転勤のない仕事の探し方|おすすめの職業5選&知っておくべき転勤の制度

転勤のない仕事の探し方|おすすめの職業5選&知っておくべき転勤の制度

この記事では、「転勤がない仕事を探したい…」と思っている人に向けて、

『転勤がないおすすめの仕事』や、『転勤のない仕事の待遇』などをお伝えしていきます!

転勤は、自分だけでなく、家族にも負担がかかるため、できる限り避けたいと思っている人はたくさんいます。

この記事を最後まで読めば、転勤のない仕事が分かり、転勤を告げられる不安なく働くことができますよ!

この記事がおすすめな人
  • 転勤のない仕事を紹介してほしい
  • そもそも転勤しないといけない理由を知りたい
  • 転勤のない仕事の探し方を知りたい
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

そもそもなぜ企業が社員を転勤させるのか

転職エージェントの佐々木
佐々木

まず始めに、なぜ企業が社員を転勤されるのかをお伝えします!

会社で転勤が行われる理由について、まずは理解していきましょう。

転勤は、会社の中で行われる人事異動の一つです。

転勤ありの会社に入社すれば、数年おきに転勤を命じられるケースが当たり前のようにあります。

具体的に、転勤を命じられる理由は、前向きな理由とそうではない理由があります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転勤を命じられる理由を、具体的に書き出してみると次のようになります。
転勤を命じられる理由

◎前向きな理由

  1. 組織全体の活性化のため
  2. 社員のスキルアップのため

◎前向きではない理由

  1. 事業の縮小に伴って
  2. 左遷や懲戒解雇に伴って
転職希望者のゆり
ゆり
転勤が命じられる理由には、前向きなものと前向きではないものがあるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

基本的には前向きな理由が多いですが、会社の業績が悪くなったり、社員の悪事による転勤も存在します。

多くの場合、スキルや実力があるからこそ転勤を命じられます。

ただ、社員一人ひとりには様々な事情があり、家族と一緒に暮らしたいと思っている人にとって、転勤を命じられることはかなりの痛手です…。

しかしながら、場合によっては転勤を命じられても拒否することは可能です!

次の章では、転勤の制度について詳しくお伝えします!

転勤って拒否できるの?知っておくべき制度について

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転勤の制度についてお伝えします!

転勤を断れないケースと、断れる可能性があるケースの違いを確認していきましょう!

転勤を断れないケース

まず転勤を断れないケースとしては、入社時に渡される就業規則に転勤の規定が明記されている場合です。

就業規則に転勤の可能性があるということが書かれている場合は、それを分かった上で入社していると考えられるので、拒否することは難しいでしょう。

それでも拒否した場合は、会社の規定に逆らったことになり、懲戒処分をの対象になる可能性もあります…。

何気なく受け取って熟読するのを忘れがちですが、入社が決まった時点で、就業規則は細かい内容までしっかり読んでおくべきです。

転職エージェントの佐々木
佐々木

絶対に転勤したくないと思っている人は、注意深く就業規則をチェックしておきましょう!

転勤を断れる可能性があるケース

次の3つの場合は、転勤を断ることができる可能性があります!

断れる可能性があるケース
  1. 勤務地限定採用の場合
  2. 家庭の事情でやむを得ない場合
  3. パワハラなどの職権乱用の場合

この3つの場合は、転勤を断れる可能性があります。

少しでも自分が当てはまる可能性があるなら、転勤を命じられても、上司に相談してみましょう。

ただし、余程正当な理由がない限り、転勤を拒否するのは難しいと考えておいた良いでしょう。

転勤の規定が、就業規則に明記されていなくても、一般的に企業には大きな人事権が認められています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
そのため、転勤を拒否するのであれば、それなりの理由を用意してから相談に行くべきです!

基本的に、転勤を断ることはなかなか難しいので、絶対に転勤したくない人は、仕事選びから注意すべきです!

次の章では、転勤のない仕事を紹介していきます!

