仕事を辞めて後悔するケース4選|悔いを残さない方法&正しい辞め方

仕事を辞めて後悔するケース4選|悔いを残さない方法&正しい辞め方

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「仕事を辞めて後悔しないための方法が知りたい!と感じている人に向けて、

『仕事を辞めて後悔するケース』や、『悔いを残さないための方法』などをお伝えしていきます!

仕事を辞めたいと思っていても、辞めた後に後悔するのが怖くて動けない人は多いです。

実際、仕事を辞めてから後悔している人がいるのも事実なので、辞める前によく考える必要があります。

この記事を最後まで読めば、仕事を辞めて後悔しないための方法が分かり、前向きな気持ちで次の行動に移せるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 仕事を辞めたいと思いながらも、後悔することを恐れている
  • 後悔するくらいなら転職したくないと悩んでいる
  • 仕事を辞めて後悔している人が多いのか知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

仕事を辞めて後悔してしまう4つのケース

佐々木
さっそく、仕事を辞めて後悔するケースについて紹介します!

どのようなポイントで後悔しているのか知ることで、後悔しないための対策を取りやすくなりますよ!

仕事を辞めて後悔するケース
  1. 前職との人間関係が悪くなる
  2. これまでの経験が失われる
  3. 転職先でいちから関係を築く必要がある
  4. 転職先が見つからず生活が苦しくなる

1つずつ詳しく見ていきましょう!

ケース1|前職との人間関係が悪くなる

前職の人と今まで仲良く出来ていても、仕事を辞めてしまえば顔を合わせる機会も減るので、人間関係が薄くなってしまいます。

仕事で関わる人との関係は、毎日のように顔を合わせているから出来る関係や、その立場だからこそ出来る関係の場合が多いです。

そのため、自分は今まで通り仲良くしたいと考えていても、働いていた時と同じような関係性と保つのは難しいのです。

ケース2|これまでの経験が失われる

どんな仕事であれ、会社内での評価や立場など積み上げてきた経験が失われます。

実績として残るものやどこでも通用するスキルなら転職でも役立ちますが、その会社特有のスキルや経験があるのも事実です。

そのため、仕事を辞めた後に自分にはスキルが無いと気付き、社会的孤立感や孤独感を感じる人も多いです。

また、職場を通して社会と繋がっていた人は、辞めた後に接点を失ったことに気付き、より大きな失望感を味わうでしょう。

ケース3|転職先でいちから関係を築く必要がある

転職に成功した場合、知ってる人が誰もいない転職先で、一から関係を築く必要があります。

転職の場合は同期がいるわけではなく、既にコミュニティが出来ている中に入っていく必要があるので、良好な人間関係を築くのが大変なのです。

ケース4|転職先が見つからず生活が苦しくなる

勢いで仕事を辞めたり、憧れの仕事を目指すために仕事を辞めたものの、転職先が見つからずに生活が苦しくなることもあります。

また、想像よりも転職活動が大変で、転職先が見つからずに正社員を諦める人がいるのも事実です。

正社員という立場を自分から捨てたものの、生活が苦しくなり、将来への不安が生じて仕事を辞めたことを後悔する人も多いです。


佐々木
ここまで、仕事を辞めて後悔するケースについてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

仕事を辞めて後悔するケース
  1. 前職との人間関係が悪くなる
  2. これまでの経験が失われる
  3. 転職先で一から関係を築く必要がある
  4. 転職先が見つからず生活が苦しくなる
ゆり
このような場面で後悔する場合が多いんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

後先を考えずに辞めてしまうと、このような問題に突き当たり後悔してしまうので注意が必要です!

次に、仕事を辞めて悔いが残ってしまう人の共通点を紹介します!

仕事を辞めて後悔…悔いが残ってしまう人の共通点

佐々木
それでは、仕事を辞めて悔いが残ってしまう人の特徴を見ていきましょう。

自分の状況と照らし合わせながら確認することで、悔いを残さず辞められるか確認が出来ますよ!

仕事を辞めて後悔した人の共通点
  1. 勢いで仕事を辞めた
  2. 自分の仕事環境を客観視できていない
  3. 不満など嫌な部分しか見えていない
  4. 一時的な感情で行動した
  5. 過去を美化している
  6. 他人の意見を信じている

1つずつ見ていきましょう!

