転職エージェントおすすめランキング13選

転職方法の全知識|ゼロからわかる転職のやり方&正しい退職の仕方

転職方法の全知識|ゼロからわかる転職のやり方&正しい退職の仕方

この記事でお伝えすること
  • 7つの全転職方法のメリット・デメリット
  • 成功のために必ず活用すべき転職方法
  • 成功者・失敗者の転職方法の体験談
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「転職ってどの方法で進めるのが良いんだろう…?

「転職方法っていくつかあるけど、どれが自分に合うのか分からない…。」

…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、転職方法に関して疑問や悩みを持っている方に向けて、

各転職方法のメリット・デメリット成功のために必ず活用すべき転職方法などを紹介します!

この記事を読めば、転職方法に関する悩みがなくなり、安心して転職活動を進められますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

知らないと損!7つの全転職方法とメリット・デメリットまとめ

佐々木

まずは、各転職方法のメリットとデメリットをお伝えします!

どの転職方法も良い部分、場合によっては使いづらい部分があるので、把握しておきましょう。

転職方法メリットデメリット
転職サイト気軽に利用でき、いつでも求人を見たり応募したりできる求人検索から応募、企業との日程調整まで自分一人でやる必要がある
転職サイトのスカウトサービス自分の市場価値が分かる。内定率が高い大量の自動送信メールが届くことがある
転職エージェント転職アドバイザーのサポートが無料で受けられる面談が必要になるので気軽に利用できない
直接応募志望意識が高いと好印象を持たれやすいトラブルや交渉事は全て自己責任になる
リファラル・縁故採用知人から企業の情報をよく聞いた上で入社するか判断できる仕事が合わなくても紹介者の顔を立てるために辞めにくい
ハローワーク求人数が多く、特に地元の優良企業の求人と出会える相談員によって対応の内容が変わることがある
紹介予定派遣会社との相性を判断してから正社員になれる人材会社とつながりのある企業しか選択肢に入れられない
ゆり
各転職方法によって、それぞれメリットやデメリットがあるんですね!
佐々木

そうなんです。

一人ひとりの状況や性格などによっても、選ぶべき転職方法が変わってきます。

ゆり

なるほど!

一人ひとり選ぶべき転職方法が変わるんですね。

佐々木

はい!

なかでも多くの人におすすめできるのが、「転職サイト」「スカウトサービス」「転職エージェント」の3つです。

次の章では、この3つの転職方法に関して詳しく説明します!

成功のために必ず活用したい転職方法おすすめ3選

佐々木

それでは、各転職方法に関して詳しくお伝えしていきます!

この章では、次の3つの転職方法についてお伝えします!

自分に合う転職方法を見つけるためにも、3つの転職方法について詳しく理解していきましょう!

おすすめの転職方法
  1. 転職サイトを使って転職する方法
  2. 転職サイトのスカウトサービスを使って転職する方法
  3. 転職エージェントを使って転職する方法

それぞれ詳しくお伝えします!

転職方法1:転職サイトを使って転職する方法

転職サイトは、自分で求人を検索し希望に合う仕事があれば、自分で応募して企業との面接へと進んでいく転職方法です。

具体的に転職サイトを使って転職する流れは、次のようになります!

転職サイト利用の流れ

就職活動で使ったことがある人も多いと思うので、転職する場合でも特に転職サイトの使い方に戸惑う人は少ないでしょう。

転職サイトが向いている人

転職サイトは、自分のペースで転職活動を進めたい人に向いています。

求人を探したり、応募したりすることを誰からも急かされることはありませんし、

希望の条件と合う求人が出てくるまで、ひたすら待つことも可能です。

日中忙しく、夜間や休日に転職活動を進めたい人も、いつでも気軽にアクセスできるので最適です。

転職サイトが向いている人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトのメリットは、何と言っても気軽に求人情報が手に入ることです!