転勤のない仕事5選!就職や転職におすすめの職業・業界

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転勤のない仕事を紹介します!

転勤したくない人は、就職や転職の際にお伝えする仕事を候補に入れてみましょう!

転勤のない仕事
  1. 地方公務員
  2. インフラ業界
  3. IT業界
  4. 看護師
  5. 事務職

それぞれの仕事についてお伝えします!

仕事1:地方公務員

地方公務員は、地域に根ざした仕事が多いため転勤がありません。

地方公務員の仕事は、地域住民の生活や産業に寄り添って、働きやすい・暮らしやすい地域の環境を整えていくことです。

実際に、人事交流などで市役所から都道府県庁などに派遣されることもありますが、数時間の出張程度で、長期的な転勤はありません。

役所や公立学校、図書館、福祉施設などが勤務地になりますが、長い間同じ環境で働き続けている人もたくさんいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
地方公務員になるには、公務員試験を受験する必要がありますが、

基本的に高卒以上であれば、誰でも受験することができます!

仕事2:インフラ業界

インフラ業界の仕事は、会社ごとに担当エリアが決まっており、地域性が強い業界のため転勤がほとんどありません。

具体的には電気、ガス、水道、鉄道関係の仕事が当てはまります。

会社によって仕事内容は異なりますが、どんな業務を担当することになっても、自社の管轄エリア内で行うものです。

大手のインフラ企業に就職すれば、支社内での転勤はありますが、それほど範囲は広くないので、引越しなどは避けられるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
インフラ業界の仕事では、管工事施工管理技士、電気主任技術者など、資格が必要になる場合も多いですよ!

仕事3:IT業界

IT企業で行っている仕事のほとんどは、場所に縛られない仕事です。

そのため、エリアに関係なく仕事ができることが多いので、わざわざ転勤を命じる企業は少なくなっています。

クライアントとの打ち合わせに伴う出張などはありますが、転勤はほぼ無いと考えて良いでしょう。

また、働く場所に縛られない仕事なので、会社に出社せず、在宅での仕事が認められているケースもあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
IT系の会社はベンチャー企業も多く、そもそも転勤先を持っていない会社が多いことも特徴です。

仕事4:看護師

看護師の仕事は、基本的に採用された病院1ヶ所で仕事をするので、転勤はありません。

ただし、病院内で内科から小児科などの人事異動を命じられることはあるでしょう。

看護師は、医療技術を用いて、患者の健康を守ることが仕事です。

そのため、病院側からしても、転勤しながら転々と働くのではなく、長期的に1ヶ所で働き、患者のことを覚えてほしいという思いもあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
看護師は、医師の検査の補助を行うこともあるので、

医師との呼吸を合わせるためにも、同じ環境で長く働いてほしいと思われているのです!

仕事5:事務職

事務職も転勤がない仕事の一つです。

実際、事務職の場合、求人の条件に「転勤なし」と記載している会社が数多くあります。

社員だけでなく、事務職はパートやアルバイトの人も多く、自宅の近くで働きたいと思って入社する人がほとんどです。

大手企業であれば、長い間本社で働けますし、地域に根付いた中小企業でも、会社の規模から考えて転勤はほぼありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
事務職は女性に人気の仕事であり、転勤せず同じ環境で長く働けるので、

家事や育児との両立も実現できる代表的な仕事の一つです!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転勤のない仕事です!
転勤のない仕事
  1. 地方公務員
  2. インフラ業界
  3. IT業界
  4. 看護師
  5. 事務職
転職希望者のゆり
ゆり
これらの仕事は、転勤がないんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

絶対に転勤したくないという人には、これらの仕事はおすすめですよ!

一方、次の仕事は転勤が多いと言われています。

入社してから後悔しないためにも、あらかじめ覚えておきましょう!

転勤が多い仕事
  • 建設会社
  • 商社
  • 銀行員
  • 国家公務員
  • 金融業界
  • 自衛官
転職エージェントの佐々木
佐々木

これらの仕事や業界は、全国的に支社や営業所を持っていることが多く、転勤が頻繁に行われています。

絶対に転勤したくない人は、これらの仕事は避けることをおすすめします。

次の章では、転勤がない仕事の給与や待遇面についてお伝えします!

