転職エージェントおすすめランキング13選

看護師を辞めたい、辛い…向いてない人の特徴と理由&おすすめの転職先

看護師を辞めたい、辛い...向いてない人の特徴と理由&おすすめの転職先

この記事でお伝えすること
  • 看護師を辞めたいと悩むよくある理由5選
  • 看護師を辞めるべき人と続けるべき人の特徴
  • 看護師から転職を成功させる方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「職場の人間関係が辛くて、看護師を辞めたいと思っている…

「看護師をやってるけど、将来が不安で辞めたい…」

…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、看護師を辞めたいと思っている方に向けて、

看護師を辞めたいと思うよくある理由辞めるべき人の特徴などを紹介します!

この記事を読めば、看護師から転職を成功させる方法がわかり、迷うことなくすぐに行動できますよ!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

看護師辞めたい、しんどい…と思ったら重大なミスが起きる前に行動すべき

佐々木

まず始めに、看護師を辞めたいと思っている人に最も大切なことをお伝えします!

もし、看護師を辞めたくて悩んでいるなら、早めに行動を始めるようにしましょう!

実際、看護師になることが夢だった人でも、いざ仕事を始めてみると、様々な悩みが出てきて辞めたくなることは多々あります…。

看護師は人の命にも関わる仕事なので、無理をしながら仕事を続けると、重大なミスを起こしてしまう可能性もありますよ…。

ゆり

たしかに、悩みを抱えながら仕事を続けるのは良くないですね…。

佐々木

そうですね…。

なかには、無理をし続けて悩みがどんどん大きくなり、結果的にうつ病を発症してしまった人もいます。

佐々木

1度体を壊してしまうと、その後のキャリアにも影響が出てきます。

そのため、少しでも看護師を辞めたいと思っているのであれば、

転職エージェントに登録して悩みを相談し、働きやすい求人を紹介してもらうことをおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
佐々木

もちろん登録しても、やっぱり転職しないという結果でも大丈夫です!

自分の視野を広げるためにも、気軽に相談してみることをおすすめします!

次の章では、看護師によくある辞めたい理由についてお伝えします!

看護師がストレスで辛い…よくある辞めたい理由5選

佐々木

それでは、看護師によくある辞めたい理由についてお伝えします!

あなたが抱えている悩みは、他にも多くの看護師が抱えている可能性もあるので、確認していきましょう!

看護師を辞めたい理由
  1. 女性が多く人間関係が複雑
  2. 人手不足で仕事量が多い
  3. 医療事故が不安で怖い
  4. 夜勤が辛く体力が持たない
  5. 残業が多くプライベートの時間がない

それぞれの理由について詳しくお伝えします!

理由1:女性が多く人間関係が複雑

どの業界の職場にも人間関係はありますが、女性が多い看護師の職場はより複雑と言われています。

1日の大半を過ごす職場で、大勢の人と関わりながら仕事をする看護師は、常に人に気を使う仕事です。

上下関係や派閥に振り回されることもあり、面倒なことに巻き込まれても、同じ病院にいる以上、逃げ場がないと言えるでしょう…。

佐々木
人間関係に関する悩みが多いのは、女性が多い職場ならではの理由でもあります!

