転職エージェントおすすめランキング13選

日本生命の営業職を辞めたい…主な退職理由6選&正しい転職の全知識

日本生命の営業職を辞めたい...主な退職理由6選&正しい転職の全知識

この記事では、「日本生命の営業職を辞めたいと悩んでいる人に向けて、

『よくある辞めたい理由』や、『転職に成功する方法』などをお伝えしていきます!

日本生命の営業職は、自分の成績が会社の売上に直結する職種です。

その分やりがいもありますが、思うような成績が残せないと、上司から怒られたり、社内での居場所が無くなってしまうことも…。

そんな厳しい環境に疲れてしまい、日本生命の営業職を辞めたいと思ってしまう人はたくさんいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、日本生命の営業職から転職する方法が分かり、自分に合う転職先を見つけられますよ!

この記事がおすすめな人
  • 日本生命の営業職を辞める方法を知りたい
  • 今すぐ日本生命の営業職を辞めるべきかどうか
  • 日本生命の営業職を辞めてキャリアアップできるか
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

日本生命の営業職を辞めたい…無理して働き続ける危険性

佐々木

まず、辞めたいと思いながら無理して働き続けることの危険性についてお伝えします!

日本生命の営業職を辞めたいと悩んでいるのであれば、早い段階で無理し続ける危険性を知っておきましょう!

日本生命の営業職では、ノルマの厳しさや残業の長さ、給料の不安定さなど、正社員として働きながらも多くの方が辞めたいと悩んでいます。

日本生命に限ったことではないですが、実際に生命保険会社の営業職として働く人が、年間どれくらい退職しているかが分かるデータを紹介します。

このデータの「登録営業職員数」に注目してください!

登録営業職員数とは、生命保険会社の営業職として働く人の数を指しています。

登録営業職員数の推移
平成20年度:24万8,481人
平成27年度:22万9,668人
佐々木
実際、7年間で1万8,000人以上もの営業職の人が、保険業界全体で減少していることが分かります。
ゆり
毎年かなり多くの人が、生命保険会社の営業職を辞めているんですね。
佐々木

そうなんです…。

IT分野の発達によって、スキルアップのために新しい道に進む人もいますが、

それ以上に「保険営業は厳しい」というイメージがあるように、仕事の大変さから退職する人がたくさんいます。

実際、次のような口コミもありました。

思っていた通り厳しい世界...

保険会社の営業職って思っていた通り厳しい世界ですね…。

ノルマに追われることはもちろん、体育会系の雰囲気もあり、上司や同僚との接し方や人間関係にも悩まされています。給料も成績が上がれば高いけど、成績が安定していない分、毎月バラバラです。

ここ数ヶ月もう少し安定した仕事に就きたいと思いながら、疲れた体でなんとか仕事をしている感じです。

転職相談:26歳・男性・年収400万円台

佐々木

理由はともあれ、辞めたいと思いながら仕事を続けるのは、心にも身体にも負担がかかるので危険です。

少しでも辞めたいと悩んでいるなら、環境を変えることを考えましょう。

心や身体が限界に達する前に、悩んでいるならまず転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

転職のプロとしてあなたの悩みに寄り添いながら、最適なアドバイスをしてくれるでしょう。

佐々木
日本生命での営業経験を活かして働ける環境はたくさんあるので、早めに行動を始めましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、日本生命の営業職でよくある辞めたい理由を紹介します!

日本生命の営業マン辛い…よくある辞めたい理由6選

佐々木

それでは、日本生命の営業職でよくある辞めたい理由をお伝えします!

実際、退職者がどんな理由で日本生命を辞めているのか確認してみましょう!

よくある辞めたい理由
  1. 営業ノルマが厳しい
  2. サービス残業が多い
  3. 職場の人間関係が複雑
  4. 土日も顧客対応で追われる
  5. 給与が安定しない
  6. スキルアップが望めない