転勤のない仕事を選べば給与や待遇面で不利になる?

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、転勤がない仕事の給与や待遇面についてお伝えします!

結論からお伝えすると、転勤のない仕事を選んでも、必ずしも給与や待遇が不利になるとは限りません。

基本的に、求人の内容や職種にもよりますが、

元々転勤なしの会社であれば、一般的な会社と比べても、給与や福利厚生が極端に悪くなることはありません。

ただ会社によっては、「エリア限定社員」と「全国転勤社員」といった形で採用枠を設けている場合もあります。

このような求人の場合は、全国転勤社員に比べて、エリア限定社員は若干給与などが下がる場合もあるでしょう。

転職希望者のゆり
ゆり
エリア限定社員を選べば、若干待遇が悪くなる場合もあるということですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね。

ただし、もともと転勤がない会社を希望すれば、

求人の数は減りますが、転勤がないことを理由に待遇が悪くなることはほぼありませんよ!

実際に、転勤なしの仕事でも年収1,000万円近く稼いでいる人もいます!

次のような口コミの投稿もありました。

給料はそこそこ良い

実家から離れたくなかったので、エリア社員として転勤なしの仕事をしています。具体的には、インフラ関係の仕事です。

待遇に関しては、給料もそこそこ良いですし、福利厚生も充実しているので満足しています。前に上司に話を聞いたところ、転勤を希望してもそれほど待遇は変わらないそうです。自分的には同じ上司のもとで働けるので、転勤なしの方が評価も上がりやすいと思っています!

転職相談:男性・29歳

待遇には大満足

私は転勤なしの条件で仕事を探し、転職先を決めました。今は自宅近くのIT系の中小企業で働いています。

転勤なしですが、待遇には大満足しています。給与も前職と変わりませんでしたし、むしろ福利厚生が今の方が充実しているので、今の仕事の方が働きやすいです。結婚して子供もいるので、待遇はかなりシビアにチェックして仕事を探しましたが、転勤がないからと言って待遇が大きく落ちることはほとんどなかったですね。

転職相談:女性・33歳

転職エージェントの佐々木
佐々木

お伝えした通り、転勤がない仕事だからといって、待遇が悪くなるケースはほぼありません。

しっかりと自分が希望している条件を整理し、納得できる求人を探してみましょう!

次の章では、転勤のない仕事を探すときの正しい方法をお伝えします!

転勤のない仕事を探すときの正しい方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転勤のない仕事を探すときの正しい方法をお伝えします!

仕事選びで失敗しないためにも、正しい探し方を理解しておきましょう!

仕事探しの方法
  1. 規模が小さい中小企業を選ぶ
  2. 営業職よりも内勤職を狙う
  3. 転職サイトで転勤なしの条件で求人を検索する
  4. 転職エージェントで希望に合う求人を紹介してもらう

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:規模が小さい中小企業を選ぶ

会社が、本社のみの比較的小さな規模であったり、店舗数が少ない中小企業であれば、転勤の心配はありません。

長年働き続ければ、業務の拡大によって支社を作るなんて考えも出てきますが、当面の間は同じ勤務地で働き続けられるでしょう。

反対に、国内外にたくさんの支社を持つ大企業に入ると、転勤が頻繁にある可能性が高いので要注意です。

最近では、中小企業でも支社を持っているところもあるので、できる限り規模の小さな会社を選びましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転勤したくないのであれば、大企業の求人を探さず、中小企業を中心に応募してみることをおすすめします!

方法2:営業職よりも内勤職を狙う

会社によっても異なりますが、一般的に内勤職よりも営業職の方が、転勤が頻繁に行われています。

そのため、転勤したくない人は、営業職ではなく、事務、経理、総務、人事などの内勤職を狙うべきです。

特に、本社の内勤として働いている人は、他部署に回されにくい傾向があります。

また、その部署や職種でしか活かせない特別なスキルを持っていれば、同じ環境で重宝され、転勤になる可能性が低くなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
転勤をしないためにも、スキルを身につけることは重要になってきます!