共通点1|勢いで仕事を辞めた

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の1つ目は、勢いで仕事を辞めたことです。

明確な理由が無いのに気分や感情に任せて辞めてしまうと、その後のことを想像できていないため、後悔することが多いです。

そのため、思っていた現実とのギャップや生活の苦しさ、転職活動の厳しさに直面し、仕事を辞めたい方が良かったと感じるのです。

共通点2|自分の仕事環境を客観視できていない

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の2つ目は、自分の仕事環境を客観視できていないことです。

なぜなら、毎日同じ仕事をしているとその環境が当たり前になり、自分の仕事の価値や環境を客観視できないからです。

そのため、客観的に見ればやりがいがあったり、給料や福利厚生が手厚かったことに後から気付いて後悔する人が多いのです。

共通点3|不満など嫌な部分しか見えていない

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の3つ目は、不満など嫌な部分しか見えていないことです。

自分の仕事や職場に不満が増えてくると視野が狭くなってしまい、さらに嫌な部分しか見えなくなります。

そのため、「自分ばかり雑用を任される」「次から次へと仕事を振られる」など、不満を1人で抱え込み仕事を辞めてしまうのです。

しかし、辞めた後に冷静になると、思ったよりも良い環境だったり、やりがいを感じていたり、期待されていたことに気付くことがあります。

共通点4|一時的な感情で行動した

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の4つ目は、一時的な感情で行動したことです。

なぜなら、時間が経てば自然と解決するような問題など、どの仕事でもあり得る問題なのに仕事を辞めてしまったからです。

具体的には、仕事の失敗や新しい仕事を始めた直後など、仕事が上手くいかないときが当てはまります。

このような場合、時間が経てば状況を冷静に見れるようになり、辞めるほどの問題では無かったと後悔してしまいます。

共通点5|過去を美化している

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の5つ目は、過去を美化していることです。

過去を美化している人は、これまで働いた会社と比較をして、前の職場の方が良かったと考える傾向があるからです。

そのため、今の仕事を理解する前に、以前のような環境に戻りたいという思いから仕事を辞めてしまうのです。

しかし、前職に戻れるわけでもなく、同じような環境を探すのも大変で、目的無くさまよってしまい後悔する人が多いです。

共通点6|他人の意見を信じている

佐々木
悔いが残ってしまう人の共通点の6つ目は、他人の意見を信じていることです。

なぜなら、他人のアドバイスばかりを信じ、自分の意見が後回しになるほど、上手くいかなかった時に責任転換しやすくなるからです。

自分で選択した結果なら何があっても人のせいに出来ませんが、他人の意見に従った場合は後悔が押し寄せるでしょう。


佐々木
ここまで。仕事を辞めて後悔した人の共通点をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

仕事を辞めて後悔した人の共通点
  1. 勢いで仕事を辞めた
  2. 自分の仕事環境を客観視できていない
  3. 不満など嫌な部分しか見えていない
  4. 一時的な感情で行動した
  5. 過去を美化している
  6. 他人の意見を信じている
ゆり
仕事を辞めて後悔した人は、冷静になれずに勢いで辞めてしまった人が多いんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

辞めたい気持ちだけが先行してしまい、冷静に客観視できず、辞めてから後悔する人が多いです。

まずは一度冷静になり、本当に辞めたいのかを考えることが大切ですよ!

次に、仕事を辞めた後に後悔しない方法を紹介します!

仕事を辞めた後に後悔しない方法|退職前に考えるべきこと

佐々木
それでは、仕事を辞めて後悔しないために、退職前に考えるべきことを紹介します!

次の6つのポイントについてよく考えることで、後悔しないように冷静に考えることが出来ますよ!

退職前に考えるべきこと
  1. 現職で解決できる問題か考える
  2. 仕事を辞めたい理由を洗い出す
  3. 今後のキャリアプランを整理する
  4. 自分のスキルや経験の棚卸しをする
  5. 今の仕事を辞めて後悔しないか考える
  6. 現職を辞める前に転職先を決める

1つずつ詳しく説明していきます!

考えるべきこと1|現職で解決できる問題か考える

まず、今仕事を辞めたい理由が、現職で解決できる問題では無いか考えましょう!

なぜなら、転職せずとも部署異動や職場の変更で、希望の仕事が出来る可能性があるからです。

未経験分野への転職は年齢とともに難しくなりますし、転職回数が多いことで採用難易度が上がることもあります。

そのため、すぐに転職を考えるのではなく、まずは人事や上司に相談してやりたい仕事に挑戦できないか確認することが大切です!