簡単な登録、あるいは登録無しで求人情報を見ることができ、多くの企業の情報を入手できます。

ただし、求人検索や応募、企業との面接日程の調整など、転職活動のスタートからゴールまで、

全て一人でやらないといけないことはデメリットです。

忙しい現職を続けながら転職を目指す場合は、休日が転職活動ばかりになってしまう可能性もあるでしょう。

転職サイトのメリット・デメリット
  • 気軽に利用できいつでも求人を見たり、応募したりできる
  • 求人検索から応募、企業との日程調整まで自分一人でやる必要がある

転職サイトを利用する際の注意点

転職サイトを利用する際の注意点は、デメリットとしてもお伝えした通り、自分一人で転職活動を進める必要がある点です。

求人への応募や書類作成、面接の日程調整はもちろん、

転職を成功させるためには、市場価値の判断や自己分析、面接での受け答えの準備などをしておく必要があります。

なかなか難しいことですが、企業側がどういった人材を欲しがっているのかを、理解しておくのが大切です。

佐々木
転職サイトを使うなら、どういったことをアピールすれば、

採用担当者に良い印象を与えられるかを自分で考えてみましょう!

おすすめの転職サイト

佐々木
数ある転職サイトのなかでも、次の3つはおすすめです!
おすすめの転職サイト
佐々木

この3つの転職サイトは、数多くの求人情報を掲載しているおすすめの転職サイトです!

どれに登録するか迷ったら、求人数No. 1の『リクナビNEXT』に登録し、求人を探してみましょう!

転職方法2:転職サイトのスカウトサービスを使って転職する方法

次に、転職サイトのスカウトサービスを利用する転職方法についてお伝えします!

スカウトサービスとは、転職サイトに登録し、企業からのスカウトを待ちながら転職活動を進める方法です。

具体的に転職サイトのスカウトサービスを使って転職する流れは、次のようになります!

スカウト型転職サイト利用の流れ

自分の経歴やスキルなどを詳しく登録すれば、興味を持ってくれた企業からメールが届きます。

このメールに関しては、「スカウトメール」や「オファーメール」と呼ばれています。

転職サイトのスカウトサービスが向いている人

転職サイトのスカウトサービスは、自分の市場価値を把握したい人におすすめです!

とりあえず経歴やスキルを登録しておき、スカウトやオファーを待つことで、

どんな企業が自分に興味を持ってくれるのかを把握できます。

もちろんスカウトが届いても、面接を受けるかどうかは自分で決められるので、

市場価値を把握するためには、おすすめの転職方法です。

スカウトサービスが向いている人
  • 自分の市場価値を把握したい人

転職サイトのスカウトサービスのメリット・デメリット

転職サイトのスカウトサービスのメリットは、どんな企業が自分に興味を持ってくれるのかを、客観的に把握できる点です!

また、企業が求めている条件に合う人材に対してスカウトを送っているので、

面接を受けると内定を勝ち取れる可能性が高いことも事実です。

しかしながら、個別ではなく「自動」で送られているスカウトメールもあり、

大量のメールが届くようになる可能性もあります…。

1通1通全てを確認していけば、莫大な時間がかかってしまうでしょう。

スカウトのメリット・デメリット
  • 自分の市場価値が分かる。内定率が高い
  • 大量の自動送信メールが届くことがある

転職サイトのスカウトサービスを利用する際の注意点

転職サイトのスカウトサービスを利用する際に注意すべきなのは、

自分の市場価値よりもかなり低い求人が届く場合がある点です!

数多くのスカウトメールが届くことは嬉しいことですが、転職者側から積極的にアプローチができないため、

経歴やスキルによっては、希望通りの求人が届かない可能性もあります…。

佐々木
より良い環境や待遇で働くためにも、安易に求人に応募するのではなく、

条件面のチェックを忘れずに行いましょう!

おすすめの転職サイトのスカウトサービス

佐々木
転職サイトのスカウトサービスのなかでも、次の3つはおすすめです!
おすすめのスカウトサービス
佐々木

『ビズリーチ』は、ハイクラス求人を数多く保有しているので、ハイキャリアの方におすすめです!

『@type』と『リクナビNEXT』は、全ての方におすすめできるので、気軽に登録してみましょう!

