転職エージェントおすすめランキング13選

作業療法士(OT)をやめたい…よくある辞めたい理由&辛い仕事の対処法

作業療法士(OT)をやめたい…よくある辞めたい理由&辛い仕事の対処法

この記事では、「作業療法士を辞めたい」という人に向けて、

『作業療法士を辞めたい理由』や、『おすすめの転職先』などをお伝えしていきます!

作業療法士で働いている人の中には、このまま無理をしながら働き続けて良いのかと不安を感じる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、作業療法士から転職を成功させる方法が全て分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 作業療法士を辞めるか迷っている
  • 作業療法士からのおすすめの転職先を知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

作業療法士(OT)をやめたい人は多い?…よくある辞めたい理由8選

佐々木

この章では、作業療法士を辞めたい理由について詳しく説明します!

辞めたい理由を1度整理し、本当に辞めるべきなのかを考えていきましょう!

作業療法士を辞めたい理由
  1. 生活に即したリハビリを行う機会がない
  2. 残業が多い
  3. 人間関係の問題
  4. 症例発表・レポート提出がしんどい
  5. 仕事が楽しくない
  6. 育児と仕事の両立ができない
  7. 精神的に疲れ果ててしまう
  8. 研修などの教育制度が整っていない

それでは、順番に見ていきましょう!

