転職エージェントおすすめランキング13選

医療事務から転職したい!経験者50人の辞めたい理由&おすすめの転職先

医療事務から転職したい!経験者50人の辞めたい理由&おすすめの転職先

この記事でお伝えすること
  • 医療事務経験者の辞めたい理由4選
  • 医療事務からの転職でおすすめの業界
  • 医療事務からの転職を成功させる方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「医療事務を辞めたいけど、別の職種に転職できるの?

「そもそも医療事務の人は、どんな理由で転職しているの?」

…と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、医療事務から転職したい方に向けて、

医療事務からの転職でおすすめの業界転職を成功させる方法などを紹介します!

この記事を読めば、医療事務から転職する方法が分かり、安心して転職活動を進められますよ!

医療事務から転職したい!経験者の辞めたい理由4選!

佐々木

まずは、医療事務を辞めたい理由についてお伝えします!

あなたが抱えている悩みは、他にも多くの方が抱えている可能性もあるので、確認していきましょう!

医療事務を辞めたい理由
  • 給料が低い
  • 教育制度が整っていない
  • 人間関係が複雑
  • 残業が多い

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:給料が低い

とにかく給料の安さに悩んでいる医療事務の方はたくさんいます…。

実際に、医療事務の平均年収は254万円となっており、一般事務よりも安い年収です。

あくまでも平均年収なので、地方や小規模の施設で働く医療事務の人は、さらに安い年収に悩んでいるケースもあります。

佐々木

安月給ながら、業務負担が大きい環境もあるので、

「わりに合わない…」と転職を考える人がたくさんいます。

理由2:教育制度が整っていない

医療事務は覚える仕事がとても多いのですが、教育体制が整っていない環境もたくさんあります。

毎日毎日些細なミスで怒られ、忙しい現場では「できて当たり前」なんて態度を取られることもあるでしょう…。

窓口業務を一人で担当することもあり、たとえ資格があっても不安な時があります。

佐々木

教育体制が整っていない分、先輩にも仕事について聞きづらく、

なかなか慣れない仕事に悩んで、転職を考える人がたくさんいます。

理由3:人間関係が複雑

医療事務は、ほとんどの職員が女性です。

そのため、女性が多い職場特有の雰囲気があり、人間関係が複雑な職場も多々あります。

一見華やかに見えても、裏では陰湿ないじめが行われていることも多く、決して楽な職場とは言えません。

佐々木

新人が入ってくるたびに、私服や化粧に関する指摘を入れるなど、

陰湿ないじめに耐えられなくなり、転職先を探す人もいます…。

理由4:残業が多い

事務職といえば、残業も少なく、休日がしっかりあるイメージも強いですが、医療事務は逆です。

特に月初と月末は残業が多く、日付を超えるまで働いている医療事務の人も実際にいます。

環境によっても大きく異なりますが、医師や看護師から仕事を丸投げされ、残業をしながら対処しなければならないこともあります…。

佐々木
とにかく残業が嫌で医療事務を辞めたいと思っている人は、たくさんいますよ。

佐々木
以上が、医療事務を辞めたいと思う主な理由です。
医療事務を辞めたい理由
  • 給料が低い
  • 教育制度が整っていない
  • 人間関係が複雑
  • 残業が多い
ゆり
医療事務の人は、様々な理由から転職を考えているんですね…。
佐々木

そうなんです。

どの悩みも抱え続けると、自分自身が苦しくなってしまいます…。

そのため、少しでも医療事務を辞めたいと思っているのであれば、

転職エージェントに登録して悩みを相談し、働きやすい求人を紹介してもらうことをおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

次の章では、医療事務を辞めたい人が考えるべき、悩みの解決策についてお伝えします!

転職する前に考えるべき!医療事務を辞めたい人の解決策

佐々木

それでは、医療事務を辞めたいと悩んでいる方に、解決策をお伝えします!

今持っている悩みを解決するためにも、次の3つの解決策を確認していきましょう!

