転職の成功率は低い…?年代別データ&書類選考・面接を通過するコツ

転職の成功率は低い…?年代別データ&書類選考・面接を通過するコツ

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「転職の成功率ってどれくらいなの?」と疑問を持っている人に向けて、

『年代別の転職成功率』や、『転職成功率を上げるコツ』などをお伝えしていきます!

転職活動を行うなかで、転職の成功率に関して疑問を持つことがあるでしょう。

転職に成功したいというのは誰もが思うことですが、全員が成功できる訳ではありません。

そのため、少しでも転職の成功率を上げるために、正しい方法で転職活動を進めることは大切になってきます。

この記事を最後まで読めば、リアルな転職成功率が分かり、正しい対策ができるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 状況・場面ごとの転職成功率を知りたい
  • 転職成功率を上げる方法を教えてほしい
  • 転職に成功する人の特徴を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

転職活動の各ステップごとの通過率・成功率

佐々木

早速ですが、転職活動の各ステップごとの通過率や成功率をお伝えします!

場面ごとに成功率が異なっているので、しっかり確認しておきましょう!

中途採用の転職活動の流れ

佐々木

まずは、中途採用の転職活動の流れについてお伝えします!

具体的に、中途採用の転職活動は次のような進められます。

転職活動の流れ
  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. SPI・適性検査
  4. 最終面接

中途採用の転職活動は、基本的に上記の流れで行われます。

採用する部署の管理職(部長や課長)が書類選考と一次面接を担当し、

SPI・適性検査を通過した人のみ、役員が最終面接を行う企業が多くなっています。

企業によっては、一次面接とSPI・適性検査の順番が反対の場合もあるでしょう。

ゆり
一次面接は管理職が担当して、最終面接は役員が行うことが多いんですね!
佐々木

そうなんです!

一緒に働ける人材かどうかを現場の目で見極めるため

採用する部署の管理職が面接を担当することが多くなっているんです!

各ステップごとの通過率・成功率

佐々木
ここから、転職活動の各ステップごとの通過率・成功率をお伝えします!

一般的な目安ですが、各ステップごとの通過率・成功率は次の通りになっています!

ステップ通過率100人中の通過人数の目安
書類選考25%25人
一次面接25%6人
SPI・適性検査95%6人
最終面接95%6人

4つのステップのなかで、前半の書類選考と一次面接に通過するのは、非常に難しくなっています。

書類選考や一次面接では、多くの人が選考から落とされるので、前半のステップを通過できるかどうかが、転職成功の鍵を握りますよ!

佐々木
各ステップごとの通過率に関して、詳しく説明します!

書類選考と一次面接の通過率は低い

書類選考と一次面接は、どちらも通過率が25%と低くなっています。

書類選考の段階では、とりあえず応募している人もたくさんいるので、通過率は低くなります。

また一次面接も、数多くの転職者の中から、自社に合う人材をふるいにかける段階なので、まだまだ通過率は上がってきません。

佐々木
通過率が低い分、書類選考や一次面接に関する対策を徹底的に行うことが重要になってきます!

SPIと最終面接の通過率は高い

SPI・適性検査と最終面接は95%の通過率になっており、後半のステップはほとんどの人が通過できます。

一次面接まで通過できれば、ある程度企業が求めている人材に近いということが想定されるので、採用される可能性は高くなるでしょう。

実際、転職活動を始める段階で、SPI対策として書籍を購入し、勉強を行う人もいますが、最初の段階では一次面接に通過することが大切です。

佐々木
SPIや適性検査に関する対策は、一次面接に通過してからでも遅くないでしょう!
ゆり
通過するのが難しい書類選考と一次面接に力を入れて、対策を行っておくべきなんですね!
佐々木

そうなんです!

最初の段階を通過しないと転職活動が進まないので、

まずはしっかりと書類を書き上げ、何度も練習をしてから面接に臨むべきです!

次の章では、年代別の転職成功率をお伝えします!

