新聞記者を辞めたい人必見!転職活動で活かせる経験&おすすめの職業

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「新聞記者を辞めたいと悩んでいる人に向けて、

『新聞記者の主な退職理由』や、『おすすめの転職先』などをお伝えしていきます!

新聞記者の仕事は、実は様々な理由から、辞めたいと考えている人が多い職業でもあります。

無理して働き続けることは危険なので、少しでも辞めたいという気持ちがあるなら、早めに行動するようにしましょう。

この記事を最後まで読めば、新聞記者から転職する方法が分かり、今すぐ動き出せますよ!

この記事がおすすめな人
  • 新聞記者を辞める方法を知りたい
  • 新聞記者の経験やスキルを活かせる転職先が知りたい
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

新聞記者から転職はできないを辞めたい…?知っておくべき転職の壁

ゆり
新聞記者は転職が難しいという噂を聞いたのですが、実際のところはどうなんでしょうか?
佐々木

確かに、場合によっては新聞記者からの転職は難しい場合もあります。

しかし、正しい転職活動を行えば新聞記者からでも転職は十分可能ですよ!

具体的な説明に入る前に、まずは新聞記者の転職事情から見ていきましょう!

転職活動が厳しくなる可能性がある

結論から言うと、新聞記者の転職活動は少し厳しい道のりになります。

なぜなら、新聞記者の仕事を通して身に付く「広報能力」や「執筆力」は転職市場のニーズが薄くなっている傾向にあるからです。

ニーズが薄れている理由としては、ITの発展による新聞の購読の量低下や、文章執筆の外注が主流になってきている点があります。

しかし、新聞記者からの転職活動が全く不可能というわけではなく、正しい転職活動を行えば新聞記者からでも、転職は十分に可能なので安心してください!

専門性が高い人は転職しやすい

先ほど、新聞記者からの転職は厳しい道のりと説明しましたが、何か専門的な知識がある新聞記者は転職の際に重宝される傾向にあります。

なぜなら、最近の報道や取材は専門性を重視する傾向があるので、専門記者として活躍できる人材は会社に欲しいと考えているのです。

役に立つ専門知識
  • IT
  • 医療
  • 金融
  • 通信
  • グローバル
このような知識は、強みになりますよ!


ゆり
新聞記者の中でも、何か専門的な知識を持っている人は、市場価値が高いのですね。
佐々木

はい、その通りです!

また、知識に自信がない方でもこの記事を通して正しい転職活動の方法を学べば、転職は十分可能ですよ!

次の章では、新聞記者を辞めたい人の理由を説明します!

新聞記者を辞めたい人の主な退職理由5選

佐々木

この章では、新聞記者を辞めたい理由を見ていきましょう。

新聞記者を辞めたい理由は人それぞれですが、一般的には次の理由が多いです。

辞めたい理由
  1. 締め切りに終われるのがつらい
  2. 残業が多い
  3. 業界の将来が不安
  4. 文字を書くことに飽きた
  5. 副業ができない

それでは、順番に見ていきましょう!

理由1|締め切りに終われるのがつらい

佐々木
1つ目の理由は、締め切りに終われるのがつらい点です!

新聞記者は仕事柄、締め切りは厳守です。

毎日毎日締め切りに追われることは、身体的にも精神的にもきつく、辞めてしまう人も多いのです。

理由2|残業が多い

佐々木
2つ目の理由は、残業が多い点です!

新聞記者の仕事は執筆以外にも取材もあります。

事件の取材などは深夜まで同行する必要があるものも少なくないので、取材が立て続きに入ると残業も増えてしまいます。

理由3|業界の将来が不安

佐々木
3つ目の理由は、業界の将来が不安な点です!

先ほども少し説明した通り、現在新聞購読者数は減少しています。

また、行部数も年々落ちている状態です。

そのため、業界の将来性に不安を感じ、新聞記者を辞める人も少なくないのです。

理由4|文字を書くことに飽きた

佐々木
4つ目の理由は、文字を書くことに飽きた点です!

新聞記者の仕事の大半は、文字を書くことです。

そのため何年か新聞記者の仕事をしていると、文字を書くこと自体に飽きてしまう人も多くいます。

理由5|副業ができない

佐々木
5つ目の理由は、副業ができない点です!

新聞社の中には、副業を禁止している会社が存在します。

現在、副業をすることは当たり前になりつつあるので、副業ができないのは社員にとって仕事を辞める原因になるようです。


新聞記者を辞めたい理由をまとめると、次の通りです!

辞めたい理由
  1. 締め切りに終われるのがつらい
  2. 残業が多い
  3. 業界の将来が不安
  4. 文字を書くことに飽きた
  5. 副業ができない
ゆり
新聞記者ならではの悩みが存在するのですね…
佐々木

はい、その通りです!

少しでも仕事を辞めたいと感じているのであれば、体や心を壊す前に転職することをおすすめします!

次の章では、転職活動で活かせる!新聞記者ならではの経験・スキルについて解説します!

転職活動で活かせる!新聞記者ならではの経験・スキル

佐々木

この章では、転職活動で活かせる新聞記者の経験やスキルについて解説します。

次の5つの経験やスキルを活かすことで、転職成功の確率はグンと上がりますよ!

転職活動で活かせる経験・スキル
  1. 語学力
  2. 文章力
  3. 専門分野の知識
  4. 体力・精神力
  5. 人脈

それでは、順番に解説していきます!

活かせる経験・スキル1|語学力

新聞記者として外国の題材を扱っていた人は、そこで身につけた語学力を転職活動の際にアピールできます。

語学力の高さは転職の際に評価されやすいスキルの1つなので、語学力に自信がある人はその強みを推していきましょう!