理由2:人手不足で仕事量が多い

人手不足からくる業務量の多さに悩んでいる人もたくさんいます。

看護師の数自体は、年々増えているものの、まだまだ看護師の数が需要に追いついていない状況にあります。

その結果、一人ひとりの業務量が多く、身体への負担の大きさから辞めたいと悩むことが多いようです…。

佐々木
とにかく体力的にも精神的にも苦しい…と悩んでいる看護師はたくさんいます。

理由3:医療事故が不安で怖い

医療事故を起こすのが不安…と悩んでいる看護師もいます。

人の命に関わる仕事だからこそ、やりがいも大きいですが、同時にプレッシャーも大きな仕事です。

特に責任感の強い人ほど、仕事に対するストレスを溜め込んで、気がつくと身体を壊してしまうケースもあります。

佐々木
慣れてくれば少し楽な気持ちで仕事もできますが、

若手の看護師は責任感に耐えられないこともあるようです。

理由4:夜勤が辛く体力が持たない

看護師は昼の仕事だけでなく、職場によっては夜勤もあります。

昼夜を問わず働くシフト勤務であったり、さらに残業が重なるなど、ハードな勤務状況の職場もあります…。

無理をし過ぎると、患者さんの身体を守る仕事なのに、自分自身の身体を壊してしまうでしょう。

佐々木
夜勤手当がつくことは嬉しいですが、仮眠をとりながらの仕事は辛いものです…。

理由5:残業が多くプライベートの時間がない

人手不足や業務量の多さから、看護師の職場が残業が非常に多くあります。

最悪の場合、残業続きで自分のプライベートの時間がなくなったり

残業がいつあるかわからないので、夜に予定を入れずらい場合もあるでしょう…。

過度な残業が続くと、身体への負担も大きくなるため、より落ち着いた職場で働きたいと退職を考えるでしょう。

佐々木
長時間労働に関して悩んでいる看護師はたくさんいます…。

佐々木
以上が、看護師によくある退職理由です!
看護師を辞めたい理由
  1. 女性が多く人間関係が複雑
  2. 人手不足で仕事量が多い
  3. 医療事故が不安で怖い
  4. 夜勤が辛く体力が持たない
  5. 残業が多くプライベートの時間がない
ゆり
看護師は、様々な悩みから退職を考えているんですね…。
佐々木

そうなんです…。

どの悩みも抱え続けると、自分自身が苦しくなってしまいます。

少しでも辞めたいと悩んでいるなら、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、看護師を辞めるべき人と続けるべき人の特徴をお伝えします!

看護師が向いていない?辞めるべき人と続けるべき人の特徴

佐々木

それでは、看護師を辞めるべき人と続けるべき人の特徴についてお伝えします!

自分は辞めるべきか続けるべきか、どちらに当てはまるのか確認していきましょう。

看護師を辞めるべき人の特徴

佐々木
まずは、看護師を辞めるべき人の特徴についてお伝えします!
看護師を辞めるべき人
  1. 体調不良や精神的な不調を感じている人
  2. 残業代や深夜手当をもらえていない人
  3. 看護業務自体を辛く感じている人
  4. そもそも夜勤が苦手な人
  5. セクハラやパワハラに悩んでいる人

それぞれ詳しくお伝えします!

辞めるべき人1:体調不良や精神的な不調を感じている人

看護師としての仕事でストレスが大きく、慢性的な体調不良や不眠、うつ病、適応障害、過食など…

何らかの身体や精神的な不調がある場合は、すぐに辞めるべきです。

ストレスが大きくなると、さらに重い症状を発症する可能性があるので、なるべく早く退職する準備をしましょう。

佐々木
多少はストレスに耐えることも大切ですが、健康に影響が出るほどのストレスであれば話は別ですよ!