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:営業ノルマが厳しい

どの営業職の仕事にも言えることですが、ノルマの厳しさは最も多い辞めたい理由の一つです。

ノルマが達成できれば、高給与や昇格も期待できますが、精神的なプレッシャーが非常に大きく、余程タフでなければ務まらない仕事です。

たとえ休日や営業時間外であっても、「ノルマ」「成約」「数字」という言葉が頭の中を埋め尽くし、心が休めなくなる人もいます…。

佐々木
努力してもなかなか契約が取れず、「この仕事が向いてない」と営業職を辞める人がたくさんいます。

理由2:サービス残業が多い

勤務地によっては、一応定時の時間は決まっているものの、仕事量の多さから残業が長くなるケースもあるようです。

残業した分、給料が増えれば良いですが、サービス残業という形で働いた分の給料が支払われていないこともあります…。

接待による残業、外回りによる残業など、「営業職は残業代が出ないのが当たり前」という言葉も聞きますが、サービス残業はれっきとした違法行為です。

佐々木
ノルマを達成するまで帰れない雰囲気もありますが、その分残業代はしっかりと払ってもらいましょう。

理由3:職場の人間関係が複雑

職場の人間関係に悩まされ、日本生命を退職する人もたくさんいます。

仕事でよく関わるのは営業部の社員やスタッフですが、どこか体育会系の雰囲気もあり、上手く馴染めない人もいるでしょう。

同じ営業職の社員は仲間でありつつも、ライバルでもあるので、自分より成績が下の人には、強い態度で接してくることもあります…。

上司が厳しいのはもちろんですが、それ以前に同僚との関係を良好に保てないこともあるでしょう。

佐々木

また成績が出ないと、親戚や友人に生命保険商品を売りに行くこともあります。

そうなれば、親しかった人にも毛嫌いされ、人間関係が崩れることもあるでしょう。

理由4:土日も顧客対応で追われる

「土日の方が家にいるから、もう一回説明しに来てくれる?」

なんてことをお客さんに言われると、土日でも顧客対応のために出勤しなければなりません。

契約のためと思って仕事に繰り出すものの、せっかくの休日が潰れてしまって、プライベートの時間は無くなってしまいます…。

休日はしっかり休んで気持ちを切り替えないと、平日の仕事も疲れてモチベーションが上がらないでしょう。

佐々木

特に結婚している人は、家族との時間が少なくなることで、家族から転職を促されることもあるようです。

理由5:給与が安定しない

実績を上げられると、それに応じたボーナスも入ってきますが、契約が取れないと給料は安定しません。

管理職になれば、給料も安定しますが、毎月ノルマを達成し、上司からの信頼を勝ち取らないと管理職に抜擢されることはないでしょう。

本当は給料に関する文句を言いたくても、そもそも成績を出していないと反論する立場にもなれないという思いから、

安月給で我慢しながら働いている営業職の人はたくさんいるでしょう。

佐々木

仕事において、給与の安定はかなり重要なポイントです。

ノルマや長時間の残業同様、給与に関する退職理由も多くなっています。

理由6:スキルアップが望めない

日本生命の営業職は忙しい仕事をしている分、スキルアップも可能に思えますが、実際は難しいです。

生命保険という昔からある商品を取り扱っている以上、新しい企画を考えても通りにくいのが現状となっています。

上司からすれば、「スキルアップよりもとにかくノルマを達成してほしい」と思っている傾向があり、営業職の仕事で自分を高めるのは厳しいでしょう。

佐々木
毎日同じ業務の繰り返しに飽き、将来のためにスキルアップできる仕事を求めて、

日本生命から転職を決意する人もたくさんいます。


佐々木
以上が、日本生命の営業職を辞めたい主な理由です。
よくある辞めたい理由
  1. 営業ノルマが厳しい
  2. サービス残業が多い
  3. 職場の人間関係が複雑
  4. 土日も顧客対応で追われる
  5. 給与が安定しない
  6. スキルアップが望めない
ゆり
ノルマの厳しさ、残業の多さ、人間関係など、いろんな理由で辞めたいと思っている人がいるんですね。
佐々木

そうなんです…。

日本生命の営業職として、長く仕事を続けることも立派なことですが、

それ以上に日々の業務の辛さから、一日でも早く抜け出したいと考えている人がたくさんいるんです。

次の章では、実際に日本生命の営業職から転職する方法をお伝えします!

失敗を最小限に抑えて、日本生命の営業職から転職する方法

佐々木

それでは、日本生命の営業職から転職する正しい方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、転職を成功させるためには「転職エージェント」を使うべきです!

転職エージェントについて

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、日本生命の営業職から転職を成功させるためには、

転職エージェントを活用するのがおすすめなんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木

それでは具体的に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、実際に日本生命の営業職から転職した人の体験談を紹介します!

日本生命の営業職はブラックすぎ…転職体験談まとめ

佐々木

それでは、日本生命の営業職から転職した人の体験談を紹介します!

転職に成功した人、失敗した人それぞれ紹介するので参考にしてください!

日本生命の営業職から転職|成功者の体験談

佐々木
まずは、転職に成功した人の体験談を紹介します!
精神的に楽になった!

日本生命の営業職→IT企業の企画・マーケティング職

新卒で日本生命の営業職に就きましたが、3年間勤めて退職し、今はIT企業の企画・マーケティング職として働いています。

営業時代はとにかくノルマが厳しくて、毎月必死で働いていたことを覚えています。正直心も身体もキツかったですね…。

今の仕事は特にノルマもないんですが、その分仕事中に周りを見る余裕ができ、細かいミスが無くなったり、新しいアイディアが思いつくようになったと思います。

給与自体はそれほど変わりませんが、精神的に楽な気分で仕事ができるようになりました!