辞めたい理由1|生活に即したリハビリを行う機会がない

佐々木
1つ目の理由は、生活に即したリハビリを行う機会がない点です。

作業療法士として働いているのにも関わらず、生活に即したリハビリを行う機会に恵まれない人は多くいます。

理由としては、「病院側が作業療法士の仕事を十分に理解していない」「設備が整っていない」「患者本人が望んでいない」などが挙げられます。

辞めたい理由2|残業が多い

佐々木
2つ目の理由は、残業が多い点です。

作業療法士の仕事は、職場によっては残業が当たり前な場合もあります。

多い職場だと月20時間以上も残業がある場合もあります。

また、残業以外にも病院や施設によっては勉強会が実されており、参加が必須の場合もあります。

辞めたい理由3|人間関係の問題

佐々木
3つ目の理由は、人間関係の問題です。

作業療法士は社員の男女比率が3:7と、女性の方が多い職場です。

そのため、女性ならではの人間関係の問題が発生します。

女性は男性に比べ、噂話や悪口が好きな人が多い傾向にあるので、その分人間関係も悪くなりがちです。

辞めたい理由4|症例発表・レポート提出がしんどい

佐々木
4つ目の理由は、症例発表・レポート提出がしんどい点です。

作業療法士は、症例発表・レポートの提出をしなくてはなりません。

そのため、業務外の時間にも論文や医療関係の本を読んだりする必要があります。

症例発表やレポートをまとめるのに相当の体力を使うので、精神的にも身体的にも作業療法士が辛いと感じる人は多くいます。

辞めたい理由5|仕事が楽しくない

佐々木
5つ目の理由は、仕事が楽しくない点です。

実際に「仕事が楽しくない」理由として多くあがる3つをピックアップしてみました。

仕事が楽しくない3つの理由

1.仕事内容が理由で楽しくない

・思っていた仕事内容とは違ってやりがいを見いだせない…
・そもそも給料だけで選んだ

2.人間関係が理由で楽しくない

・女性が多い職場で常にギスギスしていて仕事に集中ができない
・上司が理不尽、パワハラやセクハラがある
・部下とのコミュニケーションが取れない

3.勤務条件・待遇が理由で楽しくない

・仕事内容にやりがいはあったが給与が低く、結局不満の方が大きい
・長時間労働でワークライフバランスが保てない…

辞めたい理由6|育児と仕事の両立ができない

佐々木
6つ目の理由は、育児と仕事の両立ができない点です。

作業療法士の仕事は女性が多い職場であるのに加え、残業が多かったり、時短勤務ができないという理由で、育児体制への不満が多い傾向にあります。

また、作業療法士の数が近年増えていることから、需要が飽和状態になっており、以前のように希望の病院を選べず職場復帰が難しくなっています。

そのため、条件を選ばなければ就職先はありますが、育児を優先しながら働くのは難しくなってきているのです。

辞めたい理由7|精神的に疲れ果ててしまう

佐々木
7つ目の理由は、自分が精神的に疲れ果ててしまう点です。

作業療法士の仕事は、精神系疾患の患者と接す機会も多いです。

精神系疾患の患者は突然奇声をあげたり、理不尽に暴力を振るってくる場合もあります。

そのため、毎日のように精神系疾患の患者と接していると、リハビリをしている自分の精神に異常がきたしてしまう場合があるのです。

辞めたい理由8|教育制度が整っていない

佐々木
8つ目の理由は、教育制度が整っていない点です。

作業療法士の仕事はまだ教育制度が完全に整っていなく、新卒や転職一年目の時に上司などから指導を受けることが無いというケースが多くあります。

また、病院によってはきちんとした研修も用意されていない場合もあり、1から自分で学習していかなくてはならない場合もあるようです。

このように、指導や研修がない状態でいきなり患者さんの担当をしなくてはならないことが不安で作業療法士を辞めたい人も一定数存在します。


作業療法士を辞めたい理由をまとめると、次の8点です!

作業療法士を辞めたい理由
  1. 生活に即したリハビリを行う機会がない
  2. 残業が多い
  3. 人間関係の問題
  4. 症例発表・レポート提出がしんどい
  5. 仕事が楽しくない
  6. 育児と仕事の両立ができない
  7. 精神的に疲れ果ててしまう
  8. 教育制度が整っていない(研修など)
ゆり
作業療法士ならではの悩みや不満があるのですね…
佐々木
はい、その通りです!

無理をして仕事を続けるのは、自分のためにも病院のためにもよくないことですよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、実際に作業療法士を辞めた人の体験談を見ていきましょう!

作業療法士をやめてよかった!転職に成功した人の体験談

佐々木

この章では、実際に作業療法士を辞めた人の事例をみてきましょう!

実際の成功例を見ることにより、より鮮明に転職のイメージができるはずです!

ゆり
実際に作業療法士を辞めてよかったと思っている人は多くいるのですね!
佐々木

はい、その通りです!

そのため、少しでも仕事が辛いと感じるなら、転職活動に取り組むことをおすすめします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、作業療法士をやめたい時の対処法を紹介します!

作業療法士をやめたい時の全対処法|辛い仕事を乗り切るためには?

佐々木

この章では、作業療法士を辞めたい時の対処法をお伝えします!

対処法を3つ紹介するので、自分の状況に合わせて活用してください!

作業療法士を辞めたい時の対処法
  1. 仕事を効率化し、仕事量を軽減する
  2. 一定の距離感を保ち、良い人間関係を築く
  3. 転職活動をする

それでは、1つずつ見ていきましょう!

対処法1|仕事を効率化し、仕事量を軽減する

佐々木
1つ目の対処法は、仕事を効率化することです!

作業療法士の仕事は仕事量が多くきつい職業ですが、毎日の作業パターンはある程度決まっているので効率化することができます。

自分がどの業務にどのくらい時間をかけているのかを分析することで、必要以上に1つの業務に時間を費やすことが減り、スムーズに1日の業務をこなすことができます!

また、他の職員と一緒にできる作業は協力しながらこなすことで、仕事を早く終わらせることができますよ!

対処法2|一定の距離感を保ち、良い人間関係を築く

佐々木
2つ目の対処法は、社員と一定の距離感を保つことです!

人は人、自分は自分と割り切ることで、必要以上に社員間の人間関係に悩むことは無くなります。

また、社員とコミュニケーションをとる際に、あまり深く関わりすぎず、一定の距離感を保っておくことで、

あとあと面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が減ります。

対処法3|転職活動をする

佐々木
3つ目の対処法は、転職活動をすることです!

どうしても今の仕事がきついなら、転職をするのもありです。

転職エージェントを利用した転職活動をすることで、転職成功の確率を上げることができますよ!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる

詳しくは次の章で説明いたします!


作業療法士を辞めたい時の対処法をまとめると、次の通りです!

作業療法士を辞めたい時の対処法
  1. 仕事を効率化し、仕事量を軽減する
  2. 一定の距離感を保ち、良い人間関係を築く
  3. 転職活動をする
ゆり

なるほど!

まずは、この3つの対策から試せば良いのですね!

佐々木
はい、その通りです!

この3点の対策をとることで、今の仕事のストレスを軽減することができますよ!

次の章では、作業療法士からの転職について説明します!

どうしても作業療法士をやめたいなら、転職を考えるのもアリ

佐々木
作業療法士からの転職を成功させるためには、転職エージェントの使用をオススメします。

転職のプロにサポートを受ける事で、効率的に転職活動が行えますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、作業療法士からの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルート」「マイナビ」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、作業療法士を円満に退職する方法について説明します!

