修を受けられるので、得た知識を還元しようと仕事にも自然と力が入るでしょう。

佐々木
たとえ今仕事の知識に自信がなくても、教育制度が整っている環境なら、安心して働けますよ!

佐々木
以上が、年収が下がってでも転職した方が良いパターンです!
転職しても良いパターン
  1. 未経験の業界で活躍したい場合
  2. 企業の理念や方針に共感できる場合
  3. 本当にやりたい仕事ができる場合
  4. 評価制度が今より充実している場合
  5. 今後伸びることが予想されている業界の場合
  6. 教育制度が整っている企業の場合
ゆり
これらのパターンに当てはまる場合は、年収が下がってでも転職すべきなんですね!
佐々木

そうですね!

年収をすぐに取り返せる可能性が高いですし、年収以上に大きく経験値を積めるパターンばかりですよ!

次の章では、転職で年収が下がって後悔しないためのポイントを紹介します!

転職で年収が下がって後悔しないためのポイント

佐々木

それでは次に、転職で年収が下がって後悔しないためのポイントをお伝えします!

後悔しないためにも、転職活動中には次の3つのポイントを意識すべきです!

後悔しないためのポイント
  1. 情報収集を怠らない
  2. 優先順位を明確にする
  3. 口コミサイトをチェックする

それぞれのポイントについてお伝えします!

ポイント1:情報収集を怠らない

転職活動では、絶対に情報収集を怠ってはいけません。

具体的には、次のことを徹底的に調べましょう。

徹底的に調べること
  1. 転職先の給与形態
  2. 転職先の業績
  3. 転職先と同じ業界全体の平均年収

この3つを徹底的に調べておけば、年収に関して後悔することが少なくなるでしょう。

企業の給与形態は、「前給保証」「年功」「成果ベース」に大きく分けられます。

前給保証と年功の場合はこれまでのキャリアや年齢が判断基準になり、成果ベースの場合は入社後の成績次第で年収が決まります。

また、業績によって年収が上がったり下がったりするので、業績が伸びているかもチェックすべきです。

加えて、業界全体の平均年収を調べておけば、提示された年収が妥当な金額かどうか判断できるでしょう。

佐々木
求人情報を見ただけでは分からない部分もあるので、内定を承諾する前に、自分でリサーチしてみましょう!

ポイント2:優先順位を明確にする

転職先を決める前に、自分の中で優先順位をハッキリと決めるべきです。

キャリア形成を優先させるのか、年収アップを優先されるのか、それともやりがいを優先するのかなど…

キャリア形成を優先するなら、年収が下がることは覚悟しておくべきです。

反対に年収アップにこだわるなら、キャリア形成が困難だったり、やりがいは感じられない可能性があります。

長期的なスパンで考えれば、様々なものを手に入れられるかもしれませんが、転職直後の一時的な優先度は決めておくべきです。

佐々木
何を優先して転職先を選ぶのかを考えれば、転職活動の方向性が決まりますよ!

ポイント3:口コミサイトをチェックする

転職すべきか迷った時は、口コミサイトもチェックすべきです!

口コミサイトを活用すれば、各企業の内部事情が分かるので、転職を決める前に必ずチェックしましょう。

求人情報だけでは分からない社内の雰囲気や上司の人間性、仕事の評価の仕方なども分かるでしょう。

佐々木
口コミサイトは、実際に働いたことのある社員の声をチェックできるので、よりリアルな情報を得られます!

具体的に、次の2つの口コミサイトがおすすめです!

おすすめ口コミサイト

どちらも日本最大級の口コミサイトで、100万件以上のリアルな口コミが集まっています!

佐々木
口コミサイトを上手に活用し、転職先の内部事情を確認してみましょう!

佐々木
以上が、転職で年収が下がって後悔しないためのポイントです!
後悔しないためのポイント
  1. 情報収集を怠らない
  2. 優先順位を明確にする
  3. 口コミサイトをチェックする
ゆり
これらのポイントを意識して、転職するかどうかの判断をすれば良いんですね!
佐々木

はい!

転職してから後悔しないためにも、自分で出来ることは徹底的にやるべきですよ!

次の章では、転職の失敗を防ぐために使うべきサービスについて説明します!

年収の下がる転職をしたくないなら、転職エージェントを使うべき

佐々木

それでは、転職の失敗を防ぐために使うべきサービスについてお伝えします!

結論からお伝えすると、転職する時は「転職エージェント」を使うべきです!