転職相談:27歳・男性・年収400万円台

今の仕事の方が自分に合ってる!

日本生命の営業職→製造メーカーの事務職

始めは総合職として入社しましたが、3年働いた後に営業職として配属されました。正直営業の仕事はやりたくなかったので、毎日辛かったです。体育会系の雰囲気もあるし、人間関係もあまり良好ではなかったので、自分の居場所をなかなか作れなかった感じです。

今は転職して製造メーカーの事務職として働いていますが、今の仕事の方が自分に合っていると思います。ガツガツ働きたい人は営業の仕事が良いかもですが、自分はプライベートも大事にしたいタイプなので。

転職相談:31歳・女性・年収400万円台

ゆり
実際に、日本生命の営業職を辞めて良かったと思っている人がいるんですね!
佐々木

はい!

正しい方法で転職活動を行い、自分らしく働ける環境を見つけている人はたくさんいますよ!

日本生命の営業職から転職|失敗者の体験談

佐々木
ただ、転職したことを失敗と思っている人もいるので確認しておきましょう。
総合職は楽じゃなかった...

日本生命の営業職→別の保険会社の総合職

もともと日本生命で営業職をやっていました。今は別の保険会社で総合職をやっていますが、日本生命の方が条件的にも良かったです。給与面はもちろんですが、労働時間もですね。営業やってる頃は総合職は楽そうと思っていましたが、そうでもなかったです…。

転職相談:29歳・女性・年収400万円台

次の仕事が見つからない...

転職先見つからず

転職先選びで困っています…。

とにかく今の仕事を辞めたいのですが、次の仕事が見つかりません。ちなみに今の仕事は日本生命の営業職です。

年齢は30代後半ですし、年齢的に新しい仕事を始めるのは厳しいんですかね。営業経験もあるし、勝手にどこでも働けると勘違いしていました。でも今の仕事を続ける気はありません。最悪正社員じゃなくて、契約社員で良いから仕事がほしいです。

転職相談:36歳・男性・年収400万円台

ゆり

転職に失敗して後悔するのは避けたいですね…。

今の仕事と条件面を比較しながら、慎重に取り組まないと…!

佐々木

そうですよね…。

失敗しないためにも、勢いで転職先を決めたりすることは危険です!

慎重に転職活動を進めるためには、「転職エージェント」に相談してみるのが良いですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、日本生命の営業職を辞めたい人におすすめの転職先をお伝えします!

日本生命の営業職を辞めたい人におすすめの転職先

佐々木

それでは、日本生命の営業職を辞めたい人におすすめの転職先をお伝えします!

転職先選びに迷っている方は、参考にしてください!

おすすめの転職先
  1. 金融業界
  2. 異業種の法人営業
  3. 事務職
  4. 企画・マーケティング職
  5. 保険代理店

それぞれの転職先についてお伝えします!

転職先1:金融業界

生保・損保・銀行・証券などと同業界である、金融業界への転職はおすすめです!

日本生命の営業職での経験を活かせるので、未経験業種に転職するよりも、楽に転職できるでしょう。

また、金融業界に転職する場合は、実績を細かく質問されることが多くなっています。

佐々木
毎月の営業成績、達成率など、具体的に数字で示せるよう準備しておきましょう。
年収の目安446万円
おすすめポイント
  • 年収アップできる可能性が高い
  • 日本生命の営業職経験を活かせる

転職先2:異業種の法人営業

未経験の業種でも、法人営業であれば転職はしやすいです。

もちろん、同じ営業職としてこれまでの経験が面接でアピールできます。

そして何より法人営業であれば、法人相手の仕事になるので、土日休みで休日出勤の数も減るでしょう。

多少なりのノルマはありますが、給与面も安定しているので、安心して仕事を続けられます!

佐々木
家族との時間を作りやすいのもおすすめポイントですよ!
年収の目安444万円
おすすめポイント
  • 土日休みの職場が多い
  • 給与も安定している

転職先3:事務職

事務職と営業職は、真逆のような仕事ですが、実は営業職から事務職に転職する人は多くなっています。

営業ノルマが嫌だった、体育会系の雰囲気が苦手だったなど、営業職特有の悩みを持った人が、真逆の働き方を求めることもあるのです。

実際、営業職をしていた人は、コミュニケーション能力にも長けているので、事務職でも同僚と上手く仕事を進めることはできるでしょう。

佐々木

コツコツとした作業を続けられる粘り強さと集中力を持っていれば、

事務職への転職が一番良いかもしれませんよ!