【年代別】20代30代40代50代の転職活動の通過率・成功率

佐々木

それでは、年代別の転職活動の通過率・成功率をお伝えします!

自分の年代では、どのステップの難易度が高いかを把握して、適切な対策を打っていきましょう!

こちらも一般的な目安ですが、年代別の転職活動の通過率・成功率は次の通りになっています!

ステップ20代30代40・50代
書類選考30%20%15%
一次面接30%20%15%
SPI・適性検査95%95%95%
最終面接95%95%95%

どの年代も、書類選考と一次面接の通過率が低くなっています。

年代が上がるにつれて経験や実績が求められ、転職活動のハードルが高くなってくるので、その分、通過率が5%ずつ下がっています。

ただ、年代が上がってもSPIや最終面接の通過率は変わらないので、安心してください。

佐々木
それでは、具体的に年代別の成功率についてお伝えします!
年代別の転職成功率
  1. 20代の転職成功率
  2. 30代の転職成功率
  3. 40代・50代の転職成功率

※タップすれば各年代の体験談にジャンプします

20代の転職成功率

佐々木
まずは、20代の転職成功率についてお伝えします!

20代は転職成功率が高く、特に20代前半の第二新卒世代であれば、転職活動を始めて1ヶ月以内で転職できることもあります。

多くの企業が人手不足で悩んでいる現在、どの企業にとっても、20代や第二新卒の人材は貴重な存在です。

そのため、20代であれば、たとえ未経験でも採用される可能性は高くなっています。

応募書類の書き方や面接対策をしっかり行えば、ほとんどの人が短期間で転職先を見つけられるでしょう!

佐々木
20代は多くの企業が欲しがっている世代なので、

気になっている企業があれば、積極的に応募してみることをおすすめします!

20代の転職活動に関して詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください!

30代の転職成功率

30代の転職成功率は、20代と比べると低くなっています。

30代の中でも前半であれば、まだ若手の人材として扱ってくれる企業もあります。

しかし、30代後半になれば、どの企業も経験や実績、スキルをチェックしてくるでしょう。

特にマネジメントスキルやリーダーシップを求められることが多いので、書類や面接で、しっかりとアピールする必要があります。

佐々木
30代は、マネジメント経験の有無が転職の成功を左右しますよ!

30代の転職活動は、次の記事でもまとめているので参考にしてください!

40代・50代の転職成功率

40代や50代になってくると、転職の成功率が極めて低くなります。

長期的に働くことが難しいほか、即戦力ではないと採用されないので、書類選考や面接はより厳しくなっています。

ただし、同じ業種や職種での転職であれば、これまでの経験を活かせるので、採用される可能性は高いです。

同業種での転職であれば、今の仕事よりも良い条件で転職できる場合もありますよ!

佐々木
40代や50代になると、転職活動に苦労する人もたくさんいるので、若手よりも戦略的に動く必要がありますよ!

40代50代の転職活動に関して詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください!


佐々木
以上が、年代別の転職成功率に関する情報です!
年代別の転職成功率
  1. 20代の転職成功率
  2. 30代の転職成功率
  3. 40代・50代の転職成功率

※タップすれば各年代の体験談にジャンプします

ゆり
年代によって転職の成功率が変わってくるんですね!
佐々木

そうなんです!

だからこそ、自分の状況に合わせて正しい対策を行う必要がありますよ!

次の章では、書類選考の成功率を上げる方法をお伝えします!

転職活動の書類選考の成功率を上げる方法

佐々木

それでは、転職活動の書類選考の成功率を上げる方法をお伝えします!

対面ではなく、書類だからこそできるアピールのコツを知っておきましょう!