考えるべきこと2|仕事を辞めたい理由を洗い出す

仕事を辞めたいと思っているときは、一時的な感情の場合も多いので、一度冷静になり辞めたい理由を洗い出しましょう!

今の感情も含め、仕事を辞めたい理由を全て紙に書き出し、本当に転職する必要があるのか整理してください。

今のまま仕事を続けた方がキャリアアップに繋がる場合もあるので、まずは上司や人事に相談した方が良いのか、

仕事を辞めて転職した方が自分のメリットになるのかを、よく考えることが大切です!

考えるべきこと3|今後のキャリアプランを整理する

今仕事を辞めることが本当にマイナスにならないか、今後のキャリアプランを整理しながら考えてみましょう!

キャリアプランを整理することで、自分のキャリアプランにとって転職することが効果的なのか

在職中にスキルや資格を取っておくのが良いのかなど、今やるべきことや今後の目標が明確になります。

目の前のことだけでなく、長期的な目線やライフプランを含めて考えることで見えてくることもありますよ!

考えるべきこと4|自分のスキルや経験の棚卸しをする

まだ退職するか悩んでいる場合や仕事を辞めて転職活動をする場合は、自分のスキルや経験の棚卸しを行いましょう!

自分のスキルや経験を整理することで、やりがいを感じる仕事や得意なことなどが明確になり、自分に合った仕事が探しやすくなります。

また、自分の持っているスキルではどのような転職先があるのかを調べるのもおすすめです!

棚卸をすることで、今の仕事が意外と自分に合っていたと気付ける場合もありますよ!

考えるべきこと5|今の仕事を辞めて後悔しないか考える

今の仕事を辞めて後悔しないか、今一度考えてみましょう!

なぜなら、一時的な感情や勢いで会社を辞めてしまうと、退職後の生活に苦しむなど、後悔の原因になるからです。

退職した後に転職活動をしようと考えている場合でも、転職期間中の生活費や交通費は貯金から捻出する必要があります。

仕事を辞めて後悔しないためにも長期的なライフプランを改めて考え、転職活動の進め方を決めておくことが大切です!

考えるべきこと6|現職を辞める前に転職先を決める

転職すると決めた場合は、現職を辞める前に転職先を決めましょう!

なぜなら、転職活動は思った以上に時間がかかったり費用がかかる上に、無職の期間が長引くと問題視されるからです。

現職を続けていれば、転職活動が上手くいかない場合も生活に困ることはありませんし、転職活動に響くこともありません!

自己分析をしっかりと行い、自分が納得する転職先を見つけるためには、ある程度時間をかけることが大切です。

効率よく転職活動を行うためには、転職エージェントの利用をオススメします!


佐々木
ここまで、仕事を辞めて後悔しないために、退職前に考えるべきことをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

退職前に考えるべきこと
  1. 現職で解決できる問題か考える
  2. 仕事を辞めたい理由を洗い出す
  3. 今後のキャリアプランを整理する
  4. 自分のスキルや経験の棚卸しをする
  5. 今の仕事を辞めて後悔しないか考える
  6. 現職を辞める前に転職先を決める
ゆり
この6つのポイントについて考えることで、後悔せずに仕事を辞められるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この6点について考えることで、自分の考えを冷静に整理できます!

一人で整理することが難しい人は、転職エージェントを頼るのがおすすめですよ!

次に、後悔しないためにおすすめの、転職エージェントの利用について紹介します!

後悔しないためには、転職のプロへの相談がおすすめ!

佐々木
仕事をやめて後悔しないためには、転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントに登録すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

場合によっては、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在になってくれますよ!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
転職エージェントを活用できれば、次のような転職のサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これだけのサポートを無料で行ってくれるので、転職の失敗を防ぐためにも転職エージェントは活用すべきです!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、それでも迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、仕事を辞めて後悔しなかった人の体験談を紹介します!

仕事を辞めてよかった!後悔しなかった人の体験談

佐々木

ここでは、仕事を辞めて良かったと感じている人の体験談を見ていきましょう!

体験談を見ることで、自分が後悔せずに仕事を辞める未来が想像しやすくなりますよ!

ゆり
ほんとだ!

仕事を辞めて良かったと思っている人は多いんですね!

佐々木
そうなんです!

仕事を辞めて良かったと感じている人は多いので、勇気を出して行動しましょう!

次に、仕事を辞めるか悩んでいる人が知っておくべきことをお伝えします!