年収の目安330万円
おすすめポイント
  • ノルマに追われることなく働ける
  • コミュニケーション能力が活かせる

転職先4:企画・マーケティング職

企画やマーケティング職への転職もおすすめです。

そもそも営業職は、お客様に自分の考えを提案したり、市場調査から担当商品の販売促進をしたりと、マーケティングに関わる仕事をしています。

実際、営業職の人の中には、資料作りから企画・提案・販売まで、一通りの仕事をこなしてきた人もいるでしょう。

佐々木
お客様のニーズを調べたり、日々の努力を欠かさず営業を頑張ってきた人は、

企画・マーケティング職でも同じように活躍できるでしょう!

年収の目安490万円
おすすめポイント
  • 一から商品を売る力を身に付けられる
  • 会社の経営陣と近い目線で仕事ができる

転職先5:保険代理店

保険代理店は、店舗にお客様が来て、保険の相談や加入手続きのサポートをする仕事になります。

基本的に店舗内で仕事をするので、営業職の頃のように外を走り回る必要はありません。

また、保険に興味を持っているお客様が話を聞きにくるので、冷遇されたり嫌な思いをしなくて良いでしょう。

佐々木
ストレスフリーの環境で働きたいなら、保険代理店も転職先の候補の一つですよ!
年収の目安392万円
おすすめポイント
  • 外回りの業務がない
  • 対応するお客様が保険への興味が強い

佐々木
以上が、日本生命の営業職からの転職でおすすめの転職先です!
おすすめの転職先
  1. 金融業界
  2. 異業種の法人営業
  3. 事務職
  4. 企画・マーケティング職
  5. 保険代理店
ゆり

金融業界や法人営業、事務職などがおすすめなんですね!

佐々木

はい!

日本生命の営業職での経験を活かせますし、条件面的にも比較的働きやすい仕事ばかりですよ!

次の章では、日本生命の営業職からの転職を成功させるポイントをお伝えします!

日本生命の営業職からの転職を成功させるポイント

佐々木

それでは、日本生命の営業職から転職を成功させるポイントをお伝えします!

お伝えするポイントを理解しておけば、転職成功率がグッと高くなりますよ!

転職成功のポイント
  1. これまでの営業成績をアピールする
  2. 体力・精神力をアピールする
  3. 前向きな退職理由を用意する

それぞれのポイントについてお伝えします!

ポイント1:これまでの営業成績をアピールする

応募書類や面接で、これまでの実績を上手くアピールすることはどの仕事に転職する上でも重要です!

日本生命の営業職からの転職であれば、営業成績や契約実績などをしっかりとアピールしましょう。

具体的に、何円の商品を何件契約できたのか、といった数字の実績が格好のアピール材料になります。

佐々木
在職期間中の成績を整理することはもちろん、良いアピールができるよう、

退職までに1件でも良い案件の獲得を目指しましょう!

ポイント2:体力・精神力をアピールする

日本生命の営業マンとして、きつい仕事を続けてきた体力・精神力もアピールすべきポイントです!

どの企業の人事担当も、生命保険会社の営業職の辛さはある程度理解していますし、ストレス耐性も感じ取ってくれるでしょう。

もちろん、面接でキツかったことだけを話すのではなく、そんな辛い仕事の中で、何がやりがいだったかを話すのも良いでしょう。

佐々木
体力と精神力があり、真っ当に仕事を頑張ってきたことをアピールすれば、

人として気に入ってもらえる可能性がありますよ!

ポイント3:前向きな退職理由を用意する

契約が取れず、上司からのプレッシャーや給与の減額に耐えられず、日本生命の営業職を辞める人もいると思います。

しかし、面接で退職理由を聞かれた時、そのままネガティブな理由を伝えるのではなく、前向きな理由を伝えるべきです。

ネガティブな退職理由を伝えても、「大変なことは分かった上で、営業マンになったんでしょ?」と低評価を受けるだけです…。

前向きな退職理由を用意すれば、面接官を納得させられます。

佐々木
営業成績などで嘘をつくのはいけませんが、

営業スタイルや会社の考え方は、いくらでも変換できるので、説得力がある理由を用意しましょう!


佐々木
以上が、日本生命の営業職からの転職を成功させるポイントです!
転職成功のポイント
  1. これまでの営業成績をアピールする
  2. 体力・精神力をアピールする
  3. 前向きな退職理由を用意する
ゆり
これらのポイントを意識して、転職活動に臨めば良いんですね!
佐々木

はい!

面接で上手く自分をアピールできれば、希望の転職先で働けますよ!

退職理由の参考例や面接でよく聞かれる質問を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

日本生命の営業職を辞めたいなら、まずはプロに転職相談を!

佐々木

今回は、日本生命の営業職を辞めたいと思っている方に向けて、

よくある辞めたい理由や、転職に成功する方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 日本生命の営業職は、ノルマも厳しく、給料は安定していない
  • 転職を成功させたいなら、転職エージェントを使うべき
  • これまでの営業成績は転職活動で大きなアピールポイントになる
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!