活かせる経験・スキル2|文章力

新聞記者として何年か働いた経験がある人は、一般の人よりも文章力が高いはずです。

自分にし書けないような表現力のある文を書ければ、市場価値も高まりますよ!

活かせる経験・スキル3|専門分野の知識

専門分野の知識が豊富なことは、転職活動の際に有利に働きます。

新聞記者の仕事は仕事柄、専門分野の知識が身につきやすいので、

その知識を転職活動の際にうまくアピールすれば、転職の成功率をあげることができます。

活かせる経験・スキル4|体力・精神力

新聞記者の仕事は、早朝から深夜にかけて取材をすることも珍しくないので、勝手に体力や精神面が鍛えられている可能性が高いです。

どの職種で働くにしても、体力や精神力は大事なので、新聞記者の仕事で経験したきつい仕事のエピソードを上手に語れば、転職成功率をあげることができます。

その際に、あまりネガティブに仕事の経験を言うのではなく、その困難をどのように乗り切ったのかを説明することがポイントになります。

活かせる経験・スキル5|人脈

新聞記者の仕事は、自分ならではの人脈を構成しやすい職業でもあります。

人脈が多いことは、多くの人から信頼されている証拠になったり、外交能力が高いことをアピールする武器になります!


転職活動で活かせる、新聞記者の経験やスキルをまとめると、次の通りです!

転職活動で活かせる経験・スキル
  1. 語学力
  2. 文章力
  3. 専門分野の知識
  4. 体力・精神力
  5. 人脈
ゆり
新聞記者の経験やスキルは転職活動で武器になるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

自分の経験やスキルをうまくアピールして、転職成功の確率を上げていきましょう!

次の章では、新聞記者からの転職でおすすめの職業を紹介します!

新聞記者からの転職でおすすめの職業一覧

佐々木

この章では、新聞記者からの転職でおすすめの職業を紹介します。

次の5つの職業は、新聞記者の経験やスキルをフルに活用できる職業ですよ!

おすすめの職業
  1. AO事務
  2. 営業
  3. MR
  4. 大手メーカー企業
  5. 広告代理店

それでは、順番に見ていきましょう!

おすすめ1|AO事務

AO事務の仕事は、書類作成の仕事がメインなので、新聞記者の仕事を通して培った文章構成能力を活かすことができます!

また、BtoBの仕事なので、土日休みがメインで残業時間も少ないです。

年収約300万円
おすすめ
ポイント
  • 文章構成能力を活かせる
  • 土日休み
  • 残業が少ない

おすすめ2|営業

営業職の仕事は、顧客とのコミュニケーションが1番大事な要素になってきます。

そのため、コミュニケーション能力に自信がある人は、営業職への転職がおすすめです。

年収約440万円
おすすめ
ポイント
  • コミュニケーション能力を活かせる
  • 自分の成績次第で給料が上がる

おすすめ3|MR

MRとは、製薬会社や医療機器メーカーに勤務する仕事です。

病院へ医療商材の販売を行ったり、医療情報を提供したりするのが、メインの業務になります。

新聞記者の仕事で医療知識を身につけていた人におすすめの職業です!

平均年収567万円
おすすめ
ポイント
  • 医師や薬剤師と対等に話をできる
  • 給与水準が高く設定されている

おすすめ4|大手メーカー企業

大手企業メーカーは、メーカーの営業ではお客様の問題を把握して、解決に導く仕事です。

メーカーに転職すると、新聞記者で経験した『コミュニケーションスキル』『提案力』を活かせる機会が多くなります。

平均年収約465万円
おすすめ
ポイント
  • コミュニケーション能力が活かせる
  • 提案力が活かせる

おすすめ5|広告代理店

広告代理店の仕事は、コンペを通して、代理店と広告制作権をとったり、実際に広告を制作する仕事です。

広告代理店の仕事は、新聞記者同様に納期があったり、残業が多い仕事なので、新聞記者の仕事で培った精神力や体力を活かすことができます。

平均年収約467万円
おすすめ
ポイント
  • 体力の高さを活かせる
  • 精神力の高さが活かせる

新聞記者からの転職でおすすめの職業をまとめると、次の通りです!

おすすめの職業
  1. AO事務
  2. 営業
  3. MR
  4. 大手メーカー企業
  5. 広告代理店
ゆり
この5つが新聞記者からの転職でおすすめなんですね!
佐々木

はい、その通りです!

この5つの職業であれば、即戦力として働けること間違いなしです!

次の章では、転職エージェントについて説明します!

失敗を防ぐために、転職エージェントに相談すべき!

佐々木

新聞記者からの転職を成功させたいのであれば、

転職のプロである「転職エージェント」を活用して、転職することをおすすめします!

あなたに合う求人を紹介してくれることはもちろん、自己分析や面接対策のサポートを行ってくれます!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

次に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「マイナビ」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、実際に新聞記者を辞めて転職した人の体験談を紹介します!

新聞記者を辞めた人の体験談

佐々木

この章では、実際に新聞記者を辞めた人の体験談を紹介します!

実際に辞めた人の事例を見ることで、新聞記者を辞めることがイメージしやすくなるはずです!

ゆり
実際に、新聞記者を辞めた人は多くいるのですね!
佐々木

はい、その通りです。

そのため、新聞記者の仕事がどうしても辛いなら、体や心を壊してしまう前に転職することをおすすめします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

新聞記者を辞めたいなら、転職のプロに相談を!

佐々木

今回は、新聞記者を辞めたいと思っている方に向けて、

新聞記者の主な退職理由や、おすすめの転職先をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 新聞記者からの転職は難しいが、やり方によっては転職はできる
  • 新聞記者の経験やスキルを活かせる職業に転職することで、即戦力として活躍できる
  • 転職を成功させたいなら、転職エージェントを使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう1度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!