書類選考の成功率を上げる方法
  1. 応募先に合わせて志望動機を変える
  2. 興味のない企業には応募しない
  3. 自分の経歴にマッチした仕事に応募する

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:応募先に合わせて志望動機を変える

企業研究をしっかり行い、応募先ごとに的確な志望動機を作成することは大切です。

転職活動では、多くの企業に書類を送りますが、どの企業にも同じ内容ではいけません。

各企業によって求めている人材は異なるので、志望動機や自己PRは柔軟に変えて、書類を作成すべきです。

的確な志望動機を書くためには、応募先の採用ページをしっかり読み、求めている人物像を把握する必要があります。

佐々木
自分が応募先にとって必要な人材であることをアピールできれば、書類選考に通過できる可能性が高くなりますよ!

方法2:興味のない企業には応募しない

転職活動を成功させたいなら、本当に興味を持っている会社に応募する必要にしましょう。

実際、とにかく早く内定をもらうために、手当たり次第たくさんの求人に応募している転職者もいます。

そういった方は、企業研究を怠ってしまったり、書類の作成でも手を抜きがちなので、転職の成功率は低くなっています。

常に転職サイトなどを見て、求人情報をチェックするのは大事ですが、応募して同時に選考を進めるのは2,3社までにしておきましょう。

佐々木
転職活動は、数打ちゃ当たるという訳ではないので、本当に興味がある企業に絞って応募すべきです!

方法3:自分の経歴にマッチした仕事に応募する

書類選考の通過率が高い人は、自分の経歴や持っているスキルにマッチした仕事に応募しています。

実際、応募先でも通用する経験やスキルを持っていれば、即戦力として採用される確率が高くなります。

ほとんどの企業が即戦力を求めて採用活動を行っているので、自分の経歴やスキルにマッチしているかは重要です。

書類を作成する前に、一度これまでの経歴や持っているスキルについて、洗い出して整理しておくのが良いでしょう!

佐々木
経歴やスキルを整理しておけば、的確な応募書類が作成できますよ!

佐々木
以上が、転職活動の書類選考の成功率を上げる方法です!
書類選考の成功率を上げる方法
  1. 応募先に合わせて志望動機を変える
  2. 興味のない企業には応募しない
  3. 自分の経歴にマッチした仕事に応募する
ゆり
これらを意識して、応募書類を作成すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

書類だけでも、自分の強みや熱意がしっかり伝えられるので、応募書類の作成は丁寧に行う必要がありますよ!

次の章では、面接の成功率を上げるコツをお伝えします!

転職活動の面接の成功率を上げる2つのコツ

佐々木

ここから、転職活動の面接の成功率を上げるコツをお伝えします!

大きな関門である一次面接を通過するためには、しっかりとコツを理解しておく必要がありますよ!

面接の成功率を上げるコツ
  1. 事前準備をしっかりしておく
  2. 企業ごとの面接のポイントを理解しておく

具体的にそれぞれのコツについて説明します。

コツ1:事前準備をしっかりしておく

上手く面接を通過するために、次の3点は必ず事前準備しておきましょう!

事前に準備すべきこと
  1. 企業のホームページを見て、ビジネスモデルや仕事内容を理解しておく
  2. 自己分析を徹底的に行い自分のやりたい仕事、自分の強みを整理しておく
  3. ネガティブな感情や他責性が強くなっていないか確認しておく

企業が何を求めているかを把握していれば、面接を有利に進められます。

反対に、漠然としてイメージだけで面接を受けていると、熱意が伝わらず面接を通過できないケースが多くなっています。

また、企業のことだけでなく、自分のことも正しく理解しておくことが大切です。

今の自分がどんな心境なのか、前職での経験をもとに仕事に対してどんな思いを持っているのか整理しておきましょう。

佐々木

経験豊富な面接官であれば、表情や仕草でネガティブな感情を見抜きます。

前向きな転職であることが伝わるように、事前準備を徹底して行い余裕を持って面接に臨みましょう。

コツ2:企業ごとの面接のポイントを理解しておく

企業のタイプによって、面接で重視されるポイントが異なることも理解しておきましょう。

具体的には、次の3つのタイプによって重視されるポイントが異なります。

重視するポイントが異なる3タイプ
  1. 社風に合うかを重視する企業
  2. 具体的なスキルや能力を重視する企業
  3. キャリアビジョンや将来性を重視する企業