医療事務を辞めたい人の解決策
  1. 診療情報管理士としてキャリアアップする
  2. 医療事務の管理職になる
  3. 医療事務を辞めて転職する

それぞれの解決策について詳しくお伝えします!

解決策1:診療情報管理士としてキャリアアップする

診療情報管理士は、診療記録のデータをもとに、医療の安全管理や病院経営に寄与する仕事をします。

医療事務という立場は変わりませんが、より質の高い仕事に携われるので、一般的な医療事務より高待遇を受けられます。

なお診療情報管理士の資格は、医療事務の仕事を続けながら取得出来るのでおすすめですよ!

佐々木
給与面に悩んでいる方は、診療情報管理士を目指すのもおすすめです!

解決策2:医療事務の管理職になる

経験が浅い人には厳しいかもしれませんが、知識と経験に自信があるなら、医療事務の管理職を目指すのも良いでしょう!

実際、多くの病院やクリニックでは幅広い業務を任せられる人を求めています。

幅広い業務というのは、レセプト業務だけでなく、処方箋窓口、カルテ管理、入退院受付、病棟クラークなどが考えられます。

これらを請け負えるマルチタスクを身につけ、ある程度のキャリアを積めば、管理職としても活躍できるでしょう。

佐々木

管理職になれば給料が上がるだけでなく、より経営者に近い立場でやりがいを感じながら働けますよ!

解決策3:医療事務を辞めて転職する

医療事務の仕事に疲れてしまった人は、無理に仕事を続ける必要はありません。

無理して激務やストレスと戦い続けても、身体を壊してしまったら、元も子もないので、早めに転職することを考えましょう。

転職のパターンとしては、次の2つがあります。

医療事務からの転職パターン
  1. 一般事務に転職する
  2. 他業種に転職する

それぞれのパターンについて簡単に説明します。

パターン1:一般事務に転職する

医療事務での経験を活かして、一般事務に転職する人も多いです。

医療事務の時は、残業や給料の安さに悩んでいた人でも、

一般事務に転職し、残業なし、土日休み、好きな時に有給が使えたり、給料も増えたり

といった好条件を手に入れた人がたくさんいます。

パターン2:他業種に転職する

もちろん、全くの他業種に転職する人もいます。

実際大きな理由があった訳でもなく、なんとなくで医療事務になった人もいるので、

他の条件の良い業種への転職を目指す人は多くいます。

佐々木

医療事務から転職したいなら、自分に合う転職先を探すためにも、

まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
以上が、医療事務を辞めたい人が考えるべき解決策です!
医療事務を辞めたい人の解決策
  1. 診療情報管理士としてキャリアアップする
  2. 医療事務の管理職になる
  3. 医療事務を辞めて転職する
ゆり
キャリアアップを目指したり、他業種に転職したり、いろんな方法で解決できるんですね!
佐々木

そうですね!

ただ失敗を防ぐためにも、安易に解決方法を決めるのではなく、慎重に判断する必要がありますよ!

次の章では、医療事務からの転職でおすすめの業界や職種をお伝えします!

医療事務からの転職におすすめの業界・職種一覧

佐々木

それでは、医療事務からの転職でおすすめの業界や職種をお伝えします!

転職先選びで迷っている人は、参考にしてください!

医療事務から一般事務への転職でおすすめの業界

佐々木

まずは、医療事務から一般事務への転職でおすすめの業界です!

医療事務から一般事務への転職を目指す人はたくさんいます!

接遇スキルやPCスキルに関しては、医療事務の経験で身についているので、

一般事務への転職であれば、すぐに業務に馴染めるでしょう。

また、女性だけの職場では無くなる確率が高いので、人間関係の悩みから解消される可能性もあります。

佐々木
具体的に、次の業界への転職がおすすめです!
一般事務への転職でおすすめ
  • 広告
  • 出版
  • IT
  • 一般メーカー
ゆり
一般事務への転職を目指すなら、この業界がおすすめなんですね!
佐々木

はい!

医療事務としての経験は、どの業界のオフィスワークでも重宝されますよ!

