転職エージェントおすすめランキング13選

仕事に疲れた時の対策方法!疲れる6つの理由&適切な転職方法を解説

仕事に疲れた時の対策方法!疲れる6つの理由&適切な転職方法を解説

この記事では、「仕事に疲れた時の対策方法が知りたい…!という人に向けて、

『仕事が疲れる原因』や『適切な転職方法』などをお伝えしていきます!

仕事が疲れたと感じるものの、どのように対策したら良いか分からず悩んでいる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、仕事に疲れた時の対策方法や適切な転職方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 仕事が疲れる原因が知りたい
  • 仕事が疲れた時の対策方法が知りたい
  • 適切な転職方法を知りたい
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

仕事に疲れた…癒されたいのは心と体の危険なサインかも!

佐々木
仕事に疲れたと慢性的に感じているなら、心と身体の危険なサインかもしれません!

放っておくと、体調を崩してしまうこともあります。

体調を崩してしまう疲れには、具体的に身体的疲労と精神的疲労の2つがあります。

疲労の種類
  • 身体的疲労:オーバーワークによる体調不良
  • 精神的疲労:仕事のストレスや不安による疲労

解消されない場合は、慢性的な疲労になっており、放っておくと危険な状態になる可能性もあります。

次の章から、仕事に疲れたと感じてしまう原因や、その対策方法などを紹介していくので、自分が出来るものから実践してみましょう!

仕事に疲れたと感じてしまう主な理由6選

佐々木
それでは、仕事に疲れたと感じる理由について見ていきましょう。

この理由を知ることで、自分が何故仕事に疲れたと感じているかが分かるようになりますよ!

疲れたと感じる理由
  1. 人間関係が悪い
  2. 職場環境が良くない
  3. 生活習慣が崩れる
  4. モチベーションが無い
  5. 仕事が向いてない
  6. 評価してもらえない

1つずつ見ていきましょう!