それぞれのタイプについてお伝えします。

タイプ1:社風に合うかを重視する企業

社風に合うかを重視する企業は、今働いている社員と似たような人を採用する傾向にあります。

人柄を重視して採用している企業がこのタイプに当てはまります。

特にベンチャー企業では、社風に合うかを重視して採用活動を行っている企業が多くなっています。

社風を重視する企業への対策
企業のビジョンを理解しておくことが大切です。

自分のキャリアにこだわらず、仕事や価値観に置いてチームワークを重視することをアピールするのが効果的です!

タイプ2:具体的なスキルや能力を重視する企業

人柄や社風よりも、とにかく能力が高い人を採用するタイプの企業です。

特に、外資系企業や、エンジニアといった技術職の採用に関して、スキルが重視されることがよくあります。

スキルを重視する企業への対策
明確な実績や数値的なスキルをアピールするのが良いです。

応募書類の自己PR欄を上手く活用し、自分がどう企業に貢献できるかを論理的にアピールすることをおすすめします。

タイプ3:キャリアビジョンや将来性を重視する企業

自分のキャリアや将来に関して、深いレベルで言語化できている人材を採用したいという企業です。

会社のブランドや人気度に左右されることなく、自分の軸をしっかり持っているかどうかで判断されます。

キャリアビジョンや将来性を重視して採用に成功している企業は、面接官のレベルも高いため、面接対策に力を入れる必要があります。

キャリアビジョンを重視する企業への対策
「なぜ?」「どうして?」と自分の意思決定や選択について、理由を深掘りしておくことが重要です。

今と将来の自分に対する理想を、応募先企業で埋められる可能性が高いことをアピールしましょう。

以上が、重視するポイントが異なる3タイプに関する説明です。

自分の応募する企業がどのタイプに当てはまるかを把握し、正しい対策を行った上で、面接に向かいましょう!


佐々木

ここまで、転職活動の面接の成功率を上げるコツをお伝えしてきました。

もう一度確認しておきましょう!

面接の成功率を上げるコツ
  1. 事前準備をしっかりしておく
  2. 企業ごとの面接のポイントを理解しておく
ゆり
面接の成功率を高めるためには、この2つを意識しておけばいいんですね!
佐々木

そうですね!

お伝えした2つのコツを意識すれば、面接に通過できる確率がグッと高くなりますよ!

次の章では、転職の成功率を上げるために活用すべきサービスについてお伝えします!

転職の成功率を上げるために活用すべき転職サービス

佐々木

それでは、転職の成功率を上げるために活用すべきサービスをお伝えします!

結論からお伝えすると、「転職エージェント」を活用することをおすすめします!

転職の成功率を上げて、自分のやりたい仕事に就くためには、転職エージェントを上手く活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに、最適なアドバイスをしてくれるので、有利に転職活動を進めることが可能です!

また、様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職の成功率を高められるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
転職エージェントは数多くありますが、成功率を高めるためには、

自分に適した転職エージェントを活用する必要があります!

ここでは、各年代や状況別におすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント

◎20代・第二新卒におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『マイナビジョブ20’s』
    20代のための転職支援サービス
    【公式】https://mynavi-job20s.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  6. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

◎30代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

◎40代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/

◎50代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/

◎女性におすすめ

  1. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『type女性の転職エージェント』
    女性に嬉しい求人が豊富
    【公式】https://type.woman-agent.jp/

◎ハイクラスの方におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎IT業界を目指す人におすすめ

  1. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    ITエンジニアの求人を数多く保有!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、全員におすすめできる「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職に成功した人の男性・女性の体験談を紹介します!

転職に成功した人の男性・女性の体験談まとめ

佐々木

ここから、転職に成功した人の男性・女性の体験談を紹介します!

男女別に紹介するので、絶対転職に成功したい人は参考にしてください!

転職に成功した男性の体験談

佐々木
まずは、転職に成功した男性の体験談です!