辞めるべき人2:残業代や深夜手当をもらえていない人

残業や夜勤での業務が当たり前のようにある看護師の仕事ですが、残業代や深夜手当が全額出ないケースもあります。

職場によっては、サービス残業を当たり前と考えている人も多く

「新人は残業代は無し」「残業や深夜手当がつくのは1日4時間まで」などのルールがある場合もあります。

しかし、看護師ももちろん労働基準法の対象なので、残業や夜勤をしているのに、手当が出なければ違法です。

佐々木
長時間のサービス残業があるようなら、看護師を辞めるか、環境を変えることをおすすめします。

辞めるべき人3:看護業務自体を辛く感じている人

看護師としての業務自体を辛く感じているのであれば、なるべく早く看護師を辞めるべきです。

看護師という仕事に就いている限りは、今と同じような看護業務を避けることはできません。

新人であれば話は別ですが、何年も看護師をしていて看護業務が辛いと感じているなら、早めに別の仕事に転職した方が良いでしょう。

佐々木
看護業務自体が辛いのであれば、無理してまで看護師でいる必要はありませんよ。

辞めるべき人4:そもそも夜勤が苦手な人

職場にもよりますが、看護師という仕事上、夜勤は避けては通れないものです。

夜勤があれば、生活リズムが乱れたり、疲れが取れなかったりで、体力的にキツイ人もいるでしょう。

特に、二交代制の病院であれば、日勤か夜勤かによって生活リズムが正反対になるだけ出なく、

一度の勤務時間が長いため、看護師を辞めたくなる人も出てくるでしょう。

佐々木
体質的に夜勤が苦手なのであれば、看護師自体に向いていないのかもしれません。

辞めるべき人5:セクハラやパワハラに悩んでいる人

セクハラやパワハラなど、職場でのいじめや嫌がらせに悩んでいるなら、なるべく早く辞めるべきです。

一度出来上がってしまった人間関係は、再構築するのが難しいですし、

嫌がらせがある環境を、自分一人の力で変えることは、心理的負担がかなり大きくなります。

あなた自身に余程の大きな原因が無い場合は、新しい環境に行けば、今よりも良い人間関係は構築できるでしょう。

佐々木
セクハラやパワハラを受けているのであれば、早めに働く環境を変えましょう。

佐々木
以上が、看護師をなるべく早く辞めるべき人の特徴です。
看護師を辞めるべき人
  1. 体調不良や精神的な不調を感じている人
  2. 残業代や深夜手当をもらえていない人
  3. 看護業務自体を辛く感じている人
  4. そもそも夜勤が苦手な人
  5. セクハラやパワハラに悩んでいる人
ゆり
これらに当てはまる人は、看護師を辞めるべきなんですね…。
佐々木

そうですね…。

看護師自体を辞めるか、職場を変えるかなど、手段は人によって異なりますが、

どの特徴の人も辛い状況には変わりないので、なるべく早く行動すべきです。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

看護師を続けるべき人の特徴

佐々木
次に、看護師を続けるべき人の特徴をお伝えします!
看護師を続けるべき人
  1. 1年目、2年目でまだ経験が浅い人
  2. ミスを起こすことに不安を感じている人

それぞれの特徴についてお伝えします!

続けるべき人1:1年目、2年目でまだ経験が浅い人

1年目や2年目といった新人や若手の看護師であれば、辞める決断をするのは、まだ早いかもしれません。

看護師の仕事に限らず、最初はどの仕事も大変ですし、先輩や上司の目も気になるものです。

特に看護師であれば、患者さんの容態が最優先される職場なので、多少のミスでもきつめに叱られることもあるでしょう。

ただ、他の仕事でも同様のことが言えるので、多少のミスで諦めてしまえば、どの仕事も続かないかもしれません…。

佐々木

健康面での影響がまだ少ないのであれば、すぐに辞めるのではなく、

まずは仕事を覚えたり、慣れる努力をすることをおすすめします。

続けるべき人2:ミスを起こすことに不安を感じている人

人の命に関わる仕事である以上、看護師の仕事に不安はつきものです。

若手のうちは特に不安があると思いますが、おそらくその心配は、どの看護師も抱えているものと言えるでしょう。

小さなミスであれば、仕事に慣れると解決できますし、先輩がカバーしてくれることもあります。

むしろ「自分はミスしない」と思っている看護師の方が問題あると言えます。

佐々木
不安があるからこそ、丁寧に業務に取り組めて、患者さんにとって心強い看護師になれるでしょう。

佐々木
以上が、看護師を続けるべき人の特徴です。
看護師を続けるべき人
  1. 1年目、2年目でまだ経験が浅い人
  2. ミスを起こすことに不安を感じている人
ゆり
経験が浅い人や、ミスが不安な人は看護師を続けるべきなんですね!
佐々木

そうですね!

今悩んでいても、数ヶ月後には看護師の仕事に慣れ、やりがいを感じられる可能性もありますよ!

次の章では、ケース別に看護師を辞めたい人が考えるべきことをお伝えします!

看護師を辞めたい人が考えるべき4つのケース

佐々木

それでは、ケース別の事例と考えるべきことについてお伝えします!

ここでは次の4つのケースに分けて説明するので、参考にしてください!

辞めたい人が考えるべきケース
  1. 看護師として職場に残った人のケース
  2. 看護師として現職場内で異動を試みた人のケース
  3. 別の職場に看護師として転職した人のケース
  4. 看護師の仕事をすぐに辞めた人のケース

それぞれのケースを確認していきましょう。

ケース1:看護師として職場に残った人のケース

佐々木
まずは、看護師として職場に残った人のケースです。
尊敬できる先生をサポートしたい

人間関係がうまくいかず看護師を辞めようと思っていました…。

特に苦手なのは先輩です。看護師として重要なコミュニケーションもあまり取れていないし、私はミスをすることもあるので、正直嫌われていると思っていました。

ただ今の病院には尊敬できる医師の先生がいます。腕が良いことはもちろん、仕事に対する想いも共感でき、その先生のサポートをしたいという気持ちは強くありました。

そこで私はとりあえず今の職場に踏みとどまることにしました。まだまだ慣れない部分はありますが、多少の人間関係には目をつぶり、日々一生懸命看護師として働こうと思っています。

転職相談:27歳・女性・看護師

人間関係の問題があっても、自分のなかで大きな目標や夢があれば、多少の困難は乗り越えられます。

ただ、一人でストレスを溜め込むことは良くないので、仕事のことを相談できる人を見つけておきべきです!