理由1|人間関係が悪い

仕事に疲れたと思いきっかけで一番多いのは、職場の人間関係が悪いという理由です。

なぜなら、人間関係が悪いと自分の仕事が正当に評価されなかったり、仕事がやりづらくなってしまうからです。

具体的には、自分の仕事を評価してくれない上司や、小言を言い続けるお局様、成果を横取りする同僚がいる場合も…。

仕事はチーム力が大切なことが多いので、人間関係で悩みが出来ると仕事自体も上手くいかないことが多いです。

また、会社の雰囲気が悪かったり、人間関係に馴染めないと仕事に集中できなくなり、徐々に仕事へ行く足取りも重くなってしまうのです。

理由2|職場環境が良くない

職場環境が良くないと、仕事に行きたくなくなります。

場合によっては、出勤しても仕事が無かったり、仕事が振られないこともあるでしょう。

新人の場合は、社内の新人教育制度が整っていないなど制度が関係していることも多いです。

このように、職場環境や制度が整っていないと、仕事に行っても雑用ばかりになってしまい、不安が多くなるでしょう。

理由3|生活習慣が崩れる

生活リズムが崩れると疲れが取れづらくなるので、身体的な疲れを感じやすいです

さらに、疲れが取れないことで仕事でミスをしたり、ストレスを感じてしまい、精神的な疲れも溜まってしまいます。

このような悪循環が生まれると仕事の効率が落ち、強いストレスを感じることで精神的に追い詰められてしまう可能性もあります。

理由4|モチベーションが無い

自分の仕事に対してモチベーションが無いことも、仕事が疲れたと思う原因のひとつです。

自分に自信が無いことで、仕事でもマイナス面ばかり気にして自分の可能性を潰してしまう人もいますし、

大きなプロジェクトをやり終えて、燃え尽き症候群になっていることもあります。

気分転換として趣味に打ち込んだり、リフレッシュ出来ればよいのですが、何をしても楽しさを感じないときは精神的に疲れている可能性が高いです。

また、負のスパイラルにはまってしまうと、仕事が出来ているにもかかわらず正当な評価が出来ず、悪い面ばかり探してしまいます。

このような場合は、自分で自分を追い込んで精神的に疲れてしまうこともあります。

理由5|仕事が向いてない

仕事が向いていないと感じると、冷静な判断ができなくなり、仕事を辞めたいといったネガティブな感情しか出なくなります。

なぜなら、思い描いていた仕事とのギャップや、自分のスキル不足から仕事に対して拒絶反応が出て、仕事に向き合えなくなるからです。

新しい仕事を始めた時は、なおさら冷静な判断が出来なくなります。

このような状況が続くと、自分を追い込みやすくなるので、精神的疲労が溜まりやすいのです。

理由6|評価してもらえない

頑張っているのに評価してもらえないと、自分が仕事をしている意味を見失い、精神的に疲れてしまいます。

なぜなら、まじめに働いても評価がされないと、給料が上がらず昇給も出来ないことになるからです。

コツコツ頑張っている自分より、サボっている同期や口が上手い後輩が先に出世すると、

自分は評価されないと感じ、モチベーションは下がり、会社への不信感も募っていきます。

このような状況では、会社に行く意味を見出せず上司にも不信感を抱き、仕事を一緒にすること自体にストレスを感じてしまいます。


佐々木
ここまで、仕事に疲れたと感じる理由についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

疲れたと感じる理由
  1. 人間関係が悪い
  2. 職場環境が良くない
  3. 生活習慣が崩れる
  4. モチベーションが無い
  5. 仕事が向いてない
  6. 評価してもらえない
ゆり
このような理由から、仕事に疲れたと感じる人が多いんですね…!
佐々木
そうなんです。

仕事では、様々な外的要因があるため、疲れがたまりやすいです。

慢性的な疲れになり、自分で解消できなくなる前に、手を打つことが大切です!

次に、仕事に疲れた人がすぐにやるべき対策について紹介します!

仕事に疲れた人がすぐにやるべき8つの対策

佐々木
仕事に疲れた人がすぐにやるべき8つの対策を紹介します!

この対策を知ることで、自分に合った疲れの緩和方法が分かりますよ!

仕事に疲れた人がすぐにやるべき対策

◎身体的疲労の場合

  1. 1日ゆっくりと休む
  2. 疲労回復のメカニズムを知る

◎精神的疲労の場合

  1. 長期休暇を取る
  2. 名言を読む
  3. 自分が癒される方法を見つける
  4. 自分の魅力を発見する
  5. 働き方を見直す
  6. 転職を視野に入れて考えてみる

1つずつ見てきましょう!

身体的疲労の場合

佐々木
まずは、身体的疲労の場合の対策から紹介します!

対策1|1日ゆっくりと休む

疲れがひどい場合は、仕事を休み1日ゆっくり休むことが大切です。

なぜなら、1日休んでも疲れが回復しない場合は、慢性的な疲労になっている可能性があるからです。

十分な睡眠を取ったりゆったりをお風呂につかるなど、自分がリフレッシュ出来ることを行いましょう。

ひとことで「疲れ」と言っても、人によって感じ方は様々で、次のように疲れの種類もいくつかあります。

疲れの種類
  • 急性疲労:1日寝ればとれる程度の疲労
  • 亜急性疲労:1週間ほど続く疲労
  • 慢性疲労:6ヶ月以上続く疲労

疲れを無視して働き続けると、自分の体はもちろん、仕事にも影響が出るので、疲労があまりにも続く場合は、医療機関を受診することをおすすめします!

対策2|疲労回復のメカニズムを知る

身体的疲労と精神的疲労は密接に関係しているため、疲労回復のメカニズムを知っておくことは大切です。

例えば、精神的疲労により胃が痛くなることで身体への影響が出てしまい、身体的疲労にも繋がることがあげられます。

また、精神的疲労を感じ続けていると、ストレスを感じやすくなるので、悪循環が始まってしまいます

疲労が慢性的になる前に解消させるためにも、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

疲れを取る5つのポイント
  1. こまめに姿勢を変え筋肉に負担をかけないようにする
  2. 休養をとり心と身体をリフレッシュする時間を持つ
  3. 充分な睡眠をとる
  4. 適度な運動をして筋肉を動かす
  5. 栄養バランスの良い食事を1日3食、よく噛んで食べる

参照:世田谷区保健センター

全てを行うのが大変な人は、出来るものから日常に取り入れてみてくださいね!