転職方法3:転職エージェントを使って転職する方法

3つ目の転職方法は、転職エージェントを利用する方法です!

転職エージェントは、求人紹介や自己分析のサポート、面接対策などを無料で行ってくれるサービスです。

具体的に転職エージェントを使って転職する流れは、次のようになります!

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用する場合、まずはキャリアコンサルタントと面談を行います。

今持っているスキルやこれまでの経歴を確認したり、転職先に求める希望条件のすり合わせを行って、

コンサルタントと一緒に転職活動を進めていきます。

転職エージェントが向いている人

転職エージェントの利用をおすすめするのは、一人で転職活動を進めるのが不安で、サポートを受けたい人です!

各転職エージェントによって得意分野は異なりますが、業界特化型や状況別など、

どの分野においてもおすすめできる転職エージェントが存在します。

サポートしてくれるキャリアコンサルタントは、各分野の専門知識を豊富に持っていることはもちろん、

これまでの経験をもとに、最適な転職のサポートを行ってくれるでしょう!

転職エージェントが向いている人
  • 一人で転職活動を進めるのが不安な人

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリットは、手厚いサポートを完全無料で受けられることです!

カウンセリングから始まり、求人紹介、応募書類の添削、面接対策、企業との日程調整、退職アドバイスまで…

転職活動のスタートからゴールまでを全てサポートしてくれます。

ただし、キャリアコンサルタントとの面談は必須になるので、気軽に求人が見たい人には不向きかもしれません。

またキャリアコンサルタントとの相性が合わなければ、スムーズに転職活動が進められない可能性もあります…。

エージェントのメリット・デメリット
  • 転職アドバイザーのサポートが無料で受けられる
  • 面談が必要になるので気軽に利用できない

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用する際の注意点は、1社に絞らないことです!

転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントがサポートを行ってくれます。

しかし、転職のプロと言っても、人と人のやりとりになるので、相性が合わない場合もあるでしょう…。

そのため、最低でも3社に登録して、相性の合うキャリアコンサルタントを探してみることをおすすめします!

佐々木
キャリアコンサルタントの良し悪しで、転職に成功できる可能性は大きく変わりますよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは、次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
佐々木

どの転職エージェントに登録するか迷った人は、

最適でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』には登録しておきましょう!


佐々木
以上が、転職を成功させるために必ず活用すべき転職方法です!
おすすめの転職方法
  1. 転職サイトを使って転職する方法
  2. 転職サイトのスカウトサービスを使って転職する方法
  3. 転職エージェントを使って転職する方法
ゆり
この3つの転職方法は、必ず活用すべきなんですね!
佐々木

そうなんです!

実際にこの3つの方法を活用して、多くの人が希望通りの転職を実現しています。

お伝えした内容を参考に、自分に合いそうな転職方法のサービスに登録してみましょう!

次の章では、目的に応じて活用すべき転職方法についてお伝えします!

目的に応じて活用すべき転職のやり方4選

佐々木

次に、目的に応じて活用すべき転職のやり方を4つお伝えします!

上手く活用すれば、自分に合う企業と出会える可能性が高くなるでしょう!

目的に応じて活用すべき転職方法
  1. 自分で直接応募する転職方法(企業サイト・SNSなど)
  2. リファラル・縁故採用で転職する方法
  3. ハローワークを活用して転職する方法
  4. 紹介予定派遣で転職する方法

それぞれの方法について詳しく説明します!

転職方法1:自分で直接応募する転職方法(企業サイト・SNSなど)

企業の公式サイトやSNS、店頭や街の張り紙など、企業が出している情報を見て、自分で直接応募するのも一つの転職方法です!

直接応募の場合、転職サイトや転職エージェントにはない情報を手に入れられる可能性があります。

佐々木
また、応募者の数が少ない場合もあるので、競争率が低く内定を勝ち取りやすいのも嬉しいポイントです!

直接応募のメリット・デメリット

自分で直接応募するメリットは、志望意識の高さを汲み取ってもらえて、好印象を持たれやすい点です!