尊敬のできる先生に相談しても良いですが、内部の人に相談すると話が広がってしまう可能性もあるので、

できる限り外部で相談相手を見つけることをおすすめします。

佐々木

一人で抱え込みながら仕事を続けると、精神的にしんどくなることもあるので、

気軽に相談できる相手を見つけておきましょう!

ケース2:看護師として現職場内で異動を試みた人のケース

佐々木
次は、看護師として現職場内で異動を試みた人のケースです。
異動して余裕ができた

私の働いてた環境は人手不足で、看護師が手術の一部を担うところまでやっているほどでした…。

大学の看護学部でもそこまで詳しく学んでいないことを任されたりして、本当に毎日なんとか仕事をやっている感じでした。ミスをすると怒られるし、ストレスが限界に達して仕事を休むこともあったと思います。

看護師の仕事を辞めようと思っていましたが、ちょうど異動希望の募集があったので、一度転職は考えず異動の希望を出しました。

今は内科に異動しましたが、以前と比べると看護師の数も多いので、なんだか仕事に余裕ができた感じです。余裕ができたことで自分のキャリアについて考えることもでき、ひとまずは看護師の仕事を続けようと思っています!

転職相談:25歳・女性・看護師

今の病院内で部署を異動することによって、悩みがなくなったり、仕事が楽しくなることはよくあります。

退職して転職するのは、収入のダウンや転職先が見つからないなど、何かとリスクがつきものです。

そのため、異動できるチャンスがあるなら、異動の希望を出してみるべきです。

佐々木
毎日仕事で関わる人や環境のことで悩んでいるのであれば、退職よりも先に異動を考えましょう!

ケース3:別の職場に看護師として転職した人のケース

佐々木
次は、別の職場に看護師として転職した人のケースです。
人間関係の良好な職場に転職

業務量が多いだけならまだしも、上司との関係がうまくいかず、退職を決意しました。

ただ看護師の仕事を嫌いになったわけじゃないので、別の環境で看護師として働くことを望んでいました。

なんとなく転職するのは嫌だったので、転職エージェントに相談しながら、しっかりと自分の希望に合う環境を探しました。

結果的に収入が上がったことはもちろん、勤務時間や勤務日数など、様々な面で好条件の職場に転職。人間関係の良好な職場で看護師として働けてよかったです!

転職相談:29歳・女性・看護師

転職する理由は様々ありますが、条件面で譲れない希望をしっかりと自分のなかで持っていたので、転職に成功できたのだと思います。

またもう一つ重要な要因としては「転職エージェント」に相談したことです!

転職エージェントに相談すれば、希望の条件をヒアリングし、理想に最も近い転職先を紹介してくれます。

佐々木

単に転職先を紹介してくれるだけでなく、辞めるべきか続けるべきかの相談にも乗ってくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

ケース4:看護師の仕事をすぐに辞めた人のケース

佐々木

最後に、看護師の仕事をすぐに辞めた人のケースです。

転職してよかった

私は以前看護師として仕事をしていました。ただ人間関係や長時間労働、上司からのパワハラなどがあり退職しました。

今は一般企業で事務の仕事をしていますが、転職してよかったと思っています。最も転職してよかったと思えることは、人間関係の部分です。

看護師自体は殺伐として環境で仕事をしていましたが、今は和気藹々と楽しく仕事ができています。看護学校をせっかく出たし、看護師を辞めない方がよいという話もありましたが、無理をしてまで続ける仕事ではないと思っているので、転職してよかったです。

転職相談:30歳・女性・事務職

悩みが大きかった分、今は転職して良かったと思いながら働けている事例です。

人間関係の部分は、実際に働いてみないと分からない部分があります。

ただし、社内の雰囲気や社員の年齢層などは、面接時に質問をしたり、面接後に職場を見学させてもらい確認しておきましょう。

佐々木
口コミサイトで、実際に働いた経験のある人の投稿を見て、転職先の実態を確認するのもおすすめです!
おすすめ口コミサイト

佐々木
以上が、看護師を辞めたい人が考えるべき4つのケースです!
辞めたい人が考えるべきケース
  1. 看護師として職場に残った人のケース
  2. 看護師として現職場内で異動を試みた人のケース
  3. 別の職場に看護師として転職した人のケース
  4. 看護師の仕事をすぐに辞めた人のケース
ゆり
悩みを解決するためには、ただ看護師を辞めるだけでなく、様々なケースがあるんですね!
佐々木

そうですね!