一般事務の平均年収347万円
おすすめ
ポイント
  • 残業が少なく土日休みが多い
  • どの業界でも役立つスキルが身につく
必要な資格なし

医療事務からの転職におすすめの職種

佐々木
次に事務職以外で、医療事務からの転職におすすめの職種を紹介します!
おすすめの職種
  • 営業職
  • 広報
  • 受付

それぞれの職種についてお伝えします!

おすすめの職種1:営業職

営業職は、人手不足に悩んでいる企業が多くなっています。

そのため、営業経験がなくても、社会人経験があれば、企業によっては即戦力として大歓迎される場合もあるでしょう。

特に、医療事務を辞めたい若い方にはおすすめで、スキルを磨き経験を積めば、収入を大幅にアップできる可能性もありますよ!

平均年収507万円
おすすめ
ポイント
  • 成績次第では年収が上がりやすい
  • コミュニケーション能力が活かせる
必要な資格なし
佐々木

人前に立って仕事をしていきたい人は、営業職はおすすめです!

おすすめの職種2:広報

広報は、企業の窓口となる職種で非常に人気があります。

しかし、年代に関係なく転職可能な職種であり、経験のある30代や40代から広報に転職する人も多くなっています。

企業のトラブル対応や危機管理も広報の重要な仕事なので、

医療事務として資料作成や顧客対応などを行ってきた経験は、大いに活かせるでしょう。

平均年収440万円
おすすめ
ポイント
  • 未経験からでも転職できる可能性が高い
  • 書類作成や顧客対応などの経験が活かせる
必要な資格なし
佐々木

プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力に自信のある人は、広報への転職はおすすめです!

おすすめの職種3:受付

病院やクリニックの顔として活躍してきた医療事務の人は、物事を説明する能力に長けている人が多いのも特徴です。

そのため、受付に転職しても、各企業の顔としてすぐに活躍できるでしょう!

一見座っているだけの仕事に思えますが、企業によっては社内を動き回る立ち仕事もあるので、

気配りや自ら考えて行動できる人が向いているでしょう。

平均年収319万円
おすすめ
ポイント
  • 求人が豊富にあり転職先を探しやすい
  • 企業によっては秘書業務も任せてもらえる
必要な資格なし
佐々木

受付として働ける女性を探している企業は、たくさんありますよ!


佐々木
以上が、医療事務からの転職でおすすめの職種です!
おすすめの職種
  • 営業職
  • 広報
  • 受付
ゆり

こういった職種への転職がおすすめなんですね!

佐々木

はい!

各業界や職種の情報に関して詳しく知りたい方は、転職エージェントに相談してみましょう!

転職のプロとしての目線で、あなたにとって本当に合う業界や職種を教えてくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

次の章では、医療事務からの転職を成功させる方法をお伝えします!

医療事務からの転職を成功させるための方法

佐々木

この章では、医療事務からの転職を成功させるための方法をお伝えします。

これから紹介する7つのことを抑えておけば、より有利に転職活動を進められますよ!

転職を成功させる方法
  1. 複数の転職エージェントを利用する
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます。

ポイント1|複数の転職エージェントを利用する

転職を成功させるためには、複数の転職エージェントを利用すべきです。

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

また、複数の転職エージェントを利用していることを担当者に伝えることも大切です!

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

複数登録にもっと知りたい方は、次の記事をご覧ください。

ポイント2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。

ポイント3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう

また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります。

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう。

ポイント4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

ポイント5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

担当変更については、次の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

ポイント6|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

ポイント7|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれます。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ゆり
まずは誠意を持って、転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

転職を成功させる方法
  1. 複数の転職エージェントを利用する
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
佐々木
これだけのポイントを知っておけば、かなり効率よく医療事務からの転職が進められますよ!

実際におすすめの転職エージェントは、次の3社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、医療事務から一般事務に転職する場合の志望動機についてお伝えします!

医療事務から一般事務に転職する場合の志望動機【例文あり】

佐々木

それでは、医療事務から一般事務に転職する場合の志望動機についてお伝えします!

志望動機は転職の成功を左右する大きな要素です。

例文も紹介するので、参考にしてください!