転職に成功した女性の体験談

佐々木
次に、転職に成功した女性の体験談です!

佐々木
以上が、転職に成功した男女の体験談です!
ゆり
転職に成功できている人がたくさんいるんですね!
佐々木

そうですね!

正しい方法を理解しておけば、転職に成功できる可能性は高いですよ!

次の章では、転職に成功する人と失敗する人の違いをお伝えします!

転職に成功する人と失敗する人の違い

佐々木

それでは、転職に成功する人と失敗する人の違いをお伝えします!

それぞれの特徴を理解し、少しでも転職に成功できる人に近づきましょう!

転職の成功率が高い人の特徴

佐々木
まず、転職の成功率が高い人の特徴は次のものが考えられます!
転職成功率が高い人の特徴
  • 任された仕事をきっちりこなせる
  • どんなことがあっても必ず納期を守る
  • 相手の意図を汲み取るのが早い
  • 謙虚で素直な気持ちを持っている
  • 成長意欲が高く他責ではない

どの企業も、自社で活躍できる人材の獲得を目指しているので、仕事をきっちりこなせたり、納期を守れるかどうかは重要です。

また、自社の事業を拡大されるためにも、成長意欲が高い人材は、貴重な存在と言えるでしょう!

佐々木

仕事ができる人の方が、転職に成功しやすいのは当然のことです。

任されたことをまずきちんとやり遂げることが、仕事はできる人になる第一歩ですよ!

転職の失敗率が高い人の特徴

佐々木
次に、転職に失敗する可能性が高い人の特徴をお伝えします!
転職失敗率が高い人の特徴
  • 納期やノルマを守って仕事ができない
  • 相手の意図を汲み取るのが遅い
  • 成長意欲が低く他責すぎる
  • 社会人のマナーを理解できていない
  • 条件面にこだわり過ぎている

転職に成功する人と失敗する人について、簡単に言うと、成功する人の真逆のタイプの人は失敗しやすいです。

納期やノルマを守れないのは、社会人としての意識の低さが問題であり、書類選考や面接で見透かされてしまうでしょう。

また、条件面にこだわり過ぎるのも、自社でないとダメな理由が感じ取れないので、不採用になる可能性が高いです。

佐々木
もし失敗する人の特徴で一つでも当てはまるものがあれば、

成功するためにもいますぐ自分を変える努力をしましょう!

一人でいきなり自分を変えるのは難しいので、転職エージェントを上手く活用することをおすすめします!

これまでの豊富な経験をもとに、的確なアドバイスをしてくれるので、転職に成功できる人に近づけますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職成功率を上げたいなら、プロに相談すべき!

佐々木

今回は、転職の成功率について疑問を持っている方に向けて、

年代別の転職成功率や、転職成功率を上げるコツをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 転職活動は、書類選考と一次面接に通過するのが特に難しい
  • 年齢が上がるにつれて、転職成功率が低くなっている
  • 転職エージェントを使って、転職成功率を上げるべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎20代・第二新卒におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『マイナビジョブ20’s』
    20代のための転職支援サービス
    【公式】https://mynavi-job20s.jp/
  5. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  6. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

◎30代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

◎40代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  3. 『Spring転職エージェント』
    世界60ヶ国に展開、求人数が豊富!
    【公式】https://www.springjapan.com/

◎50代におすすめ

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/

◎女性におすすめ

  1. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  2. 『type女性の転職エージェント』
    女性に嬉しい求人が豊富
    【公式】https://type.woman-agent.jp/

◎ハイクラスの方におすすめ

  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『ビズリーチ』
    ヘッドハンティング型転職エージェント
    【公式】https://www.bizreach.jp/

◎IT業界を目指す人におすすめ

  1. 『ワークポート』
    業界に特化したコンサルタントが在籍!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
  2. 『マイナビエージェント×IT』
    ITエンジニアの求人を数多く保有!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/it/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、全員におすすめできる「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!