直接応募をしてきた転職者に対しては、「自社に興味を持っていて、こまめに情報を確認してくれていた」と、

志望意識の高さを感じ取ってもらえます。

ただし、転職サイトや転職エージェントが関与していない分、全て自己責任になる点は注意が必要です。

もちろん交渉事も自分で行う必要がありますが、トラブルが起きても自己責任になるので、注意しておきましょう。

直接応募のメリット・デメリット
  • 志望意識が高いと好印象を持たれやすい
  • トラブルや交渉事は全て自己責任になる
佐々木

直接応募を狙う場合は、求人の掲載期間が限定されていることも多いので、

気になる企業の情報は、こまめにチェックすることをおすすめします!

転職方法2:リファラル・縁故採用で転職する方法

リファラル採用や縁故採用とは、家族や知人、また前職の関係者や取引先など、人からの紹介で転職する方法です!

魅力としては、公に求人を出していない企業とつながれる可能性がある点です。

コネという言い方もよくしますが、自分に合う企業と出会えるのであれば、持っている人脈を全力で使うべきと言えます。

佐々木
紹介してくれる人の人脈によっては、選考のステップが通常より短くなり

スムーズに転職できる可能性もあるでしょう。

リファラル・縁故採用のメリット・デメリット

リファラル採用や縁故採用のメリットは、企業の情報をよく聞いた上で、入社するか判断できる点です!

採用担当者に企業の情報を詳しく聞くというよりも、気の知れた知人から情報を聞けるため、

リラックスした状態で、良い部分も悪い部分も確認できるでしょう。

しかしながら、仕事を辞めにくくなる点はデメリットと言えます。

いくら情報を聞いていても、いざ仕事を始めると「やっぱり合わないかも…」なんてことはよくあります。

そんな時に、紹介してくれた知人の顔を立てるためにも、なかなか辞めると言いづらいと感じる人も多々いるようです。

リファラル・縁故採用のメリット・デメリット
  • 知人から企業の情報をよく聞いた上で入社するか判断できる
  • 仕事が合わなくても紹介者の顔を立てるために辞めにくい
佐々木

辞めにくくなる部分は必ずあるので、知人の話をしっかり聞いて入社するかどうか判断しましょう!

転職方法3:ハローワークを活用して転職する方法

ハローワークを活用して転職活動を行うこともおすすめです!

ハローワークは、転職サイトや転職エージェントほど、取り扱っている求人情報は多くないですが、

地元の中小企業の求人を多く保有している特徴があります。

また、相談窓口も設けられているので、求人探しや書類の添削、面接対策など、

転職に関するアドバイスをしてもらえることも魅力です!

佐々木
無料でスキルを磨ける「職業訓練校」も、ハローワークに登録することで利用できますよ!

ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークを利用するメリットは、求人数が多く、特に地元の優良企業の求人と出会える点です!

地元の優良企業に転職したい人には特におすすめの転職方法で、

数多くの地域の転職者の強い味方になってくれる存在です。

しかしながら、担当になる相談員によって対応の違いがある点はデメリットと言えます。

事業所によっても異なりますが、相談員のスキルに差がある場合もあり、満足のいくサポートが受けられない可能性もあります…。

ハローワークのメリット・デメリット
  • 求人数が多く、特に地元の優良企業の求人と出会える
  • 相談員によって対応の内容が変わることがある
佐々木

地元で転職先を探したい場合には、特におすすめできる転職方法なので、

最寄りのハローワークまで一度足を運んでみましょう!

転職方法4:紹介予定派遣で転職する方法

紹介予定派遣とは、正社員として雇用されることを前提に、一定期間派遣社員として働く仕組みのことです。

最長6ヶ月間派遣として働き、企業側から合意があれば正社員になれます。

転職方法としては少し変わり種ですが、正社員になる前に、業務内容や会社の雰囲気を感じられるのは、嬉しいポイントでしょう。

佐々木
業務内容や雰囲気が分かるので、正社員になってからすぐに退職することを防げるでしょう!