精神的疲労の場合

佐々木
次に、精神的疲労の場合の対策について紹介します!

対策3|長期休暇を取る

精神的疲労がある場合は、自分がリフレッシュするための長期休暇を取ることをおすすめします!

なぜなら、仕事の場では様々な情報が飛び交う上に、気を使うことが多いので、頭や心が疲弊しやすくなるからです。

そのため、長期休暇中は仕事のことを考えず、自分のためだけの時間を過ごすことが大切です。

精神的疲労がひどい場合は、この休暇中に医療機関に行くのも良いですね。

有休は誰もが取れる制度ですが、会社によって申請期間が異なるので就業規則を確認したうえで事前に申請しておきましょう。

休むことで職場に戻れなくなるなどの不安を感じる人は、あくまで休暇を取っているだけと考え、深く考えすぎないようにしましょう!

対策4|名言を読む

個人や偉人が残した名言は、仕事で疲れた心を癒したり、前向きな気持ちになるきっかけになったりします。

なぜなら、名言を読むことで新たな気づきが生まれたり、偉業を成し遂げた人でも自分と同じような経験をしていると知ることができるからです。

現在は、名言が載っている本やサイトもおおくあるので、自分に合ったものを探しておくと良いでしょう。

名言には、その言葉を発した人の経験や生き方が映されており、様々な教訓や励ましの言葉があるので、

心に留めておくことで前向きな考え方が出来るようになりますよ!

対策5|自分が癒される方法を見つける

自分が癒される方法を見つけておくことで、疲れが軽い状態で解消できるのでおすすめです!

おいしいものを食べる、好きな映画を見る、友達と会うなど、どんなことでも構いません。

普段身体を動かす機会が少ない人は、朝の散歩やヨガ、簡単なストレッチをすることで血行が良くなり、リフレッシュできることが多いです!

自分を癒す方法はたくさんあるほど良いので、思いついたときにメモを残しておくと、疲れた時にすぐ回復しやすくなりますよ!

対策6|自分の魅力を発見する

仕事に対する自信を失ったことで精神的に疲れているなら、自己分析などを行って自分の魅力を発見することをおすすめします!

なぜなら、自分の魅力を発見することで前向きな気持ちになれるだけでなく、仕事との向き合い方も分かる可能性が高いからです。

簡単に自己分析を行いたい人は、リクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」がおすすめです!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果
佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

対策7|働き方を見直す

仕事の疲れがある程度軽減してきたら、働き方を見直すこともおすすめです。

疲れがたまっていると冷静な判断が出来ませんが、疲れが減ってくるとどのように働くけば自分にとっての負担が減るか見えてくると思います。

会社によって風土や制度は違いますし、次のように働き方も多様化しています。

働き方
  • 時短正社員制度:週40時間勤務より短い時間で働ける
  • 在宅勤務正社員:会社に通勤せずに自宅で業務を行う
  • 週3・週4勤務の正社員:週3~4回の通勤勤務で働く

このように、正社員でも様々な働き方が可能になっているので、自分にとってどのような働き方が良いか柔軟に考えてみましょう!

また、時短勤務で働いて、残りの時間は副業と組み合わせて収入を得るなどの、仕事や働き方に対する視野を広げることも大切です。

対策8|転職を視野に入れて考えてみる

ずっと同じ仕事をしてるとマンネリ化してしまい、「仕事をしたくない」「仕事がつまらない」と思うこともあります。

このような場合は、転職を視野に入れて考えてみることをおすすめします!

なぜなら、求人情報を見るだけでも気分転換になったり、セミナーなどで外部の人との交流することで視野が広がるからです。

転職を視野に入れて行動することで、今いる環境を改めて見直すことが出来ますし、さらにやりたいことが見つかる可能性があります。

気になる仕事があった場合は、後悔しないために良く調べてから転職するか判断してくださいね!


佐々木
ここまで、疲れた人がすぐにやるべき対策を紹介しました!

まとめると次の通りです!