良い志望動機を作成するには、しっかりと自己分析を行い、自分の強みや弱みを把握する必要があります。

また、把握して自分の特長をしっかりと伝えられるかどうかも大切です。

佐々木
医療事務から一般事務への転職では、次のようなことをアピールし、

即戦力として活躍できることを強調しましょう!

志望動機でアピールすべきこと
  • コミュニケーション能力
  • 事務スキル(WordやExcelなど)
  • 事務処理能力(データ入力や書類作成など)

加えて、決してネガティブなことは書かないようにしましょう!

できるだけポジティブな内容の志望動機を作成すれば、仕事に対して前向きな印象を与えられます。

佐々木
それでは参考例として、志望動機の例文を紹介しておきます!
志望動機の例

現在、医療事務として都内の総合病院に勤務しています。主にレセプト業務を担当しており、仕事内容自体に不満はありません。しかしながら、私個人が提供している価値や貢献度が見えにくいと感じているのも事実です。

そこで、Web事業を展開している御社では、チームとしてのコミュニケーションや顧客対応など、よりリアルに人と関われる仕事ができると知り、興味を持ちました。

コミュニケーション能力はもちろん、事務スキルなど、これまでの経験で得た知識を活かしながら、自分自身の提供価値が見えやすい環境で働きたいと思い、御社を志望しました。

佐々木
志望動機は、ポジティブな内容はもちろん、

なぜ転職先で働きたいのかがしっかり伝わるように作成しましょう!

次の章では、医療事務からの転職でよくある質問を紹介します!

【Q&A】医療事務からの転職でよくある質問まとめ

佐々木
それでは、医療事務からの転職でよくある質問と回答をお伝えします!

質問1:医療事務を辞めて後悔した人はいない?

医療事務を辞めて転職した人で、全員が後悔していないわけではありません。

もちろん、正しい方法で転職活動を行い、慎重に自分に合う転職先を見つけた人は、転職の成功を実感できています。

ただし、安易に転職先を決めたり、転職先に求める条件が曖昧だった人は、後悔するケースも実際にあります。

佐々木

転職して後悔したくないなら、本当に辞めるべきかどうかをよく考え、

自分が求めている条件に合う転職先を、慎重に探しましょう!

質問2:医療事務からの転職の面接でよく聞かれる質問は?

どの職種や業界への転職でも同じですが、これまでの仕事での実績や成功・失敗の体験などは質問されるでしょう。

真剣に仕事に取り組んでいれば、何かしら語れる体験があるはずです。

「特にない」と答えてしまうと、仕事で成功したいという意欲が薄く、なんとなく仕事をしてきた人と思われてしまいます。

佐々木
決して自慢話をするのではなく、謙虚な姿勢で実績や成功体験を語り、

これまでの経験から得たものを、転職先で活かしたいことを伝えましょう!

医療事務からの転職だけではないですが、次の記事でも面接の質問に関することをまとめているので、参考にしてください!

質問3:医療事務からの転職は何歳までできる?

転職する職種や業界にもよりますが、基本的に何歳でも転職は可能です!

特に20代や30代と若いうちは、応募できる求人が数多くあるので、転職先の選択肢が多いでしょう。

また、40代50代になれば、求人数は減りますが、これまでの経験を活かして、管理職としての転職も目指せます。

佐々木

実際に、自分の年齢で応募できる求人がどれくらいあるか調べたい人は、

『リクナビNEXT』で求人を検索してみましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木

以上が、医療事務からの転職でよくある質問です。

医療事務から転職したいと感じたら…まずはプロに相談してみよう

佐々木

今回は、医療事務から転職したい方に向けて、

医療事務からの転職でおすすめの業界転職を成功させる方法などを紹介しました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 医療事務を辞めたい人は給与の低さや人間関係に悩んでいる
  • 医療事務から一般事務への転職を目指す人はたくさんいる
  • 医療事務から転職したい人は転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

医療事務から転職する方法が良くわかりました!

佐々木

よかったです!

それでは最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが医療事務から転職に成功できることを願っています!