方法3:転職サイトで転勤なしの条件で求人を検索する

転職サイトで求人を検索する時に、条件を転勤なしに設定して仕事を探すのもおすすめです。

細かい検索条件を設定できる転職サイトもありますし、転勤なしの選択肢がなければ、キーワードに打ち込んで検索をかけてみましょう。

検索すれば、仕事の詳細やおすすめポイントなどに、転勤なしのワードが含まれている求人がヒットします。

勤務地の選択もできるので、転職サイトを上手く活用すれば、転勤なしの仕事をいち早く見つけられますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
数ある転職サイトの中でも、求人数No. 1を誇る「リクナビNEXT」はおすすめですよ!
おすすめの転職サイト

他の転職サイトの情報も知りたい方は、次の記事をご覧ください!

方法4:転職エージェントで希望に合う求人を紹介してもらう

効率よく転勤なしの仕事を見つけたいなら、転職エージェントの活用もおすすめです!

転職エージェントは、担当のキャリアコンサルタントが付き、転職活動全体のサポートを行ってくれるサービスです。

これまでの経験をもとに、あなたの希望に合う求人を紹介してくれます!

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、希望に合う仕事を早く見つけられるんですよ!

具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転勤のない仕事を探すときの正しい方法です!
仕事探しの方法
  1. 規模が小さい中小企業を選ぶ
  2. 営業職よりも内勤職を狙う
  3. 転職サイトで転勤なしの条件で求人を検索する
  4. 転職エージェントで希望に合う求人を紹介してもらう
転職希望者のゆり
ゆり
これらの方法で、仕事を探せば良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

特に転職エージェントは、無料で充実したサポートを提供してくれるので、ひとまず登録しておくべきですよ!

次の章では、転勤のない仕事に就職・転職した人の体験談を紹介します!

転勤のない仕事に就職・転職した男女の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、転勤のない仕事に就職・転職した人の体験談を紹介します!

男女別に紹介していくので、体験談として参考にしてみましょう!

転勤のない仕事に就職・転職した男性の体験談

転勤のない仕事に就職・転職した女性の体験談

転勤の心配なく働けている

うちは夫婦とも働いていますが、私は約3ヶ月前に転職しました。理由は転勤を避けたかったからです。

夫と家の購入も検討しており、これから生まれる子供の子育てのことも話していました。以前私が勤めていた仕事は、転勤ありだったので、家を購入はできないし、子育ても環境が変われば大変になると思い転職を決意。転職エージェントを使って、転勤なし・前職と待遇が変わらないような仕事を紹介してもらいました。おかげで転勤を命じられる心配なく、働けています!

転職相談:30歳・女性


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転勤のない仕事に就職・転職した人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
たくさんの人が、転勤なしの仕事に就職や転職できているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

正しい方法で探せば、自分が希望する条件に合う仕事をすぐに見つけられますよ!

次の章では、転勤することによって生じるメリット・デメリットをお伝えします!

転勤によって生じるメリット・デメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転勤によって生じるメリット・デメリットをお伝えします!

良し悪しを理解して、より転勤に対する理解を深めましょう!

転勤によって生じるメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、転勤によって生じるメリットからお伝えします!
転勤するメリット
  1. 給料が増える場合が多い
  2. 昇進できる可能性が高い
  3. 新鮮な気持ちで仕事ができる

それぞれのメリットについてお伝えします!

メリット1:給料が増える場合が多い

転勤することで、給料が増える場合もあります。

環境を変えてもらう代わりに給料を上げる会社もあれば、地方勤務手当を出している会社もあります。

また、県外に転勤することで発生する引っ越し代、家賃などを負担してくれる会社もあるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
実際、給料アップという条件があるからこそ、転勤を承諾している会社員の人もいます!