仕事に疲れた人がすぐにやるべき対策

◎身体的疲労の場合

  1. 1日ゆっくりと休む
  2. 疲労回復のメカニズムを知る

◎精神的疲労の場合

  1. 長期休暇を取る
  2. 名言を読む
  3. 自分が癒される方法を見つける
  4. 自分の魅力を発見する
  5. 働き方を見直す
  6. 転職を視野に入れて考えてみる
ゆり
ありがとうございます!

このような対策を行えば、疲れを溜め過ぎずに済むんですね!

佐々木
そうですね!

なるべく疲れが軽いうちに対策をすることが大切ですよ!

対策をしても疲れが取れずに会社を辞めたいと思っているなら、転職するのもありですよ!

次に、転職について紹介します!

仕事に疲れて会社を辞めたいなら転職もあり!

佐々木
疲れが取れずに会社を辞めたいと思っているなら、失敗を最小限に抑えて転職活動を行える…

転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントがおすすめな理由
転職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえます!

転職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く混ざっていたり、求人サイトは1人で就活を進める必要があるのでブラック企業を見極めにくかったりします。

転職エージェントについて

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的に転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 転職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

おすすめ転職エージェント5選

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

複数登録や転職エージェントについて知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、会社を穏便に辞める方法を紹介します!

仕事に疲れて会社を辞めたい必見!穏便に辞めるコツ

佐々木

実際に転職活動がうまく進み、転職先が決まれば次は今の会社を退職しなくてはなりません。

退職する際は、その意思を伝える必要があります!

ゆり

退職したいって言えるか不安なんですよね…

引きとめられそうですし、なかなか言い出せなくて…

佐々木

そうですよね…

実際に、退職の意思を伝えたところ、次のような引きとめにあった人もいます。

引きとめられるパターン
  • いきなり辞めずに、有給や育児休暇制度を利用するのはどうか
  • 泊まりの勤務がない、日勤のみの勤務に変更してみてはどうか
  • 年度末の忙しい時期だけとりあえず続けてほしい

上司はできるだけ退職者を出したくないので、このような引きとめはよくあるパターンなのです。

そのため、人によって引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

佐々木

そこで、スムーズに医療事務を退職をするために、次の2点を意識しましょう!

この2点を意識することで、効率的に医療事務を辞めることができますよ!

効率的に、医療事務を辞める方法
  1. 絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  2. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職すると決めた人は「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに医療事務を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。


ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、今の仕事を辞める前によく考えるべきことについて説明します!

今の仕事を辞める前によく考えるべきこと

佐々木
それでは、今の仕事を辞める前によく考えるべきことについて紹介します!

次の3つを行うことで、転職成功率がグッと高まりますよ!

仕事を辞める前に考えるべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う

1つずつ説明していきます!

考えるべきこと1|次の職場でやりたいことを明確にする

実際に転職届けを出す前に、まずんな仕事に転職するのかを明確にしておくことが大切です。

焦って転職先を決めると、転職を繰り返す結果になるリスクもあります。

佐々木

焦って転職先を決めて、転職を繰り返して今後のキャリアに影響してしまった人もいます。

考えるべきこと2|応募先が求めていることを理解する

応募先が求めていることを理解することも大切です。

応募先が求めていることを理解せずに転職活動を進めてしますと、思うように転職活動が進まないこともあります。

佐々木

実際に、自分一人で応募先が求めていることを理解するのは難しい場合が多いです。

転職を成功させる為にもプロのエージェントを利用することをおすすめします。

考えるべきこと3|プロに相談して転職先のリサーチを行う

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

プロのエージェントに相談しながら転職先のリサーチを行いましょう!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

職種だけではなく、どんな条件・待遇で求人を探すのかを決めておくと、より自分に合った求人を探しやすいです。

佐々木

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。


佐々木
ここまで、今の仕事を辞める前によく考えるべきことについて紹介しました!

まとめると次の通りです!

会社を辞める前に考えるべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う
ゆり
会社を辞める前には、このようなことを考えることが大切なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

転職する際は、後悔しないためにも在職中に転職活動を進めることが大切ですよ!

仕事に疲れたなら、今すぐ対策を実践すべき!

佐々木
この記事では、仕事に疲れた時の対処法などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 疲労には身体的疲労と精神的疲労がある
  • 疲れが軽いうちに対策することが大切
  • 疲れて会社を辞めたい時は転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!