紹介予定派遣のメリット・デメリット

紹介予定派遣のメリットとしては、会社との相性を判断してから正社員になれる点です!

求人情報を見ただけでは分からない内部の情報を、働きながら確認できます。

また、会社との相性が悪くて転職したくなった場合でも、派遣会社が次の転職先探しをサポートしてくれます!

ただし、どの派遣会社の紹介で転職するかも大きな鍵を握っています。

なぜなら、派遣会社とつながりのある企業にしか転職できないためです。

転職サイトや転職エージェントのように、幅広い求人を見れるのではなく、

結果として転職先の選択肢が狭くなる可能性があるでしょう…。

紹介予定派遣のメリット・デメリット
  • 会社との相性を判断してから正社員になれる
  • 人材会社とつながりのある企業しか選択肢に入れられない
佐々木

紹介予定派遣から正社員になるには、転職者本人と企業側の合意が必要です!

そのため、派遣期間中の働き方次第では、正社員採用をやめられる場合もあります…。


佐々木
以上が、目的に応じて活用すべき転職方法です!
目的に応じて活用すべき転職方法
  1. 自分で直接応募する転職方法(企業サイト・SNSなど)
  2. リファラル・縁故採用で転職する方法
  3. ハローワークを活用して転職する方法
  4. 紹介予定派遣で転職する方法
ゆり
これらの方法でも転職できるんですね!
佐々木

はい!

転職サイトや転職エージェントと併用することで、転職に成功できる場合もあります!

気になる方法がある方は、自分に合うかどうか確かめるためにも、活用してみることをおすすめします!

次の章では、実際に転職した人の体験談を紹介します!

成功者・失敗者の転職方法の体験談|経験者おすすめのやり方とは

佐々木

それでは、実際に転職した人の体験談を紹介します!

転職方法別に分けて紹介するので、参考にしてください!

転職サイトを使った人の体験談

佐々木
まずは転職サイトを使った人の体験談です!

転職サイトのスカウトサービスを使った人の体験談

佐々木
次に、転職サイトのスカウトサービスを使った人の体験談です!

転職エージェントを使った人の体験談

佐々木
次は、転職エージェントを使った人の体験談です!

直接応募で転職した人の体験談

佐々木
ここから、直接応募で転職した人の体験談です!

リファラル・縁故採用で転職した人の体験談

佐々木
次に、リファラル採用や縁故採用で転職した人の体験談です!

ハローワークを使った人の体験談

佐々木
次は、ハローワークを使った人の体験談です!

紹介予定派遣で転職した人の体験談

佐々木
最後に、紹介予定派遣で転職した人の体験談です!

佐々木

実際に転職した人の体験談の紹介は以上です!

ゆり
様々な方法で転職できている人がいるんですね!
佐々木

はい!

特徴や注意点を把握して自分に合う方法を選べば、転職を成功させることは可能ですよ!

次の章では、正しい転職と退職の手順についてお伝えします!

正しい転職・退職の手順6ステップ!理解しておくべき流れや期間

佐々木

それでは、正しい転職・退職の手順についてお伝えします!

具体的に、転職活動のスタートから退職までは、次のステップで進めていきます!

佐々木
それでは、各ステップごとにポイントを詳しく説明します!

ステップ1:事前準備を進める

転職のやり方ステップ1「事前準備」
佐々木

転職活動において、事前準備は非常に重要です!

具体的に事前準備としてやるべきことは、次の4つがあります。

事前準備でやるべきこと
  1. 時間をかけて自己分析を徹底的に行う
  2. 自分の市場価値を正しく見極める
  3. 誰もが納得できる転職理由を用意する
  4. 狙っている業界や職種について調べる
ゆり
えっ!事前にやるべきことって、こんなにあるんですね!
佐々木

そうなんです!

実際に求人に応募する前に、自己分析を行ったり、転職理由を用意したりする必要があります。

もし事前準備の段階で、手を抜いてしまうと、スムーズに転職できない可能性が高くなります…。

事前準備は非常に大切なので、時間をかけてしっかり行いましょう!