転職エージェントに登録すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

場合によっては、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在になってくれますよ!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
具体的には、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、年収が下がる転職を失敗したと感じてしまう心理を紹介します!

年収が下がる転職を失敗したと感じてしまう心理

佐々木

それでは、年収が下がる転職を失敗したと感じてしまう心理についてお伝えします!

転職の成功か失敗かの判断は、心理的な部分が大きく関係しているので理解しておきましょう。

失敗したと感じてしまう心理
  1. 年収を物差しに考える風潮があるから
  2. 転職先に対する興味関心が無さすぎたから
  3. 仕事以外で興味のあることがないから

それぞれの心理について説明します!

心理1:年収を物差しに考える風潮があるから

お金を物差しにして考える風潮は、今でも根強く残っています。

高収入=良い仕事と考える人は、実際は減ってきていますが、まだまだこの考え方を持っている人はいるでしょう。

本来、仕事はお金が全てではないですが、やはり収入が高い方が、生活の満足度も高くなってきます。

しかし、いくら高収入でも難しい仕事をたくさん任されたり、休みがなく働きづめでストレスを感じている人もたくさんいるでしょう。

佐々木
年収を物差しに考えるのではなく、収入がいくらであっても、自分の仕事に誇りを持って取り組むべきです!

心理2:転職先に対する興味関心が無さすぎたから

転職先に対する興味関心の無さも、年収が下がって転職に失敗したと感じる心理の一つです。

実際、好きな仕事ややりたい仕事があるから転職する人もいますが、世の中には「なんとなく」で転職する人もいます。

転職先に対して、ほとんど興味やこだわりを持たず応募し、内定が出たからとりあえず入社する人です。

興味関心が無ければ、生活に密に関わる年収に注目してしまい、「年収が下がるなら転職しなければ良かった」と後悔することがよくあります…。

佐々木

せっかく転職できたので、まずは一生懸命仕事に取り組むことが大切です!

全力で仕事と向き合えば、興味や関心を少しずつ感じられるかもしれませんよ。

心理3:仕事以外で興味のあることがないから

仕事以外で興味があることがない人も、年収が下がったことを失敗と感じてしまいがちです。

誰しもに、仕事以外のプライベートな時間があります。

休日はデートをしたり、友達と遊んだり、趣味を楽しむなど、様々なことでリフレッシュできますが、

仕事が好きで、プライベートの時間を大切にしていない人もいるでしょう。

常日頃から仕事のことばかりを考えているので、年収に注目する機会も多くなり、「もっと年収があれば良かったな」と感じてしまうのです。

佐々木
プライベートの時間の楽しみ方を見つければ、年収への注目度を減らせるので、ストレスが軽減できるでしょう!

佐々木
以上が、年収が下がる転職を失敗したと感じてしまう心理です!
失敗したと感じてしまう心理
  1. 年収を物差しに考える風潮があるから
  2. 転職先に対する興味関心が無さすぎたから
  3. 仕事以外で興味のあることがないから
ゆり
こういった心理があるからこそ、転職に失敗したと感じてしまうんですね。
佐々木

そうなんです。

考え方一つで、転職は成功にも失敗にもなります。

周りの人にどう思われるかではなく、自分の気持ちが大切ですよ!

次の章では、理想の転職を実現した人の事例を紹介します!

年収ダウン?アップ?理想の転職を実現した人の事例

佐々木

それでは最後に、理想の転職を実現した人の事例を見ていきましょう!

年収が下がった人もいれば、上がった人もいるので参考にしてください!

年収が下がったけど、理想の転職を実現した人の事例

佐々木
まずは、年収が下がったけど、理想の転職を実現した人の事例です!

年収が上がり、理想の転職を実現した人の事例

佐々木
次に、年収が上がり、理想の転職を実現した人の事例です!

佐々木
以上が、理想の転職を実現した人の事例です!
ゆり
年収が下がった人も、上がった人も理想の転職を実現しているんですね!
佐々木

そうですね!

たとえ年収が下がっても、他の部分がプラスになっていれば、転職に成功したと感じている人はたくさんいます!

プラスの要素を多く作るためにも、迷っているなら、転職のプロに相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

年収ダウンを防ぎたいなら、転職のプロに相談を!

佐々木

今回は、年収が下がっても転職すべきか悩んでいる方に向けて、

年収ダウンの許容範囲や年収が下がっても良いパターンをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 年収が下がることは必ずしも転職の失敗ではない
  • 年収以上に大きな経験値を積める転職のパターンもある
  • 失敗したくないなら、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!