仕事を辞めるか悩んでいる人が知っておくべきこと

佐々木
それでは、仕事を辞めるか悩んでいる人が知っておくべきことを紹介します!

次の4つのポイントを知っておくことで、客観的に仕事について考えられるようになりますよ!

知っておくべきこと
  1. 年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる
  2. 企業は自分を守ってくれない
  3. 周りの言うことはあてにならない
  4. 自分がいなくても仕事は回る

それぞれ見ていきましょう!

知っておくべきこと1|年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

転職は、基本的に若いほど有利であり、徐々に難易度が上がると言われているため、年齢を重ねるほど選択肢が狭くなります。

そのため、30代以降は必要なスキルや経験が無いとなかなか採用されないため、先々のことを考えて転職に踏み切ることが大切です!

知っておくべきこと2|企業は自分を守ってくれない

近年、大手企業のリストラが多発しているように、企業は自分を守ってくれません。

それどころが、「終身雇用は難しい」という発言が大手企業の社長から出るような時代になっています。

このように、企業が自分を守ってくれる環境は少ないので、自分で自分を守りながら先を見据えて行動していくことが大切です。

知っておくべきこと3|周りの言うことはあてにならない

転職に対して周りの人から否定的な反応をされることもありますが、信じ過ぎないの方が良いでしょう。

なぜなら、何も知らないのに転職に否定的な人は転職未経験者であったり、あなたのことを考えていない場合があるからです。

転職経験がある人など、実体験やアドバイスを聞くのは良いですが、全ての意見を聞き入れる必要はありません。

最終的に決めるのは自分自身ですよ!

知っておくべきこと4|自分がいなくても仕事は回る

自分がいなくても仕事は回ると覚えておきましょう!

なぜなら、人手不足や残業が多い職場の場合、自分がいないと仕事が回らなくなる、迷惑をかけてしまうと思う人が多いからです。

しかし、基本的には自分がいないからといって、会社の運営状況が変わることはありません。

このように、自分がいなくても仕事は回りますし、迷惑が掛かったとしてもそれは一時的で、そのうち滞りなく進んでいきますよ!


佐々木
仕事を辞めるか悩んでいる人が知っておくべきことについてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

知っておくべきこと
  1. 年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる
  2. 企業は自分を守ってくれない
  3. 周りの言うことはあてにならない
  4. 自分がいなくても仕事は回る
ゆり
会社のことを考えると辞めづらかったのですが、自分が辞めても問題ないんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

会社は社員に辞めてほしくないため、辞められると困ると引き留めますが、

あなたが辞めても問題なく仕事は回っていくので、自分のことを第一に考えましょう!

次に、後悔しないための退職の伝え方を紹介します!

後悔しない辞め方|退職の伝え方から転職までの流れ

佐々木
実際、仕事を辞めると決めたあとは、今の会社を退職しなくてはなりません。

退職する際は、その意思を伝える必要があります!

ゆり
退職したいって言えるか不安なんですよね…。

引きとめられそうですし、なかなか言い出せなくて…。

佐々木
そうですよね…

実際に、退職の意思を伝えたところ、次のような引きとめにあった人もいます。

引きとめられるパターン
  • いきなり辞めずに、有給や育児休暇制度を利用するのはどうか
  • 泊まりの勤務がない、日勤のみの勤務に変更してみてはどうか
  • 年度末の忙しい時期だけとりあえず続けてほしい

上司はできるだけ退職者を出したくないため、このような引き留めはよくあるパターンなのです。

そのため、人によって引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

佐々木

スムーズに退職をするためには、次の2点を意識しましょう!

この2点を意識することで、スムーズに会社を辞めることができますよ!

スムーズに仕事を辞める方法
  1. 絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  2. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

1つずつ紹介していきます!

辞める方法1|絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職すると決めた人は「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、上司に話をする前に退職の意思を伝えるのは絶対にやめましょう。

辞める方法2|直接言うのが辛い時は退職届や退職代行サービスを使う

佐々木
直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。


ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

人気の優良求人は早い者勝ち!

仕事を辞めて後悔しないためには事前の対策が重要!

佐々木

今回は、仕事を辞めて後悔しない方法を知りたい人に向けて、

仕事を辞めて後悔するケースや、悔いを残さないための方法などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 仕事を辞めて後悔しないためには一度冷静になることが大切
  • 退職後に後悔している人は勢いで辞めてしまっている
  • 転職に不安がある人は、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!