佐々木
事前準備に関して詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

ステップ2:応募書類の作成

転職のやり方ステップ2|選考に必要な応募書類を作成する
佐々木

事前準備が終われば、次は応募書類の作成を行います!

応募書類の作成とは、具体的に職務経歴書と履歴書を作成することです。

職務経歴書は、転職の成功を決める大きな要素になる書類で、履歴書もこれまでの経歴を伝える重要な書類です。

佐々木
なかでも重要視されている志望動機や自己PR欄に関しては、次のことを意識して書くようにしましょう!
志望動機や自己PRのポイント
  • 退職理由と一貫性のある志望動機を書く
  • 企業が求めている能力・スキルに合わせて自己PRを書く
ゆり

これらを意識して、志望動機や自己PRを考え、職務経歴書や履歴書を作成すれば良いんですね!

佐々木

はい!

各企業によって求めている人材は異なるので、複数社の面接を受ける場合は、

職務経歴書や履歴書は使い回しぜず、1社1社丁寧に作成しましょう!

職務経歴書や履歴書の書き方について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

ステップ3:求人に応募

転職のやり方ステップ3|求人を検索して応募する
佐々木

応募書類が作成できたら、実際に求人を検索して応募します!

このステップで意識すべきことは、次の2つがあります!

求人応募で意識すべきこと
  1. なるべく多くの求人に応募する
  2. 自分のスキルにマッチした求人に応募する

実際、リクナビNEXTが行ったアンケート結果を見ると、転職成功者の約半数の人が、

10社以上に応募し、5社以上の面接を経て転職先を決めています!

特に未経験転職や30歳以降の転職は、ライバルが多いわりに求人が少ないため倍率が高く、

100社以上選考を受けても内定が出ない場合もあります…。

ゆり
なるほど!できるだけ多くの求人に応募するのが大切なんですね!
佐々木

そうなんです!

ただ、やみくもに何でも応募するのはいけません。

自分の経験やスキルに合っていないと、書類選考すら通過できない可能性があります。

自分に合った求人を見つけるためには、自分の市場価値をよく理解し、

企業が求めている人物像を把握することが大切です!

佐々木
いますぐ求人情報を見たい人は、リクナビNEXTで自分に合う求人を探してみましょう!

ステップ4:面接

転職のやり方ステップ4|面接を突破するための対策をする
佐々木

求人に応募すれば、いよいよ次は企業との面接です!

面接を突破するためには、面接対策をしっかりしておく必要があります。

具体的な対策方法としては、次の3つがあります。

面接の対策方法
  1. 基本的な面接のマナーを理解しておく
  2. 予想できる質問の回答を準備しておく
  3. 不合格でも毎回振り返りを行う

まずは、基本的な面接のマナーを理解しておくことが大切です!

面接のマナーは数多くありますが、最低でも次のマナーは把握しておきましょう。

面接前~面接後のマナー

※タップすると大きくなります

ゆり
場面ごとに、たくさんのマナーを把握しておく必要があるんですね!
佐々木

そうですね!

即戦力として活躍できるマナーを備えているかは、必ずチェックされる部分です!

また、マナーだけでなく質問に対する回答も事前に準備しておくべきです!

回答を用意しておけば、スムーズな受け答えができ、好印象を与えられるでしょう。

より良い受け答えをするためには、振り返りも大切です!

不合格になった場合でも、悪かった点を振り返り、次に活かせるポイントを考えましょう!

佐々木

なお転職エージェントを利用すれば、面接対策や面接後のフィードバックを行ってもらえます!

面接に不安を感じているなら、ぜひ転職エージェントを活用しましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

ステップ5:内定承諾・辞退

佐々木

面接が終われば、内定を承諾するかどうかを決めます!

もちろん辞退することも可能なので、承諾すべきか迷った時は、次のことを確認しましょう。

内定承諾時の確認事項
  1. 会社の社風が自分に合うか確認する
  2. 細かい条件を確認し必要に応じて交渉する
  3. 迷った場合は譲れないポイントで比較する

入社後に後悔することのないように、会社の社風が自分に合うか確認すべきです!