今の悩みを解決する手段は、看護師を辞めることだけでなく、別の方法が適している可能性もありますよ!

ただし、看護師を辞めようと悩んでいる状態で、一人で解決策を見つけ出すのは難しいことです。

周りに相談できる人がいれば良いですが、あなたにとって最適な答えを見つけ出してくれるかは分かりません。

そのため悩んでいるなら、まずは転職エージェントに相談してみるべきです!

転職のプロとして、あなたの悩みを解決する最適な手段について、アドバイスをしてくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、看護師からの転職を成功させる方法についてお伝えします!

失敗を最小限に抑えて、看護師から転職を成功させる方法

佐々木

それでは、看護師から転職を成功させる方法をお伝えします!

実際に失敗を最小限に抑えるには、『転職エージェント』を活用するのがベストと言えます!

転職エージェントについて

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり

えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!

佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職エージェントを活用するのは必須なんですよ!

おすすめ総合転職エージェント

佐々木

それではおすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

看護師向けの転職エージェント

佐々木

また、なかには今の職場は変えたいが、看護師の仕事は続けたい人もいるでしょう。

その場合は、看護師や医療業界に特化している次の転職エージェントを活用すべきです!

看護師向け転職エージェント
佐々木

これらの転職エージェントは、看護師をはじめとする医療系の求人を数多く保有しているので、

看護師として転職を目指しているなら、必ず活用すべきです!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

看護師を辞めたい人におすすめの転職先6選

佐々木

それでは、看護師を辞めたい人におすすめの転職先をお伝えします!

ここでは看護師としての経験や資格を活かせる転職先を紹介するので、参考にしてください!

おすすめの転職先
  1. 産業看護師(企業内看護師)
  2. 学校や幼稚園の看護師
  3. 介護福祉施設
  4. 治験コーディネーター
  5. MR
  6. 献血ルームや人間ドック施設

それぞれ詳しくお伝えします!

おすすめの転職先1:産業看護師(企業内看護師)

産業看護師とは、企業や教育施設などで看護師として働く職業のことです。

看護師として働く仕事ですが、勤務形態は企業や施設に合わせる形になっており、

日勤のみ、土日休みなど、メリハリのある環境で働けます。

平均年収470万円
おすすめ
ポイント
  • 勤務形態が企業や施設に合わせられる
  • 重めの医療行為を行うことが少ない
佐々木
主な業務は、健康診断の補助や体調不良者の対応などになり、医療行為を行うことも少ないでしょう。

おすすめの転職先2:学校や幼稚園の看護師

学校や幼稚園・保育園の看護師や病児保育スタッフは、子供好きの看護師におすすめです!

イメージとしては、学校にいる保健の先生のような仕事が分かりやすいでしょう。

体調不良や怪我をした子供の手当てをするのが、メインの業務になります。

平均年収428万円
おすすめ
ポイント
  • 子供が好きな人にはおすすめ
  • 長期休暇を毎年取得できる
佐々木
生徒の夏休みや冬休みに合わせて、長期休暇が取得できることも魅力です!

おすすめの転職先3:介護福祉施設

介護福祉施設では、主に施設の入所者や利用者に向けて医療行為を行います。

有料老人ホームやデイサービス、障害者支援施設などが働く環境となります。

医療行為といっても、健康状態のチェックや薬の管理などがメインになるので、比較的簡単なサポート業務が多いでしょう。

平均年収395万円
おすすめ
ポイント
  • 比較的簡単なサポート業務が多い
  • 看護師が少ないので人間関係で悩みにくい
佐々木

1つの施設にそれほど多くの看護師はいないので、人間関係で悩むことも少ない可能性がありますよ!

おすすめの転職先4:治験コーディネーター

治験コーディネーターの仕事に就けば、治験の説明や治験の対象になる患者さんの管理がメインの業務になります。

一般的な看護師がやっている注射や点滴といった医療行為はないので、医療行為が苦手な人はおすすめです。

平均年収420万円
おすすめ
ポイント
  • 充実した研修が用意されている
  • 医療行為がない
佐々木
治験コーディネーターになるには、SMOや医療機関へ就職するのが一般的です!