メリット2:昇進できる可能性が高い

転勤して昇進できる人もたくさんいます!

いわゆる出世というもので、転勤によって別の支社や営業所の大事なポジションを任されるパターンです。

昇進できる人は、それなりの信頼を得ていて、結果を出せると判断したからこそ転勤を命じられています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転勤先で結果を残せば、さらなる昇進や給料アップが期待でき、重要な役職を任される可能性もあります!

メリット3:新鮮な気持ちで仕事ができる

転勤すれば、良くも悪くも住む場所、働く場所が変わるので、新鮮な気持ちを持つことができます。

仕事の環境が変われば、新たな出会いがありますし、人間的に大きく成長できるチャンスもあります。

また、生活面でも新しい土地に馴染むことで、自分の趣味が見つかったり、私生活にもメリハリが生まれるでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木
普通に働いていれば、なかなか環境を変えることは難しいのですが、

転勤があれば、強制的に新鮮な気持ちで過ごせるようになりますよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転勤によって生じるメリットです!
転勤するメリット
  1. 給料が増える場合が多い
  2. 昇進できる可能性が高い
  3. 新鮮な気持ちで仕事ができる
転職希望者のゆり
ゆり
転勤すれば、給料が増えたり、昇進できる可能性が高いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

転勤にはメリットもあるので、しっかり理解しておくべきですよ!

転勤によって生じるデリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、転勤によって生じるデメリットをお伝えします!
転勤するデメリット
  1. 人間関係を構築するのが大変
  2. 家族に負担がかかってくる
  3. 引越しの手続きが面倒

それぞれのデメリットについてお伝えします!

デメリット1:人間関係を構築するのが大変

転勤して働く環境が変われば、人間関係を一から構築する必要があります。

転勤先で出勤し始めた頃は、社内外での挨拶回りはもちろん、名刺を交換するなどして、コミュニケーションの機会がたくさん出てきます。

しかしながら、人間関係が良好ではない職場があるのも事実です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
毎回同じように、上司と部下が協力している働きやすい環境に配属されるとは限りません。

デメリット2:家族に負担がかかってくる

転勤は、自分だけでなく家族にも負担がかかるものです。

結婚している人であれば、パートナーに仕事を変えてもらう必要が出てきたり、子供がいる人は、当然転校しないといけません。

単身赴任という選択肢もありますが、子育てをパートナーに任せっきりにしたり、たまにしか会えないことはお互いかなりのストレスになります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
家族への負担を考え、転勤したくないと希望を出す人はたくさんいます。

デメリット3:引越しの手続きが面倒

引っ越しの手続きに関しては、会社に任せるのではなく、基本的に自分でやらないといけません。

仕事の合間を見て、住民票を移動させたり、引っ越しのための荷物の整理をしていく必要があります。

もちろんですが、その期間休みが貰えるわけではないので、普通に働きながら引っ越しの手続きをするのは、体も心も疲弊することになります。

転職エージェントの佐々木
佐々木

引っ越しの手続きは、何かと面倒なこともたくさんあります。

もし転勤することになった時には、早め早めに準備を進めることをお勧めします。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転勤によって生じるデメリットです!
転勤するデメリット
  1. 人間関係を構築するのが大変
  2. 家族に負担がかかってくる
  3. 引越しの手続きが面倒
転職希望者のゆり
ゆり
人間関係が大変だったり、家族への負担も出てくるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

こういったデメリットがあるからこそ、多くの人が転勤したくないと考えているんですよ。

転勤のない仕事に就きたい人は、正しい方法で仕事を探すべき!

転職エージェントの佐々木
佐々木

今回は、転勤がない仕事を探したいと思っている方に向けて、

転勤がないおすすめの仕事や、転勤のない仕事の待遇をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 前向きな理由での転勤と、前向きではない理由の転勤が存在する
  • 転勤を命じられると、それなりの理由がない限り基本的に断れない
  • 転勤したくない人は、そもそも転勤がない仕事に就職や転職すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!