社風を確認しないと、「雰囲気が合わず働きにくかったり」「人間関係に悩んでしまう」といった可能性があります…。

具体的に社風を確認するためには、口コミサイトを活用することをおすすめします!

口コミサイトには、現職社員や元社員の生の声が書かれているので、求人情報や面接ではしれない内情も知れるかもしれません。

おすすめの口コミサイト
  1. 『OpenWork』(旧:Vorkers)
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/

また、社風の確認だけでなく、提示された細かい条件も確認しましょう!

実際、ブラック企業の場合だと求人情報と仕事内容が異なったり、

事前に伝えられていた給与と違うという問題が起こる可能性があるので要注意です。

ゆり
えっ!仕事内容や給与が違う場合があるんですね!
佐々木

そうなんです…。

採用通知書には細かい条件が書かれているので、面接での話を信用するのではなく、必ず確認すべきです!

また、本当に迷った場合は、譲れないポイントで比較してみましょう!

待遇、業務内容、社風、勤務時間、勤務地など、どのポイントが譲れないかを考え、一番自分に合う転職先を選ぶのが良いでしょう!

佐々木

内定を承諾すべきかどうかは、慎重に判断すべきなので、転職エージェントを頼るのもおすすめです!

転職のプロとして、あなたの希望に本当に合うかどうかアドバイスをしてくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

ステップ6:円満に退職

転職のやり方ステップ6|現職を円満に退職する
佐々木
内定を承諾すれば、現職を退職して転職活動は終了となります!

円満に退職するためには、退職の意思の切り出し方が重要です!

具体的には、次のポイントを意識しておきましょう。

退職を切り出す際のポイント
  1. 退職の1~2か月前に退職の意思を伝える
  2. 一番最初に直属の上司に話をする
  3. 理由は個人的なものにする
  4. 引き留められても意思を変えないこと

退職の意思を伝えた後も仕事は続きます。

そのため、上司ともめて気まずくなったり、同僚から冷たい目で見られて働きにくくなったりしないために、

4つのポイントを押さえて、円満退社を心がけましょう!

佐々木

退職の切り出し方について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!


佐々木
以上が、正しい転職・退職の手順です!
正しい転職・退職の手順
  1. 事前準備を進める
  2. 応募書類の作成
  3. 求人に応募
  4. 面接
  5. 内定承諾・辞退
  6. 円満に退職
ゆり
この手順で、転職活動や退職手続きを進めれば良いんですね!
佐々木

はい!

お伝えした手順を転職活動や退職手続きを進めれば、スムーズに新しい仕事を始められるでしょう!

転職活動や退職手続きの手順に関して詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

自分に合った転職の仕方で、理想の職場を探そう!

佐々木

今回は、転職方法に疑問や悩みを持っている方に向けて、

各転職方法のメリット・デメリット成功のために必ず活用すべき転職方法などを紹介しました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 転職方法は7つあり、それぞれメリット・デメリットがある
  • 転職サイトと転職エージェントは全ての転職者が必ず活用すべき
  • 転職や退職の手順も事前にしっかり把握しておくことが大切
ゆり

ありがとうございます!

転職方法に関して、よくわかりました!

まずは、転職サイトと転職エージェントに登録してみます!

佐々木

よかったです!

最後にもう一度、転職サイトと転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめの転職サービス

◎おすすめの転職サイト

  1. リクナビNEXT
  2. マイナビ転職
  3. doda

◎おすすめのスカウト型転職サイト

  1. ビズリーチ
  2. @type
  3. リクナビNEXT

◎おすすめの転職エージェント

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木

もし迷った場合は、ひとまず転職エージェントに登録してみることをおすすめします!

転職のプロとして、あなたの状況に合わせて様々なサポートをしてくれるでしょう!

なお、転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることが大切なんです!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『マイナビエージェント』と『リクルートエージェント』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!