おすすめの転職先5:MR

MRとは、製薬会社や医療機器メーカーに勤務する仕事です。

病院へ医療商材の販売を行ったり、医療情報を提供したりするのが、メインの業務になります。

看護師の業務から大きく変わりますが、これまでの経験で得た医療知識は活かせる職業です。

平均年収567万円
おすすめ
ポイント
  • 医師や薬剤師と対等に話をできる
  • 給与水準が高く設定されている
佐々木
MRは、比較的給料が高めに設定されていることが多いので、転職すれば年収アップも狙えますよ!

おすすめの転職先6:献血ルームや人間ドック施設

献血ルームや人間ドック施設では、シフト勤務が多くなっています。

また長期間の仕事ではなく、イベント時のみ同行する単発での勤務形態の職場もあるでしょう。

平均年収350万円
おすすめ
ポイント
  • シフト制の環境で働ける
  • プライベートの時間をたっぷり確保できる
佐々木
プライベートに重きを置いて、看護師の仕事を続けたい方にはおすすめです!

佐々木
以上が、看護師を辞めたい人におすすめの転職先です!
おすすめの転職先
  1. 産業看護師(企業内看護師)
  2. 学校や幼稚園の看護師
  3. 介護福祉施設
  4. 治験コーディネーター
  5. MR
  6. 献血ルームや人間ドック施設
ゆり
これらの転職先がおすすめなんですね!
佐々木

はい!

看護師としての経験や資格を活かせる環境はたくさんありますが、

特にこの6つの転職先は、給与面や業務内容を考えてもおすすめです!

次の章では、穏便に現職を辞めるための手順をお伝えします!

看護師を辞めたい必見!穏便に現職を辞めるための手順

佐々木

看護師を辞めると決意した人は、次の手順で退職手続きをすすめましょう!

トラブルが起きて、退職までの期間が長くならないためにも、慎重に退職手続きを進めるべきですよ!

穏便に辞めるための手順
  1. 退職の意思を直属の上司に伝える
  2. 引き継ぎや挨拶回りを行う

それぞれ詳しくお伝えします!

手順1:退職の意思を直属の上司に伝える

退職することを決意したら、まずは直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

法律上は2週間前に退職の意思を伝えれば問題ないとなっていますが、

引き継ぎの期間や、後任者の採用のことを考え、1ヶ月前を目安に伝えることをおすすめします。

退職の意思を伝える際には、次のポイントを意識しましょう。

退職の意思を伝える際のポイント
  • 上司と2人で話ができる場を設ける
  • 話を中断させないために、忙しい時間は避ける
  • 「辞めたい」ではなく、「辞めます」とはっきり伝える
  • 悪口や不満ではなく、ポジティブな退職理由を話す
佐々木

上司から退職に合意が出たら、退職届を用意して提出しましょう!

手順2:引き継ぎや挨拶回りを行う

退職する前の期間で、引き継ぎや挨拶回りを行いましょう。

いくら今の仕事が嫌で退職する場合でも、残り少ない期間はお世話になった感謝を伝えながら、しっかり働くべきです。

また、有給が残っている場合は、上司とも相談しながら、引き継ぎに支障が出ない範囲で取得しましょう。

佐々木
お世話になったことをしっかりと伝えれば、気持ちよく現職を辞めることができますよ!

佐々木
以上が、穏便に現職を辞めるための手順です!
穏便に辞めるための手順
  1. 退職の意思を直属の上司に伝える
  2. 引き継ぎや挨拶回りを行う
ゆり
この手順で退職手続きを進めれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

最後までしっかりと働き、穏便に現職を辞めて次のステップに進みましょう!

退職の手順や手続きに関して詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください!

看護師を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

佐々木

今回は、看護師を辞めたいと思っている方に向けて、

看護師を辞めたいと思うよくある理由辞めるべき人の特徴などを紹介しました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 看護師を辞めたいと思っているなら、早めに行動を始めるべき
  • 看護師を辞めなくても、悩みを解決できるケースもある
  • 悩んでいるなら「転職エージェント」に相談するのがおすすめ
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

それでは最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント

◎総合転職エージェント

  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

◎看護師向け転職エージェント

  1. 『看護roo!』
    【公式】https://www.kango-roo.com/
  2. 『看護のお仕事』
    【公式】https://kango-oshigoto.jp/
  3. 『ナースではたらこ』
    【公式】https://iryo-de-hatarako.net/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!