作業療法士をやめたい人が円満に退職する2つの手順

佐々木

実際に転職活動がうまく進み、転職先が決まれば次は作業療法士を辞なくてはなりません。

退職する際は、その意思を伝える必要があります!

ゆり

退職したいって言えるか不安なんですよね…

引きとめられそうですし、なかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、作業療法士が退職の意思を伝えたところ、下記のような引きとめにあうそうです。

引きとめられるパターン
  • いきなり辞めずに、有給や育児休暇制度を利用するのはどうか
  • 施設が忙しい時期だけとりあえず続けてほしい

上記のような引きとめはよくあるパターンです。

なので、人によっては引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

佐々木

そこで、スムーズに作業療法士を退職をするために、次の2点を意識しましょう!

この2点を意識することで、効率的に作業療法士を辞めることができますよ!

効率的に、作業療法士を辞める方法
  1. 絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  2. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職すると決めた人は「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに保育園を退職する方法

佐々木

直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、作業療法士を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないということもあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。


ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

次の章では、作業療法士の経験が活かせる転職先について説明します!

作業療法士をやめた後におすすめの転職先|ベストな職種・業界は?

佐々木
この章では、作業療法士を辞めた後におすすめの転職先を紹介します!

次の4つの転職先は、作業療法士の経験を活用できるのでおすすめですよ!

おすすめの転職先
  1. 企業の一般事務
  2. 接客業
  3. 介護職
  4. コールセンター

それでは、順番に見ていきましょう!

おすすめの転職先1|企業の一般事務

佐々木
1つ目のおすすめは、企業の一般事務です!

作業療法士で培ったコミュニケーション能力を活かして、一般事務に転職する人も多いです。

作業療法士の時は、残業や給料の安さに悩んでいた人でも、

一般事務に転職し、残業なし、土日休みで、好きな時に有給が使えたり、給料も増えたりといった好条件を手に入れた人がたくさんいます。

平均年収約329万円
仕事内容
  • パソコンを使って書類の管理や作成
  • 電話対応
おすすめ
ポイント
  • パソコンのスキルが身につく
  • コミュニケーション能力が活かせる
資格なし

おすすめの転職先2|接客業

佐々木
2つ目のおすすめは、 接客業です!

未経験からの転職でおすすめなのは、接客業です。

接客業は何か特別なスキルが必要な訳ではないので、転職難易度は低めです。

そのため、初めて転職をする人には特におすすめです。

平均年収約376万円
仕事内容
  • 飲食店や、量販店、旅館・ホテル・レジャー施設などにおいて、お客の対応などを行う
おすすめ
ポイント
  • 接客が好きなら、経験を活かすことができる
資格なし

おすすめの転職先3|介護職

佐々木
3つ目のおすすめは、介護職です!

現在、介護業界は人材が不足していることに加え、少子高齢化のため非常に需要が高い職業となっています。

年収約313万円
仕事内容
  • 老人ホームなどの施設内で、ご年配の方の身の回りのお世話をする
おすすめ
ポイント
  • 利用者から直接感謝をされるのでやりがいがある
  • 介護、福祉の知識があれば、昇進しやすい
資格
  • 介護職員初任者研修

おすすめの転職先4|コールセンター

佐々木
4つ目のおすすめは、コールセンターです!

コールセンターは基本的に個人プレーの仕事なので、必要以上に干渉されることはなく人間関係の問題も少ないです。

平均年収約329万円
仕事内容
  • 商品・サービスの問い合わせ
  • クレーム処理
おすすめ
ポイント
  • 電話スキルを活かせる
  • クレーム処理スキルを活かせる
資格なし

作業療法士を辞めたい人におすすめの転職先をまとめると、次の通りです!

おすすめの転職先
  1. 企業の一般事務
  2. 接客業
  3. 介護職
  4. コールセンター
ゆり
この4つが、作業療法士からの転職先としておすすめなのですね!
佐々木

はい、その通りです!

上記の転職先ならば、作業療法士の経験をフルに活用できますよ!

作業療法士の仕事を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう!

佐々木

今回は、作業療法士を辞めたい人に向けて対処方法や転職の方法についてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 適切な対策方法をとることで、仕事のきつさは軽減できる
  • 転職したいなら、プロに転職相談するべき
  • 転職に成功するには、エージェントを複数登録するべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

けど、どれも良さそう…

佐々木
どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「マイナビ」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを応援しています!